2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

嘘で固めた南京虐殺7

1 :名無しさん@3周年:2007/02/04(日) 17:26:33 ID:n+leQMYH
約7年間にわたり、南京大虐殺の歴史事実を完全封殺するために繰り広げられた
自慰史観論者の恫喝的で大規模な南京大虐殺全否定キャンペーン。

一時は、自慰史観論者優勢に見えたが、良心的な人々が立ち上がり反撃を開始した。
さらに、昨年の靖国神社参拝強行を契機にして全世界がこの問題に注目しはじめ、
南京大虐殺とはどのようなものだったのか冷静な立場で分析を開始した。

どうやら、結論は見えてきたようだ。自慰史観論者は、戦後60年目にして
『世界に聳え立つ恥の金字塔』をおっ立てるという大失態をやらかして埋没することになりそうだ。

後に残されるのは、恥辱にまみれた日本の歴史を世界に晒し
再び、卑屈でミジメな気持ちを何十年にもわたって味わうハメになるという現実。

国際感覚ゼロの自慰史観論者が、何年にもわたって愚かななネガティブキャンペーンを
展開しならければ、このような事態に至ることはなかった。

事ここに至って「自慰史観論者」はどのような申し開きをするのだろうか?


南京大虐殺( Wikipedia, the free encyclopedi)
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Rape_of_Nanking
南京事件 小さな資料集
http://www.geocities.jp/yu77799/
南京事件FAQ
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/FrontPage
前スレ
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1168625826/

2 :名無しさん@3周年:2007/02/04(日) 18:28:28 ID:CKmJbQ8u









2ゲット








糞スレ 終了











3 :名無しさん@3周年:2007/02/04(日) 19:34:23 ID:oxzdWxVt


4 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 06:50:44 ID:jtQhUqs9
何度も言っているように、問題は数ではなく
日本国の兵士が、中華民国の領土に無断で踏み入ったことに問題があるのよ。
そこで多数の殺戮が行われた。

ここを出発点にして日本国が贖罪したからこそ、中国人民の気持ちが治まったんだよ。
周恩来とか、日本人てほんと忘れてるよね。絶対忘れたらアカン人なのに。

5 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 08:16:23 ID:CvmLwYrA
 日本が満州事変いらい十数年にわたって中因を侵略し、南京事件をふくめ中国国民に
多大の苦痛と損害を与えたのは、厳たる歴史的事実である。それにもかかわらず、中国
は第二次大戦終結後、百万を越える敗戦の日本兵と在留邦人にあえて報復せず、故国
への引きあげを許した。昭和四十七年の日中国交回復に際し、日本側が予期していた
賠償要求もしなかった。当時を知る日本人なら、この二つの負い目を決して忘れていない
はずである。

 それを失念してか、第一次史料を改竄してまで、「南京”大虐殺”はなかった」といい張り、
中国政府が堅持する「三十万人」や「四十万人」という象徴的数字をあげつらう心ない人々
がいる。

 もしアメリカの反日団体が日本の教科書に出ている原爆の死者数(実数は今でも不明確だが)
が「多すぎる」とか、「まぼろし」だとキャンペーンを始めたら、被害者はどう感じるだろうか。

 数字の幅に諸論があるとはいえ、南京で日本軍による大量の「虐殺」と各種の非行事件が
起きた事は動かせぬ事実であり、筆者も同じ日本人の一人として、中国国民に心からお詫び
したい。そして、この認識なしに、今後の日中友好はありえない、と確信する。

(秦郁彦 『南京事件』中公新書 p244)

6 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 09:04:15 ID:jtQhUqs9
そうだ。

7 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 10:10:04 ID:4KSWGEhV
そぼくな疑問

なんで、中国は日本の過去の侵略だけに目くじらたてるんだろう。
欧米の過去の侵略について、大声あげて抗議しているのを寡聞して知らない。
欧米諸国は一度たりとも、謝罪していないにもかかわらず、である。

8 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 10:34:27 ID:CvmLwYrA
欧米には、侵略の歴史を否定して開き直るような
日本の自慰史観論者(右翼)のような人々が殆どいないからです。
そのことは国連人権委員会が指摘するとおりです。

自慰史観論者の存在が、日本にとってどれほど不利益であるかは
米国下院で、再び従軍慰安婦非難決議案が採決されそうな情勢からも
わかると思います。このような歴史に無反省な態度を示す
自慰史観論者の多さは、先進国内では日本だけです。

そのために日本だけが、ひときわ浮き上がり、
自慰史観論者の多い国=歴史に無反省な国の
レッテルを押されています。

「自慰史観論者」 これこそが日本の名誉を地に堕しめた元凶です。


9 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 10:51:28 ID:nRtLjQZq
>欧米には、侵略の歴史を否定して開き直るような

馬鹿言っちゃーいかんよ
欧米はもっとたちが悪い
自己の侵略を正当化して恩着せがましく文明を伝えてやったと
威張ってるから謝罪なんてとんでもないといってるんだよ
この姿勢はどの欧米諸国も一貫して貫いている


10 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 10:57:33 ID:nRtLjQZq
日本も堂々と400年の白人支配から
日本人が血を流して戦って中国を白人の
列強諸国から開放してやったと言えばいいのよ
中国人は自分たちが戦って独立したと思いたいから
日本だけを侵略軍だというのさ

11 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 12:35:17 ID:bmM2wDgU
その点南京問題はホロコーストと違い、中国側が柔軟な姿勢を見せているからね。
(嘘が明らかになったので逃げを打っているだけにみえるが。)

悲惨なのは宗主国さまに梯子を外された朝鮮工作員。TVで在日工作員2万人報道が
なされ、日本人の中でもインテリ層を中心に「帰化許すまじ」の機運が高まっている。

現在公安が5万以上の工作員を追跡しており、彼らの帰化が認められることは絶対にない。

天罰。自業自得。

ーーーーー(引用開始)−−−−−

中国研究者、南京事件で講演「30〜40万虐殺」に懐疑的
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/37406/
程氏は最後に、「中国人研究者による南京事件の研究態度について、変化が出ており、
日中双方で学術的で、客観的な立場で議論をすることは重要だ」と強調。このうえで、
両氏は欧米の研究者など第三者も交えて議論を深めていく可能性にも言及し、異口同音に、
日本あるいは中国の立場という枠組みを取り払って、人類史という観点から研究を行う
必要性を強調した。(相馬勝)

12 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 13:34:08 ID:CvmLwYrA
>>11
その引用先で、最も大切な事実は、中国が南京虐殺の研究を開始した理由は、
日本の自慰史観論者の「南京事件での虐殺はなかった」という主張に対抗するためであると
はっきり述べている。自慰史観論者が、世界中に火の粉を撒き散らしたことは
アンタが引用した記事のとおりである。また、アンタが最も主張したい、
在日朝鮮人責任転嫁論は記事に一言も触れられていない。

(以下記事より抜粋)
張氏は講演で、南京事件の本格的な研究が始まったのは「日中両国とも1980年代からで
南京事件研究の歴史はほぼ20年でしかない」と前置きし、中国の研究は当初、
「南京事件での虐殺はなかった」とする日本人研究者の主張に対抗するために始まったとの事実を明らかにした。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

13 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 14:34:44 ID:CvmLwYrA
また、その記事から分かることは、自慰史観論者が南京大虐殺否定論などを
展開しなければ、中国はあえて南京大虐殺の研究を開始することはなかった。

この事実である。

「人を呪わばアナ二つ、自業自得、因果応報」とは自慰史観論者を指す言葉だろう。

そして、今や自慰史観論者の捏造キャンペーンは、全世界中が注目し
自慰史観論者と全く無関係の人々にまで、火の粉が降り始めた。

日本の名誉を地に堕しめた、この自慰史観論者どもに
ふさわしい刑罰はなんであろうか?


14 :憂国士(by教授):2007/02/05(月) 14:50:55 ID:c/rQ/C6X
●南京陥落当時の貴重な映像(1of5)(攻略後?検問?
http://www.youtube.com/watch?v=FMKZzZREqh8&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(2of5)(松井大将の行進・他
http://www.youtube.com/watch?v=JZQTdOfUlck&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(3of5)(演奏・戦地へ行く部隊?
http://www.youtube.com/watch?v=dS1KEvLgRUs&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(4of5)(・・・意外な。。
http://www.youtube.com/watch?v=IpYXmyAW_fw&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(5of5)(正月?モチ作り?・・後半⇒楽し
んでいる子供達
http://www.youtube.com/watch?v=r-hCB4O49ms&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(6of6)(?証明書作成?
http://www.youtube.com/watch?v=rV66e7xVwt4&mode=related&search=
意外であろう、虐殺の空気が感じられない。中国人の様子・・普通である・・。
●南京陥落当時の貴重な映像(5of5)(正月?モチ作り?・・後半⇒楽し
んでいる子供達
http://www.youtube.com/watch?v=r-hCB4O49ms&mode=related&search=

特に子供の様子を見れば大虐殺など無かった事は一目瞭然である。

大虐殺があったとされるその同じ場所で子供がこんなに無邪気に遊べるだろうか

自己の精神安定の為に戦勝国の威を借る狐、亡国の忌々しき肯定派が
何とかしてあった事に捏造するために単なる胡散臭い元日本兵なる者の証言や
欺瞞史料頼みで偽論に血眼になるのも頷けるというものである。
左翼・社会主義者・マルキスト(偽装右翼)
この忌々しき亡国の輩の欺瞞【所謂南京虐殺・所謂従軍慰安婦】
に二度と操られてはならない。



15 :憂国士(by教授):2007/02/05(月) 14:52:41 ID:c/rQ/C6X
★何度も言う★

事実の断片ばかり幾ら見ていても真実は見えてこない事を知りなさい!【★苦言2】
まず総合的な歴史観に立脚した良識を養い、貴方自身のまともな感性のフィルターを持ちなさい!【★苦言3】
そのフィルターをとおして史料を篩にかける事が出来るようになれば、有象無象の史料に振り回される事無く、いずれ真実を知る事が出来るでしょう。

さらに、ナンキンダイギャクサツに信憑性を憑依せむる事が一体誰の得になるかと言う観点から事件論争を客観的に見る事も、まともな感性を養うには有効です!【★苦言4】

とにかく、あせる事はありません。ナンキンダイギャクサツやジューグンイアンフは戦勝国が国益のために捏造した忌々しき外交カードである事くらいの真実は少しまともな感性と単なる知識ではない教養を養えばすぐにでも見抜けるようになるのですから。

★支那民族と日本民族双方の歴史を文化・政治の両面から総合的に学び正しい知識と感性を身につけて、無意味な雑談を延々と続ける愚に早く気付いて欲しい。そうすれば、いずれ正しい目、正しい感性に培われた歴史認識を持つ事が出来るようになるでしょう。



16 :憂国士(by教授):2007/02/05(月) 14:54:41 ID:c/rQ/C6X
再度言う、『国に押された《無実の烙印》が我々の子孫、若い世代の将来に与える悪夢』は既に現実の物となっている。

南京陥落の当時は、アメリカの報道関係者や外交関係者なども多く南京城内や上海にいたので、大虐殺のデマはアメリカの良質なメディアで大きな話題にすることはできなかった。
しかし、数年の後、日米開戦後は、如何なる反日デマも戦時中と言う事で、大量に流されたのである。
そうしたデマの中では、南京は東洋のアウシュヴィッツになった。
日本は、ナチス・ドイツの同盟国だから、そのように対を作った方が宣伝には都合が良いし、説得力もあると考えられたのも実にうなづける話である。

『そのように大量のシナの市民を殺しているのだから、日本の市民も大量に殺してもよい、仮にそうなっても自業自得である』と言う論理、あるいは心理が、後の東京大空襲や原爆投下による無抵抗な市民の大虐殺を正当化する論理・心理の大きな後ろ盾になっているのである。

今の日本は、何処とも戦争をする体制に無いし、その可能性も今は見えない。しかし、今から100年後に、どのような国際情勢になるかは何人も予測できない。その時、南京大虐殺の虚構が東京大虐殺の実話の原因とならないと、誰が言えようか。

私は、南京大虐殺と言う《無実の烙印》が、我々の子孫、若い世代の将来において、悪夢の様な未来を現実の物としかねない底知れぬ危険性を有する極めて忌々しき欺瞞である事を危惧せざるを得ない。

隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける蒙昧の輩よ、

お前たちは、同胞の子孫、若い世代の将来において、悪夢の様な未来を現実の物としかねない底知れぬ危険性を有する極めて忌々しき行為を、自身の姑息な精神安定の為に平然とおこなって顧みない浅ましき亡国の輩である。厚顔無恥にもほどがあろう。




17 :伊藤隆:2007/02/05(月) 15:09:57 ID:OVy5nBCa

伊藤隆(東京大学名誉教授・日本史)

「毛沢東が南京事件について語らないのは、
南京事件の実態が大虐殺とはほど遠いものだったからですよ。
軍服を脱いで潜んでいた数千人の中国軍人を捕まえて来て
銃殺したというのが実態でしょう。」

『諸君』2006年6月 P34

18 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 15:10:40 ID:CvmLwYrA
自慰史観論者は、もはやコピペを繰り返す機械に成り果てたようだ。

自慰史観論者のHPは2004年を境に殆ど更新されていないが
良識派のHPは、現在続々と更新されて、自慰史観論者の捏造を片っ端から
資料に基づき理論的に論破し反論の余地を与えていない。
自慰史観論者は、宗教かかった頑迷な同じ主張を繰り返すばかりで
もはや、発言になんらの進捗性が認められない。
犯罪人の最後の悪あがきといったところか?

南京事件FAQ
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/FrontPage

さらに、注目すべきことは、中国が南京大虐殺の研究を全23巻に及ぶ
集大成としてまとめ、もうすぐ完成するという事実である。
これが世界に公開されたとき、世界はあらためて南京大虐殺が、
いかに酷いホロコーストであったかを理解するだろう。

このような、結末に導いた張本人。

「自慰史観論者」

私達日本人は、この国賊の輩をどう処罰するべきか、考えるときが来たようだ。

19 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 15:11:45 ID:R9XEaz2k
週刊誌に載ってたけど例の映画かなりひどいみたいだな。
日本兵の証言が出てくるらしいら本物かどうかぜひ検証して欲しい。
絶対にやらせだろうから。しかし、こんなひどい映画を喜ぶここの
サヨって。 早く中国に亡命しなよ。

20 :日本近代史の権威:2007/02/05(月) 15:13:31 ID:OVy5nBCa

伊藤隆(東京大学名誉教授・日本史)

「毛沢東が南京事件について語らないのは、
南京事件の実態が大虐殺とはほど遠いものだったからですよ。
軍服を脱いで潜んでいた数千人の中国軍人を捕まえて来て
銃殺したというのが実態でしょう。」

『諸君』2006年6月 P34

21 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 15:53:21 ID:f8dV8PU1
>>8
少しは世界を見ろ。

欧米は未だに侵略自体を正当化してるので未だに旧植民地と揉めている。
教科書だって正当性を堂々と書いている。

欧米人は他国の侵略に対しては煩く批難するけど、自国の侵略行為に対しては皆正当性を主張する。
フランス人はアフリカに対して開き直りして、「近代化してやったんだ!」と言う。

22 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 16:11:15 ID:CvmLwYrA
>>21
ここで問題になってるのは侵略・植民地化行為もさることながら
残虐きわまる「虐殺行為」です。本論の主旨を間違えないように。

南京大虐殺で数十万人。中国全土で2000万人が殺されています。
欧米の植民地で、かような大虐殺が起きたでしょうか?

また、中国とアフリカを同列に喩えるのは中国人に対する侮辱でしょう。
 

23 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 16:14:35 ID:OVy5nBCa
>>21

>南京大虐殺で数十万人。中国全土で2000万人が殺されています。
何を証拠に。。。

>欧米の植民地で、かような大虐殺が起きたでしょうか?
欧米の植民地における大虐殺を知らないとは・・・
勉強不足ですね 完全な

>中国とアフリカを同列に喩えるのは中国人に対する侮辱でしょう。
アフリカ人に対する侮辱ですね 之は

24 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 16:34:46 ID:BLJ9QTC1
>>22,ID:CvmLwYrA
>南京大虐殺で数十万人。中国全土で2000万人が殺されています。

えと、釣りかな?

25 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 17:02:11 ID:CvmLwYrA

失礼。中国の死者数は1000万人以上に訂正。
ロシアの死者数と取り違えていた。
いずれにしても膨大な死者数であることに変わりは無い。
http://en.wikipedia.org/wiki/World_War_II#China
http://www.max.hi-ho.ne.jp/nvcc/TR7.HTM

26 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 17:09:33 ID:pUXvZLJ+
勝者がルールを決めるのが、世界の常識。

中国は戦勝国だから、日本の虐殺を誇張して言える。
日本は敗戦国だから、米国の原爆に全く何も言えない。

27 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 17:12:52 ID:f8dV8PU1
同じ敗戦国であるドイツはフランスを始め旧連合国側などの言い分に堂々と反論してる。

28 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 17:12:52 ID:CvmLwYrA
なお、大東亜戦争におけるアジア諸国における死者および虐殺の実態と
詳細についてはこちらも参照されたい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Japanese_war_crimes

29 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 17:41:41 ID:bmM2wDgU
>>13
>また、その記事から分かることは、自慰史観論者が南京大虐殺否定論などを
>展開しなければ、中国はあえて南京大虐殺の研究を開始することはなかった。

>この事実である。
計らずも「今まではいい加減だった」事を中国が認めたわけで、大虐殺否定運動の
効果がいかに大きかったかということだ。

これが無ければ、、中国は相も変わらず30万から40万と言っていた訳だろ。

30 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 17:43:07 ID:k4/YY9Se
中国が戦勝国ってのもな。日本はアメリカに負けたが、国民党には負けてない。
ましてや中国共産党は国民党に負けていたから日本を闘いに引き込んだんじゃないか。
毛沢東も日本のお陰で中国統一できたと感謝していた。

31 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 17:43:57 ID:zPhVTCFX
妄想否定派はどこいった?

32 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 17:46:47 ID:bmM2wDgU
さて、工作員たちが何を嫌がっているかを分析することが、俺たちの今後の戦略となるわけだ。
今までからわかっていたことだが、きっちりした史料をもとにして議論のテーブルに挙げれば、
30万〜40万など「悪い冗談でした」と認めざるを得ない。

だが、今まではこの悪い冗談がまかり通ってきたのだ。

>>12>>13をみればわかるとおり、世界に向けて真実を追求する姿勢が広がることを、工作員たちは
一番恐れているのだ。

自分たちが逃げを打っているポイントが、自分たちの弱点であることを晒しているわけだ。

俺たちからすれば、相手の弱点が明らかなのだからそこを突きまくれば良い。

33 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 17:48:14 ID:nhP4/Rp2
>>29
> これが無ければ、、中国は相も変わらず30万から40万と言っていた訳だろ。

文部科学省のイジメによる自殺者ゼロも、去年の騒ぎがなければ、ずっと0人と言っていただろ。

34 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 17:49:05 ID:k4/YY9Se
中国ではいまだに選挙がないんだろ。そんな国のプロパガンダを信じるん
だからな。朝日新聞の捏造を信じる人々の脳内構造がわからないよ。
いまだに共産主義を信奉してるのか?虐殺がつきものの共産主義を。

35 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 17:56:14 ID:q2ftXQvm
>>34
イラクが大量破壊兵器を作っていて、さらにテロ支援国家だという、
アメリカが捏造した主張を信じてしまう日本政府だから、仕方がない。

36 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 18:38:48 ID:k4/YY9Se
日本政府より反日日本人のほうが問題だよ。

37 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 18:44:28 ID:CvmLwYrA
言うまでも無くウヨ厨の反日の定義は「ウヨを批判する人」
ただそれだけw

日本政府の見解

「南京大虐殺」に対して、日本政府はどのように考えていますか。

1. 日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、多くの非戦闘員の殺害や
   略奪行為等があったことは否定できないと考えています。

2. しかしながら、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが
  正しい数かを認定することは困難であると考えています。

3. 日本は、過去の一時期、植民地支配と侵略により、多くの国々、とりわけアジア諸国の
  人々に対して多大の損害と苦痛を与えたことを率直に認識し、痛切な反省と心からの
  お詫びの気持ちを常に心に刻みつつ、戦争を二度と繰り返さず、平和国家としての
  道を歩んでいく決意です。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/08.html


38 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 18:53:58 ID:q2ftXQvm
あるある大事典みたいなバラエティ番組を信じるぐらい、日本人は馬鹿が多い。

39 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 19:35:19 ID:FFAHyoNX
>>38


みんな テレビ真理教 の信者だからな




40 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 19:41:24 ID:nRtLjQZq
>>35
フセインが毒ガスで大量虐殺したのもアメリカの捏造なのか
毛沢東が自国民8000万人虐殺したのもアメリカの捏造か
朝鮮戦争で北朝鮮の兵隊に丸腰で突撃させて相手がおびえたり
弾が尽きたりしてくるとようやく赤軍が後ろから出て行く戦法を
とったと言うのはのはアメリカの捏造か・・・・

41 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 20:14:01 ID:WHgR1xog
>>40
> フセインが毒ガスで大量虐殺したのもアメリカの捏造なのか

それ、ネット上では、捏造疑惑が飛び交っているけど、どうなの?

42 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 07:30:42 ID:5jhFR1GO
微妙に方向転換したよな。
程氏の発言以来w

43 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 08:03:28 ID:7g0PnK34
>40
フセイン持ち出すなら
彼が誰の力で大統領になったかくらい知ってるよな


44 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 08:45:59 ID:nItOsvn3
アメリカだろw
イラン・イラク戦争時、アメリカの軍事援助でイラクが毒ガスを開発し使ったんだろw

45 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 08:48:49 ID:ON4fFqZ+
   _ _ _ __
 /三ミミミ==ヾヾヾヽ
/=三ミミミミ二二≡ミミミミゞ
i/三ミミミ=二二二二ミミミミミヽ
|////// ミ ミ ミ ミミミミミミミゝ
|/////ノ      ヽミミミミミ }
|/// ノ        \ミミミミ |
`//i   ̄ \    / |ミミミミミ|
│:i  <O>   <O>ミミミミ|
│i     丿  i    \ミiミ|
│    ノ(    )   ・ i||ミ|ミ|
ヽi   ( _ヽ_ ノ_ )  ]ミミミ《|
《ヽ   \H_H_H_H丿  ノ巛巛《
巛<ヽ   ヽ _ ノ  /巛巛巛《
《巛<\       /巛巛巛巛
《《《巛《《── - ヽ巛巛巛巛<
巛巛巛《ノ \    <《《《巛巛

ロイヤル・ビッチ[Royal Bitch](1986〜)

【皇室】速報:高円宮承子サマの乱交セックス日記が発見された模様 (引用元あり)
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1170424325/l50
週刊文春が報じた 女性皇族「奔放HP」の中身
http://www.j-cast.com/2007/02/01005277.html
まとめwiki
http://matome.eek.jp/royal/
Princess Tsuguko of Takamado
http://en.wikipedia.org/wiki/Princess_Tsuguko_of_Takamado
日皇室"辣妹"曝留学生活 ?上可?小男生
http://world.eastday.com/eastday/06news/world/w/20070203/u1a2607291.html

46 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 11:36:21 ID:qUjKkeW3
>>37
ウヨに言わせると日本政府も反日にということになりそうだ。
韓国映画をご鑑賞になった天皇皇后両陛下も反日。
安倍首相夫人も反日。

ウヨは大変な愛国者だな、ヲイ?w

47 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 13:15:16 ID:XaYRRiCt
>>37
どこをどう見ても「南京大虐殺」じゃないよね?
日本政府もちゃんと否定してるワケだ

世界一般の南京大虐殺の定義
1.市民(民族)の殲滅も含めたアジア版ホロコースト
2.被害者数は20万人を越える
3.国家主導の下に組織だって行われた

これが公式ですからね
もし「捕虜の殺害で巻き添えに民間人も死亡、強盗他一部の暴走により事件発生」
程度なら世界中が「はぁ?」ですからね
上記を肯定してる方こそが肯定派であり後は全部否定派です

48 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 13:34:29 ID:Z6D9G/RO
>>47
> 世界一般の南京大虐殺の定義
> 1.市民(民族)の殲滅も含めたアジア版ホロコースト
> 2.被害者数は20万人を越える
> 3.国家主導の下に組織だって行われた
>
> これが公式ですからね

「世界一般」だってw
「公式」って何、国連? それとも、冥王星の取扱のように、
国際学術会議で決議して決めたの?

アホだなコイツwww

49 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 14:18:31 ID:qUjKkeW3
>>48
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Rape_of_Nanking

50 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 14:20:43 ID:qUjKkeW3
>>47

つ Q.8 「南京大虐殺」に対して、日本政府はどのように考えていますか。
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/08.html

51 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 21:42:34 ID:2p1YuNlE
南京大虐殺なんてどう考えても嘘なのに。嘘だろと言ったらウヨとか言われるし。
俺がウヨなら世の中ほとんどウヨだろうが。

52 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 21:45:33 ID:qUjKkeW3
>>51
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1169682595/

53 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 22:08:50 ID:2p1YuNlE
朝日新聞なんて捏造だらけじゃん。南京大虐殺を捏造したのも朝日新聞だろ。

54 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 23:58:59 ID:rKrZqWoK
>俺がウヨなら世の中ほとんどウヨだろうが。
は?一体どの「世の中」ですか?世界は間違いなく「肯定派」が大勢を占めていますよ。
君の「世の中」とは随分と「狭い世の中」っすねwwwww


55 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 00:26:41 ID:CN4GNCoA
アホだな。こいつは>>51
引き篭もって2チャンネルばかりやってて
家から外に出たことないんじゃないのか?

56 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 00:39:58 ID:/DGYQftq
>>51
右翼団体の構成員の「考え」なんか誰も聞きたくないんだが。
お前、学校時代、勉強が苦手だっただろw?


57 :伊藤隆:日本近代の権威・重鎮:2007/02/07(水) 01:23:33 ID:6Jr9vXOQ

伊藤隆(東京大学名誉教授・日本史)

「毛沢東が南京事件について語らないのは、

南京事件の実態が大虐殺とはほど遠いものだったからですよ。

軍服を脱いで潜んでいた数千人の中国軍人を捕まえて来て

銃殺したというのが実態でしょう。」

『諸君』2006年6月 P34


とても反論できまい

58 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 01:31:26 ID:CN4GNCoA
>>57
自慰史観論者は海に沈んだってのが本スレの主論だろ?
つーかsageてる時点で負けてるな。

59 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 01:38:04 ID:YIXcjQsa
毛沢東はそのとき南京にいたのか?
見ていないのに語れとは、東京大学の恥だ。

60 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 03:00:59 ID:NIaOMGqy
共産党が文句を言う筋合いじゃないしな。

61 :伊藤隆:日本近代の権威・重鎮:2007/02/07(水) 03:45:33 ID:6Jr9vXOQ
伊藤隆(東京大学名誉教授・日本史)

「毛沢東が南京事件について語らないのは、

南京事件の実態が大虐殺とはほど遠いものだったからですよ。

軍服を脱いで潜んでいた数千人の中国軍人を捕まえて来て

銃殺したというのが実態でしょう。

戦闘中のことで、しかも犠牲者の数がたかだか数千人であれば、

毛沢東にとっては問題とするに足りない」

「ノープロブレムでしょう。

それがいま日本に対する切り札になっているのは

どういうことかという気がしました。

(毛沢東は)『マオ』によれば、文革の大粛清で

三百万人を非業の死に追いやった男ですよ。」

『諸君』2006年6月 P34


とても反論できまい


62 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 09:23:47 ID:M9wlQ4ww
毛沢東が黙っても、南京虐殺の被害者がうるさいよね。

63 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 10:29:54 ID:XNn+HP2z
なんだ 3黒人の工作員が粘着しているのか
まともな会話ができるわけないか
なにせ新幹線は全部中国の国産技術だと言い張る
国のこうさくいんだからな

64 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 10:37:14 ID:KID5I5p+
チャンネル桜製作「南京虫の真実」爆撃機は、資金不足で離陸燃料すら足りないようです。
ネットウヨの皆さん。500円玉でもいいから寄付してあげてくださいなw

ゴーマニズム宣言関連@2ch掲示板
■伝えたい「南京の真実」保守系有志ら映画製作へ

138 名前:名無しかましてよかですか? :2007/02/05(月) 18:36:43 ID:8prtMOyj

  国際情報戦ごっこはしなくてもいいからもっと真剣に宣伝書き込みをしなさい。
  まだ製作資金は目標の5パーセントも集まってないんですよ。
  こっちは在宅勤務に5000円も払ってるんですからそれを忘れないように。

65 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 10:46:08 ID:c88Y9tfL
2007年1月19日 右翼の主張 (東京地裁前にて)
 
 「日本軍が安全区の難民のための食糧を提供したので、委員長のラーベが感謝状を送った」
 「住民は全て安全区で保護され、その外部は完全に無人だった(だから新路口事件などウソだ!)」
 「虚偽をあおって夏淑琴の人権だ!と騒ぐ極左が、何故シナ・中共の人権侵害を無視するか」
 「南京では日本軍は1人も殺していない!」
 「中国など日本人の頭の中にしか存在しない。あるのはシナとシナ人だけである」
 
http://www.janjan.jp/living/0701/0701160209/1.php?action=table&msg_article=58210

66 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 11:04:29 ID:KID5I5p+
>「日本軍が安全区の難民のための食糧を提供したので、委員長のラーベが感謝状を送った」
そもそもラーベの感謝状はあくまで日本軍の砲兵部隊が安全区に攻撃を加えなかったことにたいして
感謝であり、虐殺がなかったという証拠にはなりえない。
仮にそれが「感謝状」であったとしても、それを理由に南京事件を否定することは不可能である。
この文書の日付は1937年12月14日であり、南京陥落の翌日にあたる。陥落から数週間に渡って続いた
日本軍の不法行為が一般に南京事件とされているのだから、陥落直後の「感謝状」を持ち出しても意味
はない。
>「住民は全て安全区で保護され、その外部は完全に無人だった(だから新路口事件などウソだ!)」
ウソですね・・・。
安全区外は無人地帯?
http://www.geocities.jp/yu77799/higasinakano92.htm...
資料:「安全区外」の残留住民
http://www.geocities.jp/yu77799/anzentitaigai.html
「マギー牧師の解説書」より ー 続・安全区外の残留住民
http://www.geocities.jp/yu77799/anzentitaigai2.htm...
>「虚偽をあおって夏淑琴の人権だ!と騒ぐ極左が、何故シナ・中共の人権侵害を無視するか」
論点逸らしですねwww
>「南京では日本軍は1人も殺していない!」
・・・(呆笑)
>「中国など日本人の頭の中にしか存在しない。あるのはシナとシナ人だけである」
・・・(苦笑)

67 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 11:14:32 ID:o/WUz7GL
当時、届け出が出された日本軍の非行は総数で四百
そしてこれは「ここに記された事件は検証したものではない」(国際委員会書記長スミス博士)
のだから、実際の件数はこれより少ない可能性がある
はっきりいって後付けの証言は信頼できないね、いくらなんでも推計二万件とかは乖離が多すぎる

68 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 12:12:19 ID:YW98k8VW
まさに嘘で固めた否定派だな!

69 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 12:33:32 ID:XNn+HP2z
上海からどこかへ走ってるJR東海が輸出した新幹線も
中国の純国産技術で作ったといってるそうだね
中国はこの程度の可愛そうな後進国だということ
軟禁なんてうそに決まってるや
赤軍の悪事を隠すために捏造したのさ

70 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 12:56:46 ID:2nv4XQSr
当時の情報と後の情報がこれだけ違うとねぇ……
金儲けや注目されたいからやってる日中の懺悔屋や国策被害屋どもの妄言は放置するとしても、何が真実なのやら

71 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 14:21:57 ID:cBVYGn0D
>>66
それはおかしい
中共の主張によれば、大虐殺の期間は陥落から、などと言っていない
そう言っているのは日本の一部学者
不利な証拠が出ると定義自体を変えるのは良くないな
まるで慰安婦問題でどんどん定義を都合が悪くなる度に変えていったのと同じ

72 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 16:16:44 ID:zVz2C+vo
>>71
>それはおかしい
>中共の主張によれば、大虐殺の期間は陥落から、などと言っていない
>そう言っているのは日本の一部学者
はい?君の頭は大丈夫ですか?
  
南京における日本兵の行動は凶暴であり,かつベイツ博士が証言したように,
残虐はほとんど三週間にわたって惨烈なものであり,合計6週間に渡って、続
いて深刻であったことは疑いない。事態に顕著な改善が見られたのは、ようやく
2月6日あるいは7日すぎてからである
「弁護側は、南京において残虐行為が行われたとの事実を否定しなかった。
かれらはたんに誇張されていることを愬(うった)えているのであり、かつ退却中
の中国兵が、相当数残虐を犯したことを暗示したのである」
共同研究 パル判決書」東京裁判研究会(講談社学術文庫)P600

後日の見積りによれば、日本軍が占領してから最初の六週間に、南京とその周
辺で殺害された一般人と捕虜の総数は、二十万以上であったことが示されている。
これらの見積りが誇張でないことは、埋葬隊とその他の団体が埋葬した死骸が、十
五万五千に及んだ事実によって証明されている
(『南京大残虐事件資料集 第1巻』P395〜P398)
資料:極東国際軍事裁判判決
http://www.geocities.jp/yu77799/toukyousaiban.html
言い出したのは思いっきり「東京裁判」や君らウヨが尊敬するパル判事なんですケドwww

73 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 16:22:58 ID:zVz2C+vo
>>72
>不利な証拠が出ると定義自体を変えるのは良くないな
上記のように「定義自体」を変えようとしたのは貴方であるとお見受けしますが・・・
いかがでしょうか?
>まるで慰安婦問題でどんどん定義を都合が悪くなる度に変えていったのと同じ
「慰安婦問題」は当分の議論には関係ないでしょう。
「慰安婦問題」では全否定の立場を取る秦氏でも「南京問題」では全否定をしていませんよ。
であるように必ずしも「慰安婦問題」=「南京問題」と同じではないのですよ。
「慰安婦問題」を「南京問題」対比する事自体が見苦しい論点逸らしなんですが、
いかがでしょうか?(笑

74 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 16:52:02 ID:zVz2C+vo
中国のウィキも南京事件を12月13日からだと言っていますけど・・・(苦笑
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%B1%A0%E6%9D%80
日本版でも
日本軍は、南京への進撃中から諸種の残虐行為を行ったと言われている。
その為、南京周辺の町村において、被害の報告が挙げられている。また、
『1937年12月13日の南京陥落の翌日』から約6週間にわたって行われた南京城の城内・城
外の掃討でも、大規模な残虐行為が行われたと言われている
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E8%99%90%E6%AE%BA

おいおい。やっぱり「定義」を変えようとしようとしたのは貴方のほうじゃないですか?(笑
従って皆の定義は12月13日からという事となり・・・。
「ラーベの感謝状」は「虐殺がなかった」という証拠にはまったくなりえないし、
貴方のこの発言↓はまったくの見当違いだと結論づけざるえませんね。
>不利な証拠が出ると定義自体を変えるのは良くないな

75 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 18:17:04 ID:qwDKNida
>>65
うわーひでぇ・・

76 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 18:30:40 ID:SnMWX2Ar
421 名前:みや ◆ljF/o4D3II [] 投稿日:2007/01/30(火) 21:16:00 ID:blVuboaB
チャンネル桜 TV掲示板収録
討論内容 : 南京事件 

収録日 :2月9日金曜日 午後18時頃から休憩を含め4時間程度
放映予定:2月10日土曜日 21時から3時間
場所 : 渋谷チャンネル桜スタジオ 最寄り駅 JR渋谷駅 東京メトロ表参道駅

みや東亞 miya3miya@mail.goo.ne.jp までご連絡を。

南京虐殺を肯定している方の出演を募集します。
日本語での討論が可能であれば国籍を問いません。
番組内での紹介は番組内ハンドル名になります。顔を隠したい方はサングラスその他を準備お願いします。
交通費及び寸志がでます。こちらの領収書には実名が必要です。謝絶すれば匿名も可能です。

肯定派の人募集中 
それから501氏は「チャンネル桜は魔女裁判」と言った根拠をよろしく

77 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 18:45:26 ID:zVz2C+vo
905 :名無しさん@3周年:2007/02/02(金) 12:20:32 ID:EtRIz3/h
>>903
きっと殺害の懸念だとおもいます。証拠は以下のとおり。

「南京の真実」を製作する、チャンネル桜の水島代表が、
チャンネル桜の番組放送で、なんと殺人予告をしました。
http://www.geocities.jp/nanashionakaipai/050705sakura.wmv
7分40秒を経過したあたりからです。旧日本兵の戦争犯罪告白に対して

  「…ほんとに国賊と言っても言い切れない。もし、おまえが自分がやったなら、
   腹を切れと。自分で」(水島代表)

  「そうですね、そいか、ほんとに中国行って土下座して、皆の石、 投げられるの
  受けてきてほしいですね。もし本当に、自分がそうして、自分 が、反省の念が、
  そこまでテレビに言うんでしたら、みんなの前、どげ、私のせいで、私が止められ
  なかった。申し訳ないって言ってほしいですね」(女MC)

  「その前にですね、私はね、戦犯として、これぞ戦犯として、我々が我々の 手で、この
  じいさんをですね、処刑したいと思います」(水島代表)

などと、南京虐殺を証言した元日本軍軍人の方に処刑を宣言しました。

刑法 第二百二十二条 【 脅迫 】
第一項  生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、
      二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

78 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:02:48 ID:CN4GNCoA
このような有形無形の恫喝によって生命の危機を感じ、
口を閉ざしている旧日本兵がどのくらいいるのだろうか?
その多くの人は、語る機会も無く亡くなられた。

79 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:12:09 ID:yYxwIVk8
発端は八月の末。社会部の電話が鳴った。電話の主は八月七日付朝刊二社面
(東京本社発行最終版、以下本紙掲載日は同)で掲載した「元陸軍伍長、スケッチ
で証言 南京捕虜一万余人虐殺」の記事で取材し、紙面にも名前の載った東京
都小平市の退職警察官(七三)だった。

 だが、電話の向こうの声は最初からひどく震えていた。

 「まったくひどい。何とかしてもらえないだろうか」

 記事に載った証言は、鈴木明氏の「南京大虐殺のまぼろし」や防衛庁防衛研修所戦史室の
「支那事変陸軍作戦<1>」などの「釈放途中に起きた捕虜の暴動に対する自衛的集団射殺」
という定説を覆すものだった。

 電話の主は、この記事が出て以来、次々と「読者」からの封書、はがきが届いたが、これら
の多くは中傷で、脅迫まがいのものもあるという。証言者の自宅へ出向いた。

 「恥知らずめ、おぼえておけ。軍人恩給と警察官の恩給を返して死ね」「貴様は日本人のクズだ!!」
「思慮の浅い目立ちたがり屋か老人ボケ」

 思いつく限りの悪罵を投げつけていた。

 もちろん、証言者を勇気づける手紙も何通かあった。

 「事実を述べられたこと(教えて下さったこと)の勇気をすばらしいと思います」(三十六歳の主婦)。
勇気ある証言は次の証言につながってもいく。八月十五日付朝刊の「南京大虐殺、私も加わった」という
神戸市の元上等兵(七五)の証言である。そして、この第二の証言者のところへも「お前はバカか、平和を
乱すようなことはするな」という手紙や電話がきていた。

 こういった非難、中傷、脅迫の手紙は、新聞社にもよく来る。八月十五、十六日付朝刊の七三一部隊関連
記事でも「資料はデッチ上げ」という投書があった。共通しているのは匿名ということ。
http://www.geocities.jp/yu77799/jitumei.html

80 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:14:41 ID:CN4GNCoA
右翼・・・・許せないなあ。

81 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:20:43 ID:SnMWX2Ar
>>77=501氏?
他人の発言を引用してるようだけど?

82 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:21:48 ID:yYxwIVk8
否定派全員とまでは言いませんが・・・。
自分達は「言論の自由だ」と言ってる割に自分達の陣営の「一部」が他人の
「言論の自由」を犯している(非難、中傷、脅迫)ことに関しては何も
非難しないというのは果たして「言論の自由だ」と言える資格は本当にあるのかと
甚だしく疑問に感じますけどね。

83 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:26:51 ID:SnMWX2Ar
>>82
肯定派陣営(中国含む)の「一部」が他人の「言論の自由」を
犯している(非難、中傷、脅迫)事についてはオールスルーか

84 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:33:52 ID:CN4GNCoA
>>83
肯定派が否定派に対し、否定派個人を狙って
「殺すぞ」とか発言したり
「中傷メールを大量に送りつけたという実例を。

85 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:34:40 ID:SnMWX2Ar
>>79
「念のためですが、あくまで、「実名証言」を阻害する社会風土の存在を説明することが目的ですので、
個々の証言内容の「信憑性」についてはここでは問題にしません。」

↑(笑) 
そりゃ肯定派にとってはでたらめがばれまくった実名の加害者証言の
信憑性になんて死んでも踏みこめんわな なさけな・・・・

86 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:37:25 ID:CN4GNCoA
右翼の妨害といえばこんなのもあったっけ。

■夏淑琴さん支援活動を右翼が妨害■

汚い言葉で被害者を罵倒 (抜粋)

 午前11時半。曇り空の下、東京地裁前には「南京への道・史実を守る会」が呼びかけた
裁判支援行動に参加するために、大学生30名を含む約40名が集まった。さっそく
裁判支援アピールが始まる。私たちはハンドマイクによるアピールとチラシ配布を行い、
道行く人に南京虐殺の歪曲に抗議するよう訴えた。

 支援者の隣で大音量でがなりたてる人たちがいた。掲げる横断幕には「シナ人のシナ人に
よる/シナ人のための歴史偽造/史上最大の大嘘・南京大虐殺」という差別表現と典型的な
歴史修正主義。右翼だ。

市民インターネットメディア JanJan 2007/01/19
http://www.janjan.jp/living/0701/0701160209/1.php
http://www.janjan.jp/living/0701/0701160209/img/photo122872.jpg

87 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:41:13 ID:SnMWX2Ar
>>84
・作る会の事務所に火炎瓶で放火
・中国で日本の南京研究者を勝手に裁いて有罪に
・南京研究者の「証言の検証」にたいして「部落解放同盟」の肩書きを出して圧力
・中国と連携して言論封殺(日常茶飯事」)

言論の自由に対する挑戦の例ね
水島社長が言ったのは「戦争犯罪者だというなら日本人の手で裁くべき」という事

88 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:44:20 ID:CN4GNCoA
>>87
「その前にですね、私はね、戦犯として、これぞ戦犯として、我々が我々の 手で、この
  じいさんをですね、処刑したいと思います」(水島代表)

自分が殺すとはっきり言ってますが?

89 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:53:21 ID:SnMWX2Ar
>>88
週刊新潮で取り上げられて以来
水島社長は何度も何度も何度も真意を説明してるよ
戦争犯罪に時効がない以上、戦争犯罪をしたというならば
日本人の手で裁くべきという事をね 

自分個人の戦争犯罪を日本の戦争のせいに摩り替える事の
どこが「英雄」なの?

90 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 19:55:04 ID:SnMWX2Ar
・ 東史郎…一番有名な捏造者。原本が存在しない創作をバラまいた。中国じゃ未だに真実扱い
・ 中山重夫…段列兵の立場で虐殺目撃談を語ったがそもそも現場に居合わせるのは不可能だったことが判明
・ 富永博道…当時は学生だったのに自分は南京戦に参加し虐殺したと証言。経歴照会であっさり嘘判明
・ 舟橋照吉…東の懺悔屋成功に載せられて日記捏造。輜重兵の自分が1人で敵陣突撃し勇戦するという
 カッコつけかました仮想戦記な内容であっさり×
・ 曾根一夫…野砲連隊の二等兵だったのに、歩兵で下士官だと経歴と日記を捏造。やっぱり経歴を
 調べられて嘘と判明。懺悔屋の代表格で、あの秦教授も騙された
・ 田所耕三…強姦と虐殺を証言していたが、所属部隊が当該日時南京を離れていた事が判明。
 後に「普通の話だと記者が興味を示さないから…」と捏造を白状
・ 太田壽男…死体大量埋葬を供述書に書く。が、梶谷日記(捏造物の数々と違って原本確認できる)
 により当時証言場所にいなかった事がバレる。撫順収容所での洗脳後に書いた捏造だった
・ 富沢孝夫…海軍の暗号兵で、「南京発の松井軍司令官の虐殺を戒(いまし)める暗号を傍受・解読した」
 と証言(だから逆説的に虐殺があったという主張)。だが陸軍の暗号を海軍の知識しかない彼が解読
 するのは不可能で、おまけに証言日時には松井司令官は蘇州で入院していた
・ 上羽武一郎…「上官の命令で強姦虐殺放火をした」と証言。しかし彼は「(後方で担架運びの)衛生兵」で
 しかもそんな命令が出たという史料は一切無し

コピペだけど たしかに「検証」されたら困るよね 肯定派陣営にとっては

91 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 20:05:46 ID:yYxwIVk8
>>83
それを南京問題を論じる上で何か関係でもあるのでしょうか?
中国の事は独裁であるし、「言論の自由」もないことも知っていますが、
君らの自分陣営もそれと同じような事をしているだと指摘しているのですよ。
>>89
>自分個人の戦争犯罪を日本の戦争のせいに摩り替える事の
>どこが「英雄」なの?
その個人を派遣したのは政府ですけど。
>>90
>コピペだけど たしかに「検証」されたら困るよね 肯定派陣営にとっては
その検証するチャンスも君らが妨害をしている事もお忘れなく(>>79

92 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 20:07:13 ID:yYxwIVk8
失礼・・・訂正
×その検証するチャンスも君らが妨害をしている事もお忘れなく(>>79
○その検証するチャンスも君らの一部が妨害をしている事もお忘れなく(>>79



93 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 20:11:30 ID:yYxwIVk8
>>87
>言論の自由に対する挑戦の例ね
君らの一部はそれを遥かに上回る事をしたのですよ。
それについては君のセリフを借りればオールスルーか?






94 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 20:18:09 ID:ozzfK0ib
南京で大虐殺はなかったよそんな人いなかったし もうあの国がプロのカツアゲ国家だってみんなわかってるっしよ?まともに相手すると絞り尽くされちゃう

95 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 20:20:13 ID:sfR3t8EH
>>94
小虐殺ならあったてか?
自慰野朗は日本から居なくなれ。気持ち悪いからレスつけんなよ!


96 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 20:28:39 ID:9QOO5x+H
なんでも「右翼の妨害」とさえ言ってれば安泰なんて時代は終わったんだよ
破れサヨク君

97 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 20:41:00 ID:Y6dNecme
ゲイの白人のチンポって OH BIG!

   _ _ _ __
 /三ミミミ==ヾヾヾヽ
/=三ミミミミ二二≡ミミミミゞ
i/三ミミミ=二二二二ミミミミミヽ
|////// ミ ミ ミ ミミミミミミミゝ
|/////ノ      ヽミミミミミ }
|/// ノ        \ミミミミ |
`//i   ̄ \    / |ミミミミミ|
│:i  <O>   <O>ミミミミ|
│i     丿  i    \ミiミ|
│    ノ(    )   ・ i||ミ|ミ|
ヽi   ( _ヽ_ ノ_ )  ]ミミミ《|
《ヽ   \H_H_H_H丿  ノ巛巛《
巛<ヽ   ヽ _ ノ  /巛巛巛《
《巛<\       /巛巛巛巛
《《《巛《《── - ヽ巛巛巛巛<
巛巛巛《ノ \    <《《《巛巛

ロイヤル・ビッチ[Royal Bitch](1986〜)

【皇室】速報:高円宮承子サマの乱交セックス日記が発見された模様 (引用元あり)
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1170424325/l50
週刊文春が報じた 女性皇族「奔放HP」の中身
http://www.j-cast.com/2007/02/01005277.html
まとめwiki
http://matome.eek.jp/royal/
Princess Tsuguko of Takamado
http://en.wikipedia.org/wiki/Princess_Tsuguko_of_Takamado
日皇室"辣妹"曝留学生活 ?上可?小男生
http://world.eastday.com/eastday/06news/world/w/20070203/u1a2607291.html

98 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 20:57:12 ID:Xs85xe+F
95を見ているとここのサヨが中国共産党大好きなのがよくわかるね。


99 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 06:26:09 ID:WYYgyRp2
(イカレタ)肯定派の傾向
勝ったと思い込んでいるうちは勝っている。

(妄信的)否定派の傾向
無いよ。ナイナイ。

(肯定派・否定派の)良識派の傾向
一から懇切丁寧に説明している。
(にもかかわらず、イカレタ肯定派・妄信的否定派の思い込みは激しいようだ)

100 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 10:30:45 ID:4V5qCVlv
毛沢東は、侵略した日本軍について、戦後すぐに
「悪いのは軍国主義者であって、日本人ではない。日本国民を憎んではならない」
と中国国民に伝えた。
どうして、日本人はこの度量に対して尊敬の念を抱かないのか不思議でならない。
いまだに当時の軍国主義者に支配されているとしか考えられない。
いいかげん島国のダニ根性を捨てないか?
日本人が世界からアメリカの腰巾着として嘲笑されてる現実は知ってるだろ?
いいかげんにしろよ、勉強嫌いのバカたちよ。



101 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 11:28:07 ID:W71FjgMu
マルキストの公式論
「悪いのはごくごく一部の軍国主義者 中国人、日本人は被害者」

「悪いのはごくごく一部の中国共産党員(漢民族) 中国の少数民族、日本人は被害者」

102 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 11:36:06 ID:c7DonlY+
        ∩___∩                     ∩___∩
    ♪   | ノ ⌒  ⌒ヽハッ    __ _,, -ー ,,    ハッ   / ⌒  ⌒ 丶| ♪     
        /  (●)  (●)  ハッ   (/   "つ`..,:  ハッ (●)  (●) 丶     ねえねえ、
       |     ( _●_) ミ    :/ 西村 :::::i:.   ミ (_●_ )    |     今どんな気持ち?
 ___ 彡     |∪| ミ    :i        ─::!,,    ミ、 |∪|    、彡____ 懲役2年ってどんな気持ち?  
 ヽ___       ヽノ、`\     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●   / ヽノ     ___/
       /       /ヽ <   r "     .r ミノ~.    〉 /\    丶      
      /      /    ̄   :|::|    ::::| :::i ゚。     ̄♪   \    丶    
     /     /    ♪    :|::|    ::::| :::|:            \   丶     
     (_ ⌒丶...        :` |    ::::| :::|_:           /⌒_)     
      | /ヽ }.          :.,'    ::(  :::}            } ヘ /        
        し  )).         ::i      `.-‐"             J´((
          ソ  トントン                             ソ  トントン          ソ  トントン    

103 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 12:01:44 ID:c5h97Glr
まず南京虐殺の定義をはっきりしてくれ
肯定側にしろ否定側にしろ、明らかに相手の言っていないことまで躍起になって突付いている
中国の公式見解通りでいいの?いかんのなら、まず肯定側内でそこらへんをはっきりしてくれ
そもそもの論点が駄々ズレな以上どうにもならんわ

104 :( ̄(エ) ̄)y◇°°°:2007/02/08(木) 12:53:07 ID:byDTqy92

西村、ガンバレ。モデが裁判官なら、無罪だ。

法が悪い。暴力団がやったらダメだが、別に民間人が示談交渉してどこが悪い。(゜ω゜)

保険屋さんの示談交渉するやつはは、弁護士じゃなかろう。

。。

105 :( ̄(エ) ̄)y◇°°°:2007/02/08(木) 17:23:27 ID:byDTqy92

虫国式の公開処刑。グロ注意。いきたまま、身体を切り取っていく。(Φ◇Φ)‡〜〜〜〜

h
ttp://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2c/43/7604ddb86274dea4be726f370121c2d6.jpg

。。

106 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 17:24:01 ID:vkUTMcoy
国連事務総長が軍縮局格下げ提案、日本や途上国は難色

 【ニューヨーク=白川義和】国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は29日、国連事務局の組織再編案として、
肥大化した平和維持活動(PKO)局を二つに分割する一方、軍縮局を事務総長直轄の軍縮室に格下げすることを提案した。
Click here to find out more!

 国連総会で今後討議されるが、田中信明軍縮局長を擁する日本や多くの途上国は「軍縮軽視」として提案に難色を示しており、
そのまま実現するかどうかは不透明だ。

 提案は、過去5年間で活動人員がほぼ倍増しているPKO局を、現場での活動を統括する「平和活動局」と、調達など後方支援を
担う「現場支援局」に分割。局長はいずれも、事務次長職とする。一方、軍縮局は格下げにより、トップは現在の事務次長職から、
事務次長補クラスの事務総長特別代表となる。

 潘事務総長は自身の直轄による軍縮強化をうたっているが、軍縮局が格下げとなるのは明白だ。大島賢三国連大使は同日、
本紙の取材に、潘事務総長の説明は「十分でない」とし、国連総会で突っ込んだ議論を行っていく考えを示した。日本は近年、
軍縮局長で事務次長ポストを維持していたが、提案が実現すれば、他の事務次長ポストを模索することになる。

 潘事務総長は当初、政治局が軍縮局を吸収する案を主要国に非公式に打診。米国が政治局長ポストを
押さえるとの観測が広がるなか、途上国の強い反発で取り下げた経緯がある。
(2007年1月30日23時33分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070130id25.htm

おい、ネウヨ
チョン嫌いなら、このブッシュの犬を叩いてみろ。
戦争好きなお前らじゃ無理か?w

107 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 19:12:28 ID:UThgQtE1
定義は大切だよ。従軍慰安婦にしても日本軍による強制連行などなく、
高給とりの職業売春婦なのがわかると戦場に慰安所があるのが問題だと
多くのサヨが言い出したからな。
南京事件にしても最初は、一般市民への無差別虐殺が問題だと言われていたが
今じゃ捕虜の処刑の違法性が問題にすり変わっている。

108 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 19:13:28 ID:sNqlHCDp
>>107
つ 南京大虐殺( Wikipedia, the free encyclopedi)
  http://en.wikipedia.org/wiki/The_Rape_of_Nanking

109 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 20:01:08 ID:xOdWbCyh
結局なかったんだな…
南京大虐殺は。

110 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 20:04:10 ID:tNHtDN8a
さあ 名勝った ことになるんかね
  
背骨は自衛隊の人になおしてもらってるから関係ないといってるのに
連中はしつこいからなあ


111 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 20:11:41 ID:9izKto/Q
>>100
>いいかげん島国のダニ根性を捨てないか?
君こそ、いいかげん属国半島のニダ根性を捨てたらどうだ?

中国が折れた今、このプロパガンダ戦争は在日鮮人との戦いだってことは
みんな判ってるんだけどな。

112 :( ̄(エ) ̄)y◇°°°:2007/02/09(金) 02:02:46 ID:duc7Q96X

今日のNHK教育で夜12時やってた戦争関係の近代史、解りやすかったYO。

。。

113 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 02:14:48 ID:6kcNrRqR
本日22時 NHKを観よ。

114 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 02:29:20 ID:2qSaajT2
>高給とりの職業売春婦なのがわかると戦場に慰安所があるのが
>問題だと 多くのサヨが言い出したからな。

これって広義の慰安婦なんていなかったと白状してるんじゃんw
しかも戦場に慰安所があるっていいことだし!
それとも無くて強姦事件が発生した方が良かったとでも言い出すのか?
他所でどんだけ強姦が発生したかバカサヨ知らないんじゃないの?

115 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 03:13:12 ID:z7w/eFWW
>>114
馬鹿サヨに常識は通用しない。ひたすら自分の好きな共産主義のために
邁進するだけ。

116 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 07:16:56 ID:epbpp1oL
馬鹿ウヨに常識は通用しない。ひたすら自分の好きな主義のために
妄想垂れ流しに邁進するだけ。


117 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 08:03:23 ID:vq4DWrrL
本日22時よりNHKで当時のことやるので
肯定派の方も否定派の方もいかがですか?

118 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 08:47:01 ID:lcrdRE2N
真実以前に政治介入が凄まじいのが問題
中国じゃ日本でもう嘘と暴露された東日記や曽根屋証言が真実扱いなんだぜ
特に後者は記者に注目されたいからって馬鹿な理由で捏造証言した腐れ外道の産物
もっとも一部の学者は「中国の主張は政治的」と認めてる程度には変ってるけどね

119 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 09:18:38 ID:lcrdRE2N
悪い。注目されたいから嘘吐いたのは田所耕三だった

120 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 10:23:00 ID:cHo3I7LE
日本の従軍慰安婦問題・米下院聴聞会(2/15)に、韓国人とオランダ人女性が
証言へ。


日本は、米議会の従軍慰安婦問題決議案の可決を阻止のために、元下院議長
を雇うなど、50億ドルとも噂される資金を投じて大々的なロビー活動を展開中。


 −−− がんばれ、日本! −−−−

121 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 12:10:19 ID:/W5aPlDt
南京で捕虜や民間人に対する多数の虐殺、強姦殺人、略奪行為があったことは
間違いない事実だよ。それは「戦争なんだから少し位あっただろう」程度のものでは
なかった。事実を見つめましょう。
石射猪太郎氏 近衛内閣の外務省東亜局長「外交官の一生」中公文庫版 P332〜P333
『南京は暮れの一三日に陥落した。わが軍のあとを追って南京に帰復した福井領事から
の電信報告、続いて上海総領事からの書面報告がわれわれを慨嘆させた。南京入城の
日本軍の中国人に対する掠奪、強姦、放火、虐殺の情報である。憲兵はいても少数で、
取締りの用をなさない。制止を試みたがために、福井領事の身辺が危いとさえ報ぜら
れた。一九三八(昭和一三)年一月六日の日記にいう。
上海から来信、南京におけるわが軍の暴状を詳報し来る。掠奪、強姦、目もあてられ
ぬ惨状とある。嗚呼これが皇軍か。日本国民民心の頽廃であろう。大きな社会問題だ。
南京、上海からの報告の中で、最も目立った暴虐の首魁の一人は、元弁護士の某応召
中尉であった。部下を使って宿営所に女を拉し来っては暴行を加え、悪鬼のごとくふる
まった。何か言えばすぐ銃剣をがちゃつかせるので、危険で近よれないらしかった。
私は三省事務局長会議でたびたび陸軍側に警告し、広田大臣からも陸軍大臣に軍紀の
粛正を要望した。軍中央部は無論現地軍を戒めたに相違なかったが、あまりに大量の
暴行なので手のつけようもなかったのであろう、暴行者が、処分されたという話を耳
にしなかった。当時南京在留の外国人達の組織した国際安全委員会なるものから日本
側に提出された報告書には、昭和一三年一月末、数日間の出来事として、七十余件の
暴虐行為が詳細に記録されていた。最も多いのは強姦、六十余歳の老婆が犯され、
臨月の女も容赦されなかったという記述は、ほとんど読むに耐えないものであった。』

122 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 12:12:05 ID:/W5aPlDt
安全区国際委員フィッチの日記抜粋
「12月17日、金曜日。略奪・殺人・強姦はおとろえる様子もなく続きます。
ざっと計算してみても、昨夜から今日の昼にかけて千人の婦人が強姦されました。
ある気の毒な婦人は三十七回も強姦されたのです。
別の婦人は五ヶ月の赤ん坊を故意に窒息死させられました。
野獣のような男が、彼女を強姦する間、赤ん坊が泣くのをやめさせようとしたのです。
抵抗すれば銃剣に見舞われるのです。」
山田支隊第65連隊遠藤少尉の陣中日記
「捕虜総数一万七千二十五名、夕刻より軍命令により捕虜の三分の一を江岸に引出し
第一大隊において射殺す。一日二合宛給養するに百俵を要し兵自身徴発により給養し
おる今日、到底不可能事にして軍より適当に処分すべしとの命令ありたるもののごとし。」




123 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 12:42:43 ID:R2LScvzF
検証せずにあったあったばっか言ってきたから
肯定派は凋落した

124 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 13:30:30 ID:/W5aPlDt
>>123
南京大虐殺があったことは司法でも歴史学の世界でも常識で日本政府も認めてる。


125 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 14:25:46 ID:pomA12KX
「南京大虐殺の具体的な定義」頼む
「それを」日本政府が認めてるソースもな

126 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 14:48:54 ID:/W5aPlDt
>>125
南京大虐殺は「日本軍の南京入城(1937後年)後、多くの非戦闘員の殺害や略奪行為
等があったこと」
「南京大虐殺」に対して、日本政府はどのように考えていますか。
1.日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、多くの非戦闘員の殺害
や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/08.html


127 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 15:30:13 ID:yS1Yocw4
サヨクや中国や東京裁判が言ってきた30万、20万の大虐殺を
認めてるわけじゃないのね

検証もせずに嘘も含めて認めろと迫ってきた肯定派が凋落したのは当然のことだな

128 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 15:37:23 ID:L41GezJk
もう最近は一人芝居の様相を呈してきたな。ここ。

129 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 15:41:02 ID:pomA12KX
>>126
だから「具体的な定義」を聞いてるんだってば
被害者数およそ何人とか実行犯数およそ何人とか被害の具体的内容、損失とか
そーいうことだよ


130 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 16:04:06 ID:cHo3I7LE
>>129
それは定義と呼ばないよ。

広島長崎の原爆の被害者数ですら、研究者によって違うのだから。

131 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 16:08:47 ID:pomA12KX
>>130
しかし「南京大虐殺」とまで大々的に世界中に喧伝されてるワケだから
おおまかな被害状況なり数値なりはあるんだろ?
ないのに「大虐殺」なんて言わないよな?
100万死んだ東京大空襲だって大虐殺なんて言われてないワケだし


132 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 16:15:28 ID:cHo3I7LE
>>131
じゃ、大空襲の定義は?
東京大空襲の被害者数も諸説あるぞ。

133 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 16:16:27 ID:pomA12KX
>>132
空襲で100万前後が死亡だろ?
違うのか? 一般的にはそのあたりのはずだが

134 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 16:38:21 ID:cHo3I7LE
>>133
東京大空襲なんて、本当は、朝鮮人による組織的な大規模な放火事件じゃないの?

135 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 16:39:00 ID:pomA12KX
楽しいですか?

136 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 16:42:06 ID:htaTUuPc
>>133
>空襲で100万前後が死亡だろ?
>違うのか? 一般的にはそのあたりのはずだが

"空襲で100万前後が死亡"
そりゃ凄いな。
東京大空襲の話か?
正気の沙汰か?
驚き

137 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 16:49:01 ID:pomA12KX
>>136
では持論の大空襲はどんなもんで?
あと大虐殺から関係ない話にズラしてないで答えてくれませんかね?
答えられないのか答えるとマズいことになるのかw

138 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 18:20:20 ID:htaTUuPc
>>133
>>137
"空襲で100万前後が死亡"

何が100万前後が死亡したんだ?
人間か?


139 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 18:38:39 ID:tKTTbMrB
>>133
えっと・・・横槍で申し訳ないですけど。
これのソース↓をお願いします。
>空襲で100万前後が死亡だろ?
はい?いったいいつ空襲で100万前後が死亡したのですが?
ちなみに
45年3月10日の東京大空襲に限っていえば、死者の数は7万人から10万人
程だ。

空襲後の警視庁発表では83793人。
帝都防空本部発表で、83070人。

ちなみに、空襲、原爆投下、沖縄戦などによる、終戦までの内地の戦災死亡者の
総数は5,60万人で、逆算して本土空襲の死者数を求めると約30万人前後
(終戦直後の内務省発表だと26万人)となる。

100万人というと、内地の戦災死亡者数の総数をも遥かに上回るのだが・・・(苦笑。


140 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 18:43:39 ID:6kcNrRqR
本日、夜10時よりNHK総合TVで、文化庁芸術祭大賞を受賞した
ドキュメンタリー作品「日中戦争」が再放送される。
自慰史観に染まったネットウヨは、見逃さないように。
出来れば録画して10回見直すように。

【 NHKスペシャル選 「日中戦争」】
2/9 (金) 22:00〜23:15 (75分)
NHK総合

 第61回芸術祭テレビ部門大賞を受賞した番組のアンコール放送。初公開された
蒋介石の日記を基に、日中戦争が拡大した理由を浮き彫りにする。日中戦争は
1937年の盧溝橋(ろこうきょう)事件に始まり、以後、日本は戦線を拡大し、
英米をも巻き込んだ太平洋戦争への道を突き進む。

 当時、中国国民政府を率いた蒋介石の日記によると、蒋介石は日中戦争を
世界戦争へと連動させ、米ソの力で日本軍を倒すという長期的な構想を描いていた。

 蒋介石は国際社会の注目が集まる上海近辺に精鋭部隊を派遣し、英米の経済制裁や
ソビエトの参戦によって戦局の好転を図ろうとした。これに対し、日本政府は
蒋介石政権を過小評価し、なし崩し的に全面戦争に突入してしまう。中国の真意と
力を読み違えた日本。

 それは泥沼の日中戦争から太平洋戦争という破局をもたらすことになる。初公開の
資料から日中戦争を国際的な視野でとらえ直す。

141 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 18:44:50 ID:tKTTbMrB
>ID:pomA12KX
貴方は他人に定義を要求するのは結構ですけど・・・
まず自力で勉強して見てはいかがでしょうか?
ここは議論の場であって、貴方に知識を与える場所ではありません。
少なくとも議論に耐えうる知識くらいは自力で獲得してください。
(そこまでの面倒は見きれませんよ)

142 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 18:45:17 ID:2shRTe+c
>蒋介石は日中戦争を世界戦争へと連動させ、

現代の日本に生きる我々が、手本とすべき考え方でないことだけは、確かだな。

143 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 18:54:38 ID:tKTTbMrB
中国人やロシア人と良く話す人は気づいているだろうが、中国でもロシアでも、
国家指導者に対する支持率はかなり高い。胡錦涛とプーチンは、安倍、ブッシュ、
ブレアよりはるかに高い支持を自国民からの受けている。ロシアでのプーチンの
支持率は70%程度である。中国では世論調査が行われていないが、私が中国人
と話した経験からは、中国人の共産党政権に対する支持率も60%以上だと感じる。

「中国の農村では、政府批判の暴動が相次いでいる。反政府の人が多いはずだ」
と反論する人もいるだろう。中国の農村暴動のほとんどは、地元の役人が公共事業
のためだと言って人々から家や農地を没収し、その事業で私腹を肥やす汚職をやって
いることが後で暴露されたために起きている。土地公有制と経済自由化の間の矛盾が、
汚職の多発につながっている。中央政府は、取り締まりをやっているが、追いついて
いない。中国の人々は、個々の役人を非難するが、共産党政権そのものを転覆した方が
良いとは思っていない。共産党政権が転覆したら、その後の中国は結束力を失って今より
悪い状況になるという考え方が多数を占めている。

 中国やロシアではマスコミが統制されているから、国民が洗脳されているのではないかと
思う人もいるかもしれないが、これも間違いである。中国やロシアの人々は、自国のマスコミ
が統制されていることをよく知っている。彼らは、マスコミ報道を鵜呑みにしない。
「自国のマスコミは統制されていない」と軽信して報道を鵜呑みにしているのは、むしろ
日本や欧米の人々である。(だからブッシュはイラク侵攻を挙行できた)
http://tanakanews.com/070118UN.htm

144 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 19:31:18 ID:51nAtn+O

●南京陥落当時の貴重な映像(1of5)(攻略後?検問?
http://www.youtube.com/watch?v=FMKZzZREqh8&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(2of5)(松井大将の行進・他
http://www.youtube.com/watch?v=JZQTdOfUlck&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(3of5)(演奏・戦地へ行く部隊?
http://www.youtube.com/watch?v=dS1KEvLgRUs&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(4of5)(・・・意外な。。
http://www.youtube.com/watch?v=IpYXmyAW_fw&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(5of5)(正月?モチ作り?・・後半⇒楽し
んでいる子供達
http://www.youtube.com/watch?v=r-hCB4O49ms&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(6of6)(?証明書作成?
http://www.youtube.com/watch?v=rV66e7xVwt4&mode=related&search=
意外であろう、虐殺の空気が感じられない。中国人の様子・・普通である・・。

特に子供の様子を見れば大虐殺など無かった事は一目瞭然である。
●南京陥落当時の貴重な映像(5of5)(正月?モチ作り?・・後半⇒楽し
んでいる子供達
http://www.youtube.com/watch?v=r-hCB4O49ms&mode=related&search=

大虐殺があったとされるその同じ場所で子供がこんなに無邪気に遊べるだろうか

肯定派が何とかしてあった事に捏造するために偽論に血眼になるのも頷けるというものである。



145 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 19:37:00 ID:tKTTbMrB
>>137
>ID:pomA12KX君
>>131のソース
もしくは
>>139への反論をお願いします。

ま、と言っても貴方の説(100万死んだ東京大空襲)は100%間違いであると
認めざるえないでしょうけど・・・せめてそこだけは訂正をしたほうがよろしいかと・・・(笑

南京を論じる前にやる事があるじゃないですか?
それは「勉強」をする事ですよ。

146 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 19:37:52 ID:vq4DWrrL
>140
大事な情報と思うのでもう一度あげとく

本日、夜10時よりNHK総合TVで、文化庁芸術祭大賞を受賞した
ドキュメンタリー作品「日中戦争」が再放送される。

【 NHKスペシャル選 「日中戦争」】
2/9 (金) 22:00〜23:15 (75分)
NHK総合

第61回芸術祭テレビ部門大賞を受賞した番組のアンコール放送。
初公開された蒋介石の日記を基に、
日中戦争が拡大した理由を浮き彫りにする。
日中戦争は1937年の盧溝橋(ろこうきょう)事件に始まり、
以後、日本は戦線を拡大し、
英米をも巻き込んだ太平洋戦争への道を突き進む。

当時、中国国民政府を率いた蒋介石の日記によると、
蒋介石は日中戦争を世界戦争へと連動させ、
米ソの力で日本軍を倒すという長期的な構想を描いていた。

蒋介石は国際社会の注目が集まる上海近辺に精鋭部隊を派遣し、
英米の経済制裁やソビエトの参戦によって戦局の好転を図ろうとした。
これに対し、日本政府は蒋介石政権を過小評価し、
なし崩し的に全面戦争に突入してしまう。
中国の真意と力を読み違えた日本。

それは泥沼の日中戦争から太平洋戦争という破局をもたらすことになる。
初公開の資料から日中戦争を国際的な視野でとらえ直す。


147 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 19:38:31 ID:RhdZYso9
戦争=虐殺だろ… 清く正しい戦争なんてあるのか?
虐殺の歴史が無い国は皆無でしょ
まあ中国の主張は内政の為の外交であってもやりすぎに思える

絶対的な正義も存在しないし逆に悪も存在しない


148 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 19:41:29 ID:tKTTbMrB
>大虐殺があったとされるその同じ場所で子供がこんなに無邪気に遊べるだろうか
ヤラセ撮影について、1月8日のマッカラムの日記にも指摘がある。


『四、五名の新聞記者が収容所の入口へ来て菓子や林檎を配給し、避難民へ若
干の金銭を手渡した。そして活動写真が此の親切な行為を映写しました。同時
に日本兵の一団が囲内の裏壁をよぢ登って来て十二人位の女子を強姦しました。
取り消された写真は少しもありませんでした。』

 さらに、「事件」直後に撮影された映画『南京』に、「虐殺」を思わせる場
面がないことを「否定」の材料にしようとする方も存在します。しかし、映画
『南京』のカメラマンであった白井茂氏自身が次の記録を残していることからも、
この映画をそのような材料として使うのは無理なことでしょう。
 
「見たもの全部を撮ったわけではない。また撮ったものも切られたものがある」

白井茂氏『カメラと人生』より
http://www.geocities.jp/yu77799/houdoukisei.html

149 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 19:52:45 ID:51nAtn+O
>>144
意外であろう、虐殺の空気が、空気が全く感じられない。中国人の様子・・普通である・・。

特に【南京陥落当時の貴重な映像(5of5)(正月?モチ作り?・・後半⇒楽しんでいる子供達】
http://www.youtube.com/watch?v=r-hCB4O49ms&mode=related&search=

特に子供の様子を見れば大虐殺など無かった事は一目瞭然である。

大虐殺があったとされるその同じ場所で子供がこんなに無邪気に遊べるだろうか!!
もし大虐殺があったのなら子供のおびえる心偽らざる恐怖心ををどうやって消す事ができたのか教えてもらいたい。

肯定派が何とかしてあった事に捏造するために、単なる胡散臭い元日本兵なる者の証言頼みで偽論に血眼になるのも頷けるというものである。

★あらためて声を大にして言う★

提示した映像から大虐殺の空気は一切感じられない。これだけの人が居て、しかも子供もいて虐殺の空気が一切感じられないのである。

大虐殺と同じ現場でこのような空気・正月を迎える喜々とした空気に満ちた映像が撮れるだろうか

事実はもう言うまでもない。答えは否である。虐殺現場でこのような平静な空気の映像が撮られる事はない。

以前にも再三苦言を呈した共産中国のことを何も知らない、そして見事な事実にからめて歴史を歪める嘘を巧妙に映像アレンジで捏造するNHKの
文化庁芸術祭大賞という作られた芸術作品に擦り寄る蒙昧の輩の類>>140 がこのスレにも性懲りも無く出没するようだ。
まともな良識と感性を持たれる諸氏には他愛も居ない輩であるが、一応老婆心までに注意を喚起しておく。

そして次に、参考までにひとつの『良識』を紹介しておこう。


150 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 19:54:25 ID:jt6tBZcj
南京虐殺を証明する写真で本物といわれるものはなかったと聞いた
そんな大事件が偽写真しかないとは大虐殺はなかったということなのだ

151 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 19:55:14 ID:tKTTbMrB
>大虐殺があったとされるその同じ場所で子供がこんなに無邪気に遊べるだろうか!!
>もし大虐殺があったのなら子供のおびえる心偽らざる恐怖心ををどうやって消す事ができたのか教えてもらいたい。
だ・か・ら「ヤラセ」だと言ってるのですけど・・・>>148(呆



152 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 19:55:17 ID:6kcNrRqR
世界中の人々が、南京大虐殺を歴史事実と認識し、
ほぼ全ての日本人も南京虐殺を歴史事実と認識しているなかで、
僅かの自慰史観論者だけが、相変わらず「なかったなかった」と
念仏のように唱えてる様は、哀れですらある。

153 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 19:55:22 ID:cGFpzwqF
>>148
薄汚いニセ証言者に対してなんの批判も加えられないような
糞サイト出さないでくれる?

154 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 19:59:28 ID:tKTTbMrB
>南京虐殺を証明する写真で本物といわれるものはなかったと聞いた
はいはい。
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/143photos/HTML/musi.htm
>>153
別に従う理由がありませんので・・・拒否します。

155 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:01:10 ID:jt6tBZcj
>>151

やっぱり南京は赤軍が自分たちの恥を隠すためにヤラセをやったのか

156 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 20:02:50 ID:51nAtn+O
【ある真実に見る良識】
★★★昭和9年春峯庵事件という浮世絵に関する大きな贋作事件があった。『所謂南京虐殺事件』もこれと全く同じである。浮世絵の作品が某大名家で春峯庵と号されているところから大量に発見された事があるのです。
春峯庵自体がデッチ上げだった。それが新聞紙上を賑わせて、専門家でこの世界の権威である某博士も絶賛しまくった。みんなが褒めまくるものだから、それらの浮世絵は高く売れていった、それが後に贋作だと分ってしまったのである。

その贋作は本筋のプロの骨董商なら今見ても即座に『こさえもの』と分るのであるが、学者と言うものは基本的に金を出さないので、金銭的な血のにじむような実社会の痛みをしらない。
生活をかけて実戦を勝ち抜いて来た者だけに培われる本物を見分ける嗅覚と言う感性が全くといって良いほど無い。

つまり
蔵だの屋敷だのと舞台装置さえ整っていて、学術的な観点の約束事がきちんと守られていれば、コロリと騙されてしまうのである。

褒めまくった新聞記者にしても、物は分らない。もっとも、物の分らない記者の書いた記事が活字になった瞬間、新聞になった瞬間に、100%信頼してしまうという世間の人達の愚かさもあるわけであるが、
その春峯庵の浮世絵は、その後昭和の終わりごろになって再び登場し、大きな浮世絵業者が数十億と言う値段でバブル華やかなりし頃の不動産業者にこれまた本物と偽って売り、
その不動産業者はご丁寧にも美術館まで作って飾ったのである。
いかに体裁を整えてみても贋作は贋作、見るものが見れば瞬時に分る。その浮世絵から臭い立つ何ともいえない嫌な感じは覆い隠し様が無いのである。
本当は全部火をつけて燃やした方がいいのだが、まあそれもしょうがない事かもしれない。人の世はかくのごとく欲・利害関係と道連れなのである。

『所謂南京虐殺事件』もこれと全く同じである。

157 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:03:26 ID:tKTTbMrB
>>155
へえー・・・南京に「赤軍」がいたのですか?初耳ですね。ソースをどうぞ。

158 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:03:35 ID:sOulZZqV
ほんと否定派ウヨはアホばかり!

159 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:04:20 ID:cGFpzwqF
>>154
これまた長年にわたるインチキ写真の使用に対してなんの批判も
できないようなサイト出さないでもらえるかな

160 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:08:36 ID:tKTTbMrB
>>159
気に食わないのなら貴方が直接サイドの管理者に抗議でもすればいいんじゃない
ですか?
>これまた長年にわたるインチキ写真の使用に対してなんの批判も
>できないようなサイト出さないでもらえるかな
気に食わないというのなら、貴方が批判すればいいんじゃないですか?
改めて貴方の提案に従う理由がありませんので・・・拒否します。

161 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:11:57 ID:tKTTbMrB
それとも都合の悪いものはほかの方には見せたくないのですか?
なら、尚更従う理由はありませんねwww

162 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:12:22 ID:jt6tBZcj
>>154


それは文化大革命の写真じゃないの

163 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 20:12:34 ID:51nAtn+O
>>156つづき
『所謂南京虐殺事件』も昭和9年の大贋作事件『春峯庵事件』と全く同じである。
欺瞞情報が独り歩きし愚かなあるいは忌々しき輩の手によって活字にされ、真実であると言う偽りの衣をまといあたかも事実であるかのごとく『戦勝国の利害関係の具』にされてきたのである。

戦勝国が捏造した『南京虐殺』という贋物は、如何に所謂学者・識者と言われる『ものしり顔の御仁』が論理だてて証言や証拠を分析し、事実であると囃し立てようと、
春峯庵の浮世絵のように見るものが見れば瞬時に分る何とも嫌な感じのする『こさえもの』『こしらえごと』なのである。


164 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:13:39 ID:cGFpzwqF
>>160
たこつぼに入って出てこないグループに抗議なんてなんの意味もないよ

君が貼った2つのHPは、都合の悪い事には一切触れない典型的なサヨクサイト
それでいてよく「都合の悪いものは見せたくないのですか?」なんて言えるもんだなw

165 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:13:46 ID:htaTUuPc


>>131 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 16:08:47 ID:pomA12KX
>100万死んだ東京大空襲だって大虐殺なんて言われてないワケだし

>>133 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 16:16:27 ID:pomA12KX
>空襲で100万前後が死亡だろ?
>違うのか? 一般的にはそのあたりのはずだが


ID:pomA12KXは、赤っ恥かいて逃走かいな?

笑えるよな 空襲で100万死亡やて?

100万 何が死亡したんや?



166 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:14:36 ID:tKTTbMrB
否定派の妄想を徹底的に反論します。
http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/anti_faq.html
★このホームページの目的
「南京事件はでっちあげ」という主張を,一次資料に基づいて検証します。
http://nagoya.cool.ne.jp/whitecray/index.html
南京大虐殺(マギーフィルム)
http://www.youtube.com/watch?v=jo1rnMVajtA&mode=related&search=
マギーフィルムの解説
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/mg_images/album.html
東中野氏の偽写真鑑定に対する反論
皆さんも⇒msqさんの警告を是非読んで下さい。
南京攻略戦直後の『公開処刑』ではなく、翌年の春か夏に行なわれた『銃剣訓練』あるいは『日本刀訓練』だったとすれば、それだけで矛盾点が氷解するのです。
⇒刺戳(したく)=刺殺(n-012-3)
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/#syashin
南京事件FAQ
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/FrontPage#content_11
極東国際軍事裁判判決
URL:http://www.geocities.jp/yu77799/toukyousaiban.html
南京事件資料集
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/
南京大虐殺 論点と検証
http://wiki.livedoor.jp/kknanking/d/%c6%ee%b5%fe%c2%e7%b5%d4%bb%a6%a1%a1%cf%c0%c5%c0%a4%c8%b8%a1%be%da

167 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:16:07 ID:cGFpzwqF
>>166
たこつぼグループの宣伝乙

言論弾圧サイト 「南京事件FAQ」のHPは順調ですか?w

168 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:17:20 ID:jt6tBZcj
なんか中国の右翼が南京南京とうるさいな
おまえら日本にがたがた言う前に8000万人も自国民を虐殺した北京政府の
責任を追及しろよ

169 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:18:31 ID:tKTTbMrB
>>165
そうですね。さっきからずっとID:pomA12KXのソースを反論を待っている
だけど・・・やっぱり逃走したようですね。
>>164
反論すらなっていませんよ・・・ウヨ君は皆そう言いますよ。(苦笑
>>162
>それは文化大革命の写真じゃないの
証明をどうぞwww

170 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:20:56 ID:tKTTbMrB
169の訂正
×そうですね。さっきからずっとID:pomA12KXのソースを反論を待っている
○そうですね。さっきからずっとID:pomA12KXのソースを反論と待っている
>>167
・・・自陣営の「宣伝」はスルーですか?(苦笑

171 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:21:17 ID:jt6tBZcj
>>166

偽物ばかりではないですか


172 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:25:41 ID:tKTTbMrB
ミスが多いな・・・。
×そうですね。さっきからずっとID:pomA12KXのソースを反論を待っている
○そうですね。さっきからずっとID:pomA12KXのソースと反論を待っている
>>171
「偽物」「偽物」とただ叫ぶのなら誰だって出来ますよ。
「偽物」である根拠を挙げなければなんらかの意味もありませんよ。


173 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 20:29:25 ID:51nAtn+O
無実の烙印『南京虐殺』がもたらす悪夢が始まった!!

隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける>>166のごとき蒙昧の輩らの忌々しき欺瞞によって捏造された
『所謂南京大虐殺』という《無実の烙印》が我々の子孫、若い世代の将来に与える悪夢が遠い将来の物でなく既に現実の物になっていることに次の世代を担う若き憂国士の方々はお気づきだろうか。

それは最近多発し益々凶悪化する外国人犯罪、特に北京オリンピック以降さらに激化する事が確実なアジア系外国人の犯罪にみられる、彼らの言い分

『数々の侵略や虐殺の罪を犯した日本人は罰せられなければならない、今の日本人は鬼の子である、そんな日本人にはどんな残虐行為でも何でもしてもよい、自業自得だ!我われは悪くない。先祖のカタキを討ってやっているのだ』

と言う都合の良い犯罪者の言い分を正当化する材料として既に充分効果的に『捏造された南京事件』が利用されている事実である。



174 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:33:39 ID:tKTTbMrB
南京大虐殺論争

南京大虐殺事件を日本人が知ったのは敗戦後の東京裁判におい
てである。この事件が「論争」となるのは、日本が高度成長を遂
げ公然と十五年戦争が肯定されるようになってからである。論
点は虐殺事件の存否、組織性、犠牲者の数であり、七〇年代の
第一次論争、八〇年代の第二次論争がある。この事件を六〇年代
から本格的に研究したのは洞富雄であり、事件を世に広めた
のは本多勝一『中国の旅』(七二年)である。第一次論争は七二
年の鈴木明「『南京大虐殺』のまぼろし」が事件の存在に疑問を
呈してはじまった。第二次論争では田中正明『?南京事件″の虚
構』が事件の存在を否定したために中国を巻き込む論争に発展
した。しかし、論争の過程で多くの新資料が発掘・発表され、
旧陸軍将校の親睦団体偕行社が機関誌『偕行』で「証言による『南
京戦史』」を連載し、事件の存在を認め中国人民にわびたことを
もって事件の存否に関する論争は収束した。
第二次論争の時期に事件の非組織性を主張したのは文部省であ
り、教科書検定で「混乱の中で」と書き込ませた。しかし、南京
攻略戦参加部隊の「戦闘詳報」などの資料や藤原彰『南京大虐殺』
(八五年)、吉田裕『天皇の軍隊と南京事件』(同年)などによっ
て日本軍の組織的虐殺であることが明確になった。中国人犠牲
者の数の問題に関しては、中国では八五年に開館した侵華日軍
南京大屠殺遭難同胞紀念館に明示するように三〇万人を主張す
る。これに対し事件の存在を認めざるをえなくなった人々は三
〇〇〇人から四万二〇〇〇人という数を提示、偕行社刊『南京
戦史』でも約三万人という。しかし、洞は『決定版・南京大虐
殺』(八二年)で二〇万を下らない数といい、『南京大虐殺の証
明』(八六年)で少数説の誤りを指摘した。実証の厳密さからも
洞・藤原などの主張には説得力があり、論争はほぼ決着がつい
た。(三省堂『戦後史大事典』より)

175 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 20:35:01 ID:51nAtn+O
>>173つづき『大量のシナの市民を殺しているのだから、日本の市民も大量に殺してもよい、仮にそうなっても自業自得である』と言う論理、
あるいは心理が、後の東京大空襲や原爆投下による無抵抗な市民の大虐殺を正当化する論理・心理の大きな後ろ盾になり、
今また凶悪化し激増の一途をたどる外国人犯罪者の凶悪犯罪を正当化する論理・心理の格好の後ろ盾になっているのである。

彼ら曰く『日本人になら何のためらいも無くどんな残虐行為でも出来る。なんとなれば、俺たちは日本人は残虐な鬼であるとずっと教わってきたし
それに何の疑問もない、だから奪っても良いし一家皆殺しにしてもいい、日本人になら何をしたって良心なんか痛まない』

これが、日本にとって如何に忌々しき事態かお解かりいただけたであろうか。

あらためて申し上げる。
『国に押された《無実の烙印》が我々の子孫、若い世代の将来に与える悪夢』は既に現実の物となっている。

南京陥落の当時は、アメリカの報道関係者や外交関係者なども多く南京城内や上海にいたので、大虐殺のデマはアメリカの良質なメディアで大きな話題にすることはできなかった。
しかし、数年の後、日米開戦後は、如何なる反日デマも戦時中と言う事で、大量に流されたのである。
そうしたデマの中では、南京は東洋のアウシュヴィッツになった。
日本は、ナチス・ドイツの同盟国だから、そのように対を作った方が宣伝には都合が良いし、説得力もあると考えられたのも実にうなづける話である。

『そのように大量のシナの市民を殺しているのだから、日本の市民も大量に殺してもよい、仮にそうなっても自業自得である』と言う論理、あるいは心理が、
後の東京大空襲や原爆投下による無抵抗な市民の大虐殺を正当化する論理・心理の大きな後ろ盾になっているのである。


176 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:38:29 ID:6kcNrRqR
南京事件FAQに最新の答えが全部書いてあるのに
それを読まずに、何年も前から更新ストップしる
サイトを引用して、議論を空回りさせてる人たちは
誰でしょう?ww

177 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 20:40:23 ID:51nAtn+O
今の日本は、何処とも戦争をする体制に無いし、その可能性も今は見えない。しかし、
今から100年後に、どのような国際情勢になるかは何人も予測できない。その時、南京大虐殺の虚構が東京大虐殺の実話の原因とならないと、誰が言えようか。

私は、南京大虐殺と言う《無実の烙印》が、我々の子孫、若い世代の将来において、
悪夢の様な未来を現実の物としかねない底知れぬ危険性を有する極めて忌々しき欺瞞である事を危惧せざるを得ない。

隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける >>166>>140 のごとき蒙昧の輩よ、

お前たちは、同胞の子孫、若い世代の将来において、悪夢の様な未来を現実の物としかねない底知れぬ危険性を有する極めて忌々しき行為を、
自身の姑息な精神安定の為に平然とおこなって顧みない浅ましき亡国の輩である。厚顔無恥にもほどがあろう。




178 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:41:50 ID:6kcNrRqR
>今から100年後に、どのような国際情勢になるかは何人も予測できない。
>その時、南京大虐殺の虚構が東京大虐殺の実話の原因とならないと、誰が言えようか。

はあ? 捏造してまで南京虐殺を否定する根拠がこれかよ?


179 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:43:39 ID:vq4DWrrL
とりあえず見ようね

本日、夜10時よりNHK総合TVで、文化庁芸術祭大賞を受賞した
ドキュメンタリー作品「日中戦争」が再放送される。

【 NHKスペシャル選 「日中戦争」】
2/9 (金) 22:00〜23:15 (75分)
NHK総合

第61回芸術祭テレビ部門大賞を受賞した番組のアンコール放送。
初公開された蒋介石の日記を基に、
日中戦争が拡大した理由を浮き彫りにする。
日中戦争は1937年の盧溝橋(ろこうきょう)事件に始まり、
以後、日本は戦線を拡大し、
英米をも巻き込んだ太平洋戦争への道を突き進む。


180 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:44:14 ID:tKTTbMrB
そうですね

本日、夜10時よりNHK総合TVで、文化庁芸術祭大賞を受賞した
ドキュメンタリー作品「日中戦争」が再放送される。

【 NHKスペシャル選 「日中戦争」】
2/9 (金) 22:00〜23:15 (75分)
NHK総合

第61回芸術祭テレビ部門大賞を受賞した番組のアンコール放送。
初公開された蒋介石の日記を基に、
日中戦争が拡大した理由を浮き彫りにする。
日中戦争は1937年の盧溝橋(ろこうきょう)事件に始まり、
以後、日本は戦線を拡大し、
英米をも巻き込んだ太平洋戦争への道を突き進む。

181 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 20:44:20 ID:51nAtn+O
>>175つづき
今の日本は、何処とも戦争をする体制に無いし、その可能性も今は見えない。しかし、
今から100年後に、どのような国際情勢になるかは何人も予測できない。その時、南京大虐殺の虚構が東京大虐殺の実話の原因とならないと、誰が言えようか。

私は、南京大虐殺と言う《無実の烙印》が、我々の子孫、若い世代の将来において、
悪夢の様な未来を現実の物としかねない底知れぬ危険性を有する極めて忌々しき欺瞞である事を危惧せざるを得ない。

隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける【 >>166>>140 】のごとき蒙昧の輩よ、

お前たちは、同胞の子孫、若い世代の将来において、悪夢の様な未来を現実の物としかねない底知れぬ危険性を有する極めて忌々しき行為を、
自身の姑息な精神安定の為に平然とおこなって顧みない浅ましき亡国の輩である。厚顔無恥にもほどがあろう。


182 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:44:52 ID:htaTUuPc
>>175 :憂国士(by教授)

何が教授か知らんがな馬鹿の一つ覚えばっかりやのうて、たまには違う事書かんかい。

おもろないでー。

受けへんでー。

ド ア ホ


183 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:45:52 ID:jt6tBZcj
>>172

本物の証拠がないのはすべて偽物

184 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:48:01 ID:tKTTbMrB
>>182
>何が教授か知らんがな馬鹿の一つ覚えばっかりやのうて、たまには違う事書かんかい。
その教授とやらも所詮は「自称」でしょうwww


185 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:49:30 ID:tKTTbMrB
>>183
>本物の証拠がないのはすべて偽物
それが答えですか?まったくサイドに対する反論になっていませんよ(笑

186 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 20:53:06 ID:51nAtn+O
●南京陥落当時の貴重な映像(1of5)(攻略後?検問?
http://www.youtube.com/watch?v=FMKZzZREqh8&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(2of5)(松井大将の行進・他
http://www.youtube.com/watch?v=JZQTdOfUlck&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(3of5)(演奏・戦地へ行く部隊?
http://www.youtube.com/watch?v=dS1KEvLgRUs&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(4of5)(・・・意外な。。
http://www.youtube.com/watch?v=IpYXmyAW_fw&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(5of5)(正月?モチ作り?・・後半⇒楽し
んでいる子供達
http://www.youtube.com/watch?v=r-hCB4O49ms&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(6of6)(?証明書作成?
http://www.youtube.com/watch?v=rV66e7xVwt4&mode=related&search=
意外であろう、虐殺の空気が感じられない。中国人の様子・・普通である・・。

特に子供の様子を見れば大虐殺など無かった事は一目瞭然である。
●南京陥落当時の貴重な映像(5of5)(正月?モチ作り?・・後半⇒楽し
んでいる子供達
http://www.youtube.com/watch?v=r-hCB4O49ms&mode=related&search=
★あらためて声を大にして言う★
提示した映像から大虐殺の空気は一切感じられない。これだけの人が居て、しかも子供もいて虐殺の空気が一切感じられないのである。
大虐殺と同じ現場でこのような空気・正月を迎える喜々とした空気に満ちた映像が撮れるだろうか
事実はもう言うまでもない。答えは否である。虐殺現場でこのような平静な空気の映像が撮られる事はない。

以前にも再三苦言を呈した共産中国のことを何も知らない、そして見事な事実にからめて歴史を歪める嘘を巧妙に映像アレンジで捏造するNHKの
文化庁芸術祭大賞という作られた芸術作品に擦り寄る蒙昧の輩の類【>>140】 がこのスレにも性懲りも無く出没するようだ。
まともな良識と感性を持たれる諸氏には他愛も居ない輩であるが、一応老婆心までに注意を喚起しておく。



187 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 20:57:47 ID:51nAtn+O
以前にも再三苦言を呈した共産中国のことを何も知らない、そして見事な事実にからめて歴史を歪める嘘を巧妙に映像アレンジで捏造するNHKの
文化庁芸術祭大賞という作られた芸術作品に擦り寄る蒙昧の輩の類【>>140>>179>>180】 がこのスレにも性懲りも無く出没するようだ。
まともな良識と感性を持たれる諸氏には他愛も居ない輩であるが、一応老婆心までに注意を喚起しておく。


188 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:58:03 ID:tKTTbMrB
はあ・・・。本当に懲りないお方だね・・・。

>大虐殺があったとされるその同じ場所で子供がこんなに無邪気に遊べるだろうか
ヤラセ撮影について、1月8日のマッカラムの日記にも指摘がある。


『四、五名の新聞記者が収容所の入口へ来て菓子や林檎を配給し、避難民へ若
干の金銭を手渡した。そして活動写真が此の親切な行為を映写しました。同時
に日本兵の一団が囲内の裏壁をよぢ登って来て十二人位の女子を強姦しました。
取り消された写真は少しもありませんでした。』

 さらに、「事件」直後に撮影された映画『南京』に、「虐殺」を思わせる場
面がないことを「否定」の材料にしようとする方も存在します。しかし、映画
『南京』のカメラマンであった白井茂氏自身が次の記録を残していることからも、
この映画をそのような材料として使うのは無理なことでしょう。
 
「見たもの全部を撮ったわけではない。また撮ったものも切られたものがある」

白井茂氏『カメラと人生』より
http://www.geocities.jp/yu77799/houdoukisei.html

189 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:59:22 ID:6kcNrRqR
憂国士(by教授)ってただのコピペマシンか?
ったく、これだからネットウヨはバカにされるんだよ。

190 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:01:04 ID:tKTTbMrB
 また、この映画を元に虐殺はなかったと大喜びで言う右翼がいるが、この映画
の撮影者は何を見たのか。
【藤井慎一 証言】
小さな川の傍の門の中で捕虜らしき者を撃っているのを見た。白井氏と一緒だった。
いくつかの死体に石油をまき、火をつけた。中に生きている兵隊がいて"早く射て”
と胸を指さし、"蒋介石万歳”といったので、大変驚いたのを憶えている。それ以外にも、
銀行の裏で百人以上が殺されているのを見た。胸のあたりを銃剣で突いていたように思う。
虐殺の噂はきいたように思うが、見たのはこの時だけである。
以上「『南京大虐殺』のまぼろし」より引用

#白井茂の『カメラと人生』ユニ通信社 1983年においてはもっと詳細な発言があります。
http://www.geocities.jp/yu77799/houdoukisei.html

この映画は典型的なプロパガンダ映画である。この映画を見て、だから南京大虐殺はなかった、
と納得するほど馬鹿げたことはない。しかし、当時のプロパガンダとそこから透けて見える南京
の実状を察するならば貴重な記録と言えよう。
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%b5%ad%cf%bf%b1%c7%b2%e8%a1%d8%c6%ee%b5%fe%a1%d9



191 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 21:01:49 ID:51nAtn+O
【南京大虐殺】ニューヨーク・タイムズ昭和13年1月4日

南京の金陵女子大学に避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、
逃亡中の大佐1名とその部下の将校6名をかくまっていたことを発見し、心底から当惑した。
実のところ教授たちはこの大佐をそのキャンプで2番目に権力ある地位につけていたのである。
この将校たちは支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中にライフル6丁と、ピストル5丁、砲台からはずした機関銃1丁に、
弾薬をも隠していたが、それを日本軍の捜索隊に発見されて、自分たちのものであると自白した。
この将校たちは南京で略奪したことと、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、
その翌日には日本兵が襲った風にしたことを、アメリカ人たちや他の外国人たちのいる前で自白した。
この元将校たちは逮捕された。戒厳令に照らして罰せられ、おそらく処刑されるであろう。

チャイナ・プレス1月25日

12月28日までに、将校23名を含む1575名が安全地帯に機関銃やライフルを隠して潜伏しているのを摘発された。
その中には南京平和防衛軍 Nanking peace preservation corps 司令官王信労(ワン・シンラウ 音訳)がいた。
彼は陳弥(チェン・ミイ 音訳)という偽名で国際委員会の第4部門を率い、3人の部下とともに「略奪、扇動、強姦にたずさわった。

飯沼守少将の陣中日記1月4日
「八十八師副師長」を逮捕と記す当の第八十八師副師長馬包香(マア・ポウシャン 音訳)中将は、安全地帯で「反日攪乱行為の扇動」を指揮していた。

マッカラムの日記 昭和13年1月8日
 支那軍ノ或る者ハ容易ニ略奪・強姦及ビ焼討等ハ支那軍ガヤツタノデハ、日本軍ガヤッタノデハ無イト立証スラ致シマス


192 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:06:37 ID:vq4DWrrL
はいはい教授先生も
10時からはNHKをどうぞ

193 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:07:40 ID:tKTTbMrB
ほう・・・。マッカラムの日記 昭和13年1月8日を引用するという事は>>188
を認めるという事ですねwww
ま、一応191に対する反論は貼っておこうwww
これは、「王新倫」ら4人が「銃を埋めて隠していた」との密告を受け、日本軍に連行された事件
だった。外国人たちの認識によれば、「王新倫」らは中国人同士のトラブルから「ねたみ」を受け
て密告されたものであり、また銃も「王新倫」らが埋めたものではない、という。また、外国人た
ちの記録には、彼らが「反日攪乱行為」に携わっていた、という記述は一切ない。

上記の記事のうち「チャイナプレス」記事は、「日本軍憲兵隊」の「報告」をそのまま記述したもの
である。前者のニューヨークタイムズ記事も、1月 4日時点では南京残留外国人が外部に連絡をとるこ
とが不可能であったことを思えば、記事は日本軍筋の情報をソースにしたものである、と考えられる。

記事の内容を見ても、王新倫(王信労)が「南京平和防衛軍司令官」というわけのわからない役職に
「出世」しているなど、明らかにおかしな点が見られる。

常識で考えても、「日本軍の暴行」の情報に溢れていた当時の南京で、中国軍元兵士の少人数グループ
がわざわざ「犯罪を犯してそれを日本軍のせいに見せかける」などという危険きわまる「偽装工作」
を行う必要は全くない。

また仮にこれが事実であれば、「暴行の噂」に悩む日本軍はおおいに対外宣伝に利用したはずであるが、
1月24日の記者会見で「日本軍憲兵隊」の「報告」として発表した以外、記録に残る限りでは一切この件
に関する「宣伝」は行われていない。

以上を考えると、「反日攪乱工作隊」なるものが「暴行・略奪・強姦」を行い、それを日本軍の仕業に
見せかけたという説は、極めて根拠に乏しいものといわざるをえない
史料:「王新倫事件」と東中野氏の「反日攪乱」説
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3924...

194 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:12:29 ID:tKTTbMrB
193はこのサイドで参考してください
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%b2%a6%bf%b7%ce%d1%bb%f6%b7%ef

そして
本日、夜10時よりNHK総合TVで、文化庁芸術祭大賞を受賞した
ドキュメンタリー作品「日中戦争」が再放送される。

【 NHKスペシャル選 「日中戦争」】
2/9 (金) 22:00〜23:15 (75分)
NHK総合

第61回芸術祭テレビ部門大賞を受賞した番組のアンコール放送。
初公開された蒋介石の日記を基に、
日中戦争が拡大した理由を浮き彫りにする。
日中戦争は1937年の盧溝橋(ろこうきょう)事件に始まり、
以後、日本は戦線を拡大し、
英米をも巻き込んだ太平洋戦争への道を突き進む。


195 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:12:43 ID:GI2wV5yC
>>190
誰もその映画単体で語っていないだろ。
例えばマギーフィルム。自由に城内を撮影し、死体は僅かしか写っていない。
死体埋葬記録を見ても、婦女子の死体はごく僅かでその殆ど全てが城内で収容されている。
また、国際委員会が報告した事件も伝聞を除けば極僅か。

しかも、中国でさえ、今まで研究などしていなかったことを認め、やっと最近研究を始めた
所だと白状し、その最新の研究結果では中国婦人を強姦したのは日本人の制止を振り切った
朝鮮人であると発表している。朝鮮人が中国婦人に強姦するのを止めるぐらいだから、日本人の
行状の良さは言うまでも無い。

これらの記録や中国の研究結果は「南京大虐殺など無かった」という一つの事を示している。
証言なんぞ、出る幕ではない。

いまだに足掻いているのは反日工作活動の在日朝鮮人のみ。

196 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:14:16 ID:6kcNrRqR
〓〓憂国士(by教授)の精神病理〓〓

妄想性人格障害者の特徴
http://www.fuanclinic.com/byouki/a_04.htm

【疑い深さ】
明白な妄想症の徴候は疑い深いことです。妄想性人格障害の人は世間を敵に回して
見ていますから、いつも警戒しています。(中国が攻めてくる!中国が攻めてくる!等)

【敏感性】
ちょとした侮辱にも気づき、何も企てられていないのに反応します。その結果、彼らは
常に防衛的・敵対的となります。自分に落ち度があっても、責任をとろうとせず、
軽い助言さえも聞こうとしません。一方、他人に対してはたいへん攻撃的です。

【冷淡無情】
妄想性人格障害の人は、論争好きで譲歩する事を好まず、他人との情動的な関係を
嫌います。彼らは冷淡で、人と親しく交際しようとしません。彼らは自分の合理性と客観性に
プライドを持っています。妄想性人格障害の傾向のある人生観を持った人が、専門医を
受診することはほとんどありません。彼らは、本来、助けを求めることは嫌いなのです。

【妄想性・偏執性】
現実には即しない間違った頑迷な信念です。妄想とは、同じ社会に暮らす別の人には
信じられることはなく、訂正されることが困難な信念です。

197 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/09(金) 21:17:14 ID:duc7Q96X

クサレ虫狂は、国民党の関係者と言うことだけで、容赦なく一家皆殺しにしたから、

普通の想像力のある者なら、日本がやった行為の比じゃないと思うんだが。

日本は、敵軍の兵と言うだけで、いくら何でも、一家全員までは、皆殺しにはせんだろう。

。。

198 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 21:17:58 ID:51nAtn+O
>>191は正真正銘、当時の南京の紛れもない真実の有様を伝えた
2大プレスの記事である。ここに真のジャーナリズムが在る。
これを見れば、隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、
あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける【>>166>>188>>189>>190】のごとき
蒙昧の輩らの姑息な偽論など単なる茶番でしかない。

199 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:23:07 ID:tKTTbMrB
>>195
>例えばマギーフィルム。自由に城内を撮影し、死体は僅かしか写っていない。
「自由」ですか?面白い事を言いますね。根拠をどうぞwww
それと所謂虐殺と呼ばれる行為は殆ど「城内」ではなく「城外」で行なわれており
隠し撮りで限度はあっただろう。
>しかも、中国でさえ、今まで研究などしていなかったことを認め、やっと最近研究を始めた
一部の学者を本当に中国の総意だとお考えなのですか?
おめでたいですね。それに彼らは30・40万に対して疑問をしているものの、
「なかった」と言っていませんよ。都合のいいように意味を曲げないほうがいいですよ。
>証言なんぞ、出る幕ではない。
あれ?チャンネル桜の映画は旧日本軍の証言を集めるものじゃなかったですか?
あらら、足元から否定しちゃったねwww

200 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:26:54 ID:tKTTbMrB
>>198
貴方にはぜひとも>>196をもう一度読んでくださいませwww

201 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:26:59 ID:GI2wV5yC
>>199
>「自由」ですか?面白い事を言いますね。根拠をどうぞwww
おまえマギーフィルム見たことあんの?戦闘中の日本軍さえ写っているぞ。

>それと所謂虐殺と呼ばれる行為は殆ど「城内」ではなく「城外」で行なわれており
>隠し撮りで限度はあっただろう。
あほだねえ。だから婦女子の死体はほぼ全て城内で収容されているって言ってるのに。

>あれ?チャンネル桜の映画は旧日本軍の証言を集めるものじゃなかったですか?
>あらら、足元から否定しちゃったねwww
ん?記録や映像と合致する証言なら当然認めるよ。
記録や映像を否定するために証言なんて物を持ち出すのはキチガイにしか出来ない芸当だろう。

202 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 21:29:35 ID:51nAtn+O
●ニューヨーク・タイムズ昭和13年1月4日
南京の金陵女子大学に避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、
逃亡中の大佐1名とその部下の将校6名をかくまっていたことを発見し、心底から当惑した。
実のところ教授たちはこの大佐をそのキャンプで2番目に権力ある地位につけていたのである。
この将校たちは支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中にライフル6丁と、ピストル5丁、砲台からはずした機関銃1丁に、
弾薬をも隠していたが、それを日本軍の捜索隊に発見されて、自分たちのものであると自白した。
この将校たちは南京で略奪したことと、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、
その翌日には日本兵が襲った風にしたことを、アメリカ人たちや他の外国人たちのいる前で自白した。
この元将校たちは逮捕された。戒厳令に照らして罰せられ、おそらく処刑されるであろう。
●チャイナ・プレス1月25日
12月28日までに、将校23名を含む1575名が安全地帯に機関銃やライフルを隠して潜伏しているのを摘発された。
その中には南京平和防衛軍 Nanking peace preservation corps 司令官王信労(ワン・シンラウ 音訳)がいた。
彼は陳弥(チェン・ミイ 音訳)という偽名で国際委員会の第4部門を率い、3人の部下とともに「略奪、扇動、強姦にたずさわった。

以上は正真正銘、当時の南京の紛れもない真実の有様を伝えた
2大プレスの記事のを含むである。ここに真のジャーナリズムが在る。
これを見れば、隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、
あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける【>>166>>188>>189>>190>>196】のごとき
蒙昧の輩らの姑息な偽論などもはや単なる茶番でしかない。

203 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:30:33 ID:jt6tBZcj
>>185

本物の証明もしていないのに反論もしようがない
本物の証明をしたら嘘を暴いてあげる

204 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:31:08 ID:tKTTbMrB
>>201
>おまえマギーフィルム見たことあんの?戦闘中の日本軍さえ写っているぞ。
勿論見た事がありますよ。「戦闘中の日本軍」が写っていると言って遠距離であって
「自由撮影」の証明にはなりえない。
>あほだねえ。だから婦女子の死体はほぼ全て城内で収容されているって言ってるのに。
あほうはそっちだろう。なぜそこを「婦女子」と限定するのかな?
>ん?記録や映像と合致する証言なら当然認めるよ
はいはい。「二重基準」を作らないでくださいねwww

205 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:32:59 ID:tKTTbMrB
>>203
>本物の証明もしていないのに反論もしようがない
はいはい、反論が「できない」の間違いでしょうwww

206 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:33:10 ID:vq4DWrrL
>>198
先生すでに論破されておりますがいかがいたしましょう

207 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:35:45 ID:jt6tBZcj
偽物であると指摘され偽者と証明された写真ははいくらであるががそれに対して
本物であると反論して本物と立証できた写真はない
今まで偽だと指摘された写真が本物であったことはないのだよ

208 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:36:09 ID:GI2wV5yC
>>204
>「戦闘中の日本軍」が写っていると言って遠距離であって
>「自由撮影」の証明にはなりえない。
遠距離って・・・せいぜい数十M位しか離れていないぜ。
マギーが城内の移動に関してどれほどの特権を認められていたかの証拠。

>あほうはそっちだろう。なぜそこを「婦女子」と限定するのかな?
民間人を無差別に虐殺したのなら、当然一定の率で婦女子は含まれるだろう。
それどころかこの割合の低さは日本軍がいかに城内の民間人に被害を与えぬように
したかの証拠である。

>はいはい。「二重基準」を作らないでくださいねwww
いーや?
記録や映像と合致する証言は認める
記録や映像と合致しない証言は認めない。
どこが二重基準なの?

209 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:36:49 ID:htaTUuPc
>>206
>先生すでに論破されておりますがいかがいたしましょう


憂国士(by教授)は、壊れて止まらないエンドレステープやからどないもならん




210 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:38:01 ID:tKTTbMrB
>>207
勿論南京の写真は偽物は多いのは認めますよ。
しかしかなりの「真実」の写真も否定派の印象操作によって「偽物扱い」されて
いるとうこともお忘れなくwww

211 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:40:23 ID:jt6tBZcj
この問題は中国の右翼が工作してでっち上げたもの
日本の左翼は中国の右翼の手先

212 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:41:23 ID:YNwG9jH6
いくらアホウヨだってこいつの学説までは擁護できまい。
東中野修道「亜細亜の中心で、謝罪を求められる」
http://jijitu.gaou.net/wiki/wiki.cgi?page=%BB%CB%BC%C2%A4%F2%BC%E9%A4%EB%B2%F1%A1%A1%B2%F1%CA%F3%C2%E8%A3%B3%B9%E6

213 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 21:42:58 ID:51nAtn+O
●ニューヨーク・タイムズ昭和13年1月4日
南京の金陵女子大学に避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、
逃亡中の大佐1名とその部下の将校6名をかくまっていたことを発見し、心底から当惑した。
実のところ教授たちはこの大佐をそのキャンプで2番目に権力ある地位につけていたのである。
この将校たちは支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中にライフル6丁と、ピストル5丁、砲台からはずした機関銃1丁に、
弾薬をも隠していたが、それを日本軍の捜索隊に発見されて、自分たちのものであると自白した。
この将校たちは南京で略奪したことと、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、
その翌日には日本兵が襲った風にしたことを、アメリカ人たちや他の外国人たちのいる前で自白した。
この元将校たちは逮捕された。戒厳令に照らして罰せられ、おそらく処刑されるであろう。
●チャイナ・プレス1月25日
12月28日までに、将校23名を含む1575名が安全地帯に機関銃やライフルを隠して潜伏しているのを摘発された。
その中には南京平和防衛軍 Nanking peace preservation corps 司令官王信労(ワン・シンラウ 音訳)がいた。
彼は陳弥(チェン・ミイ 音訳)という偽名で国際委員会の第4部門を率い、3人の部下とともに「略奪、扇動、強姦にたずさわった。

以上は正真正銘、当時の南京の紛れもない真実の有様を伝えた
2大プレスの記事のを含むである。ここに真のジャーナリズムが在る。
これを見れば、隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、
あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける【>>166>>188>>189>>190>>196】のごとき
蒙昧の輩らの『他愛無い姑息な偽論』などは言うに及ばず、『所謂南京虐殺』を肯定する如何なる
映像・文書等各種伝達媒体を労した欺瞞工作なども、最早、単なる茶番でしかない。


214 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:42:59 ID:6kcNrRqR
>>212
warota!

215 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:44:12 ID:tKTTbMrB
>>208
>遠距離って・・・せいぜい数十M位しか離れていないぜ。
十分遠いよ。十数Mならまたわかりますよ。
>マギーが城内の移動に関してどれほどの特権を認められていたかの証拠。
ぜんぜん証拠にならんでしょう。(苦笑
>民間人を無差別に虐殺したのなら、当然一定の率で婦女子は含まれるだろう。
ええ。李さんを初めそういた被害者は映っていますよ。
氷山の一角でしょう。
>それどころかこの割合の低さは日本軍がいかに城内の民間人に被害を与えぬように
当たり前じゃないですか?捕まった人をわざわざ「城外」に連れ出したからですよww
>いーや?
>記録や映像と合致する証言は認める
あっそう。じゃ、ぜひともチャンネル桜の映画後に再びご見解を聞きましょう。


216 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:44:33 ID:YNwG9jH6
書き忘れたけど、夏淑琴さんをニセ証人呼ばわりすると名誉毀損になるから
ウヨ君はきをつけてね。

217 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:46:31 ID:jt6tBZcj
>否定派の印象操作によって

それ「印象操作」証明してくれる

>勿論南京の写真は偽物は多いのは認めますよ

 ほんとにそんな大虐殺あったのなら偽者を多く使う必要など全くないはず
 本物がいくらでもあるはずでしょう

218 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:48:50 ID:GI2wV5yC
>>215
>十分遠いよ。十数Mならまたわかりますよ
あっそう。数十Mの距離で戦闘中の日本軍を隠し撮りですか。当時の映写機ってそれほど
小型で取り扱いが簡単だったんだね。

あほにつける薬は無いな。

>ええ。李さんを初めそういた被害者は映っていますよ。
>氷山の一角でしょう。
はー何万人映っていたのかな?

あほにつける薬は無いな。

>当たり前じゃないですか?捕まった人をわざわざ「城外」に連れ出したからですよww
君正真正銘のバカだね。城外には婦女子の死体はほぼ無かったって何回言えば判るのかね。

あほにつける薬は無いな。

>あっそう。じゃ、ぜひともチャンネル桜の映画後に再びご見解を聞きましょう。
最後は何の根拠も無い負け惜しみですか。

あほにつける薬は無いな。



219 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:50:51 ID:vq4DWrrL
はい、もうすぐNHK総合始まりますよ
私はこれから珈琲入れてゆっくり見るので
本日はこれにて失礼いたします

220 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:51:10 ID:YNwG9jH6
本物の証人の夏淑琴さんがいるでしょうが。
ウヨ君は、名誉毀損にならなういように気をつけてカキコしてね。

221 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:51:48 ID:6kcNrRqR
私も、妄想性人格障害の「憂国士(by教授)」を放置してTV観ます。

222 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 21:52:38 ID:51nAtn+O
●ニューヨーク・タイムズ昭和13年1月4日
南京の金陵女子大学に避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、
逃亡中の大佐1名とその部下の将校6名をかくまっていたことを発見し、心底から当惑した。
実のところ教授たちはこの大佐をそのキャンプで2番目に権力ある地位につけていたのである。
この将校たちは支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中にライフル6丁と、ピストル5丁、砲台からはずした機関銃1丁に、
弾薬をも隠していたが、それを日本軍の捜索隊に発見されて、自分たちのものであると自白した。
この将校たちは南京で略奪したことと、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、
その翌日には日本兵が襲った風にしたことを、アメリカ人たちや他の外国人たちのいる前で自白した。
この元将校たちは逮捕された。戒厳令に照らして罰せられ、おそらく処刑されるであろう。
●チャイナ・プレス1月25日
12月28日までに、将校23名を含む1575名が安全地帯に機関銃やライフルを隠して潜伏しているのを摘発された。
その中には南京平和防衛軍 Nanking peace preservation corps 司令官王信労(ワン・シンラウ 音訳)がいた。
彼は陳弥(チェン・ミイ 音訳)という偽名で国際委員会の第4部門を率い、3人の部下とともに「略奪、扇動、強姦にたずさわった。

以上は正真正銘、当時の南京の紛れもない真実の有様を伝えた
2大プレスの記事のを含むである。ここに真のジャーナリズムが在る。
これを見れば、隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、
あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける【>>166>>188>>189>>190>>196】のごとき
蒙昧の輩らの『他愛無い姑息な偽論』などは言うに及ばず、『所謂南京虐殺』を肯定する如何なる
映像・文書等各種伝達媒体を労した欺瞞工作なども、最早、単なる茶番でしかない。



223 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:54:34 ID:jt6tBZcj
捏造証拠、偽者が一つでも含まれていれば通常の裁判では
その他のものも全く信用されず証拠価値も激減する

偽者が多く含まれていたのでは全く何の証明も出来ず
主張そのものがでたらめと判断され普通の裁判だと負けて当然


224 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:57:52 ID:YNwG9jH6
ではわたくしもNHK総合見よっと。
I shall return!



225 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:57:56 ID:jt6tBZcj
とにかくこれが本物だという写真みたい


226 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:58:46 ID:tKTTbMrB
>>218
大体予想道理のお答え有難うございました。
>あっそう。数十Mの距離で戦闘中の日本軍を隠し撮りですか。当時の映写機ってそれほど
>小型で取り扱いが簡単だったんだね。
だから自由撮影が出来ないと言ってるじゃないですか?
>はー何万人映っていたのかな?
はー虐殺を証明するにはすべての被害者に映像による証明は必要ですか?
面白い、ではチベット虐殺の映像も何万人映っていたのかな?
馬鹿につける薬は無いな。
>君正真正銘のバカだね。城外には婦女子の死体はほぼ無かったって何回言えば判るのかね。
私は婦女子の死体だけとはいつ言いましたかな?婦女子+捕虜の死体ですよ。
勝手に勘違いしたのはそっちじゃないですか?
>最後は何の根拠も無い負け惜しみですか。
当たり前じゃないですか?出てないものを論評できる予知能力はないのですから。
ただし、旧日本軍の証言に記録や映像と合致しないモノは否定させてもらいますよww

227 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 21:59:56 ID:GI2wV5yC
>>225
http://www.history.gr.jp/~nanking/fukei.html

228 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 22:01:03 ID:51nAtn+O
まあ、>>222などの真実を眼前に突きつけられれば【>>219>>220>>221ら蒙昧の輩】にしてみれば
お気に入りの映像芸術で自慰に耽るしか精神的安定を維持する策はない。

無理もないところであるが、肯定派の末路・・哀れというほかない。



229 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 22:01:19 ID:YNwG9jH6
>>225
バカ!そんなこと書いたら奴が来るではないか!

>>223
それは、被告人無罪の推定が働く刑事事件の場合。
あ、ウヨ君にとってはたぶん「捏造だらけ」のNHK総合が
始まったからまたね。

230 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 22:04:45 ID:tKTTbMrB
ま、マギー牧師本人による解説を見るのは一番でしょう。
じゃ、私もNHK総合見よっと
内容−マギー牧師の解説書


 ここに示される映像は、一九三七年一二月一三日の日本軍による南京陥落に
引き続いて起こった、言語に絶する出来事を断片的に垣間見せるものにすぎない。
私にもっと多くのフィルムと時間があったなら、はるかに多くの光景を撮ることができたであろう。

 他の人と同様、私も朝から晩までさまざまな形で市民を保護し救助するのに忙殺された。
撮影の時間はたまにしかなかった。そのうえ、『カメラを壊されたり押収されたりしないよう、』
人目を避けるのに多大な注意を払わなければならなかった。

 こうした理由で、私は、人が殺される光景や、『町のあちこちに横たわるおびただしい死体を撮影する
ことができなかった。』もし私が伝道団慈善診療所〔鼓楼病院〕にとどまることができて、治療のために
運ばれてきた人々が受けた暴行と傷害のすべてを撮影できたら、フィルムはずっと長くなっていただろう。

 とくに思い出すのは、肩を撃ち抜かれ、背中を銃弾が突き抜けた七〇歳の老婦である。幸運にも急所をは
ずしていたため、傷はすぐに癒えた。

 忘れてはならぬことだが、何千人の負傷者のうち、病院に運ばれたり、連絡がついたものは、ほんの数パーセント
にすぎない。地方の田舎町や小都市では、何千、何万の人々が暴行され殺されたが、そこには外国人の目が届いていない。
もっとも、真実を語るかれらの言葉がときおり寄せられてはいるのだが
(『ドイツ外交官の見た南京事件』P166〜P177)

231 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 22:04:59 ID:GI2wV5yC
>>226
>だから自由撮影が出来ないと言ってるじゃないですか?
してるじゃん。死体も撮ってるでしょ。大虐殺真っ只中に映写機を担いだ外国人を
見逃していたとでも?当然認められていたから出来た芸当だろ。

>はー虐殺を証明するにはすべての被害者に映像による証明は必要ですか?
>面白い、ではチベット虐殺の映像も何万人映っていたのかな?
>馬鹿につける薬は無いな。
大虐殺など無かった映像が有るって言っているんだけどな。
話を逸らして逃げたいのだろうけど。

>私は婦女子の死体だけとはいつ言いましたかな?婦女子+捕虜の死体ですよ。
>勝手に勘違いしたのはそっちじゃないですか?
勘違いなどしていないぜ。じゃ、君は民間人の無差別虐殺など無かったことは認めるんだな。
それなら、それで良し。

>ただし、旧日本軍の証言に記録や映像と合致しないモノは否定させてもらいますよww
もちろんもちろん。これも合意に至ったな。


232 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 22:10:23 ID:tKTTbMrB
>>231
>してるじゃん。死体も撮ってるでしょ。大虐殺真っ只中に映写機を担いだ外国人を
>見逃していたとでも?当然認められていたから出来た芸当だろ。
だから↑こういう理由で認められるわけがないだろう。
>大虐殺など無かった映像が有るって言っているんだけどな。
>話を逸らして逃げたいのだろうけど。
君の理屈はいかに馬鹿であったかを理解できたのかね?
>勘違いなどしていないぜ。じゃ、君は民間人の無差別虐殺など無かったことは認めるんだな。
>それなら、それで良し。
「組織的」・「個人的」の定義による。
>もちろんもちろん。これも合意に至ったな。
ええ。ここだけはな。
じゃ、私はNHK総合を見るよ。

233 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 22:14:58 ID:GI2wV5yC
>>232
>だから↑こういう理由で認められるわけがないだろう。
実際にある映像は無視ですか。そんな理論はなおさら認められません。

>君の理屈はいかに馬鹿であったかを理解できたのかね?
まだ判らないのか?映像には大虐殺など無かったと言える物が映っているんだよ。
チベットの件だって、映像があれば強固な証拠になるよ、当然。

>「組織的」・「個人的」の定義による。
これも意味不明。そもそも婦女子の死体が僅かだって言ってるのに、
組織的も個人的も無いだろ。

>ええ。ここだけはな。
「ただし、旧日本軍の証言に記録や映像と合致しないモノは否定させてもらいますよww」
これは大虐殺肯定派。否定派共通のルールとして確立することにしよう。

234 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 22:16:11 ID:9iAxL9bz
新聞掲載事項拒否判定要領(昭和十二年(1937年)九月九日・陸軍省報道検閲係)

四、左に列記するものは掲載を許可せず
(12) 我軍に不利なる記事写真
(13) 支那兵又は支那人逮捕尋問等の記事写真中虐待の感を与ふる虞あるもの
(14) 惨虐なる写真但し支那兵又は支那人の惨虐性に関する記事は差支なし

(『現代史資料 41』みすず書房)

235 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 22:19:08 ID:jt6tBZcj
これが本物の虐殺現場という写真はないの
刑事裁判であろうと戦争裁判であろうと事実を証明するのに
ねつ造証拠出したら出した方が負けだよ
嘘はいけないよ

236 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 22:23:30 ID:9iAxL9bz
別に写真だけで証明する必要はないな。

237 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 22:35:28 ID:jt6tBZcj
>>236

写真で説明できなければ当時の戸籍とか住民台帳で証明してくれる
当時者の体験証言はだめだよ全体を客観的に把握は難しいからね
当時の住民30万人分の住民の消滅を証明できる客観的証拠あるの
写真以外で証明できるのなら何でねつ造者写真使う必要があるの

238 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:12:11 ID:jt6tBZcj
このフイルムも敵国のプロパガンダに利用され編集によって
ねつ造、印象操作されたものと証明されている

239 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:15:24 ID:jt6tBZcj
悪いのは兵隊を置き去りにした中国軍上層部と
軍人でありながら軍服を脱いで民間人の仲に逃げ込んみ
民間人を巻き添えにした兵隊だろう
中国人はこの兵隊にこそ非難の声を上げるべきだ

240 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:16:38 ID:6kcNrRqR
ネットウヨのイデオロギークライシス
NHKスペシャル「日中戦争」

241 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:19:00 ID:6kcNrRqR
しかし、こうしてみると、
当時の日本は今のネットウヨのような連中が
戦争拡大させたということがよくわかる。
だから、ネットウヨは必死になって戦犯擁護に走るわけだ。

242 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:20:26 ID:oEOCqn+L
あのねえ、報道機関は、死体は放映しないの。子どもも見ているから、
残虐すぎる映像はみせないの。


243 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:22:16 ID:oEOCqn+L
このさい、R18でマギー・フィルム完全上映をしてほしいな。NHKに。

244 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:23:14 ID:tKTTbMrB
>>233
>実際にある映像は無視ですか。そんな理論はなおさら認められません。
実際あった映像が隠し撮りなのだが・・・。別に貴方に認めてもらう必要など
ないのですよ。
>まだ判らないのか?映像には大虐殺など無かったと言える物が映っているんだよ。
>チベットの件だって、映像があれば強固な証拠になるよ、当然。
ってこの↓質問は無視ですか? そんな理論はなおさら認められません。
ではチベット虐殺の映像も何万人映っていたのかな?
>組織的も個人的も無いだろ。
個人的ならありますよ。
>「ただし、旧日本軍の証言に記録や映像と合致しないモノは否定させてもらいますよww」
ただしこういう当時の日本の報道検閲は当然念頭を入れればな話だがな。

新聞掲載事項拒否判定要領(昭和十二年(1937年)九月九日・陸軍省報道検閲係)

四、左に列記するものは掲載を許可せず
(12) 我軍に不利なる記事写真
(13) 支那兵又は支那人逮捕尋問等の記事写真中虐待の感を与ふる虞あるもの
(14) 惨虐なる写真但し支那兵又は支那人の惨虐性に関する記事は差支なし

(『現代史資料 41』みすず書房)

245 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 23:23:40 ID:51nAtn+O
本日のNHK放送の芸術作品とやら、全く予想通りのお粗末映像で子供だましのジャーナリズムである。

文化祭レベルの幼稚な構成にあきれたが、やはり誰かに媚を売ろうとして作ったものは

客観性にかける恣意的で独り善がりの幼稚な作品となってしまう様である。

特に中国側の証言ばかりを集めての当時の南京事情などは公平な立場で日本側の証言も集めれば
反証続出である。さらにソ連が日本を脅威として中国に武器援助したなどという
あきれ果てた単純思考は最早、公器としてのマスメディアのレベルではない幼稚さ・お粗末さである。

文化祭レベルの放送クラブが一生懸命作り上げ、文化庁という左翼思想に幼稚に囚われた集団が茶番の
芸術作品のレッテルを貼り付けた恣意的映像以外の何物でもない本日のNHKの放送は一体どのような意図で
対中媚を画策下のだろうか。

それでは、先ず放送で伝えられた日中ソの関係の子供だましを暴いていこう。

246 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:25:39 ID:htaTUuPc


NHKスペシャル「日中戦争」

何回でも再放送して欲しい番組やな



247 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:26:18 ID:tKTTbMrB
いくら否定派懸命に否定しようとも「マギー・フィルム」は世界的に
南京大虐殺の証拠の一つとして認識されていますけどな・・・
ま、頑張って下さいwww

248 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:27:16 ID:jt6tBZcj
でもあのフイルムはプロパガンダ用に編集ねつ造していると証明されているよね
今日の放送では第7連帯が川に飛び込んで逃げ出した捕虜を機銃掃射して殺害した
証言と7千人の捕虜を処刑したことしか事実としては述べなかったな

249 :バカですか?:2007/02/09(金) 23:27:41 ID:GWC1NhUq
中国側の残虐行為を
黙殺してるじゃないか。

250 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:28:40 ID:6kcNrRqR
大東亜戦争は、今日のネットウヨみたいな奴らが引き起こした戦争だな。

251 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:30:26 ID:6kcNrRqR
>>246
あと、NHKスペシャルで名作中の名作。
ドキュメント「太平洋戦争」
というのがある。
これも、毎日放送して欲しい。

252 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:32:30 ID:jt6tBZcj
無抵抗の捕虜を殺害することは実際どこの国の兵隊も流れの中でやっているよ
映画のプライベイトライアンだって手を挙げて降伏しているドイツ兵を
平然と機銃掃射で殺している場面がある

253 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:35:32 ID:htaTUuPc
>>252


それは単に娯楽映画の場面な!!



254 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:36:26 ID:tKTTbMrB
映画と現実を混同するとは・・・(呆

255 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:39:55 ID:Ncltmnvw
NHKスペシャル「日中戦争」の証言や映像の中で南京大虐殺の証拠
になるようなものはひとつもありませんでした。by東中野修道

>>252 とうとうハリウッド映画が登場だ!


256 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 23:42:10 ID:51nAtn+O
>>245よりつづき
〜 「右翼」の仮面をかぶったマルキスト 〜
●スターリンは、日本軍を正面の蒋介石軍と戦わせ、これを叩きつぶさせた後、跡はそっくり背後の中国共産党軍がいただくという計画を練っていた。
これはスターリンの「砕氷船テーゼ」と呼ばれるもので、日本を「砕氷船」に見立てての謀略であった。
日本には蒋介石とは決して和解しないように対日工作し、同時に中華民国に対して対日徹底抗戦をするように仕向けた。
このため日本の中に数多くのマルキストを忍び込ませ、政界や軍の内部に影響を与えてこれをコントロールしたのであった。

●『朝日新聞』をはじめとする「右翼」の仮面をかぶったマルキスト=「偽装右翼」たちは、「蒋介石討つべし」などと超愛国主義的論調で「対中国強硬論」を叫んだ。
彼らは日本と国民党政府の和平工作をあらゆる方法で妨害し、日本を大陸に深入りさせ、一方ではシベリアには進出させないで、
対米戦争へと導いた。(要するに、日本に大陸(中国)と海洋(英米)の両面作戦を強い、その戦力を消耗させて日本敗北を画策したのであった)。

●近衛首相に影響を与え続けた後藤隆之介の「昭和研究会」は、風見章、尾崎秀実、西園寺公一などの左翼グループによって運営され、
石原莞爾の「東亜連盟」も結局、「偽装右翼」によって支配された。
その結果、ドイツ中華大使トラウトマンや在華米人スチュアート、石原莞爾、民間系統などの「対中国和平工作」は
あらゆる努力にもかかわらず、ことごとく失敗したのである。


邪魔になった石原莞爾を林銑十郎に進言して仙台から参謀本部に転補させたのは、敗戦後の日本政治の黒幕となった麻原謙三である。
「東亜連盟」の真の目的は、蒋介石を盟主、日本をアメリカの一州とし、ソ連がアジアを支配することであった。

●宇垣内閣が流産したのは、ゾルゲ系【リヒャルト・ゾルゲ。ソ連のスパイ。】
の秘書による工作であり、日華事変を引き起こした林銑十郎内閣の成立もコミンテルンの麻原謙三と十河信爾が密着して行なった結果である。

続く【以上は左翼色の強い日本のメディアなどが決して公表する事のない真の歴史『歴史の真実』である。
ソ連こそがアジア全体の脅威であった真実を決して忘れてはならない。】

257 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:42:49 ID:tKTTbMrB
NHKスペシャル「日中戦争」
に出てくる四行倉庫をチェコ機関銃で死守する蒋介石のドイツ式親衛隊
兵力は400人しかいなかったらしい。
http://zh.wikipedia.org/wiki/Image:Sihang_defenders.jpg

258 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:44:08 ID:htaTUuPc
>>256 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 23:42:10 ID:51nAtn+O

お前まだいたんか?

NHKスペシャル「日中戦争」観たかいな?


259 :名無しだけど@外国人参政権反対!:2007/02/09(金) 23:45:06 ID:ShEmbt5+
娯楽映画ではなく、事実をプライベートライアンで、ひとつのエピソードとして描いてある。
硫黄島からの手紙でも、米兵が投降した日本兵を射殺したが、それは、事実を元に描いただけのこと。

260 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:46:32 ID:6kcNrRqR
>>252
南京虐殺検証のドキュメンタリーでないから詳しく語らないのは当然。
でも、日本軍が南京とその近郊で熾烈で大規模な虐殺を行ったことは馬鹿でも分かる。
あ、馬鹿だから分からないってか?w

261 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:46:39 ID:Ncltmnvw
>>257
あの倉庫に5000の兵士が立てこもっていたら、むしろ驚きだよ。

262 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:48:52 ID:6kcNrRqR
>>258
憂国士(by教授)のような馬鹿者は、妄想性人格障害だから
客観的に情報を脳内に格納することは不可能だよ。
ムリに格納しようとすると人格崩壊起こすw

263 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:49:44 ID:jt6tBZcj
NHKにしては珍しく南京虐殺を否定するような内容だった
真実が明らかになりつつある
悪いのは便衣兵とそれを置き去りにして逃げた蒋介石軍上層部だと
の説に定着していくだろう


264 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 23:49:46 ID:51nAtn+O
>>256よりつづき

「ゾルゲ事件」で日本を破滅に追いやった尾崎秀実【おざき ほつみ/ソ連のスパイ。『朝日新聞』の記者】は、
日本を砕氷船に仕立てるためにソ連のエージェントとして多大なる功績を残した。尾崎は終始「対中国強硬論」を吐き、
「対米開戦論」を最も強く叫び続けた。
尾崎は「昭和研究会」の席上で、「支那の動脈を叩き続け、最後にはビルマ・ルートまで叩くべし」と雲南省まで進撃する積極論を展開し、
事変不拡大を唱える石原莞爾に「何の根拠があってそのようなことを言うのか!」と一喝されている。

 【尾崎秀実(おざき ほつみ)】
『朝日新聞』の記者として活躍。尾崎秀実は、近衛文麿政権のブレーンとして、
政界、言論界に重要な地位を占め、また、軍部とも密接な関係を持ち、日中戦争当時の政局の最上層部で
活躍した。「アジア共産化」を目的とした数々の謀略を実行し、「ゾルゲ事件」で逮捕され、処刑された。

続く



265 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:49:51 ID:tKTTbMrB
>>261
公称800人、実際400人。
中国語が出来れば読んでみればわかる。
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E8%A1%8C%E4%BB%93%E5%BA%93
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%A2%E6%99%8B%E5%85%83

266 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 23:55:25 ID:51nAtn+O
>>264よりつづき
●京都大学教授の中西輝政氏は、次のように述べている。

(※ この意見に対して異論反論あると思うが、参考までに紹介しておきたい)

『今明らかになりつつあるのが、昭和の戦争の主役であった日本陸軍、参謀本部や陸軍省にソ連や中共の工作員が多数潜入していたということである。
たとえば盧溝橋事件直後に拡大論を唱えて、石原莞爾と対峙しつつ日中戦争の泥沼に追いやった勢力がある。
彼らは同時に日独伊三国同盟を推進することによって日米分断と連合国陣営の形成を事実上促し、さらには『南部仏印進駐』を推進して日米開戦を惹き起し、
それによって『社会主義の祖国』ソ連を守ることに成功した。この背景にはコミュンテルンの工作があったことはほぼ証明されているが、
その具体像はこれから歴史家が明かすことになろう。』

『近衛・東條の両内閣を通じ、国策の大きな方向づけをしていった『昭和研究会』などに結集していた知識人グループこそ、
故意に敗戦を導いたという点で最も重い戦争責任を負うべき日本人ではなかろうか。
田中慎次郎や西園寺公一、犬養健といった、ゾルゲ事件で検挙された人たちの調書や行動をもう一度検証する必要がある。
さらには、ゾルゲ・尾崎らの逮捕前後に近衛内閣が崩壊したことの再検証も重要課題である。
近衛内閣が、盧溝橋事件の奇妙な戦線拡大と共に、昭和15年7月の第二次内閣以降、日独伊枢軸の強化、仏印進駐、南進論にのめりこんでいく背後に何があったのか。
近衛は後に『見えない力にあやつられていたような気がする』(『近衛上奏文』)と述懐しているが、その『見えない力』こそが、『コミュンテルン工作員』だったのではないか。
あるいは昭和17年の陸軍省軍務局の大規模な人事異動により、東條体制に不可欠な、武藤章や田中新一ら──彼らは先に挙げた拡大派であり三国同盟推進派でありかつ南進派だったのが─
─なぜ唐突に中央から遠ざけられ南方に送られたのか。ジャーナリストの中にも『日本のデュランティ』ともいうべき人物がいたのではないか。
そういった『歴史の闇』に日本の歴史家はもっと目を向けるべきだろう。』


267 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:56:40 ID:Ncltmnvw
>>265
>>261 だが、400人を否定していない。よく読め。

さて、南京学会は、末期的症状のようだ。
http://www.history.gr.jp/~nanking/titile_hiretu_galtukai02.html


この件について憂国士(by教授)よりコメントです。

268 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:57:25 ID:jt6tBZcj
>日本軍が南京とその近郊で熾烈で大規模な虐殺を行ったことは馬鹿でも分かる

番組の中で大虐殺を検証するような場面はなかったな
村人が数人殺された中国人の証言と川に飛び込んで逃げた捕虜を
機銃掃射した証言 捕虜7千人ほどを処刑した事実しか述べていない


269 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 23:59:39 ID:6kcNrRqR
>>268
NHKはそれが虐殺の全てだなんて一言も述べてないぞ。
おまえは、それで全部と信じたいのか?


270 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:00:46 ID:htaTUuPc
東中野修道亜細亜大学教授主催
「南京学会」会員による誹謗中傷デマに関して


--------------------------------------------------------------------------------

 大変残念な事ですが・・・亜細亜大学教授・東中野修道教授主催の「南京学会」の会員によって、何ら事実に関して裏づけの無い誹謗中傷掲示が平成16年に掲示されました。
 掲示者は、南京学会員の40代男性によるものです(ハンドルネーム“西中野外道”)。
 その内容については以下の内容。(要約)


--------------------------------------------------------------------------------

 『プロパガンダ戦「南京事件」』の、参照において東中野修道教授に関する著作が1冊のみの掲示とは。
 あなたと東中野教授との関係は知っているが・・・・(中略)そういえば人から聞いたが、田中正明先生から史料を拝借したまま返却を行っていないそうで「松尾君が史料を借りたまま返していない。」と田中先生が困っていると聞いている、借りたものは返しましょう。

 注※この“西中野外道”という人物は、“南京学会”会員である確認は取れてます。


--------------------------------------------------------------------------------

 以上の内容が現在、東中野修道主催、「南京学会」会員によって掲示板に掲示がなされたものです。
 
 まず、この内容には以下の2つのポイントとなります。

 (1)東中野の著作に関しての記述が少なすぎる、許せない。

 (2)田中正明先生所有史料を無断拝借し、一切返却なされていない。



271 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:05:57 ID:j0tMs0z4
>>267
>だが、400人を否定していない。よく読め。
すまん。そういう意味でのレスではないのだが・・・。誤解を与えたようで
すまない。
>>268
NHKはこの部隊「だけで」という表現を使っていましたよwww



272 :憂国士(by教授):2007/02/10(土) 00:06:39 ID:51nAtn+O
>>256>>264>>266此処には
【左翼色の強い日本のメディアなどが決して公表する事のない真の歴史『歴史の真実』がある。
ソ連こそがアジア全体の脅威であった真実を決して忘れてはならない。】

この真実を突きつけられれば、隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、
あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける【>>166>>188>>189>>190>>196>>260】のごとき
蒙昧の輩らの『他愛無い姑息な偽論』などは言うに及ばず、『所謂南京虐殺』を肯定する如何なる
映像・文書等各種伝達媒体を労した欺瞞工作なども、最早、単なる茶番でしかない。


273 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:06:53 ID:zyXgCeAe
>虐殺の全てだなんて一言も述べてないぞ

じゃーおまえが客観的証拠に基づいてすべてを述べろや
TVで述べていないもの俺が何でほかにあったと
考えにゃあかんのや

274 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:11:05 ID:hZ0KsDJA
憂国士(by教授)は、南京学会の工作員じゃね?

275 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:12:34 ID:j0tMs0z4
>『所謂南京虐殺』を肯定する如何なる
>映像・文書等各種伝達媒体を労した欺瞞工作なども、最早、単なる茶番でしかない。
と具体的な反論は何も出来なかった憂国士(by教授)でした。
いとアワレナリwww


276 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:13:35 ID:zyXgCeAe
>NHKはこの部隊「だけで」という表現を使っていましたよwww


ほかの部隊は何人処刑したのよ 足し算して何人になるの 30万人か
敵兵だよ 軍人が軍服着ていれば捕虜の扱いをしたかもしれないが
軍服脱ぎ捨て民間人に逃げ込んだ兵隊を処刑するのは仕方ないわな



277 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:16:57 ID:zyXgCeAe
本物の写真あるのないの どっち

何で捏造なんかしたの ねぇ 何で捏造したのよ

278 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:17:58 ID:j0tMs0z4
>軍服脱ぎ捨て民間人に逃げ込んだ兵隊を処刑するのは仕方ないわな
脱ぎ捨てても着ててもいずれにせよ処刑されますよ。
そもそも日本軍の方針は「捕虜にしない」じゃなかったのかな?

279 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:18:09 ID:UIP5bvXZ
さてと、NHKスペシャル「日中戦争」の放送が「南京の珍説」にどう影響を及ぼすだろうか?
ちゃんねる桜の今回の製作発表記者会見では賛同者が、ここぞとばかりに
長々と各自持論を述べたが、彼らの共通点は「中共のプロパガンダに反撃」という
一点で総論賛成ということだけ。

いざ、各自発言の中身を聞いてみると、第一次南京事件混同者から始って、
事件は全く無かったというもの。事件はあったけど誇張だというものまで百家騒乱状態。

おまけに、どいつもこいつも自説こそ真実と疑わない頑迷で非妥協的、論争好きで
人と和合したがらない、典型的ウヨ症状の人格障害者(註)だらけときた。

例の殺人予告をした監督が、仮に妥協点を模索してストーリーを作れたとしても
出資したのに自分の主張が反映されていないと、噛み付く人間が続出して
つくる会の内紛よろしく内ゲバ状態に陥ることは火を見るより明らか。
たたき台すら出来上がることなく瓦解するのがオチだろう。

まあ、実際のところ、内ゲバに陥るもっと初期段階の「根本的問題」。
つまり資金不足で空中分解する線のほうがはるかに濃厚だがなw

註)妄想性人格障害者
  http://www.fuanclinic.com/byouki/a_04.htm
  自己愛性人格障害者
  http://homepage1.nifty.com/eggs/narcis.html

280 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:19:08 ID:hZ0KsDJA
>>276
おいおい。ちゃんと観たか?
軍服などが脱ぎ捨てられていたのを見て緊張した日本兵が、便衣兵と
民間人を選別しようとしたが、結局、疑心暗鬼にとらわれた日本兵が
老人と子ども以外の男性をどんどんしょっ引いて虐殺したという番組
だったぞ。

281 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:20:21 ID:j0tMs0z4
>本物の写真あるのないの どっち
ある。マギーか村瀬写真。
>何で捏造なんかしたの ねぇ 何で捏造したのよ
捏造はお互いでしょう?じゃ、なんで田中は松井日記を捏造なんかしたの ねぇ 何で捏造したのよ


282 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:22:02 ID:avJ0jQjG
       ∩___∩                     ∩___∩
   ♪   | ノ ⌒  ⌒ヽハッ    __ _,, -ー ,,    ハッ   / ⌒  ⌒ 丶|  敬愛してた皇族が糞ビッチってわかって
       /  (●)  (●)  ハッ   (/   "つ`..,:  ハッ (●)  (●) 丶     今、どんな気持ち?
      |     ( _●_) ミ    :/       :::::i:.   ミ (_●_ )    |      ねぇ、どんな気持ち?
___ 彡     |∪| ミ    :i        ─::!,,    ミ、 |∪|    、彡____    
ヽ___       ヽノ、`\     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●   / ヽノ     ___/
      /       /ヽ <   r "     .r ミノ~.    〉 /\    丶      
     /      /    ̄   :|::|ネトウヨ ::::| :::i ゚。     ̄♪   \    丶    
    /     /    ♪    :|::|    ::::| :::|:            \   丶     
    (_ ⌒丶...        :` |    ::::| :::|_:           /⌒_)     
     | /ヽ }.          :.,'    ::(  :::}            } ヘ /        
       し  )).         ::i      `.-‐"             J´((
         ソ  トントン                             ソ  トントン

283 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:25:28 ID:hZ0KsDJA
>>277 それらを捏造と言い出した人は誰でしょう?
1 清少納言
2 東中野修道
3 西中野外道

284 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:45:35 ID:zbZ04Z5n
おお、ネウヨも妄想性人格障害者も止まったか?
もしかして、もしかして、漏れの「南京学会」工作員説、図星!?

あらためて、南京大虐殺に関する写真や資料や証言を捏造だと言い張っているのは
以下のどの学会でしょう?
1 南京豆学会
2 南京虫学会
3 南京学会
4 南京錠学会

285 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:51:19 ID:zyXgCeAe
>脱ぎ捨てても着ててもいずれにせよ処刑されますよ

脱ぎ捨てて民間人の中に逃げ込んだから いつ狙撃されるかわからない
数日後に皇室が入場する 狙撃から護らなければならないという緊張感で
いっぱいだった そういう状況で逃げ込んだ兵隊を捕まえて処刑した 
当時の状況では無理もない むしろ仕方ないだろう
やはり兵隊は軍服を脱ぎ捨てて民間人 まして自国人の中に紛れ込む
というような恥ずべき行為をしてはいけない
非難されるべきは便意兵のほうだろう

286 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:54:44 ID:VEhgPlpX
>>285 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:51:19 ID:zyXgCeAe

>便意兵

便意兵って何や?
志村便意兵みたいにウンコしたかったんか?


287 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:57:13 ID:zbZ04Z5n
>>285
南京大虐殺はあったが、その責任は民間人の中に逃げ込んだ中国兵にある
ってこと?
証拠出せといっているウヨ君と別人か?







288 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:58:17 ID:zyXgCeAe
>マギーか村瀬写真

とっくにねつ造と証明されている

289 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:01:16 ID:UIP5bvXZ
すでに南京戦で戦闘力を喪失した中国兵が
日本軍の虐殺を恐れて民間人の服装に着替えたわけだが
日本軍は、区別なんか無意味!全員中国兵だから殲滅しちまえ!
って感じで全部キレイに殺っちゃいますた。


290 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:02:59 ID:zbZ04Z5n
>>286
NHKスペシャル「日中戦争」を見たあと自我崩壊状態になっているウヨ君が
、立ち直ったら答えてくれるであろう。待て。

>>288
だれが捏造だと証明したのでしょうか。
1 西中野外道
2 東中野修道
3 南中野極道
4 北中野邪道


291 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:04:17 ID:UIP5bvXZ
>1 西中野外道
>2 東中野修道
>3 南中野極道
>4 北中野邪道

ジュース吹いた。。


292 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:09:09 ID:zbZ04Z5n
>>291
こんな夜更けにジュースかよ。

293 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:12:06 ID:UIP5bvXZ
>>292
コーシーだと眠れなくなるもん。

294 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:13:22 ID:VEhgPlpX
>>288
>>マギーか村瀬写真
>とっくにねつ造と証明されている

東中野修道の「南京事件証拠写真を検証する」2005年1月31日出版なんて、 2005年3月10日に「私の従軍中国戦線 村瀬守保写真集 一兵士が写した戦場の記録」が出版されて東中野修道の嘘が露見して破綻してるやないか。


295 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:13:52 ID:zyXgCeAe
村瀬写真??

川に飛び込んで逃げた捕虜が機銃掃射されて流れていったもの
あれに何か30万人移ってるっちゅうの・・・・
あれに婦女子が移ってるのわかの 兵隊の死骸じゃないの

296 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:14:40 ID:zbZ04Z5n
>>293
ハーブティのカモミールがよい。

297 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:16:34 ID:zyXgCeAe
>嘘が露見して破綻してるやないか

私の従軍中国戦線で東中野修道真実が証明されたとされている



298 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:18:21 ID:j0tMs0z4
>>295
知らんよ。村瀬氏のキャプションによれば
■村瀬守保写真集 兵士が写した戦場の記録 私の中国戦線より(17)大虐殺のうわさが…
 ようやく足止めが解除されて、ある日、荷物受領に揚子江岸の、下関埠頭へ行きました。
すると、広い河岸が一杯に死体でうまっているのです。 岸辺の泥に埋まって、幅十メートル
位はあろうか、と思われる死体の山でした。
 揚子江岸で大虐殺が行われた、というその現場でしょうか、軍服を着た者はほとんどなく、
『大部分が平服の、民間人で、婦人や子供も交じっているようでした。』
 死体に油をかけて、焼こうとしたため、黒焦げになった死体も、数多くありました。 死臭で
息もつけない中を、工兵部隊が、死体を沖に運んで流す作業をやっていましたが、こんなやり方
では、一〜二ヵ月はかかりそうでした。
http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/murase.htm

299 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:19:18 ID:VEhgPlpX
>>297

あんた何処の国の人?

日本語で書かんと分からんぞ。

300 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:22:00 ID:j0tMs0z4
>>285
なに勝手に人のレスをトリミングしているのですか?
全体はこうだったでしょう。
脱ぎ捨てても着ててもいずれにせよ処刑されますよ。
そもそも日本軍の方針は「捕虜にしない」じゃなかったのかな?

301 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:26:49 ID:/3ESAof1
>>244
>実際あった映像が隠し撮りなのだが・・・。別に貴方に認めてもらう必要など
>ないのですよ。
マギーはオープンリールの映写機を三脚に固定して隠し撮りしたようです。
ここまで頭が弱いと同情に値するな。

>ってこの↓質問は無視ですか? そんな理論はなおさら認められません。
>ではチベット虐殺の映像も何万人映っていたのかな?
は?俺はチベット虐殺何万人なんて行った覚えはないがね。
どうしても誤魔化したいらしいな。映像は強力な証拠だってことを。

>ただしこういう当時の日本の報道検閲は当然念頭を入れればな話だがな。
あたりまえだ。当然、マギーフィルムにどれくらいの死体が移っており、埋葬記録が
どうであったかをもあわせて考えるべきだろうな。

埋葬記録に民間人虐殺を示すものがなく、映像にも無い。答えは一つだろう。



302 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:28:18 ID:j0tMs0z4
それとID:zyXgCeAeの発言は「矛盾」をしています。

288 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 00:58:17 ID:zyXgCeAe
>マギーか村瀬写真

とっくにねつ造と証明されている

と言ったにもかかわらず・・・

297 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:16:34 ID:zyXgCeAe
>嘘が露見して破綻してるやないか

私の従軍中国戦線で東中野修道真実が証明されたとされている

自分で捏造だと言った「私の従軍中国戦線」を真実の証明に使う・・・斬新だねw

303 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:28:18 ID:zbZ04Z5n
ただいま東中野駅構内でのウヨの人心事故のため、中央線は上下線とも
運転を見合わせております。JR東日本。

304 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:31:48 ID:zbZ04Z5n
>>302
御意。

305 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:31:50 ID:VEhgPlpX
2005年3月10日に出版された「私の従軍中国戦線 村瀬守保写真集 一兵士が写した戦場の記録」
を買って隅から隅まで良く読め。
「虐殺」という単語が何回も出てくる。


306 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:32:21 ID:UIP5bvXZ
軍令部が厳しく定めた「制令線」を中堅将校が独断で破っても良いなどと陛下に上奏。
現地軍は、帰国したがる日本兵のケツをひっぱたいて独断で進軍。
もう指揮系統も命令系統もあったもんじゃない。
これじゃ、ただの山賊とかわりがない。
南京大虐殺なんて起こるべくして起こった、日本軍の体質だよ。

307 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:32:26 ID:j0tMs0z4
>>301
>マギーはオープンリールの映写機を三脚に固定して隠し撮りしたようです。
>ここまで頭が弱いと同情に値するな。
ほう・・・。その証拠は?マギー証言はナシだよ。だったら>>230も尊重しなくてな
ならない。
>は?俺はチベット虐殺何万人なんて行った覚えはないがね。
>どうしても誤魔化したいらしいな。映像は強力な証拠だってことを。
はいはい。君の証明法は崩壊している以上従う理由ナシw
>埋葬記録に民間人虐殺を示すものがなく、映像にも無い。答えは一つだろう。
ここまで馬鹿とは・・・本当同情に値するな

308 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:34:29 ID:j0tMs0z4
そもそも歴史学の証明は映像や写真は使わないのだが・・・(苦笑

309 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:34:38 ID:zyXgCeAe
捕虜にしないが何でいずれ処刑するになるのよ
民間人の中に軍服脱いで紛れ込んでこちらが狙撃されるおそれがあるから
捕まえて処刑したんだよ 正当防衛やな  
軍服着て戦った兵を捕虜扱いしないと言っても
こちらに危険がなければ処刑する必要は全くないでしょうが ったく

310 :Lです:2007/02/10(土) 01:35:17 ID:3zcL2UZt
民主党の生活維新とは、要は
民主党の幹部の大半を占める在日・帰化人の殺人業界
の利権確保以外のなにものでもないのではないか?

民主党の母体自身の大量殺人利権を死守していることの
カモフラージュ・パーフォーマンスが実体であると分析可能だ。

311 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:37:36 ID:UIP5bvXZ
>>309
いいや違うな。放送では、南京に入城したとき
脱ぎ捨てられた軍服と大量の武器が放置されていたのを発見したと
ちゃんと解説してる。つまりすでに戦闘力を喪失して
逃げる真っ最中の中国兵だった。

312 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:38:40 ID:j0tMs0z4
>捕虜にしないが何でいずれ処刑するになるのよ
じゃ、なににするの?説明をどうぞ
>捕まえて処刑したんだよ 正当防衛やな 
不法殺害は「正当防衛」にはならないっすwww
拘束などの措置を講じるべきだった。処刑をしようにも裁判が必要。



313 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:41:17 ID:UIP5bvXZ
そもそも、この時点で国際法上の戦争でないのだから
人様の国に乗り込んでいって、兵隊だろうが誰だろうが
その国民を殲滅してよいなどという道理は存在しない。


314 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:45:43 ID:j0tMs0z4
念のために言いますが、肯定派は別に便衣兵の拘束に対して異を唱えていません
裁判抜きの処刑に対して異を唱えているのですよ。
ご参考までですが・・・マボロシ派を除けば裁判ナシの処刑は違法である事は
ほぼ一致していますよ。

315 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:49:38 ID:/3ESAof1
>>307
>ほう・・・。その証拠は?マギー証言はナシだよ。だったら
何にも知らないんだね。マギーは16ミリフィルムに映像を納めた。
大型の映写機だ。映像を見れば、固定されたものか隠し撮りか
一発でわかるだろ。

>はいはい。君の証明法は崩壊している以上従う理由ナシw
馬鹿じゃねーの?俺はチベット虐殺があったなんて言ってないし。
チベット虐殺が未だ不明な部分が多いのは、映像・記録などが出てこないからだろ。
俺の主張は映像・記録は強力な証拠であるということだぜ。
それとも君がチベット虐殺の人数を証明してくれるのかい?ww

>ここまで馬鹿とは・・・本当同情に値するな
映像・記録に民間人虐殺を示すものが無いと言ったら馬鹿になるのか・・・
それだったら君が民間人虐殺を示す映像・記録を出せばいいんじゃない?
それとも、言うだけ言って終わりかな?



316 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:49:55 ID:UIP5bvXZ
ということで議論は>>1に戻るw

317 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:54:34 ID:3DQdSwDa
そもそも、政治板でやんじゃねえよ!

318 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:56:41 ID:j0tMs0z4
>>315
ループ化したようなのでこれで最後にします。
>一発でわかるだろ。
結局は「推測」なのねwww
>馬鹿じゃねーの?俺はチベット虐殺があったなんて言ってないし。
あらら、否定派には珍しいタイプね。ま、君の証明法で人類史上には「虐殺」
は一つもないだねww斬新だww
>それだったら君が民間人虐殺を示す映像・記録を出せばいいんじゃない?
結局は「民間人」に逃げるのね。それにこれまで散々出しましたよ。
>それとも、言うだけ言って終わりかな?
この↑セリフはそのまま貴方に贈りたいと思いますww

319 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:57:54 ID:Aq3yg4eC
344 名前:名無しさん@3周年 [sage] :2007/02/10(土) 01:09:52 ID:UIP5bvXZ
>>343
北朝鮮の脅威が去った段階で、巡航ミサイル撤去を求めるのは
日本として当然理にかなってますが
韓国の配備目的の本命は対中国かと?

320 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 02:00:38 ID:VEhgPlpX
>>319 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 01:57:54 ID:Aq3yg4eC

何だ?
場違いだぞ


321 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 02:01:04 ID:/3ESAof1
>>318
>結局は「推測」なのねwww
あの映像を隠し撮りなんて言うのは推測も何も、知能が低くてものを考える
力が無いとしか思えないな。

>あらら、否定派には珍しいタイプね。ま、君の証明法で人類史上には「虐殺」
>は一つもないだねww斬新だww
正真正銘のアホだな。中国の公開処刑写真とか出回ってるだろ。

>結局は「民間人」に逃げるのね。それにこれまで散々出しましたよ。
お互い民間人虐殺は無かったで一致してるんだけどな。なぜそんなに突っかかってくるの?ww

>>それとも、言うだけ言って終わりかな?
>この↑セリフはそのまま貴方に贈りたいと思いますww
あの、俺はマギーフィルムや映画「南京」や死体埋葬記録を前提に話してたんだけど。
理解できなかったかな?ww

322 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 02:01:15 ID:UIP5bvXZ
>>319
オレはね、サヨクじゃないんで別に中国の味方をしてるわけじゃない。
単に、歴史を正しく見つめたいだけ。
日本が悪けりゃ「悪い」ということにためらいは無い。
カン違いしないように。
おばかさんw

323 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 02:02:25 ID:NMzOyFlD
他スレでは対中脅威煽ってるのに、ここでは日本批判する。
何なんでしょう?

324 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 02:03:03 ID:UIP5bvXZ
ということで議論は>>1に戻るw
否定派の申し開きとお詫びを聞こうか?

325 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 02:04:33 ID:NMzOyFlD
日中関係をぶち壊すため、南京ネタに双方を引っ掻き回している輩が2ちゃんねるには多い。
特に統一協会の手先

326 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 02:04:57 ID:UIP5bvXZ
あと、新風関係だな。

327 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 02:05:12 ID:j0tMs0z4
は・・・なんだかんだ返信する
>正真正銘のアホだな。中国の公開処刑写真とか出回ってるだろ。
万単位ですか?違うなら誰かさんの理論によれば大虐殺はなかったことになりますよwww
>お互い民間人虐殺は無かったで一致してるんだけどな。なぜそんなに突っかかってくるの?ww
なかったとは言っていませんよwww
>理解できなかったかな?ww
ええ。貴方の屁理屈は理解する必要もないのですから。ww


328 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 02:05:48 ID:VEhgPlpX
>>321

あんた 映画「南京」 観たんか?

珍しい人やな

フルストーリーを紹介してくれや 頼むで


329 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 02:07:02 ID:/3ESAof1
中国はアメリカを怒らせてしまった為、軟着陸点を模索している。
未だに工作活動しているのは在日朝鮮人だけだろ。

間違ってはいけない。

330 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 02:12:21 ID:/3ESAof1
>>327
>万単位ですか?違うなら誰かさんの理論によれば大虐殺はなかったことになりますよwww
はあ?君は脳内妄想で語るのが得意なようだね。
一人しか写っていなければ確実なのは一人だろ。他の映像・写真や記録があって
初めてその人数が推測できる。
何度も同じことを言わせるな。日本語不自由なの?

>なかったとは言っていませんよwww
あったという記録や写真や映像を全く提示しないんだから、そう言ってるとしか思えないよ。
それともそういった証拠を全く提示せずに妄想だけで語っているのかな?
そうとしか思えないんだがww

>>あの、俺はマギーフィルムや映画「南京」や死体埋葬記録を前提に話してたんだけど。
>>理解できなかったかな?ww
>ええ。貴方の屁理屈は理解する必要もないのですから。ww
こんなに簡単なことを屁理屈とはねえ・・・君がとても理解力の無い人間だということはわかった。




331 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 02:48:39 ID:WkNldrXP
いくらなんでも否定派は支離滅裂すぎるぞ!
これだけ膨大な量の南京大虐殺があったことを示す資料や証言があるんだから
いいかげん事実を見つめろよ。

332 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 02:55:48 ID:8/MkjhoM
詳しい方
どういった“兵装“で“虐殺“を行なったのですか
詳細に教えて下さい


333 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 03:12:29 ID:WkNldrXP
>>332
それでは、まずは虐殺指令についていくつかを紹介します。
福田治夫(1915年10月生まれ)
第16師団歩兵第9連隊 第2大隊
一週間ほどして南京からいくらか離れた南西方向の裕渓口に駐屯しました。
聯隊で下がりました。そこは夜でもうっかり寝てることできませんのやで。
子どもとか年いったお婆さんまで、抗日排日の教育で手榴弾かくして持って、
宿舎に入ってきたのが子どもですやろ、こっちは油断しますわな。寝てる
所に放り込まれるのが再々あってね。「子どもにしても年寄りにしても
誰でも全部殺してしまえ」と聯隊長の命令がでました。二人とか三人と
かの百姓を捕まえてきて、「そこらに兵隊はおるかおらんのか」などの
尋問して地形を聞いて、後は殺してしまうんです。クリークの縁に連れ
出して、そこに座らせました。将校は、めったに刀で首切りなんてでき
へんのやから、軍刀持ってるさかいに試し切りをするんです。私ら兵隊
は突き殺しました。鉄砲の弾できるだけ使うなと言われてました。
『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P173



334 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 03:15:03 ID:/4pBku4l
>>333
そいつはたっぷり毛沢東に洗脳されて帰ってきた捕虜帰還兵だからな。
全く信用に値しないな。

335 :333:2007/02/10(土) 03:18:40 ID:WkNldrXP
吉川定国(1915年9月生まれ)
第16師団歩兵第33連隊 第1機関銃中隊
私ら行った時は白茆江やったかな。弾飛んで来えへんかったということは
敵おらへんかった。上陸の時命令受領に行ったら「普通の男も殺せ、皆敵や」
と言われていたで。家を焼けとの命もあって、うちの中隊でも放火班があった


336 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 03:26:03 ID:/4pBku4l
>>335
それは市街戦の常套手段であって、全く同じことをWW2の連合国や
イラクのアメリカだってやっている。

337 :333:2007/02/10(土) 03:26:48 ID:WkNldrXP
第16師団歩兵第33連隊 第3機関銃中隊 中田清次(1915年9月生まれ)
中島師団長はそういう人ですので、支那兵はみんな殺してしまえと、二十聯隊か
三十八聯隊か九聯隊か知らんけど、そういうことをやりましたでしょう
『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P343-344
内村和郎(1915年10月生まれ)中部第38部隊第2碇泊所
「男であろうが女であろうが生かしておくな、みんな銃殺や」と、隊長
が言うとったとその時、南京にいた歩兵から聞いた。
『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P251
松田脩一(1913年8月生まれ)第16師団歩兵第38連隊 第1大隊
「男であろうが女であろうが生かしておくな、みんな銃殺や」と、隊長が
言うとったとその時、南京にいた歩兵から聞いた。
『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P251










338 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 03:28:32 ID:F7iaoYhZ
神戸は終戦直後には朝鮮人の暴動が頻発し「魔都」といわれた くらいの無法地帯
だった。 警察が山口組の三代目に依頼して暴虐な朝鮮人をやっと押さえ込むことが
できたくらいだ。山口組の三代目の伝記を読むと当時の朝鮮人の残虐ぶりがわかる。

その一部を紹介すると「田岡組長が神戸の静かな住宅街を歩いていると、小さな子
供が一人で歩いてきた。不審に思ってその子供に問いかけるとこどもは向こうの方
を指差した。そこには、その子供の若い母親が三人の朝鮮人に強姦 されていた。
田岡組長が助に行くとその朝鮮人が向かって来たが、二人の眼球をえぐると一人は
腰を抜かして逃げていった。しかし、その若い母親は気が狂っていた。上品な顔立ち
の美しい女性だった」山口組三代目 飯干晃一 著 より


339 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 03:28:37 ID:/4pBku4l
『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』

要するに中国共産党監修の完全な捏造本てことだな。

340 :333:2007/02/10(土) 03:33:32 ID:WkNldrXP
徳田一太郎(1914年6月生まれ)第16師団歩兵第33連隊第2大隊
松井司令官の命令で各師団長に、師団長から各中隊長に伝わってきていた
と思うんやが、兵隊は何事も命令なしで勝手にやってはならんからな。
当時分隊長が「男は皆殺してしまえ!」と言って話は覚えていますよ。
『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P130
朝倉正男(1915年3月生まれ)
第16師団歩兵第33連隊 第2大隊
陥落してから、二日ぐらいしてから南京城内で掃蕩しました。家を一
軒一軒調べて、男なら全部引き出した。調べることはせえへん。捕まえて
調べるので引っ張ることもあるし、その場でぼんと銃でやってしまうこともあった。
『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P221



341 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 03:36:00 ID:8/MkjhoM
>>333>>335
レスありがとうございます。


342 :のすとらだますの予言:2007/02/10(土) 03:37:45 ID:t1GQgWIP
>>339
右翼のおじちゃん。
あんまりラリっているとケツの穴がガバガバになるよん。

右翼の構成員の愛する弟のケツの穴はいつも愛してあげてるのん?


343 :333:2007/02/10(土) 03:39:27 ID:WkNldrXP
上西義雄(1914年11月生まれ)第16師団歩兵第33連隊 第2大隊
捕虜の処分は師団命令です。実際に私ら兵隊に命令を下したのは、中隊長で
「捕虜にした者は全部殺せ」と言って指令されました。
『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P230
井上益男(1915年6月生まれ)第16師団歩兵第33連隊 第2大隊
南京の手前で中隊長が「南京に入ったら、強盗、強姦、殺人を許す」と命令
を出したのを聞いたので、わしの中隊が入城して荷物を降ろし、ぐずぐずし
てるとさ「何してる、早く盗りに行かんかい」と兵隊に言われた。皆早く実施
しなければならない気持ちですぐに掃蕩に入った。
『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P300










344 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 03:47:21 ID:/4pBku4l
>>342
はは、俺は右翼なんぞではない。おまえのような精神異常者ではない正常な日本人だ。

ところで左翼の婆ちゃんよ、チョンコロにやられまくってオマンコガバガバかい?
辻元清美が元喜び組ってほんとなのかな?

345 :333:2007/02/10(土) 03:50:51 ID:WkNldrXP
小田利吉(1913年11月生まれ)第16師団歩兵第33連隊第3大隊
はっきりした命令ではなくて、「『おかしな奴は集めて殺してしまえ』と言われてるで」
というて、一か所に集めて機関銃中隊が殺したのもあった。
『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P145-146
境昌平(1916年11月生まれ)第16師団歩兵第33連隊 第3大隊某中隊本部付
南京の掃蕩は、どこから出た命令かは知らないが「十六歳から六十歳までの男はみな連
れてこい」という命令があったね。
『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P224
第16師団歩兵第33連隊 第3機関銃中隊河田義一(1915年1月生まれ)
男はみんな捕まえてましたな。でも、私ら重機関銃隊はそんなことをしてません。
 実際、南京戦で「支那人を殲滅しろ」という命令が私ら第三機関銃中隊に来て
ましたけれど、各中隊にもそんな命令が出ていたかどうかわかりません。
『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P236











346 :のすとらだますの予言:2007/02/10(土) 03:56:18 ID:t1GQgWIP
>>344
<はは、俺は右翼なんぞではない。

臭い芝居すんなよ、ボケ。
お前ら右翼団体の構成員は、日本人の代表づらしないでよw 恥ずかしいからwww
辻元清美が北朝鮮の元喜び組というなら証拠を出せや。


347 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 04:09:55 ID:/4pBku4l
>>346
おやおや、左翼の知的障害者は日本語が通用しないから困る。
辻元は日活ロマンポルノにも出ていたじゃないかww
もっともさすがの将軍様も辻元じゃ願い下げか?w

348 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 04:33:21 ID:Jv1f+Zb9
与党も野党も朝鮮人だった.....
反日的なマイノリティー勢力がユダヤの日本間接支配の手先に使われている。
ttp://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yotoyato.htm

ttp://blog21.fc2.com/t/tekcat/file/kip.jpg
ttp://blog21.fc2.com/t/tekcat/file/2610.jpg

349 :のすとらだますの予言:2007/02/10(土) 04:52:27 ID:t1GQgWIP
>>347
おやおや、脳味噌なしの右翼団体構成員さん。

次々と妄想が膨らむねぇw
細かく指摘されたら今度は日活ロマンポルノねぇwww
右翼のおじちゃん。 歳いくつ? 恥ずかしくない?
懲りない奴w


350 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 04:58:24 ID:XS/MziUJ
自演方法。

1、二つ以上の回線を用意する。
2、一人で議論をする。
3、否定派に扮する側でバカなことを書き込む。
4、その書き込みに、いっせいにツッコミを入れる。
5、一人でやっているのになぜか勝ち誇る。

351 :憂国士(by教授):2007/02/10(土) 05:49:03 ID:HBBgz9XW
●南京陥落当時の貴重な映像(1of5)(攻略後?検問?
http://www.youtube.com/watch?v=FMKZzZREqh8&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(2of5)(松井大将の行進・他
http://www.youtube.com/watch?v=JZQTdOfUlck&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(3of5)(演奏・戦地へ行く部隊?
http://www.youtube.com/watch?v=dS1KEvLgRUs&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(4of5)(・・・意外な。。
http://www.youtube.com/watch?v=IpYXmyAW_fw&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(5of5)(正月?モチ作り?・・後半⇒楽し
んでいる子供達
http://www.youtube.com/watch?v=r-hCB4O49ms&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(6of6)(?証明書作成?
http://www.youtube.com/watch?v=rV66e7xVwt4&mode=related&search=
意外であろう、虐殺の空気が感じられない。中国人の様子・・普通である・・。

特に子供の様子を見れば大虐殺など無かった事は一目瞭然である。
●南京陥落当時の貴重な映像(5of5)(正月?モチ作り?・・後半⇒楽し
んでいる子供達
http://www.youtube.com/watch?v=r-hCB4O49ms&mode=related&search=

大虐殺があったとされるその同じ場所で子供がこんなに無邪気に遊べるだろうか

肯定派が何とかしてあった事に捏造するために偽論に血眼になるのも頷けるというものである。


352 :憂国士(by教授):2007/02/10(土) 05:51:12 ID:HBBgz9XW
★★★【南京大虐殺】
●ニューヨーク・タイムズ昭和13年1月4日
南京の金陵女子大学に避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、
逃亡中の大佐1名とその部下の将校6名をかくまっていたことを発見し、心底から当惑した。
実のところ教授たちはこの大佐をそのキャンプで2番目に権力ある地位につけていたのである。
この将校たちは支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中にライフル6丁と、ピストル5丁、砲台からはずした機関銃1丁に、
弾薬をも隠していたが、それを日本軍の捜索隊に発見されて、自分たちのものであると自白した。
この将校たちは南京で略奪したことと、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、
その翌日には日本兵が襲った風にしたことを、アメリカ人たちや他の外国人たちのいる前で自白した。
この元将校たちは逮捕された。戒厳令に照らして罰せられ、おそらく処刑されるであろう。
●チャイナ・プレス1月25日
12月28日までに、将校23名を含む1575名が安全地帯に機関銃やライフルを隠して潜伏しているのを摘発された。
その中には南京平和防衛軍 Nanking peace preservation corps 司令官王信労(ワン・シンラウ 音訳)がいた。
彼は陳弥(チェン・ミイ 音訳)という偽名で国際委員会の第4部門を率い、3人の部下とともに「略奪、扇動、強姦にたずさわった。

以上は正真正銘、当時の南京の紛れもない真実の有様を伝えた
2大プレスの記事のを含むである。ここに真のジャーナリズムが在る。
これを見れば、隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、
あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける【>>166>>188>>189>>190>>196】のごとき
蒙昧の輩らの『他愛無い姑息な偽論』などは言うに及ばず、『所謂南京虐殺』を肯定する如何なる
映像・文書等各種伝達媒体を労した欺瞞工作なども、最早、単なる茶番でしかない。



353 :憂国士(by教授):2007/02/10(土) 05:52:35 ID:HBBgz9XW
本日のNHK放送の芸術作品とやら、全く予想通りのお粗末映像で子供だましのジャーナリズムである。
文化祭レベルの幼稚な構成にあきれたが、やはり誰かに媚を売ろうとして作ったものは
客観性にかける恣意的で独り善がりの幼稚な作品となってしまう様である。

特に中国側の証言ばかりを集めての当時の南京事情などは公平な立場で日本側の証言も集めれば
反証続出である。さらにソ連が日本を脅威として中国に武器援助したなどという
あきれ果てた単純思考は最早、公器としてのマスメディアのレベルではない幼稚さ・お粗末さである。

文化祭レベルの放送クラブが一生懸命作り上げ、文化庁という左翼思想に幼稚に囚われた集団が茶番の
芸術作品のレッテルを貼り付けた恣意的映像以外の何物でもない本日のNHKの放送は一体どのような意図で
対中媚を画策下のだろうか。

それでは、先ず放送で伝えられた日中ソの関係の子供だましを暴いていこう。

354 :憂国士(by教授):2007/02/10(土) 05:56:56 ID:HBBgz9XW
「偽装右翼」の実態〜 「右翼」の仮面をかぶったマルキスト 〜
●スターリンは、日本軍を正面の蒋介石軍と戦わせ、これを叩きつぶさせた後、跡はそっくり背後の中国共産党軍がいただくという計画を練っていた。
これはスターリンの「砕氷船テーゼ」と呼ばれるもので、日本を「砕氷船」に見立てての謀略であった。
日本には蒋介石とは決して和解しないように対日工作し、同時に中華民国に対して対日徹底抗戦をするように仕向けた。
このため日本の中に数多くのマルキストを忍び込ませ、政界や軍の内部に影響を与えてこれをコントロールしたのであった。

●『朝日新聞』をはじめとする「右翼」の仮面をかぶったマルキスト=「偽装右翼」たちは、「蒋介石討つべし」などと超愛国主義的論調で「対中国強硬論」を叫んだ。
彼らは日本と国民党政府の和平工作をあらゆる方法で妨害し、日本を大陸に深入りさせ、一方ではシベリアには進出させないで、
対米戦争へと導いた。(要するに、日本に大陸(中国)と海洋(英米)の両面作戦を強い、その戦力を消耗させて日本敗北を画策したのであった)。

●近衛首相に影響を与え続けた後藤隆之介の「昭和研究会」は、風見章、尾崎秀実、西園寺公一などの左翼グループによって運営され、
石原莞爾の「東亜連盟」も結局、「偽装右翼」によって支配された。
その結果、ドイツ中華大使トラウトマンや在華米人スチュアート、石原莞爾、民間系統などの「対中国和平工作」は
あらゆる努力にもかかわらず、ことごとく失敗したのである。


邪魔になった石原莞爾を林銑十郎に進言して仙台から参謀本部に転補させたのは、敗戦後の日本政治の黒幕となった麻原謙三である。
「東亜連盟」の真の目的は、蒋介石を盟主、日本をアメリカの一州とし、ソ連がアジアを支配することであった。

●宇垣内閣が流産したのは、ゾルゲ系【リヒャルト・ゾルゲ。ソ連のスパイ。】
の秘書による工作であり、日華事変を引き起こした林銑十郎内閣の成立もコミンテルンの麻原謙三と十河信爾が密着して行なった結果である。

続く【以上は左翼色の強い日本のメディアなどが決して公表する事のない真の歴史『歴史の真実』である。
ソ連こそがアジア全体の脅威であった真実を決して忘れてはならない。】 ★★★>>256よりつづき

続く

355 :憂国士(by教授):2007/02/10(土) 05:58:18 ID:HBBgz9XW
「ゾルゲ事件」で日本を破滅に追いやった尾崎秀実【おざき ほつみ/ソ連のスパイ。『朝日新聞』の記者】は、
日本を砕氷船に仕立てるためにソ連のエージェントとして多大なる功績を残した。尾崎は終始「対中国強硬論」を吐き、
「対米開戦論」を最も強く叫び続けた。
尾崎は「昭和研究会」の席上で、「支那の動脈を叩き続け、最後にはビルマ・ルートまで叩くべし」と雲南省まで進撃する積極論を展開し、
事変不拡大を唱える石原莞爾に「何の根拠があってそのようなことを言うのか!」と一喝されている。

 【尾崎秀実(おざき ほつみ)】
『朝日新聞』の記者として活躍。尾崎秀実は、近衛文麿政権のブレーンとして、
政界、言論界に重要な地位を占め、また、軍部とも密接な関係を持ち、日中戦争当時の政局の最上層部で
活躍した。「アジア共産化」を目的とした数々の謀略を実行し、「ゾルゲ事件」で逮捕され、処刑された。


356 :憂国士(by教授):2007/02/10(土) 06:01:36 ID:HBBgz9XW
つづき
●京都大学教授の中西輝政氏は、次のように述べている。

(※ この意見に対して異論反論あると思うが、参考までに紹介しておきたい)

『今明らかになりつつあるのが、昭和の戦争の主役であった日本陸軍、参謀本部や陸軍省にソ連や中共の工作員が多数潜入していたということである。
たとえば盧溝橋事件直後に拡大論を唱えて、石原莞爾と対峙しつつ日中戦争の泥沼に追いやった勢力がある。
彼らは同時に日独伊三国同盟を推進することによって日米分断と連合国陣営の形成を事実上促し、さらには『南部仏印進駐』を推進して日米開戦を惹き起し、
それによって『社会主義の祖国』ソ連を守ることに成功した。この背景にはコミュンテルンの工作があったことはほぼ証明されているが、
その具体像はこれから歴史家が明かすことになろう。』

『近衛・東條の両内閣を通じ、国策の大きな方向づけをしていった『昭和研究会』などに結集していた知識人グループこそ、
故意に敗戦を導いたという点で最も重い戦争責任を負うべき日本人ではなかろうか。
田中慎次郎や西園寺公一、犬養健といった、ゾルゲ事件で検挙された人たちの調書や行動をもう一度検証する必要がある。
さらには、ゾルゲ・尾崎らの逮捕前後に近衛内閣が崩壊したことの再検証も重要課題である。
近衛内閣が、盧溝橋事件の奇妙な戦線拡大と共に、昭和15年7月の第二次内閣以降、日独伊枢軸の強化、仏印進駐、南進論にのめりこんでいく背後に何があったのか。
近衛は後に『見えない力にあやつられていたような気がする』(『近衛上奏文』)と述懐しているが、その『見えない力』こそが、『コミュンテルン工作員』だったのではないか。
あるいは昭和17年の陸軍省軍務局の大規模な人事異動により、東條体制に不可欠な、武藤章や田中新一ら──彼らは先に挙げた拡大派であり三国同盟推進派でありかつ南進派だったのが─
─なぜ唐突に中央から遠ざけられ南方に送られたのか。ジャーナリストの中にも『日本のデュランティ』ともいうべき人物がいたのではないか。
そういった『歴史の闇』に日本の歴史家はもっと目を向けるべきだろう。』

357 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/10(土) 07:33:55 ID:5LO8lBjk

敵兵を捕虜にせず、皆殺しにするのは、中国式のやり方なんだな。(・(ェ)・)y◇°°°

。。

358 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 07:46:39 ID:lH9D8S1u
また否定派は逃げ出したの?

359 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/10(土) 08:26:27 ID:5LO8lBjk

日本が殺した虫国人より、虫狂が自ら殺した虫国人の方が、遙かに多いだろ。

ドロボウが、盗んだ物を盗まれたというようなもんだろ。虫狂って、脳みそ腐ってるんじゃないのか?

。。

360 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 08:31:14 ID:5LO8lBjk

普通に考えて、逃げ出した虫国兵が食料とか持ってるわけ無いから、

民家に押し入って、食料強奪したに決まってるな。

逝く場所もないから、民家に押し入って強盗強姦したに、決まってるな。

虫国は、昔から軍(支配者)が、民間人を虐げてきた国だ。

今だって、一部の虫狂が、支配してる国だしな。

。。

361 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 08:36:40 ID:5LO8lBjk

>>358 虫国で公の場で自国の悪口を書けば、国家反逆罪で捕まるね。

北朝鮮なら、強制収容所に送られて、死刑だな。ぷげらっちょ。○| ̄|_=3 プッ

。。

362 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 08:40:10 ID:5LO8lBjk

肯定派は、グリンピースと同じだな。クジラを傷つけるなと逝って、

暴力ふるって人間を傷つける、ペテン師集団だな。

。。

363 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 08:48:37 ID:5LO8lBjk

虫国人が、日本人を捕虜にしたって、聴いたことがないな。

虫国人に捕まったら、女は強姦されて虐殺。男も、八つ裂きにされるだろう。

そのくせ、日本に捕虜を処刑したと抜かす、クソだな。

日本人の殺し方は、スマートだが、虫国人の殺し方はエグイね。

木に縛って身体を少しづつ切り取って殺していくからね。

なんせ、今でも毎年1万人以上の人が死刑になってるからね。

虫国は、強盗や麻薬の密輸や経済犯でも死刑になるからね。

エセ人権派は、文句いわんのかな。死刑制度廃止論者も。偽善者の南京肯定派も。

。。

364 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 08:58:49 ID:5LO8lBjk

虫国で、新型インフルエンザが大流行して、半分ぐらい減ってくれんか。

そんで、虫国人は、入国禁止だな。そうなれば、日本で犯罪が減って、
日本は安全な国になるね。

虫国人は、強盗で一家皆殺しにするし、スリで逃げるためには平気で人を刺し殺す。

。。

365 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 09:23:56 ID:FMkCT12d
だからまず定義をはっきりさせろって
お前らはそんな事すらはっきりできないものをあった、あったと言ってるのか?

366 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 09:40:04 ID:2nwpNLV3
南京事件
昭和12年12月、南京を包囲した松井司令官は、隷下部隊に外国権益や難民区を朱書した要図を
配布して「厳正な軍規、不法行為の絶無」を下達した。敗れた中国軍将兵は退路の下関に
殺到して殲滅された。市内では私服に着替えて便衣隊となった敗残兵の摘発が激しく行なわれた。

367 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 09:44:56 ID:2nwpNLV3
>>366
これ 遊就館の展示ね
普通の日本人の認識

ではマルキストの認識をどうぞ↓

368 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 09:53:52 ID:BkqAoLAF
南京大虐殺とは、つまり支那兵の仕業だったわけだな。
違うというなら、違うという事を証明する必要がある。

369 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 10:17:40 ID:Vp5vQDYg
>>1-400

370 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 10:29:54 ID:zyXgCeAe
>歴史学の証明は映像や写真は使わないのだが・

歴史学は政治が捏造して政治力で事実のように見せかけるだけする
事件は事実を証明する必要がある
北京政府は政治力で歴史を捏造するのが得意だが
われわれは歴史じゃなくて事実の証明を要求している
事実を証明できないのは捏造の証拠
証拠写真を大量に捏造するのは事実がなかったことを意味する


371 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/10(土) 13:20:51 ID:5LO8lBjk

映像も、自分に都合のいい映像しか出さんから、虫国側は、信用出来んな。

虫国は、国家でねつ造するからな。

南京事件より、虫狂が行った文化大革命の大虐殺の方が、地獄さながらだろ。
逃げまどう人々を切手切手斬りまくる。想像するダニ、恐ろしシス。

4千万人も、殺したんだからな。死体の山なんて生やさしいもんじゃじゃないな。

そんだけころしゃあ、いっぱい映像有るだろ。虫国は、出さんのか、その映像。

。。

372 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 13:23:14 ID:UIP5bvXZ
>>371
お前らウヨ厨に信用して欲しいなんて思ってもいないさ。きっと。
ウヨ厨以外の全世界全ての人々が信じればそれで完了。
何か文句ある?w

373 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/10(土) 13:26:16 ID:5LO8lBjk

南京事件で日本をおとしめる売国奴は、虫狂に、文化大革命で、何人殺したかきいてみろよ。(゜ω゜)

。。

374 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 13:26:33 ID:zq+F9/Ww

映画「南京の真実」、製作決定へ

■何故報道しない 日本のマスコミ!!(H19.1.30)■
http://www.youtube.com/watch?v=x7aBGloec0U&mode=related&search=

375 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 13:31:43 ID:5LO8lBjk

>>372 藻舞、在日虫国人だろ。

。。

376 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 13:36:39 ID:tzJskRXF
南京大虐殺は事実でしょ。兵隊さんもひどいことしたと、後悔しているし。
昨日のNHKのクビを切られた女性の映像はむごかった。
ひどすぎる。まあ、当時の日本人のマインドはそんなレベルだったってこと。
しかし、クソウヨというのは事実を捻じ曲げ嘘で塗りつぶすのがお好き
なんだね。タイムマシンでもなければ分からないと、腹の中で笑っているん
だろうな。
子供達には決してなって欲しくない大人だな。

377 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/10(土) 13:45:21 ID:5LO8lBjk

>>376 正義ズラした偽善者だな。

お前牛肉も豚肉も鶏肉も食うんだろ。牛も豚も鳥も、生きたまま首を切るんだよ。
そりゃあ、心臓は動いてるから、生暖かい血が噴き出すよ。

お前馬鹿だろ。戦争で人を殺すのは当然だ。お前が当時の中国にいったら、暴行されて、
殴り殺されるね。

軍国主義の日本が悪い事をしなかったとはいわんが、悪いことをしたのは日本だけか?

虫国は、戦後自国民を4000万人も殺し、チベットで、日本がやった以上の殺戮を行っている。

そんなに日本が嫌なら、今すぐでていきゃあいいのに。在日の出て逝かない理屈と同じだな。

。。

378 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 13:53:13 ID:UIP5bvXZ
>>374
「全国の草莽(そうもう)ご支援を!」

製作資金の募金呼びかけ?
日本国民様を雑草呼ばわりするとはいい度胸だw
人様を雑草呼ばわりするからちっとも資金集まらないんだなあ〜〜w

379 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/10(土) 13:55:15 ID:5LO8lBjk

>>376 虫国人なら、簡単に殺してはくれないな。

戦争に負けたらそうなるんだよ。負けた(戦わずして逃げた)虫国が悪いんだな。
だから日本は、死にものぐるいで戦った。日本人は、逃げ出す様なことはしない、
高尚な民族だ。犯されるぐらいなら、死を選ぶ。
日本が虫国に戦争に負けてたら、間違いなく日本がした以上のことをされてたね。

日本人より、虫国人の殺し方の方が残酷だから。

生きたまま舌切られたり、めん玉えぐられたり、手足切られたり、
肉をえぐられたり、チベットの女は、強姦した後、あそこから剣を突き刺して
殺したそうだ。

。。

380 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/10(土) 14:00:44 ID:5LO8lBjk

TVで言うだけじゃあかんな。駅前に立って、募金募れ。

会社回りもしろ。靖国も、いけ。優秀館のチケットも売れ。

。。

381 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 14:25:43 ID:6MYXCE2Z
>南京大虐殺は事実でしょ

済州大虐殺は事実だけれど
南京でも何人か虐殺されたでしょう そりゃー戦争だ者ね アメリカなんかも
あらゆる戦場で虐殺、レイプを繰り返し行っている
一人の女性の首に怪我をしているフイルム見て30万人大虐殺創造する奴の
脳みその構造がどうなってるのか知りたいね
マギーフイルムに虐殺場面も移ってないし村瀬写真も虐殺を証明できるほど
説得力もないし審議もあやふや

382 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 14:39:16 ID:6MYXCE2Z
>4千万人も、殺したんだからな

最近は8000万人と実態がわかってきた
あの朝日でさえ6000万人以上といっている

383 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/10(土) 14:43:45 ID:5LO8lBjk

まだ昨日のNHKは見てないが、女を首切って処刑した事が悪なのではないな。

それが、固定概念にとらわれている証拠だな。

女の死刑囚もいるからね。

軍国主義でも、何も関係ない民間人の女を処刑するほど暇では無かろう。

処刑されるに足る何かしら犯罪を犯したのであろう。

たとえば、日本人に包丁で斬りつけたとか。。。

。。

384 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 14:44:22 ID:6MYXCE2Z
ウヨ、ウヨってなれない日本語でヒステリックにわめいている中国人のウヨは
もうちょっと論理的、冷静になってほしいな
都合が悪いと喚く、こちらが黙っていれば偽者を作りまくるのは南京だけじゃないな
車、電化製品、ドンコ椎茸まで盗むお国柄だからうそはいつものことか

385 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 14:52:53 ID:5LO8lBjk

日本が女の首を切ったって、軍国主義の戦時中のことだろ。

虫国は、未だに殺してるからね。去年か一昨年の写真だ。

政治犯で、それも、ネットの書き込みによると、えん罪だそうだ。
当時は、殺人犯と言うことだったが。。。裁判もせずに死刑。
虫狂は、まじ、恐ろシス。

南京肯定論者って、拉致事件は、日本のでっち上げだと主張してた社会党と同じだね。

h
ttp://www.peacehall.com/news/gb/china/2004/12/200412130343.shtml

。。

386 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 14:58:31 ID:5LO8lBjk

去年か一昨年、虫国で売れまくってた化粧品から水銀が検出されたと言う

でたらめ記事で、その化粧品が返品騒ぎになったが、これだって、

何かした、売り上げが下がった虫国化粧品メーカーの策略だな。

マグロに水銀が含まれてるのは、明らかだから、クサレ志那人がマグロ喰うのも止めて欲しい。

日本人が食べてたマグロ横取りしやがって、日本が嫌いなら、何で日本人が喰う生魚を喰うんじゃ木瓜が。

。。

387 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 15:01:53 ID:6MYXCE2Z


>生きたまま舌切られたり、めん玉えぐられたり、手足切られたり、
 肉をえぐられたり、チベットの女は、強姦した後、あそこから剣を突き刺して
 殺したそうだ。




http://www.k3.dion.ne.jp/~syouhou/sainannjikenn1.html

388 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/10(土) 15:04:24 ID:5LO8lBjk

虫国人は、何でも食べる。

h
ttp://www.asyura2.com/2002/war11/msg/982.html

。。

389 ::2007/02/10(土) 15:07:33 ID:Bb1wvDOE
戦争は人を悪魔に変える
 そんな戦争はもうしたくないなあ。
  でもちゃくちゃくとアメリカの相方となりつつある
  防衛省 郵便局を民営化するだけにしとけよな!!!
  全く自民はやりたい放題。
  昔の軍部のように民間放置だもんなあ



390 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 16:14:18 ID:VEhgPlpX
おもろい

1 西中野外道
2 東中野修道
3 南中野極道
4 北中野邪道


391 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 16:17:59 ID:9jMOQ40+
普通に無視ればいいじゃん
歴史カードっていうのは相手にしなければ意味を無くすものだからねぇ

392 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 16:19:52 ID:6MYXCE2Z

中国人は地球上最悪の動物だな
http://ime.nu/www.asyura2.com/2002/war11/msg/982.html

393 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 16:27:58 ID:tmOWDb3h
>>382
思うんだがなんでそんなにいるんだろうってことと
なんでそんなに殺す必要があったんだろうってことだな
日本はお上にはあんま逆らわない体質だから単純に民族性の差か?

いずれにせよ民族性の違いだけでも中国人は信用にも信頼にも足らないな
「嘘が別に悪徳ではない」とか「ルールはその都度力関係でどうにでも変る」
とかだけでも絶対に一緒に暮らしたくないし付き合いたくもない

これだけは肯定派否定派問わず同意見だよな?
まぁ工作員でなければ、だろうけど

394 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 16:54:35 ID:o8rvp75y
昨日のNHK見ましたよ。ここのスレも前から興味深く見ていたので番組も
参考になしました。
感想から言うと従来言われていた南京大虐殺は捏造だということです。
またアメリカで宣伝工作にかなりの金額を使っていたのも興味深かったです。
実際の死者数はどれくらいなんでしょうか? あと俺はネットウヨでもなんでも
ないので変なこと言わないでください。軍国主義も中国もアメリカも大嫌いな
二流国立大学生です。

395 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/10(土) 17:17:31 ID:5LO8lBjk

>>393 一人のこらず殺しとかないと、後で自分たちが殺される(復讐(ふくしゅう)される)からだろ。

昔の日本だって、殺し合い(復讐)の連鎖を断ち切るために、

相手の武将の子孫は、赤ちゃんでも、容赦なく全員殺したから。

虫狂が家族全員を抹殺した理由はそこだな。(・(ェ)・)y◇°°°

。。

396 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 18:27:28 ID:2nwpNLV3
>>394
最後に支那事変から終戦まで
日本側の死者310万
中国側1000万と「言われている」

なんてさらりとナレーションしてたけど、根拠あるのかねこの1000万は

397 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 18:44:14 ID:VEhgPlpX
>>396
>中国側1000万と「言われている」

"中国側1000万と「言われている」"と言ってたか?
正確か?

398 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 18:56:06 ID:X5f7LHSE
>>395
その枠を対象集団「全員」に拡大するあたり流石中国だなw


399 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 18:57:41 ID:C6HUfqO1
今時、南京大虐殺なんか信じてるのは支那人とキチガイ左翼だけだろ。
公式ルートでは毅然と抗議して、裏では数字を増やすように煽れば良い。そのうち3000万人っていいだすぞ。

400 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 19:09:11 ID:6MYXCE2Z
>相手の武将の子孫は、赤ちゃんでも、容赦なく全員殺したから。

君は日本の武将の美学をまるで知らないみたいだから少し述べる
武将はすべての家来の命を助けるために自分の命を敵将にさしだす
勝者もそれ以上降軍に犠牲を求めない 相手に例を述べてから腹を切る
それに引き換え大陸の戦争は相手を根絶やしにして占領地に定住するのを
常としてきた
培ってきた歴史、戦争感、哲学がまるで違うのよ
あちらは異民族間の殺し合いが普通なのに比べて日本の場合同民族間の
権力争いしかしてこなかったから皆殺しにするような戦はしない
要するに殺し合いに慣れていないのよ


401 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 19:17:36 ID:1zcrMYef
↑馬鹿ほどいい加減なこと言いふらすから困るな

402 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 19:25:57 ID:6MYXCE2Z
>>401
 人の肉を食う中国人の君には到底理解できないだろうが戦国武将の常識として
 日本人なら誰でも知っている事だよ

403 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 20:11:11 ID:X5f7LHSE
まぁ日本じゃ頭が腹切って「ケジメ」にすんのが常だよな

404 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 20:30:53 ID:H4xqHREU
>>402
人の肉を食ってたのは日本軍だぜ。
− 経緯−
昭和20年2月23日から25日にかけて、小笠原諸島の
父島に配備されていた陸海軍の混成団の一部将校らが
米軍の捕虜を殺害して人食していたことが戦後の
東京裁判BC級の公判で明らかになった。
(中略)
この時、米軍側は的場大隊以外の部隊から様々な情報を
収集していた。証拠固めができた昭和21年2月になって
米軍側は、「捕虜になった米軍パイロット達は、残虐行為の
末に殺害され人食された。この事件の主犯は陸軍では
立花中将と的場少佐、海軍では、森中将と吉井大佐である」
としてグアムの軍事裁判に起訴した。立花ら4人は大筋を
認めて、小笠原事件に関与したとする軍人ら25人が逮捕された。
(中略)
さて、ここで陸軍と海軍の高級将校達の酒盛りが連日行われた。
終戦末期の物不足の中、貴重品である酒を連日酌み交わした。
だが、゛つまみ゛が無い。そこで、立花らは米軍捕虜の肉を食べて
戦意高揚を図ろうと軍医に捕虜の解体を命じた。針金で大木に
縛りつけた米軍捕虜に立花が、「日本刀の凄みを披露する絶好の
機会じゃ」と言って、試し切りの希望者を募って殺害。その後、
遺体を解体させて宴会の゛つまみ゛にした。後の日本兵の証言によると、
米兵の手足の肉や内臓を立花が食べると、「これは美味い。お代わりだ」と
はしゃいでいたという。
結局、8人の米軍捕虜を殺害し人食したこの行為で、立花、的場、吉井ら5人が
絞首刑となった(森は終身刑だったが、後のオランダ軍の裁判で死刑)。
吉井は軍事裁判で、「無差別爆撃する米空軍が悪い。パイロットは処刑されて当然。
人肉は戦意高揚のため食した」と供述。更に、「日本軍の戦陣訓である、
゛生きて陵辱の辱めを受けず゛・・・という教えがあり、捕虜に対する行為は
何をおいても許される」と主張した。

405 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 20:39:11 ID:X5f7LHSE
>>404
日本人は異常事態や極限状態にならない限りは人肉なんて喰わないよ?
一部にそういう変態や奇人はいるかもしらんが
向こうは「文化」で普通に喰うから
それが悪いかどうかは別として世界標準からは「異質」だわな

406 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 20:43:28 ID:BDj1h8mm
>>405
いずれにせよ。暗に日本人は人肉を食わないという貴方の主張
崩れています。「異質」だろうか・なかろうかと日本人も人肉を食う事
には間違いないでしょう。言い訳は見苦しいよ。


407 :名無しさん@3周年 :2007/02/10(土) 21:00:39 ID:B0WEHAZn
確かブッシュの父ブッシュも日本兵に食われそうになった
エピソードの持ち主じゃなかった?

408 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 21:10:38 ID:6MYXCE2Z
異常な奴、異常な環境におかれた奴は世界中どこの人でも食うよ
言葉を話せて火を使い字まで読め電気を使い車も運転できる民族が
日常平然と人の肉を食べ 路上で人に穴を見せて運子をするのは
中国人だけ

409 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 21:17:02 ID:BDj1h8mm
さて、私には昨日のループの続きがあります・・・。
>>330
おやおや。マギーの「自由撮影」の件はどうしたのかな?
はっきり言いますよ。マギーの撮影は隠し撮りですよ。
貴方のマギーは「自由撮影」だったという根拠は
>「戦闘中の日本軍」が写っている
まず「戦闘中の日本軍」とはどこに映っているのかを出してくださいな。
それと百歩を譲っても「日本軍の戦闘シーン」は自由撮影だったとしても
それでマギーは自由撮影だったとは言えませんよ。なぜなら「日本軍の戦闘シーン」は別
に規制には引っかかりませんからw
引っかかるのは虐殺シーンと死体でしょう。
根拠↓
新聞掲載事項拒否判定要領(昭和十二年(1937年)九月九日・陸軍省報道検閲係)

日本人の記者でさえ虐殺シーンを撮れませんよ。
根拠↓
 後で仲間にこの時のことを話すと、カメラマンとしてどうして写真(虐殺の場面)を撮らな
かったかと反問された。「写真を撮っていたら、おそらくこっちも殺されていたよ」
と答えることしかできなかった。
佐藤 振壽(元毎日新聞記者)
撮れたとしても毎度おなじみな赤い「不許可」の印を押されるだけですよ。
自由撮影を許可したならばマギー以外の外国人記者を南京に入れなかったのはなぜでしょうか?
それと
>マギーが城内の移動に関してどれほどの特権を認められていたかの証拠。
貴方の推測はもう結構ですから・・・どう見ても戦時中カメラを持って撮影をするにも
軍の「許可証」が必要でしょう。公式記録でも証言でもいいからマギーが自由撮影だったという
証拠を出してください。話はそれからですよwww

410 :らびっと:2007/02/10(土) 21:18:58 ID:eGGidI8/
>>408
トイレが単なる穴で仕切りも無いのは、アジア各国共通ですよ。


411 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 21:21:06 ID:3zUCiIoy
>>408
その証拠を出せ。証拠がない以上信用できない。どうせ旧日本軍の
プロパガンダだろ。証拠がないなら喪舞が中国に行って調べて来い。
 
「日常平然と人の肉を食べ」というのはあいまいだ。
定義を出せ。

412 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 21:39:54 ID:6MYXCE2Z
中国の文豪魯迅(ろじん)は「狂人日記」の中で中国の人食い文化を描いています
三国史でも自分の妻を料理して客に振舞った 客は驚きもせず感謝して平然と食べ
たくだりがある
http://homepage2.nifty.com/rinmei-zensho/hitokuidangi.htm


413 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 21:44:19 ID:6MYXCE2Z
トイレ じゃないよ ケツの穴 道の真ん中でみんな運子をしながら雑談するのよ
ケツの穴を見せながら飲食し井戸端会議じゃなくて 糞見談義をする

414 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 21:49:35 ID:6MYXCE2Z
マギーフイルムに虐殺シーンなんてなーんも移ってないやん
あの程度なら原爆記録のほうが残虐
ベトナムのフイルムでももっと残虐なのがある
フセインがクルド人にマスタードガスをまいた写真のほうが
説得力ある しかし30万人とはねー
大げさな数字を出すから中国人は昔も今も全く信用されないんだよ

415 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 21:50:44 ID:/3ESAof1
>>409
だから、君の主張は「マギーは16ミリの大型オープンリール映写機を三脚に固定して
隠し撮りをした」だろ。わかったわかった。

>それでマギーは自由撮影だったとは言えませんよ。なぜなら「日本軍の戦闘シーン」は別
>に規制には引っかかりませんからw
あほですね。マギーは日本の新聞に発表する映像を撮ったと思っているようだ。
しかも、日本軍が禁止したのは発表であって、撮影自体を禁止していない。
こんなことも知らないとは…

>撮れたとしても毎度おなじみな赤い「不許可」の印を押されるだけですよ。
新聞掲載事項拒否判定要領(昭和十二年(1937年)九月九日・陸軍省報道検閲係)
のことか?君は本当に馬鹿だなあ。

>自由撮影を許可したならばマギー以外の外国人記者を南京に入れなかったのはなぜでしょうか?
外国人記者はいっぱいいただろ。当時の新聞記事も知らないのか?

>貴方の推測はもう結構ですから・・・どう見ても戦時中カメラを持って撮影をするにも
>軍の「許可証」が必要でしょう。公式記録でも証言でもいいからマギーが自由撮影だったという
>証拠を出してください。話はそれからですよwww
映像そのものが証拠。君の主張は
「マギーは16ミリの大型オープンリール映写機を三脚に固定して<<<隠し撮り>>>をした」
だろ。わかったわかった。これでいいじゃん。

416 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 21:51:11 ID:6MYXCE2Z
http://ime.nu/www.asyura2.com/2002/war11/msg/982.html

417 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 21:52:25 ID:KzY2LPia
>>406
でも日常普通には食べませんよね?
食べるんですか? 日本にそんな文化がありますか? ないですよね?

でも中国には「文化として当然として」されていました
違うんですか? 古来より文献に残されてきました
ググればすぐ見られますよ

それにしても雪山で遭難した人が人食ったからって
その所属国家の人間を人喰いだなんてw
もはや屁理屈ですらないな

418 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 21:58:32 ID:/3ESAof1
>>414
>マギーフイルムに虐殺シーンなんてなーんも移ってないやん
そのとおり。それは死体埋葬記録や特務機関報告とも一致し、他の資料と
合わせてみれば城内の状況がだいたい推測できる。

鮮人工作員の言い分は、「マギーの撮った映像は不自由な隠し撮りの為、
城内の実情を映していない」なんだよ。

笑っちゃうよね。なんで城内の実情を映していない映像を「これが大虐殺の証拠だ」
と言って発表するのか。
鮮人工作員によると、「映っていないところに真実がある」んだってさww

419 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:09:12 ID:1zcrMYef
>>412 魯迅は作家!三国志は昔話!そもそもどこまで史実かいな?


420 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:15:12 ID:6MYXCE2Z
http://ime.nu/www.asyura2.com/2002/war11/msg/982.html

プリントして枕元において寝てみ

421 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:18:51 ID:BDj1h8mm
>>415
>あほですね。マギーは日本の新聞に発表する映像を撮ったと思っているようだ。
仮定な話にレスをしてもな(苦笑
しかも、日本軍が禁止したのは発表であって、撮影自体を禁止していない。
だから?
 後で仲間にこの時のことを話すと、カメラマンとしてどうして写真(虐殺の場面)を撮らな
かったかと反問された。「写真を撮っていたら、おそらくこっちも殺されていたよ」
と答えることしかできなかった。
佐藤 振壽(元毎日新聞記者)
>外国人記者はいっぱいいただろ。当時の新聞記事も知らないのか?
知っていますが、12月の後半から1月にかけていなかったのは事実ですよ。
>映像そのものが証拠。
はい。やっぱりないですねえ。結構結構。
>笑っちゃうよね。なんで城内の実情を映していない映像を「これが大虐殺の証拠だ」
>と言って発表するのか。
本当笑っちゃうよね。朝鮮ウヨはやっぱり頭が悪いね。
いくらウヨが懸命に否定しようとも「マギー・フィルム」は世界的に
南京大虐殺の証拠の一つとして認識されていますけどな・・・
ま、その認識が屁理屈で変われるように頑張って下さいwww

422 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:18:56 ID:6MYXCE2Z
証拠のない南京事件をあったあったと粘着する奴が
なんで写真を突きつけられても中国人の食人い慣習を
認めないんだ
世界で中国の食人い慣習は隠しようのないな真実とされている

423 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:21:36 ID:KzY2LPia
つか中国の人喰いって普通に有名でしょ?
いちいちググるまでもないしググれば簡単に出てくる
わざわざ疑う人間って無知なの?

424 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:23:38 ID:/3ESAof1
>>421
君の主張は
「マギーは16ミリの大型オープンリール映写機を三脚に固定して<<<隠し撮り>>>をした」
だろ。俺は君がこの発言をしてくれたほうが言いからそれを認めるし.君の主張も
ここから変わらないだろ。これで決着が着いているのに、わけのわからん「証言」など
レスつけないでくれよ。

ID:BDj1h8mmの主張:
「マギーは16ミリの大型オープンリール映写機を三脚に固定して<<<隠し撮り>>>をした」
これでFA。

425 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:26:03 ID:6MYXCE2Z
>「マギー・フィルム」は世界的に
 南京大虐殺の証拠の一つとして認識されていますけどな・

全く認識などされていない 特殊な集団の世界だけですわ 
何にも移っていないフイルムを証拠として認識なんぞあんた
それは妄念としての世界しか考えられませんなw

鯨を守ろうとして人を傷つけるような特殊な世界の人しか
そんな異常な発想を正気で人に言わない


426 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:29:31 ID:1zcrMYef
ウヨはなぜこんなに疑心暗鬼になってしまったのでしょうか?

もう、なにも、シンジラレナ〜イ!by ウヨ

427 :のすとらだますの予言:2007/02/10(土) 22:30:10 ID:TDh8KXhx
>>422
右翼団体の構成員w。
右翼団体の構成員は世間知らず。

中国人の共食いの習慣など三国志など歴史を知っている人間なら誰でも知っている。
それを南京大虐殺と結びつけて実際にあったことを伝える者を誹謗する。
右翼団体の構成員は全く知能指数ゼロだなwww

では、南京大虐殺の写真をつきつけられても捏造だと吼えるお前ら右翼の心理は???


428 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:31:48 ID:BDj1h8mm
>>426
ま、知らないほうが幸せという事もあるのでしょ。

429 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:32:17 ID:UIP5bvXZ
〓〓すぐに「陰謀だ!陰謀だ!」と叫ぶ人間の病理〓〓

妄想性人格障害者の特徴
http://www.fuanclinic.com/byouki/a_04.htm

【疑い深さ】
明白な妄想症の徴候は疑い深いことです。妄想性人格障害の人は世間を敵に回して
見ていますから、いつも警戒しています。「○○の陰謀だ」と考えずにはいられません。

【敏感性】
ちょとした侮辱にも気づき、何も企てられていないのに反応します。その結果、彼らは
常に防衛的・敵対的となります。ささいなことでも自分の落ち度を決して認めません。
なにごとにも責任をとろうとせず、軽い助言さえも聞く耳を持ちません。
一方、他人に対してはたいへん攻撃的です。

【冷淡無情】
妄想性人格障害の人は、論争好きで譲歩する事を好まず、他人との情動的な関係を
嫌います。彼らは冷淡で、人と親しく交際しようとしません。彼らは自分の合理性と客観性に
プライドを持っています。妄想性人格障害の傾向のある人生観を持った人が、専門医を
受診することはほとんどありません。彼らは、本来、助けを求めることは嫌いなのです。

【妄想性・偏執性】
現実には即しない間違った頑迷な信念です。訂正することをかたくなに拒絶します。
彼らの妄想は、同じ社会に暮らす別の人にはなかなか理解を得られません。

430 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:33:42 ID:6MYXCE2Z
>>426
負け惜しみにも何もなっていないな ウヨ!と喚くだけじゃお前が惨めになるだけ
もっと勉強して来ないといつまでも馬鹿にされるだけ
しかし勉強すればするほど南京事件の真相はお前の妄想とかけ離れていく



431 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:34:39 ID:HRFboE/5
昨日の番組が余程堪えたようで
なんか半狂乱になってる人々が増えたな

432 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:36:50 ID:/3ESAof1
>>430
アホはほっておきましょう。馬鹿な発言をすればする程自分たち
在日鮮人工作員の立場が悪くなることがわかっていないようなので、
泳がせておいた方がこちらはやり易くなるよ。

433 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:37:53 ID:LEy93z3Q
あの番組を毎月再放送して欲しいな。

434 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:38:28 ID:6MYXCE2Z
>>427

捏造写真だということを決定的に指摘されても本物だと吼えるお前ら中国人の心理は???

435 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:40:42 ID:/3ESAof1
>>434
彼らは中国人じゃないよ。仕事で多くの中国人を見ているが、中国人のしゃべる
日本語には癖がある。だが、彼らにはその癖が無い。

436 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:41:29 ID:BDj1h8mm
>>432
>アホはほっておきましょう。馬鹿な発言をすればする程自分たち
>在日鮮人工作員の立場が悪くなることがわかっていないようなので、
>泳がせておいた方がこちらはやり易くなるよ。
ほう・・・。また一つ意見が一致したね。朝鮮ウヨが馬鹿な発言をすればする程自分たち
>在日鮮人工作員の立場が悪くなること・・・のほうだがな。

437 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:42:22 ID:UIP5bvXZ
>>433
週に一回のほうがいいな。
毎週ウヨがイデオロギークライシス起こすのを楽しめるw

438 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:44:26 ID:1zcrMYef
>>428
そんなもんかもなぁ。
しかし、証人をニセ証人というなどとのたまうのは許せん。
ほかに、かれが幸せに自己主張できるテーマを探してあげようかな?


おいウヨ!
テーマ代えて、邪馬台国は反天皇制サヨのでっち上げ説でも
ぶち上げたらどだ?
邪馬台国が九州にあったという「史実」が実証されれば、
わが国の王統の正当性がやばくなるぞ?

439 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:45:28 ID:LEy93z3Q
>>437
NHKは番組制作費がなさそうだからアレで穴を埋めればいいね。

440 :のすとらだますの予言:2007/02/10(土) 22:48:04 ID:TDh8KXhx
>>434
<決定的に指摘されても

おまえ、それで日本人の代表づらすんなよ。ボケ右翼。
お前のような街のチンピラ風情が日本人を語り大変迷惑している。
中国人と決め付ける証拠はw?
中国人の使う文法や発音にはクセがあるからな。


441 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:51:39 ID:6MYXCE2Z
>>438

>わが国の王統の
お前の国の李王朝なんかもともと高麗を裏切った明の僕
毎年明に牛3千頭美女(居たかどうか知らんが)3千人貢いでいたんだろう
正当性も糞もあるかいな

442 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:51:43 ID:BDj1h8mm
>>438
そんなもんかもなぁ。
ま、ネット=裏社会でいくら暴れても構いませんケドね。
しかし、証人をニセ証人というなどとのたまうのは許せん。
同感ですね。証拠もなしに被害者を貶める行為は「言論の自由」ではなく
明らかに犯罪(名誉棄損)ですよ。
>ほかに、かれが幸せに自己主張できるテーマを探してあげようかな?
かれが幸せに自己主張できるテーマは大抵世の中に迷惑をかけるものばっかりっすよ。

443 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:52:26 ID:tzJskRXF
なんせ年何回かは再放送した方がいいね。
靖国の就遊館でも強制的に流させるとか。アホウヨの再教育には
このくらいやらんとでめでしょ。

444 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:55:53 ID:BDj1h8mm
おっと、すみません。442の修正
442 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:51:43 ID:BDj1h8mm
>>438
>そんなもんかもなぁ。
ま、ネット=裏社会でいくら暴れても構いませんケドね。
>しかし、証人をニセ証人というなどとのたまうのは許せん。
同感ですね。証拠もなしに被害者を貶める行為は「言論の自由」ではなく
明らかに犯罪(名誉棄損)ですよ。
>ほかに、かれが幸せに自己主張できるテーマを探してあげようかな?
かれが幸せに自己主張できるテーマは大抵世の中に迷惑をかけるものばっかりっすよWWW

445 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 22:56:35 ID:1zcrMYef
>>430 その他
えぇ!?織れがあほだって!?
そう言う前に、昨日、盛れが出した宿題の答えわかった?

>>288
だれが捏造だと証明したのでしょうか。
1 西中野外道
2 東中野修道
3 南中野極道
4 北中野邪道

446 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 23:00:47 ID:6MYXCE2Z
歴史をイデオロギーで検証してはいけないよね
ウヨ ウヨ!と喚いていては特殊なイデオロギーの
持ち主が論理破綻したとしか見られませんよ
見苦しいし幼稚 何の益にもならないからやめたほうがいい
馬鹿 馬鹿とヒステリックに書く人も日常ほかの何かで
フラストレーションがたまっていてガス抜きしているんでしょうが
あまりにも子供じみてみっともないから止めたほうがいいと思いますよ

447 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 23:04:19 ID:1zcrMYef
>>441 邪馬台国は朝鮮半島にあった!という主張か?

>>444
>かれが幸せに自己主張できるテーマは大抵世の中に迷惑をかけるものばっかりっすよWWW

そういうやり方でしか社会と関係を結べない。で、えと
ナースのお仕事がクライマックスなので、続きは後ほど(いらんか?)

448 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 23:12:20 ID:6MYXCE2Z
>彼らは中国人じゃないよ。

という事は頭に大きな荷物を載せて乳房丸出しで歩いている3拍子の音楽が
好きな国か

449 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 23:19:29 ID:1zcrMYef
>>446
>歴史をイデオロギーで検証してはいけないよね
正しい。南京大虐殺否定論者は、イデオロギーを濫造し、
現実を隠蔽している。

>特殊なイデオロギーの持ち主が論理破綻したとしか見られませんよ
さて、「イデオロギー」をどのような意味合いで使用しているのか、説明
してもらおか。



450 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 23:25:56 ID:1zcrMYef
さて、ナースのお仕事は、期待通りのアホなオチでおわた。
で、えと、何だっけ?

451 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 23:32:17 ID:6MYXCE2Z
>>327

特殊なイデオロギー

思想・を優先して事実を判断しようとする集団 理性のかけらもなく論破されると 馬鹿とか あほ ウヨと
ただ意味もなく喚くひとたち

南京事件については事実だけをひたすら検証し 事実だけを知りたい人を むやみに敵対する癖がある


452 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 23:34:16 ID:6MYXCE2Z
>>449の間違いや

453 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 23:38:55 ID:BDj1h8mm
特殊なイデオロギー

思想・を優先して事実を判断しようとする集団 理性のかけらもなく論破されると 馬鹿とか あほ サヨと
ただ意味もなく喚くひとたち

第一次史料を改竄してまで、「南京”大虐殺”はなかった」といい張り、
中国政府が堅持する「三十万人」や「四十万人」という象徴的数字をあげつらう心ない人たち

と訂正したほうがいいでしょうWWW

454 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 23:40:45 ID:6MYXCE2Z
>馬鹿とか あほ サヨと
 ただ意味もなく喚くひとたち

このスレでは見かけないね

455 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 23:44:06 ID:BDj1h8mm
>>454
>このスレでは見かけないね
そう?過去ログでも見ればいいんじゃないですか?


456 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 23:45:13 ID:6MYXCE2Z
>第一次史料を改竄してまで

第一次史料てなに教えて 貼り付けて

457 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 23:49:42 ID:6MYXCE2Z
>そう?過去ログでも見ればいいんじゃないですか?

粘着しているのは理性も 知性のかけらもない 
ヨ!ウヨ!と喚いている人だけということですか


458 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 23:51:39 ID:BDj1h8mm
一等史料 史実の発生当時、同所において責任者が自ら作成した文書類で、例え
ば当該責任者の日記・書簡・覚書の類。

二等史料 史実発生当時の同所に、最も近き場所、最も近き時、又は同じ場所で
時間が幾分異なるもの、又は時が同じで、場所が幾分異なる所で、責任者が自ら
作り上げた報告とか、日記・遺言・覚書・追記類の如きもの、ないしは後日に作
り上げた日記とか、随筆類の如きがこの中に入るのである。例えば当事者が後日、
暇を得て作成した文書類などがそれである

ちなみにこれは↓
第一次史料を改竄してまで、「南京”大虐殺”はなかった」といい張り
は否定派の田中が一等史料である松井日記を改竄した事を指す。

459 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 23:57:03 ID:BDj1h8mm
参考資料
「史料」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B2%E6%96%99


460 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 00:01:33 ID:L+h74N/k
従って否定派はよく「日記」は証言だから信用できないと言い張るところをよく
見ますが・・・はっきり言って無知も甚だしいですよ。
第一次史料だっつの!

461 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 00:06:08 ID:zq+F9/Ww

映画「南京の真実」、ついに製作決定へ

■何故報道しない 日本のマスコミ!!(H19.1.30)■
http://www.youtube.com/watch?v=x7aBGloec0U&mode=related&search=


462 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 00:11:17 ID:ADbyzfei
>否定派はよく「日記」は証言だから信用できないと言い張

日記は公文書でないからね 証拠力としては信用性が公文書に比べて劣るのは事実だね
それで実際は便衣兵以外の民間人が何人殺されたといってるの
俺は否定派とか肯定派とかレッテルは貼られたくないの 客観的 中立的にみて真実が
検証されたらそれでいいのよ 北京政府の政権維持のプロパガンダに影響されたくないからね

463 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 00:17:13 ID:L+h74N/k
>日記は公文書でないからね 証拠力としては信用性が公文書に比べて劣るのは事実だね
私は別に証拠力強弱を言っているのじゃありませんよ。日記は第一次史料という事実を言ったまでですよ。
>それで実際は便衣兵以外の民間人が何人殺されたといってるの
はっきり言ってその計算は不可能でしょう。おそらく永遠に。これも事実です。
タイムマシンでも開発しない限りに無理ですね。
>俺は否定派とか肯定派とかレッテルは貼られたくないの 客観的 中立的にみて真実が
>検証されたらそれでいいのよ
同感です。しかし政府のおかげで日本側記録(公文書など)3分の一が公開されていない以上。
より真実の検証は大変難しい。

464 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 00:19:38 ID:L+h74N/k
463の訂正
×しかし政府のおかげで日本側記録(公文書など)3分の一が公開されていない以上。
より真実の検証は大変難しい。

○しかし政府のおかげで日本側記録(公文書など)3分の一位しか公開されていない以上、
より真実に近づく検証は大変難しい。


465 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 00:27:12 ID:ADbyzfei
>真実の検証は大変難しい。

中国政府の主張していることは根拠が乏しいということですね
民間人が戦争に巻き込まれて大勢が犠牲になるというのは
よくあることですね。東京大空襲とか広島、ベトナム、イラク、アフガン
日本軍が行ったといわれる民間人の殺戮はおよそどのような規模
と第一次資料では検証されているのですか


466 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 00:34:44 ID:ADbyzfei
>政府のおかげで日本側記録(公文書など)3分の一が公開されていない以上。
 

中国政府も客観的に見て信用にたる1次資料を公開して事実の検証し
それを主張しているのでしょうか 

467 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 00:42:11 ID:L+h74N/k
日本の不法行為だけが一方的に取り上げている事に対しおそらく私も貴方と
同意見です。よく同じような規模の虐殺はほかにもあるとかあるいは日本の
不法行為は他の国よりマシだとか言って自慰の対象にする人もいるようですが
・・・私はそうは思いません。ほかの事例もあるとか日本の不法行為は他の
国よりマシと言っても日本の不法行為自体が消えがたい事実であると認識する
べきたと思います。ほかの国よりマシだとか或いは少数だからと言ってその行為
自体は正義な行為ではないでしょう?私は秦氏の>>5見解を支持します。


468 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 00:45:14 ID:L+h74N/k
>中国政府も客観的に見て信用にたる1次資料を公開して事実の検証し
>それを主張しているのでしょうか 
違います。

469 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 00:55:29 ID:ADbyzfei
俺は南京事件そんなに関心もなかったし詳しくはない
松井日記というものに目を通してみたが何一つ民間人の
大量虐殺をうかがわせるようなことは書いていないではありませんか
ソ連軍が第二次大戦で行ったとされる婦女子への暴行殺戮に比べたら
整然と規律が保たれているといってもいいのではないでしょうか

http://www.geocities.jp/yu77799/49nin.html

。一般市民については、そもそもスマイス調査が、原因が日中いずれであるかを問わぬ
「戦争被害調査」であるから、死者には戦闘の巻添え、中国軍によるもの、日本軍による
ものが混合しているものと見て、不法を死者一万六千の三分の一から二分の一とすれば
、五千から八千になる。以上軍民の合計は一万三千から一万九千である。

http://www.geocities.jp/yu77799/giseisha.htm

肯定派といわれる人はこれを南京事件の真実に近いと主張し
否定はといわれる人たちは50人前後と主張しているのでしょうか


470 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 01:26:12 ID:IfminwPR
>>458
>一等史料 史実の発生当時、同所において責任者が自ら作成した文書類で、例え
>ば当該責任者の日記・書簡・覚書の類。
それは間違い。書くならこうだろ。
一等史料 史実の発生当時、同所において責任者が自ら作成した事が「確認されている」文書類で、例え
ば当該責任者の日記・書簡・覚書の類の内、一次性が確認されたもの。
あたりまえの話だが、日記などはその一次性の確認が極めて困難だ。
当時発表された文書や写真・映像・記録なら、証明は容易だが個人的な日記では難しいだろうな。

一次性が不明なら、一次資料にはなりえないと言うあたりまえの事を理解しておくべし。

471 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 01:39:53 ID:ADbyzfei
>虐殺はほかにもあるとかあるいは日本の不法行為は他の国よりマシだとか言って自慰の対象

こういう情緒的な表現 考えは理路整然と間違えています。人が犯した犯罪ならばその罪の大きさに
即した刑罰が与えられます。一人殺したのだから百人殺したといわれても人殺しに違いないから
100人分の罪を受けろといわれて納得できないでしょう。

何よりも事実が一番大事なのです。
戦争行為で他国より非難を受けるのならまず明らかになった事実に即した非難を受け入れ
犯した不正行為の事実についてのみ反省すべきです。
不正行為の悪質さの程度を把握するのに他の戦場でどの規模の不正な殺戮があったか、比較するのは
大変重要なことです。不正行為を非難罰するにも他の不正行為に比べて行き過ぎた非難、損害賠償を
課したのでは 課されたほうは不満不平が当然生じます。これでは不法行為はなくならないでしょう
政治の力関係 政治力によって事実が曲げられ いわれのない非難を私たちの先祖が受けないよう
しっかり事実を検証し他の戦場の事件と比較することは大事です。



472 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:18:38 ID:16URbutM
>>470
何で日記だと一次性の証明が困難で
写真や映像や記録なら証明が容易なんだ?

473 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:24:44 ID:IfminwPR
>>472
何か勘違いしているようですが、
「当時発表された」写真や映像や記録なら証明が容易と言ってるわけですよ。
つまり、少なくとも後からの捏造でないことが証明されるわけです。

日記では、そもそも後からの捏造でないことを証明することが極めて困難です。
南京の件では、その特殊性(つまり、捏造証言が多数)を考慮に入れて考えなければ
なりません。研究テーマ毎に特有の事象を考慮して研究するのはあたりまえのことです。


474 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:27:44 ID:IfminwPR
●以下の証言者・記者・作家の発言及び記述は例外なくすべて嘘であったことが確認されています。

・ 東史郎…一番有名な捏造者。原本が存在しない創作をバラまいた。中国じゃ未だに真実扱い
・ 中山重夫…段列兵の立場で虐殺目撃談を語ったがそもそも現場に居合わせるのは不可能だったことが判明
・ 富永博道…当時は学生だったのに自分は南京戦に参加し虐殺したと証言。経歴照会であっさり嘘判明
・ 舟橋照吉…東の懺悔屋成功に載せられて日記捏造。輜重兵の自分が1人で敵陣突撃し勇戦するという
 カッコつけかました仮想戦記な内容であっさり×
・ 曾根一夫…野砲連隊の二等兵だったのに、歩兵で下士官だと経歴と日記を捏造。やっぱり経歴を
 調べられて嘘と判明。懺悔屋の代表格で、あの秦教授も騙された
・ 田所耕三…強姦と虐殺を証言していたが、所属部隊が当該日時南京を離れていた事が判明。
 後に「普通の話だと記者が興味を示さないから…」と捏造を白状
・ 太田壽男…死体大量埋葬を供述書に書く。が、梶谷日記(捏造物の数々と違って原本確認できる)
 により当時証言場所にいなかった事がバレる。撫順収容所での洗脳後に書いた捏造だった
・ 富沢孝夫…海軍の暗号兵で、「南京発の松井軍司令官の虐殺を戒(いまし)める暗号を傍受・解読した」
 と証言(だから逆説的に虐殺があったという主張)。だが陸軍の暗号を海軍の知識しかない彼が解読
 するのは不可能で、おまけに証言日時には松井司令官は蘇州で入院していた
・ 上羽武一郎…「上官の命令で強姦虐殺放火をした」と証言。しかし彼は「(後方で担架運びの)衛生兵」で
 しかもそんな命令が出たという史料は一切無し

その他
秦賢助(従軍作家)、今井正剛(朝日新聞記者)、本多勝一(朝日新聞記者) 、
鈴木二郎(東京日々新聞記者) 、石川達三(作家) 、アイリス・チャン(作家・政治活動家)
ティンパーリ(マンチェスター・ガーディアン中国特派員:国民党中央宣伝部顧問)、中帰連

●捏造が確認されている史料・報道
紅卍字会埋葬記録(人数水増し)、崇善堂埋葬記録(全くの捏造)、
朝日新聞「宇和田日記」報道
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

475 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:28:58 ID:16URbutM
>>473
たとえば当時報道された映像は
後に検閲を受けたものであったことがわかったわけだが>>234
これでも映像が日記より信憑性が高いといえるか?

476 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:31:00 ID:IfminwPR
>>475
・ 太田壽男…死体大量埋葬を供述書に書く。が、梶谷日記(捏造物の数々と違って原本確認できる)
 により当時証言場所にいなかった事がバレる。撫順収容所での洗脳後に書いた捏造だった
原本確認できない日記より、はるかに信憑性があるでしょう。

477 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:32:33 ID:16URbutM
>>476
検証不可能といっておきながら、現にこういう捏造例(捏造だとして)
がわかるんだから、このような捏造が確認されてないものは
真実と判断してよいことになるな。

478 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:35:34 ID:IfminwPR
>>475
それと、単体の映像即証拠などと誰も言っていませんよ。
写っているものが、他の写真、映像などと同様な事を示しているか、
また、公式な資料はそのことを示しているかも重要な材料でしょう。

ただでさえ映像や写真、記録と合致しない証言など採用されないのですが、
こと南京の件においてはあまりにも捏造証言が多く、なおさらです。
ましてや原本の出てこない日記などでは。

479 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:37:48 ID:ADbyzfei
>それで実際は便衣兵以外の民間人が何人殺されたといってるの
 はっきり言ってその計算は不可能でしょう。おそらく永遠に。これも事実です。


日記で何人殺されたと書いているか聞いているのに不可能とはどういうことか
サイトを見れば49人とか57人と書いてあるじゃないですか

一等史料でほかに大量虐殺を示唆するようなものはないのか
あればぜひ教えてほしい

村瀬写真というものも昨日初めて見たがあれでは中国側が殺したのか
日本軍殺したのか兵隊の屍骸か 民間人のものか何一つ判明しない
川に大量の遺骸が存在すること以外は何の事実も証明していないと思う


480 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:39:34 ID:IfminwPR
>>477
原本があると書いてあるでしょうが。一次性の検証を通過して認められれば
当然一次資料でしょ。

日記と言うだけで一次資料にはなり得ず、一次性の検証を通過したもののみ
認められる。つまり、原本の提示も無く検証もされていないものは一次資料と
認められません。あたりまえの事だと思うのですがねえ。

481 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:40:15 ID:16URbutM
>>478
> 写っているものが、他の写真、映像などと同様な事を示しているか、
> また、公式な資料はそのことを示しているかも重要な材料でしょう。
同様なことを示してないからといって矛盾するとは限らんだろ。
たとえば虐殺をあったことを示す証言と虐殺が写されていない
映像は、>>234の事情を加味すれば当然両立する。

そして、戦闘詳報でも陣中日誌でも個人の手記でも
「虐殺があった」ということで一致している。
仮に「虐殺を目撃しなかった」という証言があったとしてもこれは矛盾しない。

> こと南京の件においてはあまりにも捏造証言が多く、なおさらです。
あまりにも多い、というが>>474ですべてだろ?
全体の数を考えたら?

> ましてや原本の出てこない日記などでは。
日記はそれそのものが原本だろ。

482 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:41:59 ID:16URbutM
>>480
だから、>>474以外の証言はすべて、例外なく
検証を通過したわけだろ?
じゃぁ当然一次資料と認めないわけにはいかないな。

483 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:44:53 ID:16URbutM
例えば

田中義信陣中日記
歩兵7連隊 第3機関銃中隊

十二月十四日
―南京城内の市街戦
一、午前八時整列、城内掃蕩の為出発、敵最後の陣地攻撃す。
一、首都南京も遂に我軍の手に入り、あわれ八十八師軍は西門の彼方で最期を消したので有る。
一、今日の戦闘は実に面白かった。
一、支那軍の野戦病院も見学した。
一、午後九時、真黒暗の城内市街を約二里半位帰隊行軍。
一、支那軍の屍は山を築き、血河をなして、兵器は皆捨て、馬はすて、道路上は実に無残なる近影で有る。
一、五百余名の支那軍捕虜兵を第八十八師の営庭で銃殺及び刺殺。
----
内容は気にしなくてもいい。
この証言に何か瑕疵があるか?
ほかの証拠との矛盾があるか?

484 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:48:22 ID:IfminwPR
>>481
>たとえば虐殺をあったことを示す証言と虐殺が写されていない
>映像は、>>234の事情を加味すれば当然両立する。
別に、>>234の事情を加味しなくても両立するでしょうが。証言なんて
どうとでもいえるんだから。

日本語が読めないようなので、再掲しておきますね。
> 写っているものが、他の写真、映像などと同様な事を示しているか、
> また、公式な資料はそのことを示しているかも重要な材料でしょう。

>そして、戦闘詳報でも陣中日誌でも個人の手記でも
>「虐殺があった」ということで一致している。
少しも一致していませんが。
南京戦史
http://www.history.gr.jp/~nanking/books_shougen_kaikosha.html

>あまりにも多い、というが>>474ですべてだろ?
>全体の数を考えたら?
一次性が確認された日記など、殆どありませんが。

>日記はそれそのものが原本だろ。
いいえ。検証を通過して原本であると確認されたものしか認められません。
個人の趣味なら検証など必要の無いものですが、証拠として扱うには
検証は不可避です。当然のことだと思うのですが・・・

485 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:52:29 ID:16URbutM
>>484
その、南京戦史を持ち出してくる意味がわからんのだが。
南京で虐殺があったという事実とその本は何か矛盾するのか?

> 一次性が確認された日記など、殆どありませんが。
そりゃ当然だろうな。
日記はそれ自体が原本なんだから、一時性を確認する意味なんか無い。
自分勝手に変な基準決めないでくれる?

> いいえ。検証を通過して原本であると確認されたものしか認められません。
何をどうしたらそれは”原本”として認められるの?
その方法は史学において一般的に通用してるものなの?

486 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:52:43 ID:IfminwPR
>>482
かなり頭の悪い人とお見受けしますが。
嘘がばれたものもあれば、ばれないものも当然あるわけです。
ばれないことと、真正であることが証明されることは別物です。
それには他の記録・映像・写真などとの矛盾が無いことが必須でしょう。

だから、南京の件の特殊性を考慮して考えるのは当然と言ってるのですが・・・

487 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:53:23 ID:16URbutM
>>486
じゃぁいつになったらその”嘘”はばれるの?
嘘だということを論証できなきゃ真実だ。
当然だろ?

488 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 02:54:34 ID:16URbutM
戦後いったい何年たってると思うの?
否定派がありもしない「南京大虐殺の否定」を見つけるまで
後どれだけ待てばいいの?

まぁ待つも待たないもすでに結論は出てるわけだけどな。

489 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 03:00:19 ID:IfminwPR
>>485
>その、南京戦史を持ち出してくる意味がわからんのだが。
>南京で虐殺があったという事実とその本は何か矛盾するのか?
無かったと言う証言も多数あるのですよ。
まあ、こちらは他の傍証と合わせて考えますが。

>そりゃ当然だろうな。
>日記はそれ自体が原本なんだから、一時性を確認する意味なんか無い。
>自分勝手に変な基準決めないでくれる?
何か勘違いしているようですが。証拠として提示するには原本の提示と
検証など必要無いと思っているなら止めやしませんが・・・
南京大虐殺の証拠日記などと言われているものは、すべからくその検証を
通過していないものだと言うことを知らないようですね。

>何をどうしたらそれは”原本”として認められるの?
まずは検証用に提出することが前提でしょう。それすらされていない
日記など、証拠能力はありません。

>その方法は史学において一般的に通用してるものなの?
南京の件における特殊性と何回も言ってるでしょ.
それが関係なくても、検証用に原本が提出されない日記など
証拠にはなら無いでしょう。


490 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 03:01:51 ID:IfminwPR
>>487
>嘘だということを論証できなきゃ真実だ。
>当然だろ?
やはり頭が悪い人のようですね・・・
ばれないことと、真正であることが証明されることは別物です。
それには他の記録・映像・写真などとの矛盾が無いことが必須でしょう。


491 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 03:11:20 ID:16URbutM
>>489
南京はあれだけの広さがあり、
日本軍兵士は数万に及ぶ。
当然虐殺を目撃しなかった人間もいるだろうな。

お前の言い分だと南京にいた全兵士が虐殺を目撃してないから、
虐殺は無かった、になる。
これがものすごく電波な言い分だということはわかるよな?
そしてその本の中には虐殺を目撃した証言もある。
語るに落ちてるよな。
> まずは検証用に提出することが前提でしょう。
提出?
どこに?
権威ある史学者が検証したんならそれで十分だろう。
まさかお前みたいな素人に検証させろ、なんていいださないだろうな?

>>490
> それには他の記録・映像・写真などとの矛盾が無いことが必須でしょう。
じゃ、早くやれば?
それくらい日記の原本が無くったってできるだろう。
その矛盾とやらを見つけてから否定論喚きなよ。
証拠も無いのに捏造だと喚くのを否定論者がやっちゃだめだろう。

492 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 03:21:27 ID:IfminwPR
>>491
>お前の言い分だと南京にいた全兵士が虐殺を目撃してないから、
>虐殺は無かった、になる。
あまりにも頭が悪い人のようなので、こちらは最初から証言など重視していないと
言っていることが未だに理解できないようですね。

>そしてその本の中には虐殺を目撃した証言もある。
>語るに落ちてるよな。
証言など、そんなものです。だから検証が必要だと何回も言っているのですが・・・
理解できないようですね。

>提出?
>どこに?
は?それは「証拠だ」と言っている人たちが責任もってやることでしょうが。
こんなことも判りませんか。

>じゃ、早くやれば?
>それくらい日記の原本が無くったってできるだろう。
>その矛盾とやらを見つけてから否定論喚きなよ。
>証拠も無いのに捏造だと喚くのを否定論者がやっちゃだめだろう。
映像。写真。国民党軍の記録。死体埋葬記録。特務機関報告。
日本軍の「公式な」報告書。

ちゃんと検証してますよ。


493 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 03:24:27 ID:16URbutM
>>492
> は?それは「証拠だ」と言っている人たちが責任もってやることでしょうが。
> こんなことも判りませんか。
だから、やって信憑性を認められているから
史料として認められているんだろ。

> 映像。写真。国民党軍の記録。死体埋葬記録。特務機関報告。
> 日本軍の「公式な」報告書。
>
> ちゃんと検証してますよ。
ああそう。
で、結果は?

494 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 03:34:51 ID:IfminwPR
>>493
>だから、やって信憑性を認められているから
>史料として認められているんだろ
原本が提示されてもいないのに?なかなか愉快な方ですな。
例えば海外では有料でそのような資料の検証をしてくれるところがあるし、
日本でも多数の異なる立場の研究者がいるのだから、それぞれに
見てもらえばいいだろう。

>ああそう。
>で、結果は?
ま、ここで公開しても特に目新しいものは無いね。
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1171125718/
例えば知識層の考えは上記の通りだから、これとおおむね違わないよ。
(ここでいう知識層とは、おばちゃんや肉体労働者など無関心な人を除き、
歴史問題に興味を持っている人たちのこと)

495 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 03:46:19 ID:16URbutM
>>494
で、その多数研究者が閲覧できるにもかかわらず
例えば東中野みたいな否定論者は証言を否定できないわけだ。

> 例えば知識層の考えは上記の通りだから、これとおおむね違わないよ。
何その知識層ってw
知識の微塵もみられないじゃんw
要は素人のネトウヨじゃんかw

496 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 04:05:00 ID:IfminwPR
>>495
>で、その多数研究者が閲覧できるにもかかわらず
原本をか?正気で言っているのか?

>例えば東中野みたいな否定論者は証言を否定できないわけだ。
否定も何も、テーブルにすら挙がっていない。
日本軍兵士の日記で数を計算している奴なんていないだろ。
笠原位なものか。

>違わないよ。
>>何その知識層ってw
>知識の微塵もみられないじゃんw
>要は素人のネトウヨじゃんかw
あ、そこ、普通にニュー速だからww
しかし、君が他人を見て知識の微塵もみられないと感じても
仕方ないだろうな。君のモノサシは無茶苦茶みたいだしww

497 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 04:12:02 ID:16URbutM
>>496
> それには他の記録・映像・写真などとの矛盾が無いことが必須でしょう。
これを検証するのに何で日記現物が必要なんだ?
文面を確認できればそれで十分だろう。

最も否定論者の田中みたいに原本を改竄しないのが条件だがなw

>仕方ないだろうな。君のモノサシは無茶苦茶みたいだしww
ニュー速のネトウヨを「知識層」とか言っちゃうお前のモノサシには負けるよw
プププ

498 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 07:11:06 ID:JH9wsRcr
正規兵捕虜の処刑
便衣兵捕虜の処刑
当事はそういう状況であったが、現在の価値観で見れば虐殺と言えるであろうものは↑
この処刑を否定する否定派は極々わずか。

全く持って虐殺ではないのは↓
戦闘による死体
逃げようとした兵が門に殺到し圧死した死体
これを虐殺と換算する肯定派は多数。

499 :憂国士(by教授):2007/02/11(日) 07:35:25 ID:awN2w+7S
●南京陥落当時の貴重な映像(1of5)(攻略後?検問?
http://www.youtube.com/watch?v=FMKZzZREqh8&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(2of5)(松井大将の行進・他
http://www.youtube.com/watch?v=JZQTdOfUlck&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(3of5)(演奏・戦地へ行く部隊?
http://www.youtube.com/watch?v=dS1KEvLgRUs&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(4of5)(・・・意外な。。
http://www.youtube.com/watch?v=IpYXmyAW_fw&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(5of5)(正月?モチ作り?・・後半⇒楽し
んでいる子供達
http://www.youtube.com/watch?v=r-hCB4O49ms&mode=related&search=
●南京陥落当時の貴重な映像(6of6)(?証明書作成?
http://www.youtube.com/watch?v=rV66e7xVwt4&mode=related&search=
意外であろう、虐殺の空気が感じられない。中国人の様子・・普通である・・。

特に子供の様子を見れば大虐殺など無かった事は一目瞭然である。
●南京陥落当時の貴重な映像(5of5)(正月?モチ作り?・・後半⇒楽し
んでいる子供達
http://www.youtube.com/watch?v=r-hCB4O49ms&mode=related&search=

大虐殺があったとされるその同じ場所で子供がこんなに無邪気に遊べるだろうか

肯定派が何とかしてあった事に捏造するために偽論に血眼になるのも頷けるというものである。



500 :憂国士(by教授):2007/02/11(日) 07:36:52 ID:awN2w+7S
★★★【南京大虐殺】
●ニューヨーク・タイムズ昭和13年1月4日
南京の金陵女子大学に避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、
逃亡中の大佐1名とその部下の将校6名をかくまっていたことを発見し、心底から当惑した。
実のところ教授たちはこの大佐をそのキャンプで2番目に権力ある地位につけていたのである。
この将校たちは支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中にライフル6丁と、ピストル5丁、砲台からはずした機関銃1丁に、
弾薬をも隠していたが、それを日本軍の捜索隊に発見されて、自分たちのものであると自白した。
この将校たちは南京で略奪したことと、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、
その翌日には日本兵が襲った風にしたことを、アメリカ人たちや他の外国人たちのいる前で自白した。
この元将校たちは逮捕された。戒厳令に照らして罰せられ、おそらく処刑されるであろう。
●チャイナ・プレス1月25日
12月28日までに、将校23名を含む1575名が安全地帯に機関銃やライフルを隠して潜伏しているのを摘発された。
その中には南京平和防衛軍 Nanking peace preservation corps 司令官王信労(ワン・シンラウ 音訳)がいた。
彼は陳弥(チェン・ミイ 音訳)という偽名で国際委員会の第4部門を率い、3人の部下とともに「略奪、扇動、強姦にたずさわった。

以上は正真正銘、当時の南京の紛れもない真実の有様を伝えた
2大プレスの記事のを含むである。ここに真のジャーナリズムが在る。
これを見れば、隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、
あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける【>>166>>188>>189>>190>>196】のごとき
蒙昧の輩らの『他愛無い姑息な偽論』などは言うに及ばず、『所謂南京虐殺』を肯定する如何なる
映像・文書等各種伝達媒体を労した欺瞞工作なども、最早、単なる茶番でしかない。



501 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 07:50:28 ID:P6Umqy3T
今回も否定派のいい加減さがわかっただけでしたねw

502 :憂国士(by教授):2007/02/11(日) 08:06:39 ID:awN2w+7S
先日のNHK放送の芸術作品とやら、全く予想通りのお粗末映像で子供だましのジャーナリズムである。
文化祭レベルの幼稚な構成にあきれたが、やはり誰かに媚を売ろうとして作ったものは
客観性にかける恣意的で独り善がりの幼稚な作品となってしまう様である。大人の目で見られた方には申し上げるまでもないが、
あの映像の何処に芸術性があるというのであろうか、単なる独り善がりの恣意性に芸術大賞とは、文化庁もご大層な張りぼて看板を
おっ建てたものである。まあ、文化庁の役人の頭の中など所詮はこの程度のママゴトしかできない箱庭の住人のものである事がよくわかる
出来事ではあった。
『日中戦争は如何にして拡大したか』など尤もらしいタイトルをつけてはいるが、その真相を全く描かず単に子供だましの
傍論に終始している有様は滑稽でさえある。

 特に中国側の証言ばかりを多く集め・日本側の証言としては事の大局を知る由もない一兵卒の証言のみで『単なる虐殺みたいな雰囲気』を印象付けるイメージ誘導
にしかなっていない当時の南京事情の伝え方などは公平な立場で日本側の証言も集めれば
反証続出である。さらにソ連が日本を脅威として中国に武器援助したなどという
あきれ果てた単純思考は最早、公器としてのマスメディアのレベルではない幼稚さ・お粗末さである。

文化祭レベルの放送クラブが一生懸命作り上げ、文化庁という左翼思想に幼稚に囚われた集団が茶番の
芸術作品のレッテルを貼り付けた恣意的映像以外の何物でもない本日のNHKの放送は一体どのような意図で
対中媚を画策下のだろうか。

それでは、先ず放送で伝えられた日中ソの関係の子供だましを暴いていこう。

503 :憂国士(by教授):2007/02/11(日) 08:13:19 ID:awN2w+7S
>>502つづき
「偽装右翼」の実態〜 「右翼」の仮面をかぶったマルキスト 〜
●スターリンは、日本軍を正面の蒋介石軍と戦わせ、これを叩きつぶさせた後、跡はそっくり背後の中国共産党軍がいただくという計画を練っていた。
これはスターリンの「砕氷船テーゼ」と呼ばれるもので、日本を「砕氷船」に見立てての謀略であった。
日本には蒋介石とは決して和解しないように対日工作し、同時に中華民国に対して対日徹底抗戦をするように仕向けた。
このため日本の中に数多くのマルキストを忍び込ませ、政界や軍の内部に影響を与えてこれをコントロールしたのであった。

●『朝日新聞』をはじめとする「右翼」の仮面をかぶったマルキスト=「偽装右翼」たちは、「蒋介石討つべし」などと超愛国主義的論調で「対中国強硬論」を叫んだ。
彼らは日本と国民党政府の和平工作をあらゆる方法で妨害し、日本を大陸に深入りさせ、一方ではシベリアには進出させないで、
対米戦争へと導いた。(要するに、日本に大陸(中国)と海洋(英米)の両面作戦を強い、その戦力を消耗させて日本敗北を画策したのであった)。

●近衛首相に影響を与え続けた後藤隆之介の「昭和研究会」は、風見章、尾崎秀実、西園寺公一などの左翼グループによって運営され、
石原莞爾の「東亜連盟」も結局、「偽装右翼」によって支配された。
その結果、ドイツ中華大使トラウトマンや在華米人スチュアート、石原莞爾、民間系統などの「対中国和平工作」は
あらゆる努力にもかかわらず、ことごとく失敗したのである。


邪魔になった石原莞爾を林銑十郎に進言して仙台から参謀本部に転補させたのは、敗戦後の日本政治の黒幕となった麻原謙三である。
「東亜連盟」の真の目的は、蒋介石を盟主、日本をアメリカの一州とし、ソ連がアジアを支配することであった。

●宇垣内閣が流産したのは、ゾルゲ系【リヒャルト・ゾルゲ。ソ連のスパイ。】
の秘書による工作であり、日華事変を引き起こした林銑十郎内閣の成立もコミンテルンの麻原謙三と十河信爾が密着して行なった結果である。

続く【以上は左翼色の強い日本のメディアなどが決して公表する事のない真の歴史『歴史の真実』である。
ソ連こそがアジア全体の脅威であった真実を決して忘れてはならない。】

504 :憂国士(by教授):2007/02/11(日) 08:15:08 ID:awN2w+7S
>>504つづき

「ゾルゲ事件」で日本を破滅に追いやった尾崎秀実【おざき ほつみ/ソ連のスパイ。『朝日新聞』の記者】は、
日本を砕氷船に仕立てるためにソ連のエージェントとして多大なる功績を残した。尾崎は終始「対中国強硬論」を吐き、
「対米開戦論」を最も強く叫び続けた。
尾崎は「昭和研究会」の席上で、「支那の動脈を叩き続け、最後にはビルマ・ルートまで叩くべし」と雲南省まで進撃する積極論を展開し、
事変不拡大を唱える石原莞爾に「何の根拠があってそのようなことを言うのか!」と一喝されている。

 【尾崎秀実(おざき ほつみ)】
『朝日新聞』の記者として活躍。尾崎秀実は、近衛文麿政権のブレーンとして、
政界、言論界に重要な地位を占め、また、軍部とも密接な関係を持ち、日中戦争当時の政局の最上層部で
活躍した。「アジア共産化」を目的とした数々の謀略を実行し、「ゾルゲ事件」で逮捕され、処刑された。



505 :憂国士(by教授):2007/02/11(日) 08:16:40 ID:awN2w+7S
>>504つづき

●京都大学教授の中西輝政氏は、次のように述べている。

(※ この意見に対して異論反論あると思うが、参考までに紹介しておきたい)

『今明らかになりつつあるのが、昭和の戦争の主役であった日本陸軍、参謀本部や陸軍省にソ連や中共の工作員が多数潜入していたということである。
たとえば盧溝橋事件直後に拡大論を唱えて、石原莞爾と対峙しつつ日中戦争の泥沼に追いやった勢力がある。
彼らは同時に日独伊三国同盟を推進することによって日米分断と連合国陣営の形成を事実上促し、さらには『南部仏印進駐』を推進して日米開戦を惹き起し、
それによって『社会主義の祖国』ソ連を守ることに成功した。この背景にはコミュンテルンの工作があったことはほぼ証明されているが、
その具体像はこれから歴史家が明かすことになろう。』

『近衛・東條の両内閣を通じ、国策の大きな方向づけをしていった『昭和研究会』などに結集していた知識人グループこそ、
故意に敗戦を導いたという点で最も重い戦争責任を負うべき日本人ではなかろうか。
田中慎次郎や西園寺公一、犬養健といった、ゾルゲ事件で検挙された人たちの調書や行動をもう一度検証する必要がある。
さらには、ゾルゲ・尾崎らの逮捕前後に近衛内閣が崩壊したことの再検証も重要課題である。
近衛内閣が、盧溝橋事件の奇妙な戦線拡大と共に、昭和15年7月の第二次内閣以降、日独伊枢軸の強化、仏印進駐、南進論にのめりこんでいく背後に何があったのか。
近衛は後に『見えない力にあやつられていたような気がする』(『近衛上奏文』)と述懐しているが、その『見えない力』こそが、『コミュンテルン工作員』だったのではないか。
あるいは昭和17年の陸軍省軍務局の大規模な人事異動により、東條体制に不可欠な、武藤章や田中新一ら──彼らは先に挙げた拡大派であり三国同盟推進派でありかつ南進派だったのが─
─なぜ唐突に中央から遠ざけられ南方に送られたのか。ジャーナリストの中にも『日本のデュランティ』ともいうべき人物がいたのではないか。
そういった『歴史の闇』に日本の歴史家はもっと目を向けるべきだろう。』


506 :憂国士(by教授):2007/02/11(日) 08:31:17 ID:awN2w+7S
 隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続けるのごとき蒙昧の輩らの忌々しき欺瞞によって捏造された
『所謂南京大虐殺』という《無実の烙印》が我々の子孫、若い世代の将来に与える悪夢が遠い将来の物でなく既に現実の物になっていることに次の世代を担う若き憂国士の方々はお気づきだろうか。

それは最近多発し益々凶悪化する外国人犯罪、特に北京オリンピック以降さらに激化する事が確実なアジア系外国人の犯罪にみられる、彼らの言い分

『数々の侵略や虐殺の罪を犯した日本人は罰せられなければならない、今の日本人は鬼の子である、そんな日本人にはどんな残虐行為でも何でもしてもよい、自業自得だ!我われは悪くない。先祖のカタキを討ってやっているのだ』

と言う都合の良い犯罪者の言い分を正当化する材料として既に充分効果的に『捏造された南京事件』が利用されている事実である。

『そのように大量のシナの市民を殺しているのだから、日本の市民も大量に殺してもよい、
仮にそうなっても自業自得である』と言う論理、あるいは心理が、後の東京大空襲や原爆投下による無抵抗な市民の大虐殺を正当化する論理・心理の大きな後ろ盾になり、
今また凶悪化し激増の一途をたどる外国人犯罪者の凶悪犯罪を正当化する論理・心理の格好の後ろ盾になっているのである。

彼ら曰く『日本人になら何のためらいも無くどんな残虐行為でも出来る。なんとなれば、俺たちは日本人は残虐な鬼であるとずっと教わってきたしそれに何の疑問もない、
だから奪っても良いし一家皆殺しにしてもいい、日本人になら何をしたって良心なんか痛まない』

これが、日本にとって如何に忌々しき事態かお解かりいただけたであろうか。
 

507 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/11(日) 09:37:26 ID:wotI8NPV

そもそも、便意兵を使った虫国が悪いんだな。捕虜を処刑しなければ、

日本は、襲われて壊滅的打撃を受けていた可能性もある。それを日本は恐れたわけだ。

捕虜と言っても、牢屋に入れていた訳じゃないから。。。

おとついのNHKの最後の日本が殺した虫国人は、1000万人と言われている。

ねつ造だな。なんで、1千万も、どうやって殺すんじゃんぼけが。

虫国兵がたとえ、100万も居たら、日本は勝てるか、木瓜が。

。。



508 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 09:43:14 ID:LeN/qXFJ
つーか1000万殺害する労力って気が遠くなるんですけど・・・・
どんだけの人数と弾薬があれば可能なのか考えたことはあるんだろうか?

509 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 09:57:57 ID:2/lcZoAi
IfminwPRさん
がんばってるとこ悪いんだけど
474の発言で東中野と田中が抜けてるよ


510 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 10:20:30 ID:GeJ1WK4G
>>469
>松井日記というものに目を通してみたが何一つ民間人の
>大量虐殺をうかがわせるようなことは書いていないではありませんか
話の論点が違うのでしょう?それを言うならば、じゃナゼ
「大量虐殺をうかがわせるようなことは書いていないではありませんか」の日記
を改竄をしたのですか?「大量虐殺をうかがわせるようなことは書いていない」だとすれば
堂々とありのままに出せばいいんじゃありませんか?詰まる所、改竄しなくては
南京事件を否定できなかったからでしょ。
>こういう情緒的な表現 考えは理路整然と間違えています。人が犯した犯罪ならばその罪の大きさに
>即した刑罰が与えられます。一人殺したのだから百人殺したといわれても人殺しに違いないから
>100人分の罪を受けろといわれて納得できないでしょう。
私は貴方の考えを否定するつもりはないが、貴方にも私の考えを否定する権利がありません
それでいいのです。人間は皆考え方が違うのですから。ただし一人殺したのだから百人殺した
は人数が差があっても「殺人行為」をしたという事実には一分の間違いもありませんと。
一人だろうが百人だろうが、人間一人の命と人生を奪った事には違いはないじゃ
ありませんか?最高の罰が「死刑」ですから単位が千人単位を超えれば多かろうと
少なかろうと裁判になったら「死刑」になりますよ。

511 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 10:25:12 ID:GeJ1WK4G
>>509
ついでにその追加リストに小林よしのりと松村俊夫も入れてください。

512 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 10:33:19 ID:2/lcZoAi
田中なんて20何年か前にぽっとでてきて
幻論ぶちあげて
一時脚光を浴びるもほとんどでたらめなのがばれて
あっという間に消えた印象だったのに
活字というのは燃え残った火みたいで怖いね
知らない人間がそこだけ読んで信じてしまう
改竄箇所を警察の監視の下
すべて墨塗りさせるべきだったかも知れない

513 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 10:35:07 ID:GeJ1WK4G
否定派はどうして身内のデタラメを否定しないのでしょうか?
小林よしのり
このサイドで参考してください。
http://homepage3.nifty.com/hirorin/nankinb01.htm
松村俊夫
南京事件被害者の李秀英さんを偽者だと断定し、裁判で「私の推測です」と
あっさりと根拠がないこと告白し敗訴した捏造否定派。

514 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 10:51:12 ID:vFFLlgng
肯定派はどうして身内や中国の嘘、捏造について批判しないんでしょうか


515 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 10:54:49 ID:ADbyzfei
>>510

南京事件に関しては捏造資料が多くかえって真相を判りにくくしていますね
だから改ざん前の日記に目を通してみたのですが50人前後の不法殺人が
行われた。戦場において起こりがちな不法殺人、略奪、暴行をが起き
規律が乱れるのをるのを憂慮している日記ですね。

一人を殺したのなら殺人に変わりないから100人でも殺人に変りがないなんて
あなたのような乱暴な考えでは検証そのものが全く意味を成しませんね
あらゆる戦場で残酷な暴行略奪が行われた事は事実です 南京も規模に関係なく
その中の一つに過ぎないと評価されてることになる。それでいいのですか

戦場では平常では考えられない事、創造を逸する残酷なことが
行われがちです これは日本兵に限ったことでなく中国、アメリカ、ソ連
ドイツ、どこの兵隊でも 戦場でも起きた事です
戦場に娼婦を伴わなかった唯一の軍隊、ソ連兵の暴行略雑はすさまじいものが
あったといわれています。

日本兵が南京で犯した残虐行為が通常戦場で起こりうる事件のうちどの規模で
行われたか正当に評価するのはだいじです
国際的機関が5千人とか8千人の不法な殺人が日本、中国の軍隊によって
おきたといっているのならその不法殺人について日中両国政府の関係者が
責められるべきです 
検証も証拠もない規模の大量殺戮を既成の事実みたいに政治的圧力
特殊な政治勢力によって認めるようなことがあっては祖先に対しても
将来のわが国民に対しても 取り返しの付かない過ちを犯すことになる


516 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/11(日) 11:04:50 ID:wotI8NPV

日本人の発言は、嘘でないと仮定すれば、自分でやったことを、人がやったと言ってると、
人のせいにして逃げていると想像する。

NHKで、川に逃げた捕虜をを一人切ったと言ってた日本人が居たが、
たった、一人ではあるまい。追いかけていって切ったわけだしな。

逃げたら、やっぱ、殺されるだろ。イラクで捕虜が逃げたら、やっぱ撃つだろ。

今の中国でも、警察の制止を聞かずに逃げたら、撃たれるな。
ま、チベットのひとは、逃げなくても虫狂から撃たれてるが。。。

。。

517 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:07:37 ID:ADbyzfei
>松井日記を改竄しなくては 南京事件を否定できなかったからでしょ。

松井日記のどこの部分でしょう 私が原文を読んだところでは 改竄しなければ
大虐殺を認めてしまうようなくだりはなかったように思いますが

わたしは一昨日からこのスレに来たばかりで南京事件の資料について詳しくは
ありません。松井日記といわれるものの中でどの部分を改竄しなければ南京事件の
大規模な不法殺戮を否定できないという部分なのですか
出来たら原文をコピペしてください

         

518 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:07:55 ID:wotI8NPV

戦後、ドイツ人女性は、30万人ぐらい強姦されたんだな。

。。

519 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:14:55 ID:GeJ1WK4G
>>515
>行われた。戦場において起こりがちな不法殺人、略奪、暴行をが起き
>規律が乱れるのをるのを憂慮している日記ですね。
何度でも言いましたが、それでも日記を改竄したという事実には変わりませんよ。
>一人を殺したのなら殺人に変わりないから100人でも殺人に変りがないなんて
>あなたのような乱暴な考えでは検証そのものが全く意味を成しませんね
乱暴な考えではなく事実です。一人殺したのだから百人殺した
は人数が差があっても「殺人行為」をしたという事実には一分の間違いもありませんと。
一人だろうが百人だろうが、人間一人の命と人生を奪った事には違いはないじゃ
ありませんか。
>南京も規模に関係なく
>その中の一つに過ぎないと評価されてることになる。それでいいのですか
私に言ってもな・・・。あまり意味がありませんよ。ただし、加害者側はそう言っても
ただの責任逃れ或いはほかの国と対比する事で己の罪を隠そうもしくは小さく見せかけよう
とする魂胆が丸見えで、国際的な支持には得られませんよ。南京で納得させるの中国ではなく
世界だという事は忘れないでください。
>日本兵が南京で犯した残虐行為が通常戦場で起こりうる事件のうちどの規模で
>行われたか正当に評価するのはだいじです
昨日にも言いましたが公開している文書が3分の一しかない現状では無理です。
いずれにせよ。真実を追究するのなら政府に情報公開を求めるべきです。
>特殊な政治勢力によって認めるようなことがあっては祖先に対しても
>将来のわが国民に対しても 取り返しの付かない過ちを犯すことになる
特殊な政治勢力とはどのような政治勢力でしょうか?それと関係なく
貴方は貴方の研究をしそれを世界に発表し、認められればいいだけの事じゃありませんか?
私にいくら持論を言っても仕方がないとは思いますが・・・いかがでしょうか?



520 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:20:58 ID:wotI8NPV

NHKの放送でも言ってたが、自分は日本人に逆らわなかったから
殺されなかったが、逆らったじじいが殺されたって言ってたな。
そりゃあ、支配者に逆らえば、殺されるだろ。

日本が処理したのは、あくまでも捕虜であって、民間人ではない。
虫狂は、民間人を虐殺したって言ってるんだろ。

国民党(台湾人)が、日本を批判するならともかく、国民党をぶち殺した
虫狂(志那人)に言われる筋合いはないな。(・(ェ)・)y◇°°°

。。

521 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:24:17 ID:GeJ1WK4G
松井日記のどこの部分でしょう 私が原文を読んだところでは 改竄しなければ
>大虐殺を認めてしまうようなくだりはなかったように思いますが
私はいつ松井日記に大虐殺を認めてしまうようなくだりがあると言いましたのかな?
念のためにも言いますが、松井日記は南京で何かが起きたことを窺わせる記述があるのに
それをもみ消し改竄しあだかもなにもなかったように=南京事件すらなかったという部分を
創造し、それをベースに否定した事実の事を指しますね。
「十二月二十一日」

「十二月二十日、二十一日」


「十二月二十二日」「二十二日」

日記原本に日付なし。


 芙蓉版の二十一日分(下関視察)は二十日の残り、二十二日の前半(鴻で出発)
が二十一日の分、十三行目上海帰着以下が二十二日の記述と推定するが、日記原本
に二十二日の日付は無い。

 下関を視察して「狼藉の跡のままにて死体など其儘に遺棄せられ、今後の整理を要
するも」と、虐殺の暗示ともとれる記事があるのに、ここの編者注には「この記述を
みても、南京に大虐殺のありたる風も、これを関知したる風も全然ない。」と的外れ
なことが加えてあり、このように躍起になって「南京大虐殺」を否定するのは、かえって
逆効果になりはしないか。
http://www.geocities.jp/yu77799/matui.html


522 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:27:10 ID:ADbyzfei
>人間一人の命と人生を奪った事には違いはないじゃ
違いがない分けないでしょう 違いを強調したいから
南京30万人大虐殺と北京政府が主張しているのでしょう

違いがなければ事実の検証など全く必要ないでしょう
あらゆる戦場で民間人の婦女子が不法殺戮されている
「どこでもあったことさ」で終わってしまうじゃありませんか

あなたは全く何も判っていない そんな観念的なことを言っていては
真相が見えなくなる 


523 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:29:30 ID:wotI8NPV

日本は、楽して中国を支配したんじゃなく、ぎりぎりで、何とか勝ち進んだんだな。

当時の虫国に、同盟国のドイツが武器を売って金を稼いでいたとはな。

ヒトラーは、マギーの映像を見て、日本人の殺害方法を学んでホロコーストの
参考にしたんじゃないか。
アメリカで見つかったマギーフィルムは、日本批判?ぽかったけど、
ドイツに送られたドイツ語字幕の原版は、批判ではなく、
日本人のやり方を学ぶべきものとして賞賛する物ではなかったのか?

。。

524 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:30:00 ID:GeJ1WK4G
>下関を視察して「狼藉の跡のままにて死体など其儘に遺棄せられ、今後の整理を要
>するも
下関の様子
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/143photos/HTML/musi/charred.jpg
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/143photos/HTML/musi/c-77a.jpg
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/143photos/photofiles/c-138.jpg
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/143photos/photofiles/c-139.jpg

525 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:30:07 ID:ADbyzfei
>日記を改竄したという事実には変わりませんよ。

だからどの部分を改竄しなければ大虐殺を示唆することになるのですか

526 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:34:05 ID:GeJ1WK4G
>だからどの部分を改竄しなければ大虐殺を示唆することになるのですか
しつこいですよ。
私はいつ松井日記に大虐殺を認めてしまうようなくだりがあると言いましたのかな?
念のためにも言いますが、松井日記は南京で何かが起きたことを窺わせる記述があるのに
それをもみ消し改竄しあだかもなにもなかったように=南京事件すらなかったという部分を
創造し、それをベースに否定した事実の事を指しますね。
524追加
それは村瀬写真ですよ。


527 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:36:12 ID:GeJ1WK4G
>あなたは全く何も判っていない そんな観念的なことを言っていては
>真相が見えなくなる 
貴方は自分の価値観を人に押し付けるタイプのようですね・・・(苦笑




528 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:37:52 ID:wotI8NPV

やっぱ戦争だから、やるかやられるか。脳みそや内臓とか、ちぎれたからだとか、
うじまみれ成したいとか見てるから、他国の人の人権なんて、守る余裕はないな。

誰だって、当時虫国人が殴りかかってきたら、切るだろう。

今のアメリカでも、警官にバットで殴りかかったら、撃たれるな。

。。

529 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:48:38 ID:vFFLlgng
>>521
そのyuという人の反日サヨクサイトは
身内や中国がついてきた嘘や捏造を一切批判していない
それについて何かコメントを

530 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:51:49 ID:ADbyzfei
>貴方は自分の価値観を人に押し付けるタイプのようですね・・・(苦笑

価値観を押し付けているのはあなたでしょう 他の虐殺事件よりましとか言うべきじゃない
人数に関係ないとか常識では考えられない観念で事実を裁こうとしている
じゃありませんか
数十人の虐殺事件があった、捕虜、民間人合わせて一万数千人の大量殺戮が
日中両軍の兵隊の行為でで起こったというのが事実だと仮定すれば

中国政府の言う30万人大虐殺を日本の軍隊だけが行ったと評価されるのは
不当な評価でしょう
あなたは5千人から8千人の不法殺戮が日本の兵隊によって行われたのだから
30万人虐殺したと相手が主張しても殺したことに代わりがないから。事実と違っても
認めるべきというのでしょうか


531 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 11:54:00 ID:0MySaBUi
つまり、松井日記を改竄しようが改竄しなかろうが、中身の本筋にはたいして影響なかったわけだ。
そんなところに一々噛み付いてくる肯定派って、単に個人攻撃がしたかったわけ?

532 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 12:01:25 ID:GeJ1WK4G
>価値観を押し付けているのはあなたでしょう 
勘違い・人の発言を改竄してはいけませんよ(苦笑
510 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 10:20:30 ID:GeJ1WK4G
〜中略〜
私は貴方の考えを否定するつもりはないが、貴方にも私の考えを否定する権利がありません
>30万人虐殺したと相手が主張しても殺したことに代わりがないから。事実と違っても
>認めるべきというのでしょうか
私はすでに何度も言ったように私自身は南京事件の被害者は数万人位だと考えています。
それでも言わないのは加害者側がそれを主張するのがいかがなものだと思っていますよ。
 
 もしアメリカの反日団体が日本の教科書に出ている原爆の死者数(実数は今でも不明確だが)
が「多すぎる」とか、「まぼろし」だとキャンペーンを始めたら、被害者はどう感じるだろうか。

 数字の幅に諸論があるとはいえ、南京で日本軍による大量の「虐殺」と各種の非行事件が
起きた事は動かせぬ事実であり、筆者も同じ日本人の一人として、中国国民に心からお詫び
したい。そして、この認識なしに、今後の日中友好はありえない、と確信する。

(秦郁彦 『南京事件』中公新書 p244)

533 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 12:01:59 ID:ADbyzfei
>村瀬写真

これも一昨日初めて目にしました
下の文章は故意に見ないことにしました  写真に解説はいりませんからね
この写真が証明できることは男性と思われる足の長い人の屍骸ははっきりと見えます
そのほかにも多くの屍骸が川に流れてきて集まっていることが判ります。

しかし戦闘行為によって死亡したのか、中国兵によって殺されたのか日本兵によって
殺されたのか 婦女子、民間人が含まれているのかがわかりませんね

戦場で屍骸を映した写真という以上の証明力をこの写真からは求めることは
不可能でしょう。

534 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 12:07:35 ID:GeJ1WK4G
村瀬写真はあくまで証言の裏づけの一つでしかない。
日本軍は城外の下関で中国軍捕虜もしくは敗残便衣兵を処刑したという中国人
・日本軍証言者の真実性を裏付けるものである。



535 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 12:08:24 ID:vFFLlgng
>>532
>私はすでに何度も言ったように私自身は南京事件の被害者は数万人位だと考えています。
>それでも言わないのは加害者側がそれを主張するのがいかがなものだと思っていますよ。

板倉由明氏が言う「中国へ精神的服従」してるから批判できないというやつですね
事実よりもイデオロギー優先 嘘や捏造でも全部認めて謝罪しろという立場ですね



536 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 12:11:52 ID:ADbyzfei
>?加害者側がそれを主張するのがいかがなものだと思っていますよ。

たとえ加害者といえども相手方が空想的な数字を主張し政治権力の維持、世論の形成に
利用しいたずらに自政府の正当性を主張することには異議を唱えるべきですし
事実を主張し、検証して祖先のした行為を反省し将来の人たちにも伝えるべきです。

あなたは死刑囚が執行されるとき一人目の殺人は確かに俺だが2人目は俺は知らない
一人を殺したのだから死刑にされるのはかまわないが2人殺したといわれて死刑にされるのは
絶対にいやだと主張しても
 そんなこと知るか! 殺人者に代わりがないと死刑を平然と行うのですね


 


537 :憂国士(by教授):2007/02/11(日) 12:56:16 ID:awN2w+7S
★★★【南京大虐殺】
●ニューヨーク・タイムズ昭和13年1月4日
南京の金陵女子大学に避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、
逃亡中の大佐1名とその部下の将校6名をかくまっていたことを発見し、心底から当惑した。
実のところ教授たちはこの大佐をそのキャンプで2番目に権力ある地位につけていたのである。
この将校たちは支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中にライフル6丁と、ピストル5丁、砲台からはずした機関銃1丁に、
弾薬をも隠していたが、それを日本軍の捜索隊に発見されて、自分たちのものであると自白した。
この将校たちは南京で略奪したことと、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、
その翌日には日本兵が襲った風にしたことを、アメリカ人たちや他の外国人たちのいる前で自白した。
この元将校たちは逮捕された。戒厳令に照らして罰せられ、おそらく処刑されるであろう。
●チャイナ・プレス1月25日
12月28日までに、将校23名を含む1575名が安全地帯に機関銃やライフルを隠して潜伏しているのを摘発された。
その中には南京平和防衛軍 Nanking peace preservation corps 司令官王信労(ワン・シンラウ 音訳)がいた。
彼は陳弥(チェン・ミイ 音訳)という偽名で国際委員会の第4部門を率い、3人の部下とともに「略奪、扇動、強姦にたずさわった。

以上は正真正銘、当時の南京の紛れもない真実の有様を伝えた
2大プレスの記事のを含むである。ここに真のジャーナリズムが在る。
これを見れば、隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、
あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける【>>166>>188>>189>>190>>196】のごとき
蒙昧の輩らの『他愛無い姑息な偽論』などは言うに及ばず、『所謂南京虐殺』を肯定する如何なる
映像・文書等各種伝達媒体を労した欺瞞工作なども、最早、単なる茶番でしかない。




538 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 12:57:35 ID:GeJ1WK4G
>下の文章は故意に見ないことにしました  写真に解説はいりませんからね
残念ですね。貴方も所謂否定派の「都合の悪いモノは無視」というご都合主義者さん
ですね。撮影者のキャプションを根拠なしに無視するとは・・・(呆
そういうご都合主義を取る以上貴方とはこれ以上議論する意味がありませんね。
>そんなこと知るか! 殺人者に代わりがないと死刑を平然と行うのですね
一人を殺害したという事実には変わりがないからそれで死刑が確定したならば
2人目を殺害していなくとも刑が軽くなるわけでもないですしな。

東京裁判でも、松井大将に対する判決のほうは犠牲者数を十万としている。
二十万人との食い違いが気になるが、法廷は十万人でも松井を死刑にするため
には充分なので、数をつめる必要を認めなかったのかもしれない。
(「現代史の光と影」P26〜P27)

539 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 13:01:30 ID:GeJ1WK4G
これは、「王新倫」ら4人が「銃を埋めて隠していた」との密告を受け、日本軍に連行された事件
だった。外国人たちの認識によれば、「王新倫」らは中国人同士のトラブルから「ねたみ」を受け
て密告されたものであり、また銃も「王新倫」らが埋めたものではない、という。また、外国人た
ちの記録には、彼らが「反日攪乱行為」に携わっていた、という記述は一切ない。

上記の記事のうち「チャイナプレス」記事は、「日本軍憲兵隊」の「報告」をそのまま記述したもの
である。前者のニューヨークタイムズ記事も、1月 4日時点では南京残留外国人が外部に連絡をとるこ
とが不可能であったことを思えば、記事は日本軍筋の情報をソースにしたものである、と考えられる。

記事の内容を見ても、王新倫(王信労)が「南京平和防衛軍司令官」というわけのわからない役職に
「出世」しているなど、明らかにおかしな点が見られる。

常識で考えても、「日本軍の暴行」の情報に溢れていた当時の南京で、中国軍元兵士の少人数グループ
がわざわざ「犯罪を犯してそれを日本軍のせいに見せかける」などという危険きわまる「偽装工作」
を行う必要は全くない。

また仮にこれが事実であれば、「暴行の噂」に悩む日本軍はおおいに対外宣伝に利用したはずであるが、
1月24日の記者会見で「日本軍憲兵隊」の「報告」として発表した以外、記録に残る限りでは一切この件
に関する「宣伝」は行われていない。

以上を考えると、「反日攪乱工作隊」なるものが「暴行・略奪・強姦」を行い、それを日本軍の仕業に
見せかけたという説は、極めて根拠に乏しいものといわざるをえない
史料:「王新倫事件」と東中野氏の「反日攪乱」説
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3924...

540 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 13:01:34 ID:ADbyzfei
>日本兵が南京で犯した残虐行為が通常戦場で起こりうる事件のうちどの規模で
>行われたか正当に評価するのはだいじです
昨日にも言いましたが公開している文書が3分の一しかない現状では無理です。

無理なことを想像と捏造、政治力、イデオロギーで付け加えるのは大変危険ですね 
3分の1とは分母の内容を教えてください。3分の2はどこに存在しているのですか。
中国がまともな民主主義国家になり世論を形成できるような普通の国にならなくても
公開できるような、公開しても冷静な議論が出来るようなものなのでしょうか


541 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 13:13:21 ID:ADbyzfei
>都合の悪いモノは無視」というご都合主義者さん

レッテルを貼り付けるのはよくない
書いてあるようにあまりにも捏造写真や捏造記事が氾濫し、洗脳され創作された日記までが
多数存在するとこのスレで知ったから 余計な先入観なしで写真を評価したかっただけ
幼稚なレッテル貼りは且つっての古いイデオロギー集団を思いここさせるからやめてほしい

542 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 13:20:20 ID:ADbyzfei
>一人を殺害したという事実には変わりがないからそれで死刑が確定したならば
 2人目を殺害していなくとも刑が軽くなるわけでもないですしな。

正気ですか 刑罰とは何のためにあるとお考えですか 


543 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 13:21:39 ID:NsU/lHr9

民主党の国会議員すらも「南京事件」を否定しています。

■映画「南京の真実(仮題)」記者会見C衆・参議院議員(H19.1.28)■
http://www.youtube.com/watch?v=
 

544 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 13:24:50 ID:NsU/lHr9


民主党の国会議員すらも「南京事件」を否定しています。

■映画「南京の真実(仮題)」記者会見C衆・参議院議員(H19.1.28)■

http://www.youtube.com/watch?v=zfX2AnJfbI8

545 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 13:26:49 ID:NsU/lHr9

民主党の国会議員すらも「南京事件」を否定しています。

■映画「南京の真実(仮題)」記者会見C衆・参議院議員(H19.1.28)■
http://www.youtube.com/watch?v=zfX2AnJfbI8

546 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 13:34:55 ID:IfminwPR
>>497
>これを検証するのに何で日記現物が必要なんだ?
捏造された物ではない事を検証するため。
今なら、紙質やインクの成分などから分析できる。
そもそも勘違いが甚だしいようだが、「証拠」とするためには
検証が必要と言っているんだけど、このあたりまえのことが
理解できないようだな。

>ニュー速のネトウヨを「知識層」とか言っちゃうお前のモノサシには負けるよw
アホ。ニュー速には一般人が集まっているんだよ。
日本語が不自由なようだから、再掲しておく。
何回この台詞を言わされることやら・・・
(ここでいう知識層とは、おばちゃんや肉体労働者など無関心な人を除き、
歴史問題に興味を持っている人たちのこと)




547 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 13:45:06 ID:GeJ1WK4G
>3分の1とは分母の内容を教えてください。
(「南京大虐殺否定論13のウソ」p79(南京事件調査研究会 柏書房)
>3分の2はどこに存在しているのですか。
防衛研究所戦史部ですよ。わざと聞いてるのですか?本気で知らなかったとすれば
先ずは勉強したこうがいいでしょう。
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050213
>レッテルを貼り付けるのはよくない
別にレッテル貼りではありませんよ。貴方のこの↓ご都合主義に呆れているだけです。

>「下の文章は故意に見ないことにしました  写真に解説はいりませんからね」

>正気ですか 刑罰とは何のためにあるとお考えですか
犯罪を罰するものでしょ。仮に2人目を殺害していなくとも
一人を殺害したという事実には変わりがないからそれで死刑になったとしたら
A
一人殺害=死刑
B
数人殺害=死刑

・・・つまり、結局「死刑」には変わりませんよ。
それでも
A
一人殺害=死刑ではない
B
数人殺害=死刑
という結果になるのならまた分りますよ。

548 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 13:48:18 ID:GeJ1WK4G
失礼・・・訂正
×先ずは勉強したこうがいいでしょう。
○先ずは勉強したほうがいいでしょう。
×A
一人殺害=死刑ではない

○A
一人殺害=死刑にはならない

549 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/11(日) 13:54:01 ID:wotI8NPV

自分が死刑囚だとしても、自分がやってない罪まで背負わされて死刑になるのは、

嫌だな。(・(ェ)・)y◇°°°

。。

550 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 14:01:45 ID:wotI8NPV

南京事件て、小学生にも解りやすく言えば、

日本が便意兵を捕まえて処刑したのを、

一般市民を無差別に虐殺したって言ってるだけだな。

それと、数も違う。戦死者も明らかに、上乗せしている。
そもそも、南京に30万人もいたのかも疑わしい。

。。

551 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 14:01:53 ID:ADbyzfei
>>547

あなたのような人がいまだに社会に存在している事がよくわかりました
まさか教師のような人に影響を与えるような職業ではないでしょうな
そうでないことを願いますわ


552 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 14:03:46 ID:GeJ1WK4G
つっか現状では死者数を正確に計算する事は不可能です。
しかし分っている数だけでも責任者を死刑に追い込むのには十分だった。

東京裁判でも、松井大将に対する判決のほうは犠牲者数を十万としている。
二十万人との食い違いが気になるが、法廷は十万人でも松井を死刑にするため
には充分なので、数をつめる必要を認めなかったのかもしれない。
(「現代史の光と影」P26〜P27)


553 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 14:05:34 ID:wotI8NPV

捕虜にゴボウ喰わて、処刑された人や、会ったこと無い虫国人に

こいつが虐殺したと指さされて、処刑された人もいたときく。

。。

554 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 14:08:53 ID:wotI8NPV

上、ゴボウを食わせて、捕虜の虐待で、処刑(死刑)になったってことね。

。。

555 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 14:09:35 ID:GeJ1WK4G
>>551
>あなたのような人がいまだに社会に存在している事がよくわかりました
そうですか?私には貴方のような人はネットでたくさん見ますが・・・
表社会ではあまり見かけませんね〜(笑
>まさか教師のような人に影響を与えるような職業ではないでしょうな
>そうでないことを願いますわ
非常に残念ですが、私は東京某私立大教育学部出身ですよ。
一応これでも歴史の教員免許は持っていますよw


556 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 14:15:13 ID:ADbyzfei
東京裁判は証拠にもと付いた公平な裁判ではありませんよね 
あの裁判が公平な裁判だとしたらここに例とあげるのに
支障はありませんが あのような政治ショー的特殊な裁判で他の事象の
判断材料にしてはいけませんよ
通常の殺人事件であのような乱暴で不公平な裁判は行われない
東京裁判並みのでたらめさでいまだに南京事件を検証してはあかんやろ

557 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/11(日) 14:17:54 ID:wotI8NPV

そうだね。日本が平和にたいする罪で裁かれたなら、日本の兵隊ではない

一般市民を焼夷弾で焼き殺し、1d爆弾で吹っ飛ばし、原爆で殺しまくった

アメリカこそ、裁かれるべきなのである。

。。

558 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 14:20:55 ID:GeJ1WK4G
>東京裁判は証拠にもと付いた公平な裁判ではありませんよね 
ま、それは認めますよ。連合国の犯罪も裁くべきだったですよ。
>通常の殺人事件であのような乱暴で不公平な裁判は行われない
不公平も何もそれを政府が受け入れたのですよ。
それにあえて言います。
「歴史学と法学を混同するな」

559 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 14:24:33 ID:Ht2iXrtQ
総合するとやっぱり日本の軍人幹部及び彼らを監視すべき立場
であった政府に責任があると思います。国際法を無視した南京
大虐殺の行為は日本人の自分でもアメリカの見方を応援したく
なってしまいます。南京大虐殺を指令した軍人がすべての元凶。
原爆を落とされた悲劇を作らせた源。なぜならあれで日本は文
句言える立場ではなくなってしまったのだから、、、。

560 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 14:26:23 ID:ADbyzfei
>表社会ではあまり見かけませんね〜

おー兄ちゃん ワイはヤクザかw

>非常に残念ですが、私は東京某私立大教育学部出身ですよ

最悪の選択やな 桁外れの社会観をお持ちの強情な人で もしやあの人種?
と思って聞いてみたんだが・・・それでは何を言っても無駄な人ですね 



561 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 14:32:41 ID:GeJ1WK4G
それにそもそも南京事件は通常の殺人事件ではないでしょう。
通常の殺人事件のような一人や二人とかそんな生易しいレベルの話ではなく
数百、数千、数万レベルの話だ。
通常裁判のように被害者を一人一人と検証してような話ではないし、
大体の被害者数を算定し、それで責任者だけを裁く(これも通常裁判とは違って
直接の下手人は裁かない)大量虐殺の裁判は皆そうじゃないですか?
大量虐殺の裁判と通常裁判を混同してもいかんでしょう。

562 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 14:35:52 ID:GeJ1WK4G
>おー兄ちゃん ワイはヤクザかw
違うのですか?
>桁外れの社会観をお持ちの強情な人で もしやあの人種?
もしやあの人種とはなんですか?
>それでは何を言っても無駄な人ですね 
珍しくまた意見が一致したね。それが今私が貴方に対して抱く感想と同じです。

563 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 14:38:14 ID:ADbyzfei
>「歴史学と法学を混同するな

どういう意味 私も法律は勉強したことがありますが 歴史、戦争犯罪に法的規範が
必要ないとしたら 南京事件も法律的規範でなく政治的力関係で検証し斬罪さ
れるのが正しいのでしょうか
私はあくまで勝者、敗者に関係なく法規範に照らして検証、斬罪されるべきと
考えています

564 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 14:45:18 ID:GeJ1WK4G
さっきから「政治、政治」と一体日本はいつ政治の圧力で「30万説」を認めたのですか??
妄想も甚だしいw
歴史学と法学を混同する・・・よくある歴史修正主義者による
「 科学的証明と裁判的証明のダブルスタンダード」ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E4%BF%AE%E6%AD%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9
・・・残念ながらその手口は国際的には認められておらず・・・だから
否定説は世界に広がれない原因の一つw

565 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 15:02:13 ID:ADbyzfei
>よくある歴史修正主義者による
またレッテル貼り うんざりだね

>日本はいつ政治の圧力で「30万説」を認めたのですか

あの人種が北京に迎合して嬉々として認め 日本社会に
うそ捏造、でたらめを撒き散らし 北京政府のプロパガンダに
協力しているではありませんか

566 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/11(日) 15:14:18 ID:wotI8NPV

日本は、虫国に宣戦布告してないから、戦争ではなく地域紛争だから、

戦争の国際協定の捕虜の扱いに縛られないって、NHKで逝ってたよ。

。。

567 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 15:25:13 ID:e9mcoCge
そういってやりたい放題やるってのは卑怯極まりない。
ブッシュのアメリカもテロリストとの戦いは戦争じゃないから、
テロの容疑者はジュネーブ協定の捕虜には該当しないような
考えだな。
何てこった!アメ公は戦時中の日本と同じかよ!

568 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 16:29:27 ID:GeJ1WK4G
>またレッテル貼り うんざりだね
別に貴方のことだとは言ってませんが・・・(苦笑
>あの人種が北京に迎合して嬉々として認め 日本社会に
>うそ捏造、でたらめを撒き散らし 北京政府のプロパガンダに
>協力しているではありませんか
・・・呆れ。大虐殺派のことを言ってるのでしょうか?
ならはっきりと違いますね。大虐殺派は20万だと言っていますが、
30万だとは言っていないじゃありませんか?
原十九司氏 2002年
 中国人の国民的・民族的ファンタジーとしての「三○万人虐殺」という言い
方を聞いたならば、中国人は不快になり、あるいは怒るかもしれない。「笠原
という、日本の南京大虐殺研究者は中国人の感情の記憶を理解していない」とい
う非難がおそらく起こるであろう。国民的・民族的ファンタジーとは日本語にす
ると国民的民族的幻想ということになるが、私は三○万人虐殺説はまだ歴史学的
には証明できず、幻想に近いと思っている。
(「南京事件と日本人」P214) 

569 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 16:38:17 ID:GeJ1WK4G
それに貴方が主張する「政治的圧力」否定派だっていっぱいしていますが・・・
そちらのほうはオールスルーですか?(笑

http://d.hatena.ne.jp/claw/00010111

570 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 16:46:34 ID:LNS3klmM
秦郁彦 2006

 何しろ日本の親中派学者たちが中国の言い分に折れ合おうとして、
「犠牲者の数は十数万以上、それも二十万人近いか或いはそれ以上の中国軍民」
(笠原十九司「南京事件」岩波書店 1997)と涙ぐましい配慮を示しても、
三十万は一人も減らせないと猛反発される始末である。ついでながら笠原論文の
英訳を見ると「十数万以上」という表現が英語に無いためか「十万以上」となっていた。
笠原氏のホンネの部分はこのあたりなのかもしれない。(「歪められる日本現代史」p60)

571 ::2007/02/11(日) 16:49:10 ID:hfsejIUL
北朝鮮偽ドルの印刷所はCIAだった、w=まったく報道しないテレビ
http://www.yorozubp.com/0701/070119.htm
2000万箱詰めの鍵を握る糸山元自民党議員の元秘書が家族共ども“行方不明状態”06/12/25夕刊フジ
http://www4.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=429793&log=20061213
糸山・石原連合に手も足も出ない地検特捜部
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
■石原都知事がもらった2000万円(佐藤立志のマスコミ日記)
日時は今年の9月14日、場所は高級料亭の吉兆。金は糸山が1500万円を出している。
石原は糸山に何でそんな高額な金をもらう下賤な奴になり下ったのかと思いきや元々金には汚なかったようだ。
この記事で指摘しているのは三男は2000万円のうち500万円をもらってるのに政治資金収支に記載がない。当然、本人はもらったなんていわないわな。    
公費使ってヨットだの、馬鹿息子に迂回の公費だの、石原は都民の血税を何と思っているのか。東京オリンピックでごまかすなよ。
石原のでたらめぶりは、このサイトがまとめている。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/chintaro05.htm
えらそーに天下国家を論じながら、糸山ごとき怪しげな人物から金を押し戴く、
品性のいやしさ。海外に妻を公費でファーストクラスで連れて行く傲慢さ。
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20061223
そして、石原慎太郎は、自分の発言にシーンと静まりかえる会場を見回しながら、得意満面に
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
石原宏高衆院議員(自民党)が昨年九月、水谷建設元会長と料亭で500万円。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-12-10/2006121015_02_0.html

572 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 16:55:46 ID:LNS3klmM
>>570の続き

同工異曲の話だが、年末にロンドンタイムス紙の中国支局長が尋ねてきた。
「江沢民前主席が日中戦争の人的被害は3500万人と言い出し、今や定着していますが、
どう思うか」と聞くので、「ちょっと簡単な計算をしてみましょう」とエンピツで数式を書いてみた。
日本の中国駐屯兵力は80万人ぐらいだから、戦闘要員が半分と仮定して兵士の全員が
「百人斬り」しないと計算が合いませんよね、と言うと「なるほど」とうなずき、にやりと笑っていた。

573 :憂国士(by教授):2007/02/12(月) 00:24:46 ID:KZW+nr6O
【真に残虐な共産中国は農耕民族である日本人の想像を絶する】
〜中国の刑務所、女性に残酷な性的拷問〜
--------------------------------------------------------------------------------
 【大紀元日本7月12日】最近、中国官僚が相次ぎ海外で亡命した、彼らが提供した情報で、中国政府のゲシュタポ組織「610弁公室」が、残酷に法輪功愛好者を拷問する実情が明かされた。
 婦女の権益及び社会的地位の保障は、国家文明を判断する一つの基準。前中国国家主席・江沢民は、ある時に国営テレビで、1989年の天安門学生民主運動に参加した女子大生が労働教養中に性的暴行を受けたことについて、
記者に質問され、「暴徒だから、当たり前の処罰だ」と答えた。
「法輪功人権報告」によると、全国の労働教養所に監禁されている数十万人の女性法輪功愛好者が受けた残酷な性的拷問の内容は、ほとんどの人は、▽裸にされる(長期的なケースも)▽生理時のナプキンの使用禁止
▽胸または陰部に殴る蹴るの暴行▽警官によるレイプまたは集団レイプ▽外陰部をスタンガンで長時間電撃▽硬いブラシを性器に挿入し、乱暴にこする▽裸にされ、男性囚人と同室させるなどである。
ある刑務所から脱出した女性法輪功愛好者は「労働教養所の残酷さ、人間の想像の域を超えている」と語った。
「全世界法輪功学習者を救う会」の資料によると、妊娠中の法輪功愛好者は、ほとんどが妊娠中絶を強要された。以下はその実例である。
蘭州大学歴史専攻博士・王紅梅さんは、2001年6月7日に逮捕され、蘭州市桃樹坪労働教養所に監禁された。妊娠中の彼女は、警察に強制中絶させられた。
遼寧省本渓の譚亜嬌さんは、妊娠中に東明派出所に監禁され、不当逮捕に抗議するため、食事を拒否した。警察は彼女の手足を鉄の輪で固定し、流動食を流し込むための汚い管を無理やりに食道に差し込み、
一週間以上にそのまま放置した、その間警官・張晋娟の指令でひどい暴力を受けた。ある日、拷問の最中で子宮から大量に出血し、お腹の赤ちゃんが流産した。

 
(記者・金珊)


574 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 00:42:25 ID:lzUxZJxZ
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1171204312/
■台湾の一部の歴史教科書が「南京大虐殺」を削除
国民党も認めました。

575 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 08:41:11 ID:MguxHSGB
肯定派の目的はね。
否定する人が辟易として「こいつらに何言ってもだめだ」って思わせること。

576 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 09:34:51 ID:yh7cwTeA
>>575

自称某東京の私大教育学部卒 歴史教育免許の持ち主というお肩を見るとおっしゃるとおりですね
このスレにきてまもないのですが 驚きました いるんですねこのような種類の人がいまだに・・・
一人殺して死刑なら100人殺したといって死刑にしても別に変わらないという神経ですものね
 
     狂っているのでなければあなたの言うような狙いなのでしょう

577 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 11:54:34 ID:t+RSs/Dy
>>576
政治スレで語られてる通り、「政治的目的」のためのもので
歴史の真実だのどうでもいい連中だから無理ない
彼らにとっては相互理解とか正義とかどうでもいいもの

578 :憂国士(by教授):2007/02/12(月) 13:07:32 ID:KZW+nr6O
先日のNHK放送の芸術作品とやら、全く予想通りのお粗末映像で子供だましのジャーナリズムである。
文化祭レベルの幼稚な構成にあきれたが、やはり誰かに媚を売ろうとして作ったものは
客観性にかける恣意的で独り善がりの幼稚な作品となってしまう様である。大人の目で見られた方には申し上げるまでもないが、
あの映像の何処に芸術性があるというのであろうか、単なる独り善がりの恣意性に芸術大賞とは、文化庁もご大層な張りぼて看板を
建てたものである。まあ、文化庁の役人の頭の中など所詮はこの程度のママゴトしかできない箱庭の住人のものである事がよくわかる
出来事ではあった。
『日中戦争は如何にして拡大したか』など尤もらしいタイトルをつけてはいるが、その真相を全く描かず単に子供だましの
傍論に終始している有様は滑稽でさえある。

 特に中国側の証言ばかりを多く集め・日本側の証言としては事の大局を知る由もない一兵卒の証言のみで『単なる虐殺みたいな雰囲気』を印象付けるイメージ誘導
にしかなっていない当時の南京事情の伝え方などは公平な立場で日本側の証言も集めれば
反証続出である。さらにソ連が日本を脅威として中国に武器援助したなどという
あきれ果てた単純思考は最早、公器としてのマスメディアのレベルではない幼稚さ・お粗末さである。

文化祭レベルの放送クラブが一生懸命作り上げ、文化庁に跋扈する左翼思想に囚われた幼稚集団が茶番の
のレッテル【芸術大賞】を貼り付けた恣意的映像以外の何物でもない本日のNHKの放送は一体どのような意図で
なされたのだろうか。
歴史誤認による反日暴動冷めやらぬこの時期において、中国に媚を売りたい意図丸出しの恣意的放送が
再び反日感情をあおり、現在中国にほぼ無防備に進出する日本企業20000社の罪なき邦人を更なる暴動が襲った時
この蒙昧放送局はどんな言い逃れをするつもりなのだろうか。『言論の自由』【正しくは『権力に対する言論の自由』】
とでものたまい恥の上塗りするくらいが関の山であろう。

それでは、先ず放送で伝えられた日中ソの関係の子供だましを暴いていこう。

579 :憂国士(by教授):2007/02/12(月) 13:34:06 ID:KZW+nr6O
先日のNHK放送の芸術作品とやら、全く予想通りのお粗末映像で子供だましのジャーナリズムである。
文化祭レベルの幼稚な構成にあきれたが、やはり誰かに媚を売ろうとして作ったものは
客観性にかける恣意的で独り善がりの幼稚な作品となってしまう様である。大人の目で見られた方には申し上げるまでもないが、
あの映像の何処に芸術性があるというのであろうか、単なる独り善がりの恣意性に芸術大賞とは、文化庁もご大層な張りぼて看板を
建てたものである。まあ、文化庁の役人の頭の中など所詮はこの程度のママゴトしかできない箱庭の住人のものである事がよくわかる
出来事ではあった。
『日中戦争は如何にして拡大したか』など尤もらしいタイトルをつけてはいるが、その真相を全く描かず単に子供だましの
傍論に終始している有様は滑稽でさえある。

 特に中国側の証言ばかりを多く集め・日本側の証言としては事の大局を知る由もない一兵卒の証言のみで『単なる虐殺みたいな雰囲気』を印象付けるイメージ誘導 にしかなっていない当時の南京事情の伝え方などは公平な立場で日本側の証言も集めれば
反証続出である。さらにソ連が日本を脅威として中国に武器援助したなどという
あきれ果てた単純思考は最早、公器としてのマスメディアのレベルではない幼稚さ・お粗末さである。



580 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 13:39:33 ID:CRUg5BZv
これを読んだら?
勉強になるよ!
http://blogranking.net/blogs/29142

581 :憂国士(by教授):2007/02/12(月) 13:41:10 ID:KZW+nr6O
>>579つづき
文化祭レベルの放送クラブが一生懸命作り上げ、文化庁に跋扈する左翼思想に囚われた幼稚集団が茶番の
のレッテル【芸術大賞】を貼り付けた恣意的映像以外の何物でもない先日のNHKの放送は一体どのような意図で
なされたのだろうか。
歴史誤認による反日暴動冷めやらぬこの時期において、中国に媚を売りたい意図丸出しの恣意的放送が
再び反日感情をあおり、現在中国にほぼ無防備に進出する日本企業20000社の罪なき邦人を更なる暴動が襲った時
この蒙昧放送局はどんな言い逃れをするつもりなのだろうか。
もしナイーブにあのようなお粗末映像で本当に歴史の検証をしたと本気で思い込んで いるとしたら、
言うだけなら自由の『言論の自由』で『言論の自由』【正しくは『国家権力に対する言論の自由』という思想を表現する言葉であり、
そこには元々民間レベルの虚言虚論・暴言暴論を容認する概念はないのであるが】 をのたまい恥の上塗りするくらいが関の山であろう。

それでは、先ず放送で伝えられた日中ソの関係の子供だましを暴いていこう。

582 :憂国士(by教授):2007/02/12(月) 13:47:41 ID:KZW+nr6O
>>581つづき
「偽装右翼」の実態〜 「右翼」の仮面をかぶったマルキスト 〜
●スターリンは、日本軍を正面の蒋介石軍と戦わせ、これを叩きつぶさせた後、跡はそっくり背後の中国共産党軍がいただくという計画を練っていた。
これはスターリンの「砕氷船テーゼ」と呼ばれるもので、日本を「砕氷船」に見立てての謀略であった。
日本には蒋介石とは決して和解しないように対日工作し、同時に中華民国に対して対日徹底抗戦をするように仕向けた。
このため日本の中に数多くのマルキストを忍び込ませ、政界や軍の内部に影響を与えてこれをコントロールしたのであった。

●『朝日新聞』をはじめとする「右翼」の仮面をかぶったマルキスト=「偽装右翼」たちは、「蒋介石討つべし」などと超愛国主義的論調で「対中国強硬論」を叫んだ。
彼らは日本と国民党政府の和平工作をあらゆる方法で妨害し、日本を大陸に深入りさせ、一方ではシベリアには進出させないで、
対米戦争へと導いた。(要するに、日本に大陸(中国)と海洋(英米)の両面作戦を強い、その戦力を消耗させて日本敗北を画策したのであった)。

●近衛首相に影響を与え続けた後藤隆之介の「昭和研究会」は、風見章、尾崎秀実、西園寺公一などの左翼グループによって運営され、
石原莞爾の「東亜連盟」も結局、「偽装右翼」によって支配された。
その結果、ドイツ中華大使トラウトマンや在華米人スチュアート、石原莞爾、民間系統などの「対中国和平工作」は
あらゆる努力にもかかわらず、ことごとく失敗したのである。


邪魔になった石原莞爾を林銑十郎に進言して仙台から参謀本部に転補させたのは、敗戦後の日本政治の黒幕となった麻原謙三である。
「東亜連盟」の真の目的は、蒋介石を盟主、日本をアメリカの一州とし、ソ連がアジアを支配することであった。

●宇垣内閣が流産したのは、ゾルゲ系【リヒャルト・ゾルゲ。ソ連のスパイ。】
の秘書による工作であり、日華事変を引き起こした林銑十郎内閣の成立もコミンテルンの麻原謙三と十河信爾が密着して行なった結果である。

続く【以上は左翼色の強い日本のメディアなどが決して公表する事のない真の歴史『歴史の真実』である。
ソ連こそがアジア全体の脅威であった真実を決して忘れてはならない。】




583 :憂国士(by教授):2007/02/12(月) 13:50:31 ID:KZW+nr6O
>>582つづき

「ゾルゲ事件」で日本を破滅に追いやった尾崎秀実【おざき ほつみ/ソ連のスパイ。『朝日新聞』の記者】は、
日本を砕氷船に仕立てるためにソ連のエージェントとして多大なる功績を残した。尾崎は終始「対中国強硬論」を吐き、
「対米開戦論」を最も強く叫び続けた。
尾崎は「昭和研究会」の席上で、「支那の動脈を叩き続け、最後にはビルマ・ルートまで叩くべし」と雲南省まで進撃する積極論を展開し、
事変不拡大を唱える石原莞爾に「何の根拠があってそのようなことを言うのか!」と一喝されている。

 【尾崎秀実(おざき ほつみ)】
『朝日新聞』の記者として活躍。尾崎秀実は、近衛文麿政権のブレーンとして、
政界、言論界に重要な地位を占め、また、軍部とも密接な関係を持ち、日中戦争当時の政局の最上層部で
活躍した。「アジア共産化」を目的とした数々の謀略を実行し、「ゾルゲ事件」で逮捕され、処刑された。






584 :憂国士(by教授):2007/02/12(月) 13:53:37 ID:KZW+nr6O
>>583つづき

●京都大学教授の中西輝政氏は、次のように述べている。

(※ この意見に対して異論反論あると思うが、参考までに紹介しておきたい)

『今明らかになりつつあるのが、昭和の戦争の主役であった日本陸軍、参謀本部や陸軍省にソ連や中共の工作員が多数潜入していたということである。
たとえば盧溝橋事件直後に拡大論を唱えて、石原莞爾と対峙しつつ日中戦争の泥沼に追いやった勢力がある。
彼らは同時に日独伊三国同盟を推進することによって日米分断と連合国陣営の形成を事実上促し、さらには『南部仏印進駐』を推進して日米開戦を惹き起し、
それによって『社会主義の祖国』ソ連を守ることに成功した。この背景にはコミュンテルンの工作があったことはほぼ証明されているが、
その具体像はこれから歴史家が明かすことになろう。』

『近衛・東條の両内閣を通じ、国策の大きな方向づけをしていった『昭和研究会』などに結集していた知識人グループこそ、
故意に敗戦を導いたという点で最も重い戦争責任を負うべき日本人ではなかろうか。
田中慎次郎や西園寺公一、犬養健といった、ゾルゲ事件で検挙された人たちの調書や行動をもう一度検証する必要がある。
さらには、ゾルゲ・尾崎らの逮捕前後に近衛内閣が崩壊したことの再検証も重要課題である。
近衛内閣が、盧溝橋事件の奇妙な戦線拡大と共に、昭和15年7月の第二次内閣以降、日独伊枢軸の強化、仏印進駐、南進論にのめりこんでいく背後に何があったのか。
近衛は後に『見えない力にあやつられていたような気がする』(『近衛上奏文』)と述懐しているが、その『見えない力』こそが、『コミュンテルン工作員』だったのではないか。
あるいは昭和17年の陸軍省軍務局の大規模な人事異動により、東條体制に不可欠な、武藤章や田中新一ら──彼らは先に挙げた拡大派であり三国同盟推進派でありかつ南進派だったのが─
─なぜ唐突に中央から遠ざけられ南方に送られたのか。ジャーナリストの中にも『日本のデュランティ』ともいうべき人物がいたのではないか。
そういった『歴史の闇』に日本の歴史家はもっと目を向けるべきだろう。』



585 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 18:04:40 ID:NDyu/LZG
>肯定派の目的はね。
>否定する人が辟易として「こいつらに何言ってもだめだ」って思わせること。
逆も通じるぞ。

否定派の目的はね。
肯定する人が辟易として「こいつらに何言ってもだめだ」って思わせること。

>一人殺して死刑なら100人殺したといって死刑にしても別に変わらないという神経ですものね
 
>     狂っているのでなければあなたの言うような狙いなのでしょう
戦争犯罪裁判と一般殺人裁判混同する君達のほうが凄い神経だと思うのだが・・・。
561が言ったように
戦争犯罪とは
通常の殺人事件のような一人や二人とかそんな生易しいレベルの話ではなく
数百、数千、数万レベルの話だ。
通常裁判のように被害者を一人一人と検証してような話ではないし、
大体の被害者数を算定し、それで責任者だけを裁く(これも通常裁判とは違って
直接の下手人は裁かない)

586 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 18:36:14 ID:Km9VAVIR
>>585

違うだろ。
戦争犯罪とは、戦時国際法違反。
特殊なのは、「平和にたいする罪」とか、「人道に対する罪」。
戦争指導者はこっち。
直接の下手人だって当然裁かれてますよ。
君はA級戦犯だけが、戦争犯罪人だと思ってるのかな?

587 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 19:05:27 ID:NDyu/LZG
>>586
おっと俺はループが嫌いだからこれ以降はレスは返さないYO。
>直接の下手人だって当然裁かれてますよ。
そう?実際当時中国で犯罪をした日本兵は殆ど裁かれていないのは事実だよ。
>君はA級戦犯だけが、戦争犯罪人だと思ってるのかな?
いいえ。

588 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 19:29:04 ID:NDyu/LZG
ん〜。分りやすく言えば、今回フセイン裁判のように毒ガスを使用して住民
を虐殺した件から見ても裁かれたのはフセインや責任のある立場の人達だけ・・・
実際毒ガスを使用し、虐殺を行なった一般のイラク兵士個人は裁かれていないYO。
一般殺人裁判なら犯罪関係者全員になんらかの刑が言い渡されるYO。(殺人幇助とかで)


589 :らびっと:2007/02/12(月) 19:42:00 ID:Z6Glmv/q
>>588

そうでもないよ。

通常の戦争犯罪(捕虜虐待とか。東京裁判で言えばBC級)は、
指揮官も末端の兵士も処罰されるし、実際にされた。

なお、東京裁判の「A級戦犯」の中でも、
死刑になったのは「通常の戦争犯罪」でも有罪とされた者だけ。
A級の容疑(平和に対する罪)だけで死刑になった者はいない。
(出展:「東京裁判」児島譲)

フセインの場合は、混乱状態だから兵士まで特定できないだけ。

590 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 19:58:12 ID:Km9VAVIR
>>587
> そう?実際当時中国で犯罪をした日本兵は殆ど裁かれていないのは事実だよ。

それはいちいち検証するのは面倒だから、責任者をまとめて裁いちゃえって事だろ。
実際は百人斬りの向井・野田両氏だって死刑になってるし、BC以下の戦犯に至ってはは山ほどいるぞ。
戦争犯罪だから検証はいらんなどという暴論はやめろ。

591 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 20:06:07 ID:NDyu/LZG
>>590
誤解されるのは嫌だからあえて言うけど
>戦争犯罪だから検証はいらんなどという暴論はやめろ。
それは君の思いこみの暴論(妄想ともいう)であって、俺は検証はいらんとは
言っていない。戦争犯罪詳しい人数が断定できないからと言って「無罪」にはならない。
ある程度事実と人数が認定されればそれで十分という事だ。

東京裁判でも、松井大将に対する判決のほうは犠牲者数を十万としている。
二十万人との食い違いが気になるが、法廷は十万人でも松井を死刑にするため
には充分なので、数をつめる必要を認めなかったのかもしれない。
(「現代史の光と影」P26〜P27)

592 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 20:22:28 ID:Km9VAVIR
591

だから東京裁判はインチキって言われてんだろ。
もっと勉強せい!

593 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 20:29:54 ID:yh7cwTeA
軍民あわせて1万五千程度だと調査されてている それも日中両国分による犠牲者とされているではないですか
なんで犠牲者がはっきりしないのに30万人分の謝罪と虐殺を日本政府だけが認めないといけないのか

一人でも10人でも殺人は殺人という観念は一般社会には通用しない
被害者のみになって考えれば1万人でも30万人でも変わりがないとの観念も通用しない
明らかに狂っている

594 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 20:44:23 ID:yh7cwTeA
文化大革命の8000万人の犠牲者数というのは信用できる数字だとされているが
裁かれたことはあるのか
中国国民は裁こうとしないのか 不満はないのか
天安門のp場合も同じ 
強いもの怖いものにはこの国の民は全く抵抗しないのか
全く反論もしないし協調してくれる売国集団までいる日本にでけ鷽、大袈裟、捏造,
を駆使して日本を責めるのは 体制に対する不満の矛先を日本に向けているのか
単にマインドコントロールされているだけなのか

595 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 21:04:14 ID:MBUJa+jH
俺の知り合いのおっさんから聞いたんだが、中国では40万人と教えてるん
だってな。中国通で向こうに何年も住んでたこともあるおっさんの言うこと
だからほんとじゃないのかな? ちなみにおっさんは親中だけどな。さすが
に大袈裟だと言ってたよ。

596 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 21:05:14 ID:yh7cwTeA
>法廷は十万人でも松井を死刑にするため
 には充分なので、

松井や日本の名誉のためにも真相を検証すべきなのに偽写真、フイルム、
こじつけ、捻じ曲げた解釈で犠牲者数を増やすことは許されない

犠牲者側が30万人といってるのだから何も言わずに謝れなんて
神経は病んでいるとしか言えない

597 :NHKの番組見てこちらへ来た方 以下の著述も御参照下さい:2007/02/12(月) 21:24:17 ID:7s/4A3l7

「中島師団婦人方面、殺人、不軍紀行為は、国民的道義心の廃退、戦況悲惨より来るものにして
言語に絶するものあり」 ( 阿南惟幾 元陸軍大臣 S12.12.22陸軍省局長会報におけるメモ)

(上海派遣軍を視察してきた江藤源九郎予備役少将からの報告を聞いて)
「同君は自ら日露戦争の苦き実験あり、今回も主なる責任者の談を交えて研究せり。従って同君
の意見は相当に権威あるものと云はざるべからず。之によれば一言にして云はば軍紀風紀頽廃し、
これを建て直さざれば真面目の戦闘に耐えずということに帰着せり。強盗、強姦、掠奪、聞くに
忍びざるものありたり」 ( 真崎甚三郎 元陸軍教育総監 『真崎甚三郎日記』S13.1.28 )

「南京への進入にあたって松井大将が隷下に与えた訓示は、ある部分、ある層以下には、浸透し
なかったらしい。外国系の報道の中にはかなりの誇張や中傷の事実は認められたし、特に中国軍
の特質などから、避け得なかった事情もあったようであるが、いずれにせよ、後日戦犯裁判に大き
く取り扱われ、松井大将の絞首刑の重大理由をなしたような事実が現われた」
 ( 河辺虎四郎 元陸軍参謀次長 『市ヶ谷台より市ヶ谷台へ』 )

「しかし、駐支大使として南京に赴任(一九四二、一)して南京事件の実相を知るに及んで、我軍隊
の素質、日本民族の堕落に憤りを発せざるを得なかった」 ( 重光葵 元副総理 『続 重光葵手記』 )

「電信専門の(外務省)官補時代に最もショックを受けたのは、南京事件(後述)であった。敗走する
中国軍を追って南京を占領(昭和十二年十二月十三日)した日本軍が、筆舌を絶する乱暴を働いた
事実である。あまりに乱暴狼藉がひどいので、石射猪太郎東亜局長が陸軍軍務局長に軍紀の是正
を求め、広田外相も陸軍大臣に強く注意して自制を求めた。軍は参謀本部二部長・本間少将を現地
に送って、ようやく事態は沈静に向かった」 ( 法眼晋作 元外務政務次官 『外交の真髄を求めて』 )

「昭和十二年の南京占領の時、日本軍がひどいことをしたということは、私は当時から知っていました。
(中略)南京虐殺があったとかなかったとか論争があるようですが、当時も関係者の多くは事実を知っ
ていたんです」 ( 徳川義寛 元侍従長 『侍従長の遺言』 )


598 :NHKの番組見てこちらへ来た方 以下の著述も御参照下さい:2007/02/12(月) 21:26:44 ID:7s/4A3l7

「筆者は48年昔のこの事件のあった頃、陸軍大学校の学生であったが、すでに南京戦線である種の
「不法行為」の行われたことを耳にしていた。大学校の学生の耳にも洩れてくるほどこの問題は軍中央
部を悩ましたのであったのだった。従っていわゆる「南京事件」については日本軍が「シロ」であったとは、
筆者は初めから認識していない」 ( 加登川幸太郎 元陸軍参謀・軍事評論家 『偕行』掲載「証言による南京戦史」 )

「戦域が逐次拡大し、作戦兵力の増大に伴って、その要員の多数が教育不十分な新募又は召集の将兵
を以って充たされるようになると、思いがけぬ非行が益々無雑作に行われるようになる。これには、指揮
統率者の責任は固よりのことだが、わが国民の一般的教養の如何に低いかを痛感させられた。
 皇軍々々と叫ばれていたが、これでは皇軍が聞いてあきれる状態であったので、憲兵は一地を占領す
る都度、その都市村落の入口や要所に露骨な字句や、敵に逆用される虞れある文句を避けて、婉曲に
日本兵に告ぐと題し、火災予防、盗難排除、住民愛護の三項を大きく書いて掲示した」
 ( 上砂勝七 元柳川軍憲兵隊長 『憲兵三十一年』 )

「南京占領後における日本軍の南京市民に加へた暴行が相当にひどいものであつたことは、蔽ひ難き
事実である。当時私は北京に住んでゐたが、南京虐殺の噂があまり高いので、昭和十三年の夏、津浦
線を通つて南京に旅行した。南京市街の民家が概ね焼けてゐるので、私は日本軍の爆撃によつて焼
かれたものと考へ、空爆の威力に驚いてゐたが、よく訊いてみると、それらの民家は、いづれも南京陥
落後、日本兵の放火によつて焼かれたものであつた」( 滝川政次郎 法学者・東京裁判日本側弁護人 『東京裁判をさばく(下)』 )

「そして一度残虐な行為が始まると自然残虐なことに慣れ、また一種の嗜虐的心理になるらしい。戦争
がすんでホッとしたときに、食料はないし、燃料もない。みんなが勝手に徴発を始める。床をはがして
燃やす前に、床そのものに火をつける。荷物を市民に運ばせて、用が済むと「御苦労さん」という代りに
撃ち殺してしまう。不感症になっていて、たいして驚かないという有様であった」
 ( 日高信六郎 元イタリア大使 (当時、南京駐在参事官) 広田弘毅伝記刊行会編 『広田弘毅』 )


599 :NHKの番組見てこちらへ来た方 以下の著述も御参照下さい:2007/02/12(月) 21:29:18 ID:7s/4A3l7

「入城式におくれて正月私が南京へ着いたとき街上は死屍累々大変なものだつた、大きな建物へ一般
の中国人数千をおしこめて床へ手榴弾をおき、油を流して火をつけ焦熱地獄の中で悶死させた
 また武装解除した捕虜を練兵場へあつめて機銃の一斉射撃で葬つた、しまひには弾丸を使ふのは
もつたいないとあつて、揚子江へ長い桟橋を作り、河中へ行くほど低くなるやうにしておいて、この上へ
中国人を行列させ、先頭から順々に日本刀で首を切つて河中へつきおとしたり、逃げ口をふさがれた
黒山のやうな捕虜が戸板や机へつかまつて川を流れて行くのを下流で待ちかまへた駆逐艦が機銃の
いつせい掃射で片ツぱしから殺害した」 ( 石川達三 作家 『読売新聞』掲載「裁かれる残虐『南京事件』」 )

「見たもの全部を撮ったわけではない。また撮ったものも切られたものがある。(中略)私は揚子江でも
銃殺を見た。他の場所でも銃殺をされるであろう人々を沢山見たが余りにも残酷な物語はこれ以上書き
たくない」 ( 白井茂 映画カメラマン (東宝記録映画『南京』撮影者) 『カメラと人生』 )

「当時の日本人というのは少しいかれてるから、自分の悪いこと、日本の首をしめるような写真をどん
どんとって得意になっている。それをこともあろうに中国人の写真屋に現像してもらう。そういう間抜けな
ところがある」「しかし、入城前後、入城までの過程において相当の大虐殺があったことは事実だと思う。
三十万とか、建物の三分の一とか、数字はちょっと信用できないけどね。まあ相当の大規模の虐殺が
あったということは、私も目撃者として充分いえるね」
( 大宅壮一 ジャーナリスト 『サンデー毎日』掲載「大宅考察組の中共報告」 )

参考

「谷大佐の陸戦術は、興味と教訓の多い名講義だったが、ただひとつ私の心に引っかかったのは、 「勝ち
戦の後や、追撃戦のとき、略奪、強盗、強姦は かえって士気を旺盛にする、・・・・」 という所見だった。後日、
日華事変で柳川兵団(第十軍)に付属した谷師団長が、 南京残虐事件に連座されたことは周知のことで
あるが、残念でならない」 ( 高木惣吉 元海軍少将 (海軍大学校時代の回顧) 実松譲 『海軍大学教育』 )

600 :NHKの番組見てこちらへ来た方 以下の著述も御参照下さい:2007/02/12(月) 21:33:44 ID:7s/4A3l7

岡村寧次(軍人・武漢攻略戦の第十一軍司令官として中国に赴任、後、支那派遣軍総司令官)
 「中支戦場到着後先遣の宮崎参謀、中支派遣軍特務部長原田少将、杭州機関長萩原中佐等より聴取する
 所に依れは従来派遣軍第一線は給養困難を名として俘虜の多くは之を殺すの悪弊あり、南京攻略戦に於て
                      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 約四、五万に上る大殺戮、市民に対する掠奪、強姦多数なりしは事実なるか如し」
  (『現代歴史学と南京事件』所載 「岡村寧次大将陣中感想録」)


早尾乕雄(医師・当時、陸軍軍医中尉として上海に赴任中)
 「余ガ南京へ入ツタノハ陥落後一週間デアツタカラ市街ニハ頻々ト放火ガアリ見ル間市内ノ民家日
 本兵ニヨリ荒サレテ行ツタ。下関ニハ支那兵屍体ガ累々ト重リ是ヲ焼キ棄テルタメニ集メラレタノ
 デアル。目ヲ揚子江岸二転ズレバ此処二山ナス屍体デアッタ。其ノ中二正規兵ノ捕虜ノ処置ガ始マ
                                              〜〜〜〜〜〜
 リ海軍側ハ機関銃ヲ以テ陸軍ハ惨殺、銃殺ヲ行ヒ其ノ屍体ヲ揚子江へ投ジタ。死二切レナイ者ハ下
 流二泣キ叫ビツ、泳ギユクヲ更二射撃スル。是ヲ見テモ遊戯位ニシカ感ジナイ。中ニハ是非ヤラシ
 テクレト首切リ役ヲ希望スル将兵モアル。
             〔中略〕
 揚子江二沈ンダ正規兵ノ屍体ハ凡二万人位ト言ハレル」
  ( 『現代歴史学と南京事件』所載 早尾乕雄「戦場心理ノ研究−総論−」 )


601 :参考 シンガポールの場合:2007/02/12(月) 21:37:43 ID:7s/4A3l7

藤原岩市(元陸軍参謀・対インド工作組織「F機関」統括責任者・元陸上自衛隊調査学校長)
  「この頃、シンガポールにおいて、国軍の歴史に拭うことのできない不祥事が展開されていた。
  二月二一日の午下りであったろうか。シンガポールIIL(インド独立連盟)支部長ローヤル・ゴー
  ホー氏が血相を変えて、F機関の本部に私を訪ねてきた。ゴーホー氏の夫人は華僑の娘で
  あった。同氏は挨拶もそこそこに「少佐!日本軍がシンガポールの華僑を、片端から引っ立て、
  大虐殺をやっていることを知っているか。その惨虐は眼を覆うものがある。一体日本軍は何を
  血迷ったのか。既に英軍が降服して、戦火は熄んだと云うのに」と哀訴するのであった。(中略)
   私は田代氏、米村少尉を初め、二、三名の機関員に命じて、その状況を偵察させた。その
  報告は、ゴーホー氏の訴えに優る戦慄すぺき状況の実在であった。イッポー以来、私が心密か
  に心配していたことが、こんな形になって爆発してしまった。私は早速軍司令部に杉田参謀を
  訪ねて、これが軍の命令によって行われているのかと質した。参謀は暗然たる面持ちで、同
  参謀等の反対意見がしりぞけられ、一部の激越な参謀の意見に左右されて、抗日華僑粛清の
  嵐が、戦火の余燼消えやらぬ環境の間にと、強行されているのだと嘆じた。私はこの結果が、
  日本軍の名誉のためにも、又現住民の民心把握、軍政の円滑な施行の上にも、決して良い
  結果をもたらさないことを強調した。特に私の印度人(兵)工作に、大きな影響があると指摘して
  速急に善処を願った。この粛正作戦は翌日一段落となった。しかし無辜の民との弁別も厳重
  に行わず、軍機裁判にも附せず、善悪混淆珠数つなぎにして、海岸で、ゴム林で、或は
  ジャングルの中で執行された大量殺人は、非人道極まる虐殺と非難されても、抗弁の余地が
  ない。たとえ、一部華僑の義勇軍参加、抗日協カの事実をもってしても。後日、ビルマ戦線に
  転進した第一八師団の若い将校が、私に(当時筆者は第一五軍参謀に転じていた)、
  ジョホールバルで、同師団が強行した華僑粛正の寝ざめの悪い、無惨な思い出を語って、
  心が痛むと漏したことがあった」

     (藤原岩市『F機関』)


602 :参考 中国戦線:2007/02/12(月) 21:43:36 ID:7s/4A3l7

出版警察報 第百拾壱号 p.22

日本武道新聞 第五五號 福岡市   一月十五日發行
            日本武道奨 一月十七日禁止
            励曾發行

 「戰地だより」ト題スル記事ハ我ガ軍ガ支那良民ニ對シ惨虐ナル行為ヲ為シ居ルガ如ク
 記述シ厳粛ナル皇軍ノ規律ニ疑惑ノ念ヲ生セシムル處アリト認メラルルニ因り禁止。


   (前略)又反面に日本軍に對し行動疑惑ある部落の如きは之を攻め妻女の前にて
   夫を斬り子の前で親を撃ち家に火を放ち之を掃蕩する事もあります。




出版警察報 第百拾壱号 p.62

西部葉子飴新報 第二〇三號 福岡懸發行 二月五日發行
                    二月四日禁止[ママ]

 「支那膺懲戰に活躍中の寺田重人氏云々」ト題スル記事ハ戰線ニ於テ我軍ニ非人道的
 行動アルガ如ク描寫シタルモノニシテ皇軍ノ威信ヲ失墜セシムル處アルニ因リ禁止。


   (前略)軍刀も物を言ひました良く切れますよ刃こぼれ一ツせずチヤンコロの首が
   見事に落ちました敗残兵見付け次第一人殘せす切ころして居ります面白いものです
   (中略)戰敗國のあはれさ男と云はず○と云はず見付次第殺されて居ります一人殘
   さすと言ふ意気込みです丁度重行位の子供の死體を見た時一瞬ハツト致しました。


603 :参考 中国戦線:2007/02/12(月) 21:48:41 ID:7s/4A3l7

 「ある青年将校 - 私の陸士時代の同期生だったからショックも強かったのです - から、
 兵隊の胆力を養成するには生きた捕虜を銃剣で突きささせるにかぎる、と聞きました。
 また、多数の中国人捕虜を貨車やトラックに積んで満州の広野に連行し、毒ガスの生体
 実験をしている映画も見せられました。その実験に参加したある高級軍医は、かって満州
 事変を調査するために国際連盟から派遣されたリットン卿の一行に、コレラ菌を付けた
 果物を出したが成功しなかった、と語っていました。
  「聖戦」のかげに、じつはこんなことがあったのでした」
  ( 三笠宮崇仁 『古代オリエント史と私』 より)



 「昭和十四年二月に作成された陸軍省秘密文書第四〇四号「事変地ヨリ帰還ノ軍隊、軍人ノ状況」の
 一部をここに引用したい(原文は片かな)。

   「戦闘間一番嬉しいものは掠奪で、上官も第一線では見ても知らぬ振りをするから、思う存分掠奪す
   るものもあった」
   「ある中隊長は『余り問題が起らぬように金をやるか、又は用をすましたら後は分からぬように殺し
   ておくようにしろ』と暗に強姦を教えていた」
   「戦争に参加した軍人をいちいち調べたら、みな殺人強盗強姦の犯罪者ばかりだろう」

  中国戦線にある日本軍の軍紀のゆるみは、個人のレベルではなく、すでに集団になっていることを、
 これらの言葉は示している」
    (石川達三 『生きている兵隊』 (中公文庫 1999)所載
               半藤一利 「『生きている兵隊』の時代 解説に代えて」 より)


604 :参考 中国戦線:2007/02/12(月) 21:51:06 ID:7s/4A3l7

重光葵(外交官・東條内閣小磯内閣外相・鳩山内閣副総理外相)
 「然し俘虜及敵国人に対する日本人の考え方は日露戦争当時の考え方とは全然異なつた方向に
 あつた。軍及右翼を中心とする思想の動き方は戦争前、特に満州事件前後より急激に反動的となり、
 「日本精神」「皇軍思想」は無意味なる優越感となり、外国軽侮となって居った。底(低)劣なる唯我独尊、
 切り捨て御免の思想となり態度となって、支那、南方に於ける我軍隊の行為は実に言語道断であって、
 進駐当初は南京でも香港でもシンガポールでもマニラでも虐殺、殺戮、強盗、掠奪、強姦、暴行、収賄、
 不正等、殆ど悪魔の軍隊であったのは事実である。日本人が何時如何にして斯程迄堕落したか殆ど
 想像も付け得なかった。戦争による一時の昂憤(奮)として片付ける訳には行かぬ」
  ( 重光葵 『続 重光葵手記』 より)

堀場一雄(陸軍大佐・支那派遣軍参謀、第五航空隊(支那・朝鮮)参謀副長など歴任)
 「軍の前線に於て、動もすれば行はれたる放火、掠奪、暴行等は、戦争現象として陥り易き通弊な
 りと雖、甚だ遺憾の事に属す。而して此等は単純に軍のみを鞭つべきか、招集者大部を占むる軍の
 構成に於て寧ろ国民的反省を要する点大なりとす。況んや未教育及年次古参なる招集者に於て悪質
 且多発なるを常態とせしに於てをや。
  上海、南京始め奥地に亘る一般邦人の横暴占拠の様相は、当時戦争指導当局及総軍当局をして顰
 蹙せしめたり。又政府及興亜院の権益施策は、徒らに全面的経済独占の方向に進み、彼此相累積し
 支那のために何が残れるやの感を抱かしめ、内約交渉を混乱し、現地の建設を阻碍(そがい)し、
 国家の信義に疑を生ぜしめたること等、百害枚挙に遑(いとま)あらず」
  ( 堀場一雄 『支那事変戦争指導史』 より)


605 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/12(月) 21:55:29 ID:OT4gPiLk

虫国人は、戦争で人民が死んだのを相手のせいにするが、

日本人は、自分たちのせいにした。

所詮、人のせいにする民族は、第三国は、進歩がないんだな。(・(ェ)・)y◇°°°

。。

606 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 22:18:56 ID:Km9VAVIR
日本人とは、潔い民族だな…

607 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/12(月) 22:24:26 ID:OT4gPiLk

>>606 そうだね。日本人を大虐殺した国のポチになるほど潔い。

そうして、世界第2位の経済大国までのぼりつめた。名より実を取ったわけだ。

日本人は、神に選ばれた民族なんだな。( ̄(エ) ̄)y◆°°°

。。

608 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 22:25:26 ID:InVdm0mC
まあ、いまだに「南京大虐殺は無かった」などと言って恥の上塗りをする
潔く無い連中が沢山いるが。

609 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 22:28:51 ID:Km9VAVIR
所詮戦争なんてどっちもどっちなのに、日本人は相手を責めず、自己批判に終始する。
高潔な民族の証だな。

610 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/12(月) 22:34:13 ID:OT4gPiLk

南京虐殺はないよ。単に捕虜(便意兵)を処分しただけだ。(・_・)| ̄|_=▲ ブリッ

。。

611 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 22:40:55 ID:Vme8lYFF
『細木数子を踏み潰すブログ』
暴言? 妄言! 北朝鮮に即時巨大援助を!!!!(動画付き)
http://blog.livedoor.jp/tenchu13/archives/50443017.html

612 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 22:44:37 ID:Km9VAVIR
そう、南京大虐殺など無かった。
しかしその事実を明らかにしようとするだけで、これほど非難を浴びるのも、裏をかえせば高潔な証拠。
日本人は偉大な民族だ。

613 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:06:55 ID:InVdm0mC
南京大虐殺はあったし日本は侵略戦争をした。「戦争はどっちもどっち」じゃ
ないだろ。日中戦争は日本が中国を侵略して中国は日本の侵略に抵抗したわけ
なんだから。
強盗に入られた家の住民が強盗から家族を守るため戦ってるのをみて
「どっちもどっちだよな」と言うのがおかしいのと同じ。

614 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:21:39 ID:P4s24N5o
>>612
右翼バカのたわ言でもネットで表現できるからいいなあ?


615 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:25:05 ID:yh7cwTeA
侵略という意味では日本がアヘン戦争で疲弊し欧米列強に侵略されたいた中国を亜有色人種で唯一近代化に成功し
欧米列強を中国から追い出し開放してやったのに欧米列強に全く謝罪や保証を要求せず日本にだけ要求する。

おまけに日本の田中角栄と手を組み戦後賠償を要求しないがODAという形で実質賠償を受け取るという狡猾さを発揮
田中派もODAのキックバックで政権獲得の軍資金を手に入れた。
その田中派も凋落し大半が民主党へと移っていった。
中国と手を切れない親中国田中派残党は小泉靖国批判等今度は民主党内から中国に力を貸している

616 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:26:42 ID:7xxELnGB
櫨講橋事件の最初の一発の犯人は、文革で失脚した、劉少奇の部下(国民党軍の服を着た)
通州事件も流れからいったら、中共のしわざと考えていいだろう。
国民党軍と日本軍は、中共の思う壺で、激しく戦い。結局、漁夫の利を得たのは、
中国共産党である。戦後、毛沢東は、社会党委員長の佐々木コウゾウ氏に
(中国共産党が今あるのは、日本軍国主義のおかげです)と感謝した。
佐々木氏は、呆然としたそうである。

617 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/12(月) 23:30:50 ID:OT4gPiLk

日本が自己反省をしたとしても、それをチベットで戦後大虐殺をした、

虫国共産党に言われる筋合いはないんだな。

日本が戦ったのは、虫国国民党軍。虫国国民党の台湾が日本を批判するのなら、
まあ解らんこともないが、中国国民党の関係者を皆殺しにしたした
現虫国である虫国共産党に、言われる筋合いはないんだな。

強盗が自宅に強盗に入られて、自分の金を盗んだやつは、
悪いやつだというような紋だな。○| ̄|_=3 プッ

。。

618 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:36:27 ID:Tr7txOcx
なんか否定派ウヨのいうことは支離滅裂だな!!!

619 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:41:54 ID:P4s24N5o
右翼は拉致拉致拉致拉致拉致・・・
右翼はチベットチベットチベットチベット・・・

ではついでに南京大虐殺も唱えてくれやぁ。


620 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/13(火) 00:02:21 ID:OT4gPiLk

>>617 のモデの発言は、
資料や写真や当時の生き残りの発言が、でたらめだとか証拠がないとか逝ってるんではなく、

至極当たり前の、誰もが理解できるまともなことを逝ってるだけなんだが。。。

南京で虐殺はなかった。ただ便意兵を処分しただけ。

。。

621 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 00:09:25 ID:q2Q3mXz1

もし、日本が便意兵を見逃していたら、日本軍は、今のイラクのアメリカのように、

莫大な被害者が出てたであろう。

それも、虫国式の殺し方はエグイから、そうとう悲惨な(苦痛を伴う)殺され方で
殺される。。。(2柔道し)

。。

622 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 00:26:32 ID:4WLnLeT2

虫国式の殺し方はエグイから、そうとう悲惨な(苦痛を伴う)殺され方で
殺される。。。(2柔道し)


http://www.k3.dion.ne.jp/~syouhou/sainannjikenn1.html

623 :(笑):2007/02/13(火) 00:42:41 ID:CwcNpj+5
>侵略という意味では日本がアヘン戦争で疲弊し欧米列強に侵略されたいた中国を亜有色人種で唯一近代化に成功し
>欧米列強を中国から追い出し開放してやったのに欧米列強に全く謝罪や保証を要求せず日本にだけ要求する。



清沢洌 『暗黒日記』 昭和十七年三月十六日

 「陛下が東条首相に語り給うた、「有吉公使が、かつて言っていた。支那における西洋人は皿の中
 の御馳走を、皆食った。しかるに日本人は皿まで食ってしまうと」東条は恐懼(きょうく)して帰っ
 てきて、高等官を集め、大御心を伝え、対支政策の転換を語ったとのことだ」


624 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 00:49:45 ID:rc7nWJ5g
>>620
当時の南京で便意兵がいたというのは何を根拠にしてるの?
つまり、軍服を脱いだ者が戦闘行為をしたというのは何を根拠にしてるのか?
また、捕虜の殺害でいうなら軍服を着て無いものよりも軍服を着てた正規兵
に対する殺害の方が多かったんですけど。。。

625 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 00:50:00 ID:uJtHf9oM
>>621
>もし、日本が便意兵を見逃していたら

べんい【便意】
大小便をしたいという気持。便気。「便意を催す」
プラス
「兵」

もし、日本が大小便をしたいという気持の兵を見逃していたら

これ何なん?

626 :まあ開放でも解放でも何でもいいけどさ(笑):2007/02/13(火) 00:56:30 ID:CwcNpj+5
 「新しく作られた自治連合政府(冀東防共自治政府)が、親日派を長官に選び、日本の軍部と手を
 握っていたことから、この冀東地区こそ、満州、関東州などから送り込まれるヘロインなどの密輸
 基地の観を呈し始めたのである。
  首都は通州に所在したが、この首都郊外ですら、日本軍特務機関の暗黙の了解のもとに、麻薬製
 造が公然と行なわれたのである。
  冀東地区から、ヘロインを中心とする種々の麻薬が、奔流のように北支那五省に流れ出していっ
 た。全満州、関東州は、冀東景気で湧き返った。徴兵検査前の日本人の青少年がヘロイン製造と販
 売のいずれかにちょっと手を染めるだけで、身分不相応な収入を得ることができ、彼らの遊び興ず
 る姿が、天津の花柳界に夜な夜な見うけられるようになった。
  大連の花町やダンスホールなどは、当時の金で一晩に数百円の遊びをする青年たちによって埋め
 られた。
  ヘロインの結晶づくりで、一キロにつき千円の儲け(工賃)があり、一晩に五キロや一〇キロは
 大した苦労もなしに作ることができたから、金を湯水のように浪費することは当然のように考えら
 れていたのである。
  冀東地区のヘロイン原料は、やはり熱河とか張家口あたりを窓口にして綏遠産が主に運び込まれ
 ていた。業者が増えると販売競争が激しくなり、業者間で取締り当局に競争相手を売ることもあっ
 た。だが、警備当局が業者の工場に踏みこんでみると、すでに日本軍の憲兵の手がまわっていて、
 たとえ証拠物件のヘロイン粉を押収したりしても、必ずあとから特務機関本部に呼び出しがあって、
 却って家屋侵入を責められることになるのがオチであった」

   ( 『人物往来』1965年9月号 山内三郎(元満州製薬株式会社社長) 「麻薬と戦争」 より)


627 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 01:05:48 ID:/tYZGzAL
まあチベット批判する奴は当然南京も批判すべきだな

628 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/13(火) 04:27:34 ID:q2Q3mXz1

>>625 虫国人は、どこでもウンチや痰吐きするから、それでいいんだYO。

>>627 逆だな。南京虐殺をを批判するやつは、当然チベット大虐殺も非難すべきだな。

。。

629 :憂国士(by教授):2007/02/13(火) 05:35:54 ID:aR18EpM6
>>597>>598>>599>>600>>601>>602>>603>>604のごとき既に陳腐化した左翼欺瞞文書の
の典型に惑わされる事無き様老婆心までに申し上げる。
今更とも言えるこの様な有名な欺瞞文書を持ち出してのなりふり構わぬ狼狽振りは
最早哀れと言う外ない。精神の安定を保つ唯一の砦を打ち砕かれ精神の拠り所を失った
虎の威を借る狐どもの哀れな末路である。


630 :憂国士(by教授):2007/02/13(火) 05:42:11 ID:aR18EpM6
●ニューヨーク・タイムズ昭和13年1月4日
南京の金陵女子大学に避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、
逃亡中の大佐1名とその部下の将校6名をかくまっていたことを発見し、心底から当惑した。
実のところ教授たちはこの大佐をそのキャンプで2番目に権力ある地位につけていたのである。
この将校たちは支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中にライフル6丁と、ピストル5丁、砲台からはずした機関銃1丁に、
弾薬をも隠していたが、それを日本軍の捜索隊に発見されて、自分たちのものであると自白した。
この将校たちは南京で略奪したことと、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、
その翌日には日本兵が襲った風にしたことを、アメリカ人たちや他の外国人たちのいる前で自白した。
この元将校たちは逮捕された。戒厳令に照らして罰せられ、おそらく処刑されるであろう。
●チャイナ・プレス1月25日
12月28日までに、将校23名を含む1575名が安全地帯に機関銃やライフルを隠して潜伏しているのを摘発された。
その中には南京平和防衛軍 Nanking peace preservation corps 司令官王信労(ワン・シンラウ 音訳)がいた。
彼は陳弥(チェン・ミイ 音訳)という偽名で国際委員会の第4部門を率い、3人の部下とともに「略奪、扇動、強姦にたずさわった。

以上は正真正銘、当時の南京の紛れもない真実の有様を伝えた
2大プレスの記事のを含むである。ここに真のジャーナリズムが在る。
これを見れば、隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、
あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける【>>597>>598>>599>>600>>601>>602>>603>>604>>】のごとき
蒙昧の輩らの『他愛無い姑息な偽論』などは言うに及ばず、『所謂南京虐殺』を肯定する如何なる
映像・文書等各種伝達媒体を労した欺瞞工作なども、最早、単なる茶番でしかない。




631 :憂国士(by教授):2007/02/13(火) 05:45:32 ID:aR18EpM6
●ニューヨーク・タイムズ昭和13年1月4日
南京の金陵女子大学に避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、
逃亡中の大佐1名とその部下の将校6名をかくまっていたことを発見し、心底から当惑した。
実のところ教授たちはこの大佐をそのキャンプで2番目に権力ある地位につけていたのである。
この将校たちは支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中にライフル6丁と、ピストル5丁、砲台からはずした機関銃1丁に、
弾薬をも隠していたが、それを日本軍の捜索隊に発見されて、自分たちのものであると自白した。
この将校たちは南京で略奪したことと、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、
その翌日には日本兵が襲った風にしたことを、アメリカ人たちや他の外国人たちのいる前で自白した。
この元将校たちは逮捕された。戒厳令に照らして罰せられ、おそらく処刑されるであろう。
●チャイナ・プレス1月25日
12月28日までに、将校23名を含む1575名が安全地帯に機関銃やライフルを隠して潜伏しているのを摘発された。
その中には南京平和防衛軍 Nanking peace preservation corps 司令官王信労(ワン・シンラウ 音訳)がいた。
彼は陳弥(チェン・ミイ 音訳)という偽名で国際委員会の第4部門を率い、3人の部下とともに「略奪、扇動、強姦にたずさわった。



632 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 05:46:10 ID:aR18EpM6
以上は正真正銘、当時の南京の紛れもない真実の有様を伝えた
2大プレスの記事のを含むである。ここに真のジャーナリズムが在る。
これを見れば、隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、
あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける【>>597>>598>>599>>600>>601>>602>>603>>604>>】のごとき
蒙昧の輩らの『他愛無い姑息な偽論』などは言うに及ばず、『所謂南京虐殺』を肯定する如何なる
映像・文書等各種伝達媒体を労した欺瞞工作なども、最早、単なる茶番でしかない。


633 :憂国士(by教授):2007/02/13(火) 05:47:14 ID:aR18EpM6
以上は正真正銘、当時の南京の紛れもない真実の有様を伝えた
2大プレスの記事のを含むである。ここに真のジャーナリズムが在る。
これを見れば、隣国の忌々しき社会主義思想に毒されている事にも気付かず、無自覚に正義面で、
あるいは自身の姑息な精神安定の為に、南京大虐殺を肯定し続ける【>>597>>598>>599>>600>>601>>602>>603>>604>>】のごとき
蒙昧の輩らの『他愛無い姑息な偽論』などは言うに及ばず、『所謂南京虐殺』を肯定する如何なる
映像・文書等各種伝達媒体を労した欺瞞工作なども、最早、単なる茶番でしかない。


634 :憂国士(by教授):2007/02/13(火) 06:12:59 ID:aR18EpM6
【真に残虐な共産中国は農耕民族である日本人の想像を絶する】
〜中国の刑務所、女性に残酷な性的拷問〜
--------------------------------------------------------------------------------
 【大紀元日本7月12日】最近、中国官僚が相次ぎ海外で亡命した、彼らが提供した情報で、中国政府のゲシュタポ組織「610弁公室」が、残酷に法輪功愛好者を拷問する実情が明かされた。
 婦女の権益及び社会的地位の保障は、国家文明を判断する一つの基準。前中国国家主席・江沢民は、ある時に国営テレビで、1989年の天安門学生民主運動に参加した女子大生が労働教養中に性的暴行を受けたことについて、
記者に質問され、「暴徒だから、当たり前の処罰だ」と答えた。
「法輪功人権報告」によると、全国の労働教養所に監禁されている数十万人の女性法輪功愛好者が受けた残酷な性的拷問の内容は、ほとんどの人は、▽裸にされる(長期的なケースも)▽生理時のナプキンの使用禁止

つづく

635 :憂国士(by教授):2007/02/13(火) 06:14:12 ID:aR18EpM6
>>634つづき
▽胸または陰部に殴る蹴るの暴行▽警官によるレイプまたは集団レイプ▽外陰部をスタンガンで長時間電撃▽硬いブラシを性器に挿入し、乱暴にこする▽裸にされ、男性囚人と同室させるなどである。
ある刑務所から脱出した女性法輪功愛好者は「労働教養所の残酷さ、人間の想像の域を超えている」と語った。
「全世界法輪功学習者を救う会」の資料によると、妊娠中の法輪功愛好者は、ほとんどが妊娠中絶を強要された。以下はその実例である。
蘭州大学歴史専攻博士・王紅梅さんは、2001年6月7日に逮捕され、蘭州市桃樹坪労働教養所に監禁された。妊娠中の彼女は、警察に強制中絶させられた。
遼寧省本渓の譚亜嬌さんは、妊娠中に東明派出所に監禁され、不当逮捕に抗議するため、食事を拒否した。警察は彼女の手足を鉄の輪で固定し、流動食を流し込むための汚い管を無理やりに食道に差し込み、
一週間以上にそのまま放置した、その間警官・張晋娟の指令でひどい暴力を受けた。ある日、拷問の最中で子宮から大量に出血し、お腹の赤ちゃんが流産した。

もし、この先(充分可能性はあるのであるが)共産党の一党独裁が統制力を失い中国が分裂し一時的な無法状態になった時、この国の暴徒と化した人民は、
日本に跋扈する中共の飼い犬どもの欺瞞工作によって捏ね上げられた所謂南京虐殺肯定論を口実に、何の後ろめたさも感じること無く
在留邦人女性を全く同じ恐怖と苦痛のどん底に陥れるだろう。


636 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 08:07:27 ID:xYEJJkkP
スーパーコピペマシーン大活躍ですが
映画のためにはマイナスなので
内容を要約して
論破された部分は改訂して再投稿していただきたいです

637 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 08:09:26 ID:W30sfblt
なんか好きな人間んのとこに女の子が行くのを必死で否定してる
フランス人が居ますね

638 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 12:29:56 ID:4WLnLeT2
軍服脱いで卑近の民家の潜むなんてやり方は一番遣ってはいけない行動だ
世紀の軍隊はこれ以上厄介な恐怖はない。ベトナムでもイラクでもこれが
原因で民間人が多数犠牲になっている。
南京でも同じ事、南京の民間人はこの軍服を捨て他連中に直接暴行、略奪、殺害されたのも多い
間接的にもこの連中に責任の大半がある
客観的に見ても日中両国の兵隊によって民間人に犠牲者が出た、その数5千から8千人とされている
これが真相なのではないか。捕虜は戦闘行為中に処刑されたのだから問題外として
民間人の犠牲については日中両国政府にある。国民党軍、共産党軍、日本軍の戦闘に巻き込まれて
犠牲者が出たということだ。

639 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 13:57:30 ID:1uXXK+cq
ここを見て否定派のいい加減さがよくわかりました。

640 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 14:29:29 ID:4WLnLeT2
今資料の範囲明らかになっているのは
こんなものでしょう

日本軍による民間人大虐殺? 無い
国民党軍、共産党軍、南京住民自身、による民間人大殺戮はあった
日本軍による一部兵隊の規律の乱れによる殺戮あった 
戦闘行為による中国人の犠牲は多数あった

641 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/13(火) 14:47:42 ID:q2Q3mXz1
>>624
>当時の南京で便意兵がいたというのは何を根拠にしてるの?
>つまり、軍服を脱いだ者が戦闘行為をしたというのは何を根拠にしてるのか?

日本が南京場内に入ったとき、軍服が脱ぎ捨てられていた。これは、明らかな便意兵として、
民間人の中に逃げたことを意味する。単に撤退するなら、軍服着て逃げればいいことだ。
便意兵を使わなければ、日本は、間違って民間人を処分する必要もなかった。
便意兵が、日本人を襲ってからでは遅すぎる。お金が無くなってから、働くようなもんだな。
便意兵に日本人がたくさん殺されてたら、藻舞だって、このように存在してるとは限らんぞ。

>また、捕虜の殺害でいうなら軍服を着て無いものよりも軍服を着てた正規兵
>に対する殺害の方が多かったんですけど。。。

軍服を着てた正規兵を処刑したのなら、騒ぐこと無いよ。戦争じゃなく、単なる地域紛争だ。
南京事件は、そもそも無かったことになるよ。

。。

642 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 16:27:43 ID:OwGFL2y8
ネタバレ(>>575)してから、一行レスが目立ってきましたな。

643 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 17:06:37 ID:5697T06r
>>641
> 民間人の中に逃げたことを意味する。単に撤退するなら、軍服着て逃げればいいことだ。
当時の国民党兵士は南京で徴兵された人間が多い。
そして指揮官は闘争し、指揮系統は無くなった。
事実上軍務がとかれ作戦行動が終了したわけだ。
である以上、軍服を着ていつまでも交戦者であることを
続ける理由は無い。
つまり、便衣兵狩りは軍務についていない正規兵
所属(かどうかも不明)の人間を殺したわけだ。
これを制服を着ていない、便衣兵だとして殺すのは
正当化できん。

大体否定派が言うように便衣兵狩りが正当化できるなら
民間人を便衣兵とみなして殺し放題じゃないか。
そんなもの認められるはずが無い。

644 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/13(火) 17:11:26 ID:q2Q3mXz1

もっといい表現が浮かんだ。!(・∀・)

便意兵(ゲリラ兵)が日本人を襲っていないではないかについての反論たとえ。

泥棒(強盗だな)に入られていないのに、何でカギをかけるんだ、と言うのに等しい。

虫国人がやる強盗は、一家皆殺しだから、なってからでは遅いがな。

カネカネ。キンコキンコ。ニダ。ワコウ、ミナシヌあるよ。なんて。○| ̄|_=3 プッ

。。

645 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 17:29:08 ID:q2Q3mXz1

>>643
>当時の国民党兵士は南京で徴兵された人間が多い。
よくもまあ、そんな大嘘こけるね。
指揮官が退いたら、兵隊は、服脱いで逃げていいのか?
何ネゴと言ってるの?
自分の民間人(南京からの徴兵なら家族や親戚や子供がいるだろ)を
見捨てて逃げるのは、クソじゃないか。氏んで当然。
民間人を便意兵として殺すのは良くないが、それをさせたのは、虫国側。
服来たまま、にげてりゃあ、便意兵と間違って、民間人を処分する必要もなかった。
NHKの放送でも、便意兵がどこに隠れているか解らず、怖かったって証言していたな。

虫国が軍服来たまま逃げていれば、民間人を間違って処刑することもなかった。

そもそも、捕虜の処刑が禁止なら、便意兵も禁止されている。
その理由はもちろん、兵士に間違われて、民間人が殺されるからだ。

。。

646 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 17:39:46 ID:q2Q3mXz1

モデは、虫国チョン賤、ロシアが、嫌いなのではない。

相手が殴ってくるから、こっちも殴り返してるだけなんだな。( ̄(エ) ̄)y◆°°°

仲良くなれば、橋やトンネルでつなげて、日本から列車や車で行き来できるような、
世界になることを望む。

。。

647 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 17:56:15 ID:Zm2EWETC
>これを制服を着ていない、便衣兵だとして殺すのは正当化できん。

違うよ。
軍服を着たまま投降すれば『捕虜』扱いだが、
軍服を脱ぎ、市民に紛れこむ行為は、戦闘継続意志ありと見られてもしょうがない。
日本軍が便衣兵(ゲリラ兵)と判断したことには合理性がある。


648 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 18:34:58 ID:5697T06r
>>645
> よくもまあ、そんな大嘘こけるね。
南京戦における国民党軍兵士の6割が
現地徴兵によるもの。

> 自分の民間人(南京からの徴兵なら家族や親戚や子供がいるだろ)を
> 見捨てて逃げるのは、クソじゃないか。氏んで当然。
南京が自分の家なんだから任務が終わったら家に帰り
残虐な日本人から家族を守る。
当然のことだろ。

> 民間人を便意兵として殺すのは良くないが、それをさせたのは、虫国側。
便衣兵狩りで摘出した人間を後送して軍律裁判にかけて
所属と罪状を明らかにすれば無駄に死人を出すことも無かった。
何でそうしなかった?

> NHKの放送でも、便意兵がどこに隠れているか解らず、怖かったって証言していたな。
日本軍がビビッていたからなんだってんだ?

> そもそも、捕虜の処刑が禁止なら、便意兵も禁止されている。
便衣着用で戦闘することは禁止されてるな。
ただし南京でそういう自体があったという記録は無い。

649 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 18:36:41 ID:5697T06r
>>647
> 軍服を脱ぎ、市民に紛れこむ行為は、戦闘継続意志ありと見られてもしょうがない。
ただし摘出し武装解除し日本軍の管理下におかれた時点で
戦闘終了だ。

>日本軍が便衣兵(ゲリラ兵)と判断したことには合理性がある。
ゲリラ兵は便衣兵とは違う。
無根拠にイコールでつながないように。

650 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 18:59:45 ID:oMD7Pu4Z
>便衣兵狩りで摘出した人間を後送して軍律裁判にかけて
>所属と罪状を明らかにすれば無駄に死人を出すことも無かった。
>何でそうしなかった?

なんでそんなことしなきゃならないんだ?
どれだけの労力と費用がかかるよ
アホか? これは戦争だ

つーかもしかして捕虜殺したから「南京大虐殺」とか言われてんのかよ
アホくさw

651 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 19:39:12 ID:5697T06r
>>650
↑によれば

・労力と費用を節約するためなら国際法も文民の
生命も無視してかまわない。
・戦争だから捕虜を殺してもよい。

こういう思考回路のやつがいたから南京事件が起こったんだろうな。

652 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 19:53:48 ID:GPa3ZEet
サヨは一般市民の無差別大量虐殺なんて大嘘をついていたんだから
まずは謝れよ。話はそこからだ。

653 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:06:54 ID:FJBUVLAr
>松井や日本の名誉のためにも真相を検証すべきなのに偽写真、フイルム、
>こじつけ、捻じ曲げた解釈で犠牲者数を増やすことは許されない
念のためにのも言いますが、東京裁判では証拠として「フイルム」が使っておらず、
写真も限定的に数枚(記憶が間違いがなければ2枚位だと思う)程度しか使っていませんよ。
偽も糞もありませんねw
>>587
ま、否定派の諸君がこのような馬鹿な考え↓をしていない事を祈るだけですね。

原告が30人だと言っていますが、私には数人程度しか殺していないのだから「無罪」。
(「数人程度」を殺したという「事実」さえ無視)
また数人程度しか殺していないから、このような犯罪はほかにもいっぱいあるから別にいいじゃないか?
(考え方としては駐車禁止の所に駐車して、それを注意されると言い訳で「皆も無断駐車俺もいいじゃん」
口癖は「皆も〜だから俺も〜」と自分で自分の過ちを「周囲」と比べて正当化する)
いくら「周囲」と比べてからと言って自分が犯した行為が許されないと言うのに・・・(呆

654 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:07:52 ID:+45P0K4C
便衣兵には交戦者資格がないので、戦争の法規、すなわち捕虜としての権利の適用外です。
殺されても文句は言えません。

655 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:10:47 ID:FJBUVLAr
>>651
>こういう思考回路のやつがいたから南京事件が起こったんだろうな。
まったく同感ですね。

656 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:15:26 ID:FJBUVLAr
>便衣兵には交戦者資格がないので、戦争の法規、すなわち捕虜としての権利の適用外です。
>殺されても文句は言えません。
裁判をすればですよ。って裁判はしたのですか?(笑
立作太郎『戦時国際法論』p53
凡そ戦時犯罪人は、軍事裁判所又は其他の交戦国の任意に定むる
裁判所に於いて審問すべきものである。然れども一旦権内に入れる後、
全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜ
らるる所と認めねばならぬ。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/a...
ちなみに
東京裁判では、弁護側は「裁判をした」と主張した(苦笑
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=one;no=5...

657 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:20:35 ID:+45P0K4C
それに東京裁判では、偽証罪の規定のない証言が証拠として採用されています。
他にも事後法で裁かれたり、原爆投下や東京大空襲、通州大虐殺などの連合国側の犯罪行為は、一切不問にされています。
つまり東京裁判は、勝者が敗者を一方的に裁いた、インチキリンチ裁判なのです。

658 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:20:50 ID:FJBUVLAr
いずれにしても、事実としてはっきりと言えることは、

当時の日本軍の記録には「掃討で敗残兵を殲滅した」と書かれている。
「国際法違反の便衣兵を処刑した」という記述はない。
居留外国人や海外の報道は、これを非人道行為と考えている。
10年後の東京裁判で、弁護側は「武器を持って潜んでいたものは裁判に掛けた」
と主張した。「無裁判処刑は合法である」とは主張していない。
事件の40年後に定められた国際戦争法では、日本軍の行ったような行為は違法で
あると明文で記述されるようになった。

これらが、この問題の扱われてきた実際の歴史だということだ。
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%a1%d6%ca%d8%b0%e1%c
a%bc%a1%d7%bd%e8%b7%ba%a4%cf%b9%e7%cb%a1%a4%ab%a1%a9

659 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:23:43 ID:+45P0K4C
656

便衣兵は、その国際法の適用外なんですが?

660 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:24:48 ID:5697T06r
>>657
>>657
> 通州大虐殺などの連合国側の犯罪行為は、
何これ?
頭がおかしいの?

661 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:25:59 ID:FJBUVLAr
>便衣兵は、その国際法の適用外なんですが?
便衣行為自体が「戦時犯罪」なのでそれを断罪するには裁判が必要です。
立作太郎『戦時国際法論』p53
凡そ戦時犯罪人は、軍事裁判所又は其他の交戦国の任意に定むる
裁判所に於いて審問すべきものである。然れども一旦権内に入れる後、
全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜ
らるる所と認めねばならぬ。

662 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:28:28 ID:FJBUVLAr
通州大虐殺
↑これをやったのは日本の傀儡政権で中国政府と一切関係がありませんよ(笑
またすでに早い段階か謝罪と賠償が行なわれており・・・解決済みなのですが(笑

663 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:30:34 ID:FJBUVLAr
>『通州大虐殺などの連合国側』
↑これはまったくの無知だとしか言いようがありませんね・・・(笑

664 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:34:49 ID:+45P0K4C
661

違うよ。
便衣兵には交戦者資格がないから、戦時国際法が適用されないんだよ。
ハーグ条約には交戦者の定義があり、その定義上の交戦者に、戦争の法規が適用されると明記されているよ。

665 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:36:05 ID:JqHtieY8
国共合作した中国側の流言(俺達につかないとおめーら殺すぞみたいな)
によってその傀儡政権というのが国民党側について、
日本を裏切る形で攻撃したというのを聞いたことがある 

666 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:40:58 ID:+45P0K4C
はいはい。
支那の連合国は国民党だけですね。
訂正します。

667 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:41:01 ID:FJBUVLAr
ちなみにID:+45P0K4C君
通州事件・・・被害者は約200人位ですが、これを「大虐殺」だと言いましたね。
なら南京事件は小虐殺派の計算でも被害者は8000人位ですね。だとすれば優に通州の
40倍となる計算ですね。
では質問です
200人位の通州事件ですら君の言い分では「大虐殺」だとすれば
その40倍の8000人位になる南京事件はなにになるのでしょうか?

668 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:47:08 ID:FJBUVLAr
>便衣兵には交戦者資格がないから、戦時国際法が適用されないんだよ。
何度も同じことを言わせないで下さい。
便衣行為自体が「戦時犯罪」なのでそれを断罪するには裁判が必要です。
立作太郎『戦時国際法論』p53
凡そ戦時犯罪人は、軍事裁判所又は其他の交戦国の任意に定むる
裁判所に於いて審問すべきものである。然れども一旦権内に入れる後、
全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜ
らるる所と認めねばならぬ。

669 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:49:29 ID:zH1URRqI
身自ら厚くして薄く人を責めればすなわち怨みに遠ざかる
(自分の責任を重くして人を責めるのは軽くすれば恨み言からは遠ざかる)

日本は謝ったはずだが、
中国はチベットに、(略)

670 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:52:34 ID:+45P0K4C
はいはい。
大虐殺は原爆投下と東京大空襲です。
通州大虐殺は通州事件と訂正します。
であるとすれば、南京大虐殺も、ただの南京事件となるわけだ。
しかし、その文章の趣旨はそこじゃないんだけどな。
どうして君達は趣旨と関係のない、言葉の挙げ足とりばっかするの?

671 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:53:00 ID:FJBUVLAr
森島守人氏「陰謀・暗殺・軍刀」より 

 通州事件

  北京に関するかぎり、何等の不祥事件もなく、無事に過ごし得たが、一大
痛恨事は北京を去る里余の地点、通州における居留民の惨殺事件であった。

 通州は日本の勢力下にあった冀東防共自治政府の所在地で、親日派の殷汝耕の
御膝元であり、何人もこの地に事端の起ることを予想したものはなかった。むしろ
北京からわざわざ避難した者さえあったくらいだった。

 冀東二十三県は塘沽協定によって、非武装地帯となっており、中国軍隊の駐屯を
認めていなかったにかかわらず、わが現地軍が宋哲元麾下の一小部隊の駐屯を黙認し
ていたのが、そもそもの原因であった。中国部隊を掃蕩するため出動したわが飛行部隊が、
誤って一弾を冀東防共自治政府麾下の、すなわちわが方に属していた保安隊の上に落すと、
保安隊では自分たちを攻撃したものと早合点して、さきんじて邦人を惨殺したのが真相で、
巷間の噂と異り殷汝耕には全然責任がなく、一にわが陸軍の責任に帰すべきものであった。
(P127〜P128)

672 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:53:51 ID:zH1URRqI
身自ら厚くして薄く人を責めればすなわち怨みに遠ざかる
(自分の責任を重くして人を責めるのは軽くすれば恨み言からは遠ざかる)

日本は謝ったはずだが、
中国はチベットに、(略)


673 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:00:27 ID:FJBUVLAr
>しかし、その文章の趣旨はそこじゃないんだけどな。
>どうして君達は趣旨と関係のない、言葉の挙げ足とりばっかするの?
言葉の挙げ足とりではなく、君の言い分があまりにも不公平だったからでしょう?
貴方に言えることは一つ
「他人のせいにするな」
>大虐殺は原爆投下と東京大空襲です。
あれ?これも君の言い分と矛盾していますよ。君の言い分では

654 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:07:52 ID:+45P0K4C
便衣兵には交戦者資格がないので、戦争の法規、すなわち捕虜としての権利の適用外です。
殺されても文句は言えません。

になっていますよ。では原爆投下と東京大空襲も虐殺ではありませんよ。
なぜなら東京も広島も長崎も君がいう「便衣兵」はたくさんいますよ。
何かというと「竹やり便衣兵」ですよ。君の言い分からすれば
便衣兵は殺されても文句は言えませんよな?

674 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:01:25 ID:+45P0K4C
668

君もわからんヤツだな。
その裁判が必要だというのが戦時国際法であり、交戦者資格がなければ、その法規の適用外なんだよ。
ハーグ陸戦条約を読め。

675 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:05:52 ID:FJBUVLAr
ちなみにその「竹やり便衣兵」はほぼ全員だったと言っても差し支えないでしょう。
「一億総特攻」だったですよね?
すなわち女も子供も老人も「竹やり便衣兵」で君が言う戦争の法規の適用外です。
殺されても文句は言えませんだったですよね?
ならそれこ全滅をさせても君の言い分からでは「大虐殺」にはなりませんよ?
困ったね。

676 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:07:08 ID:+45P0K4C
673

訓練しただけで便衣兵か?
まあしかし、君も俺の理論に賛同してくれるというなら、二重基準を使うなよ。

677 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:11:28 ID:FJBUVLAr
>その裁判が必要だというのが戦時国際法であり、交戦者資格がなければ、その法規の適用外なんだよ。
>ハーグ陸戦条約を読め。
分らんのは君のほうでしょう。問題のハーグ陸戦条約の部分では

【第一条】(民兵と義勇兵)

 戦争の法規及権利義務は、単に之を軍に適用するのみならす、 左の条件を具備する民兵及義勇兵団にも亦之を適用す。
一. 部下の為に責任を負ふ者其の頭に在ること
二. 遠方より認識し得へき固著の特殊徽章を有すること
三. 公然兵器を携帯すること
四. 其の動作に付戦争の法規慣例を遵守すること
民兵又は義勇兵団を以て軍の全部又は一部を組織する国に在ては、之を軍の名称中に包含す。

これは正規軍向けではなく所謂「民兵と義勇兵」向けのものですよ。
南京の便衣兵は元々から民兵と義勇兵ではなく正規軍だったですよ。
正規軍を「民兵と義勇兵」の項で判断するのはいかがなものでしょうか?

678 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:17:46 ID:+45P0K4C
675

君が原爆投下は大虐殺じゃないと主張するなら、一向にかまわない。
しかしそう主張しながら、南京大虐殺があったと主張するのはタブルスタンダード。
つまり詭弁だな。
議論をするなら、あくまで自分の立場で一貫性のある主張をしろよ。

679 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:18:35 ID:FJBUVLAr
>訓練しただけで便衣兵か?
ええ。南京では便衣兵が日本軍に攻撃した記録がありませんよ。
にもかかわらず日本軍はたくさんの敗残兵を処刑しました。理論としては
事前防止は合法だそうです。否定派の理論から借りればアメリカ軍も事前防止策として
「脅威」になる「竹やり便衣兵」を事前に取り除く事は違法ではありませんよ。

ましかし、君も俺の理論に賛同してくれるというなら、二重基準を使うなよ。
私は貴方の理論に賛同していませんよ?勘違いしないで下さい(笑
あくまで君の理論はいかに欠陥だらけであるのかを指摘しただけですよ(苦笑

680 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:24:28 ID:FJBUVLAr
>君が原爆投下は大虐殺じゃないと主張するなら、一向にかまわない。
>しかしそう主張しながら、南京大虐殺があったと主張するのはタブルスタンダード。
>つまり詭弁だな。
>議論をするなら、あくまで自分の立場で一貫性のある主張をしろよ。
私は原爆投下も通州事件も南京事件も大虐殺だと思っていますよ。タブルスタンダード
も何も単なる君の思い込みですし、むしろタブルスタンダード
をしているのは君のほうですよ。通州事件を大虐殺と言いながら
南京事件を大虐殺だと最初は思っていないでしょ。
私はむしろ君のタブルスタンダード的な立場を指摘しただけですよ。

681 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:25:34 ID:JqHtieY8
>>671
ぐぐってみたけど左翼出版社の岩波から出てるのか

682 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:25:58 ID:+45P0K4C
677

その文章を素直に読めば、戦争の法規は、軍と民兵と義勇兵に適用されると読めるが?
ゲリラや便衣兵に適用されるなんて、一言も書いてない。

683 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:30:26 ID:FJBUVLAr
>その文章を素直に読めば、戦争の法規は、軍と民兵と義勇兵に適用されると読めるが?
>ゲリラや便衣兵に適用されるなんて、一言も書いてない。
やれやれ。私に「言葉の挙げ足とりばっかり」と言いながら、ちゃっかりとご自分もして
いるんじゃありませんか?ちなみに今の貴方の主張はキチガイ以外の何ものでも
ありませんよ?


684 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:37:03 ID:+45P0K4C
680

君は俺の理論を勝手に解釈したうえ、それに乗っかって原爆投下を大虐殺じゃないと主張したじゃないか。
だったら最初から自分の理屈で語れ。

685 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:37:14 ID:FJBUVLAr
ID:+45P0K4C君・・・悪い事は言いませんから、もっとしっかり勉強をしましょう。
ここは政治板だからよかったものの、極東板なら身内の否定派からも「攻撃」
されますよ。「肯定派に攻撃のエサを与えるなw」とね(笑

その文章を素直に読めば、戦争の法規は、軍と民兵と義勇兵に適用されると読めるが?
ゲリラや便衣兵に適用されるなんて、一言も書いてない。

私も結構長く議論に参加していましたが・・・このようなキチガイ主張は初めてなんですよ(苦笑

686 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:42:26 ID:+45P0K4C
685

人をキチガイと罵るだけじゃなく、きちんと反論しろよ。

687 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:44:04 ID:FJBUVLAr
すみません、訂正です。
×私も結構長く議論に参加していましたが・・・このようなキチガイ主張は初めてなんですよ(苦笑
○私も結構長く議論に参加していましたが・・・このようなキチガイ主張は初めて見たのですよ(苦笑

>君は俺の理論を勝手に解釈したうえ、それに乗っかって原爆投下を大虐殺じゃないと主張したじゃないか。
>だったら最初から自分の理屈で語れ。
勝手もなにも貴方に理論ではそうなるじゃありませんか?自覚はないんですね(笑

654 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:07:52 ID:+45P0K4C
便衣兵には交戦者資格がないので、戦争の法規、すなわち捕虜としての権利の適用外です。
殺されても文句は言えません。

になっていますよ。では原爆投下と東京大空襲も虐殺ではありませんよ。
なぜなら東京も広島も長崎も君がいう「便衣兵」はたくさんいますよ。
何かというと「竹やり便衣兵」ですよ。君の言い分からすれば
便衣兵は殺されても文句は言えませんよな?
すなわち女も子供も老人も「竹やり便衣兵」で君が言う戦争の法規の適用外です。
殺されても文句は言えませんだったですよね?
ならそれこ全滅をさせても君の言い分からでは「大虐殺」にはなりませんよ?


688 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:45:01 ID:d5vj7Nag
 
■オーストラリア政府観光局への意見はここへ

http://www.australia.com/footer_elements/feedback/Submit_Feedback_ALL.aust?L=ja&C=JP

大使館はメールアドレスを隠している

689 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:47:25 ID:FJBUVLAr
あらら・・・申し訳ありません。また訂正です(苦笑
×ならそれこ全滅をさせても君の言い分からでは「大虐殺」にはなりませんよ?
○ならそれら全滅をさせても君の言い分からでは「大虐殺」にはなりませんよ?

>人をキチガイと罵るだけじゃなく、きちんと反論しろよ
反論ならいっぱいしたじゃないですか?


690 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:53:38 ID:+45P0K4C
687

別に原爆投下に文句はないよ。
だから何?


691 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 21:57:17 ID:FJBUVLAr
>別に原爆投下に文句はないよ。
>だから何?
完全に開き直っていますね・・・(呆
まあ、カワイソウですから・・・今日はここらへんで勘弁してあげますよ。

692 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:00:17 ID:+45P0K4C
689

682に対する反論だよ。
君はキチガイとしか答えてない。

693 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:01:26 ID:a6xyekJu
>>687
竹やり便衣兵を虐殺してもいいなんて詭弁はじめて聞いた
これに関してはちょっとどうかと思うが?
マジでキレかけたよオレ
論点のすり替えも甚だしい上に民間人の犠牲者を当然とのたまうとは・・・・

サヨクってマジ精神が腐ってるんだな
こんなこと書いて恥ずかしいとか思わないのか?
人として終わってる
サヨクのどこが平和正義主義者なんだか

694 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:03:39 ID:5697T06r
>>693
国民党所属かどうかもわからない、
なんら犯罪行為を犯していない推定民間人を
”便衣兵”と称して無裁判処刑するのを正当化するのと
同じくらい人間として腐ってるよな。

695 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:06:17 ID:a6xyekJu
>>694
開き直り? 
いずれにせよサヨクは当時日本人は民間人が無差別虐殺されても当然と言ってるんだよな
やっぱりサヨクって殺人狂ばっかか・・・・
共産党だって虐殺しまくってんもんなぁ

696 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:13:45 ID:FJBUVLAr
>竹やり便衣兵を虐殺してもいいなんて詭弁はじめて聞いた
>これに関してはちょっとどうかと思うが?
私は竹やり便衣兵を虐殺してもいいなんて言っていませんよ。
あくまで「仮定」の話ですよ。よく読んでくださいませ(694と一緒にな)。
>マジでキレかけたよオレ
あの〜こんな所でキレてもな(笑
論点のすり替えも甚だしい上に民間人の犠牲者を当然とのたまうとは・・・・
論点のすり替えも何も日本軍もなんら犯罪行為を犯していない推定民間人を
”便衣兵”と称して無裁判処刑するのを正当化するのと同じレベルの話なんですよ。
もし南京の話が合法だとすれば・・・(以下略)
こんなこと書いて恥ずかしいとか思わないのか?
お馬鹿さんにはそのお馬鹿理論を目の前でやって見せなければおそらく自覚しない
のでしょうね。
>サヨクってマジ精神が腐ってるんだな
私はサヨクではないですけどね・・・(笑
ま、君らがウヨクだとすれば私は「サヨク的」な立場にいるのは違いありませんか・・・。

697 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:14:38 ID:a6xyekJu
アメリカは問答無用の無差別爆撃だったからなぁ
でもサヨクに言わせると当然なんだそうだ
そりゃチベットの虐殺もシカトするワケだよ
だって無差別虐殺ありだもんな

そこいくと旧日本軍は偉いよな
ちゃんと調べて民間人の犠牲減らしてるもの
WWUできちんとそこまでやった軍隊って日本とどこがあるんだろうな?


698 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:20:23 ID:a6xyekJu
>ちなみにその「竹やり便衣兵」はほぼ全員だったと言っても差し支えないでしょう。

ソースよろ
当時日本人全員が準戦闘員だったって言ってるんだよな?
ウチの親戚は回りも含めて訓練なんて非難訓練しかしてなかったワケだが?
そしてアメリカがその事実を「認識して危険視したから」無差別爆撃になったんだよな?

ソースよろしくな、ウソついてるのがじっちゃんばっちゃんかオタクか
ぜひ知りたいのでね

699 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:20:59 ID:FJBUVLAr
>いずれにせよサヨクは当時日本人は民間人が無差別虐殺されても当然と言ってるんだよな

↑阿呆ですね・・・。サヨクではなくウヨク理論からいけばそうなるの間違いでしょう。
アメリカの犯罪を追及しようにもウヨクはその犯罪行為に「理論的な助け舟」を出すとは・・・
ほんとうにウヨクは腐っていますねw

700 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:23:52 ID:a6xyekJu
なんだはやくも逃げ打ったか
サヨクって論破されるとすぐ逃げるよね
いつものことだけど

ま、死者に鞭打って自分は高潔気取りの卑劣漢なんてそんなもんだよな?

701 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:23:56 ID:FJBUVLAr
>ソースよろしくな
あれ?書きましたよ?「一億総特攻」というスローガンでぐぐってみっては
いかがでしょうか?


702 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:25:38 ID:a6xyekJu
やっぱ逃げ打ったか
サヨにとったら都合のいいことはその程度で「ソース」たりうるらしい
これでは「議論」など高尚なことができるはずもないな

703 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:30:05 ID:5697T06r
日本軍が南京で行った便衣兵狩りを正当化するってことはさ、
民間人を”便衣兵”とみなして無裁判処刑しまくってもかまわないってことだよね。

便衣兵狩りを正当化してるやつは自分がそういう主張していることわかってるの?

704 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:32:57 ID:+45P0K4C
701

682への反論はスルーですか?
ハーグ条約のどこに、「戦争の法規はゲリラや便衣兵に適用される」と書いてあるんだ?

705 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:37:41 ID:FJBUVLAr
>>703
>便衣兵狩りを正当化してるやつは自分がそういう主張していることわかってるの?
私もずっとそう言っていますけどね・・・。南京の推定民間人を
”便衣兵”と称して無裁判処刑するのを正当化し、尚且つ広島の事だけを虐殺というのは
理論的に矛盾しているし、所謂タブルスタンダードですね。
それを指摘しただけなんだけどねw
654 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 20:07:52 ID:+45P0K4C
便衣兵には交戦者資格がないので、戦争の法規、すなわち捕虜としての権利の適用外です。
殺されても文句は言えません。

になっていますよ。では原爆投下と東京大空襲も虐殺ではありませんよ。
なぜなら東京も広島も長崎も君がいう「便衣兵」はたくさんいますよ。
何かというと「竹やり便衣兵」ですよ。君の言い分からすれば
便衣兵は殺されても文句は言えませんよな?
すなわち女も子供も老人も「竹やり便衣兵」で君が言う戦争の法規の適用外です。
殺されても文句は言えませんだったですよね?
ならそれを全滅させても君の言い分からでは「大虐殺」にはなりませんよ?

706 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:37:57 ID:a6xyekJu
>>703
意味わかんない、つまり旧日本軍が
「便衣兵の存在を口実にして民間人の虐殺をこそ目的に不法を働いた」
とこう言いたいわけ?

南京大虐殺は最初から「民間人への殺戮略奪を目的として軍組織として行った」
とそう言いたいのね?

707 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:38:48 ID:LuU6Wn5S
自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価
自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価
自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価
自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価
自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価
自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価
自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価
自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価
自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価
自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価
自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価
自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価   自民党 = 公明 = 創価

708 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:40:27 ID:FJBUVLAr
>682への反論はスルーですか?
ああ。君はまたいたんだ。悪いのですが、私にはキチガイの質問には答えられません。
悪しからず(笑


709 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:41:31 ID:cSFhPXKY
今現在の日本で中国人が殺した日本人は何人だろな

710 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:45:24 ID:+45P0K4C
705

便衣兵は民間人じゃないんだよ。
ところが、広島市民は民間人。
この違いわかる?

711 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:46:24 ID:a6xyekJu
南京事件と原爆を一緒くたにしてるヤツって頭おかしいんだろうか?

アメリカがわざわざ民間人と民間施設を避けようと努力したのか?
そのためになんらかの労力を払ったのか?
日本人が全員準戦闘員だと認識してたのか?

南京事件と原爆や空襲を=で結ぶためには
少なくとも南京でとりあえず便衣兵が逃げ込んだという理由だけで
そこら辺に機銃掃射かまして片っ端からミンチにして初めて成立するもの
きちんと便衣兵と民間人を選り分ける労力を払った旧日本軍をアメリカと
同列に語るには無理がありすぎるってわからないのかな?

712 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:49:36 ID:a6xyekJu
サヨクって人種は持論を正当化するためにはどんな屁理屈でもこねて
どんな道義に反することでも平気で口にするよね
とてもじゃないがマトモな神経持ってたらこんな公の場で書き込める内容じゃないよ

しかも自分の先祖を無理矢理貶めてまでね
そこまでして「自分は正しい」って思い込みたいんだろうか
サヨクだけあって共産主義まんまだな

713 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:55:02 ID:cSFhPXKY
今現在の中国人犯罪者の国外逃亡者人数は分かっているだけでもブラジルの3倍だろ?

刑務所でも外国人犯罪者の割合でも中国人犯罪者が4割を占めている。

現在進行形の事件をスルーしといて過去ばかり追及するのもどうかと思うが。

714 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:56:40 ID:FJBUVLAr
>便衣兵は民間人じゃないんだよ。
>ところが、広島市民は民間人。
そもそも「便衣兵」の定義は分っていますか?
便衣兵とは民間人の服を着たゲリラを指すのですよ。
仮に米軍が攻撃を受ければそれは間違いなく米軍のほうでは「民間人の服を着たゲリラ」から
攻撃を受けたものになります。
それを言うのなら南京の便衣兵も正確の意味での便衣兵ではない
もう一度言いますが便衣兵とは民間人の服を着たゲリラを指すのですから
南京のは明らかに本来の便衣兵とは違います、違わないというのなら
南京で日本軍が便衣兵と交戦したという公式記録でも出してください。

715 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 22:57:11 ID:a6xyekJu
考えてみりゃ今から20年も昔は
「民間人への殺戮略奪を目的として軍組織として行った」
なんて平気で言われてたからな
今みたいに「便衣兵処刑の巻き添え」とか口にすることもできなかった
それが今じゃそれにすがりついて是非を問う有様

サヨクってホント醜い存在だよねぇ
10年後はさらにトーンダウンしてるんだろうな

716 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:02:18 ID:FJBUVLAr
>10年後はさらにトーンダウンしてるんだろうな
最近のウヨは凄いね・・・未来予知まで出来るようになりましたwww
(ま、妄想だけどね)


717 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:03:11 ID:a6xyekJu
今度は便衣兵が便衣兵じゃないとかまで言い出したのかよw
どこまで腐ってるんだサヨクは?
なにがなんでも持論の正当性を死守したいらしい
そこまで「我、正義」思考から脱却できないのか?
およそ謙虚って言葉を知らないあたり日本人じゃねぇなw

日本軍が便衣兵として危険視すればそれは便衣兵
勝手に後世の人間が決めてんじゃねーよw

718 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:05:14 ID:+45P0K4C
714

君はキチガイの質問には答えないと言いながら、しっかり答えてんじゃん、嘘つき。
だったらその前に、682に反論しろよ。
ハーグ条約のどこに、「戦争の法規はゲリラや便衣兵に適用される」と書いてあるんだい?

719 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:06:30 ID:FJBUVLAr
>今度は便衣兵が便衣兵じゃないとかまで言い出したのかよw
やれやれ、レッテル貼り以外にもう能がないようですねw
南京のは明らかに本来の便衣兵とは違います、違わないというのなら
南京で日本軍が便衣兵と交戦したという公式記録でも出してくださいw
出来るもんならねw
口だけウヨ君ww


720 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:12:17 ID:FJBUVLAr
>>718
ええ。キチガイじゃない質問なら答えられる範囲内なら答えますよ。
自分で聞いて来たくせに人を「嘘つき」と罵倒するとは・・・
まったく身勝手な人だなww
>だったらその前に、682に反論しろよ。
682がそのキチガイ質問だと言ってるのですけど・・・。
私も結構長く議論に参加していましたが・・・このようなキチガイ質問は初めて見たのですよ


721 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:12:51 ID:a6xyekJu
>南京のは明らかに本来の便衣兵とは違います

くっだらねぇ〜w
日本軍が便衣兵だと疑ったから便衣兵して扱ったんだろうが!
アホすぎにも程があるな
なんでサヨクってこんなに頭お花畑なの?
戦場じゃ友軍への誤射だって普通に有るのにさ

戦時と平時を混同して語ってるあたりまさに平和ボケだな
平時では疑わしきは罰せず、戦時は疑わしきは撃て
ボケと語ることなんてな〜にもないわw

722 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:13:40 ID:+45P0K4C
719

公式記録がなければなかった事になる。
当然だよな。
南京大虐殺があったなんて公式記録はない。

723 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:14:44 ID:FJBUVLAr
>くっだらねぇ〜w
>日本軍が便衣兵だと疑ったから便衣兵して扱ったんだろうが!
はいはい。阿呆発言はもう結構ですよ。
南京のは明らかに本来の便衣兵とは違います、違わないというのなら
南京で日本軍が便衣兵と交戦したという公式記録でも出してくださいw
出来るもんならねw
口だけウヨ君ww

724 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:19:24 ID:a6xyekJu
あ〜あ
サヨがついにコピペに逃げ始めたか
ま、アホには何言っても無駄だろうな
最後にもう一度だけ言ってあげようw
親切なオレっちに感謝して朝に晩に拝めよ?

日本軍が便衣兵として危険視すればそれは便衣兵

おk? 

725 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:24:57 ID:FJBUVLAr
>おk?
はい。結局は公式記録でも証言でも「南京で日本軍が便衣兵と交戦した」記録
を出せないという事ですね。いろいろな言い訳&遠まわしご苦労でしたww
>>722
君も大変だね。都合が悪くなるたびに論点を変えるとは・・・、しかもレベルが低すぎるし
ID:+45P0K4C君・・・悪い事は言いませんから、もっとしっかり勉強をしましょう。
ここは政治板だからよかったものの、極東板なら身内の否定派からも「攻撃」
されますよ。「肯定派に攻撃のエサを与えるなw」とね(笑

726 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:25:12 ID:a6xyekJu
つか便衣兵じゃないとか言ってるヤツって
もし便衣兵だった場合、処刑に正当性が出るからって理由で
必死こいて屁理屈こねまわしてるだけだろ?

空襲とか原爆とかを同列に語ってる恥知らずの外道に相応しい思考だよな
親の顔が見たいっつーのw

727 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:29:44 ID:a6xyekJu
>南京で日本軍が便衣兵と交戦した記録

とかね、もうアホすぎてwww
交戦しない限りいかなる者も危険視してはいけないんだそうですぜ?
プギャーw こんな珍説生まれて初めて見た!
やっぱサヨクはぶっ飛び具合が違うわ!

728 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:32:47 ID:FJBUVLAr
>必死こいて屁理屈こねまわしてるだけだろ?
屁理屈をこねているのは貴方でしょ。
公式記録でも証言でも「南京で日本軍が便衣兵と交戦した」記録を
出せばいいじゃない?それができないでしょう?
ならもう結論が出てるのも当然ですよ。ループでも狙っているのですか?
(ま、そっちの可能性が大ですね)
もう、まともな反論はないんですか?wないならループをしてもしょうがないしww

729 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:34:06 ID:+45P0K4C
725

論点をコロコロ変えてきたのは君の方だろ。
しかも都合の悪い質問にはスルーで。
ま、逃走宣言と受け取っておくよ。

730 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:36:00 ID:a6xyekJu
「従軍慰安婦」

当初は向こうの女性をさらい、性の奴隷として使ったと非難してたものの
国家お墨付きの「公娼」に過ぎないこと、一部朝鮮人が金欲しさのために
同胞を売ったことなどが暴露されると「戦場に公娼があるなんてとんでもない!」
と物凄い見当違いで頓珍漢なコト言い出した

はぁ〜・・・・サヨクサヨクw

731 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:37:40 ID:FJBUVLAr
>論点をコロコロ変えてきたのは君の方だろ。
流れを見れば十分に分かることですがw
>ま、逃走宣言と受け取っておくよ。
「幸せ回路」と言うなら止めませんが・・・負け犬の遠吠えは見てて笑えるしな。

732 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:38:05 ID:a6xyekJu
「強制連行」

当初は朝鮮人を無理矢理連行して死ぬまでコキ使ったなどと非難してたものの
朝鮮総連等のデータからそれが嘘っぱちであることが露見すると
もはや何も言わなくなったw

はぁ〜・・・・サヨクサヨクw

733 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:39:58 ID:FJBUVLAr
どうやらウヨクID:a6xyekJuからも具体的な反論はないようですね・・・。


734 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:40:57 ID:a6xyekJu
「南京大虐殺」

当初は民間人の殺戮略奪を目的に組織だって動いたと非難してたものの
ここ最近ではトーンダウンにトーンダウンを重ね
「便衣兵の処刑」にまで落ち込み、しかもそれ自体が違法で非人道的だの
そもそも便衣兵ではないなどの屁理屈でどうにか持ち堪えている
ま、それすら崩されるのももはや時間の問題だけどねw

はぁ〜・・・・サヨクサヨクw

735 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:44:50 ID:a6xyekJu
サヨクってやっぱチベットの虐殺とかも肯定してんだよね?
だって中国様のやることだもんな
なにがなんでも正しいよなぁ!

無差別殺戮を今現在進行中の中国よりも
数十年前にすでに終わってて民間人の被害を減らそうと努力した
旧日本軍を叩くことに躍起になって頑張ってるんだもんなぁ?

736 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:45:45 ID:+45P0K4C
731

だったら682への反論と、ついでに722にも反論しろよ。
南京大虐殺の公式記録出せ。

737 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:48:13 ID:SVlZYNLa
サヨクは捏造写真を使って無差別民間人大虐殺が
あったかのような印象操作を長年にわたってしてきた
いまさら、写真は証拠になってないだの、民間人の無差別大量虐殺は
なかっただの言ってもサヨクによる過去の「犯罪」は消せない

738 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:50:50 ID:a6xyekJu
>>736
おいおい?
サヨクがテメェに都合の悪いことするワケないじゃん?
もしかして議論が成立するとでも思ってるの? 初心者?

サヨクってのは結論ありきで過程は後付デッチ上げなの!
アイツらは議論してるんじゃなくて布教&洗脳してるだけなの!
サヨクってのは思想じゃなく宗教なんだよ?
適当にあしらっとけば勝手に逃げだすからほっとけってw

739 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:53:29 ID:a6xyekJu
「従軍慰安婦」
「強制連行」
「朝鮮不法植民地化」
「南京大虐殺」

サヨクの今ままでの罪だよな? おいサヨクさんよ!
根性あるなら南京だけじゃなくて他のも非難してみろよw
ぜ〜んぶオマイさんがたが言い出したことだろ? 

740 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 23:56:48 ID:+45P0K4C
738

了解。

741 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 01:42:43 ID:IuonDIW2
原爆投下についてはうちの小学校の娘が広島へ修学旅行に言ってきた 語り部というのがいるらしい
広島へ行く前に学校で原爆について作文を欠かされていたんだが読んでなるほど最近の教師は・・・

「日本は自分から戦争を始めて世界各地で大勢の人を殺しました そしてなかなか戦争をやめないので
それをやめされるためにアメリカに原爆を落とされたのいだとおもいます。 広島や長崎はその軍隊や
軍艦を作る基地なので落とされたのはで仕方がないと思います。
自分から戦争を始めてなかなかやめなかった日本は悪い国だと思います。」

このような作文を小学生に書かせて喜ぶなよ 売国教師!! 学校に怒鳴り込んでやろうかと思っている
人の子を洗脳するなとね 私学に生かせたがる理由に売国教師を挙げる人も多いわ

742 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 03:45:47 ID:iEmvHNJY
で、便意兵(軍服を着ないで日本軍に対し戦闘行為をした者)がいたという
記録はないんですか??南京大虐殺があったという記録は腐る程ありますが。
例えば、当時の海外の記事、南京にいた外国人、加害者側の日本軍人、
南京にいた日本の文化人、当時の日本軍上層部や外務省、被害者側の中国人
等々による資料や証言など。
 

743 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 04:08:36 ID:CyP/cdhe
便衣兵?詭弁だろ? 指揮官が逃亡して降伏も出来ず大混乱に陥った
中国兵が日本軍の虐殺を恐れたため、武器を捨てて民間人に化け
逃げ延びようとしたのが実態。もうこの時点で兵としての
戦力は完全に喪失していた。


744 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 06:25:40 ID:yNuEye++
>>742

「公式記録」から「証言」へ話をすり替えましたね!
しかも相手が寝静まった頃を見計らって、コソコソと…
自分で公式記録を要求しながら、公式記録の話になると分が悪いと、きっと気付いたんだろうね。
サヨクのやり口は、相変わらず汚いな。


745 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 09:24:46 ID:Wk6yLsb3

南京は、数十倍に水増しされても、30万人。

チベット大虐殺100万人。想像するニダ恐ろしす。

。。

746 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 09:51:36 ID:OIc417ow
>743
>中国兵が日本軍の虐殺を恐れたため・・

言葉遣いに気をつけよう。

便衣兵になって、日本兵が気を許しているところを狙って
手りゅう弾を投げたよ。
それで多くの日本兵がやられた。


747 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 09:59:55 ID:IuonDIW2
 >指揮官が逃亡して降伏も出来ず大混乱に陥った

こいつらが一番悪いんだ 兵隊を置いて戦場離脱する将官がいるとは普通考えられないことだが
恥知らずの中国人はそれを遣った
その結果部下が戦闘不能になって戦闘行為死んだ その巻き添えで民間人も犠牲になった
一番悪いのは中国側の真っ先に逃げた将官だよ

748 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 10:02:45 ID:67GzrdtG
>>745
ネットウヨ。曲りなりにも南京の虐殺を認めたでよろしいか?


749 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 10:25:32 ID:FbWMQFdT
謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁

謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁

謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁

謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁

謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁

謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁

謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁

謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁

謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁

謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁

謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁

謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁

謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁 謝罪汁


750 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 11:08:53 ID:Wk6yLsb3

南京は、単なる事件に過ぎない。虐殺というのは、筋違い。戦争そのものが、虐殺しあうものだから。

クサレ虫国って、6カ国協議でも、結局金は出さんのだろ。国連も6カ国協議も、金も出さんくせに威張るなんて、

うんこだな。

。。

751 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 11:14:43 ID:Wk6yLsb3

クサレ虫国、金も出さんで議長ズラすんな、クソが。

ガス田吸い上げて、まさにドロボウ。

尖閣は虫国の領土?ハア?(。ω゜)そんなに広い領土持ってて、まだ欲しいんか?

さすが、クサレ志那は、底なしのドロボウだな。

。。

752 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 11:17:46 ID:Wk6yLsb3

日本から援助金貰っておきながら、アフリカ諸国に援助金ばらまいて、

日本の常任理事国入りに反対させた、クソ野郎。

日本に核ミサイル向けて、脅しやがって、このクソ国家。

平気で潜水艦で日本の領海を侵犯して、測量するクサレ国家。

。。

753 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 11:19:42 ID:Wk6yLsb3

チベットで100万人以上虐殺したクソ国家に、南京虐殺なんか言われるすじあいはねぇ。

。。

754 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 11:22:55 ID:Wk6yLsb3

日本が嫌いなら、日本に来るなぼけ。物価の高い日本にそもそも、志那人なんか、

観光に来れるわけねぇんだよ。

。。

755 :731:2007/02/14(水) 11:25:57 ID:j38bj9jZ
>>736
>だったら682への反論と、ついでに722にも反論しろよ。
反論?キチガイ質問には反論も糞もないのですがね。
682での君の言い分は
ゲリラや便衣兵に適用されるなんて書いていないから違法ではないと言いたいのでしょう?
私にハーグ陸戦条約を読めと言いながらご自分ではどうなんですか?
無知を晒して楽しいですか?

陸戦の法規慣例に関する条約(ハーグ条約)前文
一層完備したる戦争法規に関する法典の制定されるるに至る迄は、締約国は、
其の採用したる条規に含まれざる場合に於ても、人民及交戦者が以前文明国の
間に存立する慣習、人道の法則及公共良心の要求より生ずる国際法の原則の保
護及支配の下に立つことを確認するを以て適当と認む。

書いていない物に関しても人道の法則に従って扱いだとはっきりと書いているのですが・・・。
だから日本側も東京裁判でゲリラや便衣兵に適用されるなんて書いていないから違法ではない
とは言っていない。だから弁護側は「裁判をした」と主張した
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=one;no=5...
>公式記録
まず言い逃れが出来ないように君の公式記録の定義をよろ


756 :731:2007/02/14(水) 11:39:54 ID:j38bj9jZ
>>717
>日本軍が便衣兵として危険視すればそれは便衣兵
これ↓をしっかり読め、ウヨ君w
当時の日本軍の記録には「掃討で敗残兵を殲滅した」と書かれている。
「国際法違反の便衣兵を処刑した」という記述はない。
居留外国人や海外の報道は、これを非人道行為と考えている。
10年後の東京裁判で、弁護側は「武器を持って潜んでいたものは裁判に掛けた」
と主張した。「無裁判処刑は合法である」とは主張していない。
>勝手に後世の人間が決めてんじゃねーよw
上記のように当の日本軍は便衣兵ではなく敗残兵として扱っていますよ。
どう見ても勝手に決めているのは貴方のほうですね。
このセリフはそのままお返ししよう。
勝手に後世の人間が決めてんじゃねーよw


757 :731:2007/02/14(水) 11:44:18 ID:j38bj9jZ
>>744
ちなみに私はID:iEmvHNJYとは無関係ですので、貴方の言い分はまったくの見当違い
ですね。
昨日は仕事の関係上12時前には上がりましたから。
いつまでもキチガイ達の相手をしてられる程暇じゃありませんよ。
悪しからずwww

758 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 11:45:09 ID:67GzrdtG
>>754
右翼団体構成員。日本人の代表づらすんだよ、ぼけ。


759 :731:2007/02/14(水) 11:58:38 ID:j38bj9jZ
>>758
まったく同感ですねw。
>>754
>日本が嫌いなら、日本に来るなぼけ。物価の高い日本にそもそも、志那人なんか、
>観光に来れるわけねぇんだよ。
↑まったくの無知だとしか言いようがない。家にヒッキやってないで
たまに外の世界も見ろよwww

760 :731:2007/02/14(水) 12:03:40 ID:j38bj9jZ
 _____ 見えませ〜ん
 ||      |    ∨
 || 現実∧_∧  ハ ハ
 ||  \( ・∀・) (´し●) ←ネットウヨ
 || ̄ ̄⊂  )  (   と)
. 凵    し`J   U U

 _____ 読めませ〜ん
 ||      |    ∨
 || 空気∧_∧  ハ ハ
 ||  \( ・∀・) (´し●)
 || ̄ ̄⊂  )  (   と)
. 凵    し`J   U U

 _____ 知りませ〜ん
 ||      |    ∨
 || 常識∧_∧  ハ ハ
 ||  \( ・∀・) (´し●)
 || ̄ ̄⊂  )  (   と)
. 凵    し`J   U U

 _____ ありませ〜ん
 ||      |    ∨
 || 未来∧_∧  ハ ハ
 ||  \( ・∀・) (´し●)
 || ̄ ̄⊂  )  (   と)
. 凵    し`J   U U

761 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 12:11:10 ID:Veveu2NT
南京事件もホロコーストも後に都合のいいように書き替えただけだが
歴史なんてはなからそんなものだし
歴史なんて嘘で固めたもんであって
何を今さらとは思う。
歴史修正の動きはいくさの前兆であり
我々はそれに備えるのみ。

762 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 12:29:21 ID:HVHvknYg
 
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1159503354/

763 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 12:35:57 ID:dB4Q+22p
西尾幹二大先生と小林よしのり氏が以前から南京大虐殺はなかったと。南京大虐殺はなかったの会もあるし

764 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 13:07:24 ID:Wk6yLsb3

>>759

いちいち、日本は、負けたことの言い訳のために、便意兵なんてかかねぇよ。

敗残兵って、かけば十分だろ。どこにも、一般市民を処分したなんて書いてねぇだろ。

。。

765 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 13:10:42 ID:Wk6yLsb3

なにが、ハーグ条約だ。戦争でもないのに、適用されてたまるか。

虫国が、戦時中、日本兵を捕虜にしたなんて聴いたこと無いぞ。

日本兵は、全員殺してるんだろうが。脳みそ腐ってるのか。お前。

。。

766 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 13:12:54 ID:Wk6yLsb3

>>759 一昨年は、12回以上外国に逝ってたんだが。お前、馬鹿だろ。

。。

767 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 13:15:43 ID:Wk6yLsb3

日本が処分したのは、成年男子のみ。チベットや原爆みたいに、

女子供まで、無差別殺戮は、日本はしてないんだよ。

。。

768 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 13:17:47 ID:Wk6yLsb3

虫国なんて、戦争に負けたくせに、何で国連の常任理事国なんだ。

盗っ人猛々しいやつらだな。

。。

769 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 13:20:19 ID:Wk6yLsb3

在日左翼は、祖国へ帰れ!日本が嫌なら出ていけよ!きしょいやつらだな。三国人は。

。。

770 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 13:24:44 ID:CksGTTPL
「従軍慰安婦」
「強制連行」
「朝鮮不法植民地化」
「南京大虐殺」

バカサヨの言ってることがここ20年で随分変ってる件について
いい加減自分たちの間違いを認める気にはならにんだろうか?

771 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 13:25:19 ID:Wk6yLsb3

南京事件とは、便意兵を処分しただけだ。by モデ。

。。

772 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 13:29:18 ID:Wk6yLsb3

日本は、虫国を欧米の殖民地支配から解放してあげたんだろうが。

日本が殖民地にしなくても、欧米に支配されてたんだよ。

チョン賤半島も、日本が殖民地にしなければ、チベットみたいに虫国軍に
虐殺受けて、存在してないんだよ。

。。

773 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 14:53:52 ID:Wk6yLsb3

日本が経済封鎖されて、戦争をして戦わなければば、
北方領土はもちろん北海道は露西亜の領土。

沖縄諸島、尖閣、対島諸島も、他国の領土だな。

日本人は今頃、チベット見たく大量に虫国人に虐殺されていたな。

。。

774 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/14(水) 15:01:27 ID:Wk6yLsb3

未だに北方領土は、帰って来んもんな。虫国に尖閣や沖縄、対島を占領されてたら、

日本が負けたのが、アメリカで良かった。

沖縄も、戦後アメリカが占領しなければ、ソ連が北方領土を原住民を追い出して
盗んだように、沖縄諸島も尖閣も、虫国の領土にされていたな。

。。

775 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 17:25:47 ID:yNuEye++
>>755

> 陸戦の法規慣例に関する条約(ハーグ条約)前文
> 一層完備したる戦争法規に関する法典の制定されるるに至る迄は、締約国は、
> 其の採用したる条規に含まれざる場合に於ても、人民及交戦者が以前文明国の
> 間に存立する慣習、人道の法則及公共良心の要求より生ずる国際法の原則の保
> 護及支配の下に立つことを確認するを以て適当と認む。

> 書いていない物に関しても人道の法則に従って扱いだとはっきりと書いているのですが・・・。

〜確認するを以て適当と認む。
それだけじゃん。
ここのどこにはっきりとした法規が書いてあるんだ?
法規外の件は当事者の良心に委ねるくらいの意訳しかできん。
ゲリラに捕虜資格がある理由がこれか?

> だから日本側も東京裁判でゲリラや便衣兵に適用されるなんて書いていないから違法ではない
> とは言っていない。

って、なんじゃこの日本語。
だから違法だと言ったわけ?
バカサヨには言ってない言葉が聞こえるらしい。

>だから「弁護側は裁判をした」と主張した

違法・合法に関係なくしたんじゃないの?

> >公式記録

言いだした人が定義すれば?
という事で、今回も何の反論にもなってませんでした。
バカサヨ残念!

776 :731:2007/02/14(水) 23:17:13 ID:j38bj9jZ
>という事で、今回も何の反論にもなってませんでした。
・・・はあ、やっぱりアホウヨ相手に反論をしても意味がないねw。
理解力がないからな・・・苦笑
>それだけじゃん。
それで十分です。
>ゲリラに捕虜資格がある理由がこれか?
そもそもゲリラではなく正規軍ですw
>って、なんじゃこの日本語
つまり日本側の言い分は君が言うゲリラに捕虜資格がないから裁判ナシの処刑
が合法だとは主張していない。「裁判した」と主張している。
>言いだした人が定義すれば?
君が定義しないと後からがいくらでも後出しジャンケンができますからな。
>バカサヨ残念!
只今幸せ回路全開中・・・止めないほうがいいのかな?(笑

777 :731:2007/02/14(水) 23:18:22 ID:j38bj9jZ
 _____ 見えませ〜ん
 ||      |    ∨
 || 現実∧_∧  ハ ハ
 ||  \( ・∀・) (´し●) ←ネットウヨ
 || ̄ ̄⊂  )  (   と)
. 凵    し`J   U U

 _____ 読めませ〜ん
 ||      |    ∨
 || 空気∧_∧  ハ ハ
 ||  \( ・∀・) (´し●)
 || ̄ ̄⊂  )  (   と)
. 凵    し`J   U U

 _____ 知りませ〜ん
 ||      |    ∨
 || 常識∧_∧  ハ ハ
 ||  \( ・∀・) (´し●)
 || ̄ ̄⊂  )  (   と)
. 凵    し`J   U U

 _____ ありませ〜ん
 ||      |    ∨
 || 未来∧_∧  ハ ハ
 ||  \( ・∀・) (´し●)
 || ̄ ̄⊂  )  (   と)
. 凵    し`J   U U

778 :731:2007/02/14(水) 23:33:41 ID:j38bj9jZ
ゴミのようなレスはまとめて反論しよう。
>戦争でもないのに、適用されてたまるか。
・・・これ本気で言っているの?・・・アホだ。
>日本兵は、全員殺してるんだろうが。
ソース↑よろ。ちなみに中国の捕虜になったとしても同じ日本人に殺される
ような時代(正確には自決を強要)だったのですよ。
参考・・・昭和7年、世にいう『上海事変』の際、第一線の指揮官であった空
閑昇少佐は、負傷して敵の手に落ちたが、奇しくも少佐を収容した敵司令官は、
かつての陸士時代の教え子、甘海潤中国軍少佐であった。
 自決をはやる空閑少佐は、教え子の情にほだされて、恥を忍んで帰国した。
しかし、日本の伝統はこれを許さず、結局は『自決』の道を辿らざるを得なかったという。
http://members.at.infoseek.co.jp/koidetyu/siberia3.htm
>一昨年は、12回以上外国に逝ってたんだが。お前、馬鹿だろ。
・・・にしても随分と狭い見識なんだね。
>虫国なんて、戦争に負けたくせに、何で国連の常任理事国なんだ。
あほですね。
君は随分なアホである事はよく分りましたよw




779 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 23:34:28 ID:e4R9Je9X
常識 30万が嘘なら批判する

780 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 23:35:31 ID:MMGOaMLa
「従軍慰安婦」
「強制連行」
「朝鮮不法植民地化」
「南京大虐殺」

バカサヨの言ってることがここ20年で随分変ってる件について
いい加減自分たちの間違いを認める気にはならにんだろうか?

781 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 00:01:54 ID:3/M3jO+E
南京事件FAQ
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/FrontPage
陥落前の南京の人口
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%b4%d9%cd%ee%c1%b0%a4%ce%c6%ee%b5%fe%a4%ce%bf%cd%b8%fd
虐殺の定義
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%b5%d4%bb%a6%a4%ce%c4%ea%b5%c1
虐殺記事は国民党のエージェントが書いた
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%b5%d4%bb%a6%b5%ad%bb%f6%a4%cf%b9%f1%cc%b1%c5%de%a4%ce%a5%a8%a1%bc%a5%b8%a5%a7%a5%f3%a5%c8%a4%ac%bd%f1%a4%a4%a4%bf
紅卍字会の報告
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%b9%c8%d2%c4%bb%fa%b2%f1%a4%ce%ca%f3%b9%f0
崇善堂の埋葬活動
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%bf%f2%c1%b1%c6%b2%a4%ce%cb%e4%c1%f2%b3%e8%c6%b0
たとえば石川達三は昭和13年に南京攻略戦後に南京に入城し、そこでの見聞を小説「生きてゐる兵隊」として雑誌「中央公論」に発表し、「新聞紙法違反」に問われて、発禁処分、禁固4ヶ月の判決を受けた。
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%c6%fc%cb%dc%bf%cd%b5%ad%bc%d4%a4%cb%e4%af%b8%fd%ce%e1%a4%cf%a4%b7%a4%ab%a4%ec%a4%c6%a4%a4%a4%ca%a4%ab%a4%c3%a4%bf
本土空襲の指揮を取っていたカーティス・E・ルメイ少将は、明かに非戦闘員を狙ったとする批判に対して、戦後の回想録のなかで次の様に述べている。
「私は日本の民間人を殺したのではない。
日本の軍需工場を破壊していたのだ。
日本の都市の民家は全て軍需工場だった。
ある家がボルトを作り、隣の家がナットを作り、向かいの家がワッシャを作っていた。
木と紙でできた民家の一軒一軒が、全て我々を攻撃する武器の工場になっていたのだ。
これをやっつけて何が悪いのか…」
これを、「こじつけ」、あるいは「強弁」、もしくは「責任転嫁」という。
まったく反省していないどころか、罪の意識のカケラも感じられない。
我々日本人(有色人種)を見下した態度は、傲岸不遜そのものである。
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2006/03/post_05de.html

782 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 00:02:25 ID:3/M3jO+E
蒋介石も言っていない
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%be%d5%b2%f0%c0%d0%a4%e2%b8%c0%a4%c3%a4%c6%a4%a4%a4%ca%a4%a4
欧米のマスコミも取り上げていない
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%b2%a4%ca%c6%a4%ce%a5%de%a5%b9%a5%b3%a5%df%a4%e2%bc%e8%a4%ea%be%e5%a4%b2%a4%c6%a4%a4%a4%ca%a4%a4
日本人記者や文化人の証言
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%c6%fc%cb%dc%bf%cd%b5%ad%bc%d4%a4%e4%ca%b8%b2%bd%bf%cd%a4%ce%be%da%b8%c0
日本人記者に箝口令はしかれていなかった
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%c6%fc%cb%dc%bf%cd%b5%ad%bc%d4%a4%cb%e4%af%b8%fd%ce%e1%a4%cf%a4%b7%a4%ab%a4%ec%a4%c6%a4%a4%a4%ca%a4%ab%a4%c3%a4%bf
「30万人殺せない」という結論は出ない
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%a1%d630%cb%fc%bf%cd%bb%a6%a4%bb%a4%ca%a4%a4%a1%d7%a4%c8%a4%a4%a4%a6%b7%eb%cf%c0%a4%cf%bd%d0%a4%ca%a4%a4
南京大虐殺関連
Q:南京の人口は20万人だったのに、30万人も殺せるわけがない。
Q:南京事件の被害者には便衣兵が含まれているが、便衣兵は殺しても正当防衛なのだから、虐殺に含めるのはおかしい。
Q:規律正しい日本軍が、略奪とか、強姦とか、放火とかそんな狼藉をするはずがない。
Q:30万人の虐殺なんて原爆でも使わない限りムリで、貧弱な日本軍の武装なんかで出来るわけがない。
Q:平和な南京の情景を映した映画や写真が残っている。それをみても、そんなひどい事件があったとは思えない。
Q:南京事件は東京裁判ででっち上げられたものだ。それまで国内はおろか海外でも報道すらされていない。
Q:南京郊外で100人斬りをやったなどといってるが、日本刀でそんなに斬れるわけがないし、白兵戦で100人も斬れるハズがない。
Q:最初は民間人虐殺だけだったのに、いつの間にか捕虜を含めるようになっている。そうまでしないと事件があったといえなくなるのだから、やはり胡散臭い。
http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/anti_faq.html

783 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 00:37:27 ID:vgn8fchY
>>776
> それで十分です。

また具体的反論無しか…

> そもそもゲリラではなく正規軍ですw

ゲリラや便衣兵に、戦争の法規が適用されるかどうかが論点なのに、苦しくなってまた論点をスリカエましたね。
ハーグの前文を素直に読めば、法規外の場合は人民と交戦者を国際法の原則に則って扱うのが適当と書いてあるだけ。
そしてその交戦者を本文で定義付けし、交戦者に戦争の法規が適用されると定めている。
ゲリラや便衣兵に戦争の法規が適用されるなんて結論は、どう曲解しても無理。

> が合法だとは主張していない。「裁判した」と主張している。

だから違法だなんて言ってないし、裁判をしたと主張したのは、違法・合法関係無くしたからなんだろ。
って、同じ事言わせるな。
> 君が定義しないと後からがいくらでも後出しジャンケンができますからな。
あのな…

ま、反論するなら自分で貼った条文くらい、ちゃんと理解してからにしような。じゃなきゃ恥の上塗りをするだけだよ、バカサヨくん。



784 :731:2007/02/15(木) 00:53:36 ID:dravfGCp
>また具体的反論無しか…
そう見えたのかね?(笑
>ゲリラや便衣兵に戦争の法規が適用されるなんて結論は、どう曲解しても無理。
だからゲリラや便衣兵と解釈したのは君らのほうでしょう?論点をスリカエしたのは
そっちでしょう。そもそも当の日本軍も「便衣兵・ゲリラ」ではなく敗残兵として
扱いましたよ。当時の日本軍の記録には「掃討で敗残兵を殲滅した」と書かれている。
「国際法違反の便衣兵を処刑した」という記述はない。
居留外国人や海外の報道は、これを非人道行為と考えている。
10年後の東京裁判で、弁護側は「武器を持って潜んでいたものは裁判に掛けた」
と主張した。「無裁判処刑は合法である」とは主張していない。
>裁判をしたと主張したのは、違法・合法関係無くしたからなんだろ。
でも実際には裁判などしていませんね。(裁判をしたと言うのなら裁判記録くらいは出してくださいな)
仮に君らが言う「ゲリラや便衣兵」でも裁判抜き
の処刑は違法だと昨日からずっと言ってるし・・・>>661
>じゃなきゃ恥の上塗りをするだけだよ
だからってわざわざ自分自身でその「恥の上塗り」を実演しなくとも・・・な、アホウヨ君。
具体的反論がない以上貴方とループ(ま、それが貴方の狙いかもしれんが)
をするつもりはない・・・どうしましょう?(苦笑

785 :731:2007/02/15(木) 01:17:49 ID:dravfGCp
話を少し整理しましょうか?
まず私は南京に「便衣兵」がいたとは思っていません。
本来便衣兵とは、民間人の服装をした上で武装し戦闘を行う兵のこと
を指しますから、南京にいたのは本来の意味での便衣兵ではなく正確に言えば
「敗残兵」です。たとえ軍服を着ていなくても正規兵であることには変わりありません。
(実際南京で日本が便衣兵と交戦した記録がありません)
仮に否定派が言う便衣兵(民間人の服装をした上で武装し戦闘を行う兵のこと)がいたとしても
裁判ナシの処刑は違法ですよ。これは当時の法学者の見解でも明らかです。
立作太郎『戦時国際法論』p53
凡そ戦時犯罪人は、軍事裁判所又は其他の交戦国の任意に定むる
裁判所に於いて審問すべきものである。然れども一旦権内に入れる後、
全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜ
らるる所と認めねばならぬ。

786 :731:2007/02/15(木) 01:32:26 ID:dravfGCp
ま、と言っても極東板でもこの問題をめぐってさんざんループを体験した者として
言えることは一つ・・・いくらやっても結論は出ませんよ。
もっと正確に言えば結論が出ないからではないです。結論はすでに明白なのに、負
けている側が負けを認めず、つまらない反論を次から次に持ち出してずるずると
引き延ばすので終わりません。
一九三八年一月一三日付
作成者−クレ−ガー(南京)

<途中省略>
南京城内とくに難民収容所の徹底捜索は、十二月一四日に始まった。脱ぎ捨て
られた多数の軍服は、城内に平服をまとった大勢の兵士が潜伏していることを日本
側に示唆していた。これを大儀名文にして、残虐行為が容認され、無数のまったく
無意味な射殺が日常業務と化した。収容所の捜索はまったく無差別で、勝手気侭に
何度も繰り消された結果、わずか数日の間に、いかなる軍法会議[軍律会議]もなく、
また市民からの一発の発砲もなかったにもかかわらず、五、六千人が射殺された。
その大部分が、埋葬の手間を省くため、川岸で撃ち殺された。この数字は控えめ
に見積もったものである。

石田勇治編集・翻訳『資料 ドイツ外交官の見た南京事件』 P55
報告
ドイツ外務省(ベルリン)宛、発信者−ローゼン(南京)
一九三八年一月二〇日付南京ドイツ大使館分館第二号

<一部省略>
内容――南京情勢の推移
<途中省略>
また、複数の外国人目撃者の証言によれば、日本軍は多くの中国兵に
「危害は加えない。仕事を与えよう」と約束してかれらを安全区の外で連れ出し、
殺害した。いかなる軍事裁判も、またこれに類する手続きも一切おこなわれた形跡は
なかった。そもそもこうした手続きは、あらゆる戦時国際法の慣例と人間的な礼
節をかくも嘲り笑う日本軍のやり方にはふさわしくないもであったろう。
石田勇治編集・翻訳『資料 ドイツ外交官の見た南京事件』 P115

787 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 01:56:18 ID:vgn8fchY
>>784

> >ゲリラや便衣兵に戦争の法規が適用されるなんて結論は、どう曲解しても無理。
つまり、捕虜として裁判を受ける権利は無い。
従って便衣兵の無裁判処刑は違法ではない。
というのが、・・・>>661への結論。
悪いけど理由が知りたかったら、もう一度レス読み返してね。
661はもう論破されちゃってるから、今度はハーグの前文についての見解に、異議があるなら反論してくれ。
論点はそこだからね。


788 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 01:57:43 ID:YPRpSAjr
>>786
ロリコン信者乙www

789 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 02:03:11 ID:uQs8UTd3
>>787
> つまり、捕虜として裁判を受ける権利は無い。
何で?
正規兵だろ?
正規兵であることを確認するために便衣兵狩りで
日焼けの跡やら手のタコとか確認したんじゃん。
少なくとも日本軍側は国民党所属の正規兵である
という認識の下で殺してるんだぜ。
これが正当化できるわけがない。

790 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 02:36:52 ID:5Gv1GSjw
抗日紀念館にアイリスチャンの銅像ができたらしいけど
肯定派はどう思うの?
「我々肯定派の主張を写真などもふんだんに使って見事に世界に広めてくれた偉大なるヒロイン万歳」って感じ?

791 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 03:33:03 ID:3Il+3tu5
氏ね。海南も氏ね。クソ左翼も死ね。言論統制キモすぎ。世間は淡々として無視してるぜ。

792 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 04:10:04 ID:YEoOkbBQ
どうも否定派…というか南京大虐殺隠蔽派はまともな議論が出来ないようですね。
隠蔽派は便所の落書きレベルの中傷ばかり。

793 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 04:15:15 ID:rh7EAg/g
で、非戦闘員の組織的虐殺はなかった。
そもそも、非戦闘員の死者自体少なかった。
非戦闘員の虐殺が嘘とばれた最近の肯定派は、捕虜の殺害は違法だ!という論調になってきている。
さらにここから、なぜか非戦闘員を巻き込むような議論に持っていこうとする人も少なくない。

否定派は、正規兵、便意兵ともに死刑は違法、とするもの。
正規兵として拿捕された兵士の死刑は違法、とするもの。
捕虜の死刑は、当時の状況や考え方などからしても、現代の人間が判断するのは難しいとするもの。
捕虜の死刑は合法であるとするもの。

ちなみに、どちらにも属さない煽り屋も存在する。
一行レスが特徴。

794 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 04:30:15 ID:YEoOkbBQ
>>793
>非戦闘員の虐殺が嘘とばれた最近の肯定派は、捕虜の殺害は違法だ!
>という論調になってきている。
むしろ、南京大虐殺を否定できなくなった否定派は、あらゆる手段を使って被害者の数を
少なく数えるため、捕虜の殺害は合法だ!虐殺じゃない!という論調になってきている。


795 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 04:51:47 ID:ktwLFtho
横から失礼します。
まず南京大虐殺の定義から
「1937年12月の日本軍による南京攻略戦と、南京陥落後の6週間におよぶ市内掃討戦の際に、
民間人、捕虜、敗残兵、便衣兵らの虐殺などが発生、死者は約20〜30万」
でよろしいですか?というか私は学生のときこのように教わりましたし一般的にもこの位の数字がよく知られているものと思います。
で、20〜30万という数字がどうやら怪しいと。よってこの定義における「南京大虐殺」はなかったのではないか?と私は思うのですが。
南京攻略時の不祥事は日本側も認めているとのことで虐殺が一切存在しなかったと主張するのこともできないと思うのですが、
だとしてもその「南京攻略時の不祥事」と「南京大虐殺」は事の経緯や動機、死者の数があまりにも違うようなので、
私としては「アレ?昔学校で習ったのは?」などと最近思っていたところなんですが。

796 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 04:54:02 ID:rh7EAg/g
まずはじめに反日から端を発した30万人説。
これに倣って30万人説を主張しだした肯定派。
それを否定したまぼろし論者。
ここから議論が始まり、資料を精査し議論を繰り返してきた。
そして、捕虜の死刑はあったと確認をした否定派。
現在本スレでは、捕虜死刑数の考証をしている。
新たな資料が出てくれば、より真実に近づける事ができる。

非戦闘員の虐殺はなかった、しかしそれを認めないばかりか30万人説を表立って否定せずにいる肯定派。

最近はChinaの研究者すら、30万人説には懐疑的なのに。

797 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 04:56:22 ID:O6ghJhyN
右翼の構成員たちは、あーでもない、こーでもないと殺された人の数にケチをつけているだけ。能無し。


798 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 05:02:38 ID:YEoOkbBQ
>>796
>まずはじめに反日から端を発した30万人説。
>これに倣って30万人説を主張しだした肯定派。
犠牲者が30万人と主張する研究者はいるのですか??具体的に示して下さい。
よく否定派は相手が言ってもいないこと(例えば「南京大虐殺の犠牲者は30万だ」)
をでっちあげてそれに対して攻撃をするという方法をするがこれではまともな
議論はできません。
>非戦闘員の虐殺はなかった、
非戦闘員の虐殺があったことを示す証言や資料は沢山あります。非戦闘員の
虐殺はありました。

799 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 05:17:02 ID:ktwLFtho
YEoOkbBQさんの言う「南京大虐殺における犠牲者」とはどれくらいなのですか?

800 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 05:33:54 ID:8JiZq7Me
通州事件はどうして教科書に載らないの?

801 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 06:14:08 ID:cDcoTZXQ
日本軍による虐殺だからだよ

802 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/15(木) 06:14:39 ID:R/9zU18F

チベット虐殺も、何で教科書に載せないのか?
毛沢東が、4000万人殺して造られた政権で選挙がないんだって、載せないのか?

。。

803 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/15(木) 06:20:46 ID:R/9zU18F

南京で虐殺はなかった。南京虐殺は、虫ゴキの作り話だ。作り話を有ったと平気で教えるクソ国家。

それを擁護する売国奴。左翼は、日本から出て逝け。

。。

804 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 07:27:15 ID:vgn8fchY
>>789
> > つまり、捕虜として裁判を受ける権利は無い。
> 何で?

ゲリラや便衣兵は交戦者ではないから。

> 正規兵だろ?

交戦者であれば、捕虜として裁判を受ける権利はある。

> 正規兵であることを確認するために便衣兵狩りで
> 日焼けの跡やら手のタコとか確認したんじゃん。
> 少なくとも日本軍側は国民党所属の正規兵である
> という認識の下で殺してるんだぜ。

その話が事実であれば、捕らえたのはまさに便衣兵であり、交戦者ではない。
従って、無裁判処刑は違法ではない。
応援レスありがとう。


805 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 07:29:26 ID:Pi0NV170
それを否定する売国奴。ネットウヨは、日本から出て逝け。


806 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 07:56:30 ID:vgn8fchY
モデくんの顔文字って、なんかカワイイな…

807 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 08:01:09 ID:9fM/Jujn
>>798
無理無理
もともと南京大虐殺なんて
ゴー宣や東中野の本でしか知らないんだから
アヒルのヒナが初めて見るものを親と信じ込む
そんな感じではないかと思う
始めにちょっとでも知識があれば
安全区の人口が減ってない話や
30万人も殺せるはずない論に引っかかることもなかっただろうに
可哀想な人たち



808 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 08:08:37 ID:RqBeJ9qC
>アヒルのヒナが初めて見るものを親と信じ込む
>そんな感じではないかと思う

「すりこみ現象」は、アヒルのヒナばかりでなく、
一部の未成年で妄想性人格障害の気がある
自我発達の未熟な人間では特に顕著に起こります。

最初に読んだ本や、特定のヒーロー像に対して心酔してしまい、
自己洗脳してしまいます。

こうなると矛盾点を客観的に考察できなくなるばかりか、
その矛盾点をつく人間に対し、敵愾心を持つようになります。
このような人間はオウムなどカルト教に容易に嵌る傾向があります。


809 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 09:03:04 ID:BZPKaUf4
>>808
その顕著な例が、本田勝一なんだね。

あったという思い込みが、情報の裏も取らず記事にする。


810 :731:2007/02/15(木) 09:49:37 ID:b+jBYvWH
>>787
>つまり、捕虜として裁判を受ける権利は無い。
>従って便衣兵の無裁判処刑は違法ではない。
違法です。何度も同じこと言わせないで下さい。
>661はもう論破されちゃってるから
悪いけど思い込みはやめてくださいね。そう思うのは君や君の「支援者」だけだと
訂正したほうがいいですよw
>今度はハーグの前文についての見解に、異議があるなら反論してくれ。
>論点はそこだからね。
君と私との見解が違うただそれだけの事です。それに論点はそこだと言うのは君であって
私にとって論点そこではない。
>>804
>ゲリラや便衣兵は交戦者ではないから。
そもそもゲリラや便衣兵ではないから。ゲリラや便衣兵だと言うのなら
交戦記録くらいは出してくださいなw
>交戦者であれば、捕虜として裁判を受ける権利はある。
交戦者であればではなく交戦者です。
>その話が事実であれば、捕らえたのはまさに便衣兵であり、交戦者ではない。
残念ながらそれは「敗残兵」ですよ。すなわち「交戦者」です。
>従って、無裁判処刑は違法ではない。
違法ですw。
まったく反論すらならない反論レスをありがとうございました。(休憩時間を無駄にしちゃったし)

811 :731:2007/02/15(木) 10:00:28 ID:b+jBYvWH
さらに言いますと
ハーグ規約には軍人が市民の服を着てはいけないという条項はないですよ。
では処刑の法的根拠はなんですか?

ちなみに
戦闘員が一般市民を装って敵を安心させて攻撃することは禁じられている。
(第23条ロ号 背信の行為による敵の殺傷の禁止)
南京城内の「便衣兵」は軍服を脱いで便衣(民間人の服)を着て潜伏していたが、
その状態から武器を持って敵に攻撃を掛けたわけではない。
したがって、戦時国際法の明文規定に違反しているとは言えない。
なお、今日の戦時国際法である「ジュネーブ諸条約に関する第一議定書」では、
軍服を脱いで潜伏していた兵士には捕虜資格があることが明確に読み取れるように書いてある。
この点、南京攻略戦当時に日本が批准していた「ハーグ陸戦規約」では、軍服を脱いだ敗残兵
が明確に捕虜資格があると定めた条項はないと主張する人もいるが、当時は両様に解釈出来る
可能性があったとするなら、敵兵や市民を殺すについては、その判断が正当であったのかどう
かの保証として、裁判を行い、記録を残すべきであった。
正当性が保証されない殺人を行えば、後で非難を受けるのは仕方がない、敵国首都を陥落させた
興奮と一刻も早い治安確保をとの焦りの中で、「とりあえず殺せばよい」という判断をしたこと
は失策であった。 これは率直に認める方がよいだろう。
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/FrontPage#content_16

812 :731:2007/02/15(木) 10:05:47 ID:b+jBYvWH
結論
南京城内から摘出された「便衣兵」は私服を着てはいるが正規軍の所属員であ
るので、明白な国際法違反の事実がない限り、捕獲されれば捕虜として扱われな
くてはならない。

813 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 10:37:31 ID:K0xhnAQl
こん前ミクシーで再開した友人、3人とも南京大虐殺が虚偽だと気付いてた(笑)。
最近の若者の質にも格差が見られますな。

814 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/15(木) 11:07:04 ID:R/9zU18F

>>812

こないだのNHKで、日本は中華に宣戦布告は、国際状況が不利になるおそれがあるので、

宣戦布告はしなかったって、ハッキリいってたじゃん。

つーことはだな、ハーブかハンバーグか知らんが、戦争ではなく地域紛争だから、関係ないだろ。

こないだまで、中国と露西亜が、土地を巡って頃試合して多が、戦争とは四番だろ。

。。

815 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/15(木) 11:08:34 ID:R/9zU18F

津麻里団奈、南京虐殺派、志那野作利話何駄奈。

。。

816 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/15(木) 11:11:30 ID:R/9zU18F

>>806 

            ;".:^;      ;".:^;
          ;" ;'.::.:';   ;" ;'.::.:';
         ;'  ;.::;.:;.:'; ; "   ;.::;.:;.:';
       ;"   ;'.:;.::;:::;';   ;'.:;.::;:::;';
      ;"         `"'``       ':,
     ;'                    ':,
     ;                      '; >>ヨロピクニャ
    ミ        ●       ●      ミ
     ミ                        ミ' ~;"";^:
    ミ   """"    ;"   ミ   ';      ミ oOOo ミ ))
    ';   """"    丶,.,,,:" 丶,,,,:"      ;"':,_ .○,'
     ':,                     ;" ミ  ミ
   .,;.,.;:,_                _ _;" ;'   ;'
  ミ0  """"                  :'    ;'
  ミ0○                        ;'
   ミ0,.,;.;',.,;.,.;,,;;'                 ,、:'
     ミ    ,.,;.,..,;.,.             ',
,.,.,......,.,ミ     ミ    ミ    X       ミ
''"`゜``"ミ   ミ     ミ           ミ
       ':,_ ミ     ;"ミ   ';   ';  _:'
         ミ,.,;.,.;,.,;.,. 丶,..,,,,,:"丶,,,,,:"ミ"
                 ミ     ミ
                 ミ     ミ
                 丶,,;,.,.;.,;'  ))

。。

817 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/15(木) 11:14:54 ID:R/9zU18F

>>812

虫国は、チベットと戦争してたのか?
無抵抗のチベット僧侶を殺しまくったんだろ。
虫国は、チベット人を捕虜にしたのか、全員抹殺したんだろ。

。。

818 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 11:35:28 ID:vgn8fchY
>>810

> 君と私との見解が違うただそれだけの事です。それに論点はそこだと言うのは君であって
> 私にとって論点そこではない。

違う論点に基づき、一々俺の主張にレス返してるわけだ。
論点のスリカエを認めたな。

> >ゲリラや便衣兵は交戦者ではないから。

これを否定するなら、ゲリラや便衣兵が交戦者である根拠が必要。

> 交戦者であればではなく交戦者です。

正規兵が交戦者で無くなれば、交戦者ではない。
(例:便衣化した正規兵)
> 残念ながらそれは「敗残兵」ですよ。すなわち「交戦者」です。

いいえ。
便衣化したので便衣兵、すなわち交戦者ではありません。

> 違法ですw。

交戦者ではないので、処刑は違法ではない。

> まったく反論すらならない反論レスをありがとうございました。
こちらこそ。

819 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 12:18:17 ID:vgn8fchY
>>811
> さらに言いますと
> ハーグ規約には軍人が市民の服を着てはいけないという条項はないですよ。
> では処刑の法的根拠はなんですか?

ゲリラや便衣兵は交戦者ではないから、戦争の法規が適用されない。
何度同じ事言わせるの?
適用されない戦争の法規に、違法も合法も無いんだよ。
バカサヨってホント理解力無いな。

820 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 12:24:03 ID:vgn8fchY
>>812
> 結論
> 南京城内から摘出された「便衣兵」は私服を着てはいるが正規軍の所属員であ
> るので、明白な国際法違反の事実がない限り、捕獲されれば捕虜として扱われな
> くてはならない。

便衣兵は戦時国際法の適用外なので、捕虜として扱う必要は無い。
これがFAです。

821 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 12:52:01 ID:f5FjZRRY
>>812
横から悪いけど

あなたは他人をバカにしすぎ。


相手の言を理解してるつもりで理解できてない。曲解してる。
でもバカにしてるもんだから気付いてない

某共産党支持の自称平和主義大学生と同じ症状ですよ

822 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 13:01:19 ID:uQs8UTd3
国際法上まったく無定義な「便衣兵」という言葉を使い
国際法上の何の根拠も示さず「便衣兵は国際法の適用外である」
と連呼したところで何の説明にもなってないな。
否定派はまず”便衣兵”の定義をし、それが国際法上どのような扱いを受けるか
を論証するべきだろうな。

823 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 13:38:58 ID:O1JW/ZWw
……当戦争では、ボア側には便衣隊類似の者がかなり活躍した。イギリス軍は軍律で、組織したる隊伍に属さず敵対行為を為す者は死刑に処すと規定し、この類の「捕虜」は処刑し、
中には懲罰として犯人の家宅田畑を破壊したこともあった。そして、当時の記事には以下のようにあるのである。
「若し英軍にして、凡そ英国領土内にて捕虜となれる武装人にして南阿共和軍に属することを標示すべき或常用的の且容易に認識し得べき制服なり徴章なりを有せざる者たるに於ては、
之を土匪として取扱ひ、何等手段を経るなく之を銃殺すべし、といふ声明を当初に出すありしならんには、蓋し顕著の効果を奏したことなるべく、
即ち陸戦の法規慣例に関する海牙条約に完全に遵由しつゝ以て能く敵の侵入を鈍らし、又は食止むるを得たりしならん」(The Times Historian of the War, II, p.274)(””は筆者注)
このように、ゲリラや便衣隊の類は「土匪」として扱い、裁判などの一切の手段をとることなく銃殺するとの声明を発表し、そしてこの措置は陸戦の法規・慣例に完全に遵由しているとされていたのである。
殆ど賞賛に近い表現とも言えるであろう
(信夫淳平『上海戦と国際法』)

便衣兵・ゲリラ兵はぶち殺しても良いそうです。むしろそれが賞賛される扱いだったそうだ
軍人ですらなく、土匪=山賊か盗賊扱いだったんだねぇ

824 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 13:50:20 ID:ePre85OE
>>822
ゲリラを殺してはならないと?
頭の悪いリベラルって死んだほうがいいよ。

825 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 13:53:10 ID:O1JW/ZWw
戦闘で敵をぶち殺しても当然。これは当たり前。まさか一方に戦闘で黙って殺されろとはいうまいw
しかし、捕虜資格を持った相手が国際法に基づいて投降したら殺しちゃだめ
一方、便衣兵ゲリラ兵は投降しようが何しようがぶち殺して可
だから、国際法ではれっきとした捕虜資格保持者=まともな戦闘員と区別する要件を煩くつけるわけだ

826 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 14:01:52 ID:PD3u1sGA
最近では肯定派も随分可愛くなったもんだね
20年前は「軍隊として市民に虐殺略奪を行い、数十万の犠牲者が出た」
だの言ってたのに今じゃ「捕虜の処刑は違法」?
これであいも変らず「南京大虐殺」って言い張れるんだからなんだかなぁ

よ−するにサヨクにとっちゃ
「市民の虐殺略奪」だろうが
「捕虜の処刑」だろうが
その罪は等しく「世紀の大犯罪」だと言いたいワケだ?
すでにして物凄いフィルターがかかってるんだが本人達はなんとも思わないわけ?

だいたいが強制連行やら従軍慰安婦やらの嘘っぱちも真実として
喧伝しまくった分際でどの口でほざきやがる?ってマトモな人間なら思うけどね
とりあえず恥って言葉知ってるか? サヨク諸君

827 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 14:09:39 ID:rGtugKXI
リーバー法というアメリカの陸軍規則があった
これは「国際慣習法全てを内包している」と国際法上高く評価されるものだが
それによると

「パルチザンは武装し彼らの軍隊の制服を着用する兵士であるが、敵占領地域に侵入するため主要部隊から離れて行動する部隊に属する。
彼らはもし捕えられれば捕虜のすべての特権の資格を有する」(81条)
と制服着用のパルチザンには交戦資格を認めている。しかし、その一方で、組織化されず、軍服も着けず、
戦争に継続的に参加するものではなく、様々の方法で敵対行為を行う者またはその分隊は
「公の敵ではなく、それゆえ捕えられれば、捕虜の特殊な資格を有せず、
公道での盗賊または海賊として即決処分されねばならない」(82条)
(国際人道法 藤田久一)

このようにいわゆるパルチザンともはっきりと区別した上で「公の敵ではない・盗賊または海賊として即決処分」と明記している
つまり便衣兵は即処刑こそむしろ国際法上非常に正しい扱い

828 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 14:25:38 ID:PD3u1sGA
まぁいまこのスレでの争点は

「軍服を脱いだ兵士が正規兵か便衣兵か」ってことだろ?

片方は正規兵だから捕虜として扱うべしって主張で
片方は便衣兵だから捕虜の資格もなく処刑は妥当って主張

「世紀の悪行」が随分トーンダウンしてるけど
軍服を脱いでも正規兵ってのはどーいう理屈なワケ?
正規兵として軍人としての扱いを求めるなら
「一目でそれとわかる」格好しなくちゃいけないんじゃないの?
軍人が軍人の格好してないってゲリラと判断されても文句言えないでしょ?

一応オレはどっち派でもねーからね?
かつ声高に言われてた「軍隊が市民の虐殺と略奪を行った」が
否定された時点で水掛け論には興味ねーから

個人的には便衣兵でなくても処刑は妥当だと思ってる
国際法違反だとかぜんっぜん興味ないし
戦争中なんだからその程度は当たり前だと思ってるから

829 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 14:30:09 ID:uH5lc3Tm
>虫国は、チベットと戦争してたのか?

とんでもない 侵略でもない 内政問題ですよ 干渉しないでください

あの有名なキャスター筑紫哲也氏は 「自治権拡大」という表現を使ってました

毛王朝得意の自国民大量虐殺ということです 南京でも共産党軍が国民党軍と
民間人を大量虐殺しました それを隠そうと 毛王朝の現政権は日本のせいに
しようとしているのです

830 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 14:36:34 ID:rGtugKXI
軍人が自ら外見から兵士としてわかる徽章・制服を捨てるのはある意味最悪だよ
一般の民間人が戦闘行為するため(そして国際法上正規の交戦者とされるため)すら外見上区別できるようにするのが必須の要件なんだから
盗賊・山賊扱いされるのは国際法の主旨から言って当然
戦闘員と非戦闘員を区別できなければ、相手側はその可能性ある相手全員を敵と予見しなきゃならなくなるわけだから
当然、本物の非戦闘員の被害は幾何級数的に増える

831 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 15:17:45 ID:uQs8UTd3
>>828
だから、先に”便衣兵”の定義をしろよ。
正規兵が軍服を脱いだら便衣兵か?
休暇中で私服を着ている軍人は便衣兵か?
違うだろ。

> 「一目でそれとわかる」格好しなくちゃいけないんじゃないの?
交戦中ならな。
交戦中でもないし軍務からも外れていた。

> かつ声高に言われてた「軍隊が市民の虐殺と略奪を行った」が
事実ですが何か。

832 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 15:18:54 ID:uQs8UTd3
>>827
> 様々の方法で敵対行為を行う者またはその分隊は
ならば南京の”便衣兵”は敵対行為を行っていない。
これで終了だな。

833 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 15:39:44 ID:PD3u1sGA
>正規兵が軍服を脱いだら便衣兵か?
>休暇中で私服を着ている軍人は便衣兵か?

え? コレって「当人達の都合」で勝手に決めれるモンなの?
判断するのは敵対勢力っしょ
休暇中だから「今は」違います、ってのが通るワケ?
敵体勢力の言い分一つで? へぇ〜w 初耳だわ!


>事実ですが何か。

では南京において軍の正式な命令による民間人の殺戮及び略奪を
目的とした軍事行動で数十万の被害者が出たソースよろ

言いだしっぺはそっちだかんね?

834 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 16:57:29 ID:W1aOBUvr
南京大虐殺と「証拠写真」
「南京事件『証拠写真』を検証する」を検証する
はじめに
教授は、「刺殺訓練」や「斬首」などの場面を撮影をすることができなかった「はず」だと繰り返します。
その「はず」を覆す写真が、この本の中では、この タテ17mm、ヨコ15mm の写真です。
この写真に、斬首を撮影する日本兵が数人写っています。
<more>・・・これは一例です。
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/143/index3.html

《第1テーマ ここがメニューページです》
「南京事件」143枚の写真
"南京大虐殺"はウソか?
噛めばかむほど味が出てくる写真集

1回目に読んだときは、「肯定派の写真の使い方は随分乱暴だな」と著者の主張にうなづき、『やっぱり南京大虐殺は無かったかもしれないな』と思います。
2回目に読んだときは、「だが待てよ、著者が立てる前提は確かかな」と思い、少し疑問が生まれます。
3回目に読んだときは、「この写真、撮影可能な人間はだれなのだろうか」を一枚々々について考え、日本人が撮影した写真が殆どであることに気がつきます。
4回目はそうして、中国側の陰謀的『撮影工作』による捏造なのか、それとも本当に当時の中支派遣軍が為した残虐行為なのか、一枚々々の写真検討の蓄積が問われます。

0、そもそも『公開処刑』という言葉が、東中野氏のトリックでした。
『公開処刑』というと多くの人は、12月の南京攻略時の投降した中国軍守備隊の虐殺を思い浮かべます。
東中野氏は読者に『公開処刑』という言葉を焼き付けた上で、おもむろにそれを否定します。
それが左に紹介した彼の「否定根拠」です。

私もこうした否定根拠を論破したつもりになっていましたが、まんまと東中野氏のトリックに引っかかっていたようです。
皆さんも⇒msqさんの警告を是非読んで下さい。
南京攻略戦直後の『公開処刑』ではなく、翌年の春か夏に行なわれた『銃剣訓練』あるいは『日本刀訓練』だったとすれば、それだけで矛盾点が氷解するのです。
⇒刺戳(したく)=刺殺(n-012-3)
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/#syashin

835 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 17:30:00 ID:k8QMAfAd
>>834
×1回目に読んだときは、「肯定派の写真の使い方は随分乱暴だな」

○中国、日本の肯定派はインチキ写真を世界にばらまいて印象操作してきたという事が再確認できた 
インチキ写真を世界にばら撒いた責任を中国、日本の肯定派に問うていかなければならない

836 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 17:30:40 ID:Zyvrzy0Q
>>831
>交戦中ならな。
>交戦中でもないし軍務からも外れていた
つまり、戦地で降伏せずに軍服を脱げば、交戦中でもなくなるしそれで軍務から外れることになるわけか。

・・・基地外の考え方では。

837 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 18:01:53 ID:uQs8UTd3
>>836
指揮官は闘争し指揮系統は失われ
軍服も武装も捨て交戦の意思も能力もない状態だった。
これはもはや軍務中とはいえないね。

で、お前は俺を基地外というが、日本軍のやった
便衣兵狩りを正当化するのは占領下の都市で
民間人を便衣兵とみなして無差別に殺すことを
正当化するのと同じだということ、わかってる?

こっちのほうがよっぽど基地外じみているよね。

838 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 18:07:40 ID:uQs8UTd3
それと、軍服を脱ぐことにより捕虜資格が失われるという根拠は
未だ出されていない。
ハーグ規定にあるように正規兵には無条件で捕虜資格がある。
しかも便衣兵狩りで拘束された国民党兵は日本側の
捕虜の要件を満たしている。
これを殺すことの正当性は何一つない。

839 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 18:52:35 ID:Zyvrzy0Q
>>837
>指揮官は闘争し指揮系統は失われ
上位の指揮官が居なくなれば、階級順に受け継がれる。最後の一兵まで。
その時の最上位の階級の者が部下を纏めて降伏すべきだったし、できたはず。統率されていれば。
統率されていなかったら、日本軍には何の責任も無い。

>軍服も武装も捨て交戦の意思も能力もない状態だった。
つまり、戦地で降伏せずに軍服を脱げば、交戦中でもなくなるしそれで軍務から外れることになるわけか。

・・・基地外の考え方では。

>これはもはや軍務中とはいえないね。
つまり、戦地で降伏せずに軍服を脱げば、交戦中でもなくなるしそれで軍務から外れることになるわけか。

・・・基地外の考え方では。

>で、お前は俺を基地外というが、日本軍のやった
>便衣兵狩りを正当化するのは占領下の都市で
>民間人を便衣兵とみなして無差別に殺すことを
>正当化するのと同じだということ、わかってる?
日本軍の意思、行動から考えて、明らかに治安回復活動ですが。
12/22から良民証交付を行っているのが何よりの証拠。
無差別に殺すこととは全く次元が違う。

840 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 18:57:09 ID:Zyvrzy0Q
>>838
君はハーグ条約を全く理解していない。
その趣旨は、「人道的に戦えば、人道的に扱われる」という事で、権利と義務をセットで扱っている。
前文にも、人道的な慣習に従うことを命令しなければならない、と書いてある。

便衣を着て、君たちが主張するように民間人を巻き込んだ戦い方をすることが、人道的な慣習に従うという義務を
果たしているので、人道的に扱われる権利があると思っているのなら何も言うことは無い。

841 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 19:10:51 ID:1Kilix4T
つか軍務放棄ってさ?
軍服着たまま降伏・投降なら認められると思うけど
服脱いで市民の中に隠れて「交戦意思なし」はどうよ?

相手方にとったら目茶苦茶プレッシャーじゃん
ゲリラ疑われても文句言えんぜ
危険かどうかを判断するのは相手だろうに

>正規兵には無条件で捕虜資格がある。

それとわかる格好してること前提だから前提条件時点でアウトじゃん

>これを殺すことの正当性は何一つない。

ゲリラ戦の脅威の排除って正当性があるよ?
嘘つかないように、捕虜にする「義務」が日本軍にあるのか?
あると言うならその根拠はなに?

842 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 19:58:50 ID:odi2uJme
84章 「「南京事件」と「ホロコースト」は全く違う」
 南京事件だけでなく、日中戦争全般を通して日本人が無法に殺害した中国人の非戦闘員、捕虜は1000万人を超えるとされているのだけど。
計画的だったか、そうでなかったかの違いに一体どんな意味があるのか?
 すでに「戦争論」の4章に対する批判で述べたように、事件直前の南京市の人口は軍民あわせて50万人近くいたし、南京攻略戦に投入された日本軍将兵は20万人程度いたわけである。
南京陥落の12月13日から、日本による傀儡政権である、中華民国維新政府の成立する、翌3月までの3ヶ月あまりにわたって、継続的に行なわれた行為であることを考えれば、小林の南京事件を否定する根拠がいかに薄っぺらいものであるか分かるだろう。
また、南京市のみで殺戮、強姦、略奪が行なわれたわけではなく、事件を上海攻略戦から、南京制圧にいたるまでの流れとして捉えるならば、被害者の数は30万人を超えるのはまちがいないだろう。
http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/antigo84.html

「第4章 東京裁判洗脳されっ子の個人主義」
「東京裁判で捏造された 日本の犯罪の一つが 南京虐殺である」
 この珍妙な説はおそらく藤岡の受け売りだろう。
他にもこういった主張をする輩が多いのだけどこれ、少し資料を調べればあっけなく破綻する説なんである。
 まず、南京の人口だが、20万とあるのは、あくまでも安全区内の難民の総人口であって、南京の総人口ではない。
 安全区というのは、当時南京城市(南京は昔からの重要都市で、主要部は城郭に囲まれていた)にあって中国人たちの危難を救うべく奔走した外国人たちが日本軍との交渉のすえ確保した、一応の非戦区域のことである。
当然のことながら、多数の中国人が難を逃れるため、安全区に流入し、様々な資料によると、大体20万人程度の人口がいたらしい。
しかし、安全区以外が無人だったかというとそんなことは無いし、事件発生当初は民間人以外に中国軍将兵も多数城内に取り残されていたのである。
http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/war4.html

843 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 20:05:17 ID:uH5lc3Tm
>戦地で降伏せずに軍服を脱げば、交戦中でもなくなるしそれで軍務から外れることになるわけか。

先に逃げた司令部が一番悪いが 交戦中に服を脱いで民間人の中に入れば
とうぜん民間人を巻き込むことは判っていたはず
それを逃げ込むのが中国人だ おまけに後になって日本を悪者にする
根性が汚さ過ぎる
人を食う中国人のやる残虐行為はすぐばれる 他民族では真似の出来ない
人間の殺し方をするもの・・・・・



844 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 20:22:18 ID:vgn8fchY
>>838
> それと、軍服を脱ぐことにより捕虜資格が失われるという根拠は
> 未だ出されていない。
> ハーグ規定にあるように正規兵には無条件で捕虜資格がある。

正規軍に無条件で交戦者資格があるのは、民兵・義勇軍に課されている四つの条件を、正規軍が本来満たしているから。
そんな当たり前のことも知らずに、よく戦時国際法を語れますね。
例えば、軍服を着ずに兵器を隠し持ち、指揮官も居ずに戦時法も守らない。
こんな正規軍って、あると思う?
正規軍なら当然満たしている条件をあえて満たせば、正規軍ではない民兵や義勇軍にも交戦者資格を与えましょうという条文。
だからこそこの四つの条件が、交戦者の定義と認知されているわけだ。
軍服を脱いだ便衣兵に、交戦者資格が無い理由、わかった?

845 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 20:34:18 ID:wiNd1Pmf
つか>>838は処刑された人間はあの時点においても「正規兵」の
条件を満たしてるので捕虜として裁判にかけるのが妥当、ってコト?

つまり処刑された人々は「正規兵」なのね?
しかも自ら降伏・投降したワケでもなく
「市民の中に潜んでたのを摘発された正規兵」なのね?

846 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 21:14:37 ID:uQs8UTd3
>>844
> 例えば、軍服を着ずに兵器を隠し持ち、指揮官も居ずに戦時法も守らない。
便衣兵狩りで拘束された人間が一人残らず平気を持っていたとは初耳だね。
ソースよろしく。

軍服を着ず指揮官がいない(組織的な活動をしない)
戦時法も守らない。
こりゃすなわち民間人だな。

> 軍服を脱いだ便衣兵に、交戦者資格が無い理由、わかった?
軍服を脱いだ正規兵から直ちに捕虜資格が失われることがない
のは上で示したとおり。
そもそもお前は便衣兵狩りで拘束した人間を無条件で正規兵
とみなしているけど、彼らが正規兵である証拠はどこにあるんだ?
国民党軍に確認したのか?
それといい加減”便衣兵”をきちんと定義してくれないかな。

847 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 21:17:37 ID:wiNd1Pmf
>>846
彼らは民間人なの? 正規兵なの? どっちだよ?

848 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 21:31:18 ID:uH5lc3Tm
中国軍が軍服脱いで日本人の中に逃げ込んだら同視しないよ 探し出して処刑する
軍服脱いで中国人の中に逃げ込んだ奴らは恥ずべき連中だ 自国民が巻き添えになるのを知って
逃げ込んだんだから希望通り 民間人と区別が付かない中国人は逃げた人間と同視して処刑する
かわいそうだけど戦争だもの 仕方ないよ いまさらがたがた言われてもねー
逃げた中国の軍隊に文句を言ってほしいねー


849 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 21:35:41 ID:wiNd1Pmf
つーか民間人だと強弁するならだぞ?
どこの軍隊が「軍服脱いで市民に紛れたし危険はないな! 放置放置♪」
で許してくれるんだ?

頭沸いてるとしか思えないんだが・・・・・
典型的な「現場にいない人間の机上の空論」だな

850 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 22:02:21 ID:EK9HqIZO
                     おれは今やつのトンデモ理論をほんのちょっぴりだが体験した
                  い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれは敵兵が軍服を脱いでいたのを発見したので攻撃したら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        いつのまにか民間人を殺した罪で有罪になっていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \      バカだとかチョンだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

851 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 22:16:07 ID:vgn8fchY
>>846
ゴメン。
言ってる事が支離滅裂すぎて、どうレス返していいかわかんないや。
一つ言っとくと、民間人はもともと戦闘に参加しない人達で、軍関係者や戦闘員とは明確に区別されてるんだよ。
保護の対象にもなってるし。
いくら交戦者資格が無いからって、戦闘員は民間人じゃないんだよ。
もっと基礎の基礎からお勉強しようね。

852 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 22:32:14 ID:uQs8UTd3
>>847
それはこっちが聞きたいね。
彼らを民間人とみなしたのか正規兵とみなしたのかどっち?

>>851
何を仰いますか。
君が答えるべきことは明確だよ。

・便衣兵狩りで摘出された人間が一人残らず
武器を隠し持っていた証拠。
・便衣兵狩りで摘出された人間が国民党軍所属の
正規兵である証拠。
・正規兵が軍服を脱いだ瞬間捕虜資格を喪失する根拠。
以上、よろしくね。

>>849
ゲリラ予防なら、摘出した人間を後送して
軍律裁判にかけて所属と罪状を明らかにすればよかったじゃん。
何でしなかったの?

853 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 22:46:31 ID:EK9HqIZO
>>852は自分の都合のいいように解釈しておりますが、便衣戦術の本質を考えれば
正しい質問は次のようになります.。

・便衣兵狩りで摘出された人間が一部でも武器を隠し持っていた証拠。

・便衣兵狩りで摘出された人間が一部でも国民党軍所属であった証拠。

・正規兵が戦地で戦闘中に軍服を脱いで民間人に紛れた瞬間捕虜資格を喪失する根拠。

便衣戦術と言うのは、兵士ではないように見せかける戦術であり、民間人を巻き込む戦術で
ある事を理解しましょう。

854 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 23:39:17 ID:vgn8fchY
>>852

> 君が答えるべきことは明確だよ。

>>787
  ↑
自分で言い出したんだから、責任持って自分で証拠だせ。
お前頭おかしいの?


855 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 23:44:19 ID:xQe6E+wr
>ゲリラ予防なら、摘出した人間を後送して
>軍律裁判にかけて所属と罪状を明らかにすればよかったじゃん。
>何でしなかったの?

なんで労力と時間と金かけてそこまでしなきゃならないの?
是非教えて欲しいなw

>>852
正規兵なの? 民間人なの? どっち?
こっちは最初からゲリラ兵だと言う認識だけど?

856 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 23:48:31 ID:vgn8fchY
>>854
訂正

>>789
 ↑
自分で言い出したんだから、責任持って自分で証拠だせ。



857 :名無しさん@3周年:2007/02/15(木) 23:58:54 ID:9fM/Jujn
平服の雑兵が半数もいたという研究者もいるのに
どう区別したと言うんだ
ましてや上海陥落のあとは国民党軍なんて
敗走しながら食い詰めた農民を吸収していったに過ぎない

にしても
南京戦で便衣作戦がとられたという記録自体存在するのか?


858 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/16(金) 01:06:16 ID:Zo0VHFyW

便意作戦を取られてたら、日本は、撤退を余儀なくされていたかも知れんな。

それを阻止した大日本帝国軍は、えらいんだな。( ̄(エ) ̄)y◆°°°

。。

859 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/16(金) 01:12:32 ID:Zo0VHFyW

つまり、虫ゴキ人は、鳥インフルエンザの発生したニワトリなんだな。(・(ェ)・)y◇°°°

。。

860 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 01:37:30 ID:u9OeyzQh
>>857 全兵力-正当な数の兵力=ゲリラ兵 

861 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 04:24:31 ID:gbrRmR6N
で、南京で便意兵(軍服を着ないで日本軍に対し戦闘行為をした者)がいた
という記録はないの??そもそも、それがなければ「便意兵だから殺しても
いい」という主張は根本から成り立たない。

862 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 05:31:12 ID:LObc3xKH
便衣兵の処刑があったとかなかったとか便衣兵とか正規兵とかはいいですから
1937年12月の日本軍による南京攻略戦と、南京陥落後の6週間におよぶ市内掃討戦の際に、
民間人、捕虜、敗残兵、便衣兵らの虐殺などが発生、死者は約20〜30万
↑まず、コレはあったんですか?
中国政府では南京大虐殺記念館などで犠牲者の数を30万とし、
このことを根拠に記念館を世界遺産にするよう申請しているようですが、
それが正しいと、そういうことですか?
YES、NOどちらです?
便衣兵ないし、軍服を脱いだ正規兵を30万人、組織的、計画的、不当に処刑、虐殺。と主張されるわけですか?

863 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 08:03:51 ID:qea/Picx
便衣兵とかいうけど
侵略者に民間人が武器を持って戦ったなら
立派なレジスタンス

>>862
あくまで個人的な見解だけど
流通している書籍や図書館で調べられる範囲で
4万から10万というところじゃないかな
個別の事例を日時と場所で検索できるようにして
重複したものを消していく
他人の意見聞いてもたぶん納得できないと思うので
自分でそうやって調べてください

ただ化石と一緒で
資料の分はある程度証明できたとしても
それは最低ラインですべてじゃないからね

864 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 08:32:28 ID:e9BNSFmd
>>863
その立派なレジスタンスと認められるために必要なきちんと国際法の四条件が定められてるんだよ
しかも第二次大戦後
正規兵が義務を放棄して逃げ出したケースとは別個。国際慣習法では盗賊山賊と見なされる行為
勘違いが横行しているが、逃亡潜伏も立派な戦闘行為だぞ。それとも追撃戦は違法行為だ、と戦時法を全てひっくり返す主張をする気か?w

865 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 11:04:37 ID:dqSPIxE7
サヨ必死だな。
処刑されたのが便衣兵だと明らかになれば、南京大虐殺は本物の「マボロシ」になっちまうもんな。
「便衣兵はいなかった〜」は、まるで断末魔の叫びだな。

866 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/16(金) 11:07:06 ID:Zo0VHFyW

便意兵なんて使った虫ゴキは、処分されて、ヨッシー。

。。

867 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 11:12:14 ID:UN9CSoev
>処刑されたのが便衣兵だと明らかになれば

どうやって明らかにできるんだ? 不可能だ!

868 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 11:26:27 ID:p+eTfOc2
便衣兵は盗賊の類です。これを殺して虐殺というのは無理がありますね

869 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 11:29:25 ID:dqSPIxE7
>>867
処刑されたのが便衣兵じゃないってゆー証拠ヨロ!

870 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 11:31:38 ID:UN9CSoev
>>869
処刑があったのは認めるんだw

871 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 11:34:35 ID:p+eTfOc2
つうか民間人を計画的に虐殺→否定される→捕虜虐殺だ→いやそれは便衣兵だから→便衣兵を処刑しちゃいけないだろ→いや国際法上むしろ正当ですよ
肯定派はどれだけ話の摩り替えを行ってるんだwwww

872 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 11:41:28 ID:dqSPIxE7
>>870
たから、便衣兵じゃないってゆー証拠は?

873 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 11:53:25 ID:UN9CSoev
>>872
処刑前に全て便衣兵かどうか確認したという証拠は?

874 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 11:58:15 ID:p+eTfOc2
とりあえず挙証責任を相手に押し付けあうのはやめろ。悪魔の証明って知ってる?

 査閲の方法は、第十六師団参謀長・中沢三夫氏の『極東裁判における宣誓供述書』によれば、「日支合同の委員会を構成し日支人立会の上、一人宛審問し又は検査し、
委員が合議の上、敗残兵なりや否やを判定し、常民には居住証明書を交付し、 
敗残兵と認定された者は之を上海派遣軍司令部に引き渡した」ということであるが、師団副官・宮本四郎氏の遺稿によると、
捜査にあたった司令部の大行李長・瀬戸大尉の話として「ズボンをまくりあげさせ、短ズボンを穿いていた奴は太股に日焼けの横線がある。此奴は兵隊である。
・・・・・・紛らわしいのは逃亡兵の方に入れる。それが逃亡兵でない時は、本人が言い張るばかりでなく、
難民区から見に来ている男女中国人が、この男は何町の呉服屋の店員だとか、これは私の妹の子供だと泣きすがって哀願する婆さんが現れたりして、決着がつく」と記している。

 また、兵民分離査問に立会した内田義直氏(陸軍省通訳官・第十六師団警備司令部配属)は、その実態を次のように述べている。
  「中国人の言葉には地方訛りがある。南京を守備した中国軍は、広東、広西、湖南の兵隊で南方訛りであって、言葉で兵隊と市民の区別は難しかった。しかし、体つきを見れば兵隊と一般市民とは、
直ぐ区別がつく。
自治委員会の中国人と一緒に相談しながら分離作業をやったので、一般市民を狩り立てることはなかった。上着だけが民間服で、下着が兵隊服のものが多く、すぐ見分けがついた。」
(南京戦史)

875 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 12:11:48 ID:+nnOpfTo
>>863
>流通している書籍や図書館で調べられる範囲で
>4万から10万

凋落した10年以上前の大虐殺派の説をあたかも今でも通説みたいに
語るのやめてくれないかな

876 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 12:11:53 ID:YzLXVE4A
> 自治委員会の中国人と一緒に相談しながら分離作業をやったので、一般市民を狩り立てることはなかった。上着だけが民間服で、下着が兵隊服のものが多く、すぐ見分けがついた。」

一般人と便衣兵の区別を、この中国人に責任を押しつけている以上、
当然、この中国人の調書・証言は取ってあるのだろうね?

877 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/16(金) 12:19:19 ID:Zo0VHFyW

やっぱ、虫ゴキの理論だと、日本人を襲ってきた虫ゴキ人を処分しても、

虐殺なんだなんだな。

。。

878 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 12:31:12 ID:p+eTfOc2
>>876
なんで押し付けたことになるんだよw
苦しくなったからってまた話の摩り替えですか?せめてまともな反証史料一個ぐらい出せないの?

879 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 12:48:16 ID:0OmDRXth
戦時下にもかかわらず、第三者をいれてしっかり選別しているね。
元々便衣兵容疑者はその場でぶち殺すのが国際慣習だったわけだから非常に丁寧。
で、どこらへんが虐殺?

880 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 12:58:24 ID:2XwwQHVJ
>>879
> 戦時下にもかかわらず、第三者をいれてしっかり選別しているね。
ソース
> 元々便衣兵容疑者はその場でぶち殺すのが国際慣習だったわけだから
ソース

881 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 13:03:28 ID:dqSPIxE7
>>880

容疑者が全員一般市民だったってゆーソースよろ!

882 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 13:08:16 ID:xY0eTITF
いつも否定派の言うことは支離滅裂だなw

883 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 13:11:55 ID:DLyM/Byv
あの国は泥棒と恐喝で生活費を賄ってる大家族です。だからまともに信用して相手をすると骨までしゃぶられて骨髄まで食べられてしまいます。もうちょっと冷静になって安い商品を作らせておくだけにしましょう

884 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 13:13:42 ID:YzLXVE4A
>>878
証拠にならない史料を出す方が恥ずかしいね。

885 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 13:22:49 ID:dqSPIxE7
>>884
>>878
> 証拠にならない史料を出す方が恥ずかしいね。

なるほど。
だから反証史料出せないんだね!

886 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 13:27:24 ID:V/wwF56/
>>861
なんで交戦がないと認められないの?
こっちに被害が出るまで待ってろとかいうふざけた論理じゃなるまいな?
疑わしきは撃て!これは戦時の常識、判断が遅れればそれだけリスクが増す

バカ? 現場でおんなじセリフ吐いてこい!
袋叩きにされるぞ

887 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 13:47:00 ID:+nnOpfTo
同和書籍購入で恐喝 社長逮捕
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/02/16/k20070216000140.html

偽の同和団体を出版元にして同和問題などについての本を買わせていたとして、警察は、恐喝の
疑いで広島市などの2つの出版社を捜索し、社長1人を逮捕しました。本の売り上げは18億円以上
に上り、警察は実態の解明を進めることにしています。

捜索を受けているのは、広島市中区の出版社「トラストジャパン」と岡山市辰巳の出版社「ユニオン
KA」などです。広島県警察本部の調べによりますと、2つの出版社は、おととしから去年にかけて、
広島県などのあわせて8つの企業や団体を電話で脅して、同和問題や北方領土問題についての本
を1冊5万円前後で買わせた恐喝の疑いが持たれています。2つの出版社は、大阪に設立した偽の
同和団体「全国同和人権促進会」などを本の出版元にし、全国の企業や団体に社員が電話して「差
別問題はどの会社も避けて通れない」などと執ように購入を迫っていたということです。関係する口
座には、おととしまでの3年間に、本の代金あわせておよそ18億円が振り込まれていたということで
す。警察は、トラストジャパンの社長で韓国籍の李一雄容疑者(63)を逮捕するとともに、2つの会社
の社員ら10人を容疑が固まりしだい逮捕して、組織的な恐喝事件の解明を進める方針です。

同和団体や右翼団体のふりして、日本人を脅していた韓国人が逮捕されました。
「南京問題で証言者を脅す右翼」として肯定派が取り上げる「右翼」はこういう人たちの
可能性もありますね

888 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 13:55:06 ID:gbrRmR6N
いやだからさ、否定派の連中は「南京での処刑は(処刑があったことは認めてるw)
便意兵に対するものだから合法」ってさんざん言ってるよね?南京で便意兵が
いたと主張してるわけだ。だったら「南京では軍服を着ないで日本軍に対し戦闘行為
をした者(=便意兵)」がいたということを証明する必要がある。それがないのに
勝手に便意兵がいたことにして「便意兵だから殺しても良い」なんて言っても
まったく説得力がない。まあ2ちゃんねるでは通用するだろうがww

889 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 13:55:49 ID:dqSPIxE7
「南京虐殺マボロシ認定」のカウントダウンが始まった今、バカサヨはもう、まともに反論する気が失せたようです。


890 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 13:59:39 ID:dqSPIxE7
バカサヨ最期の叫び
「便衣兵はいなかった〜〜〜!」

891 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 14:01:14 ID:j//lNqDN
そもそも中国人が嘘をつかない訳がないじゃん。

892 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 14:02:33 ID:gbrRmR6N
>>889>>890
御覧のような馬鹿ばっかだから南京大虐殺否定派は歴史学や司法の分野で敗北
し日本政府も南京大虐殺を認める結果になったんでしょうねw

893 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 14:08:17 ID:dqSPIxE7
バカサヨしつこくファビョってます!

894 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 14:21:56 ID:j//lNqDN
まぁまぁ、冷静に考えて>>891ということでいいじゃないか。

895 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 14:27:35 ID:uVKM04sC
>>893
と、バカウヨが、しつこく発狂しています(´ー`)y-~~

896 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 14:56:29 ID:TZ2a4BFk
都合が悪くなると、決まって沸いて出てくる単発ID
やれやれ・・・。

897 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/16(金) 17:41:32 ID:Zo0VHFyW

撃たれてから撃っては、遅すぎるPOにょ。

。。

898 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 17:50:10 ID:2XwwQHVJ
「ゲリラを起こしそうだ」で捕まって殺されちゃたまらんわなぁ。

899 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/16(金) 18:13:19 ID:Zo0VHFyW

軍服脱いで民間人の中に紛れ込むなんて、日本人なら絶対そんな卑劣なことをやらない。

日本軍人は、相手に捕まるぐらいなら死を選べと、教わってきた。

。。

900 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/16(金) 18:26:09 ID:Zo0VHFyW

敵前逃亡は、普通死刑じゃないのか?

。。

901 :コンボイ:2007/02/16(金) 18:47:50 ID:ybEgrQ5q
黒だぞ。

902 :コンボイ:2007/02/16(金) 18:51:36 ID:ybEgrQ5q
黒だぞ。

903 :731:2007/02/16(金) 19:09:43 ID:ZIYFrW2X
>>818
>これを否定するなら、ゲリラや便衣兵が交戦者である根拠が必要。
その前に先ず貴方が南京にゲリラや便衣兵がいた事を証明する必要がありますね。
ただしこの場合「便衣兵」とは民間人の服着て攻撃を仕掛けるゲリラの事ですよ。
便衣しただけでは「便衣兵」とは言わないですよ。
ウヨは頭が悪そうだから分りやすく言えば便衣兵とは
1・「民間人の服着て」+2・「攻撃を仕掛ける」初めて=3・「便衣兵」となるわけ。
この場合は明らかに2・「攻撃を仕掛ける」がないですよ。
>正規兵が交戦者で無くなれば、交戦者ではない。
>交戦者ではないので、処刑は違法ではない。
いずれも具体的な反論になっていないねw
>ゲリラや便衣兵は交戦者ではないから、戦争の法規が適用されない。
>何度同じ事言わせるの?
こっちこそ、そもそも彼らは「ゲリラや便衣兵」ではないから
「ゲリラや便衣兵」だと扱うにはまず中国兵が「ゲリラや便衣兵」であると貴方がそれを証明できた場合
で初めて貴方の論理を基づいた議論が成り立つわけ、まず2・「攻撃を仕掛ける」を頑張って証明して
くださいねw

904 :731:2007/02/16(金) 19:18:01 ID:ZIYFrW2X
>>821
>横から悪いけど
悪いと思うなら引っ込んでください・・・邪魔ですw
>相手の言を理解してるつもりで理解できてない。曲解してる。
>でもバカにしてるもんだから気付いてない
理解も何も「ゲリラや便衣兵」をするにはまず「ゲリラや便衣兵」の証明を
行なうのは当然でしょう。
それと私と同じような事はID:uQs8UTd3氏なども同じような指摘をしています。
君は君以外の陣営の人は皆馬鹿というのでしょうか?
>あなたは他人をバカにしすぎ。
はいはい。根拠も挙げずに他人を批判するのはよくありませんね。
従ってこのセリフはそのままお返しします。
あなたは他人をバカにしすぎ。しかも被害妄想に取り付かれたようですねw

905 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 19:20:03 ID:esgfMpkg ?2BP(0)
少なくとも時が経つにつれ虐殺数が増えていったので、
数字はうそ確定。
あったとしても、村の焼き討ちなど小規模なものと考える。

中国自体がチベットやウイグル、自国民を虐殺してるのは本当。

906 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 19:21:03 ID:2XwwQHVJ
>>903
ゲリラとの交戦記録は記録にない。
大体便衣兵狩りで摘出されたのは交戦行為によって
摘出されたわけじゃない。
便衣兵狩りは南京城内に居た青壮年男子が対象で
日焼けの跡やら手のタコやらいい加減な方法で
日本軍の主観的判断により便衣兵と判断された人間。

否定派が主張するべきは「便衣兵の無裁判処刑は合法だ」
ではなく「日本軍の主観的判断により便衣兵容疑者と
みなされたものを無裁判処刑するのは合法だ」
だね。

さ、論証してくれ。

「日本軍の主観的判断により便衣兵容疑者と
みなされたものを無裁判処刑するのは合法だ」

907 :コンボイ:2007/02/16(金) 19:23:31 ID:ybEgrQ5q


908 :731:2007/02/16(金) 19:37:57 ID:ZIYFrW2X
>>844
酷い論理ですね
>例えば、軍服を着ずに兵器を隠し持ち、指揮官も居ずに戦時法も守らない。
>こんな正規軍って、あると思う?
軍服を着ないだけでは国際法違反はいえません。
>兵器を隠し持ち
なら南京にいる便衣兵の全てが兵器を隠し持ったことを証明してくださいw
>指揮官も居ずに
ほう、では指揮官が戦死したらその部隊は全員捕虜資格は失うわけだね
。・・・こんなトンデモ理論は東中野「先生」の直伝だねw
>軍服を脱いだ便衣兵に、交戦者資格が無い理由、わかった?
馬鹿だね・・・何度言えば分るかね?ハーグ規約には軍人が市民の服を着て
はいけないという条項はないですよ。 勿論それで
戦闘員が一般市民を装って敵を安心させて攻撃すれば国際法違反となります。
(第23条ロ号 背信の行為による敵の殺傷の禁止)
しかし南京の場合では南京城内の「便衣兵」は軍服を脱いで便衣(民間人の服)を着て潜伏していたが、
その状態から武器を持って敵に攻撃を掛けたわけではない。これは日本側記録や
外国人の記録で十分証明されています>>786
従って否定派が「ゲリラや便衣兵」云々よりもまず先にそれがいたという証明をしてください。
いるはずのない「物」や「妄想」には付き合いきれませんよw

909 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/16(金) 19:40:35 ID:Zo0VHFyW

便意兵の処分が悪いのではなく、そもそも、軍服脱いで民間人の中に逃げ込んだ

志那人が悪いのである。

昔、コンボイって言う映画を見たことがあるな。大型トラックの映画だったな。

。。

910 :731:2007/02/16(金) 19:40:47 ID:ZIYFrW2X
>>906
・・・ごめん、アンカーミスですか?

911 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/16(金) 19:43:10 ID:Zo0VHFyW

アメリカで警官にフリーズって言われたのに、ポケットに手を入れて、

警官に射殺された様なもんだろ。今は、ナイフ銃とかボールペン銃とか、

あるんだな。(・(ェ)・)y◇°°°

。。

912 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 19:44:16 ID:LObc3xKH
>>888
否定派とひとくくりにされているようですけど私は個人的には
南京大虐殺と呼ばれる民間人に対する略奪、放火、強姦、30万人にもおよぶ大量の虐殺は
存在しなかったが、便衣兵と間違えていくばくかの非戦闘員を処刑してしまった事件は存在した、
と考えているのですが。で、中国は前者が実際にあったと主張しており、そのことについては
日本は国をあげて反論するべきだと思うのですが。
>>888>>904の方々とあまり意見の相違はないように思うのですが
あとは後者を「南京大虐殺」と呼称するかどうかで、私はその事件を大虐殺とするのはあまりにも
理に適わないと思います。

913 :コンボイ:2007/02/16(金) 19:57:17 ID:ybEgrQ5q
被害は甚大とみるね

914 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/16(金) 20:48:32 ID:Zo0VHFyW

チベット大虐殺のの被害は、南京事件の数十倍だね。

。。

915 :コンボイ:2007/02/16(金) 21:00:30 ID:ybEgrQ5q
真偽のほどは知らんがそうかもな

916 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 21:30:34 ID:fz13Vqfe
南京というか支那大陸で略奪放火強姦殺人の類を働いたものは99.999999999%支那人だ。

世界一規律正しい日本人と有史以来無法状態しか知らない支那大陸の住人とは別人種である。

917 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 21:42:51 ID:fz13Vqfe
支那大陸は存在しても中国なぞという国が存在したことはない。

918 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 22:00:16 ID:4n01Nt5o
http://wiki.livedoor.jp/kknanking/d/%ca%d8%b0%e1%ca%bc%a4%cb%c2%d0%a4%b9%a4%eb%ba%db%c8%bd%b5%c1%cc%b305
case1 第一モールメン・タキン事件
>この戦時反逆罪の主張について検察官側は被告の一人ひとりにその理由をたずね始めたが、それぞれ、当時のゲリラが日本軍将兵をいかに悩ませ、殺戮したかを具体的に列挙して答えていったので、途中で、「もうよろしい」と証言を中止させてしまった。
> 結局、検察官側が最も重点を置いて追及したのは、軍律裁判をなぜおこなわなかったかという一点となり、戦況不利の混乱状態で開くことができなかったという弁護側の抗弁にたいして英軍検察側は、「時期を延期してもあくまで開くべきであった」と主張した。
「相手が便衣兵であった」という日本側の主張を黙殺している。(便衣兵の即時処刑では罪に問えなかった)
これは以下のcase2・3を読めばよりはっきりするだろう。

case2 カラゴン事件
>両将校は、カラゴン討伐行動は師団命令でおこなわれたこと、裁判など開く余裕はなかったこと、
当時は日本軍を包囲殲滅する敵対状況にあり集団処刑もやむを得なかったこと、などを証言した。
>しかし検察官側から住民すべてを殺害する必要があったかどうかと追及されて
これは明らかに便衣兵の即時処刑を罪とは出来なかった例。住民すべてを巻き込んだことにして、やっと有罪にした例。
ここからも、多少の民間人が紛れていた位では罪に問えなかった事がわかる。(便衣戦術を取った者の責任)

case3 西ボルネオ抗敵陰謀事件
>山野中尉の起訴状の概要は以下の通り。
>「ポンティアナク特警隊副長・山野一之中尉は昭和18年12月より昭和19年5月までのあいだ、西ボルネオのマンドール島、
>スンガイ、ドリアンなどの各地において職権を濫用して多数の一般市民を検挙し、彼らを正当な裁判をおこなうことなく処刑にあたり
これも明らかに便衣兵ではなく一般市民ということにしてやっと有罪にした例。

結論:実際の裁判においても、便衣兵に対する裁判が義務付けられていなかったことが確認できたと思われます。

919 :731:2007/02/16(金) 22:07:41 ID:ZIYFrW2X
私は今日ここまでだが、一応918への反論サイドを貼りましょう。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/aandv/ilow01_06.htm

920 :731:2007/02/16(金) 22:17:47 ID:ZIYFrW2X
case1 第一モールメン・タキン事件
有罪という判決が出ていることから、検察側の主張が認められたと判断できま
す。その主な主張は、「軍律裁判をなぜおこなわなかったか」ということであり、
たとえその時に軍律会議を開く余裕が無かったとしても、「時期を延期してもあく
まで開くべきであった」というものです。これは、無裁判処罰を禁止した国際法に
違犯したことが、有罪の根拠となったものと考えられます。

case2 カラゴン事件
弁護側証人に「裁判など開く余裕はなかったこと」を証言させていることから
、この点も争点となっていたと考えられます。戦時犯罪に裁判の義務がないの
であれば、自軍の安全を保つための軍事的必要から、市民を死刑にしたこのケー
スの行為は合法となります。しかし、直接殺害に関与した第3大隊の将兵が有罪
になっていることから、裁判の義務があったことを前提としていることになります。

case3 西ボルネオ抗敵陰謀事件
住民のゲリラ活動から、自軍の安全を保つための軍事的必要が存在していまし
たが、検察側の主張にあるように「正当な裁判をおこなうことなく処刑にあた」
ったことを理由に起訴されており、有罪の判決が出されています。無裁判が問わ
れており、そのことについて違法性が認められています。
詳しくはここ↓にどうぞ
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/aandv/ilow01_06.htm
結論:918はまったくのデタラメな解釈であります。
勿論こうした裁判するしないの議論は否定派がきちんと「便衣兵・ゲリラ」の存在を証明
できた時点ではじめて成り立つであり、それができていない以上まったく
論じても仕方がない問題なのですw
(尤もこれからも否定派が「便衣兵・ゲリラ」を証明をできるとは思えません・・・
なぜならゲリラとの交戦記録は記録はないからです)






921 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 22:24:14 ID:dqSPIxE7
>>912
君の言ってる事は正論だ。
でも、バカサヨに歩み寄っても無駄だよ。
なんせヤツらのトンデモ論は、「便衣兵はいなかった〜!」だからな。
そもそもまともに議論する気なんかないんだよ。
過去レス読めばわかるじゃん。




922 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 22:27:00 ID:2XwwQHVJ
>>921
反論は無しか?

923 :731:2007/02/16(金) 22:30:56 ID:ZIYFrW2X
>なんせヤツらのトンデモ論は、「便衣兵はいなかった〜!」だからな。
はあ・・・トンデモ論ね。
そもそも「便衣兵」の定義とは民間人の服着て攻撃を仕掛けるゲリラの事ですよ。
簡単な計算・・・
1「民間人の服着て」+
1「攻撃を仕掛ける」
初めて=2・「便衣兵」となるわけですよ。
問題の1「攻撃を仕掛ける」の部分がないですよ。
従って彼らは「便衣兵」の定義には当て嵌りません。従って
「便衣兵(ゲリラ)はいなかった〜!」と主張しても別になんの問題も
ありませんよ。


924 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 22:32:02 ID:zKRZbBVu
日本兵が「摘出」した人間を便衣兵と判断した根拠って
結局何?

925 :731:2007/02/16(金) 22:36:06 ID:ZIYFrW2X
ま、反論したいのであれば少なくとも否定派がきちんと「便衣兵・ゲリラ」の存在を証明
をすることであり・・・
すなわち
南京でゲリラもしくは便衣兵との交戦記録を提示することなのですよ。
それができて初めて国際法で便衣兵やゲリラについて論じることができます。
「便衣兵・ゲリラ」の存在も証明せずに「便衣兵・ゲリラ」の国際法を語るのは
論理の飛躍でしかないわけですねw
(尤もこれからも否定派が「便衣兵・ゲリラ」を証明をできるとは思えません・・・
なぜならゲリラとの交戦記録は記録はないからです)

926 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 22:37:56 ID:dqSPIxE7
いつもまともな反論をしないのはどっちかな?

927 :731:2007/02/16(金) 22:40:35 ID:ZIYFrW2X
>>926
まともな反論も何も君ががきちんと「便衣兵・ゲリラ」の存在を証明
してくださいなw
南京でゲリラもしくは便衣兵との交戦記録を提示することなのですよ。


でもそれができないでしょ(笑
(なぜならゲリラとの交戦記録は記録はないからです)


928 :731:2007/02/16(金) 22:46:45 ID:ZIYFrW2X
私やほかの肯定派が裁判をする・しないを論じているのは
あくまで「仮に」否定派がいう「便衣兵・ゲリラ」が「もし、いたら」という話が
前提であり、その前提も結局「仮」でしかない。
すなわちこの問題あくまで私などが否定派に合わせた(「便衣兵・ゲリラ」がいた
という前提)にすぎない
・・・すなわち私などは「便衣兵・ゲリラ」がいたとは思っていない
なぜならゲリラとの交戦記録はないからです。

929 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 22:49:27 ID:dqSPIxE7
便衣兵の存在をもみ消したくて必死だな。

930 :731:2007/02/16(金) 22:54:25 ID:ZIYFrW2X
城内進入にあたっては敵の撤退が意外に迅速で、予期した抵抗に遭遇せず、
〜中略〜極めて迅速に(掃蕩)終了して引き揚げた。
(証言による『南京戦史』(7)1984年10月号)

931 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 22:57:48 ID:qea/Picx
でもホントに便衣兵との交戦記録見あたらないね
うがった見方をすると
捕虜として殺されている平服の人を兵と強弁するための
詐術に用いられているようにも見える

932 :731:2007/02/16(金) 22:57:57 ID:ZIYFrW2X
>便衣兵の存在をもみ消したくて必死だな。
・・・(笑
もう具体的な反論はできないようですね(笑
無理ないね・・・ゲリラとの交戦記録はないから出せないでしょう?

城内で便衣兵と遭遇し、戦闘をした記録を出してくださいよw

城内進入にあたっては敵の撤退が意外に迅速で、予期した抵抗に遭遇せず、
〜中略〜極めて迅速に(掃蕩)終了して引き揚げた。
(証言による『南京戦史』(7)1984年10月号)

933 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/16(金) 22:58:56 ID:Zo0VHFyW

日本が便意兵の裁判をせずに処分したのは、日本が正しいと信じて行ったことであり、

日本が戦争に負けるなんて、考えていなかったからだな。

そもそも、便意兵は、裁判せずに処分していいのである。

。。

934 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 22:59:52 ID:4n01Nt5o
>>920
case1 第一モールメン・タキン事件
その主な主張は、相手が便衣兵であることを無視して「軍律裁判をなぜおこなわなかったか」ということであり、
たとえその時に軍律会議を開く余裕が無かったとしても、「時期を延期してもあく
まで開くべきであった」というものです。これは、便衣兵以外の無裁判処罰を禁止した国際法に
違犯したことが、有罪の根拠となったものと考えられます。

case2 カラゴン事件
弁護側証人に「裁判など開く余裕はなかったこと」を証言させていることから
、この点も争点となっていたと考えられます。戦時犯罪に裁判の義務がないの
であれば、自軍の安全を保つための軍事的必要から、市民を死刑にしたこのケー
スの行為は合法となります。しかし、直接殺害に関与した第3大隊の将兵が有罪
になっていることから、裁判の義務があったことを前提としていることになります。

であれば「しかし検察官側から住民すべてを殺害する必要があったかどうか」と追及される
ことは無かった。「しかし」の意味をまったく理解していないようで。

case3 西ボルネオ抗敵陰謀事件
住民のゲリラ活動から、自軍の安全を保つための軍事的必要が存在していまし
たが、検察側の主張にあるように「多数の一般市民を検挙し、彼らを正当な裁判をおこなうことなく処刑にあた」
ったことを理由に起訴されており、有罪の判決が出されています。多数の一般市民に対しての無裁判が問わ
れており、そのことについて違法性が認められています。

何で一番大事なところをトリミングするのかなww

935 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 23:03:11 ID:dqSPIxE7
プッ…
相手には「公式記録」を要求し、自分が出すのは「証言」ばかり。
バカサヨのいつもの手口だな。

936 :731:2007/02/16(金) 23:08:30 ID:ZIYFrW2X
>相手には「公式記録」を要求し、自分が出すのは「証言」ばかり。
>バカサヨのいつもの手口だな。
へー、じゃ証言でも構わないから「便衣兵・ゲリラ」との交戦記録を出してくださいよ。
お馬鹿さんw
ちなみに君は勘違いをしている
存在しないものは「公式記録」には存在しない・・・当たり前ですよね。
存在するものは「公式記録」にないとオカシイ。
この場合は便衣兵は存在しないと主張する私は何も出す必要はない、
出す必要があるのは存在すると主張すのきみのほうである。
(否定派論理悪魔の証明はそうなっているのだろう?)


937 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 23:10:07 ID:5b8WeS8m
>>921 正史の国,中国は昔の王朝時代より現皇帝に都合の悪い事は
消し去り都合の良い部分のみを正史として引き継いだ中国4.000年の
歴史と言うけれど捏造と改ざんに塗れた歴史なのである,
軍人が一般住民に変装をすることなど朝飯前の芸当である更衣兵は
中国軍にとっては作戦の一部に過ぎない ベトナム戦争でもカンボジア
に於いても更衣兵ゲリラはニュースや映画でも登場し おなじみだよ
否定する方が可笑しい,

938 :731:2007/02/16(金) 23:11:44 ID:ZIYFrW2X
間違っていましたら謝罪しますが・・・

ID:dqSPIxE7君とID:+45P0K4Cは同一人物ですか?


939 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 23:14:39 ID:qea/Picx
>>937
>中国は(中略)捏造と改ざんに塗れた歴史なのである

ここだけ引用するとH先生やT先生は
中国の歴史を引き継いでおられるようお見受けしますが

940 :731:2007/02/16(金) 23:21:37 ID:ZIYFrW2X
>>937
だから肯定をしたのはかまわないですよ。
ただしこれ↓を出してから肯定してね。

城内で便衣兵と遭遇し、戦闘をした記録

早く君らが「便衣兵」の存在を証明しないと君らが大好きな「裁判する・しない」
の話へと移れないけど・・・、それとも証明できないということでFAですか?
別に私はそれでも全然構わないですけどね。(笑

941 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 23:22:48 ID:+nnOpfTo
丸山進 特務機関員の見た南京(下)

一月中旬から二月一杯にかけて夜間便衣姿の抗日ゲリラが市内の
各所に出没した。彼等はヤミにまぎれて日本軍の歩哨に近づき、
或いはチェコ銃で、或いは拳銃で、時には手榴弾で歩哨を狙撃して
すぐ民家の中に身を隠すのだ。すると警備司令部から捜索隊が現場に
急行するのだが犯人が捕らえられた事はほとんどなく時には一般市民が無罪の
罪に問われた事もあった。しかしそれも維新政府が設立した三月の二十八日を
境にして全くなくなった。
(昭和史研究所会報特別版 p22)


942 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 23:25:31 ID:LObc3xKH
>>731
便衣兵との交戦が南京において行われたという記録は確かに聞いたことがありません
南京戦においては便衣兵ではない一部の非戦闘員や、あなたのいう軍服を脱いだ正規兵をも
誤って処刑してしまったという「事件」はあったであろうことは私は否定していません
あなたは便衣兵の扱いに重きを置いているようですが、一般に中国が主張している南京"大虐殺"は
「非戦闘員に対する略奪、放火、強姦、30万人にもおよぶ大量の虐殺」これです
中国にある南京大虐殺記念館でもこのことがさも実際に起こったかようにしているようです
あなたの主張する便衣兵との交戦うんぬんといわゆるこの"大虐殺"とはちょっと温度差があるようなんですが…
あなたは「非戦闘員に対する略奪、放火、強姦、30万人にもおよぶ大量の虐殺」が起こったと思われるわけですか?

943 :731:2007/02/16(金) 23:25:57 ID:ZIYFrW2X
時期はおかしいよ。
「一月中旬から二月一杯」
便衣兵狩りと処刑はいつでしょ?(笑
きちんと日にちを確認してくださいw
よくある間違いですね。


944 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 23:26:06 ID:dqSPIxE7
>>936

> 存在するものは「公式記録」にないとオカシイ。

こーゆーことでいいんだよな?

945 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 23:29:37 ID:+nnOpfTo
>へー、じゃ証言でも構わないから「便衣兵・ゲリラ」との交戦記録を出してくださいよ。

だから出した そしてその証言があった
武器を隠し持って攻撃してくるゲリラがいた
いったいどこに武器を隠していたのかな

946 :731:2007/02/16(金) 23:33:49 ID:ZIYFrW2X
>>942
>あなたは便衣兵の扱いに重きを置いているようですが
私は別に便衣兵の扱いに重きを置いたつもりはありませんが・・・
スレの流れでたまたま便衣兵という話に合わせているだけです。
>「非戦闘員に対する略奪、放火、強姦、30万人にもおよぶ大量の虐殺」これです
私は非戦闘員に対する30万人にもおよぶ大量の虐殺はありえないと思っています。
>あなたは「非戦闘員に対する略奪、放火、強姦、30万人にもおよぶ大量の虐殺」が起こったと思われるわけですか?
30万人という数字以外は大体起こったと思います。
>あなたの主張する便衣兵との交戦うんぬんといわゆるこの"大虐殺"とはちょっ
>と温度差があるようなんですが
スレの流れでたまたま便衣兵という問題に集中しているだけです。
ご了承ください。

947 :731:2007/02/16(金) 23:35:58 ID:ZIYFrW2X
>だから出した そしてその証言があった
>武器を隠し持って攻撃してくるゲリラがいた
>いったいどこに武器を隠していたのかな
そういう問題を論じても構いませんが・・・
時期はおかしいですよ。
「一月中旬から二月一杯」
便衣兵狩りと処刑はいつでしょ?(笑
きちんと日にちを確認してくださいw
よくある間違いですね。

948 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 23:41:59 ID:dqSPIxE7
441が証言を出したのに、バカは今度は時期を問題にしている。
便衣兵狩りの日だけ、この世から便衣兵が突然消滅したらしい…

949 :731:2007/02/16(金) 23:46:03 ID:ZIYFrW2X
>バカは今度は時期を問題にしている。
当たり前じゃないですか?
便衣兵狩りと処刑は大体12月後半で完了しており
「一月中旬から二月一杯」 を出されてもすでに処刑が完了しており
意味がありません。馬鹿は貴方です。

950 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 23:47:31 ID:4n01Nt5o
12/13の南京陥落までに、日本軍を攻撃していた者たちが便衣になり潜伏した。
摘出から逃れたもの達は、1月中旬になって日本軍への敵対行為を「再開」した。

つまり、ここでの論点は日本軍への敵対意思を持つと当然思われる敵兵が
降伏せずに便衣で民間人の中に潜伏した時、それらを「便衣の敵」とみなして
いいかどうかと言うことだね。

951 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 23:48:19 ID:9xUerQ40
次スレ立てました
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1171637256/

952 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 23:53:00 ID:dqSPIxE7
バカは1月に便衣兵が突然この世に現われたと主張している

953 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 23:58:06 ID:+nnOpfTo
上海でも便衣隊による攻撃があった
南京でも当然それが行なわれるだろうという予測は立つ
そして隠されていた武器を使ってそれは行なわれた

954 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 00:00:00 ID:eF7dhQAK
判り易く言うと、さっきまでこちらを攻撃していた連中が便衣になったとたん、そいつらを
敵とみなしてはいけない、再度攻撃されるまで待たないといけない、と言うことですか。

955 :731:2007/02/17(土) 00:03:41 ID:j+zQIbjT
>12/13の南京陥落までに、日本軍を攻撃していた者たちが便衣になり潜伏した。
>摘出から逃れたもの達は、1月中旬になって日本軍への敵対行為を「再開」した。
それは完全な「事後」でしょう。「事前」ではない
それにその証言だけでは『城内』からでは判断できませんよ。
○マギー証人 田舎の方には支那の遊撃隊が沢山居ると云ふことは、
一般に知れ渡っていた事実であります。但し町の中に於いては、先程のことは
私は知らないから申上げたのでありますが、『田舎』には、さう云ふ遊撃隊が沢山居る
と云ふ噂がありました。
『日中戦争史資料集8』P109-110
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3924/kitamura/kitamura04.html

956 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 00:05:47 ID:wyEVA8KE
一般市民への大量虐殺が虚構と分かった時点でサヨの負けなんだがな。

957 :731:2007/02/17(土) 00:06:01 ID:j+zQIbjT
>上海でも便衣隊による攻撃があった
>南京でも当然それが行なわれるだろうという予測は立つ
しかし予想に反しなかったのである。

城内進入にあたっては敵の撤退が意外に迅速で、予期した抵抗に遭遇せず、
〜中略〜極めて迅速に(掃蕩)終了して引き揚げた。
(証言による『南京戦史』(7)1984年10月号)

958 :731:2007/02/17(土) 00:10:07 ID:j+zQIbjT
>判り易く言うと、さっきまでこちらを攻撃していた連中が便衣になったとたん、そいつらを
>敵とみなしてはいけない、再度攻撃されるまで待たないといけない、と言うことですか。
そうは言っていませんよ。拘束すればいいんじゃないですか?拘束し、無力化にすること問題がありません。
私が問題にする事は敵を拘束し、無力化にしたにも関わらずそのまま処刑したという事です。

959 :731:2007/02/17(土) 00:14:36 ID:j+zQIbjT
今日の結論を貼りましょう。
陸戦法では兵士の軍服について規定はしていないし、軍服を脱いだことを違法
とする条項もない。
 また、交戦の資格のある者が、奇襲としてゲリラ戦法を行うことも違法とされ
ているわけではない。
 しばしば誤って引用されている、第一条の民兵と義勇兵の交戦者の資格でも、軍
服を条件とはしていない。
 陸戦法では、不規則兵を交戦者の資格がない者として、結果的に排除しているが、
それは、あくまでも交戦者の資格であり、交戦の資格がないこと自体を違法としてい
るわけではない。
 軍律裁判もないのに処刑することは、一般的に国際法違反であり、軍装を脱いだ兵士
を「便衣兵」、すなわち不規則兵として議論すること自体が歪められた議論である。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3924/kitamura/kitamura04.html

960 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 00:33:06 ID:eF7dhQAK
>>959
>陸戦法では兵士の軍服について規定はしていないし、軍服を脱いだことを違法
>とする条項もない。
陸戦法では前文に「人道上の慣習に従って命令しなければならない」とありますが、
敵前で軍服を脱いで民間人に紛れることは人道上の慣習に従ってなされたことである
との主張ですね。

>また、交戦の資格のある者が、奇襲としてゲリラ戦法を行うことも違法とされ
>ているわけではない。
交戦者はその正当な資格を得るためには人道上の慣習に従わなければならないと言う
前提を満たした話ならそのとおりですね。

>しばしば誤って引用されている、第一条の民兵と義勇兵の交戦者の資格でも、軍
>服を条件とはしていない。
遠方から戦闘員であることが識別でき、リーダーに統率された部隊がそれにあたる。

>陸戦法では、不規則兵を交戦者の資格がない者として、結果的に排除しているが、
>それは、あくまでも交戦者の資格であり、交戦の資格がないこと自体を違法としているわけではない。
人道上の慣習に従わなかったら前文を破ったことになりますが・・・
落城すれば民間人に紛れることは人道上の慣習に従った行為であると言う主張なのですね。
普通は民間人を巻き込む可能性を生じる行為であると思われるのですが。

>軍律裁判もないのに処刑することは、一般的に国際法違反であり、
これは同意。

>(敵前で降伏せずに)軍装を脱いだ兵士を「便衣兵」、すなわち不規則兵として議論すること自体が歪められた議論である。
はあ?兵隊が戦地で敵を目の前にして便衣になったのに、「便衣兵」ではないと?
兵隊が戦地で敵を目の前にして便衣になった時点で兵ではないと言う根拠を提示して貰えますか?
便衣の兵=便衣兵と言うのが一般的な解釈だと思いますが。




961 :731:2007/02/17(土) 00:38:21 ID:j+zQIbjT
>はあ?兵隊が戦地で敵を目の前にして便衣になったのに、「便衣兵」ではないと?
はい、そうです。
>兵隊が戦地で敵を目の前にして便衣になった時点で兵ではないと言う根拠を提示して貰えますか?
>便衣の兵=便衣兵と言うのが一般的な解釈だと思いますが。
とっくに提示済みですよ。
まず「便衣兵」とは民間人の服着て攻撃を仕掛けるゲリラの事ですよ。
1・「民間人の服着て」+2・「攻撃を仕掛ける」初めて=3・「便衣兵」となるわけ。
この場合は明らかに2・「攻撃を仕掛ける」がないですよ。
従って彼らは「便衣兵」の定義には当て嵌りません。

962 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 00:43:36 ID:eF7dhQAK
>>961
>1・「民間人の服着て」+2・「攻撃を仕掛ける」初めて=3・「便衣兵」となるわけ。
それは何かの勘ちがいでしょうに。
一般的に「兵」が取る行動を便衣でやったら便衣兵でしょ。
一般的に兵が取る行動は、攻撃を仕掛けるしかないのでしょうか?
例えば、「敵から退却」する、「敵から逃げる」と言う行為をする「兵」はいないのでしょうか?

963 :731:2007/02/17(土) 00:44:52 ID:j+zQIbjT
広辞苑でも調べてみましたが
が出なかったので「便衣隊」の意味は

日中戦争時、平服を着て敵の占領地に潜入し、後方攪乱をなした中国人の
グループ。
ウィキ
便衣兵(べんいへい)は、戦争のルールを定めた「ハーグ陸戦条規」等では、
本来兵士は戦闘服などを着用し、一般市民と見分けのつく服装をしなければな
らないとされているが、一般市民と同じ私服・民族服などを着用して敵にあた
かも非武装の市民だと思わせ、不意に「攻撃」に入るなどの戦術をする兵士のこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%BF%E8%A1%A3%E5%85%B5



964 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 00:46:00 ID:eF7dhQAK
第23条:特別の条約により規定された禁止行為以外に、特に下記の物を禁ずる。
敵国、敵軍に属する者を背信の行為をもって殺傷すること

たぶん、この条文を勘ちがいしているのでしょうけど、この行為だけを禁止しているわけではなくて、
「特に」禁止される行為を書いてあるだけで、一般的に人道上の慣習と認められないことは
すべて禁止ですよ。

965 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 00:48:27 ID:eF7dhQAK
>>963
>日中戦争時、平服を着て敵の占領地に潜入し、後方攪乱をなした中国人の
>グループ。
やっぱり、攻撃だけとは書いていないいでしょう。

>本来兵士は戦闘服などを着用し、一般市民と見分けのつく服装をしなければな
>らないとされているが、一般市民と同じ私服・民族服などを着用して敵にあた
>かも非武装の市民だと思わせ、不意に「攻撃」に入るなどの戦術をする兵士のこと。
これもやっぱり、「などの戦術」とかいてあるでしょう。


966 :731:2007/02/17(土) 00:49:30 ID:j+zQIbjT
>一般的に「兵」が取る行動を便衣でやったら便衣兵でしょ。
いいえ。残念ながら敵対行為を取らない限り「敗残兵」として扱われます。
これは日本軍記録からでも摘発した彼等を「便衣兵」ではなく「敗残兵」
として扱ったことからでも明らかです。

967 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 00:51:18 ID:eF7dhQAK
>>966
>これは日本軍記録からでも摘発した彼等を「便衣兵」ではなく「敗残兵」
>として扱ったことからでも明らかです。
いや、便衣兵として処刑したのじゃなかったのですか?
正規兵として扱ったのでしょうか。


968 :731:2007/02/17(土) 01:02:39 ID:j+zQIbjT
>いや、便衣兵として処刑したのじゃなかったのですか?
>正規兵として扱ったのでしょうか。

極秘 歩七作命甲第111号
歩兵第七連隊命令(12月15日午後8時30分、於 南京東部連隊本部
一(略)
二、連隊は明十六日全力を難民地区に指向し徹底的に敗残兵を捕捉し殲滅せんとす。
  憲兵隊は連隊に協力する筈。

このように
当時の日本軍の記録には「掃討で敗残兵を殲滅した」と書かれている。
「国際法違反の便衣兵を処刑した」という記述はないですよ。

・・・すまない、どうやらそろそろ投稿制限にかかりそうです。





969 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 01:05:47 ID:eF7dhQAK
>>968
日本軍の記述自体に「便衣兵」と言う言葉はでてきませんよ。
それに、便衣兵は敗残兵では無いというのも無理があるのではないでしょうか?
「敗残兵」の中に、「便衣兵」は決して含まれないものなのでしょうか?

970 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 01:06:36 ID:UvCvzsXa
>>959

>しばしば誤って引用されている、第一条の民兵と義勇兵の交戦者の資格でも、

それは当然正規軍にも適用される。

>軍服を条件とはしていない。

遠方からそれとわかる、固有のき章の着用。
便衣はダメ。

>陸戦法では、不規則兵を交戦者の資格がない者として、結果的に排除しているが、それは、あくまでも交戦者の資格であり、交戦の資格がないこと自体を違法としているわけではない。

違法・合法ではなく、交戦者資格の有無の問題。
交戦者資格がなければ、戦時国際法が適用されない。

>軍律裁判もないのに処刑することは、一般的に国際法違反であり、軍装を脱いだ兵士を「便衣兵」、すなわち不規則兵として議論すること自体が歪められた議論である。

交戦者資格がなければ戦時国際法の適用外なので、扱いについては当事者に委ねるのみ。



971 :731:2007/02/17(土) 01:09:12 ID:j+zQIbjT
>>965
>やっぱり、攻撃だけとは書いていないいでしょう。
書いていますよ。
平服を着て敵の占領地に潜入し+後方攪乱=便衣隊
>これもやっぱり、「などの戦術」とかいてあるでしょう。
同じく
非武装の市民だと思わせ+不意に「攻撃」に入るなどの戦術をする=便衣兵
いずれにせよ南京の中国兵は「後方攪乱」「不意に攻撃に入るなどの戦術」は
殆ど確認されていない。南京城内の「便衣兵」は軍服を脱いで便衣(民間人の服)を着て潜伏していたが、
その状態から武器を持って敵に攻撃を掛けたわけではない。これは日本側記録や
外国人の記録で十分証明されています>>786

972 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 01:11:20 ID:eF7dhQAK
>>971
後方攪乱は、例えば噂を流すだけでもそれにあたりますよ。
それに、戦術は攻撃だけではありませんよ。

973 :731:2007/02/17(土) 01:15:48 ID:j+zQIbjT
>>972
ってそれをした記録はあるんですか?

974 :731:2007/02/17(土) 01:20:02 ID:j+zQIbjT
これが最後になるかな?
>日本軍の記述自体に「便衣兵」と言う言葉はでてきませんよ。
この時点で終了です。
>それに、便衣兵は敗残兵では無いというのも無理があるのではないでしょうか?
正確に言えば「便衣敗残兵」ってことになるのでしょうね。
(便衣兵とはまた違いますね)
>「敗残兵」の中に、「便衣兵」は決して含まれないものなのでしょうか?
ご自分で調べてください(笑

975 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 01:26:49 ID:eF7dhQAK
それをする能力を有しているだけで十分と思いますが。
噂の記録なんて残らないでしょう。残念ながら、証言レベルしかないですね。

但し、敵軍から逃げたり隠れたりすることは立派な「戦術」ですよ。

976 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 01:27:35 ID:UvCvzsXa
便衣兵とは、平服を着た戦闘員。
別に便衣兵という言葉自体に法的な定義があるわけではない。
あえて分類するなら交戦者資格のない戦闘員。
つまりゲリラって事だな。


977 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 01:29:25 ID:eF7dhQAK
>>974
>正確に言えば「便衣敗残兵」ってことになるのでしょうね。
便衣で敗残の兵ということですね。

>ご自分で調べてください(笑
調べました。
敗残兵の中にも正規兵や便衣兵がありますね。
正確に言えば「便衣敗残兵」ってことになるのでしょうね。



978 :( ̄(エ) ̄)y-°°°:2007/02/17(土) 11:14:59 ID:3g1gHp3A

そもそも、日本は虫ゴキに宣戦布告してないから、単なる地域紛争で、

ハーグ条約に縛られないと思うんだが。▽・ω・▽ブヒブヒ

。。

979 :731:2007/02/17(土) 11:41:14 ID:tnkvLl+I
>>975
>但し、敵軍から逃げたり隠れたりすることは立派な「戦術」ですよ。
これは「戦術」ではなく生き残るための唯一の「手段」だったのですよ。
中国兵が安全区に市民として隠れたのは、投降すれば日本軍に殺害されたからであり、
中国兵が「民間に紛れ込む」結果になったにのは、日本軍が捕虜の生命を保証しなかった
からほかならない、因果関係が間違っていますよ。
資料
しかし、袋のねずみとなった中国へいの大多数は、戦う気力を失っていた。
何千という兵隊が、外国の安全区委員会に出頭し、武器を手渡した。委員会
はその時、日本軍は捕虜を寛大に扱うだろうと思い、彼らの投降を受け入れる
以外になかった。たくさんの中国軍の集団が個々の外国人に看を委ね、子供のように庇護を求めた。
<途中省略>
無力の中国軍は部隊は、ほとんどが武装を解除し、投降するばかりになっていたにもかかわらず、
計画的に逮捕され、処刑された。安全委員会にその身を委ね、難民センターに身を寄せていた何
千人かの兵隊は、組織的に選び出され、後ろ手に縛られて、城門の外側の処刑場に連行された。
1938年1月9日のニューヨーク・タイムズ。(記事の発送は12月22日)
『南京事件資料集 アメリカ関係資料』 P436-437
これが否定派が言う安全区内にいる「便衣兵」の正体ですよ。
便衣して日本軍を襲うのではなく(そもそもその記録はないことは貴方も認めているようですし・・・)
ほとんどが武装を解除し、投降するばかりになっていた敗残兵である。

980 :731:2007/02/17(土) 11:49:04 ID:tnkvLl+I
>敗残兵の中にも正規兵や便衣兵がありますね。
そう結局は便衣兵だろうか敗残兵だろうか日本軍はそれの分別をせず
皆を同じように処刑をしています。そもそも便衣兵と言っても貴方が記録を
出せない以上「推測」でしかないわけですね。
結局はこれ↓の証明であるほかならない。
中国兵が安全区に市民として隠れたのは、投降すれば日本軍に殺害されたからであり、
中国兵が「民間に紛れ込む」結果になったにのは、日本軍が捕虜の生命を保証しなかった
からである。
すなわち正式に投降しようが、便衣しようか日本軍に捕らえられた時点で
「処刑される」ということはほぼ確定されてしまいます。
少しでも生存率を上げるには「便衣兵」(民間人の服を着る)になるほかありませんね。


981 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 12:21:36 ID:eF7dhQAK
>>979
>これは「戦術」ではなく生き残るための唯一の「手段」だったのですよ。
それは同じでしょうに。「兵」だったら敵から逃げたり隠れたりしないというのが
あなたの主張なわけですね。

>中国兵が「民間に紛れ込む」結果になったにのは、日本軍が捕虜の生命を保証しなかった
>からほかならない、因果関係が間違っていますよ。
日本軍はハーグ条約に批准しており、明示的に捕虜は全て処刑と宣伝・公言しなければ
そのようなことにはなりません。因果関係が間違っていますよ。

>>980
>そう結局は便衣兵だろうか敗残兵だろうか日本軍はそれの分別をせず
>皆を同じように処刑をしています。
あなたは村瀬写真を見たことはないのでしょうか?きっちり選別してますよ。
そもそも掃討戦における敗残兵とは、全てが便衣兵であったとは限りません。
NYTのダーディン記者も、「日本軍は軍服を着て降伏しないものは全て殺した。」
と報道しており、軍服を着て降伏しないものが相当数いたことを記事にしています。

>少しでも生存率を上げるには「便衣兵」(民間人の服を着る)になるほかありませんね。
軍に属していたものが陥落直後に敵を目の目の前にしてそれをすれば、軍事行動でしょう。

あなたは、「敵から逃げる・隠れる」行為が軍事行動にあたらないことを証明しなければ
なりません。意見の食い違いは唯一この点だけですからね。

982 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 12:26:12 ID:eF7dhQAK
せっかくここまで議論を進めたというのに、結局いつもの

>中国兵が「民間に紛れ込む」結果になったにのは、日本軍が捕虜の生命を保証しなかった
>からほかならない、因果関係が間違っていますよ。

>そう結局は便衣兵だろうか敗残兵だろうか日本軍はそれの分別をせず
>皆を同じように処刑をしています。

という何の根拠もない話になるわけですね。極めて残念です。

あなたは、「敵から逃げる・隠れる」行為が軍事行動にあたらないことを証明しなければ
なりません。これ以降、これ以外の返事は受け付けないようにします。

983 :名無しさん@3周年:2007/02/17(土) 12:29:54 ID:eF7dhQAK
ちなみに
>NYTのダーディン記者も、「日本軍は軍服を着て降伏しないものは全て殺した。」
>と報道しており、軍服を着て降伏しないものが相当数いたことを記事にしています。
ですが、「時には降伏しようとしたものまで。」と続きにかいています。

つまり、降伏はおおむね受け入れられ、それらのものは殺されなかったということです。
それに、敵指揮官がおらす、混乱状況では降伏を受け入れられない状況が若干発生
してもいたし方有りません。降伏する側は、受け入れに対する安全を保証する義務が
あるからです。

984 :731:2007/02/17(土) 12:54:10 ID:tnkvLl+I
>日本軍はハーグ条約に批准しており、明示的に捕虜は全て処刑と宣伝・公言しなければ
捕虜は全て処刑と宣伝・公言しなければ「捕虜」などは裏工作のように殺害してもいいので言うのしょうか?
もしそうならまったく理解に苦しみます。
>きっちり選別してますよ。
そうですか・・・。ではまず貴方がきちんと日本軍がきちんと選別したことを
証明することが先ではにでしょうか?それもいい加減のものではないこともですよ。
>あなたは、「敵から逃げる・隠れる」行為が軍事行動にあたらないことを証明しなければ
>なりません
あたらないもなにも実際日本軍に対する攻撃記録がない以上そう判断せざる得ませんよ。
逆にそれがむしろそれがが軍事行動にあたると主張する貴方がそれを証明しなくてはならない
でしょう。例えば「交戦記録」など。
>という何の根拠もない話になるわけですね。極めて残念です。
ご自分の証明義務を棚に上げってよくも・・・。むしろ上記のように私はきちんと
まず日本軍自身もそして外国人も「便衣兵」がをおこしたという記録がない
。むしろ貴方こそ記録のないもの(軍事行動)を推測しているじゃありませんか?
悪くいいますと「妄想」ですね。
あなたは便衣兵と日本軍との戦闘記録・・・すなわち彼らが便衣兵だと証明しなければ
なりません。貴方と同じくこれ以降、これ以外の返事は受け付けないようにします。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)