2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★天皇は日本国そのものである★を理解できる英知

1 :憂国士(by教授):2007/02/03(土) 12:52:18 ID:NlQZf/fP
ぽぽ

2 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 12:54:31 ID:HZC9yz7e
2

3 :憂国士(by教授):2007/02/03(土) 12:57:10 ID:NlQZf/fP
>>1キー操作ミス深くお詫びもうしあげます。

さて、『天皇は、日本人そのものである』と言う表現

これは私の別スレッドに頂いた、ある方の英知に満ちた表現である。
本スレッドのタイトルとしてお借りした。

めずらしく天皇の本質をその鋭敏な感性によって高度に理解した方が登場したので、少し説明を加え、あらためて皆さんの注目を喚起したい。

とくに『日本人そのもの』という表現が重要であり、これは言い換え

れば『天皇は日本国という国家概念の形代(依り代)である』という

ことを意味し、これが『天皇の必要性論議の究極の答え』でもある。

つまり天皇の必要性を問う事自体が天皇の本質を何も解っていない蒙

昧の輩の所業なのである。何となれば、『天皇の必要性を論じる事』

と『日本国存立の必要性を論じる事』とは同義だからである。

つまり『天皇不要論』は『日本国存立不要論』なのである。



4 :憂国士(by教授):2007/02/03(土) 13:07:08 ID:NlQZf/fP
私が天皇の必要性を説くとすぐに『こいつは「右翼」である』とか『左翼的「天皇不要論者」を限定対象としたアンチテーゼである』といった捉え方をする方が多いが、
最初にその様な色眼鏡をかけてしまうことは私の『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨を把握する上で著しい障害となるので注意して戴きたい。

つまり、左翼でも右翼でもないニュートラルな日本人一般を対象とした一般的啓蒙を目的とする『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』というものがあるのである。

したがって、正確に申し上げれば、『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨は

狭義には『広く日本人の為の天皇必要論(正確には皇室制度必要論)を説かんとするもの』であり、
広義には『天皇を戴く国家形態が、日本人の恒久的安寧にとってのみならず、広く国家形態の恒久的維持存続と言う一般論の観点からも
《大統領制よりも数段進歩した優れた国家形態》である』という事に言及せんとするものなのである。

言うまでも無く、『天皇制』の《顕在的意義》は、『天皇制』の肯定的利用を画策する「右翼」の「神憑り的な天皇の権威を利用した国家体制維持論」や
否定的な利用を画策する「左翼」の「唯物論的存在認識に根ざす天皇不要論」に代表される理屈である。
しかし、これら「右翼」「左翼」の主張に見られる『天皇制』に対する認識は実は共に自らに資することを目的とするもっともらしい偽論である。

右翼も左翼もその本性は天皇の権威を肯定的(右翼)あるいは否定的(左翼)に利用する事により社会を混乱させ現体制の安定を破壊し
その混乱に乗じて自らの恣意的目的を達っせんとする極めて利己的なものであり、
その本質において全く同じ穴のムジナであることを胆にめいじていただきたい。



5 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 13:07:21 ID:BeazR1OP

明治天皇は明治維新の前、京都御所の壊れた塀の穴からもそもそっと出て来て、焼き芋を買っていたのは有名な話だ。
どうせどっかの馬の骨だと思っていたが、寅之助とはね。
ここまで具体的に出て来るとは思わなかった。

http://homepage3.nifty.com/konacs6p/page007.html


6 :憂国士(by教授):2007/02/03(土) 13:09:51 ID:NlQZf/fP
そしてもう一つの《顕在的意義》は一般的な日本人に代表される漠然とした『象徴天皇』という理屈である。

私がここで最も言わんとすることは、ほとんどの日本人がいまだ明確につかみきれていない『天皇制』の左翼主張でも右翼主張でもない中庸なる『潜在的な意義=概念の形代としての意義』についてであり、
それを理解する為には『依り代=概念の貼り付け先』の理解が不可欠なのである。

以下に中庸なる(的を射た正しい)天皇必要論(正確には皇室制度必要論)を提示しておくので参考にしていただきたい。

【天皇制(正しくは皇室制度)は古来からの『国家概念の依り代』としての優れた機能に加えて、
戦後『権力』と完全に分離し『象徴性(正しくは依り代性)』と『権力』とが高度に分離した国家形態を獲得現出するに至って人類史上類最も進化した国家形態となった。
この『象徴性(正しくは依り代性)』と『権力』とが高度に分離した人類史上最も進化した国家形態を獲得した日本国の『依り代(象徴)』として、
天皇とはきわめて進化し優れた『国家概念の依り代』なのである。したがって、天皇を否定する事は
日本が『国家概念の依り代』を失うことである。『依り代』即ち貼り付け先を失った概念は時がたてば消滅してしまう。日本と言う国家概念はそのまま時と共に消滅してしまうのである。
天皇なかりせば日本国の安定的存立は極めて危うい物となるのである】



7 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 13:30:56 ID:HZC9yz7e
おめ国


8 :憂国士(by教授):2007/02/03(土) 13:31:22 ID:NlQZf/fP
『天皇は日本国という国家概念の形代(依り代)である』
これが『天皇の必要性論議の究極の答え』でもある。

つまり天皇の必要性を問う事自体が天皇の本質を何も解っていない蒙

昧の輩の所業なのである。何となれば、『天皇の必要性を論じる事』

と『日本国存立の必要性を論じる事』とは同義だからである。

つまり『天皇不要論』は『日本国存立不要論』なのである。


9 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 13:34:51 ID:LDJktSyF
>>8
天皇は日本国の象徴
それ以上でもそれ以下でもない

天皇家にとってもそれが一番良い。

10 :憂国士(by教授):2007/02/03(土) 13:38:04 ID:NlQZf/fP

★天皇は日本国と言う概念の形代なのです。

形代なくして日本国と言う概念、即ち日本国そのものは存在しません。

よって、日本国の存在の為に天皇は要るのです。

般若心経の説く真理『色不異空 空不意色』と全く同じ意味において『日本国即是天皇 天皇即是日本国』なのです。

即ち『空無くして色無く・色無くして空無し』と言うこの世の存在の真理と同じく『天皇無くして国無く・国無くして天皇無し』こそが天皇必要の真理なのである。

いきなりは少々難解でしょう
しかし般若心経を読み

『色不異空 空不意色』『色即是空 空即是色』の意味を知れば天皇必要の真理も自ずと解る様になるのです。
★天皇は日本そのものであり日本は天皇なくしては存在しない事を知りましょう。
戦後の社会主義教育の中で育った>>5に類する諸君には理解でする思考回路自体が無いので理解できなくて当たり前なのですが

この事は数学における公理のようなもので理解できなくても正しい事に変わりは無いのです。


11 :憂国士(by教授):2007/02/03(土) 14:46:49 ID:NlQZf/fP
『天皇は日本国という概念の形代(概念の依り代・概念の貼り付け先)である』という真理の表現に用いられた
『形代(依り代)という言葉』〜真に物の存在と概念の関わりを知るにはこの言葉の意味を知る必要があるのであるが〜
この言葉の意味が解りにくいであろう方々のために「より視覚的に喩えた方が分り易い人も多かろう」という配慮から便宜上なされた喩えがある。
その喩えとは『天皇とは国家概念を映す鏡である』というものである。
視覚的に表現された喩えでありなかなか良い喩えであると私も思う。
ただこの喩えを用いるに於いて特に注意が必要な事は、『鏡』という言葉は『形代(依り代)』という言葉によって本来表すべき意味とは異なった
様々な意味を持ち概念摩り替えの道具ともなるという点である。例えば、鏡に『自惚れ鏡』という恣意的な色をつけて『天皇』という概念にも『恣意的色付け』を
画策する右翼・左翼・偽装右翼・マルキスト・社会主義知識人の輩が散見されるが、これは天皇を『鏡』に喩える意味の本質を全く理解していないあるいはしたくない
あきれた蒙昧あるいは確信犯の所業である。
『鏡』とは正しくは『日本国という国家概念の形代』『日本国という国家概念の
依り代』つまり分り易くいえば『日本国という国家概念の貼り付け先』のことであり、何度も言うが、
「視覚的には『鏡』と喩えた方が分り易い人も多かろう」という配慮から便宜上なされた喩えなのである。
この事を充分踏まえた上でこれからの論述をお聞きいただきたい。



12 :憂国士(by教授):2007/02/03(土) 14:54:28 ID:NlQZf/fP
謂わば、『天皇』こそは『良き事も悪しき事も、映るもの全てを全世界に代示す』
日本民族が1500年の長きに渡り磨き上げ世界に誇る『大鏡』なのである。

この人類史上稀に見る『寸分のゆがみも無く民族の真実を映す大鏡』を失えば
日本民族は己の姿が見えなくなり、その盲目は民族の誇りある行動を失する元凶
となる。

日本人がさらに国際的活動を活発にするとき、日本人として恥ずかしくない誇りある
行いに導くものとして、この『民族を映す大鏡』はますますその存在価値を増すのである。

鏡には色んな物が映る。汚い物・嫌のものが映ったとしてもそれは
鏡の所為ではない。これくらいのことは思考力の薄いこの御仁にも
解るであろう。

どのような姿が映るかは前に立つ国民の行い次第である。

鏡無かりせば、すばらしい偉業をなしてもそれを映し世界に代示す
事はできないのである。


13 :憂国士(by教授):2007/02/03(土) 14:58:49 ID:NlQZf/fP
日本においても、かつて、この『鏡』はマルキスト(偽装右翼)や右翼の輩に
恣意的に悪用され、国民は戦争の不幸を体験させられることとなった。

しかし、この大戦に臨んでも自らを映す『鏡』を持つ皇軍の戦闘は他国軍に比して
極めて規律と秩序に満ちたものだったのである。
戦後、戦勝国によって戦後処理上極めて都合よく捻じ曲げられた皇軍の戦中行為が
様々に描かれ捏造されてきた【所謂南京事件や所謂従軍慰安婦などはその最たるものである】。
しかしソ連の画策により不可避となった皇軍の戦闘が人類史上稀に見る規律と秩序に満ちた
民族として誇るべきものであったことは、知る人ぞ知る紛れも無い事実・戦勝国らの欺瞞により捻じ曲げられていない
真実の史実なのである。


14 :憂国士(by教授):2007/02/03(土) 15:07:39 ID:NlQZf/fP
国家概念のグローバル化が進めば進むほど天皇という日本独自の国家概念の依り代の重要性は増す。
日本民族の活動が国際化すればするほど日本人としてのアイデンティティー・日本人の国際的な団結力
を薄める事無く未来永劫繋ぎ止めて行く

『日本人であるという同一概念の依り代』
『磐石強固不動の依り代』
『日本人が1500年以上かけて培った(磨き上げた)天皇という国家概念の依り代(大鏡)』

の必要性は、ユダヤ教のような独自の宗教を持たない日本人にとって
益々重要な意味をもつのである。

15 :憂国士(by教授):2007/02/03(土) 16:01:06 ID:NlQZf/fP
『事』とは『移り行く概念の表象』である『事(表象)』なくして『物』は存在しない。『事』がないといってもそれは『物』を離れてはいない。
およそ『物』は、全て実体のない『事(表象)』である。およそ実体のない『事』は『物』なのである。

このように概念の表象である『こと』は時と共に移り変わり一瞬の『もの』を構成する。ゆえに『もの』には
絶対的な意味で定まった一定の形は存在しないのである。これは、物理学的に言うと、
『こと』のエネルギーがある特有の『ゆらぎ』によって相変化し『もの』即ち『物質的現象』となったのである。

故に『存在=もの=物質的現象』は量子論で言うところの『不確定性』という
特性をもつのである。

これと同じように国家というもの様々な概念の表象なのである。そしてその
表象は日本においては天皇という磐石の貼り付け先に強固に張り付いて1500年
以上の長きにわたり不動の『もの』と相変化しているのである。いるのである。
この天皇という『表象の貼り付け先』こそは人類史上最も進化した磐石の『形代=依り代=概念の貼り付け先』
なのであり、アメリカなどが実はのどから手が出るほど熱望するが到底得る事のかなわぬ国家概念の最高の安定母体
なのである。




16 :憂国士(by教授):2007/02/03(土) 16:06:20 ID:NlQZf/fP
『国家の恒久的安定維持という目的を最高に達成したいなら、天皇の存在が人類史上編み出された画一、無二、至高のシステム・道具である』と忠告するのは、
言ってみれば『問題解決の為の専門家の忠告』に過ぎない。
『マラリヤに罹ったら特効薬のキニーネ製剤を飲みなさい』という医師の忠告と同じなのである。

諸君は天皇の必要性は思想的なものであり国家の恒久的安寧にとっての至高の物ではなく、より良い国家体制が他にあると考えているようだが、天皇の必要性は思想に由来する物では断じて無いないのである。
天皇の存在は国家と言うものの統一的運営にとって最も機能性の高い、そして国家体制の恒久的安定維持と国民の恒久的安寧にとっても人類史上類を見ない至高の必要十分条件なのである。

この様な天皇の真の存在意義が正しく理解できれば、「天皇を戴く皇室制度は単なる至高の道具手法であり道具手法を疎ましく思ったり感情的に嫌いスキになれないと言うのは『僕は道具が嫌いだ』と言っているような物で、全く頓珍漢な話である」という事がすぐわかるはず
である。

そして、★何より理解すべきは★この様な国家安寧の為の道具として国民のために自己を捨て全人生をささげることがいかに非凡な事であるかということである。
天皇は国民のために自己を捨て一生国民の為の道具【正しくは日本国という概念の形代】になって居られるのである。国民を代表して国家概念の形代になって頂いているのである。
この様な概念の形代としての役割を1500年以上の長きにわたって果たし続けておられる天皇家が如何に尊敬に値することか肝に銘じるべきであろう。


17 :憂国士(by教授):2007/02/03(土) 16:10:40 ID:NlQZf/fP
>>16誤植訂正
天皇の存在が人類史上編み出された×画一、無二

○唯一、無二に訂正

18 :憂国士(by教授):2007/02/04(日) 01:49:37 ID:xaitJbg/
明治憲法に『日本国ハ萬世一系ノ天皇之ヲ統治す』とある。此処で言う天皇の統治とはすなわち,”しろしめす”に他ならない。
さらに重要なのは,この統治を司るのは世界広しと言えども、万世一系に裏打ちされた天皇陛下のみであるということある。
”しろしめす”のような高次元の統治は,たとえ武功を重ねた将軍であろうと,どんなに優秀な学者であろうと,ましてや選挙で選ばれた民などに出来るわけもないのである。

19 :憂国士(by教授):2007/02/04(日) 02:03:19 ID:xaitJbg/
『智恵なき蒙昧』『知的偽論論者』・『忌々しき偽論で人々を惑わす左翼社会主義者』=『天皇制の真の必要意義を知らぬ蒙昧の輩』の跋扈が、
かつて社会主義の幻想に騙され、スターリンや毛沢東によって粛清された1億3000万人の不幸を再び現実の物とするだろう。

第一次世界大戦の死者一千万、
第二次世界大戦の死者三千万である(最大合計6000万人と言う説もある)
『社会主義の平和の中で』粛清の名のもとに、そして事もあろうに戦争でなく同胞の手によって虐殺された『1億3000万人の不幸』がいかに想像を絶する不幸であるか。

あらためて我々は考えるべきであろう


20 :憂国士(by教授):2007/02/04(日) 02:10:08 ID:xaitJbg/
【真理】 単なる教科書の丸暗記で勝取った高学歴の人間に限って忌々しき亡国の左翼になりやすい

例えば、護憲・改憲の話題になっても、
護憲派は、憲法論争を行う上での憲法学の前提知識はある が感性がお粗末で状況判断が
まったくできていないことがよく分かる。
彼らは、一流の大学で、一応、憲法理念のなんたるかは教授されているのであるが、センサーのお粗末な
コンピューターのごとき有様であり、 結果として、現状を感知する目を持たない盲目の護憲派になりやすいわけです。
時代錯誤の箱庭の護憲で外交の自主性をなくし、日本が共産中国に侵略されるようになったら、
真っ先に蹂躙されてしまうのは彼ら自身だというのに――。

【真理】左翼には知識はあっても良識はない。感性を必要とする中庸なる見識もお粗末である。
なんとなれば、『愛国心を強制するより愛する事の出来る美しき国つくりが大切』などと、こんな愚かな間違いに全く
気付く事無く平然とのたまうのである。詰め込みの知識で頭が一杯なのであろう。
少し自分の頭で考えれば解りそうなものである。世の中には野の美しい花を愛でる心がある人間も
いれば平然と踏み荒らす人間もいると言う事を。『美しきものを守る為には美しきものを愛でる心が』、『国を愛する為には
国を愛する心=愛国心が』先ず必要なのである。国家とは元々愛すべき存在なのである。目上の人間やお年寄り自分を生んでくれた親、いずれも
無条件に敬うべき存在なのである。偉くなければ敬わなくてもよいと言うなら国も左翼の考える美しさ(ゴミ一つ落ちていない美しい平壌市内・粛清されて泥棒の一人もいない人間の美しい平壌市内)がなければ
愛さなくてもよいことになる。愛国心を軽視させ『美しい国造りが大切』などというのは
左翼の忌々しき欺瞞に他ならない。


21 :名無しさん@3周年:2007/02/04(日) 02:37:09 ID:BCZDV/em
こーいうバカスレみるとほんと皇族全部死ねばいいのにと思うわ

22 :憂国士(by教授):2007/02/04(日) 12:45:06 ID:xaitJbg/
次に、哀れな偽論のサンプルをお見せしよう。

『その思想を徹底的に刷り込み教育した結果、ピカドン落とされるまで敗戦引っ張ったわけでしょうが。
これは最終的には将軍様を崇める某国民と変わりもしない当時の日本愚国民が自ら招いた結果ともいえる。』

上記は、天皇の真の必要性を理解する思考回路自体の無い、戦後の社会主義教育の中で育った、天皇の真の必要性を理解する思考回路自体の無い脳がする『誤った認識』の典型である。

蒙昧偽論のサンプルとしては極めてよろしかろう。



23 :憂国士(by教授):2007/02/04(日) 12:55:26 ID:xaitJbg/
既に、若き憂国士の諸君らはご承知のことと推察するが
老婆心までにもうしあげる。

>>21などにみられる蒙昧あるいは反日外国人ゴロの典型的偽論としても
>>22に紹介したサンプルは散見される。



24 :憂国士(by教授):2007/02/04(日) 13:06:10 ID:xaitJbg/
【天皇の存在を快く思えない御仁に共通の誤った認識を正す。】

例えば普段はあまり必要性を感じないが『地震や火事などの非常時』・『登山やダイビングなどの特殊な環境に身を置く状況下』あるいは
『仕事上の問題を専門的な立場で解決しようとする時』その様な場合に他の如何なるものよりも機能的に優れた最適無二の手法や道具がある事は
上記御仁にもすぐ理解できるとおもう。
これらの手法や道具を『これしかない最高のものであるである』『絶対に無くてはならない、一度失うと二度つくれない、代替品の無い、唯一無二の道具であり、それ自体が無二のものである』と忠告することが
何かの思想に由来する布教活動だろうか?

答えは否である。

『国家の恒久的安定維持という目的を最高に達成したいなら、天皇の存在が人類史上編み出された唯一、無二、至高のシステム・道具である』と忠告するのは、
言ってみれば『問題解決の為の専門家の忠告』に過ぎない。
『マラリヤに罹ったら特効薬のキニーネ製剤を飲みなさい』という医師の忠告と同じなのである。

つづく

25 :憂国士(by教授):2007/02/04(日) 13:11:22 ID:xaitJbg/
>>24つづき

上記天皇制(正しくは皇室制度)の秀逸に全く無知な御仁は天皇の必要性は思想的なものであり国家の恒久的安寧にとっての至高の物ではなく、より良い国家体制が他にあると考えているようだが、
天皇の必要性は思想に由来する物では断じて無いないのである。

天皇の存在は国家と言うものの統一的運営にとって最も機能性の高い、そして国家体制の恒久的安定維持と国民の恒久的安寧にとっても人類史上類を見ない
至高の必要十分条件なのである。

この様な天皇の真の存在意義が正しく理解できれば、
「天皇を戴く皇室制度は単なる至高の道具手法であり道具手法を疎ましく思ったり感情的に嫌うと言うのは『僕は道具が嫌いだ』と言っているような物で、
全く頓珍漢な話である」という事がすぐわかるはずである。

そして、★何より理解すべきは★この様な国家安寧の為の道具として国民のために自己を捨て全人生をささげることがいかに非凡な事であるかということである。
天皇は国民のために自己を捨て一生国民の為の道具【正しくは日本国という概念の形代】になって居られるのである。国民を代表して国家概念の形代になって頂いているのである。
この様な概念の形代としての役割を1500年以上の長きにわたって果たし続けておられる天皇家が如何に尊敬に値することか肝に銘じるべきであろう。


26 :名無しさん@3周年:2007/02/04(日) 15:36:29 ID:kHDo/Tt3
wouldyouliketo 〜したいのですが

27 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 12:39:53 ID:yirxuPNR
++狼の遠吠え++ 心機一転☆★☆ 2005-09-30 10:20:29
http://72.14.235.104/search?q=cache:gUKyrApjv0sJ:blog.goo.ne.jp/tooz/e/aecec70aad8c86bff7bf1a035fa7d3de
 1★お名前と性別を教えて下さい
   つぐ。女・・・だと思うですが(笑)
 2★現在、恋人または好きな人いますか?
   彼氏は先週別れたょ。好きな人は・・・好きにならないように頑張ってる。友達でいたい気もするし。

++狼の遠吠え++
http://72.14.235.104/search?q=cache:3fi6DBdp1PAJ:blog.goo.ne.jp/tooz/

tooz (←HNを変更した模様)
自己紹介
イギリスに留学中のヒップホップダンサーです。最近ネコっぽいってよく言われる笑。
一年間外人とです恋愛したすえに自分は日本人好きだったことに気づきました・・・
なんでイギリス来ちゃったのですろう笑。

あーあ。 2006-03-19 03:35:43
 やっちゃった、久々の成り行きって人(笑)
 いいのですですがね、めっちゃ楽しい夜だったですがね、ですが布団が他人のにおいなのがやだぁ〜自業自得ですが。
 昨日のパーティーは最近マジでman eater化してて男を片っ端から選ばず喰ってるとある友達に呆れたですが、基本は楽しかった♪
 知らない人といっぱい知り合えてよかった×A。ですが寝すぎなのですかなのですか、ハイパーです。

やば・・・。 2006-04-04 21:15:13
 バカみたい。ちょー後悔。病気うつされてたらどぉしよう・・・。マジで神様に祈るしかないです。日本が恋しい。日本に帰りたい。
 髪に赤メッシュ入れたのですぁ。さりげないからけっこうお気に入り。だめだ、my life is so fucked up・・・

【皇室】速報:高円宮承子サマの乱交セックス日記が発見された模様 (引用元あり)
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1170424325/l50

28 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 14:40:37 ID:5wmtjaHq
難波宮(大阪府大阪市) - 4世紀 - 難波高津宮
飛鳥宮(奈良県明日香村)- 592年〜645年 - 豊浦宮、小墾田宮、岡本宮、板蓋宮
難波宮(大阪府大阪市)- 645年〜655年 - 難波長柄豊埼宮
飛鳥宮(奈良県明日香村)- 655年〜667年 - 川原宮、後岡本宮 等
大津京(滋賀県大津市)- 667年〜672年 - 近江宮
飛鳥宮(奈良県明日香村)- 672年〜694年 - 飛鳥浄御原宮
藤原京(奈良県橿原市)- 694年〜710年
平城京(奈良県奈良市)- 710年〜740年
恭仁京(京都府加茂町)- 740年〜744年
難波京(大阪府大阪市)- 744年〜744年
紫香楽宮(滋賀県甲賀市信楽)- 745年1月〜5月
平城京(奈良県奈良市)- 745年5月〜784年
長岡京(京都府長岡京市)- 784年〜794年
平安京(京都府京都市)- 794年〜1180年
福原京(兵庫県神戸市)- 1180年6月〜1180年11月
平安京(京都府京都市)- 1180年11月〜1868年
東京府(東京都千代田区)- 1868年5月〜 

畿内以外に都を置くのは日本の歴史と伝統への冒涜

29 :憂国士(by教授):2007/02/05(月) 14:59:37 ID:c/rQ/C6X
『国家の恒久的安定維持という目的を最高に達成したいなら、天皇の存在が人類史上編み出された稀有なる、至高のシステム・道具である』と忠告するのは、
言ってみれば『問題解決の為の専門家の忠告』に過ぎない。
『マラリヤに罹ったら特効薬のキニーネ製剤を飲みなさい』という医師の忠告と同じなのである。

諸君は天皇の必要性は思想的なものであり国家の恒久的安寧にとっての至高の物ではなく、より良い国家体制が他にあると考えているようだが、天皇の必要性は思想に由来する物では断じて無いないのである。
天皇の存在は国家と言うものの統一的運営にとって最も機能性の高い、そして国家体制の恒久的安定維持と国民の恒久的安寧にとっても人類史上類を見ない至高の必要十分条件なのである。

この様な天皇の真の存在意義が正しく理解できれば、「天皇を戴く皇室制度は単なる至高の道具手法であり道具手法を疎ましく思ったり感情的に嫌いスキになれないと言うのは『僕は最良最適な道具が嫌いだ』と言っているような物で、
全く頓珍漢な話である」という事がすぐわかるはずである。

そして、★何より理解すべきは★この様な国家安寧の為の道具として国民のために自己を捨て全人生をささげることがいかに非凡な事であるかということである。
天皇は国民のために自己を捨て一生国民の為の道具【正しくは日本国という概念の形代】になって居られるのである。国民を代表して国家概念の形代になって頂いているのである。
この様な概念の形代としての役割を1500年以上の長きにわたって果たし続けておられる天皇家が如何に尊敬に値することか肝に銘じるべきであろう。





30 :憂国士(by教授):2007/02/05(月) 15:02:17 ID:c/rQ/C6X
私が天皇の必要性を説くとすぐに『こいつは「右翼」である』とか『左翼的「天皇不要論者」を限定対象としたアンチテーゼである』といった捉え方をする方が多いが、
最初にその様な色眼鏡をかけてしまうことは私の『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨を把握する上で著しい障害となるので注意して戴きたい。

つまり、左翼でも右翼でもないニュートラルな日本人一般を対象とした一般的啓蒙を目的とする『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』というものがあるのである。

したがって、正確に申し上げれば、『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨は

狭義には『広く日本人の為の天皇必要論(正確には皇室制度必要論)を説かんとするもの』であり、
広義には『天皇を戴く国家形態が、日本人の恒久的安寧にとってのみならず、広く国家形態の恒久的維持存続と言う一般論の観点からも
《大統領制よりも数段進歩した優れた国家形態》である』という事に言及せんとするものなのである。

言うまでも無く、『天皇制』の《顕在的意義》は、『天皇制』の肯定的利用を画策する「右翼」の「神憑り的な天皇の権威を利用した国家体制維持論」や
否定的な利用を画策する「左翼」の「唯物論的存在認識に根ざす天皇不要論」に代表される理屈である。
しかし、これら「右翼」「左翼」の主張に見られる『天皇制』に対する認識は実は共に自らに資することを目的とするもっともらしい偽論である。

右翼も左翼もその本性は天皇の権威を肯定的(右翼)あるいは否定的(左翼)に利用する事により社会を混乱させ現体制の安定を破壊し
その混乱に乗じて自らの恣意的目的を達っせんとする極めて利己的なものであり、
その本質において全く同じ穴のムジナであることを胆にめいじていただきたい。




31 :憂国士(by教授):2007/02/06(火) 08:42:07 ID:t3fXMc12
天皇は国家概念の依り代であり天皇=日本国であり、
天皇制廃止=日本国という国家概念の消滅である。
天皇なくして日本国自体存在しない事を断じて忘れてはならない。

天皇制の真の必要性を知らないスレ主のごとき無知蒙昧の輩や
亡国を企む在日の輩がこの日本には散見される。敗戦の後遺症となれば
ある程度は致し方ない少数派の跋扈ではあるが、誠に忌々しき事である。
まあ、戦後60年たった今となっては他愛もない天皇制廃止なる無知蒙昧の戯言に
良識ある日本人の皆さんは惑わされる事もないとは思うが、老婆心までに
天皇制の真の重要性の再認識を促すものである。

天皇こそ日本国そのものである。
ユダヤ人のユダヤ教のように天皇は民族のアイデンティティーを自己同一性を
強固に磐石に確立する日本国という国家概念の依り代なのである。

天皇を戴く心があれば日本人は例えユダヤ人のように国土を失い世界中に散り散りになろうとも
日本人としての団結力と日本国という国家概念を持ち続ける事が出来るのである。

天皇以外これを可能にする存在はない。


32 :名無しさん@3周年:2007/02/06(火) 08:44:33 ID:ON4fFqZ+
   _ _ _ __
 /三ミミミ==ヾヾヾヽ
/=三ミミミミ二二≡ミミミミゞ
i/三ミミミ=二二二二ミミミミミヽ
|////// ミ ミ ミ ミミミミミミミゝ
|/////ノ      ヽミミミミミ }
|/// ノ        \ミミミミ |
`//i   ̄ \    / |ミミミミミ|
│:i  <O>   <O>ミミミミ|
│i     丿  i    \ミiミ|
│    ノ(    )   ・ i||ミ|ミ|
ヽi   ( _ヽ_ ノ_ )  ]ミミミ《|
《ヽ   \H_H_H_H丿  ノ巛巛《
巛<ヽ   ヽ _ ノ  /巛巛巛《
《巛<\       /巛巛巛巛
《《《巛《《── - ヽ巛巛巛巛<
巛巛巛《ノ \    <《《《巛巛

ロイヤル・ビッチ[Royal Bitch](1986〜)

【皇室】速報:高円宮承子サマの乱交セックス日記が発見された模様 (引用元あり)
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1170424325/l50
週刊文春が報じた 女性皇族「奔放HP」の中身
http://www.j-cast.com/2007/02/01005277.html
まとめwiki
http://matome.eek.jp/royal/
Princess Tsuguko of Takamado
http://en.wikipedia.org/wiki/Princess_Tsuguko_of_Takamado
日皇室"辣妹"曝留学生活 ?上可?小男生
http://world.eastday.com/eastday/06news/world/w/20070203/u1a2607291.html

33 :憂国士(by教授):2007/02/06(火) 08:53:03 ID:t3fXMc12
>>31打ちミス語句訂正

天皇制の真の必要性を知らないスレ主のごとき無知蒙昧の輩
              ↓ ↓
天皇制の真の必要性を知らない >>21 のごとき無知蒙昧の輩 に訂正

34 :憂国士(by教授):2007/02/06(火) 09:01:52 ID:t3fXMc12
特に>>33などにみられる蒙昧あるいは反日外国人ゴロの典型的欺瞞工作
は、今となっては、極めて幼稚でたわいないものではあるが、若者の中には
見識が未熟故に惑わされる者がいるであろう。

ここに、騙されぬよう注意を喚起しておく。

35 :憂国士(by教授):2007/02/06(火) 09:04:38 ID:t3fXMc12
>>34打ちミス語句訂正

特に>>33などにみられる蒙昧
  ↓ ↓
特に>>32などにみられる蒙昧に訂正


36 :憂国士(by教授):2007/02/06(火) 09:06:08 ID:t3fXMc12
特に >>32 などにみられる蒙昧あるいは反日外国人ゴロの典型的欺瞞工作
は、今となっては、極めて幼稚でたわいないものではあるが、若者の中には
見識が未熟故に惑わされる者がいるであろう。

ここに、騙されぬよう注意を喚起しておく。


37 :憂国士(by教授):2007/02/07(水) 15:19:24 ID:BXo+cwNG
天皇は国家概念の依り代であり天皇=日本国であり、
天皇制廃止=日本国という国家概念の消滅である。
天皇なくして日本国自体存在しない事を断じて忘れてはならない。

天皇制の真の必要性を知らない >>21のごとき無知蒙昧の輩や
亡国を企む在日の輩がこの日本には散見される。敗戦の後遺症となれば
ある程度は致し方ない少数派の跋扈ではあるが、誠に忌々しき事である。
まあ、戦後60年たった今となっては他愛もない天皇制廃止なる無知蒙昧の戯言に
良識ある日本人の皆さんは惑わされる事もないとは思うが、老婆心までに
天皇制の真の重要性の再認識を促すものである。

天皇こそ日本国そのものである。
ユダヤ人のユダヤ教のように天皇は民族のアイデンティティーを自己同一性を
強固に磐石に確立する日本国という国家概念の依り代なのである。

天皇を戴く心があれば日本人は例えユダヤ人のように国土を失い世界中に散り散りになろうとも
日本人としての団結力と日本国という国家概念を持ち続ける事が出来るのである。

天皇以外これを可能にする存在はない。


38 :憂国士(by教授):2007/02/07(水) 15:22:42 ID:BXo+cwNG
★★★日本国という国家概念の至高の形代、失いし時、日本国ともに消滅す★★★

何度も言う、天皇の必要性は宗教思想に由来しない。
天皇を否定する事の方がはむしろ不合理な事でありエホバの証人などに見られる輸血拒否集団のように、
思想とらわれて必要な事を無知に否定する自滅の行為なのである。

世の中には、例えば神道も宗教思想との誤った認識からむやみに反発する人が散見されるが、
神道は経典なし教祖なし布教活動なしで宗教とは一線を画するものである事を知るべきである。

では何であるか、神道は日本人の自然観に根ざした日本古来の伝統的な儀式の体系である。
日本文化そのものであり宗教では断じてないのである。

物事を正しく見る目を養えば、天皇の必要性を説く考えを宗教思想と勘違いして排除せんとする愚に堕ちることもないし、
無知が原因で天皇を疎ましく避ける気持ちが芽生える事も無く
日本の皇室に対する素直な尊敬の気持ちの持てる大人になり得るのである。

39 :名無しさん@3周年:2007/02/07(水) 15:56:17 ID:/ax3lEIV
1 :憂国士(by教授):2007/02/03(土) 12:52:18 ID:NlQZf/fP
ぽぽ
















流石教養溢れる超良スレだwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

40 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 19:17:41 ID:51nAtn+O
天皇は国家概念の依り代であり天皇=日本国であり、
天皇制廃止=日本国という国家概念の消滅である。
天皇なくして日本国自体存在しない事を断じて忘れてはならない。

天皇制の真の必要性を知らないスレ主のごとき無知蒙昧の輩や
亡国を企む在日の輩がこの日本には散見される。敗戦の後遺症となれば
ある程度は致し方ない少数派の跋扈ではあるが、誠に忌々しき事である。
まあ、戦後60年たった今となっては他愛もない天皇制廃止なる無知蒙昧の戯言に
良識ある日本人の皆さんは惑わされる事もないとは思うが、老婆心までに
天皇制の真の重要性の再認識を促すものである。

天皇こそ日本国そのものである。
ユダヤ人のユダヤ教のように天皇は民族のアイデンティティーを自己同一性を
強固に磐石に確立する日本国という国家概念の依り代なのである。

天皇を戴く心があれば日本人は例えユダヤ人のように国土を失い世界中に散り散りになろうとも
日本人としての団結力と日本国という国家概念を持ち続ける事が出来るのである。

天皇以外これを可能にする存在はない。


41 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 20:14:37 ID:51nAtn+O
天皇は国家概念の依り代であり天皇=日本国であり、
天皇制廃止=日本国という国家概念の消滅である。
天皇なくして日本国自体存在しない事を断じて忘れてはならない。

天皇制の真の必要性を知らないスレ主のごとき無知蒙昧の輩や
亡国を企む在日の輩がこの日本には散見される。敗戦の後遺症となれば
ある程度は致し方ない少数派の跋扈ではあるが、誠に忌々しき事である。
まあ、戦後60年たった今となっては他愛もない天皇制廃止なる無知蒙昧の戯言に
良識ある日本人の皆さんは惑わされる事もないとは思うが、老婆心までに
天皇制の真の重要性の再認識を促すものである。

天皇こそ日本国そのものである。
ユダヤ人のユダヤ教のように天皇は民族のアイデンティティーを自己同一性を
強固に磐石に確立する日本国という国家概念の依り代なのである。

天皇を戴く心があれば日本人は例えユダヤ人のように国土を失い世界中に散り散りになろうとも
日本人としての団結力と日本国という国家概念を持ち続ける事が出来るのである。

天皇以外これを可能にする存在はない。


42 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 20:22:18 ID:o5VJp21i
基地外・機知街・奇知外・危地買い
奇痴害・忌恥餓異・飢血咳・鬼稚慨

き・ち・が・い

キチ・ガイ



43 :右翼になる者には2種類ある:2007/02/09(金) 20:37:16 ID:nCxWchVy

一つは、低学歴で社会的地位も低くく、これと言った取り柄もなく、一人では非力な人間。
そのくせ権力に憧れる気持ちがあり、その為、欲求不満が鬱積している者。
自分より低い者を作ることにより自分の存在意義を高めたいとする欲求がある。
取り敢えず天皇を信奉すれば、権力者側の人間になったような積もりになれる。
天皇を日本の頂点と誤解し、日本は戦前、一時はアジアを席巻した国なので、
何か他のアジア人より上になったような錯覚を持っている者。

もう一つは、海軍兵学校に在学中や予科錬で、戦争に夢や幻想を持ったまま終戦を迎えた者の中には、
何時までも、戦争の時代に未練を持ち欲求不満の塊と成っている者が居る。
これは遊び残し症候群と言われるもので、一種の精神疾患である。

後者が垂れ流した論理的に欠陥があるが低知能者には見破れない屁理屈によって
前者が洗脳されたのが右翼になっている。

あと、身の回りに右翼の親だとか、知人が居て感化された者も居るだろう。

ところが近年、頼みの綱の天皇が朝鮮系と分かり、今や崩壊寸前となっている。
右翼ではもう飯は食えないw
今や天皇万歳の中心構成メンバーは、在日と知能の低い者だけだろう。


44 :憂国士(by教授):2007/02/09(金) 21:50:47 ID:51nAtn+O
私が天皇の必要性を説くとすぐに『こいつは「右翼」である』とか『左翼的「天皇不要論者」を限定対象としたアンチテーゼである』といった捉え方をする方が多いが、
最初にその様な色眼鏡をかけてしまうことは私の『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨を把握する上で著しい障害となるので注意して戴きたい。

つまり、左翼でも右翼でもないニュートラルな日本人一般を対象とした一般的啓蒙を目的とする『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』というものがあるのである。

したがって、正確に申し上げれば、『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨は

狭義には『広く日本人の為の天皇必要論(正確には皇室制度必要論)を説かんとするもの』であり、
広義には『天皇を戴く国家形態が、日本人の恒久的安寧にとってのみならず、広く国家形態の恒久的維持存続と言う一般論の観点からも
《大統領制よりも数段進歩した優れた国家形態》である』という事に言及せんとするものなのである。

言うまでも無く、『天皇制』の《顕在的意義》は、『天皇制』の肯定的利用を画策する「右翼」の「神憑り的な天皇の権威を利用した国家体制維持論」や
否定的な利用を画策する「左翼」の「唯物論的存在認識に根ざす天皇不要論」に代表される理屈である。
しかし、これら「右翼」「左翼」の主張に見られる『天皇制』に対する認識は実は共に自らに資することを目的とするもっともらしい偽論である。

右翼も左翼もその本性は天皇の権威を肯定的(右翼)あるいは否定的(左翼)に利用する事により社会を混乱させ現体制の安定を破壊し
その混乱に乗じて自らの恣意的目的を達っせんとする極めて利己的なものであり、
その本質において全く同じ穴のムジナであることを胆にめいじていただきたい。


45 :憂国士(by教授):2007/02/10(土) 06:04:07 ID:HBBgz9XW
私が天皇の必要性を説くとすぐに『こいつは「右翼」である』とか『左翼的「天皇不要論者」を限定対象としたアンチテーゼである』といった捉え方をする方が多いが、
最初にその様な色眼鏡をかけてしまうことは私の『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨を把握する上で著しい障害となるので注意して戴きたい。

つまり、左翼でも右翼でもないニュートラルな日本人一般を対象とした一般的啓蒙を目的とする『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』というものがあるのである。

したがって、正確に申し上げれば、『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨は

狭義には『広く日本人の為の天皇必要論(正確には皇室制度必要論)を説かんとするもの』であり、
広義には『天皇を戴く国家形態が、日本人の恒久的安寧にとってのみならず、広く国家形態の恒久的維持存続と言う一般論の観点からも
《大統領制よりも数段進歩した優れた国家形態》である』という事に言及せんとするものなのである。

言うまでも無く、『天皇制』の《顕在的意義》は、『天皇制』の肯定的利用を画策する「右翼」の「神憑り的な天皇の権威を利用した国家体制維持論」や
否定的な利用を画策する「左翼」の「唯物論的存在認識に根ざす天皇不要論」に代表される理屈である。
しかし、これら「右翼」「左翼」の主張に見られる『天皇制』に対する認識は実は共に自らに資することを目的とするもっともらしい偽論である。

右翼も左翼もその本性は天皇の権威を肯定的(右翼)あるいは否定的(左翼)に利用する事により社会を混乱させ現体制の安定を破壊し
その混乱に乗じて自らの恣意的目的を達っせんとする極めて利己的なものであり、
その本質において全く同じ穴のムジナであることを胆にめいじていただきたい。

46 :名無しさん@3周年:2007/02/10(土) 08:19:59 ID:EerjgRUF
右翼ってキモイね

47 :憂国士(by教授):2007/02/11(日) 07:33:14 ID:awN2w+7S
>>45つづき『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨のもう一つの《顕在的意義》は一般的な日本人に代表される漠然とした『象徴天皇』という理屈である。

私がここで最も言わんとすることは、ほとんどの日本人がいまだ明確につかみきれていない『天皇制』の左翼主張でも右翼主張でもない中庸なる『潜在的な意義=概念の形代としての意義』についてであり、
それを理解する為には『依り代=概念の貼り付け先』の理解が不可欠なのである。

以下に中庸なる(的を射た正しい)天皇必要論(正確には皇室制度必要論)を提示しておくので参考にしていただきたい。

【天皇制(正しくは皇室制度)は古来からの『国家概念の依り代』としての優れた機能に加えて、
戦後『権力』と完全に分離し『象徴性(正しくは依り代性)』と『権力』とが高度に分離した国家形態を獲得現出するに至って人類史上類最も進化した国家形態となった。
この『象徴性(正しくは依り代性)』と『権力』とが高度に分離した人類史上最も進化した国家形態を獲得した日本国の『依り代(象徴)』として、
天皇とはきわめて進化し優れた『国家概念の依り代』なのである。したがって、天皇を否定する事は
日本が『国家概念の依り代』を失うことである。『依り代』即ち貼り付け先を失った概念は時がたてば消滅してしまう。日本と言う国家概念はそのまま時と共に消滅してしまうのである。
天皇なかりせば日本国の安定的存立は極めて危うい物となるのである】





48 :憂国士(by教授):2007/02/11(日) 23:49:43 ID:awN2w+7S
【天皇の存在を快く思えない御仁に共通の誤った認識を正す。】

例えば普段はあまり必要性を感じないが『地震や火事などの非常時』・『登山やダイビングなどの特殊な環境に身を置く状況下』あるいは
『仕事上の問題を専門的な立場で解決しようとする時』その様な場合に他の如何なるものよりも機能的に優れた最適無二の手法や道具がある事は
上記御仁にもすぐ理解できるとおもう。
これらの手法や道具を『これしかない最高のものであるである』『絶対に無くてはならない、一度失うと二度つくれない、代替品の無い、唯一無二の道具であり、それ自体が無二のものである』と忠告することが
何かの思想に由来する布教活動だろうか?

答えは否である。

『国家の恒久的安定維持という目的を最高に達成したいなら、天皇の存在が人類史上編み出された唯一、無二、至高のシステム・道具である』と忠告するのは、
言ってみれば『問題解決の為の専門家の忠告』に過ぎない。
『マラリヤに罹ったら特効薬のキニーネ製剤を飲みなさい』という医師の忠告と同じなのである。

つづく


49 :名無しさん@3周年:2007/02/11(日) 23:57:59 ID:rMPG9ZFi
天皇が日本国ということは日本国は天皇なのですね?

50 :憂国士(by教授):2007/02/12(月) 14:16:14 ID:KZW+nr6O
>>48つづき

上記天皇制(正しくは皇室制度)の秀逸に全く無知な御仁は天皇の必要性は思想的なものであり国家の恒久的安寧にとっての至高の物ではなく、より良い国家体制が他にあると考えているようだが、
天皇の必要性は思想に由来する物では断じて無いないのである。

天皇の存在は国家と言うものの統一的運営にとって最も機能性の高い、そして国家体制の恒久的安定維持と国民の恒久的安寧にとっても人類史上類を見ない
至高の必要十分条件なのである。

この様な天皇の真の存在意義が正しく理解できれば、
「天皇を戴く皇室制度は単なる至高の道具手法であり道具手法を疎ましく思ったり感情的に嫌うと言うのは『僕は道具が嫌いだ』と言っているような物で、
全く頓珍漢な話である」という事がすぐわかるはずである。

そして、★何より理解すべきは★この様な国家安寧の為の道具として国民のために自己を捨て全人生をささげることがいかに非凡な事であるかということである。
天皇は国民のために自己を捨て一生国民の為の道具【正しくは日本国という概念の形代】になって居られるのである。国民を代表して国家概念の形代になって頂いているのである。
この様な概念の形代としての役割を1500年以上の長きにわたって果たし続けておられる天皇家が如何に尊敬に値することか肝に銘じるべきであろう。

51 :憂国士(by教授):2007/02/18(日) 13:50:37 ID:974/jwrJ
私が天皇の必要性を説くとすぐに『こいつは「右翼」である』とか『左翼的「天皇不要論者」を限定対象としたアンチテーゼである』といった捉え方をする方が多いが、
最初にその様な色眼鏡をかけてしまうことは私の『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨を把握する上で著しい障害となるので注意して戴きたい。

つまり、左翼でも右翼でもないニュートラルな日本人一般を対象とした一般的啓蒙を目的とする『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』というものがあるのである。

したがって、正確に申し上げれば、『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨は

狭義には『広く日本人の為の天皇必要論(正確には皇室制度必要論)を説かんとするもの』であり、
広義には『天皇を戴く国家形態が、日本人の恒久的安寧にとってのみならず、広く国家形態の恒久的維持存続と言う一般論の観点からも
《大統領制よりも数段進歩した優れた国家形態》である』という事に言及せんとするものなのである。

言うまでも無く、『天皇制』の《顕在的意義》は、『天皇制』の肯定的利用を画策する「右翼」の「神憑り的な天皇の権威を利用した国家体制維持論」や
否定的な利用を画策する「左翼」の「唯物論的存在認識に根ざす天皇不要論」に代表される理屈である。
しかし、これら「右翼」「左翼」の主張に見られる『天皇制』に対する認識は実は共に自らに資することを目的とするもっともらしい偽論である。

右翼も左翼もその本性は天皇の権威を肯定的(右翼)あるいは否定的(左翼)に利用する事により社会を混乱させ現体制の安定を破壊し
その混乱に乗じて自らの恣意的目的を達っせんとする極めて利己的なものであり、
その本質において全く同じ穴のムジナであることを胆にめいじていただきたい。



52 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 14:23:25 ID:cIoXqRaC
心の平穏を求めるカルトみたいなものかな。


53 :憂国士(by教授):2007/02/19(月) 07:03:56 ID:62f3cIBu
天皇は国家概念の依り代であり天皇=日本国であり、
天皇制廃止=日本国という国家概念の消滅である。
天皇なくして日本国自体存在しない事を断じて忘れてはならない。

天皇制の真の必要性を知らないスレ主のごとき無知蒙昧の輩や
亡国を企む在日の輩がこの日本には散見される。敗戦の後遺症となれば
ある程度は致し方ない少数派の跋扈ではあるが、誠に忌々しき事である。
まあ、戦後60年たった今となっては他愛もない天皇制廃止なる無知蒙昧の戯言に
良識ある日本人の皆さんは惑わされる事もないとは思うが、老婆心までに
天皇制の真の重要性の再認識を促すものである。

天皇こそ日本国そのものである。
ユダヤ人のユダヤ教のように天皇は民族のアイデンティティーを自己同一性を
強固に磐石に確立する日本国という国家概念の依り代なのである。

天皇を戴く心があれば日本人は例えユダヤ人のように国土を失い世界中に散り散りになろうとも
日本人としての団結力と日本国という国家概念を持ち続ける事が出来るのである。

天皇以外これを可能にする存在はない。


54 :憂国士(by教授):2007/02/19(月) 07:09:57 ID:62f3cIBu
天皇は国家概念の依り代であり天皇=日本国であり、
天皇制廃止=日本国という国家概念の消滅である。
天皇なくして日本国自体存在しない事を断じて忘れてはならない。

天皇制の真の必要性を知らない無知蒙昧の輩や
亡国を企む在日の輩がこの日本には散見される。敗戦の後遺症となれば
ある程度は致し方ない少数派の跋扈ではあるが、誠に忌々しき事である。
まあ、戦後60年たった今となっては他愛もない天皇制廃止なる無知蒙昧の戯言に
良識ある日本人の皆さんは惑わされる事もないとは思うが、老婆心までに
天皇制の真の重要性の再認識を促すものである。

天皇こそ日本国そのものである。
ユダヤ人のユダヤ教のように天皇は民族のアイデンティティーを自己同一性を
強固に磐石に確立する日本国という国家概念の依り代なのである。

天皇を戴く心があれば日本人は例えユダヤ人のように国土を失い世界中に散り散りになろうとも
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


55 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/02/19(月) 07:16:42 ID:K9OJNd4w
ブチ殺すぞ、コラ

56 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 22:42:25 ID:AyFqWvP5
>>1

       , -┴==――-  .. _        〉'´       、   `ヽ     ヽ三   ギ  そ  三
.    //´             、 、 /   、 \     \    ヽ.  三.  ャ  れ  三
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨  / 、\ \    \    ヽ 三   グ  は  三
    \/  /   /, {     `ヽ  !   /  }ヽ. ヽ、 ヽ、__ ..二、    三.   で       三
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |l   {  /二ヽ `¨¬x=-ミ_‐┐  三   言  ひ  三
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハlハ   イィ::f_} \  ´ vイ} ´ /}   三    っ  ょ  三
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |__ハ  {` ゙ー'   `   ̄  ノ,′ /三.   て   っ  三
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′厂´ \ ヽ、  `      u   /   イ 三   る  と  三
      ヽ{   `    u. ノ   / /    {{爪    -:‐   ー=彡イ /  三  の   し  三
       八   ´`     ー=イ  fl /      {  \      ..:::::::::〈 /   三   か  て  三
      ハ\     ...::::::|  jハ{     { + \__..:::::::::::::::::∨ ┼ 三  !?    三

57 :憂国士(by教授):2007/02/23(金) 06:03:30 ID:xy9xF8Bh
『事』とは『移り行く概念の表象』である『事(表象)』なくして『物』は存在しない。『事』がないといってもそれは『物』を離れてはいない。
およそ『物』は、全て実体のない『事(表象)』である。およそ実体のない『事』は『物』なのである。

このように概念の表象である『こと』は時と共に移り変わり一瞬の『もの』を構成する。ゆえに『もの』には
絶対的な意味で定まった一定の形は存在しないのである。これは、物理学的に言うと、
『こと』のエネルギーがある特有の『ゆらぎ』によって相変化し『もの』即ち『物質的現象』となったのである。

故に『存在=もの=物質的現象』は量子論で言うところの『不確定性』という
特性をもつのである。

これと同じように国家というもの様々な概念の表象なのである。そしてその
表象は日本においては天皇という磐石の貼り付け先に強固に張り付いて1500年
以上の長きにわたり不動の『もの』と相変化しているのである。いるのである。
この天皇という『表象の貼り付け先』こそは人類史上最も進化した磐石の『形代=依り代=概念の貼り付け先』
なのであり、アメリカなどが実はのどから手が出るほど熱望するが到底得る事のかなわぬ国家概念の最高の安定母体
なのである。



58 :憂国士(by教授):2007/02/23(金) 06:21:51 ID:xy9xF8Bh
国家概念のグローバル化が進めば進むほど天皇という日本独自の国家概念の依り代の重要性は増す。
日本民族の活動が国際化すればするほど日本人としてのアイデンティティー・日本人の国際的な団結力
を薄める事無く未来永劫繋ぎ止めて行く

『日本人であるという同一概念の依り代』
『磐石強固不動の依り代』
『日本人が1500年以上かけて培った(磨き上げた)天皇という国家概念の依り代(大鏡)』

の必要性は、ユダヤ教のような独自の宗教を持たない日本人にとって
益々重要な意味をもつのである。

59 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 06:55:05 ID:C1TCjcnN
長々とこんな言い訳をしなくていいのに。

素直に認めちゃえよ。
理屈ではなく、天皇のことを考えるだけで安心できる自分がいるって。

自分の弱さを認めるところから、人間の成長は始まるのさ。



60 :憂国士(by教授):2007/02/23(金) 13:05:33 ID:xy9xF8Bh
自覚している人も、そして>>59のごとき無自覚蒙昧の輩もあまねく天皇と言う存在
によってその心は平安に住しているのである。
何故そうなっているのか、その理屈が私の論述するように厳然と存在することを全く理解できない
>>59のごとき蒙昧の輩は己の心の平安たる真の理由全く気付く事無く脳天気である。『天皇と言う存在の
おかげで全日本人は心平安に住していられるのである』と言う真理に気付けば
この蒙昧>>59にも天皇の真の存在価値が理解できるようになるだろう。

まあ、>>59などは蒙昧といっても『自分の弱さを認めるところから、人間の成長は始まるのさ』
などと、意味も解らずのたまい、その自己矛盾にも全く気付けないほどの御仁であるから
あまり期待はできまい。識者の適切な助言を祈るのみである。

61 :名無しさん@3周年:2007/02/23(金) 13:30:38 ID:UN8qjSbU
>自覚している人も、そして>>59のごとき無自覚蒙昧の輩もあまねく天皇と言う存在
>によってその心は平安に住しているのである。
とりあえず「憂国士」は自分が天皇の信者であることを認めたわけだ。
オレ? オレはキリスト教の信者だからさw


62 :憂国士(by教授):2007/02/24(土) 05:32:53 ID:x9TLl0GM
>>61のごとき日本語の理解力が乏しい在日や中卒の蒙昧を諭すのには手間が掛かるが致し方あるまい。
わたしの論述する天皇と言う存在の重要性は数学の公理のようなもので
キリスト教などの様な単なる宗教の範疇の概念ではない。
つまり信じる信じないの話ではない厳然たる公理なのである。まあ根気良く学べば蒙昧の>>61にもそのうち
『天皇の重要性が信者など必要のない厳然たる事実でしかない事』を理解できるようになるだろう。

63 :憂国士(by教授):2007/02/24(土) 05:47:50 ID:x9TLl0GM
天皇は国家概念の依り代であり天皇=日本国であり、
天皇制廃止=日本国という国家概念の消滅である。
天皇なくして日本国自体存在しない事を断じて忘れてはならない。

天皇制の真の必要性を知らないスレ主のごとき無知蒙昧の輩や
亡国を企む在日の輩がこの日本には散見される。敗戦の後遺症となれば
ある程度は致し方ない少数派の跋扈ではあるが、誠に忌々しき事である。
まあ、戦後60年たった今となっては他愛もない天皇制廃止なる無知蒙昧の戯言に
良識ある日本人の皆さんは惑わされる事もないとは思うが、老婆心までに
天皇制の真の重要性の再認識を促すものである。

天皇こそ日本国そのものである。
ユダヤ人のユダヤ教のように天皇は民族のアイデンティティーを自己同一性を
強固に磐石に確立する日本国という国家概念の依り代なのである。

天皇を戴く心があれば日本人は例えユダヤ人のように国土を失い世界中に散り散りになろうとも
日本人としての団結力と日本国という国家概念を持ち続ける事が出来るのである。

天皇以外これを可能にする存在はない。


64 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 09:04:24 ID:HEUZsBYC
残念だが、日本の人口は減る一方で100年後には絶滅する。
現在の皇室は外国の王室かなんかと結婚して、種の保存
でもしておいた方がいいな。
いや、秋篠の宮がすでに、某タイ国かどこかに子孫を残しているらしい。
さすがだ。


65 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 09:21:04 ID:QhfDEkcC
まあ、国体の不可侵性を呼び込んだ
水戸史学の名分・正統の絶対化は
完全に中国の王朝-正史叙述の猿真似だけどね。

66 :名無しさん@3周年:2007/02/24(土) 09:32:30 ID:QhfDEkcC
国家概念の依り代国家概念の依り代宣うが、
肝心の「国家」をまず定義してくれないとね。
なにかを論じるなら、まず用語を定義して、発信者と受信者に共通の出発点を据えないとね。
はい、定義して?

67 :憂国士(by教授):2007/02/24(土) 14:57:03 ID:x9TLl0GM
『国家』とは『客観的に見た自己同一性の概念』を表す言葉にすぎない。したがってその概念を表す言葉として
よりふさわしい『言葉』があれば別に何であっても良い。

リンゴやミカンのように概念の固定した『物』(これも厳密には固定したとは言い切れない不確定要素を包含するのであるが)が
ではなく『国家』とは『自分と言う概念が潜在的に帰属する自己同一概念』なのである。つまり解り易く言えば
『自分と言う概念のふるさと故郷』という『事』なのである。【『事』と『物』の違いについては現在執筆中この夏出版予定の拙書
『もの と こと の間(はざま)』を参考にされたい。】

概念とは時と共に移り変わる不安定な『事』であり安定磐石の『物』ではない。
それ故、それぞれ人種によって異なった概念をもつ人間という生き物は『不安ストレス』から身を守るため
自己の概念を依らしめ安定させ得る『概念の貼り付け先』と言う『物』を本能的に必要とするのである。

実は、リンゴと言う存在も厳密に言えば『人の持つ甘い・赤い・食べられると言う概念(=事)』と『その概念を依らしむ
べき概念の貼り付け先という物』によって構成された存在なのである。

68 :憂国士(by教授):2007/02/24(土) 15:23:00 ID:x9TLl0GM
★★★自己同一性識別の重要性は人体の免疫システムの重要性と全く同義である。
国際化によって概念の異なる様々な個体と益々頻繁に接するようになればなるほど『人間社会的免疫システム』の重要性は増す。
日本人にとっては『天皇』が『免疫システムの要』のである。

69 :143ひとよみ:2007/02/25(日) 05:46:34 ID:qS6bcNr5
『国家』とは『客観的に見た自己同一性の概念』を表す言葉にすぎない。したがってその概念を表す言葉として
よりふさわしい『言葉』があれば別に何であっても良い。

リンゴやミカンのように概念の固定した『物』(これも厳密には固定したとは言い切れない不確定要素を包含するのであるが)
ではなく『国家』とは『自分と言う概念が潜在的に帰属する自己同一概念』なのである。つまり解り易く言えば
『自分と言う概念のふるさと故郷』という『事』なのである。【『事』と『物』の違いについては現在執筆中この夏出版予定の拙書
『もの と こと の間(はざま)』を参考にされたい。】

概念とは時と共に移り変わる不安定な『事』であり安定磐石の『物』ではない。
それ故、それぞれ人種によって異なった概念をもつ人間という生き物は『不安ストレス』から身を守るため
自己の概念を依らしめ安定させ得る『概念の貼り付け先』と言う『物』を本能的に必要とするのである。

実は、リンゴと言う存在も厳密に言えば『人の持つ甘い・赤い・食べられると言う概念(=事)』と『その概念を依らしむ
べき概念の貼り付け先という物』によって構成された存在なのである。


70 :憂国士(by教授):2007/02/25(日) 05:48:02 ID:qS6bcNr5
★★★自己同一性識別の重要性は人体の免疫システムの重要性と全く同義である。
国際化によって概念の異なる様々な個体と益々頻繁に接するようになればなるほど『人間社会的免疫システム』の重要性は増す。
日本人にとっては『天皇』が『免疫システムの要』のである。


71 :憂国士(by教授):2007/02/25(日) 05:49:40 ID:qS6bcNr5
『国家』とは『客観的に見た自己同一性の概念』を表す言葉にすぎない。したがってその概念を表す言葉として
よりふさわしい『言葉』があれば別に何であっても良い。

リンゴやミカンのように概念の固定した『物』(これも厳密には固定したとは言い切れない不確定要素を包含するのであるが)
ではなく『国家』とは『自分と言う概念が潜在的に帰属する自己同一概念』なのである。つまり解り易く言えば
『自分と言う概念のふるさと故郷』という『事』なのである。【『事』と『物』の違いについては現在執筆中この夏出版予定の拙書
『もの と こと の間(はざま)』を参考にされたい。】

概念とは時と共に移り変わる不安定な『事』であり安定磐石の『物』ではない。
それ故、それぞれ人種によって異なった概念をもつ人間という生き物は『不安ストレス』から身を守るため
自己の概念を依らしめ安定させ得る『概念の貼り付け先』と言う『物』を本能的に必要とするのである。

実は、リンゴと言う存在も厳密に言えば『人の持つ甘い・赤い・食べられると言う概念(=事)』と『その概念を依らしむ
べき概念の貼り付け先という物』によって構成された存在なのである。

★★★自己同一性識別の重要性は人体の免疫システムの重要性と全く同義である。
国際化によって概念の異なる様々な個体と益々頻繁に接するようになればなるほど『人間社会的免疫システム』の重要性は増す。
日本人にとっては『天皇』が『免疫システムの要』のである。


72 :憂国士(by教授):2007/02/25(日) 06:20:03 ID:qS6bcNr5
>>66回答
『国家』とは『客観的に見た自己同一性の概念』を表す言葉にすぎない。したがってその概念を表す言葉として
よりふさわしい『言葉』があれば別に何であっても良い。

リンゴやミカンのように概念の固定した『物』(これも厳密には固定したとは言い切れない不確定要素を包含するのであるが)
ではなく『国家』とは『自分と言う概念が潜在的に帰属する自己同一概念』なのである。つまり解り易く言えば
『自分と言う概念のふるさと故郷』という『事』なのである。【『事』と『物』の違いについては現在執筆中この夏出版予定の拙書
『もの と こと の間(はざま)』を参考にされたい。】

概念とは時と共に移り変わる不安定な『事』であり安定磐石の『物』ではない。
それ故、それぞれ人種によって異なった概念をもつ人間という生き物は『不安ストレス』から身を守るため
自己の概念を依らしめ安定させ得る『概念の貼り付け先』と言う『物』を本能的に必要とするのである。

実は、リンゴと言う存在も厳密に言えば『人の持つ甘い・赤い・食べられると言う概念(=事)』と『その概念を依らしむ
べき概念の貼り付け先という物』によって構成された存在なのである。

★★★自己同一性識別の重要性は人体の免疫システムの重要性と全く同義である。
国際化によって概念の異なる様々な個体と益々頻繁に接するようになればなるほど『人間社会的免疫システム』の重要性は増す。
日本人にとっては『天皇』が『免疫システムの要』のである。



73 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 06:34:29 ID:HQYKQNwv
定義しろっていってんだけど?
ちなみに、べつに
>自己の概念を依らしめ安定させ得る『概念の(?)貼り付け先』
が、国家、さらに天皇に関連づけられる何かである必要はないよね。
私は日本国民であると同時に○○会社の社員であり、○○の親であり、○○地域に住んでおり
○○町内会の一員であり、○○の友人であり、○○のOBであり、
男あるいは女であり、○○という病に侵されており
アイデンティティとか帰属先て重層的なものだから。

74 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 06:35:35 ID:HQYKQNwv
あと○○教の信者であり、あたりも付け加えたほうがいいね。

75 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 13:47:17 ID:4h8ULjHV
あ〜天皇キモイw

76 :憂国士(by教授):2007/02/25(日) 13:56:04 ID:qS6bcNr5
国語における基礎的理解力のない蒙昧には定義の意味すら理解できなかった様だ。

そのような蒙昧相手に幾ら説明しても無駄故捨て置く。

そこそこ理解力のある人なら何がアイデンティティの『根源』(出発点でありこれが崩れれば全てが崩れる)か位は
私の説明のおよその理解でも、そのうちすぐ気付く事が出来る。

77 :憂国士(by教授):2007/02/25(日) 14:04:16 ID:qS6bcNr5
>>73
内容がお粗末な理解力をさらけ出しているのに単語だけ重層的とか解った風な事を言っているのは

笑える。


78 :名無しさん@3周年:2007/02/25(日) 15:48:43 ID:4h8ULjHV
天皇なんてその昔戦争や謀略や多くの人民の犠牲の果てに最後に生き残った一族の末裔でしかないんだよw

分かる?w

79 :軍需利権のための機械部品としての平成の若者:2007/02/25(日) 16:02:17 ID:E/ZZJtxY
北朝鮮偽ドルの印刷所はCIAだった、w=まったく報道しないフジテレビ
http://www.yorozubp.com/0701/070119.htm
2000万箱詰めの鍵を握る糸山元自民党議員の元秘書が家族共ども“行方不明状態”06/12/25夕刊フジ
http://www4.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=429793&log=20061213
糸山・石原連合に手も足も出ない地検特捜部
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
■石原都知事がもらった2000万円(佐藤立志のマスコミ日記)
日時は今年の9月14日、場所は高級料亭の吉兆。金は糸山が1500万円を出している。
石原は糸山に何でそんな高額な金をもらう下賤な奴になり下ったのかと思いきや元々金には汚なかったようだ。
この記事で指摘しているのは三男は2000万円のうち500万円をもらってるのに政治資金収支に記載がない。当然、本人はもらったなんていわないわな。    
公費使ってヨットだの、馬鹿息子に迂回の公費だの、石原は都民の血税を何と思っているのか。東京オリンピックでごまかすなよ。
石原のでたらめぶりは、このサイトがまとめている。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/chintaro05.htm
えらそーに天下国家を論じながら、糸山ごとき怪しげな人物から金を押し戴く、
品性のいやしさ。海外に妻を公費でファーストクラスで連れて行く傲慢さ。
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20061223
そして、石原慎太郎は、自分の発言にシーンと静まりかえる会場を見回しながら、得意満面に
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
石原宏高衆院議員(自民党)が昨年九月、水谷建設元会長と料亭で500万円。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-12-10/2006121015_02_0.html

80 :イランジン:2007/02/25(日) 16:04:00 ID:IzlEkb8O
天皇陛下バンザイと叫ぶ連中は
べつに天皇を崇拝しているわけではなく
天皇の名のもとに、好き勝手に行動を起こすために
そうしているだけである。
つまり、天皇が単なる国家の一機関でなく
唯一絶対にして至高の権限を有する存在であるとするなら
その名を使うことにより、民主主義や議会制度の手続きをいっさい飛び越えて、
好き勝手に暴れまわれるからである。
明治維新を成し遂げた連中も太平洋戦争を招いた連中も
すべてこの手法を使った。
天皇陛下バンザイと叫ぶやつらは、だから危ないのだ。
ただのキチガイとおもって放置するべからず。
ただちに○すべし。

いざというときに
問答無用で権力を発動するために
天皇一家を温存しておく必要があるのだ


わかったか!!  クソ天皇信者!!

81 :憂国士(by教授):2007/02/26(月) 03:18:02 ID:SkSZBenk
天皇は国家概念の依り代であり天皇=日本国であり、
天皇制廃止=日本国という国家概念の消滅である。
天皇なくして日本国自体存在しない事を断じて忘れてはならない。

天皇制の真の必要性を知らない>>78>>80のごとき無知蒙昧の輩や
亡国を企む在日の輩がこの日本には散見される。敗戦の後遺症となれば
ある程度は致し方ない少数派の跋扈ではあるが、誠に忌々しき事である。
まあ、戦後60年たった今となっては他愛もない天皇制廃止なる無知蒙昧の戯言に
良識ある日本人の皆さんは惑わされる事もないとは思うが、老婆心までに
天皇制の真の重要性の再認識を促すものである。

天皇こそ日本国そのものである。
ユダヤ人のユダヤ教のように天皇は民族のアイデンティティーを自己同一性を
強固に磐石に確立する日本国という国家概念の依り代なのである。

天皇を戴く心があれば日本人は例えユダヤ人のように国土を失い世界中に散り散りになろうとも
日本人としての団結力と日本国という国家概念を持ち続ける事が出来るのである。

天皇以外これを可能にする存在はない。


82 :憂国士(by教授):2007/02/26(月) 03:28:10 ID:SkSZBenk
>>73
内容がお粗末な理解力をさらけ出しているのに単語だけ重層的とか解った風な事を言っているのは

笑える。 >>71を再読して国家の定義の理解に再チャレンジしましょうね。

『国家』とは『自分と言う概念が潜在的に帰属する自己同一概念』なのである。つまり解り易く言えば
『自分と言う概念のふるさと故郷』という『事』なのである。【『事』と『物』の違いについては現在執筆中この夏出版予定の拙書
『もの と こと の間(はざま)』を参考にされたい。】

概念とは時と共に移り変わる不安定な『事』であり安定磐石の『物』ではない。
それ故、それぞれ人種によって異なった概念をもつ人間という生き物は『不安ストレス』から身を守るため
自己の概念を依らしめ安定させ得る『概念の貼り付け先』と言う『物』を本能的に必要とするのである。

実は、リンゴと言う存在も厳密に言えば『人の持つ甘い・赤い・食べられると言う概念(=事)』と『その概念を依らしむ
べき概念の貼り付け先という物』によって構成された存在なのである。

★★★自己同一性識別の重要性は人体の免疫システムの重要性と全く同義である。
国際化によって概念の異なる様々な個体と益々頻繁に接するようになればなるほど『人間社会的免疫システム』の重要性は増す。
日本人にとっては『天皇』が『免疫システムの要』のである。



83 :憂国士(by教授):2007/02/26(月) 04:52:46 ID:SkSZBenk
>>73
内容がお粗末な理解力をさらけ出しているのに単語だけ重層的とか解った風な事を言っているのは

笑える。 >>71を再読して国家の定義の理解に再チャレンジしましょうね。

『国家』とは『自分と言う概念が潜在的に帰属する自己同一概念』なのである。つまり解り易く言えば
『自分と言う概念のふるさと故郷』であり日本人において言えば『日本国全氏を束ねる概念』という『事』なのである。【『事』と『物』の違いについては現在執筆中この夏出版予定の拙書
『もの と こと の間(はざま)』を参考にされたい。】

概念とは時と共に移り変わる不安定な『事』であり安定磐石の『物』ではない。
それ故、それぞれ人種によって異なった概念をもつ人間という生き物は『不安ストレス』から身を守るため
自己の概念を依らしめ安定させ得る『概念の貼り付け先』と言う『物』を本能的に必要とするのである。

実は、リンゴと言う存在も厳密に言えば『人の持つ甘い・赤い・食べられると言う概念(=事)』と『その概念を依らしむ
べき概念の貼り付け先という物』によって構成された存在なのである。

★★★自己同一性識別の重要性は人体の免疫システムの重要性と全く同義である。
国際化によって概念の異なる様々な個体と益々頻繁に接するようになればなるほど『人間社会的免疫システム』の重要性は増す。
日本人にとっては『天皇』が『免疫システムの要』のである。



84 :名無しさん@3周年:2007/02/26(月) 07:47:10 ID:l0eU0YEF
というか、憂国士、そもそも見解が違う相手を説得できないなら
最初から発言するなよ
反論できずに同じコピペの繰り返しじゃ
弄っても面白くもなんともないわ

85 :憂国士(by教授):2007/02/26(月) 15:40:19 ID:SkSZBenk
>>84この御仁、少し教授してみても反応が頓珍漢で論理がお粗末幼稚。これでは反論してみても無意味である。

よって捨て置く。

どうしてもその幼稚な思考力で煽って誰かに弄ってもらいのならよそへ行きなさい。


86 :憂国士(by教授):2007/02/26(月) 15:45:14 ID:SkSZBenk
以下の論述にまともな反論をいただけた方にはいつでもお相手いたします。

『国家』とは『自分と言う概念が潜在的に帰属する自己同一概念』なのである。つまり解り易く言えば
『自分と言う概念のふるさと故郷』であり日本人において言えば『日本国全氏を束ねる概念』という『事』なのである。【『事』と『物』の違いについては現在執筆中この夏出版予定の拙書
『もの と こと の間(はざま)』を参考にされたい。】

概念とは時と共に移り変わる不安定な『事』であり安定磐石の『物』ではない。
それ故、それぞれ人種によって異なった概念をもつ人間という生き物は『不安ストレス』から身を守るため
自己の概念を依らしめ安定させ得る『概念の貼り付け先』と言う『物』を本能的に必要とするのである。

実は、リンゴと言う存在も厳密に言えば『人の持つ甘い・赤い・食べられると言う概念(=事)』と『その概念を依らしむ
べき概念の貼り付け先という物』によって構成された存在なのである。

★★★自己同一性識別の重要性は人体の免疫システムの重要性と全く同義である。
国際化によって概念の異なる様々な個体と益々頻繁に接するようになればなるほど『人間社会的免疫システム』の重要性は増す。
日本人にとっては『天皇』が『免疫システムの要』のである。

87 :ほれ紀子のパンツ拝め:2007/02/26(月) 15:53:59 ID:5yPQvTjL
http://sexii.jp/img.php?filename=d_75871_1_1170066725.jpg

88 :名無しさん@3周年:2007/02/26(月) 16:17:04 ID:Ku7A/Iru
日本歴史捏造の象徴


89 :憂国士(by教授):2007/02/27(火) 00:30:33 ID:HRUkiEw4
以下の論述にまともな反論をいただけた方にはいつでもお相手いたします。

天皇は国家概念の依り代であり天皇=日本国であり、
天皇制廃止=日本国という国家概念の消滅である。
天皇なくして日本国自体存在しない事を断じて忘れてはならない。

天皇制の真の必要性を知らない>>78>>80のごとき無知蒙昧の輩や
亡国を企む在日の輩がこの日本には散見される。敗戦の後遺症となれば
ある程度は致し方ない少数派の跋扈ではあるが、誠に忌々しき事である。
まあ、戦後60年たった今となっては他愛もない天皇制廃止なる無知蒙昧の戯言に
良識ある日本人の皆さんは惑わされる事もないとは思うが、老婆心までに
天皇制の真の重要性の再認識を促すものである。

天皇こそ日本国そのものである。
ユダヤ人のユダヤ教のように天皇は民族のアイデンティティーを自己同一性を
強固に磐石に確立する日本国という国家概念の依り代なのである。

天皇を戴く心があれば日本人は例えユダヤ人のように国土を失い世界中に散り散りになろうとも
日本人としての団結力と日本国という国家概念を持ち続ける事が出来るのである。

天皇以外これを可能にする存在はない。



90 :憂国士(by教授):2007/02/27(火) 00:32:36 ID:HRUkiEw4
以下の論述にまともな反論をいただけた方にはいつでもお相手いたします.

【国家の定義】
『国家』とは『自分と言う概念が潜在的に帰属する自己同一概念』なのである。つまり解り易く言えば
『自分と言う概念のふるさと故郷』であり日本人において言えば『日本国全氏を束ねる概念』という『事』なのである。【『事』と『物』の違いについては現在執筆中この夏出版予定の拙書
『もの と こと の間(はざま)』を参考にされたい。】

概念とは時と共に移り変わる不安定な『事』であり安定磐石の『物』ではない。
それ故、それぞれ人種によって異なった概念をもつ人間という生き物は『不安ストレス』から身を守るため
自己の概念を依らしめ安定させ得る『概念の貼り付け先』と言う『物』を本能的に必要とするのである。

実は、リンゴと言う存在も厳密に言えば『人の持つ甘い・赤い・食べられると言う概念(=事)』と『その概念を依らしむ
べき概念の貼り付け先という物』によって構成された存在なのである。

★★★自己同一性識別の重要性は人体の免疫システムの重要性と全く同義である。
国際化によって概念の異なる様々な個体と益々頻繁に接するようになればなるほど『人間社会的免疫システム』の重要性は増す。
日本人にとっては『天皇』が『免疫システムの要』のである。


91 :【戦死で神】靖国かると≒イスラム原理主義【ジハード】:2007/02/27(火) 00:43:21 ID:eXkXRfdX
「天皇は日本国そのものである」
なんてゆー発言は、いつも民草の食卓を心配される
陛下が一番嫌がられるところ。

92 :憂国士(by教授):2007/02/27(火) 12:17:58 ID:HRUkiEw4
『日本全氏(うじ)の宗家』として、そして『国家概念の依り代』として、1500年以上の長きに渡り『私』を捨て、日本国にとって磐石完璧な『人間社会的免疫システムの要』
の役割を果たしておられる天皇家が如何に尊敬に値する存在であるか。

まともな感性と見識をもってすれば極自然にわかる事である。
餌欲しさにまともな感性をどぶに捨てた中共の犬が依然国内に跋扈するが、
そろそろ己の浅ましさを恥じ愚かさを自覚して、あらためて『天皇家が如何に尊敬に値する存在であるか』を胆に命じるべきであろう。

93 :憂国士(by教授):2007/02/27(火) 12:44:46 ID:HRUkiEw4
国家概念が時代と権力によって変動・変質しても天皇の存在意義に変わりは無い。
天皇という存在の本質(=国家概念の依り代であること)は不変なのである。
この天皇の役割が機能してはじめて特徴ある日本文化・日本の歴史が培われてゆくのである。

また、歴史的に見れば、権力は国家内で繰り広げられる一時的な主導権争いの結果にすぎない。
国家概念(=天皇によって最も安定的に維持される概念)無くして権力など無意味である。権力が主体ではないのである。
古代、天皇家の先祖の統一によってその基礎が生成された氏の集合体である国という概念は
その誕生から1500年以上もの長きにわたり連綿と天皇という不変の依り代によって維持され独特の歴史・文化を育んできたのである。

日本独自の天皇という国家概念の依り代なくして日本独自の文化・歴史が永続的に受け継がれていくことはないのである。

王朝ごとに、権力の移り変わりの度に、その民族の文化を徹底的に破壊しつくしてきた中国の継ぎはぎの歴史を見れば自ずと解るであろう。
中国4000年の歴史・文化などと言ってみても所詮は天皇のお蔭で連綿と受け継がれてきた日本の文化・歴史とは較ぶべくも無い継ぎはぎの歴史なのである。

敢て言うなら、『略奪と殺戮にまみれ、島国日本など到底まともに太刀打ちできない中国4000年の権謀術数の歴史』である。




94 :憂国士(by教授):2007/02/28(水) 11:48:34 ID:x5bc1h8u
国家概念が時代と権力によって変動・変質しても天皇の存在意義に変わりは無い。
天皇という存在の本質(=国家概念の依り代であること)は不変なのである。
この天皇の役割が機能してはじめて特徴ある日本文化・日本の歴史が培われてゆくのである。

また、歴史的に見れば、権力は国家内で繰り広げられる一時的な主導権争いの結果にすぎない。
国家概念(=天皇によって最も安定的に維持される概念)無くして権力など無意味である。権力が主体ではないのである。
古代、天皇家の先祖の統一によってその基礎が生成された氏の集合体である国という概念は
その誕生から1500年以上もの長きにわたり連綿と天皇という不変の依り代によって維持され独特の歴史・文化を育んできたのである。

日本独自の天皇という国家概念の依り代なくして日本独自の文化・歴史が永続的に受け継がれていくことはないのである。

王朝ごとに、権力の移り変わりの度に、その民族の文化を徹底的に破壊しつくしてきた中国の継ぎはぎの歴史を見れば自ずと解るであろう。
中国4000年の歴史・文化などと言ってみても所詮は天皇のお蔭で連綿と受け継がれてきた日本の文化・歴史とは較ぶべくも無い継ぎはぎの歴史なのである。

敢て言うなら、『略奪と殺戮にまみれ、島国日本など到底まともに太刀打ちできない中国4000年の権謀術数の歴史』である。


95 :憂国士(by教授):2007/02/28(水) 11:55:25 ID:x5bc1h8u
私が天皇の必要性を説くとすぐに『こいつは「右翼」である』とか『左翼的「天皇不要論者」を限定対象としたアンチテーゼである』といった捉え方をする方が多いが、
最初にその様な色眼鏡をかけてしまうことは私の『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨を把握する上で著しい障害となるので注意して戴きたい。

つまり、左翼でも右翼でもないニュートラルな日本人一般を対象とした一般的啓蒙を目的とする『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』というものがあるのである。

したがって、正確に申し上げれば、『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨は

狭義には『広く日本人の為の天皇必要論(正確には皇室制度必要論)を説かんとするもの』であり、
広義には『天皇を戴く国家形態が、日本人の恒久的安寧にとってのみならず、広く国家形態の恒久的維持存続と言う一般論の観点からも
《大統領制よりも数段進歩した優れた国家形態》である』という事に言及せんとするものなのである。

言うまでも無く、『天皇制』の《顕在的意義》は、『天皇制』の肯定的利用を画策する「右翼」の「神憑り的な天皇の権威を利用した国家体制維持論」や
否定的な利用を画策する「左翼」の「唯物論的存在認識に根ざす天皇不要論」に代表される理屈である。
しかし、これら「右翼」「左翼」の主張に見られる『天皇制』に対する認識は実は共に自らに資することを目的とするもっともらしい偽論である。

右翼も左翼もその本性は天皇の権威を肯定的(右翼)あるいは否定的(左翼)に利用する事により社会を混乱させ現体制の安定を破壊し
その混乱に乗じて自らの恣意的目的を達っせんとする極めて利己的なものであり、
その本質において全く同じ穴のムジナであることを胆にめいじていただきたい。





96 :名無しさん@3周年:2007/02/28(水) 12:13:38 ID:QgFZxECI
>日本独自の文化・歴史
などが存在しないことや
国民国家の歴史性、相対性は、
80年代以降の日本の歴史学が総力をあげて実証してきたことですが
そうした歴史科学の営為は完全に無視なんでしょうか?

97 :憂国士(by教授):2007/02/28(水) 15:31:36 ID:x5bc1h8u
左翼歴史学者の左翼史観にまんまと洗脳されて良いようにあやつられて何ら自覚のない
>>96類する蒙昧の『ていたらく(為体)』を見ていると最早哀れを通り越して
滑稽ですらある。

その出来栄えに優劣はあるが、如何なる国の文化も歴史も他との交流によって得られる様々な要素にその国独自の味付けがなされて
成り立っているのである。その独自のその国らしい味付けがなければ、それは
単なる猿真似でしかない。こんなことは単に、喩えに用いた食文化・食の歴史を考えるだけでも
容易に解ることである。世界に冠たる日本文化の独自性はこの味付けの独自性であり、1500年以上の長きに渡る天皇の存在があって初めて
可能となる、如何なる国もまねの出来ない、そして皇室制度を堅持する限り未来永劫変わる事のない磐石の独自性なのである。

天皇の存在によってのみ達成しうる『磐石の独自性』は人間社会的免疫システムの要であり、これを軽視毀損することは免疫システムの正常な働きを
阻害する最も大きな要因となる。

天皇なかりせば、日本は、他国との国際関係のなかで深刻な免疫不全症候群に見舞われることとなるのである

若い憂国士の皆さんは胆に命じていただきたい。

98 :憂国士(by教授):2007/03/01(木) 01:38:42 ID:PRUXkumF
左翼歴史学者の左翼史観にまんまと洗脳されて良いようにあやつられて何ら自覚のない
>>96類する蒙昧の『ていたらく(為体)』を見ていると最早哀れを通り越して
滑稽ですらある。

その出来栄えに優劣はあるが、如何なる国の文化も歴史も他との交流によって得られる様々な要素にその国独自の味付けがなされて
成り立っているのである。その独自のその国らしい味付けがなければ、それは
単なる猿真似でしかない。こんなことは単に、喩えに用いた食文化・食の歴史を考えるだけでも
容易に解ることである。世界に冠たる日本文化の独自性はこの味付けの独自性であり、1500年以上の長きに渡る天皇の存在があって初めて
可能となる、如何なる国もまねの出来ない、そして皇室制度を堅持する限り未来永劫変わる事のない磐石の独自性なのである。

天皇の存在によってのみ達成しうる『磐石の独自性』は人間社会的免疫システムの要であり、これを軽視毀損することは免疫システムの正常な働きを
阻害する最も大きな要因となる。

天皇なかりせば、日本は、他国との国際関係のなかで深刻な免疫不全症候群に見舞われることとなるのである

若い憂国士の皆さんは胆に命じていただきたい。


99 :イランジン:2007/03/01(木) 01:58:17 ID:gxRBORQx
天皇制を廃止する事に賛成です。
国民の益が無いからと書いてるよ!
繋がり?
関係ない!
共和制に賛成と云いたかっただけ!
馬鹿でも天皇制が国民に何の益も無い事を知ってるよ!


このような声が多いですね。

まあ、天皇も将軍様も池田会長も麻原も同じですわ!!

100 :憂国士(by教授):2007/03/01(木) 02:40:58 ID:PRUXkumF
天皇は国家概念の依り代であり天皇=日本国であり、
天皇制廃止=日本国という国家概念の消滅である。
天皇なくして日本国自体存在しない事を断じて忘れてはならない。

天皇制の真の必要性を知らないスレ主のごとき無知蒙昧の輩や
亡国を企む在日の輩がこの日本には散見される。敗戦の後遺症となれば
ある程度は致し方ない少数派の跋扈ではあるが、誠に忌々しき事である。
まあ、戦後60年たった今となっては他愛もない天皇制廃止なる無知蒙昧の戯言に
良識ある日本人の皆さんは惑わされる事もないとは思うが、老婆心までに
天皇制の真の重要性の再認識を促すものである。

天皇こそ日本国そのものである。
ユダヤ人のユダヤ教のように天皇は民族のアイデンティティーを自己同一性を
強固に磐石に確立する日本国という国家概念の依り代なのである。

天皇を戴く心があれば日本人は例えユダヤ人のように国土を失い世界中に散り散りになろうとも
日本人としての団結力と日本国という国家概念を持ち続ける事が出来るのである。

天皇以外これを可能にする存在はない。



101 :憂国士(by教授):2007/03/01(木) 02:48:27 ID:PRUXkumF
私が天皇の必要性を説くとすぐに『こいつは「右翼」である』とか『左翼的「天皇不要論者」を限定対象としたアンチテーゼである』といった捉え方をする方が多いが、
最初にその様な色眼鏡をかけてしまうことは私の『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨を把握する上で著しい障害となるので注意して戴きたい。

つまり、左翼でも右翼でもないニュートラルな日本人一般を対象とした一般的啓蒙を目的とする『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』というものがあるのである。

したがって、正確に申し上げれば、『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨は

狭義には『広く日本人の為の天皇必要論(正確には皇室制度必要論)を説かんとするもの』であり、
広義には『天皇を戴く国家形態が、日本人の恒久的安寧にとってのみならず、広く国家形態の恒久的維持存続と言う一般論の観点からも
《大統領制よりも数段進歩した優れた国家形態》である』という事に言及せんとするものなのである。

言うまでも無く、『天皇制』の《顕在的意義》は、『天皇制』の肯定的利用を画策する「右翼」の「神憑り的な天皇の権威を利用した国家体制維持論」や
否定的な利用を画策する「左翼」の「唯物論的存在認識に根ざす天皇不要論」に代表される理屈である。
しかし、これら「右翼」「左翼」の主張に見られる『天皇制』に対する認識は実は共に自らに資することを目的とするもっともらしい偽論である。

右翼も左翼もその本性は天皇の権威を肯定的(右翼)あるいは否定的(左翼)に利用する事により社会を混乱させ現体制の安定を破壊し
その混乱に乗じて自らの恣意的目的を達っせんとする極めて利己的なものであり、
その本質において全く同じ穴のムジナであることを胆にめいじていただきたい。



102 :名無しさん@3周年:2007/03/01(木) 02:59:07 ID:gxRBORQx
              |      |             |
              |    __|_______   |
              L二二───────---二二ヽ <皇族はもともと朝鮮人なんじゃ。日本に侵略してきた一族なんじゃよ。
              |r=-、、\ ̄ -'二- "二ゝ 彡 /|、j
              ヽ、-ィゥ-、ヽ 、'"r-ィゥ─- __ 彳/-、|
              |  _ ̄/l  ヽ  ̄ ̄     /ヽ|l   だから日本は在日にやさしい国じゃろう?
              l   ̄ /     ̄ ̄  /  ) /ノ
              ヽ   /、   ヽ    /|  l//
               ヽ, / ヽ -  \   | |ーイ/    天皇が在日の親玉じゃからなあ。
                l l ー=====- |   ノ |'
                ヽ   ─-   i /  |
                 ヽrvVvv--, -'  /   |-、_
                 ,-|l,i    /  /  / /\
               / l l レ //   / / /    \
           rヘ、/   l ヽ |    /' /        ヽ、/ヽ
        ,, / /"     l 丶|  / /          /  /ヽ、
   , -- "´/|  /      ヽ ,,/  /          /  /     ー-、
 /      / /        V  /          /  /         

103 :憂国士(by教授):2007/03/01(木) 02:59:55 ID:PRUXkumF
>>99:あきれ果てた蒙昧である。全く間違った事を言っているのだが当の本人は
全く自覚していない。ゆとり教育の犠牲者で思考力の未熟な若者の典型であるが
最早啓蒙は手遅れか・・・まあ今となっては哀れと言うほかないが、せいぜいこのスレで
学んで出来れば自己の無見識くらいは自覚して欲しいと願うものである。



104 :憂国士(by教授):2007/03/01(木) 03:01:40 ID:PRUXkumF
>>102:あきれ果てた蒙昧である。全く間違った事を言っているのだが当の本人は
全く自覚していない。ゆとり教育の犠牲者で思考力の未熟な若者の典型であるが
最早啓蒙は手遅れか・・・まあ今となっては哀れと言うほかないが、せいぜいこのスレで
学んで出来れば自己の無見識くらいは自覚して欲しいと願うものである。



105 :名無しさん@3周年:2007/03/01(木) 03:01:57 ID:gxRBORQx
>>103
妄想乙

106 :名無しさん@3周年:2007/03/01(木) 03:09:14 ID:gxRBORQx
「天皇は国家概念の依り代であり天皇=日本国であり」

とか言ってるバカがいますが、天皇が生きようが死んでようが国民はカンケーないのです!!

107 :憂国士(by教授):2007/03/01(木) 10:46:16 ID:PRUXkumF
>>106:全くあきれ果てた蒙昧である。全く間違った事を言っているのだが当の本人は
全く自覚していない。ゆとり教育の犠牲者で思考力の未熟な若者の典型であるが
最早啓蒙は手遅れか・・・まあ今となっては哀れと言うほかないが、せいぜいこのスレで
学んで出来れば自己の無見識くらいは自覚して欲しいと願うものである。

天皇は国家概念の依り代であり天皇=日本国であり、
天皇制廃止=日本国という国家概念の消滅である。
天皇なくして日本国自体存在しない事を断じて忘れてはならない。

天皇制の真の必要性を知らない>>106>>102>>99のごとき無知蒙昧の輩や
亡国を企む在日の輩がこの日本には散見される。敗戦の後遺症となれば
ある程度は致し方ない少数派の跋扈ではあるが、誠に忌々しき事である。
まあ、戦後60年たった今となっては他愛もない天皇制廃止なる無知蒙昧の戯言に
良識ある日本人の皆さんは惑わされる事もないとは思うが、老婆心までに
天皇制の真の重要性の再認識を促すものである。

天皇こそ日本国そのものである。
ユダヤ人のユダヤ教のように天皇は民族のアイデンティティーを自己同一性を
強固に磐石に確立する日本国という国家概念の依り代なのである。

天皇を戴く心があれば日本人は例えユダヤ人のように国土を失い世界中に散り散りになろうとも
日本人としての団結力と日本国という国家概念を持ち続ける事が出来るのである。

天皇以外これを可能にする存在はない。


108 :名無しさん@3周年:2007/03/01(木) 10:47:12 ID:DwoNx3mr
国益に反するの事実であるw

109 :憂国士(by教授):2007/03/01(木) 10:54:32 ID:PRUXkumF
私が天皇の必要性を説くとすぐに『こいつは「右翼」である』とか『左翼的「天皇不要論者」を限定対象としたアンチテーゼである』といった捉え方をする方が多いが、
最初にその様な色眼鏡をかけてしまうことは私の『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨を把握する上で著しい障害となるので注意して戴きたい。

つまり、左翼でも右翼でもないニュートラルな日本人一般を対象とした一般的啓蒙を目的とする『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』というものがあるのである。

したがって、正確に申し上げれば、『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨は

狭義には『広く日本人の為の天皇必要論(正確には皇室制度必要論)を説かんとするもの』であり、
広義には『天皇を戴く国家形態が、日本人の恒久的安寧にとってのみならず、広く国家形態の恒久的維持存続と言う一般論の観点からも
《大統領制よりも数段進歩した優れた国家形態》である』という事に言及せんとするものなのである。

言うまでも無く、『天皇制』の《顕在的意義》は、『天皇制』の肯定的利用を画策する「右翼」の「神憑り的な天皇の権威を利用した国家体制維持論」や
否定的な利用を画策する「左翼」の「唯物論的存在認識に根ざす天皇不要論」に代表される理屈である。
しかし、これら「右翼」「左翼」の主張に見られる『天皇制』に対する認識は実は共に自らに資することを目的とするもっともらしい偽論である。

右翼も左翼もその本性は天皇の権威を肯定的(右翼)あるいは否定的(左翼)に利用する事により社会を混乱させ現体制の安定を破壊し
その混乱に乗じて自らの恣意的目的を達っせんとする極めて利己的なものであり、
その本質において全く同じ穴のムジナであることを胆にめいじていただきたい。



110 :憂国士(by教授):2007/03/01(木) 10:56:10 ID:PRUXkumF
私がここで最も言わんとすることは、ほとんどの日本人がいまだ明確につかみきれていない『天皇制』の左翼主張でも右翼主張でもない中庸なる『潜在的な意義=概念の形代としての意義』についてであり、
それを理解する為には『依り代=概念の貼り付け先』の理解が不可欠なのである。

以下に中庸なる(的を射た正しい)天皇必要論(正確には皇室制度必要論)を提示しておくので参考にしていただきたい。

【天皇制(正しくは皇室制度)は古来からの『国家概念の依り代』としての優れた機能に加えて、
戦後『権力』と完全に分離し『象徴性(正しくは依り代性)』と『権力』とが高度に分離した国家形態を獲得現出するに至って人類史上類最も進化した国家形態となった。
この『象徴性(正しくは依り代性)』と『権力』とが高度に分離した人類史上最も進化した国家形態を獲得した日本国の『依り代(象徴)』として、
天皇とはきわめて進化し優れた『国家概念の依り代』なのである。したがって、天皇を否定する事は
日本が『国家概念の依り代』を失うことである。『依り代』即ち貼り付け先を失った概念は時がたてば消滅してしまう。日本と言う国家概念はそのまま時と共に消滅してしまうのである。
天皇なかりせば日本国の安定的存立は極めて危うい物となるのである】



111 :イランジン:2007/03/01(木) 13:06:08 ID:gxRBORQx
肉便器の宮 承子さまはお元気でしょうか?

112 :憂国士(by教授):2007/03/01(木) 20:30:43 ID:PRUXkumF
★★★チベット大虐殺国の手先に堕ちたに等しい天皇制廃止論者の蒙昧★★★

日本の国力低下につながる天皇制廃止は中共走狗の論である。

「チベット大虐殺」
1959年の3月チベットの首都のラサで「改革解放」の名のもと「民族浄化」が開始、殺戮・
破壊・強奪・強姦が行われた。15万人の僧侶と尼僧は公開虐殺によって1400人に減らされた。僧侶に対しては、滑車を使い仏像の重みによる絞首刑や、尼僧に対し警棒の形をした
5万ボルトのスタンガンを性器に入れて感電死させ彼女の死体は裸のまま路上に捨てられた。
一般民衆の犠牲者は120万人におよぶ。中国は「強制断種(チベット男性の生殖機能を手術によって奪う事)」や「強制交種(チベット女性を中国男性と交わらせ民族の血統を絶つ
事)」等の民族浄化に力を入れた。生き残った証言者によると、親の死体の上で子供に泣
きながらダンスをさせ、人民解放軍はそれを笑いながら銃殺した。「ジュネーブ法律家国際委員会」が受理した供述書によると「何万というわが国民が殺された。軍事行動におい
てばかりでなく、個人的に、また故意に殺されたのである。(略)彼らは銃殺されたばか
りでなく、死ぬまでむち打たれたり、磔にされたり、生きながら焼かれた。溺死させられ
たり、生きたままで解剖されたり、餓死させられた者もあった。絞め殺されたり、首を吊
って殺されたり、熱湯による火傷で殺された。又、ある者は生き埋めにされたり、はらわ
たを取り除かれたり、首を切られたりして殺された。こうした殺人行為はいずれも公衆の
面前でなされた。犠牲者の同じ村人、友人たち、隣人たちは、それを見物するよう強いら
れた。」とある。
ちなみに侵略や粛清、失政による飢餓など、歴史上その数において世界最大の虐殺者は、
まぎれも無く中国で、犠牲者は自国民、他国民含め四〜六千万人といわれる。



113 :名無しさん@3周年:2007/03/01(木) 21:03:31 ID:xWcja7QF
中国軍によるチベット人虐殺が>>112の言う通りとするならば中国は
国連理事国としての資格は無い!典型的社会主義国の人権無視の所業
である日本を批判する資格も無いし南京大虐殺などと言う中国の言い分
も疑わしく聞こえる,世界にこの事実を徹底的に広めニ面性を持つ中国
の正体を知らしむ事である

114 :憂国士(by教授):2007/03/02(金) 03:20:19 ID:H/Oo8+eB
★★★チベット大虐殺国の手先に堕ちたに等しい天皇制廃止論者の蒙昧★★★

日本の国力低下につながる天皇制廃止は中共走狗の論である。

「チベット大虐殺」
1959年の3月チベットの首都のラサで「改革解放」の名のもと「民族浄化」が開始、殺戮・
破壊・強奪・強姦が行われた。15万人の僧侶と尼僧は公開虐殺によって1400人に減らされた。僧侶に対しては、滑車を使い仏像の重みによる絞首刑や、尼僧に対し警棒の形をした
5万ボルトのスタンガンを性器に入れて感電死させ彼女の死体は裸のまま路上に捨てられた。
一般民衆の犠牲者は120万人におよぶ。中国は「強制断種(チベット男性の生殖機能を手術によって奪う事)」や「強制交種(チベット女性を中国男性と交わらせ民族の血統を絶つ
事)」等の民族浄化に力を入れた。生き残った証言者によると、親の死体の上で子供に泣
きながらダンスをさせ、人民解放軍はそれを笑いながら銃殺した。「ジュネーブ法律家国際委員会」が受理した供述書によると「何万というわが国民が殺された。軍事行動におい
てばかりでなく、個人的に、また故意に殺されたのである。(略)彼らは銃殺されたばか
りでなく、死ぬまでむち打たれたり、磔にされたり、生きながら焼かれた。溺死させられ
たり、生きたままで解剖されたり、餓死させられた者もあった。絞め殺されたり、首を吊
って殺されたり、熱湯による火傷で殺された。又、ある者は生き埋めにされたり、はらわ
たを取り除かれたり、首を切られたりして殺された。こうした殺人行為はいずれも公衆の
面前でなされた。犠牲者の同じ村人、友人たち、隣人たちは、それを見物するよう強いら
れた。」とある。
ちなみに侵略や粛清、失政による飢餓など、歴史上その数において世界最大の虐殺者は、
まぎれも無く中国で、犠牲者は自国民、他国民含め四〜六千万人といわれる。


115 :名無しさん@3周年:2007/03/02(金) 10:08:17 ID:zvGXJgq1
>>113
世界はそれを知っているよ。映画にもなっていたから有名。
独立国だったチベットを侵略して不当に占拠している。

承知の上で中国に投資をして儲けようとしている。
人道的な問題よりは経済が優先するのが世界の現実。

北朝鮮問題でも、中国の経済的影響力を重視するから拉致家族などが無視されている。

116 :憂国士(by教授):2007/03/02(金) 16:26:54 ID:H/Oo8+eB
>>115その通りだが、国益のために『隣国民大屠殺』を現実にやってのけた『中共』の手先となって

@『ありもしない日本軍による南京虐殺』
A『ありもしない日本軍による従軍慰安婦強制連行』
B『嘘で固めた天皇制廃止論』
C『嘘で固めた日本の中国侵略説(全てはロシアの謀略に真相がある)』
D『事実の断片の恣意的アレンジによって捏ね上げられた悪書【少年H】に見られる明らかに過った歴史観』

等などを囃し立て、
日本の国の文化や伝統そして尊厳を毀損し
美しき日本を内側から蝕む在日工作員・混乱に乗じて恣意的野望を遂げんとする
偽装右翼・左翼売国奴などが跋扈する今の日本の為体(ていたらく)を憂うのである。

国民の歴史に対する蒙昧がこの様な惨状を生んでいるのであり、例えば典型的な戦後史観で捏ね上げられた『少年H』
などの内容を鵜呑みにしか出来ない国民の単純思考と感性の退化は我が国が現状陥っている極めて忌々しき事態なのである。

胆に銘じていただきたい。

117 :憂国士(by教授):2007/03/02(金) 16:28:51 ID:H/Oo8+eB
★★★チベット大虐殺国の手先に堕ちたに等しい天皇制廃止論者の蒙昧★★★

日本の国力低下につながる天皇制廃止は中共走狗の論である。

「チベット大虐殺」
1959年の3月チベットの首都のラサで「改革解放」の名のもと「民族浄化」が開始、殺戮・
破壊・強奪・強姦が行われた。15万人の僧侶と尼僧は公開虐殺によって1400人に減らされた。僧侶に対しては、滑車を使い仏像の重みによる絞首刑や、尼僧に対し警棒の形をした
5万ボルトのスタンガンを性器に入れて感電死させ彼女の死体は裸のまま路上に捨てられた。
一般民衆の犠牲者は120万人におよぶ。中国は「強制断種(チベット男性の生殖機能を手術によって奪う事)」や「強制交種(チベット女性を中国男性と交わらせ民族の血統を絶つ
事)」等の民族浄化に力を入れた。生き残った証言者によると、親の死体の上で子供に泣
きながらダンスをさせ、人民解放軍はそれを笑いながら銃殺した。「ジュネーブ法律家国際委員会」が受理した供述書によると「何万というわが国民が殺された。軍事行動におい
てばかりでなく、個人的に、また故意に殺されたのである。(略)彼らは銃殺されたばか
りでなく、死ぬまでむち打たれたり、磔にされたり、生きながら焼かれた。溺死させられ
たり、生きたままで解剖されたり、餓死させられた者もあった。絞め殺されたり、首を吊
って殺されたり、熱湯による火傷で殺された。又、ある者は生き埋めにされたり、はらわ
たを取り除かれたり、首を切られたりして殺された。こうした殺人行為はいずれも公衆の
面前でなされた。犠牲者の同じ村人、友人たち、隣人たちは、それを見物するよう強いら
れた。」とある。
ちなみに侵略や粛清、失政による飢餓など、歴史上その数において世界最大の虐殺者は、
まぎれも無く中国で、犠牲者は自国民、他国民含め四〜六千万人といわれる。

118 :憂国士(by教授):2007/03/02(金) 20:00:12 ID:H/Oo8+eB
『国益のために《隣国民大屠殺》を現実にやってのけた中共』の手先となって

@『ありもしない日本軍による南京虐殺』
A『ありもしない日本軍による従軍慰安婦強制連行』
B『嘘で固めた天皇制廃止論』
C『嘘で固めた日本の中国侵略説(全てはロシアの謀略に真相がある)』
D『事実の断片の恣意的アレンジによって捏ね上げられた悪書【少年H】に見られる明らかに過った歴史観』

等などを囃し立て、
日本の国の文化や伝統そして尊厳を毀損し
美しき日本を内側から蝕む在日工作員・混乱に乗じて恣意的野望を遂げんとする
偽装右翼・左翼売国奴などが跋扈する今の日本の為体(ていたらく)を憂うのである。

国民の歴史に対する蒙昧がこの様な惨状を生んでいるのであり、例えば典型的な戦後史観で捏ね上げられた『少年H』
などの内容を鵜呑みにしか出来ない国民の単純思考と感性の退化は我が国が現状陥っている極めて忌々しき事態なのである。

胆に銘じていただきたい。


119 :名無しさん@3周年:2007/03/02(金) 22:46:51 ID:Go5NOn1M
天皇にとっては、左翼、右翼関係なく大切な国民。天皇にとって、日本に住む国民は大切な国民。天皇も、政治家を見ている。天皇は、政治家が何をしているかをも見ている。それが天皇だ。

120 :イランジン:2007/03/03(土) 01:19:16 ID:qLK4zURO
:文責・名無しさん :2007/03/03(土) 01:05:24 ID:/2Jju/B50
カルト天皇教の信者きめえ
様付けは天皇を神だと思ってる天皇教の信者だけでやってろw
分かるか?お前らは天皇教の信者なんだよ
お前らには創価学会の信者や統一教会の信者を馬鹿にする資格は無いんだよ
だがな、お前らは自分が天皇教の信者であるという事にも気づいていない
この点では創価学会員や統一教会の信者よりも劣る
なんでガキに様付けしないといけないんだよ?
信者でもない俺達にはよテレビマスコミが様付けしてることに対してもムカつくんだよ
金正日様って言ってるようなもんだからな
あ?天皇と金正日を一緒にするなって?
おいおい、60年前に日本人を絶滅の危機まで追いやった戦争の最高責任者は誰だ?
そしてその最高責任者はどういう責任を取った?
信者も信者だ。天皇自身が人間宣言したって言うのに
いまだに天皇を神様扱いしてやがる。まさにキチガイ
しかも天皇家の人々個人個人の人権を一番ないがしろにしてるのは
お前ら天皇教信者だぜ。お前ら天皇教信者のせいで天皇や皇太子が
どれだけ苦しんでると思ってるんだ?一体いつになったら開放してやるんだよ
日本の国家システムの奴隷としての天皇をよ




非常にナイスなご意見なのでご紹介します。


121 :憂国士(by教授):2007/03/04(日) 22:32:32 ID:2TE/OVGQ
>>120:内容も無智蒙昧の極みであるが、こんなゴミ文を拾ってきて悦に入っている
紹介者の乞食根性にも呆れたものである。

天皇には参政権もないし職業選択の自由もない
一般人が欲しがる人権概念とは離れた特別の尊敬すべき存在なのである。国の磐石なる繁栄にとって不可欠な『国家概念の形代』として
一切の『私』を捨て、ただ国家存立のために1500年以上の長きにわたりその重責を果たし続けてこられた天皇家が如何に
尊敬に値する存在であるか。>>120のごとき無智蒙昧の輩には解るまい。

ありもしない『天皇の戦争責任』をお経のように唱えて恥の上塗りを繰り返すくらいが
関の山である。

122 :名無しさん@3周年:2007/03/04(日) 22:34:12 ID:UHQ3n0xJ
アンタがそんなタイシタ人にもみえませんが。

123 :名無しさん@3周年:2007/03/04(日) 22:39:17 ID:YTgSsnc4
>>121
天皇は俗世においてその神性を俗世の目的のために消費される存在。
為政者がその失政を糊塗する際に持ち出し、時に膨大な数の国民の死を招いたりもする。

124 :憂国士(by教授):2007/03/05(月) 17:06:45 ID:cPczcYzI
★★★>>123
よくある思い違いの典型である。『国民の膨大な死』など『何千万という同胞を思想の違いで徹底的に虐殺する共産国の粛清』を見ても解るように
むしろ天皇のような安定した国家概念の依り代を持たない権力争いの頻発する国においてこそ起こり易い。
資源のない我が国が列強のアジア殖民地政策に対抗して避けがたい先の大戦でも、不幸にして敗れはしたが、もし天皇なかりせば日本は
あれほど力強く勇猛にしかも世界一規律正しく戦えはしなかったのである。そして敗れて尚、社会主義に蝕まれる事なく現在の経済発展を
遂げる事もなかったのである。なんとなれば、先の大戦においても天皇の存在は『軍の規律維持』『兵士の精神安定』などの
『行動とそれを行う心を律する精神の拠り所』として最も大きな役割を果たし、戦後は再び国民の団結力の機軸となった幾多の事実があるからである。

 その歴史において、如何なる国においても如何なる時代においても、外敵の侵略や政権争いの内乱に巻き込まれての『膨大な国民の死』を経験しない国は無い。国がその様な混乱に見舞われた時、
平和時にはとりたてて必要性を感じない蒙昧の輩の跋扈する天皇制こそが『国民の犠牲を最小限に抑え国民を破滅的な不幸から遠ざける、言わば世界一優れた安全装置』となるのである。

この事実をあらためて胆に銘じる必要がある。


125 :憂国士(by教授):2007/03/05(月) 17:40:02 ID:cPczcYzI
★★★>>123
よくある思い違いの典型である。『国民の膨大な死』など『何千万という同胞を思想の違いで徹底的に虐殺する共産国の粛清』を見ても解るように
むしろ天皇のような安定した国家概念の依り代を持たない権力争いの頻発する国においてこそ起こり易い。

資源のない我が国が列強のアジア殖民地政策に対抗する必要性、あるいはマルキストらが共産主義思想拡大をもくろむ謀略上『中国での共産党一党独裁を達成するために』
日本を中国国民党大規模に戦わせねばならない必要性、これらの必要性を満たすため、結果として不可避であった先の大戦でも、不幸にして敗れはしたが、
もし天皇なかりせば日本は あれほど力強く勇猛にしかも世界一規律正しく戦えはしなかったのである。そして敗れて尚、社会主義に蝕まれる事なく現在の経済発展を
遂げる事もなかったのである。
なんとなれば、先の大戦においても天皇の存在は『軍の規律維持』『兵士の精神安定』などの
『行動とそれを行う心を律する精神の拠り所』として最も大きな役割を果たし、戦後は再び国民の団結力の機軸となった幾多の事実があるからである。

 その歴史において、如何なる国においても如何なる時代においても、外敵の侵略や政権争いの内乱に巻き込まれての『膨大な国民の死』を経験しない国は無い。国がその様な混乱に見舞われた時、
『平和ぼけの蒙昧の輩が不要・廃止を唱える天皇制』こそが国家混乱に際しては『国民の犠牲を最小限に抑え国民を破滅的な不幸から遠ざける、言わば世界一優れた安全装置』となるのである。

この事実をあらためて胆に銘じる必要がある。


126 :【戦死で神】靖国かると≒イスラム原理主義【ジハード】:2007/03/05(月) 17:43:34 ID:W8cU6VYQ
陛下に戦争責任は全くありません。
あくまでも、東條以下統制派軍人とかると靖国の責任です。

127 :【戦死で神】靖国かると≒イスラム原理主義【ジハード】:2007/03/05(月) 17:44:21 ID:W8cU6VYQ
この事実をあらためて胆に銘じる必要があります。


128 :【戦死で神】靖国かると≒イスラム原理主義【ジハード】:2007/03/05(月) 17:50:05 ID:W8cU6VYQ
★天皇は日本国そのものである★
祭政分離の天皇制は日本の英知です。
一夜にして逆賊のコバ一族あわれ。


129 :憂国士(by教授):2007/03/05(月) 19:08:33 ID:cPczcYzI
天皇は国家概念の依り代であり天皇=日本国であり、
天皇制廃止=日本国という国家概念の消滅である。
天皇なくして日本国自体存在しない事を断じて忘れてはならない。

天皇制の真の必要性を知らない>>78>>80のごとき無知蒙昧の輩や
亡国を企む在日の輩がこの日本には散見される。敗戦の後遺症となれば
ある程度は致し方ない少数派の跋扈ではあるが、誠に忌々しき事である。
まあ、戦後60年たった今となっては他愛もない天皇制廃止なる無知蒙昧の戯言に
良識ある日本人の皆さんは惑わされる事もないとは思うが、老婆心までに
天皇制の真の重要性の再認識を促すものである。

天皇こそ日本国そのものである。
ユダヤ人のユダヤ教のように天皇は民族のアイデンティティーを自己同一性を
強固に磐石に確立する日本国という国家概念の依り代なのである。

天皇を戴く心があれば日本人は例えユダヤ人のように国土を失い世界中に散り散りになろうとも
日本人としての団結力と日本国という国家概念を持ち続ける事が出来るのである。

天皇以外これを可能にする存在はない。




130 :憂国士(by教授):2007/03/05(月) 19:10:22 ID:cPczcYzI
私が天皇の必要性を説くとすぐに『こいつは「右翼」である』とか『左翼的「天皇不要論者」を限定対象としたアンチテーゼである』といった捉え方をする方が多いが、
最初にその様な色眼鏡をかけてしまうことは私の『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨を把握する上で著しい障害となるので注意して戴きたい。

つまり、左翼でも右翼でもないニュートラルな日本人一般を対象とした一般的啓蒙を目的とする『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』というものがあるのである。

したがって、正確に申し上げれば、『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨は

狭義には『広く日本人の為の天皇必要論(正確には皇室制度必要論)を説かんとするもの』であり、
広義には『天皇を戴く国家形態が、日本人の恒久的安寧にとってのみならず、広く国家形態の恒久的維持存続と言う一般論の観点からも
《大統領制よりも数段進歩した優れた国家形態》である』という事に言及せんとするものなのである。

言うまでも無く、『天皇制』の《顕在的意義》は、『天皇制』の肯定的利用を画策する「右翼」の「神憑り的な天皇の権威を利用した国家体制維持論」や
否定的な利用を画策する「左翼」の「唯物論的存在認識に根ざす天皇不要論」に代表される理屈である。
しかし、これら「右翼」「左翼」の主張に見られる『天皇制』に対する認識は実は共に自らに資することを目的とするもっともらしい偽論である。

右翼も左翼もその本性は天皇の権威を肯定的(右翼)あるいは否定的(左翼)に利用する事により社会を混乱させ現体制の安定を破壊し
その混乱に乗じて自らの恣意的目的を達っせんとする極めて利己的なものであり、
その本質において全く同じ穴のムジナであることを胆にめいじていただきたい。

131 :憂国士(by教授):2007/03/05(月) 19:22:54 ID:cPczcYzI
★★★>>123
よくある思い違いの典型である。『国民の膨大な死』など『何千万という同胞を思想の違いで徹底的に虐殺する共産国の粛清』を見ても解るように
むしろ天皇のような安定した国家概念の依り代を持たない権力争いの頻発する国においてこそ起こり易い。

資源を持たない我が国が欧米列強対して主権を維持する必要性、列強のアジア殖民地政策に唯一対抗する日本をたたきつぶす必要性、
あるいはマルキストらが共産主義思想拡大をもくろむ謀略上『中国での共産党一党独裁を達成するために』日本を国民党と大規模に戦わせねばならない必要性、
これらの必要性を満たすため、結果として不可避となった先の大戦でも、不幸にして敗れはしたが、
もし天皇なかりせば日本は あれほど力強く勇猛にしかも世界一規律正しく戦えはしなかったのである。そして敗れて尚、社会主義に蝕まれる事なく現在の経済発展を
遂げる事もなかったのである。
なんとなれば、先の大戦においても天皇の存在は『軍の規律維持』『兵士の精神安定』などの
『行動とそれを行う心を律する精神の拠り所』として最も大きな役割を果たし、戦後は再び国民の団結力の機軸となった幾多の事実があるからである。

 その歴史において、如何なる国においても如何なる時代においても、外敵の侵略や政権争いの内乱に巻き込まれての『膨大な国民の死』を経験しない国は無い。国がその様な混乱に見舞われた時、
『平和ぼけの蒙昧の輩が不要・廃止を唱える天皇制』こそが国家混乱に際しては『国民の犠牲を最小限に抑え国民を破滅的な不幸から遠ざける、言わば世界一優れた安全装置』となるのである。

この事実をあらためて胆に銘じる必要がある。


132 :イランジン:2007/03/05(月) 20:43:45 ID:WFVaZ2lP
天皇陛下バンザイと叫ぶ連中は
べつに天皇を崇拝しているわけではなく
天皇の名のもとに、好き勝手に行動を起こすために
そうしているだけである。
つまり、天皇が単なる国家の一機関でなく
唯一絶対にして至高の権限を有する存在であるとするなら
その名を使うことにより、民主主義や議会制度の手続きをいっさい飛び越えて、
好き勝手に暴れまわれるからである。
明治維新を成し遂げた連中も太平洋戦争を招いた連中も
すべてこの手法を使った。
天皇陛下バンザイと叫ぶやつらは、だから危ないのだ。
ただのキチガイとおもって放置するべからず。
ただちに○すべし。

いざというときに
問答無用で権力を発動するために
天皇一家を温存しておく必要があるのだ


わかったか!!  クソ天皇信者!!


念押し。

133 :名無しさん@3周年:2007/03/05(月) 21:23:28 ID:wGhY3zIp
このスレ立てた奴、旧皇族?
早く死ねよー

134 :名無しさん@3周年:2007/03/05(月) 22:24:17 ID:VpyyK7t/
>>125
結局、「天皇」なるものは「社会主義」と同じく、為政者が国民を犠牲にして
奢侈を貪り責任を免れるための道具に過ぎないのだ。

135 :憂国士(by教授):2007/03/06(火) 06:18:17 ID:8PuzEo7S
>>132>>133>>134同一人物ならかなり思考の不自由なゆとり教育の犠牲者で、その思考力のなさは最早
如何ともしがたいレベルである。故にあまりに哀れで笑えない。別人ならまさに『類は友を呼ぶ』
と言うにふさわしい無智蒙昧トリオであり、これもまたあまりに不憫で笑えない。結局どちらも笑えない。

己の『お粗末極まりない見識』ゆえ生じた全くの誤りでしかない論を正しいと信じて唱え、しかし、それが実は
全くの誤り故に結局自滅していく蒙昧の哀れな末路の姿は、たとえ>>132>>133>>134の論述内容が周知の『お笑い草』であっても、
あまりに不憫で笑えないのである。


136 :憂国士(by教授):2007/03/06(火) 06:20:37 ID:8PuzEo7S
私が天皇の必要性を説くとすぐに『こいつは「右翼」である』とか『左翼的「天皇不要論者」を限定対象としたアンチテーゼである』といった捉え方をする方が多いが、
最初にその様な色眼鏡をかけてしまうことは私の『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨を把握する上で著しい障害となるので注意して戴きたい。

つまり、左翼でも右翼でもないニュートラルな日本人一般を対象とした一般的啓蒙を目的とする『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』というものがあるのである。

したがって、正確に申し上げれば、『天皇必要論(正確には皇室制度必要論)』の主旨は

狭義には『広く日本人の為の天皇必要論(正確には皇室制度必要論)を説かんとするもの』であり、
広義には『天皇を戴く国家形態が、日本人の恒久的安寧にとってのみならず、広く国家形態の恒久的維持存続と言う一般論の観点からも
《大統領制よりも数段進歩した優れた国家形態》である』という事に言及せんとするものなのである。

言うまでも無く、『天皇制』の《顕在的意義》は、『天皇制』の肯定的利用を画策する「右翼」の「神憑り的な天皇の権威を利用した国家体制維持論」や
否定的な利用を画策する「左翼」の「唯物論的存在認識に根ざす天皇不要論」に代表される理屈である。
しかし、これら「右翼」「左翼」の主張に見られる『天皇制』に対する認識は実は共に自らに資することを目的とするもっともらしい偽論である。

右翼も左翼もその本性は天皇の権威を肯定的(右翼)あるいは否定的(左翼)に利用する事により社会を混乱させ現体制の安定を破壊し
その混乱に乗じて自らの恣意的目的を達っせんとする極めて利己的なものであり、
その本質において全く同じ穴のムジナであることを胆にめいじていただきたい。


137 :イランジン:2007/03/06(火) 08:05:20 ID:DBZ8HF1h
 宇垣長官の言葉が終わったとき,昨夜の准士官が,
「質問があります」
と言って手を挙げた.
 長官は彼の方を見た.
「本日の攻撃において,爆弾を百パーセント命中させる自信があります.命中させた場合,生還してもよろしゅうございますか?」
彼が言い終えるや否や,長官は即座に大声で答えられた.
「まかりならぬ」
の言であった.
「かかれ」
の号令があって,彼は私のところに走り寄った.
「今聞いていただいたとおりです.あと二時間半の生命です.では,お先に」
と言い残して機上の人となった.



こんなんただの国家による殺人やんけ!!
命中弾を約束して生還できるパイロットって貴重な人材を消費するのは利敵行為だ!!

天皇陛下のために死んでくれ!  とかいわれたら、天皇が俺のために死んで欲しいとキッチリ言うな。


当然だね。

138 :名無しさん@3周年:2007/03/06(火) 16:58:45 ID:NlPqAD/+
憂国士という名の売国奴

139 :名無しさん@3周年:2007/03/06(火) 17:14:04 ID:Ix8zMJfG
>>138
宇垣って終戦の後に、しかも部下を道連れにして米軍に
特攻したんだよね。親は後々まで恨み骨髄だったという。
陸軍皇道派といい大西滝次郎といい、非合理なものへ
陶酔は、ホントに有害ではた迷惑や。そういうものを復活
させては絶対いかんで。

140 :名無しさん@3周年:2007/03/06(火) 17:36:12 ID:NlPqAD/+
>>139
あなたは宮崎学ですか?

141 :憂国士(by教授):2007/03/06(火) 18:11:23 ID:8PuzEo7S
>>137滑稽である。命令する者の真意、それを受ける者の武士道的精神、ましてや
戦争の本質など微塵も理解できないこの御仁の様な【自分可愛いの無知蒙昧】が命がけの重責など
望んでも任される事はないから安心したまえ。

まあ普段相手にされない分『重大任務を任される自分』を夢想してあれこれ考えてみたいのであろう事は
言っている事の蒙昧振りからも充分窺えるが、滑稽である。

戦争には平和時に考えると不合理とも思える混沌がつきものである。しかし、それを乗り越えて尚、愛する家族を
守り、愛する郷土を守り、天皇おわす美しき日本を忌々しき外敵の蹂躙から守る為には《我が命など惜しくない》
《死ぬ事は生きる事と見つけたり》と悟れる崇高な精神が不可欠である事も歴史の真実なのである。

所詮>>137>>139のごとき【自分可愛いの臆病者に】何をいっても馬耳東風・馬の耳に念仏である。





142 :【戦死で神】靖国かると≒イスラム原理主義【ジハード】:2007/03/06(火) 19:51:16 ID:9Rwxpxsl
そうそう。
いつも民草の竈の煙を心配される皇室が、
国民を無謀な戦に導かれた分けではない。
かると靖国以下、陛下の名を騙る蛆が問題。
統制派無能軍人東條以下、民族の伝統である天皇制をもって、
欧米的国家主義にかぶれ正当化せんとした罪は重い。

143 :名無しさん@3周年:2007/03/06(火) 19:55:21 ID:cQAwLQe+
天皇 上皇 法皇

144 :名無しさん@3周年:2007/03/06(火) 21:05:09 ID:7ykqSi3c
>>141
だからつまり、天皇というのは卑怯者が自分を権威付けするための道具だということだ。

145 :名無しさん@3周年:2007/03/06(火) 21:10:26 ID:P0VzNY6V
政治版南京スレで、中国人が議論相手をなんと「チョウセン人w」呼ばわり(失笑
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1171637256/867-

146 :憂国士(by教授):2007/03/07(水) 13:13:57 ID:kV7SZExe
権威付けに悪用する輩が跋扈する一方、>>144のごとく批判の為の偽論を捏造しておとしめ、
世界史上も最も進化し優れた国家体制を破壊し優位に立とうとする在日工作員そして
これらに与し、社会の混乱に乗じて『怠け者でも落ちこぼれでものうのうと暮らせる忌々しき亡国の社会主義という蒙昧な夢』を愚かにも夢想する
現体制下の『落ちこぼれ』『怠け者の負け犬』も跋扈する。

共に天皇を恣意的に利用せんとする忌々しき亡国の輩である。

天皇の真の存在意義は日本のみが到達しえた世界史上、最も進化し最も優れた国家体制の維持継続にこそある。

『国家の磐石なる安定に不可欠な国家概念の依り代』として人類史上最高の機能を1500年以上の長きにわたり果たしてこられた
天皇家こそ日本が世界に誇れる日本の伝統であり『天皇制(正しくは皇室制度)こそは』人類の達成しえた最も進化し優れた国家体制の究極のかたちなのである。

落ちこぼれの怠け者も胆に銘じる必要がある。それはあなたたちの為でもあるのだから。

147 :名無しさん@3周年:2007/03/07(水) 15:04:13 ID:gulC/tzx
天皇は邪魔
うざい

148 :イランジン:2007/03/07(水) 15:11:42 ID:uWnP+KeT
>>147
それで良いのです。

149 :憂国士(by教授):2007/03/07(水) 17:55:18 ID:kV7SZExe
>>147>>148の蒙昧やあわれ。
蒙昧の悲しさよ・・知識が無い為正しい判断が出来ないのでついつい自分の好き嫌い
だけで判断してしまう愚を繰り返し、結局自分で自分の首を締める結果となることに全く無自覚である。

さもなければ>>147>>148は共にわが国に巣食う亡国の忌々しき社会主義者あるいは在日工作員と断定できる。


150 :名無しさん@3周年:2007/03/07(水) 19:40:23 ID:3JlQybqf
★天皇は日本国そのものである★→大変理解できるよ
だからといって自民党には投票しないよ、それとこれとは別
安倍がアホ顔で愛国を叫んでるが
あいつの愛国心はどうも金の臭いがするんだよ
政治家が愛国心で有権者吊るってのは卑怯だね
何もせずそれだけ叫んでればいいんだからな
嘘発見器で合格した政治だけが
「愛国」を語ればよい
そう思わないか?


151 :名無しさん@3周年:2007/03/07(水) 22:37:06 ID:3N6m3mRe
天皇なる存在を介在させることによって、日本人が日本の内政について他人任せになる。
自分たちが何ら考えずとも、伝統の上に確固たる国家があるのだという幻想にとらわれ、
結局実務的なことをすべて利権で決められてそれを疑いもせず受け入れる。
現代の日本について、天皇など関係なく自分たちで決めていかねばならぬという
心構えを身に着けるべき。

152 :イランジン:2007/03/08(木) 00:57:17 ID:3RdYQT7F
>>151
その通りですね。  天皇制とはただの宗教のようなものでイミのないものと早く気づいてほしいものです。

153 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 01:14:20 ID:hT6/4H1P
× ★天皇は日本国そのものである★を理解できる英知

○ ★天皇教は日本に蔓延る捏造やインチキだらけのカルト宗教★を理解できる英知

154 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 01:16:02 ID:zUsfIvlx
あなたは在日同胞の恥です。
在日の名誉を傷つけました。
日本で在日が差別され尊敬されないのはあなたのような人がいるからですよ。
あなたは日本の地にはいないほうがいいです。
即刻半島に帰ってください。

155 :イランジン:2007/03/08(木) 01:36:12 ID:3RdYQT7F
在日と在日の親玉である天皇は日本から出て行ってほしいですね。

なんと言っても天皇家は朝鮮人の家系。

156 :憂国士(by教授):2007/03/08(木) 01:36:19 ID:ANrhftEE
>>147>>148の蒙昧や哀れ・・

思考力が不自由で知識も無い為、『好き嫌いでしか物事を判断できない』無知蒙昧の典型的反応であるが、
自分の言っている事が実は結局自分を不幸にする結末を招く愚かさに全く無自覚なていたらく(為体)は
実に哀れである。

さもなければ>>147>>148らは天皇制(正しくは皇室制度)批判の為の偽論を捏造しておとしめ、
世界史上も最も進化し優れた国家体制を破壊し優位に立とうとする在日工作員あるいは
これらに与し、社会の混乱に乗じて『怠け者でも落ちこぼれでものうのうと暮らせる忌々しき亡国の社会主義という蒙昧な夢』を愚かにも夢想する
現体制下の『落ちこぼれ』『怠け者の負け犬』以外の何物でもない。

157 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 01:41:54 ID:c9LxT2i7
右翼=落ちこぼれが正しいんじゃないですか?
少なくとも私の周りはそうだな。
ニートはほとんど右翼。

158 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 01:43:36 ID:/SE+vF9o
× ★天皇は日本国そのものである★を理解できる英知
○ ★天皇は日本国そのものである★と理解できる頓智

159 :憂国士(by教授):2007/03/08(木) 05:32:20 ID:ANrhftEE
>>157の左翼に言わせればそうなるし右翼に言わせれば逆になる。

つまりは右翼になる者も左翼になる者も共に現体制下で落ちこぼれ現状の安定した社会に不満を鬱積させ、
現国家体制の破壊を目論む『同じ穴のムジナ』亡国の輩に他ならない。

天皇に『擦り寄る者』『批判しおとしめんとする者』共に忌々しき亡国の輩である真実を
若い憂国士の諸君は肝に銘じていただきたい。

>>158は子供の単なる『言葉遊び』にもなっていない蒙昧文故すておく。
バカを相手にするのは時間の無駄であるが、日本語の間違いは正しておこう。

頓智とは「頓智を働かす」と言う様に、その場に応じて即座に出る知恵。機知。のことである。
何かを深く理解する知恵ではない。思考力のお粗末な蒙昧である事は文章を見ればわかるが、
まあ即座に出る機知を働かして大まかにでも理解できるのであれば、それも良かろう。
真実を全く理解できないよりはましというものである。

160 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 10:36:55 ID:EhgHjNA4
>>141
あんたは青年将校の生まれ変りか?陸軍でも海軍でも
、合理派・理性派をどんどん「臆病者」呼ばわりして
排除して、狂信的な奴が残った結果が惨めな敗戦なんだが。

161 :憂国士(by教授):2007/03/08(木) 14:14:09 ID:ANrhftEE
>>160合理派・理性派といえば聞こえは良いが、あれこれもっともらしい理屈を捏ねているうちに判断を誤り、また不可解な偶然も重なり
大敗したのがミッドウェイ海戦である。日本の敗戦をほぼ決定付けたこの大敗以降、日本の行く道は、
討って返してミッドウェイに勝る大勝利を成しその期に乗じて空かさずアメリカと有利に早期講和を結ぶ外交手腕を発揮するか
さもなければ『家族の為、国の為、命惜しまず勇猛果敢に戦えども敗れたり』の『誇るべき敗戦』によって日本人のもつ気高い精神性を全世界に知らしめ、
政治的手腕をもって民族の活路を見出すかのどちらかしか残されていなかった事実は、すでにかなりの良識人の知るところと成っている。

そして現実問題としてミッドウェイ以降、その圧倒的物量において優位に立つアメリカに勝利する力は既に日本にはなかった、即ち趨勢はその時既に決していたのである。

『日本の敗戦は精神主義の不合理が原因である』などと如何にも尤もらしい嘘をあっさり信じてしまう>>160のごとき蒙昧があとを絶たないが、
蒙昧ゆえの思考力不足で片付けてしまえばそれまでである。『無自覚な思考力不足・知識不足』が>>160に見られるような愚かな誤認の根本原因であるから
>>160の御仁もせいぜい己の見識の無さを自覚し自己研鑚に励まれるが良ろしかろう。

口先だけの賢しらなお粗末発言で恥をさらす愚を犯す前に、先ずは良識有る先人の啓蒙を受けられん事をお勧めする。



162 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 14:16:37 ID:hIRQRR1b
【芸能】小林武史とマイラバAkko離婚へ・・・11年の結婚生活にピリオド
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/jan/1014408477/


163 :名無しさん@3周年:2007/03/08(木) 15:28:33 ID:XRVnt8TF
最近インターネット上で異常に増えてきたネット右翼。とりわけここ2ちゃんに多い
「ウヨオタ」たち。彼らは愛国を叫び世の中を清潔にしたいと大声を出して訴えていますが、
実態はそうではない。彼らは巨大掲示板「2ちゃんねる」で、中国や韓国の誹謗中傷を
行い、そして隣国との断交まで叫ぶ始末。一言で言えば、彼らはただの「嫌韓国、嫌中国」思考を
持った若者に過ぎない。なぜこのような「ネット右翼」と呼ばれる、歪んだナショナリズムを持った
人間が生まれてきたのか?それはこの国の現状に問題があるからだ。今この国は、少数の勝ち組と
多くの負け組の存在する格差社会になりつつある。負け組になった若者たちは、自分に自信を失い
何かにすがろうとする。それが日本という “国” 。彼らは自分自身に、
「日本が強くなれば自分も強くなる」という自己暗示をかけ、得意のインターネットで
自分の思想をバラ撒こうとする。その結果2ちゃんねるは、「ネット右翼」が幅を利かせるように
なり、ネット右翼の運営するブログが数多く誕生した。彼らの行動は決して
自身のスキルアップにはつながらず、むしろ、彼らが活動をしている間に、
同世代の勝ち組は更に着々と自身のキャリアをアップさせているというわけ、
それ以上に、政府が進めている格差社会の拡大や、対米追随軍国化、などの政策遂行を
スムーズにするための、民主主義の破壊、言論思想統制など、危険な動きに自ら手を貸してしまう、
いわば犯罪行為にネット右翼は手を染めているといっても良い。
ネット右翼はまず、社会全体と自分の置かれている現状を客観的にしっかり把握すべきだ。
そして自分はもちろん、社会や家族、回りの人間のためになる活動をすべき。



164 :憂国士(by教授):2007/03/08(木) 23:38:47 ID:ANrhftEE
>>163 なかなかの観察眼である。しかし全く同じ事が左翼にも言える事実を忘れてはならない。

最近インターネット上では一頃よりすこし勢力を落としたネット右翼。とりわけここ2ちゃんに多かった
「サヨオタ」たち。彼らは『天皇制反対』を叫び世の中を社会主義の理屈に合うような清潔な国にしたいと大声を出して訴えていますが、
実態はそうではない。
彼らは巨大掲示板「2ちゃんねる」で、『中共や韓国ら戦勝国の威を借る狐』となって、あるいは『日本を外交的におとしめ優位に立たんとする在日工作員』として、
戦勝国が味をしめた『止めど無い賠償金たかりによる忌々しき日本封じ込めの謀略』の片棒担ぎを行い、そして日本軍によるありもしない所謂南京虐殺や従軍慰安婦の強制連行まであったと叫ぶ始末。

一言で言えば、彼らはただ『天皇の威を借る狐の右翼』と同じく『戦勝国の威を借る狐の左翼』として現状の安定を破戒し自らの恣意的な野望を遂げんとする亡国を企む輩に他ならない。

なぜこのような「亡国の左翼」と呼ばれる、時代遅れの蒙昧思想を持った人間がいまだに相当数この日本に跋扈する忌々しき事態を呈しているのか?それはこの国の現状に問題があるからだ。
今この国は、少数の勝ち組と多くの負け組の存在する格差社会になりつつある。負け組になった者たちは、自分に自信を失い 何かにすがろうとする。
それが戦勝国と言う金看板を持つ“隣国”。彼らは自分自身に『自分たちが落ちこぼれ取り付く島を無くしたの日本をこっぴどく痛めつけおとしめる力を持つと信じる戦勝国そしてそれらが標榜する共産主義・社会主義の力が強くなれば
自分も再び強くなれる』という切ない願望にも似た自己暗示をかけ、
得意のインターネットで 自分の思想をバラ撒こうとする。その結果2ちゃんねるは、一時「ネット左翼」が幅を利かせるようになり、ネット右翼の運営するブログが数多く誕生した。
彼らの行動は決して自身のスキルアップにはつながらず、むしろ、彼らが活動をしている間に、 同世代の勝ち組は更に着々と自身のキャリアをアップさせているというわけである。

>>165へつづく







165 :憂国士(by教授):2007/03/08(木) 23:41:41 ID:ANrhftEE
>>164からのつづき
それ以上に、中共が進めている壊滅的格差不満の矛先をかわす反日政策や、
ありもしない所謂南京虐殺・従軍慰安婦強制連行など対日プロパガンダを労しての更なる厚顔無恥な対日賠償要求、などの政策遂行を
スムーズにするための、日本をおとしめる中共の忌々しき謀略に自ら手を貸してしまう、
いわば亡国の売国行為に『ネット左翼』は手を染めているといっても良い。

『ネット左翼』はまず、社会全体と自分の置かれている現状を客観的にしっかり把握すべきだ。
そして自分はもちろん、社会や家族、回りの人間のためになる活動をすべき。



166 :憂国士(by教授):2007/03/09(金) 00:56:24 ID:XSJc/ElA
>>163 なかなかの観察眼である。しかし全く同じ事が左翼にも言える事実を忘れてはならない。

最近インターネット上では一頃よりすこし勢力を落とした『ネット左翼』とりわけここ2ちゃんに多かった
「サヨオタ」たち。彼らは『天皇制反対』を叫び世の中を社会主義の理屈に合うような清潔な国にしたいと大声を出して訴えていますが、
実態はそうではない。
彼らは巨大掲示板「2ちゃんねる」で、『中共や韓国ら戦勝国の威を借る狐』となって、あるいは『日本を外交的におとしめ優位に立たんとする在日工作員』として、
戦勝国が味をしめた『止めど無い賠償金たかりによる忌々しき日本封じ込めの謀略』の片棒担ぎを行い、そして日本軍によるありもしない所謂南京虐殺や従軍慰安婦の強制連行まであったと叫ぶ始末。

一言で言えば、彼らはただ『天皇の威を借る狐の右翼』と同じく『戦勝国の威を借る狐の左翼』として現状の安定を破戒し自らの恣意的な野望を遂げんとする亡国を企む輩に他ならない。

なぜこのような「亡国の左翼」と呼ばれる、時代遅れの蒙昧思想を持った人間がいまだに相当数この日本に跋扈する忌々しき事態を呈しているのか?それはこの国の現状に問題があるからだ。
今この国は、少数の勝ち組と多くの負け組の存在する格差社会になりつつある。負け組になった者たちは、自分に自信を失い 何かにすがろうとする。
それが戦勝国と言う金看板を持つ“隣国”。彼らは自分自身に『自分たちが落ちこぼれ取り付く島を無くしたの日本をこっぴどく痛めつけおとしめる力を持つと信じる戦勝国そしてそれらが標榜する共産主義・社会主義の力が強くなれば
自分も再び強くなれる』という切ない願望にも似た自己暗示をかけ、
得意のインターネットで 自分の思想をバラ撒こうとする。その結果2ちゃんねるは、一時「ネット左翼」が幅を利かせるようになり、ネット右翼の運営するブログが数多く誕生した。
彼らの行動は決して自身のスキルアップにはつながらず、むしろ、彼らが活動をしている間に、 同世代の勝ち組は更に着々と自身のキャリアをアップさせているというわけである。

>>165へつづく


167 :憂国士(by教授):2007/03/09(金) 00:57:37 ID:XSJc/ElA
>>166からのつづき
それ以上に、中共が進めている壊滅的格差不満の矛先をかわす反日政策や、
ありもしない所謂南京虐殺・従軍慰安婦強制連行など対日プロパガンダを労しての更なる厚顔無恥な対日賠償要求、などの政策遂行を
スムーズにするための、日本をおとしめる中共の忌々しき謀略に自ら手を貸してしまう、
いわば亡国の売国行為に『ネット左翼』は手を染めているといっても良い。

『ネット左翼』はまず、社会全体と自分の置かれている現状を客観的にしっかり把握すべきだ。
そして自分はもちろん、社会や家族、回りの人間のためになる活動をすべき。


168 :憂国士(by教授):2007/03/09(金) 01:01:13 ID:XSJc/ElA
>>163 なかなかの観察眼である。しかし全く同じ事が左翼にも言える事実を忘れてはならない。

最近インターネット上では一頃よりすこし勢力を落としたネット右翼。とりわけここ2ちゃんに多かった
「サヨオタ」たち。彼らは『天皇制反対』を叫び世の中を社会主義の理屈に合うような清潔な国にしたいと大声を出して訴えていますが、
実態はそうではない。
彼らは巨大掲示板「2ちゃんねる」で、『中共や韓国ら戦勝国の威を借る狐』となって、あるいは『日本を外交的におとしめ優位に立たんとする在日工作員』として、
戦勝国が味をしめた『止めど無い賠償金たかりによる忌々しき日本封じ込めの謀略』の片棒担ぎを行い、そして日本軍によるありもしない所謂南京虐殺や従軍慰安婦の強制連行まであったと叫ぶ始末。

一言で言えば、彼らはただ『天皇の威を借る狐の右翼』と同じく『戦勝国の威を借る狐の左翼』として現状の安定を破戒し自らの恣意的な野望を遂げんとする亡国を企む輩に他ならない。

なぜこのような「亡国の左翼」と呼ばれる、時代遅れの蒙昧思想を持った人間がいまだに相当数この日本に跋扈する忌々しき事態を呈しているのか?それはこの国の現状に問題があるからだ。
今この国は、少数の勝ち組と多くの負け組の存在する格差社会になりつつある。負け組になった者たちは、自分に自信を失い 何かにすがろうとする。
それが戦勝国と言う金看板を持つ“隣国”。彼らは自分自身に『自分たちが落ちこぼれ取り付く島を無くしたの日本をこっぴどく痛めつけおとしめる力を持つと信じる戦勝国そしてそれらが標榜する共産主義・社会主義の力が強くなれば
自分も再び強くなれる』という切ない願望にも似た自己暗示をかけ、
得意のインターネットで 自分の思想をバラ撒こうとする。その結果2ちゃんねるは、一時「ネット左翼」が幅を利かせるようになり、ネット左翼の運営するブログが数多く誕生した。
彼らの行動は決して自身のスキルアップにはつながらず、むしろ、彼らが活動をしている間に、 同世代の勝ち組は更に着々と自身のキャリアをアップさせているというわけである。

>>168へつづく


169 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 01:10:34 ID:UWiEbRJ6
>>168
右翼のくせして教授でもないのに教授か?


170 :憂国士(by教授):2007/03/09(金) 01:33:17 ID:XSJc/ElA
>>163 なかなかの観察眼である。しかし全く同じ事が左翼にも言える事実を忘れてはならない。

最近インターネット上では一頃よりすこし勢力を落とした『ネット左翼』、とりわけここ2ちゃんに多かった
「サヨオタ」たち。彼らは『天皇制反対』を叫び世の中を社会主義の理屈に合うような清潔な国にしたいと大声を出して訴えていますが、
実態はそうではない。
彼らは巨大掲示板「2ちゃんねる」で、『中共や韓国ら戦勝国の威を借る狐』となって、あるいは『日本を外交的におとしめ優位に立たんとする在日工作員』として、
戦勝国が味をしめた『止めど無い賠償金たかりによる忌々しき日本封じ込めの謀略』の片棒担ぎを行い、そして日本軍によるありもしない所謂南京虐殺や従軍慰安婦の強制連行まであったと叫ぶ始末。

一言で言えば、彼らはただ『天皇の威を借る狐の右翼』と同じく『戦勝国の威を借る狐の左翼』として現状の安定を破戒し自らの恣意的な野望を遂げんとする亡国を企む輩に他ならない。

>>171へ続く

171 :憂国士(by教授):2007/03/09(金) 01:38:27 ID:XSJc/ElA
>>170からの続き
なぜこのような「亡国の左翼」と呼ばれる、時代遅れの蒙昧思想を持った人間がいまだに相当数この日本に跋扈する忌々しき事態を呈しているのか?それはこの国の正常化の波にどうしても乗れない社会主義の悪平等に身体も心も鈍ってしまった怠け者が数多く居るからである。
今この国は、努力し頑張る者がその努力にふさわしい公正な評価と報酬を得る事のできる正常な人間社会に戻ろうとしている。社会の正常化に向けたこの巻き戻しについて行けず負け組になった者たちは、現状を恨み拗ね、心までも鬱屈し腐らせ相手構わずすがろうとする。
それが戦勝国と言う金看板を持つ“隣国”。彼らは自分自身に『自分たちが落ちこぼれ、取り付く島を無くした日本』をこっぴどく痛めつけおとしめる力を持つと信じる戦勝国そしてそれらが標榜する共産主義・社会主義の力が強くなれば
自分も再び強くなれる』という切ない願望にも似た自己暗示をかけ、
得意のインターネットで 自分の思想をバラ撒こうとする。その結果2ちゃんねるは、一時『ネット左翼』が幅を利かせるようになり、『ネット左翼』の運営するブログが数多く誕生し今も巣食っているのである。
彼らの行動は決して自身のスキルアップにはつながらず、むしろ、彼らが活動をしている間に、 同世代の勝ち組は更に着々と自身のキャリアをアップさせているというわけである。

それ以上に、中共が進めている壊滅的格差不満の矛先をかわす反日政策や、
ありもしない所謂南京虐殺・従軍慰安婦強制連行など対日プロパガンダを労しての更なる厚顔無恥な対日賠償要求、などの政策遂行を
スムーズにするための、日本をおとしめる中共の忌々しき謀略に自ら手を貸してしまう、
いわば亡国の売国行為に『ネット左翼』は手を染めているといっても良い。

『ネット左翼』はまず、社会全体と自分の置かれている現状を客観的にしっかり把握すべきである。
そして自分はもちろん、社会や家族、回りの人間のためになる活動をすべきであると忠告しておく。

172 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 01:47:57 ID:UWiEbRJ6
    ノ>―''ヽ;;;;l|;;;|彡ノノイl|;;|;;;;l;;;;;|;;;;/从;;;;)从从之
    之三;;彡;;;、l|;;|;;;lイ/从ノ;八;|llYイノイ/;;从从ニ<
    /イ/t=;;;;;ミィ;;;;;;;;;;;`ミ;;人ィ''彡二二ミ゙'、j;;jj;;ュ;;;、)
    ((/;;|lヽ;;|、'''ィ,t;;ッ=、;;;j人;;;ィ:;ミッ;ラニ' イ;;;/ l|;;lト
     ゙之;;;'、l|;;゙, ::、` ̄´´":|"ン:::::::::'''イ:.. リ;イ),r';;之ー
     {彡;;;ヽ;;;',::::::...   ::::|: リ::::  ゙  イ;/ノ;;;;゙l|   右翼ども!
      ゙|/;;;;;;;|゙:',:::::: : : ::; 、j_, -、:::    イ;|゙/;;;l从   お前は
      ノノ;;;;;;|:l|:', :::: : :::`゙'ー '´"    ,':::l|/;从`' 、 もう死んでいる
  ,, 、-ーz''"イリ|l|::|l:'、 : ::::::: ,;}、     / :: ゙l、从l|',::ヽ
''" ,、 '":/   /|::}}:::ヽ ::::::r'二゙゙'ヽ   , '::: :: ::l|彡 ',从
 /イ::/:: ::::/::l| }}:::::ヽ :::::..'""''   , ':::::: :: ::}::l|彡::: ll||
/"://::/ ::::ll/::::l| :}} : :::ヽ ::::.ヽ   /::::::::"} }:::|彡 ::: |||
ノ//::/ : ::::ミ/:::::リ :}}  ::`---- '´ :::::" } 

173 :「坊ちゃんナショナリズム」 斎藤 学(精神科医)::2007/03/09(金) 01:50:56 ID:UWiEbRJ6
 診察室という穴蔵から見ていても、最近、ニート、フリー夕ーなどと呼ばれる
オヤジ青年(団塊ジュニア)たちの間に漂うナショナリズムみたいなものに
ぞっとさせられる。

 ある三十歳の青年は千葉県から靖国神社まで徒歩で往復し、軍人だった
母方祖父の軍服などの遺品をあがめ、父母の市民的生活を批判している。 
別の三十代前半オヤジの愛読書は『我が闘争』。 旧日本軍の制服を集めたり
モデルガン(エアガン?)を買ったりして同好の士と戦争ゴッコをしている。
 二人とも韓国と中国が大嫌いだ。 彼ら二人は、親たちが困惑して私のところヘ
相談にきているのだが、この連中と自らを対人恐怖者と自己診断して治療に
やってくるような自己探索青年たちとは違う。 「政治オタク」系ニートはせっせと
投票にも行く。
 もっと好きなのはサッカーの応援なので(決してプレーヤーにはならない)、
ワールドカップの乗りで「ニッポン、ニッポン」とやっているのかも知れない。
当然、自民党、特に小泉派の支持者である。 貧乏人のくせにホリエモンが好きだ。
 衆院選で小泉氏が大勝利をおさめたことについては、こういう人々の支持を
集めたというところがあるのではないか。 こうした「坊ちゃんナショナリズム」の
潮流をなめない方がいい。 国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)も登場当時は
変わり者の貧乏人集団だった。 
                【東京新聞 2006.1.11】

174 :憂国士(by教授):2007/03/09(金) 01:54:14 ID:XSJc/ElA
>>163 なかなかの観察眼である。しかし全く同じ事が左翼にも言える事実を忘れてはならない。

最近インターネット上では一頃よりすこし勢力を落とした『ネット左翼』、とりわけここ2ちゃんに多かった
「サヨオタ」たち。彼らは『天皇制反対』を叫び世の中を社会主義の理屈に合うような清潔な国にしたいと大声を出して訴えていますが、
実態はそうではない。
彼らは巨大掲示板「2ちゃんねる」で、『中共や韓国ら戦勝国の威を借る狐』となって、あるいは『日本を外交的におとしめ優位に立たんとする在日工作員』として、
戦勝国が味をしめた『止めど無い賠償金たかりによる忌々しき日本封じ込めの謀略』の片棒担ぎを行い、そして日本軍によるありもしない所謂南京虐殺や従軍慰安婦の強制連行まであったと叫ぶ始末。

一言で言えば、彼らはただ『天皇の威を借る狐の右翼』と同じく『戦勝国の威を借る狐の左翼』として現状の安定を破壊し自らの恣意的な野望を遂げんとする亡国の輩に他ならない。

>>175へ続く



175 :憂国士(by教授):2007/03/09(金) 01:54:52 ID:XSJc/ElA
>>174からの続き
 なぜこのような「亡国の左翼」と呼ばれる、時代遅れの蒙昧思想を持った人間がいまだに相当数この日本に跋扈する忌々しき事態を呈しているのか?それはこの国の正常化の波にどうしても乗れない社会主義の悪平等に身体も心も鈍ってしまった怠け者が数多く居るからである。
今この国は、努力し頑張る者がその努力にふさわしい公正な評価と報酬を得る事のできる正常な人間社会に戻ろうとしている。社会の正常化に向けたこの巻き戻しについて行けず負け組になった者たちは、現状を恨み拗ね、心までも鬱屈し腐らせ相手構わずすがろうとする。
それが戦勝国と言う金看板を持つ“隣国”。彼らは自分自身に『自分たちが落ちこぼれ、取り付く島を無くした日本』をこっぴどく痛めつけおとしめる力を持つと信じる戦勝国そしてそれらが標榜する共産主義・社会主義の力が強くなれば
自分も再び強くなれる』という切ない願望にも似た自己暗示をかけ、
得意のインターネットで 自分の思想をバラ撒こうとする。その結果2ちゃんねるは、一時『ネット左翼』が幅を利かせるようになり、『ネット左翼』の運営するブログが数多く誕生し今も巣食っているのである。
彼らの行動は決して自身のスキルアップにはつながらず、むしろ、彼らが活動をしている間に、 同世代の忍耐力有る努力家たちは更に着々と自身のキャリアをアップさせているというわけである。

それ以上に、中共が進めている壊滅的格差不満の矛先をかわす反日政策や、
ありもしない所謂南京虐殺・従軍慰安婦強制連行など対日プロパガンダを労しての更なる厚顔無恥な対日賠償要求、などの政策遂行を
スムーズにするための、日本をおとしめる中共の忌々しき謀略に自ら手を貸してしまう、
いわば亡国の売国行為に『ネット左翼』は手を染めているといっても良い。

『ネット左翼』はまず、社会全体と自分の置かれている現状を客観的にしっかり把握すべきである。
そして自分はもちろん、社会や家族、回りの人間のためになる活動をすべきであると忠告しておく。


176 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 02:04:54 ID:4zQMkee0
在日がみんなで時間決めて、一斉に嘗糞したらどうだろう?
世界中に向けて、とにかく嘗糞する、嘗糞する。ただひたすら嘗糞する。
ネットで、新聞で、テレビで、嘗糞しまくる。在日全員で徹底的に嘗糞する。
国とは関係なく、在日が自主的に嘗糞。日を決めて、一斉に嘗糞する。
チョンの総意で嘗糞する。どうだろうか?


177 :イランジン:2007/03/09(金) 18:16:36 ID:Z3e0ATkR
かわいそうやし、誰かヒマなやつ、憂国士のレス読んでやれよ!

178 :憂国士(by教授):2007/03/10(土) 03:49:18 ID:sD+rmptf
>>163 なかなかの観察眼である。しかし全く同じ事が左翼にも言える事実を忘れてはならない。

最近インターネット上では一頃よりすこし勢力を落とした『ネット左翼』、とりわけここ2ちゃんに多かった
「サヨオタ」たち。彼らは『天皇制反対』を叫び世の中を社会主義の理屈に合うような清潔な国にしたいと大声を出して訴えていますが、
実態はそうではない。
彼らは巨大掲示板「2ちゃんねる」で、『中共や韓国ら戦勝国の威を借る狐』となって、あるいは『日本を外交的におとしめ優位に立たんとする在日工作員』として、
戦勝国が味をしめた『止めど無い賠償金たかりによる忌々しき日本封じ込めの謀略』の片棒担ぎを行い、そして日本軍によるありもしない所謂南京虐殺や従軍慰安婦の強制連行まであったと叫ぶ始末。

一言で言えば、彼らはただ『天皇の威を借る狐の右翼』と同じく『戦勝国の威を借る狐の左翼』として現状の安定を破壊し自らの恣意的な野望を遂げんとする亡国の輩に他ならない。

>>179へ続く


179 :憂国士(by教授):2007/03/10(土) 03:50:07 ID:sD+rmptf
>>178からの続き
 なぜこのような「亡国の左翼」と呼ばれる、時代遅れの蒙昧思想を持った人間がいまだに相当数この日本に跋扈する忌々しき事態を呈しているのか?それはこの国の正常化の波にどうしても乗れない社会主義の悪平等に身体も心も鈍ってしまった怠け者が数多く居るからである。
今この国は、努力し頑張る者がその努力にふさわしい公正な評価と報酬を得る事のできる正常な人間社会に戻ろうとしている。社会の正常化に向けたこの巻き戻しについて行けず負け組になった者たちは、現状を恨み拗ね、心までも鬱屈し腐らせ相手構わずすがろうとする。
それが戦勝国と言う金看板を持つ“隣国”。彼らは自分自身に『自分たちが落ちこぼれ、取り付く島を無くした日本』をこっぴどく痛めつけおとしめる力を持つと信じる戦勝国そしてそれらが標榜する共産主義・社会主義の力が強くなれば
自分も再び強くなれる』という切ない願望にも似た自己暗示をかけ、
得意のインターネットで 自分の思想をバラ撒こうとする。その結果2ちゃんねるは、一時『ネット左翼』が幅を利かせるようになり、『ネット左翼』の運営するブログが数多く誕生し今も巣食っているのである。
彼らの行動は決して自身のスキルアップにはつながらず、むしろ、彼らが活動をしている間に、 同世代の忍耐力有る努力家たちは更に着々と自身のキャリアをアップさせているというわけである。

それ以上に、中共が進めている壊滅的格差不満の矛先をかわす反日政策や、
ありもしない所謂南京虐殺・従軍慰安婦強制連行など対日プロパガンダを労しての更なる厚顔無恥な対日賠償要求、などの政策遂行を
スムーズにするための、日本をおとしめる中共の忌々しき謀略に自ら手を貸してしまう、
いわば亡国の売国行為に『ネット左翼』は手を染めているといっても良い。

『ネット左翼』はまず、社会全体と自分の置かれている現状を客観的にしっかり把握すべきである。
そして自分はもちろん、社会や家族、回りの人間のためになる活動をすべきであると忠告しておく。

180 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 04:01:15 ID:qy8Tom6d
天コロ珍者の妄想全開スレw

181 :名無しさん@3周年:2007/03/10(土) 05:45:15 ID:rnyH823H
ネットウヨの妄想で書き込みした長文は何も読んでやる気はしない。

ネットオナニーが好きだよなぁ、右翼は。


182 :イランジン:2007/03/10(土) 07:34:34 ID:19QzVAFv
ヒマなやっちゃのーwww

天皇イラネ

183 :憂国士(by教授):2007/03/11(日) 09:03:35 ID:ArjY+ZbW
>>163 なかなかの観察眼である。しかし全く同じ事が左翼にも言える事実を忘れてはならない。

最近インターネット上では一頃よりすこし勢力を落とした『ネット左翼』、とりわけここ2ちゃんに多かった
「サヨオタ」たち。彼らは『天皇制反対』を叫び世の中を社会主義の理屈に合うような清潔な国にしたいと大声を出して訴えていますが、
実態はそうではない。
彼らは巨大掲示板「2ちゃんねる」で、『中共や韓国ら戦勝国の威を借る狐』となって、あるいは『日本を外交的におとしめ優位に立たんとする在日工作員』として、
戦勝国が味をしめた『止めど無い賠償金たかりによる忌々しき日本封じ込めの謀略』の片棒担ぎを行い、そして日本軍によるありもしない所謂南京虐殺や従軍慰安婦の強制連行まであったと叫ぶ始末。

一言で言えば、彼らはただ『天皇の威を借る狐の右翼』と同じく『戦勝国の威を借る狐の左翼』として現状の安定を破壊し自らの恣意的な野望を遂げんとする亡国の輩に他ならない。

>>184へ続く

184 :憂国士(by教授):2007/03/11(日) 09:04:59 ID:ArjY+ZbW
>>183からの続き
 なぜこのような「亡国の左翼」と呼ばれる、時代遅れの蒙昧思想を持った人間がいまだに相当数この日本に跋扈する忌々しき事態を呈しているのか?それはこの国の正常化の波にどうしても乗れない社会主義の悪平等に身体も心も鈍ってしまった怠け者が数多く居るからである。
今この国は、努力し頑張る者がその努力にふさわしい公正な評価と報酬を得る事のできる正常な人間社会に戻ろうとしている。社会の正常化に向けたこの巻き戻しについて行けず負け組になった者たちは、現状を恨み拗ね、心までも鬱屈し腐らせ相手構わずすがろうとする。
それが戦勝国と言う金看板を持つ“隣国”。彼らは自分自身に『自分たちが落ちこぼれ、取り付く島を無くした日本』をこっぴどく痛めつけおとしめる力を持つと信じる戦勝国そしてそれらが標榜する共産主義・社会主義の力が強くなれば
自分も再び強くなれる』という切ない願望にも似た自己暗示をかけ、
得意のインターネットで 自分の思想をバラ撒こうとする。その結果2ちゃんねるは、一時『ネット左翼』が幅を利かせるようになり、『ネット左翼』の運営するブログが数多く誕生し今も巣食っているのである。
彼らの行動は決して自身のスキルアップにはつながらず、むしろ、彼らが活動をしている間に、 同世代の忍耐力有る努力家たちは更に着々と自身のキャリアをアップさせているというわけである。

それ以上に、中共が進めている壊滅的格差不満の矛先をかわす反日政策や、
ありもしない所謂南京虐殺・従軍慰安婦強制連行など対日プロパガンダを労しての更なる厚顔無恥な対日賠償要求、などの政策遂行を
スムーズにするための、日本をおとしめる中共の忌々しき謀略に自ら手を貸してしまう、
いわば亡国の売国行為に『ネット左翼』は手を染めているといっても良い。

『ネット左翼』はまず、社会全体と自分の置かれている現状を客観的にしっかり把握すべきである。
そして自分はもちろん、社会や家族、回りの人間のためになる活動をすべきであると忠告しておく。


185 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 09:24:32 ID:ReR39z8p

武力で日本を侵略した朝鮮人が1500年間も嘘で日本人を騙し続けて来た天皇制の歴史。
日本の神話は全て盗作。
ギリシャ神話のパクリで構成されている。
聖徳太子が馬屋で産まれたと言うのは聖書のパクリ。
モーゼの出エジプトのパクリまである。
チョン公は昔から盗みを得意としていたのだ。
日本の歴史の恥部だ。
昔は公地公民といって、土地、人民は天皇の物として、重税を課し、
日本国民の財産を略奪していた。
朝鮮人は日本に人殺しと盗みの文化を持ち込んだ。
つい最近まで、国民は臣民と言われ、天皇の下僕同然であった。
マッカーサーの押し付けで、処刑を免れ、ただの飾りとなった今でも、
天皇は国家元首で、日本の君主で、国民の代表内閣総理大臣は天皇の家臣で、
国民は臣民だなどと言ってる者がいる。
民主主義を否定するこの様な危険思想が蔓延しない内に、
災いの種は取り除いておいた方が良い。
俗に大正デモクラシーなどと言うが、その後日本がどうなったか。
今はまさに平成デモクラシーだ。
二度と日本の自由と民主主義を侵さないように我々の時代に反民主的天皇制は廃棄しましょう。


186 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 09:40:25 ID:uEPR1EdY
★天皇は日本国そのものである★を理解できる英知、などというスレが政治板にあるのが理解出来ない常識的英知

187 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 09:41:59 ID:j/JRRrE/
>>185
キリストなんて死海文書などのパクリだろ。



188 :憂国士(by教授):2007/03/11(日) 09:42:16 ID:ArjY+ZbW
>>185の蒙昧や哀れ・・

思考力が不自由で知識も無い為、『好き嫌いでしか物事を判断できない』無知蒙昧の典型的反応であるが、
自分の言っている事が実は結局自分を不幸にする結末を招く愚かさに全く無自覚なていたらく(為体)は
実に哀れである。

さもなければ>>147>>148らは天皇制(正しくは皇室制度)批判の為の偽論を捏造しておとしめ、
世界史上も最も進化し優れた国家体制を破壊し優位に立とうとする在日工作員あるいは
これらに与し、社会の混乱に乗じて『怠け者でも落ちこぼれでものうのうと暮らせる忌々しき亡国の社会主義という蒙昧な夢』を愚かにも夢想する
現体制下の『落ちこぼれ』『怠け者の負け犬』以外の何物でもない。




189 :憂国士(by教授):2007/03/11(日) 09:44:03 ID:ArjY+ZbW
>>185の蒙昧や哀れ・・

思考力が不自由で知識も無い為、『好き嫌いでしか物事を判断できない』無知蒙昧の典型的反応であるが、
自分の言っている事が実は結局自分を不幸にする結末を招く愚かさに全く無自覚なていたらく(為体)は
実に哀れである。

さもなければ>>185>>147>>148らは天皇制(正しくは皇室制度)批判の為の偽論を捏造しておとしめ、
世界史上も最も進化し優れた国家体制を破壊し優位に立とうとする在日工作員あるいは
これらに与し、社会の混乱に乗じて『怠け者でも落ちこぼれでものうのうと暮らせる忌々しき亡国の社会主義という蒙昧な夢』を愚かにも夢想する
現体制下の『落ちこぼれ』『怠け者の負け犬』以外の何物でもない。



190 :憂国士(by教授):2007/03/11(日) 09:54:00 ID:ArjY+ZbW
>>185の蒙昧や哀れ・・ 事実誤認も甚だしい蒙昧文の典型である

思考力が不自由で知識も無い為、『好き嫌いで都合良く事実の断片を恣意的にアレンジしてしか物事を判断できない』無知蒙昧・在日工作員の典型的反応であるが、
仮に、日本人とせば、自分の言っている事が実は結局自分を不幸にする結末を招く愚かさに全く無自覚なていたらく(為体)は
実に哀れである。

さもなければ>>185>>147>>148らは天皇制(正しくは皇室制度)批判の為の偽論を捏造しておとしめ、
世界史上も最も進化し優れた国家体制を破壊し優位に立とうとする在日工作員あるいは
これらに与し、社会の混乱に乗じて『怠け者でも落ちこぼれでものうのうと暮らせる忌々しき亡国の社会主義という蒙昧な夢』を愚かにも夢想する
現体制下の『落ちこぼれ』『怠け者の負け犬』以外の何物でもない。


191 :イランジン:2007/03/11(日) 09:54:26 ID:m/MBExPr
天皇は国家元首で、日本の君主で、国民の代表内閣総理大臣は天皇の家臣で、
国民は臣民だなどと言ってる者がいる。
民主主義を否定するこの様な危険思想が蔓延しない内に、
災いの種は取り除いておいた方が良い。



その通りですね。   アタマの悪い連中は自分で考えないから。

192 :憂国士(by教授):2007/03/11(日) 09:57:12 ID:ArjY+ZbW

私がここで最も言わんとすることは、ほとんどの日本人がいまだ明確につかみきれていない『天皇制』の左翼主張でも右翼主張でもない中庸なる『潜在的な意義=概念の形代としての意義』についてであり、
それを理解する為には『依り代=概念の貼り付け先』の理解が不可欠なのである。

以下に中庸なる(的を射た正しい)天皇必要論(正確には皇室制度必要論)を提示しておくので参考にしていただきたい。

【天皇制(正しくは皇室制度)は古来からの『国家概念の依り代』としての優れた機能に加えて、
戦後『権力』と完全に分離し『象徴性(正しくは依り代性)』と『権力』とが高度に分離した国家形態を獲得現出するに至って人類史上類最も進化した国家形態となった。
この『象徴性(正しくは依り代性)』と『権力』とが高度に分離した人類史上最も進化した国家形態を獲得した日本国の『依り代(象徴)』として、
天皇とはきわめて進化し優れた『国家概念の依り代』なのである。したがって、天皇を否定する事は
日本が『国家概念の依り代』を失うことである。『依り代』即ち貼り付け先を失った概念は時がたてば消滅してしまう。日本と言う国家概念はそのまま時と共に消滅してしまうのである。
天皇なかりせば日本国の安定的存立は極めて危うい物となるのである】

193 :憂国士(by教授):2007/03/11(日) 10:00:11 ID:ArjY+ZbW
>>191>>185の蒙昧や哀れ・・ 事実誤認も甚だしい蒙昧文の典型である

思考力が不自由で知識も無い為、『好き嫌いで都合良く事実の断片を恣意的にアレンジしてしか物事を判断できない』無知蒙昧・在日工作員の典型的反応であるが、
仮に、日本人とせば、自分の言っている事が実は結局自分を不幸にする結末を招く愚かさに全く無自覚なていたらく(為体)は
実に哀れである。

さもなければ>>191>>185>>147>>148らは天皇制(正しくは皇室制度)批判の為の偽論を捏造しておとしめ、
世界史上も最も進化し優れた国家体制を破壊し優位に立とうとする在日工作員あるいは
これらに与し、社会の混乱に乗じて『怠け者でも落ちこぼれでものうのうと暮らせる忌々しき亡国の社会主義という蒙昧な夢』を愚かにも夢想する
現体制下の『落ちこぼれ』『怠け者の負け犬』以外の何物でもない。


194 :憂国士(by教授):2007/03/11(日) 10:12:04 ID:ArjY+ZbW
権威付けに悪用する輩が跋扈する一方、>>191>>185>>147>>148らのごとく批判の為の偽論を捏造しておとしめ、
世界史上も最も進化し優れた国家体制を破壊し優位に立とうとする在日工作員そして
これらに与し、社会の混乱に乗じて『怠け者でも落ちこぼれでものうのうと暮らせる忌々しき亡国の社会主義という蒙昧な夢』を愚かにも夢想する
現体制下の『落ちこぼれ』『怠け者の負け犬』も跋扈する。

共に天皇を恣意的に利用せんとする忌々しき亡国の輩である。

天皇の真の存在意義は日本のみが到達しえた世界史上、最も進化し最も優れた国家体制の維持継続にこそある。

『国家の磐石なる安定に不可欠な国家概念の依り代』として人類史上最高の機能を1500年以上の長きにわたり果たしてこられた
天皇家こそ日本が世界に誇れる日本の伝統であり『天皇制(正しくは皇室制度)こそは』人類の達成しえた最も進化し優れた国家体制の究極のかたちなのである。

落ちこぼれの怠け者も胆に銘じる必要がある。それはあなたたちの為でもあるのだから。


195 :三島由紀夫:2007/03/11(日) 10:21:13 ID:c297hnpE
日本の国家とは、神武天皇が御即位されてから668年長い歴史と伝統、文化を誇る単一民族によって形成される国家です!

196 :イランジン:2007/03/11(日) 10:33:58 ID:m/MBExPr
              __/   |  |   | / / 入
              |  |  }⊥ ┴‐┴┴く 〃 \
            厂 \>'´::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.`ヽ、/ L
          ノ \/::::::::::::::::.:.:.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.: : :\/ ヽ
         / ト=ッ:::::::::::::::::.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.: : : : ヾ二ハ
          /:::|L〃::::||::|:::::|::::/|/::l::::::/:::/::/:::::/:::.:.: ヾV::ヽ
        /::::::::::::::::::::||:j|::/|:ナト!:::l::::/::/:::/::::/メ、::: ::: ヾ:::::!
        |::::.:.:.:.:|::::::::||:!|リ |/ !| |::/:/:::〃::///イィ:::::|.:.:|::::::l
        |:::.:.:.:.:.|:::::::| , ==ミ ヽl|/ル' //∠〃/ィ::::l::::|::::::::l
        |::::.:.:.r1:::::::| !/:::::::ヽ !  !    /r─、ヾi T:::l::::|:::::l|::!
         .!::::::::{ !::::::| ┴─┴       ⊥;;;:::j  /:::|::::|:::::||::|
        l::::::::ヽ|::::l::l /////'''     '''////// /ル'::::jl:::::ハ::| きんもーっ☆
          ヽ::::::::ヾミヽ'、        }    U /イ:::::/jj::/ }::}
       r冖ヽ;:::::::::::::ヽ \    __      /:::::::::/〃j/ |/ なんか、だれも読んでないのにツラツラと。
    ┌=ン⌒ヽ厂ヽ:::::::\   `ー ‐'   ///:::::// 〃 /
     { /:::::::::::::::::ヽハ/ \ヽ、    , '"::::////     憂国士ってキモウヨ。
     /:::::::::::::::::::::/  |    ヽ `ー'"/⌒"  〃
    /:::::::::::::::::::(    ト、   ヽ  /〉           一人がお似合いねww
    /::::::::::::::::::::::::`ー、 ̄)ヽ::\\∨∧___




197 :憂国士(by教授):2007/03/11(日) 11:55:15 ID:ArjY+ZbW
実は読んでいるのが手にとる様にわかるが、読んでも反論が思いつかない蒙昧振りが
滲み出ていて滑稽である。

まあ、お粗末な思考力の蒙昧にはせいぜい愉快なイラストくらいがお似合いであろう。

分相応に参加いただければ幸甚である。

198 :イランジン:2007/03/11(日) 12:17:54 ID:m/MBExPr
天皇差し出すから国土はあるていどのこして!って言ったほうがイイね。

ソ連参戦前にキャイーーーーンしてたら千島、樺太、アリューシャンは日本のまんまだったかも。

大空襲や原爆もなくて沢山の市民は助かっただろうしね。


まあ、天皇なんかの首一つと女子供を含む沢山の国民の命と比べたら答え出てるよな!

199 :憂国士(by教授):2007/03/11(日) 12:32:54 ID:ArjY+ZbW
天皇のおかげで女子供を含む沢山の国民の命が守られた事実も知らずに
蒙昧ぶりをさらし続ける>>198、あるいは亡国の偽論を捏造する在日工作員>>198
に類する輩が散見されるが、実にお粗末きわまりない。

200 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 12:54:02 ID:OUzgrZna
国が割れるのって最高権力者の座の争いからだから、
今の天皇家みたいな、わりかし慎ましい権力者ならば、
国の安定って面でプラスに働いてると思うな。
トップが安定してるからこその平等みたいなもんが日本にはあるよ。



201 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 13:11:56 ID:wxtpk+uy
憂国士殿の意見に賛同であります!
イランジンは国に帰れ!


しかし、問題は今、恐れ多くも皇室内部にあるのではないでしょうか。
東宮家と天皇陛下・皇后陛下との不和、
そして宮家の女子による不貞行為。
皇室は左翼・特アに滅ぼされる前に、内側から腐敗してしまうのではないでしょうか。

そこのところのご意見をお聞かせください。

202 :イランジン:2007/03/11(日) 14:06:54 ID:m/MBExPr
はい。
皇室は内部から腐ってます。  皇族で肉便器の宮 承子さまなどは
外人さん向けの肉便器です。
フェラが良いとのことですが、JIS規格の○マン○は「しまり」がバツグンと世界の評価が高いらしいです。

しかし、なんの役にも立たないなら、せめてアラブの王様の相手をして欲しいものですね。
そんなら

   公務として扱ってやるよ!

203 :憂国士(by教授):2007/03/11(日) 15:08:36 ID:ArjY+ZbW
国家概念の依り代として国家の安定的存立に不可欠な天皇の存在は
解り易さを優先して喩えると、日本国そのものを映す大鏡なのである
鏡は絶えず磨いていないと徐々に曇ってその働きを失ってゆく。戦後天皇という大鏡は
戦勝国左翼らの画策により曇らされ、日本人が自己保存に不可欠な自己同一性を担保する『日本国のという国家概念の象』をぼやかす謀略が公然となされ、またその口車に
のって天皇制不要を叫ぶ蒙昧らが跋扈してきたのである。

これら亡国の忌々しき謀略者や無智蒙昧の輩の汚れた手で弄りまわされた結果、鏡自体にやや歪みがでてきたのである。
このまま放置し歪みが高じて割れてしまうか、それとも再び燦然と輝き歪みのない『日本国という国家概念の象』を
明瞭に映して国家に不可欠な自己同一性を担保する人類史上最も優れた大鏡となるかは
ひとえに、日本人の良識にゆだねられているのである。

 いまこそ、国民は、1500年以上の長きに渡り磨き続けてきた先人の叡智を再認識し、我々国民が自分自身のために
天皇という『特別な大鏡』を磨く時なのである。
磨くとはどういうことか
それはとりもなおさず『できるだけ多くの国民が天皇を尊敬するようになる事』
に尽きるのである。自分の身を必要に応じて律し向上することが出来るのも自分を映す鏡あればこそである。
日本軍が行いを律しまた戦後の日本が努力し世界に冠たる技術立国・経済大国になれたのも『日本国そのものを映す大鏡』
があったからに他ならない。大鏡を磨く事は天皇家を宗家とする氏(うじ)の集合体である日本国民自身のためなのである。

天皇家のスキャンダルらしき物が出ることは国民の天皇に対する尊敬の念が薄れているという忌々しき事態を示す証拠であり、
即ち『鏡の曇り・歪み度合い』のバロメーターとなる。

再度言う、今こそ良識ある出来るだけ多くの国民が大鏡を再度磨き光らせる時である。

204 :憂国士(by教授):2007/03/11(日) 15:10:25 ID:ArjY+ZbW
>>201
国家概念の依り代として国家の安定的存立に不可欠な天皇の存在は
解り易さを優先して喩えると、日本国そのものを映す大鏡なのである
鏡は絶えず磨いていないと徐々に曇ってその働きを失ってゆく。戦後天皇という大鏡は
戦勝国左翼らの画策により曇らされ、日本人が自己保存に不可欠な自己同一性を担保する『日本国のという国家概念の象』をぼやかす謀略が公然となされ、またその口車に
のって天皇制不要を叫ぶ蒙昧らが跋扈してきたのである。

これら亡国の忌々しき謀略者や無智蒙昧の輩の汚れた手で弄りまわされた結果、鏡自体にやや歪みがでてきたのである。
このまま放置し歪みが高じて割れてしまうか、それとも再び燦然と輝き歪みのない『日本国という国家概念の象』を
明瞭に映して国家に不可欠な自己同一性を担保する人類史上最も優れた大鏡となるかは
ひとえに、日本人の良識にゆだねられているのである。

 いまこそ、国民は、1500年以上の長きに渡り磨き続けてきた先人の叡智を再認識し、我々国民が自分自身のために
天皇という『特別な大鏡』を磨く時なのである。
磨くとはどういうことか
それはとりもなおさず『できるだけ多くの国民が天皇を尊敬するようになる事』
に尽きるのである。自分の身を必要に応じて律し向上することが出来るのも自分を映す鏡あればこそである。
日本軍が行いを律しまた戦後の日本が努力し世界に冠たる技術立国・経済大国になれたのも『日本国そのものを映す大鏡』
があったからに他ならない。大鏡を磨く事は天皇家を宗家とする氏(うじ)の集合体である日本国民自身のためなのである。

天皇家のスキャンダルらしき物が出ることは国民の天皇に対する尊敬の念が薄れているという忌々しき事態を示す証拠であり、
即ち『鏡の曇り・歪み度合い』のバロメーターとなる。

再度言う、今こそ良識ある出来るだけ多くの国民が大鏡を再度磨き光らせる時である。


205 :憂国士(by教授):2007/03/11(日) 15:34:43 ID:ArjY+ZbW
このスレに性懲りもなく登場して恥の上塗りを重ねて居る姿からも手に取るように分るが、
>>202 (名前:イランジン)に類する 『社会の落ちこぼれ』の現体制に対する恨み嫉みのキチガイ染みた執念は
相当の根が深い。度し難いといえばそれまでであるが、哀れでもあるので
一度だけ救いの手を差し伸べておこう。

>>202 (名前:イランジン)に類する 亡国の輩よ、『蒙昧が高じて自滅する前に』あるいは『在日工作活動がばれて公安のお世話になる前に』
あらためてスレ主の良識を、ひいては日本人の良識を真摯に受け止め、己の醜さに目をひらけ。そうすれば救われる道もあろう。


206 :イランジン:2007/03/11(日) 15:38:47 ID:m/MBExPr
えらい言われようやなwww

207 :イランジン:2007/03/11(日) 15:40:22 ID:m/MBExPr
名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03/11(日) 14:33:53 ID:F2xbz6gT0

世界で「天皇」は何を意味するか?
「天皇」は第二次世界大戦をイメージさせる。
どこの国の教科書でも第二次世界大戦の記述では
「天皇(ヒロヒト)」「ヒトラー」「ムソリーニ」は並ぶ。
アメリカ等の連合国として戦った国では「天皇」は敵のこと。
連合国の戦死した兵士の家族は「天皇」に殺されたと言い
天皇の軍隊に侵略された国々は「天皇」から自国を守るために戦った。
「天皇」が世界で良いイメージだと思うのは世間知らず。
「天皇」に家族を殺された人は「天皇」に好感を持つか考えてみればいい。
「天皇」と戦った連合国の人達にとって敵の象徴「天皇」は好感が持てるか考えてみればいい。
「フセイン」も「天皇」も外国人の目には同じ。



いい意見なのでおいときますね。




208 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 17:29:25 ID:oS7FTdmD
>>204
返答ありがとうございます。

憂国士殿によれば、現在の皇室の退廃の原因は、国民の側にこそあるとのこと。
しかし、皇室が国民の在り様を写す大鏡であるならば、その逆もまた在り得ること。
つまり、皇室の方々が品性をより磨くことにより、国民もまた皇室に対する尊敬の念を復活させることができるのではないでしょうか。
むしろ、皇室が率先して品性を貶めてきたからこそ、現在の堕ちた国民性というものが蔓延してしまったともいえます。

そもそもの始まりは、民間からお后を選んだところにあるのかも知れません。
過去に民間人の男性と経験のある女性を皇太子妃に迎えることで、その流れは決定的になりました。
90年代以降、日本の国民性は地を這うようなものです。
そして宮家女子による不貞宣言。それに対応するかのように、日本はTバック女子中学生が社会的に受け入れるまでに堕ちてしまいました。

日本を復活させるのは、まずは皇室の方々の品性を回復させることが先決です。
不貞を働いた宮家は即刻廃止。
様々なトラブルの原因となっている妃殿下には、皇室から去っていただくか、
さもなくば東宮様自ら臣籍に降下され、弟宮様に皇太子の身分を授けられるとか。
そうでなければ、とても尊敬できる皇室にはなりません。

こうした改革がなされるならば、イランジンのような社会の落ちこぼれもいなくなることでしょう。
そこのところのご意見をお聞かせください。

209 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 19:50:18 ID:wCK2a5Bm
天皇は日本そのもの。

天皇批判者は、歴史文化を知らない者が理解出来ずに嘔吐している状態。
ちょうど子供がはしかで発熱しているようなもの。

210 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 21:22:38 ID:ceL2ITpu
天皇というからには全知全能の神のような力を見せてくれないと
国民は納得しないと思うよ。

211 :【戦死で神】靖国かると≒イスラム原理主義【ジハード】:2007/03/12(月) 00:29:35 ID:KIFLOxRF
天皇さんと国家主義を結びつけるははどうか。
陛下が、戦を好まれるわけがない。
天皇さんは日本文化のあらゆる道の要。
祭政分離は日本人の知恵。


212 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 00:47:55 ID:EH0w8l4H
裕仁は卑怯で無能で残忍な戦争犯罪人だったけど今の天皇は少しはマシだと信じたい。

213 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 01:58:07 ID:8uNK8Ke1
ぽぽw

214 :憂国士(by教授):2007/03/12(月) 02:29:25 ID:pFRvqUH5
>>208
先ず分かりやすい様に結論から申しましょう。天皇と言う存在は『国家概念の形代』と言う意味においては『人であって人で無い』のです。
『人は尊敬に足る姿を見て相手を尊敬するそしてそうでなければ行為を改めてもらわなければ尊敬の対象には出来ない』
と考えるのが普通です。しかし天皇と言う存在はそうではないのです。そう言う範疇で語れる存在では本来ないのです。
たとえバカでも醜い奇形児としてお生まれになっても、何があっても断じて尊敬すべき存在にしておく必要がある存在なのです。
何と成れば、
そうするか否かが『国家の存立に関わる事』であり『日本人が1500年以上の伝統の末に獲得し得た世界に誇る英知の結晶を壊すか否かに関わる事』だからなのです。
この事を理解するには天皇制が人類史上『日本だけが1500年以上かけて達成し得た最も進化した国家体制である事実』を理解しなければなりません。
世界に幾多の国が存立する中でなぜ象徴天皇制という国家体制が世界一優れた・進化した体制と言えるのかと言う疑問に対する答えを知る必要があるのです。
そうすれば『何があっても断じて尊敬すべき存在にしておく必要がある』と言っている意味も自然とお解り頂けると思います。

 ここまで言えば感性の優れた貴方にはもうお分かりでしょう。

 続く


 


215 :憂国士(by教授):2007/03/12(月) 02:30:44 ID:pFRvqUH5
>>214の続き

 間違いを指摘すれば、あなたのおっしゃる『民間から皇后を迎えた事』も『天皇の人間宣言なるもの』も、そして愚の骨頂たる『天皇家の日常を、親しみの為という左翼の口車に乗って報道し国民に知らしめてしまった事自体』も
全てが間違いなのです。生物学的に人間である天皇は、我々一般人と多くの人間としての生物的共通点をもって居られます。しかしその事を念頭に置く事は親しみを感じる反面、尊敬と言う概念からは遠ざかります。
天皇家の日常を公にする事は本来『絶対の必要性としての尊敬の念の維持』には甚だ不適切なことなのです。
貴方が宮家や天皇家の『如何なものかの有様』を知り今の皇室制度に対する危惧を抱いておられるのも、元はと言えばマスコミがパパラッチのごとく
興味本位で、また、売らんが為に暴き立てた事が原因となっているのです。いったん公となった以上貴方の危惧は誠に的を射たものであると思います。
根本的誤りは報道する事自体なのですが、愚かにも報道してしまった以上
貴方のおっしゃるような思い切った対策が必要かもしれません。しかし離婚は一般民衆のする事であり概念の形代たる天皇家にあっては成らない事なのです。
民間から皇后を得た事がそもそもの宮内庁の大失態なのです。
 
 ここで少し注意が必要なのは『何らかメディアを通じて国民が観て置かないと天皇家が腐敗する』と危惧する方が少なからず居ると言う事です。
『天皇家を神秘のベールに包み隠したままでは国民を不幸な戦争に導く独裁者に成りかねない』と言う左翼おきまりの偽論にまんまと乗せられる方が少なからず居るという
ことなのです。しかし天皇と言う存在を良く知ればそんな心配は杞憂である事がわかります。あの明治時代においてさえ天皇と言う存在は『象徴』以外の何ものでも無かったと言う事実が
全てを物語るのですが、説明は長くなるので別記したいと思います。

明日が早いので次に続けたいと思います。※つづく※


216 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 03:06:42 ID:9wMfK6e+





      私たちの先祖の歴史は、天皇家が政治のトップに立つ遥か過去より、この地・この場所にある





217 :憂国士(by教授):2007/03/12(月) 16:04:14 ID:pFRvqUH5
既に申し上げたように天皇は生物学的には精神的にも肉体的にも人間であり、その能力には限界もあります。
天皇がそして天皇家の方々が人並みはずれた自制心で身を律しておられるのは幼少からたたきこまれた帝王学によるのです。帝王学の
何たるかを知れば『天皇が自ら国民を不幸に導かれる事』など全くの杞憂に過ぎないことが明確にわかります。
3歳からヴァイオリンの厳しい修練を続けた人が一生ヴァイオリンを弾く力を失わないように、天皇は幼少より
叩き込まれた帝王学を一生失う事はないのです。つまり天皇は特殊なプロとして幼少よりその道の全てを叩き込まれ
常人には耐え難い事を難なくこなせるトップアーチスト・トップアスリートとして特殊教育をうけたプロなのです。
しかも、尋常のプロではありません1500年以上の長きに渡り帝王学の染み付いた家系の遺伝子を持つプロ中のプロなのです。
民間で散見される2代や3代のプロとは次元の違う存在なのです。一見特に何の技も専門知識もない普通の人に見える天皇が実は、
極めて特殊な世界の常人離れしたプロ中のプロである事実を知りましょう。それだけでも天皇に対する考えが変わるかもしれません。

 この意味で民間から突然迎えられた皇后は不幸です。そして迎えること自体に無理があるのです。いくら厳しく身を律することを躾けられた
女性でも天皇の帝王学とは次元が違うのです。女子が今よりも厳しく躾けられた時代の人である美智子皇后は何とか幾多の苦難を乗り越えて
天皇家の一員として精神的安定を維持できるようになられたのです。しかし妃殿下は自由な思想の現代っ子です。
到底帝王学に馴染めるものではないのです。しかし皇室に入った以上何があっても何とか馴染んでいただかなくてはなりません
成人してからの帝王学習得が如何に困難なものであるか、頭でわかっても精神が拒絶反応をおこすのです。
我々国民は天皇家にこの上何かを要求するのではなく、今こそ、尊敬という暖かい布でこの天皇家という大鏡を包みやさしく磨く時なのです。
左翼マスコミらの手垢まみれの手で汚された鏡を、私たち国民が『尊敬というこの鏡専用の磨き布』で磨く時なのです。

218 :憂国士(by教授):2007/03/12(月) 16:29:16 ID:pFRvqUH5
ここでこれからの論述をご理解いただくうえで重要な言葉についての注意点を申し上げたいと思う。それは『大鏡』ということばである。
言葉は『言霊』とも言われるようにある種のエネルギーを持った生き物なのである。
したがって意味の正確な共通認識がないと思わぬ誤解から人を不幸にする武器ともなりうる存在である事を胆に銘じて運用する必要があるのである。

『天皇は日本国という概念の形代(概念の依り代・概念の貼り付け先)である』という真理の表現に用いられた
『形代(依り代)という言葉』〜真に物の存在と概念の関わりを知るにはこの言葉の意味を知る必要があるのであるが〜
この言葉の意味が解りにくいであろう方々のために「より視覚的に喩えた方が分り易い人も多かろう」という配慮から便宜上なされた喩えがある。
その喩えとは『天皇とは国家概念を映す鏡である』というものである。
視覚的に表現された喩えでありなかなか良い喩えであると私も思う。
ただこの喩えを用いるに於いて特に注意が必要な事は、『鏡』という言葉は『形代(依り代)』という言葉によって本来表すべき意味とは異なった
様々な意味を持ち概念摩り替えの道具ともなるという点である。例えば、鏡に『自惚れ鏡』という恣意的な色をつけて『天皇』という概念にも『恣意的色付け』を
画策する右翼・左翼・偽装右翼・マルキスト・社会主義知識人の輩が散見されるが、これは天皇を『鏡』に喩える意味の本質を全く理解していないあるいはしたくない
あきれた蒙昧あるいは確信犯の所業である。
『鏡』とは正しくは『日本国という国家概念の形代』『日本国という国家概念の
依り代』つまり分り易くいえば『日本国という国家概念の貼り付け先』のことであり、何度も言うが、
「視覚的には『鏡』と喩えた方が分り易い人も多かろう」という配慮から便宜上なされた喩えなのである。
この事を充分踏まえた上でこれからの論述をお聞きいただきたい。

219 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 16:38:48 ID:NaHf6RLS
そもそも、平民の美智子を皇后にした時点で終わってるよ
しかもなんとクリスチャンで洗礼で受けている
しかも雅子ときたら、他人からエサを貰う身分の勤め人までやっている
他人のエサを貰ったものは、カシラにはしないという不文律が
昔からあったはずだが、今はもうめちゃくちゃで不文律も何も無い
白川伯王家の代替わりの秘儀を受けざるものが天皇になったりするから
このざまだ 尊崇する値打ちは残念ながら、ゼロ!だ

220 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 17:57:27 ID:oVyChSwf
http://jidaijuku.s23.xrea.com/yobikake.html
時代塾改憲フォーラム

221 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 22:08:38 ID:C2Jhlm7v
>>219
それなら外来宗教である仏教を受容した時代はどうなのよ?
聖武天皇とか

222 :憂国士(by教授):2007/03/12(月) 22:40:29 ID:pFRvqUH5
>219は『蒙昧の誤解』あるいは『日本人にとって唯一無二の大切なものの傷を攻撃して致命傷にせんとする
忌々しき左翼・在日工作員の欺瞞偽文』の典型的な見本である。

サンプルとして曝しておくので参考にしていただきたい。

今こそ国民は、天皇家が日本国の為に天皇家にしかできない役割を1500年以上の長きに渡り果たしつづけて来られ、
現在もまた将来もその役割を果たしつづけなければ成らない重責を担っておられる事の尊さを心に刻み、
天皇家に対する尊敬の念を高める時なのです。

左翼マスコミによっておとしめられた国民の天皇家に対する尊敬の念が、左翼の口車にのった『お為ごかしの親しみの心』を凌駕し、
その広がりが天皇家に届いた時こそ、天皇と言う『大鏡』は再びかつての『遍く(あまねく)国民が天皇家に尊敬の念を抱いていた時代の輝き』を
取り戻す事ができるのである。

何をおいても先ず国民の尊敬が先決なのです。今ならまだ間に合います『鏡』は左翼の手で汚されたといってもその本質は良識を持って良く知れば
尊敬するに余りある存在だからなのです。



223 :イランジン:2007/03/13(火) 00:03:24 ID:4QIQN8ap
寝言の達人。  今日もとばすな。

224 :イランジン:2007/03/13(火) 00:04:54 ID:4QIQN8ap
>>216

まあ、天皇家は朝鮮人がご先祖だからな。wwww

225 :憂国士(by教授):2007/03/13(火) 02:22:55 ID:xtfw4cqp
>>208
先ず分かりやすい様に結論から申しましょう。天皇と言う存在は『国家概念の形代』と言う意味においては『人であって人で無い』のです。
『人は尊敬に足る姿を見て相手を尊敬するそしてそうでなければ行為を改めてもらわなければ尊敬の対象には出来ない』
と考えるのが普通です。しかし天皇と言う存在はそうではないのです。そう言う範疇で語れる存在では本来ないのです。
たとえバカでも醜い奇形児としてお生まれになっても、何があっても断じて尊敬すべき存在にしておく必要がある存在なのです。
何と成れば、
そうするか否かが『国家の存立に関わる事』であり『日本人が1500年以上の伝統の末に獲得し得た世界に誇る英知の結晶を壊すか否かに関わる事』だからなのです。
この事を理解するには天皇制が人類史上『日本だけが1500年以上かけて達成し得た最も進化した国家体制である事実』を理解しなければなりません。
世界に幾多の国が存立する中でなぜ象徴天皇制という国家体制が世界一優れた・進化した体制と言えるのかと言う疑問に対する答えを知る必要があるのです。
そうすれば『何があっても断じて尊敬すべき存在にしておく必要がある』と言っている意味も自然とお解り頂けると思います。

 ここまで言えば感性の優れた貴方にはもうお分かりでしょう。

 続く



226 :憂国士(by教授):2007/03/13(火) 02:24:53 ID:xtfw4cqp
>>225の続き

 間違いを指摘すれば、あなたのおっしゃる『民間から皇后を迎えた事』も『天皇の人間宣言なるもの』も、そして愚の骨頂たる『天皇家の日常を、親しみの為という左翼の口車に乗って報道し国民に知らしめてしまった事自体』も
全てが間違いなのです。生物学的に人間である天皇は、我々一般人と多くの人間としての生物的共通点をもって居られます。しかしその事を念頭に置く事は親しみを感じる反面、尊敬と言う概念からは遠ざかります。
天皇家の日常を公にする事は本来『絶対の必要性としての尊敬の念の維持』には甚だ不適切なことなのです。
貴方が宮家や天皇家の『如何なものかの有様』を知り今の皇室制度に対する危惧を抱いておられるのも、元はと言えばマスコミがパパラッチのごとく
興味本位で、また、売らんが為に暴き立てた事が原因となっているのです。いったん公となった以上貴方の危惧は誠に的を射たものであると思います。
根本的誤りは報道する事自体なのですが、愚かにも報道してしまった以上
貴方のおっしゃるような思い切った対策が必要かもしれません。しかし離婚は一般民衆のする事であり概念の形代たる天皇家にあっては成らない事なのです。
民間から皇后を得た事がそもそもの宮内庁の大失態なのです。
 
 ここで少し注意が必要なのは『何らかメディアを通じて国民が観て置かないと天皇家が腐敗する』と危惧する方が少なからず居ると言う事です。
『天皇家を神秘のベールに包み隠したままでは国民を不幸な戦争に導く独裁者に成りかねない』と言う左翼おきまりの偽論にまんまと乗せられる方が少なからず居るという
ことなのです。しかし天皇と言う存在を良く知ればそんな心配は杞憂である事がわかります。あの明治時代においてさえ天皇と言う存在は『象徴』以外の何ものでも無かったと言う事実が
全てを物語るのですが、説明は長くなるので別記したいと思います。

明日が早いので次に続けたいと思います。※つづく※



227 :憂国士(by教授):2007/03/13(火) 02:25:56 ID:xtfw4cqp
既に申し上げたように天皇は生物学的には精神的にも肉体的にも人間であり、その能力には限界もあります。
天皇がそして天皇家の方々が人並みはずれた自制心で身を律しておられるのは幼少からたたきこまれた帝王学によるのです。帝王学の
何たるかを知れば『天皇が自ら国民を不幸に導かれる事』など全くの杞憂に過ぎないことが明確にわかります。
3歳からヴァイオリンの厳しい修練を続けた人が一生ヴァイオリンを弾く力を失わないように、天皇は幼少より
叩き込まれた帝王学を一生失う事はないのです。つまり天皇は特殊なプロとして幼少よりその道の全てを叩き込まれ
常人には耐え難い事を難なくこなせるトップアーチスト・トップアスリートとして特殊教育をうけたプロなのです。
しかも、尋常のプロではありません1500年以上の長きに渡り帝王学の染み付いた家系の遺伝子を持つプロ中のプロなのです。
民間で散見される2代や3代のプロとは次元の違う存在なのです。一見特に何の技も専門知識もない普通の人に見える天皇が実は、
極めて特殊な世界の常人離れしたプロ中のプロである事実を知りましょう。それだけでも天皇に対する考えが変わるかもしれません。

 この意味で民間から突然迎えられた皇后は不幸です。そして迎えること自体に無理があるのです。いくら厳しく身を律することを躾けられた
女性でも天皇の帝王学とは次元が違うのです。女子が今よりも厳しく躾けられた時代の人である美智子皇后は何とか幾多の苦難を乗り越えて
天皇家の一員として精神的安定を維持できるようになられたのです。しかし妃殿下は自由な思想の現代っ子です。
到底帝王学に馴染めるものではないのです。しかし皇室に入った以上何があっても何とか馴染んでいただかなくてはなりません
成人してからの帝王学習得が如何に困難なものであるか、頭でわかっても精神が拒絶反応をおこすのです。
我々国民は天皇家にこの上何かを要求するのではなく、今こそ、尊敬という暖かい布でこの天皇家という大鏡を包みやさしく磨く時なのです。
左翼マスコミらの手垢まみれの手で汚された鏡を、私たち国民が『尊敬というこの鏡専用の磨き布』で磨く時なのです。




228 :憂国士(by教授):2007/03/13(火) 02:27:36 ID:xtfw4cqp
ここでこれからの論述をご理解いただくうえで重要な言葉についての注意点を申し上げたいと思う。それは『大鏡』ということばである。
言葉は『言霊』とも言われるようにある種のエネルギーを持った生き物なのである。
したがって意味の正確な共通認識がないと思わぬ誤解から人を不幸にする武器ともなりうる存在である事を胆に銘じて運用する必要があるのである。

『天皇は日本国という概念の形代(概念の依り代・概念の貼り付け先)である』という真理の表現に用いられた
『形代(依り代)という言葉』〜真に物の存在と概念の関わりを知るにはこの言葉の意味を知る必要があるのであるが〜
この言葉の意味が解りにくいであろう方々のために「より視覚的に喩えた方が分り易い人も多かろう」という配慮から便宜上なされた喩えがある。
その喩えとは『天皇とは国家概念を映す鏡である』というものである。
視覚的に表現された喩えでありなかなか良い喩えであると私も思う。
ただこの喩えを用いるに於いて特に注意が必要な事は、『鏡』という言葉は『形代(依り代)』という言葉によって本来表すべき意味とは異なった
様々な意味を持ち概念摩り替えの道具ともなるという点である。例えば、鏡に『自惚れ鏡』という恣意的な色をつけて『天皇』という概念にも『恣意的色付け』を
画策する右翼・左翼・偽装右翼・マルキスト・社会主義知識人の輩が散見されるが、これは天皇を『鏡』に喩える意味の本質を全く理解していないあるいはしたくない
あきれた蒙昧あるいは確信犯の所業である。
『鏡』とは正しくは『日本国という国家概念の形代』『日本国という国家概念の
依り代』つまり分り易くいえば『日本国という国家概念の貼り付け先』のことであり、何度も言うが、
「視覚的には『鏡』と喩えた方が分り易い人も多かろう」という配慮から便宜上なされた喩えなのである。
この事を充分踏まえた上でこれからの論述をお聞きいただきたい。


229 :憂国士(by教授):2007/03/13(火) 02:30:10 ID:xtfw4cqp
>219は『蒙昧の誤解』あるいは『日本人にとって唯一無二の大切なものの傷を攻撃して致命傷にせんとする
忌々しき左翼・在日工作員の欺瞞偽文』の典型的な見本である。

サンプルとして曝しておくので参考にしていただきたい。

今こそ国民は、天皇家が日本国の為に天皇家にしかできない役割を1500年以上の長きに渡り果たしつづけて来られ、
現在もまた将来もその役割を果たしつづけなければ成らない重責を担っておられる事の尊さを心に刻み、
天皇家に対する尊敬の念を高める時なのです。

左翼マスコミによっておとしめられた国民の天皇家に対する尊敬の念が、左翼の口車にのった『お為ごかしの親しみの心』を凌駕し、
その広がりが天皇家に届いた時こそ、天皇と言う『大鏡』は再びかつての『遍く(あまねく)国民が天皇家に尊敬の念を抱いていた時代の輝き』を
取り戻す事ができるのである。

何をおいても先ず国民の尊敬が先決なのです。今ならまだ間に合います『鏡』は左翼の手で汚されたといってもその本質は良識を持って良く知れば
尊敬するに余りある存在だからなのです。


230 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 04:52:38 ID:8NXjfSIY
★天皇は日本国そのものである★を理解できる危地害

231 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 06:17:14 ID:rPPgO8nz
朝日新聞社 世論調査

3/11調査:石原知事支持42%、不支持37%
2/4日調査:支持53%、不支持35%

選挙で「都政が大きく変わってほしい」56%

            いよいよだな!!

232 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 06:25:25 ID:RJ1blps5

 たとえ明日天皇家がその場所を降りたとしても、

 この郷土の営むとこなんら変わらず


 春来たりなば桜咲き乱れ

 夏来たりなば蝉は鳴き

 秋来たりなば山錦に染まり

 冬来たりなば雪の舞う


233 :イランジン:2007/03/13(火) 08:11:51 ID:T8ui0iqM
天皇差し出すから国土はあるていどのこして!って言ったほうがイイね。

ソ連参戦前にキャイーーーーンしてたら千島、樺太、アリューシャンは日本のまんまだったかも。

大空襲や原爆もなくて沢山の市民は助かっただろうしね。


まあ、天皇なんかの首一つと女子供を含む沢山の国民の命と比べたら答え出てるよな!




234 :憂国士(by教授):2007/03/13(火) 09:33:59 ID:xtfw4cqp
>>233>>232>>230>>219は『蒙昧の誤解』あるいは『日本人にとって唯一無二の大切なものの傷を攻撃して致命傷にせんとする
忌々しき左翼・在日工作員の欺瞞偽文』の典型的な見本である。

サンプルとして曝しておくので参考にしていただきたい。

今こそ国民は、天皇家が日本国の為に天皇家にしかできない役割を1500年以上の長きに渡り果たしつづけて来られ、
現在もまた将来もその役割を果たしつづけなければ成らない重責を担っておられる事の尊さを心に刻み、
天皇家に対する尊敬の念を高める時なのです。

左翼マスコミによっておとしめられた国民の天皇家に対する尊敬の念が、左翼の口車にのった『お為ごかしの親しみの心』を凌駕し、
その広がりが天皇家に届いた時こそ、天皇と言う『大鏡』は再びかつての『遍く(あまねく)国民が天皇家に尊敬の念を抱いていた時代の輝き』を
取り戻す事ができるのである。

何をおいても先ず国民の尊敬が先決なのです。今ならまだ間に合います『鏡』は左翼の手で汚されたといってもその本質は良識を持って良く知れば
尊敬するに余りある存在だからなのです。


235 :イランジン:2007/03/13(火) 12:27:16 ID:T8ui0iqM
>>234
おまえのコピペも飽きたよ。

236 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 19:04:20 ID:0+jC9HtL
>>214
憂国士殿のご主張には毎度頭が下がる思いです。
つまり、スキャンダルそのものよりもスキャンダルを報じてしまうマスコミが悪いのだと。


しかし、…しかしながら、
それではそもそも天皇が人間である必要性がないのではないでしょうか。
なにか置き物を天皇として崇めておけば良いだけのこと。
人間であるからこそ、人間的な弱みが現れるのです。
人間的な弱みがある以上、どんなにそれを隠しても、どこからか漏れてしまうものです。

そして実は、そういった問題をすでに数千年前に経験したのがユダヤ・キリスト・イスラムであり、
彼らは人間を崇めるのではなく、抽象的な存在としての唯一神をつくりあげ、崇拝対象から人間的な弱みを排除したのです。

とすれば、我が皇統は、世界的にも遅れたシステムである、ということになってしまいますぞ。

続く

237 :qqqq:2007/03/13(火) 19:11:23 ID:mgxEgLsG
日本国はもはや不要…少なくとも不要になることが望ましい。
そういう思想を持っている人たちに、
天皇を不要というのは日本国が不要だというのと同義だと言ったところで通用しない。

238 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 19:16:17 ID:0+jC9HtL
続き

しかしそうではありません。
事実として、皇統は2000年にわたり続いてきました。
この理由は、やはり天皇の「徳」にあるのではないでしょうか。

これは東アジアの文明にも適ったことです。
支那では天子の「徳」を基盤に易姓革命の思想が生まれました。
漢民族は歴史的に偉大ですが、残念ながら歴代の皇帝が「徳」を維持することに失敗しました。
そのため国は乱れ、蛮族に征服されてしまうことが多々ありました。

また朝鮮にいたっては、「徳」そのものが得られなかったため、
長い間、支那の皇帝の庇護のもとにありました。

しかし我が国だけは違います。有史以来、独立を保ち続けています。
これは、天皇が一貫して「徳」を保ち続けてきたからにこそあるのではないでしょうか。
だからこそ、皇族の方々はバカや奇形児、あるいは不貞や公務放棄ではいけないのです。

そして恐ろしいことに、次代に天皇であらせられる皇太子殿下には、
そのお名前以外には「徳」が見受けられません。
これは、日本終了を意味するのではないでしょうか。
そこのところのご意見をお聞かせください。

239 :イランジン:2007/03/14(水) 00:26:07 ID:Wd4KEQ12
廃止理由は一杯有る
1:身分制度は要らない
2:税金の無駄使い
3:男女差別の制度
4:人間は法の下の平等原則に反する
5:世襲制は不公平だ(国民がくじ引き交代でやるべきw)
6:半島人文化は半島に持って帰れ
7:天皇は売国奴だ、アメリカに助けて貰って占領政策で日本国民をアメリカに売った
8:戦争責任をヒロヒトは取っていない



まあ、こんなん一部やけどね。まだまだアルよ。



240 :憂国士(by教授):2007/03/15(木) 04:43:09 ID:sFUJIuIX
>>236にご返答させていただく前に、蒙昧を自分でカミングアウトしたいらしい『珍しい蒙昧>>239』が現われたので曝しておく。

自分の恥の上塗りにご丁寧に番号までふって・・クスクス・・実に滑稽である。

かくのごとく、蒙昧とは哀れな存在である。ことごとく間違った事を書いても自分が恥をかいている事すら知る由もない。

番号の数で蒙昧レベルが良く分る『めずらしい蒙昧』である。



241 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 05:05:11 ID:4wUWMJt/
きんもー☆

242 :憂国士(by教授):2007/03/15(木) 05:08:26 ID:sFUJIuIX
>>239
恥の上塗りを8回もして『まだまだアル』とは恐れ入った蒙昧振りである。

この際まとめて間違いを完全に指摘してやったほうが本人の為である。

一つ残らず自分の蒙昧ぶりを出しきてスッキリするがよかろう。

という訳で、すこし待ってやる事としよう。




243 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 05:36:37 ID:4wUWMJt/
きんもーである。

244 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 10:58:27 ID:rK4eUwCK
まぁどうでもいいけど
>>1は街角でその主張を訴えてくれば?

誰も相手にせんがw

245 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 16:46:52 ID:B64Qwx9h
ニュースをみていたら、私がまったく生きていなかった昔のことが原因で、
日本人が拉致されているようだ。平成天皇は、ご自分のお言葉で、一度、
公式に謝られている。もしそれが本心であるならば、平成天皇ご自身が、
自ら、相応の刑に、服されるべきだ。日本人一億人以上の人々を犠牲に
しているのは、今でも天皇家だということが、現在のニュースの本筋だと、
どうしても私には思える。また、皇室へ忠臣ずらしている多数の政治家は、
忠臣ずらすることで利権を得られる悪党だということが丸出しだ。これは、
犯罪者集団であるギャング、すなわち暴力団の代表である右翼団体が、
犯罪の刑を軽くしてね、というお願いをする目的で宣伝カーで天皇崇拝の
ことで街頭宣伝をしているのと、全く同じだ。「拉致被害者家族は日本人全員
を犠牲にしようとするな!!」「過去の戦争が犯罪かどうか、そして、現在の
日本が同じようなことをする国かどうかが、争点であるはずだ!!」不当な
民事裁判をされて、わたしは警察に、助けを求めたが、何もしてくれ
なかった。組織暴力が大手を振るっているのが、日本国だ。組織暴力の
代表である右翼団体が喧伝をしているのが、天皇制だ。日本国が悪の帝国
であるという事実は、今も何も変わってはいない。

246 :イランジン:2007/03/15(木) 20:25:11 ID:S6mWZRFu
最近困ったのは日本は中国よりも国力が落ちたなあと感じること。

経済力も技術力もジリジリ迫られてる。  自動車生産も中国が抜いた?

DVD生産も世界一だもんなあ。  そういえば中国製の自動車が日本に輸出されるようです。

家庭用電化製品から自動車まで。  困ったことです。

247 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 21:44:22 ID:aY/XZsaK
Japanese insist that Comfort women were just prostitutes doing legally permitted business,
employed by commercial brothels. Do you agree with Japanese's notion for the comfort women
as prostitutes than sex slaves?
(慰安婦は商業的売春宿に雇われ公的な許可を得て営業していた、ただの売春婦だと日本は主張し
ています。あなたは慰安婦は性奴隷というより売春婦だったという日本の考えに賛成しますか?)

http://koreascope.com/gnuboard/bbs_en/board.php?bo_table=bbs_event&wr_id=6

性奴隷ではなく 売春婦だった という主張に同意するか という質問だからYES に投票してね 。

248 :イランジン:2007/03/15(木) 21:47:20 ID:S6mWZRFu
日本の右翼って腰抜けだよな。

北方領土も尖閣諸島も竹島もマッタク動きがナイし、ガスは中国に抜かれるし。

腰抜けチンカス右翼はどうにかなりませんか?


あまりにもハズカシイので右翼を名乗らないでください!


天皇マンセーーーくらいしかできないアホ連中です。  まったく怖くないです。   チンカス右翼!

朝鮮人のクツでもナメとけ!!   ボケ!!



249 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 21:50:00 ID:+vKGkMtl
天皇制はいらない。
というか、世襲制はおかしい。
政治家も、2世3世が多すぎる

250 :憂国士(by教授):2007/03/16(金) 01:11:05 ID:5wc5CuZl
>>246>>248のイランジンも相当なものだが、これに輪をかけた蒙昧>>245が事実の断片をお粗末な頭で恣意的に歪めて解釈し、
恥じも外聞もなく偽論を曝している。

これら無見識な輩の『事実の断片まじりの明らかな偽論』は、全くの単純思考に由来するものであり、過ちを指摘してやる事は
容易い。ただ、そのつど指摘していては埒があかぬ故、この際まとめて誤りを指摘したいとおもう。

>>239
恥の上塗りを8回もして『まだまだアル』とは恐れ入った蒙昧振りであるが

この際まとめて間違いを完全に指摘してやったほうが本人の為である。

一つ残らず自分の蒙昧ぶりを出しきてスッキリするがよかろう。

という訳で、すこし待ってやる事としよう。


251 :名無しさん@3周年:2007/03/16(金) 01:21:38 ID:jfzrrZlU
天皇は現神人だから
それ日本人のDNAに刻み込まれた常識だから

あたりまえの民族性も感覚も持てないなら日本人やめて異国人になっちゃえば?
アメリカ人だってフロンティアスピリッツ刻み込んでるよ
親に何教わってきたの?
お前は憎むべき人種人物に生まれてきたんだよって言われて育ったの?
お正月初詣なんかするなって言われたの?

そんならいいや

252 :qq:2007/03/16(金) 03:13:10 ID:3h7ZnQpj
民族国家の時代は終わらせるべき
天皇は、大和民族の象徴として、文化保護の対象とした方が良い(人間国宝化)
大国の日本は、そのノウハウを持って世界に貢献する多民族国家を目指す。
その国家にあって、統合の力になるのは自由・民主主義・人権のような理念でいい。
自由・民主主義・人権を既に成熟させた日本、
長い歴史の蓄積を持つ日本が掲げる新しい理念は、活力・公正・節度がいい。

理想を持たず、現状維持をよしとするのは、爺さんにまかせておけばいい。
>>251のような感覚は乗り越える方向に向かうべき。

253 :イランジン:2007/03/16(金) 08:06:09 ID:KLhs3swE
>現状維持をよしとするのは、爺さんにまかせておけばいい。

その通りです、わたしたち若い人たちは新しい体制を作らないとだめですよね。

チンカス ヘタレ右翼のように何の進歩もないアホにはなりたくないものです。

254 :名無しさん@3周年:2007/03/16(金) 09:11:58 ID:ZN/KQIhD
天皇を廃止すれば庶民にいいことでもあるの?

255 :名無しさん@3周年:2007/03/16(金) 10:19:35 ID:ANyleRWK
>>251
全然説得力がない。お前が人の親なら、子に金属バットで殴り殺されてもいたしかたない。

256 :名無しさん@3周年:2007/03/16(金) 10:38:00 ID:ICavk22I
まぁどうでもいいけど
>>1は街角でその主張を訴えてくれば?

誰も相手にせんがw

257 :愛国士:2007/03/16(金) 15:36:06 ID:tKb0YuZ4
どうやら憂国士殿にとって>>236>>238の問題は難しすぎたようだから代わって返答をします。


最近の日本を取り巻く様々な問題、
例えば北朝鮮になめられる、アメリカに慰安婦のことで叩かれる、
就職氷河期世代の窮乏生活、ニートの増大、格差拡大による絶望、
マスコミによる捏造報道、犯罪の増加、治安の悪化、天災の乱発、等々は、
すべて天皇の「徳」の衰えから発するものである。

天皇は、日本国そのものである。
天皇の「徳」が衰えれば、国民の「徳」も衰え、そして日本全体の「徳」が衰える。
日本国民の愚民化が進んでいるのも、外国勢力に馬鹿にされるのも、
すべてこの「徳」の劣化に端を発しているのである。

続く

258 :愛国士:2007/03/16(金) 15:49:30 ID:tKb0YuZ4
続き

とはいえ、決して今上大帝が不徳であるということではない。

確かに、今上大帝は少年期、ヴァイニング夫人によるキリスト教プログラムの洗礼を受け、
天皇歴代の「徳」に傷をつけたことは事実である。
また、ある年の園遊会では、自ら国旗・国歌の価値を貶めるような発言をし、
その思想の左翼性を明らかにした。
近年では積極的に鮮人賛美の映画をご覧になるなど、その「徳」を疑われる行動をお取りになったりしている。

しかし、問題は今上大帝にあるのではない。
次代の天皇陛下である皇太子殿下と、そのお后である皇太子妃殿下のほうにこそあるのである。

今上大帝は、たとえどんなに「徳」を積まれた方であっても、人間的にはもうお年。
「徳」にもかげりをみせてしまうのはいたしかたない。
通常であれば、この「徳」のかげりをカバーするのが、次代の陛下である皇太子・皇太子妃殿下のお役目なのである。

しかしながら現在、今上大帝のお体がお弱りになりつつある中で、
サポートすべき皇太子・皇太子妃両殿下はその「徳」を発揮するどころか、
不徳を国民の前にさらけだしている状態なのである。

これでは日本の前途が危ぶまれる。

259 :qq:2007/03/16(金) 15:52:35 ID:3h7ZnQpj
右派を貶めようとしてやっているようにしかみえない…

260 :愛国士:2007/03/16(金) 16:16:54 ID:tKb0YuZ4
>>259
そのように感じてしまうことも仕方のないことかも知れません。

確かに、今上大帝治世の末期、および現皇太子殿下の治世は、我が国にとって暗い闇の時代となりましょう。

天皇の「徳」は隠れ、まさに日食の時代。
支那、鮮人には馬鹿にされ、日本国内を彼らは大手を振って闊歩することでしょう。
我々がなにか口にすれば「賠償!」と叫び、我々は為すすべもなくただ怯えるだけです。
アメリカにも馬鹿にされ、日本の若い婦女子はヤンキーにとっての安い売春婦となり、
結婚前の若い婦女子でアメリカ人の手のついてない婦女子はひとりもいなくなります。
婦女子のほうも、愚民化が進み、快楽を求めてそれを積極的に望みます。

こうした暗黒の時代は、現皇太子殿下の時代まで続くでしょう。
しかし、いつまでも日食は続きません。
やがて光がさしてきます。現皇太子殿下の時代が終わり、弟宮の時代がきます。

続く

261 :qq:2007/03/16(金) 16:20:15 ID:3h7ZnQpj
私の中にある伝統という名の精神の型が、気持ち悪い意見だと言っている。

262 :愛国士:2007/03/16(金) 16:25:52 ID:tKb0YuZ4
続き

しかし弟宮の時代にったからといって、すぐに明るい時代になるというわけではありません。
兄宮の時代があまりに暗く深い傷をつくってしまったために、回復するのに時間がかかるのです。
しかしこの時代には、生活が苦しくても希望があります。
だから国民は、虐げられても弟宮陛下を信じ、ともに日本回復のために努力するのです。

そしてすべてがもとに戻り、黄金の時代がきます。悠仁聖帝の時代です。
悠仁聖帝は戦後皇室の悪しき環境から脱し、
明治・昭和大帝の良き時代の伝統を受け継ぐ方になります。
それゆえ、天皇の「徳」が回復し、日本国民の「徳」ももとに戻り、
日本は世界に輝く神国として君臨するでしょう。

半島は水没し、漢民族は我が国に朝貢をしてきます。
アメリカは我が国の属国となり、ひとつの県の地位になります。

そんな明るい時代をおつくりになる悠仁聖帝陛下を信仰しましょう!

263 :名無しさん@3周年:2007/03/16(金) 16:33:58 ID:ICavk22I
今日もキチガイが光臨w

264 :愛国士:2007/03/16(金) 16:39:11 ID:tKb0YuZ4
>>261>>263
そんなあなた方をも「徳」でお包みになる悠仁聖帝陛下は偉大なり。


265 :名無しさん@3周年:2007/03/16(金) 16:50:19 ID:RWrFMg18
× 日本国 国民統合の象徴

◎ 日本国 歴史捏造の象徴

266 :名無しさん@3周年:2007/03/16(金) 17:08:20 ID:ZN/KQIhD
↑あたかも戦前戦後を生きてきたかのようなこと言って(笑)

267 :名無しさん@3周年:2007/03/16(金) 17:16:31 ID:ICavk22I
>>264
そんな物覚えもつかない頃から徳があるなんて分かるのかよ
流石カルト天皇珍者w

それよかタイへ愛人に会いに逝ったあきしののみやや
イギリスでビッチしているつぐこや
粗暴この上ない過去や摩子や
仮病使って公務サボってお遊びを繰り返している正子とかは徳はあんの?w

268 :愛国士:2007/03/16(金) 22:13:42 ID:tKb0YuZ4
>>267
悠仁聖帝陛下は未だ稚児。
まだそのお体には「徳」は備わらず、空の器のようなものです。
ですから今現在、日本国内に不徳が蔓延しているのです。

そして不徳の象徴として、イギリスに行かれた女王殿下や、
公務放棄の妃殿下がおられるのです。
皇室は国民の鏡であります。淫乱や怠慢は女王殿下や妃殿下の不徳のいたすところでありますが、
それはそのまま、今現在の国民の姿なのであります。

秋篠宮殿下におかれましては、愛人の噂など根も葉もないもの。
現皇室内では今上天皇陛下に次ぐ「徳」の持ち主として、皇室全体のサポートに励んでおられます。

確かに、若い頃の行状には問題があったのかも知れません。
しかし、奇跡の女性・紀子妃殿下の献身的な愛により目覚められた秋篠宮殿下は、
次期天皇陛下としてふさわしいお方として成長なされました。
おふたりの内親王殿下についても、根も葉もない噂は一蹴して、素晴らしい姫君であります。

しかし、その「徳」を打ち消す存在が、東宮殿下ご一家なのです。
早めにこの不徳を除去し、秋篠宮殿下の治世、そして悠仁聖帝陛下の時代へと進めることが肝要かと思います。

269 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 00:21:54 ID:zK/qd8rf
>>253この蒙昧は度し難い。新しいものの良し悪しを吟味するには昔ながらの伝統的なものの良さを十分知る必要がある。この見識を、
温故知新と言うが、この様な見識のかけらもない無残な有様で『新しい体制』とはあきれ果てた蒙昧である。
新しい体制を求め独裁者に洗脳され、後に粛清された(つまり政治犯に仕立て上げられて虐殺された)北朝鮮建国当時の無教養な若者末路が
この蒙昧>>253の末路も物語っている。
朝鮮も李氏朝鮮時代の方が民は今よりずっと豊かに暮らしていたのである。
>>253のような蒙昧が独裁者の口車に乗せられ『新しい体制』に飛びついた結果が今の地獄の北朝鮮であることを若き憂国士諸君は胆に銘じて置こう。

>>253の恥の上塗りをもう少し観察しておく事とする。内容は概ね今の若者の中でも、ほとんど歴史など知らないヤンキークラスの稚拙さであるが、
これら族レベルの蒙昧にも時に苦言は必要であろうと思う。

270 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 01:04:40 ID:zK/qd8rf
>>253ら蒙昧はすぐ簡単に否定できる明らかな誤りしか言わない。相手をしても暇つぶしくらいにしかならないのでつまらない。ゆえに、
しばらく捨て置き本題に戻ろう。

先ず>>236【スキャンダルそのものよりもスキャンダルを報じてしまうマスコミが悪いのだと。
それではそもそも天皇が人間である必要性がないのではないでしょうか。】の疑問について。

結論から申します。『人間的な弱みを排除した抽象的な存在としての唯一神を崇拝対象とした国家体制では宗教的対立からの争い、分裂・対立を
生む事は周知の事実である。人間である天皇を国家のしょうちょうと


なにか置き物を天皇として崇めておけば良いだけのこと。
人間であるからこそ、人間的な弱みが現れるのです。
人間的な弱みがある以上、どんなにそれを隠しても、どこからか漏れてしまうものです。

そして実は、そういった問題をすでに数千年前に経験したのがユダヤ・キリスト・イスラムであり、
彼らは人間を崇めるのではなく、をつくりあげ、。

とすれば、我が皇統は、世界的にも遅れたシステムである、ということになってしまいますぞ。

続く

徳を維持する事とその人の身辺を知らしめる事とは当然のこととして
相反する事である。

271 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 01:07:13 ID:zK/qd8rf
>>270マウス操作ミスによりご送信

次に訂正します。

272 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 02:13:37 ID:zK/qd8rf
>>253ら蒙昧はすぐ簡単に否定できる明らかな誤りしか言わない。相手をしても暇つぶしくらいにしかならないのでつまらない。ゆえに、
しばらく捨て置き本題に戻ろう。

先ず>>236【スキャンダルそのものよりもスキャンダルを報じてしまうマスコミが悪いのだと。
それではそもそも天皇が人間である必要性がないのではないでしょうか。】の疑問について。

答『人間的な弱みを排除した抽象的な存在としての唯一神を崇拝対象とした国家体制では宗教的対立からの争い、分裂・対立を
生む事は歴史が証明する周知の事実である。人間である天皇を国家の象徴とする事の圧倒的な優位性は天皇が、本質的に宗教的崇拝の対象ではなく宗教的対立とは無縁な存在である事なのである。
天皇を現人神と呼んだ事実から天皇をキリスト教のような唯一絶対の神と誤解し易いが、我が国神道の神は所謂八百万の神であり、唯一神の絶対性を権力者が悪用しようにも不可能なのである。したがって、
たとえ天皇を神として崇めようとも唯一絶対神のキリスト教の様な弊害は起こりようがないのである。天皇が大元帥として君臨したといわれる明治大正昭和の戦争においても実は天皇は国家権力そのものではなく
国家概念の象徴としての役割を果たして居られたに過ぎない事実はあまり知られていない。この事を良く理解すれば、天皇に戦争責任がない事も自明の理となるのである。
そしてまた、厳正なる事実として天皇は自然に対する畏怖の心から生まれた神道という祭祀体系を維持統括する祭祀王であり、信仰崇拝の直接対象たる神では断じてない。天皇に貼りついていたのは八百万の神々につながる
神秘性でありその神秘性から現人神と呼ばれ、このことが天皇の徳を維持する強力な力を1500年以上の長きにわたり発揮し続けていたからこそ天皇の徳もその神秘性によって守られ維持されてきたのである。
マスコミによってこの神秘性のベールがはがされ、天皇の生身の部分が曝される事こそが『天皇の徳自体ではなく天皇の徳に対する民の認識力を曇らせる元凶となっているのである。
天皇の本性としての徳は昔も今もその3歳からの帝王学により担保されており不変であるにもかかわらず、マスコミの興味本位の報道により天皇の徳は民の視線からずらされ民の意識のなかで
希薄化しているというのが真実の姿なのである。』
つづく

273 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 15:15:51 ID:zK/qd8rf
>>270つづき『置物の偶像崇拝や宗教国家(宗教原理主義国家)の弊害・徳を維持できた日本の皇室のすばらしさをよく理解して言っておられる
あなたには、すこし釈迦に説法なところがあったか思いますがご容赦ください。おっしゃっている事の良く解らない蒙昧あるいは解りたくない輩にも
理屈で解るようにすこし解説を加味させていただきました。
 さて、私があなた申し上げたいのは『今も昔も天皇の徳に変わりはない。なんとなれば、特定の訓練が人間の脳に与える影響は千年まえも今も変わりはないからである。』
ということなのです。『物』ごころついたころから特別な訓練を受けた人間がどういう人間になるか。答は簡単である、その訓練が音楽なら一流の音楽家
スポーツなら一流のアスリート、そして帝王学なら帝王学がめざす最高の徳を実戦しうる専門家になるのである。天皇においてこの事は1500年以上の長きに渡りかわることはない。
帝王学とは民の上に立つ人間にふさわしい徳をそなえた最高の尊敬に値する王を養成するプログラムなのである。
 
・・・つづく


274 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 15:18:12 ID:zK/qd8rf
つづき
 そこでもう一つ考えていただきたい。各分野のプロになるべく育てられた人間はその分野においてのみ
最高のプロであり最高の力を発揮しうるのであると言う事を。
たとえばバイオリンをまるで神のごとく弾きこなせる人間がスポーツをさせれば笑いものになるケースは
想像に難くない。彼は自分のスポーツする姿を『人に見られなければ』一生、人に笑われることなく
暮らせるだろう。最高の芸術家にも、憧れの視線の的となるスターも知られたくない私生活があるのである。
しかしそれらの私生活が暴かれてしまうと一般のの尊敬や憧れの念の希薄化してしまうことが不可避となる。
彼等本来の鍛え上げられたの能力には寸分の変わりもないのにである。彼らの特殊能力に寸分の変わりもないのに
マスコミ等の興味本位の暴き行為によって一般は『な〜んだ、けっこうあいつらも私生活はダサイとこあんじゃん』などと日ごろそう思いたい気持ちも手伝って
そういう認識をするようになってしまうのである。余程自制心のある人間でない限り人は自分より優れた相手に嫉妬心を感じ粗さがしをして精神安定を図ろうとする生き物
であるという事を忘れてはならない。清朝最後の皇帝溥儀も私生活を暴けば靴紐一つ自分では結べない男でありこれを見て単なる嘲笑の対象にするか
特殊能力者として尊敬の対象にするかは一重に一般民衆の認識次第なのである。

 以上の理由により、再度申し上げるが、マスコミによって神秘性のベールがはがされ、天皇の生身の部分が曝される事こそが『天皇の徳自体ではなく
天皇の徳に対する民の認識力を曇らせる元凶となっているのである。
天皇の本性としての徳は昔も今もその3歳からの帝王学により担保されており不変であるにもかかわらず、マスコミの興味本位の報道により天皇の徳は民の視線からずらされ民の意識のなかで
希薄化しているというのが真実の姿なのである。』

 かくして希薄化してしまった天皇の徳を再び濃厚なものにするにはどうすればよいか、答は簡単、実行は困難!
しかし我が国の存亡をかけて何が何でも実行しなければならない必須要件なのである。この要件を満たす以外に道はない。
今ならまだ間に合うのである。

さてその答とは・・・つづく。


275 :イランジン:2007/03/17(土) 16:26:27 ID:ygo5aaFI
なんかビョーキやな。

276 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 17:09:46 ID:zK/qd8rf
つづき
その答とは::今も厳然と変わることのない天皇の『徳』に対する『認識力』を民の中に
養う事である。マスコミの商業主義や左翼欺瞞工作による『民の目に映る天皇の徳の希薄化工作』に対抗する唯一の
手段は『今も厳然と変わる事無く天皇に具わった天皇本来の徳』をマスコミの工作に左右される事なく認識する
『正し認識力』『中庸なる感性』を一般民衆が持つことなのである。

では、此処でいう『今も厳然と変わる事無く天皇に具わった天皇本来の徳』とはどのようなものであろうか。
まともな見識のある方々には周知のことであるが、それは即ち、天皇が日本全氏(うじ)の宗家の総領として、その氏神にかかわる全ての祭祀の
体系である神道(故に神道は祭祀道であり花道・武道のごとく宗教ではない)の祭祀王として今も変わる事無くその伝統的役割を果たされ、『私』を捨てその全人生を捧げておられると言う事実である。
これは日本の全氏(在日でない全ての家系)にとって即ちその集合体である日本国の存立にとって欠くべからざることなのである。
何となれば、日本人の日本人たる所以、日本人らしさ、全ての日本的なもの、日本人の日本人たるアイデンティティーの源は、全てこの日本独自の自然観即ち、自然に単一神でない八百万の神々の存在をみる多様な感性
に根ざすものだからである。

この日本人らしい豊かな感受性の源である『自然の多様な神々を尊重する多岐に渡る祭祀』を『私』を捨て『日本』という言葉の意味する本質を絶える事無く1500年の長きにわたり維持しておられる事実をみれば、
そして一般民衆がそのことの重要性をあらためて再認識するようになれば、
天皇家が如何に尊敬に値する宗家であるかが再び濃厚に理解されるようになるのである。

 天皇は今も昔も我々の宗家としての役割を変わる事無く十二分に果たし続けておられる。
そこに厳然とある『徳』は今も昔も寸分変わることはないのである。



277 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 18:39:10 ID:zK/qd8rf
>>275
蒙昧らしい反応である。ほかに言葉もなかろう。クスクス。

できれば、2時間おきにレスしてほしい。


278 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 19:56:15 ID:zK/qd8rf
>>275
蒙昧らしい反応である。ほかに言葉もなかろう。クスクス。

できれば、2時間おきにレスしてほしい。



279 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 20:15:19 ID:zK/qd8rf
>>275
蒙昧らしい反応である。ほかに言葉もなかろう。クスクス。

できれば、2時間おきにレスしてほしい。

280 :名無しさん@3周年:2007/03/17(土) 21:09:51 ID:ygo5aaFI
          ,.、  _,.-‐‐‐‐-- 、
      ___   ,ィ|  ̄`   `ヽ‐- 、 ヽ、
     /´ ̄`>' / |   、    \ ヽ. \
   〃    / / {|  i 、 ヽ、 ヽ、 丶 \丶 <天皇陛下も北朝鮮のデブも同じですわね!
   {    / / /ハ i ヽ、ヽ\ヽ、 ヽ 、 l i.
      // , !  !l ヽ.ヽ、 ヽ、 \ヽ ヽ、丶! l !      少しだけ違うだけで、
     ,イl | l |  l | ,,_ヽ ヽ ヽ´  ̄,,_`ヽヽ! | !,ハ
    〃l | l l | ,.ィi'「 ,,._ \\ ! ,ィにニト、lヽト、,リト、    他人様から集めたお金でのうのうと暮らしてるわ!
    { l l | !ハ ト、| ,イl-ヘ      'っソ リ´| レ',ハ〈
    ` ヽト! ヽ|ヽ〈!'っ小.       ゞ-'^ | l ' |l トl     毎年毎年270億円以上もの大金を使う理由もナイわよね!
       ` /ハ ト` ゞ'´  ,    '' " //! !l l |
       〃 /  ハ '' "   -‐'   .イ// l ! l ハ     皇室外交なんてチャンチャラおかしいわ!
      / // / ,l |`ト ._     / l/ //| l ! l
     / // / / l l/l | l `i ー '´  l /l/ | | ! | ハ.       動物園のパンダ程度は役に立ってるでしょうけども!
   / // / / /_」,,! -┴'/    /!l l`ー-、!」 l !|
 / / /  // ,ィl | |   /_   / j,ハl //ニヽ!、
/ // /  〃 / ヽヾ、  i  /   {l //,.'´    ヽ、
 / //   / /  ト、ヾヽ l /_,.- ニ二/ /     ミ、!
/  〃  /  / /! `ヽ、`L!/     /`、l      ヾソ

281 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 21:56:17 ID:zK/qd8rf
>>280 在日オタクの言いそうな事である。日本人オタクなら案の定明確な無智しか曝していない蒙昧の典型であるが。

オタクだけあって絵がロリコンなのが笑える。
時々笑われにいらっしゃい。



282 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 21:58:14 ID:zK/qd8rf
>>253ら蒙昧はすぐ簡単に否定できる明らかな誤りしか言わない。相手をしても暇つぶしくらいにしかならないのでつまらない。ゆえに、
しばらく捨て置き本題に戻ろう。

先ず>>236【スキャンダルそのものよりもスキャンダルを報じてしまうマスコミが悪いのだと。
それではそもそも天皇が人間である必要性がないのではないでしょうか。】の疑問について。

答『人間的な弱みを排除した抽象的な存在としての唯一神を崇拝対象とした国家体制では宗教的対立からの争い、分裂・対立を
生む事は歴史が証明する周知の事実である。人間である天皇を国家の象徴とする事の圧倒的な優位性は天皇が、本質的に宗教的崇拝の対象ではなく宗教的対立とは無縁な存在である事なのである。
天皇を現人神と呼んだ事実から天皇をキリスト教のような唯一絶対の神と誤解し易いが、我が国神道の神は所謂八百万の神であり、唯一神の絶対性を権力者が悪用しようにも不可能なのである。したがって、
たとえ天皇を神として崇めようとも唯一絶対神のキリスト教の様な弊害は起こりようがないのである。天皇が大元帥として君臨したといわれる明治大正昭和の戦争においても実は天皇は国家権力そのものではなく
国家概念の象徴としての役割を果たして居られたに過ぎない事実はあまり知られていない。この事を良く理解すれば、天皇に戦争責任がない事も自明の理となるのである。
そしてまた、厳正なる事実として天皇は自然に対する畏怖の心から生まれた神道という祭祀体系を維持統括する祭祀王であり、信仰崇拝の直接対象たる神では断じてない。天皇に貼りついていたのは八百万の神々につながる
神秘性でありその神秘性から現人神と呼ばれ、このことが天皇の徳を維持する強力な力を1500年以上の長きにわたり発揮し続けていたからこそ天皇の徳もその神秘性によって守られ維持されてきたのである。
マスコミによってこの神秘性のベールがはがされ、天皇の生身の部分が曝される事こそが『天皇の徳自体ではなく天皇の徳に対する民の認識力を曇らせる元凶となっているのである。
天皇の本性としての徳は昔も今もその3歳からの帝王学により担保されており不変であるにもかかわらず、マスコミの興味本位の報道により天皇の徳は民の視線からずらされ民の意識のなかで
希薄化しているというのが真実の姿なのである。』
つづく

283 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 21:59:34 ID:zK/qd8rf
>>270つづき『置物の偶像崇拝や宗教国家(宗教原理主義国家)の弊害・徳を維持できた日本の皇室のすばらしさをよく理解して言っておられる
あなたには、すこし釈迦に説法なところがあったか思いますがご容赦ください。おっしゃっている事の良く解らない蒙昧あるいは解りたくない輩にも
理屈で解るようにすこし解説を加味させていただきました。
 さて、私があなた申し上げたいのは『今も昔も天皇の徳に変わりはない。なんとなれば、特定の訓練が人間の脳に与える影響は千年まえも今も変わりはないからである。』
ということなのです。『物』ごころついたころから特別な訓練を受けた人間がどういう人間になるか。答は簡単である、その訓練が音楽なら一流の音楽家
スポーツなら一流のアスリート、そして帝王学なら帝王学がめざす最高の徳を実戦しうる専門家になるのである。天皇においてこの事は1500年以上の長きに渡りかわることはない。
帝王学とは民の上に立つ人間にふさわしい徳をそなえた最高の尊敬に値する王を養成するプログラムなのである。
 
・・・つづく


284 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 22:00:42 ID:zK/qd8rf
つづき
 そこでもう一つ考えていただきたい。各分野のプロになるべく育てられた人間はその分野においてのみ
最高のプロであり最高の力を発揮しうるのであると言う事を。
たとえばバイオリンをまるで神のごとく弾きこなせる人間がスポーツをさせれば笑いものになるケースは
想像に難くない。彼は自分のスポーツする姿を『人に見られなければ』一生、人に笑われることなく
暮らせるだろう。最高の芸術家にも、憧れの視線の的となるスターも知られたくない私生活があるのである。
しかしそれらの私生活が暴かれてしまうと一般のの尊敬や憧れの念の希薄化してしまうことが不可避となる。
彼等本来の鍛え上げられたの能力には寸分の変わりもないのにである。彼らの特殊能力に寸分の変わりもないのに
マスコミ等の興味本位の暴き行為によって一般は『な〜んだ、けっこうあいつらも私生活はダサイとこあんじゃん』などと日ごろそう思いたい気持ちも手伝って
そういう認識をするようになってしまうのである。余程自制心のある人間でない限り人は自分より優れた相手に嫉妬心を感じ粗さがしをして精神安定を図ろうとする生き物
であるという事を忘れてはならない。清朝最後の皇帝溥儀も私生活を暴けば靴紐一つ自分では結べない男でありこれを見て単なる嘲笑の対象にするか
特殊能力者として尊敬の対象にするかは一重に一般民衆の認識次第なのである。

 以上の理由により、再度申し上げるが、マスコミによって神秘性のベールがはがされ、天皇の生身の部分が曝される事こそが『天皇の徳自体ではなく
天皇の徳に対する民の認識力を曇らせる元凶となっているのである。
天皇の本性としての徳は昔も今もその3歳からの帝王学により担保されており不変であるにもかかわらず、マスコミの興味本位の報道により天皇の徳は民の視線からずらされ民の意識のなかで
希薄化しているというのが真実の姿なのである。』

 かくして希薄化してしまった天皇の徳を再び濃厚なものにするにはどうすればよいか、答は簡単、実行は困難!
しかし我が国の存亡をかけて何が何でも実行しなければならない必須要件なのである。この要件を満たす以外に道はない。
今ならまだ間に合うのである。

さてその答とは・・・つづく。

285 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 22:02:15 ID:zK/qd8rf
つづき
その答とは::今も厳然と変わることのない天皇の『徳』に対する『認識力』を民の中に
養う事である。マスコミの商業主義や左翼欺瞞工作による『民の目に映る天皇の徳の希薄化工作』に対抗する唯一の
手段は『今も厳然と変わる事無く天皇に具わった天皇本来の徳』をマスコミの工作に左右される事なく認識する
『正し認識力』『中庸なる感性』を一般民衆が持つことなのである。

では、此処でいう『今も厳然と変わる事無く天皇に具わった天皇本来の徳』とはどのようなものであろうか。
まともな見識のある方々には周知のことであるが、それは即ち、天皇が日本全氏(うじ)の宗家の総領として、その氏神にかかわる全ての祭祀の
体系である神道(故に神道は祭祀道であり花道・武道のごとく宗教ではない)の祭祀王として今も変わる事無くその伝統的役割を果たされ、『私』を捨てその全人生を捧げておられると言う事実である。
これは日本の全氏(在日でない全ての家系)にとって即ちその集合体である日本国の存立にとって欠くべからざることなのである。
何となれば、日本人の日本人たる所以、日本人らしさ、全ての日本的なもの、日本人の日本人たるアイデンティティーの源は、全てこの日本独自の自然観即ち、自然に単一神でない八百万の神々の存在をみる多様な感性
に根ざすものだからである。

この日本人らしい豊かな感受性の源である『自然の多様な神々を尊重する多岐に渡る祭祀』を『私』を捨て『日本』という言葉の意味する本質を絶える事無く1500年の長きにわたり維持しておられる事実をみれば、
そして一般民衆がそのことの重要性をあらためて再認識するようになれば、
天皇家が如何に尊敬に値する宗家であるかが再び濃厚に理解されるようになるのである。

 天皇は今も昔も我々の宗家としての役割を変わる事無く十二分に果たし続けておられる。
そこに厳然とある『徳』は今も昔も寸分変わることはないのである。

286 :名無しさん@3周年:2007/03/17(土) 22:06:55 ID:ygo5aaFI
川原で石を積んでイミあるんすか? 

287 :憂国士(by教授):2007/03/17(土) 22:15:30 ID:zK/qd8rf
>>286
そのお粗末な感性、ものを見る目の曇りが同類の蒙昧を増殖させているのである。

何の見識もないまた反論も出来ない蒙昧がが分った風な事を言う物ではない。

288 :憂国士(by教授):2007/03/18(日) 00:31:14 ID:BhqbJOBj
>>286
そのお粗末な感性、ものを見る目の曇りが同類の蒙昧を増殖させているのである。

何の見識もないまた反論も出来ない蒙昧がが分った風な事を言う物ではない。


289 :名無しさん@3周年:2007/03/18(日) 12:00:24 ID:RhGCuQe3
大日本帝国では先の大戦で300万人以上も死んでます。

現代においても年間3万人から自殺してます。

別に天皇の徳とかあるとはおもえませんが。

290 :憂国士(by教授):2007/03/18(日) 12:56:07 ID:BhqbJOBj
>>289
スターリン政権下のソ連と文化大革命によって1億3000万人が同胞らのてによって
政治的粛正の名の下に大虐殺された。

我が国大戦の死者は愛する家族を中ソの謀略(ゾルゲ事件に中ソ謀略による太平洋戦争不可避の真実がある)から守るための
尊い戦士の名誉の戦死である。

自殺は本人責任、死んだら『怠け者の負け組み人生』がリセットできると勘違いしてすぐ死ぬバカが増えただけである。
といっても、あなたはがんばって生きてください!簡単に人生をリセットしようとしないで下さい!人生はTVゲームではないのだからね。
・・・蒙昧相手は精神的に疲れる。すぐ自分の人生をリセットしようとする単純思考が多いからね・・・
こんな分り切った事まで言わねばならぬのである。

291 :憂国士(by教授):2007/03/18(日) 12:58:33 ID:BhqbJOBj
>>253ら蒙昧はすぐ簡単に否定できる明らかな誤りしか言わない。相手をしても暇つぶしくらいにしかならないのでつまらない。ゆえに、
しばらく捨て置き本題に戻ろう。

先ず>>236【スキャンダルそのものよりもスキャンダルを報じてしまうマスコミが悪いのだと。
それではそもそも天皇が人間である必要性がないのではないでしょうか。】の疑問について。

答『人間的な弱みを排除した抽象的な存在としての唯一神を崇拝対象とした国家体制では宗教的対立からの争い、分裂・対立を
生む事は歴史が証明する周知の事実である。人間である天皇を国家の象徴とする事の圧倒的な優位性は天皇が、本質的に宗教的崇拝の対象ではなく宗教的対立とは無縁な存在である事なのである。
天皇を現人神と呼んだ事実から天皇をキリスト教のような唯一絶対の神と誤解し易いが、我が国神道の神は所謂八百万の神であり、唯一神の絶対性を権力者が悪用しようにも不可能なのである。したがって、
たとえ天皇を神として崇めようとも唯一絶対神のキリスト教の様な弊害は起こりようがないのである。天皇が大元帥として君臨したといわれる明治大正昭和の戦争においても実は天皇は国家権力そのものではなく
国家概念の象徴としての役割を果たして居られたに過ぎない事実はあまり知られていない。この事を良く理解すれば、天皇に戦争責任がない事も自明の理となるのである。
そしてまた、厳正なる事実として天皇は自然に対する畏怖の心から生まれた神道という祭祀体系を維持統括する祭祀王であり、信仰崇拝の直接対象たる神では断じてない。天皇に貼りついていたのは八百万の神々につながる
神秘性でありその神秘性から現人神と呼ばれ、このことが天皇の徳を維持する強力な力を1500年以上の長きにわたり発揮し続けていたからこそ天皇の徳もその神秘性によって守られ維持されてきたのである。
マスコミによってこの神秘性のベールがはがされ、天皇の生身の部分が曝される事こそが『天皇の徳自体ではなく天皇の徳に対する民の認識力を曇らせる元凶となっているのである。
天皇の本性としての徳は昔も今もその3歳からの帝王学により担保されており不変であるにもかかわらず、マスコミの興味本位の報道により天皇の徳は民の視線からずらされ民の意識のなかで
希薄化しているというのが真実の姿なのである。』
つづく

292 :憂国士(by教授):2007/03/18(日) 12:59:36 ID:BhqbJOBj
>>270つづき『置物の偶像崇拝や宗教国家(宗教原理主義国家)の弊害・徳を維持できた日本の皇室のすばらしさをよく理解して言っておられる
あなたには、すこし釈迦に説法なところがあったか思いますがご容赦ください。おっしゃっている事の良く解らない蒙昧あるいは解りたくない輩にも
理屈で解るようにすこし解説を加味させていただきました。
 さて、私があなた申し上げたいのは『今も昔も天皇の徳に変わりはない。なんとなれば、特定の訓練が人間の脳に与える影響は千年まえも今も変わりはないからである。』
ということなのです。『物』ごころついたころから特別な訓練を受けた人間がどういう人間になるか。答は簡単である、その訓練が音楽なら一流の音楽家
スポーツなら一流のアスリート、そして帝王学なら帝王学がめざす最高の徳を実戦しうる専門家になるのである。天皇においてこの事は1500年以上の長きに渡りかわることはない。
帝王学とは民の上に立つ人間にふさわしい徳をそなえた最高の尊敬に値する王を養成するプログラムなのである。
 
・・・つづく


293 :憂国士(by教授):2007/03/18(日) 13:00:41 ID:BhqbJOBj
つづき
 そこでもう一つ考えていただきたい。各分野のプロになるべく育てられた人間はその分野においてのみ
最高のプロであり最高の力を発揮しうるのであると言う事を。
たとえばバイオリンをまるで神のごとく弾きこなせる人間がスポーツをさせれば笑いものになるケースは
想像に難くない。彼は自分のスポーツする姿を『人に見られなければ』一生、人に笑われることなく
暮らせるだろう。最高の芸術家にも、憧れの視線の的となるスターも知られたくない私生活があるのである。
しかしそれらの私生活が暴かれてしまうと一般のの尊敬や憧れの念の希薄化してしまうことが不可避となる。
彼等本来の鍛え上げられたの能力には寸分の変わりもないのにである。彼らの特殊能力に寸分の変わりもないのに
マスコミ等の興味本位の暴き行為によって一般は『な〜んだ、けっこうあいつらも私生活はダサイとこあんじゃん』などと日ごろそう思いたい気持ちも手伝って
そういう認識をするようになってしまうのである。余程自制心のある人間でない限り人は自分より優れた相手に嫉妬心を感じ粗さがしをして精神安定を図ろうとする生き物
であるという事を忘れてはならない。清朝最後の皇帝溥儀も私生活を暴けば靴紐一つ自分では結べない男でありこれを見て単なる嘲笑の対象にするか
特殊能力者として尊敬の対象にするかは一重に一般民衆の認識次第なのである。

 以上の理由により、再度申し上げるが、マスコミによって神秘性のベールがはがされ、天皇の生身の部分が曝される事こそが『天皇の徳自体ではなく
天皇の徳に対する民の認識力を曇らせる元凶となっているのである。
天皇の本性としての徳は昔も今もその3歳からの帝王学により担保されており不変であるにもかかわらず、マスコミの興味本位の報道により天皇の徳は民の視線からずらされ民の意識のなかで
希薄化しているというのが真実の姿なのである。』

 かくして希薄化してしまった天皇の徳を再び濃厚なものにするにはどうすればよいか、答は簡単、実行は困難!
しかし我が国の存亡をかけて何が何でも実行しなければならない必須要件なのである。この要件を満たす以外に道はない。
今ならまだ間に合うのである。

さてその答とは・・・つづく。

294 :憂国士(by教授):2007/03/18(日) 13:02:07 ID:BhqbJOBj
つづき
その答とは::今も厳然と変わることのない天皇の『徳』に対する『認識力』を民の中に
養う事である。マスコミの商業主義や左翼欺瞞工作による『民の目に映る天皇の徳の希薄化工作』に対抗する唯一の
手段は『今も厳然と変わる事無く天皇に具わった天皇本来の徳』をマスコミの工作に左右される事なく認識する
『正し認識力』『中庸なる感性』を一般民衆が持つことなのである。

では、此処でいう『今も厳然と変わる事無く天皇に具わった天皇本来の徳』とはどのようなものであろうか。
まともな見識のある方々には周知のことであるが、それは即ち、天皇が日本全氏(うじ)の宗家の総領として、その氏神にかかわる全ての祭祀の
体系である神道(故に神道は祭祀道であり花道・武道のごとく宗教ではない)の祭祀王として今も変わる事無くその伝統的役割を果たされ、『私』を捨てその全人生を捧げておられると言う事実である。
これは日本の全氏(在日でない全ての家系)にとって即ちその集合体である日本国の存立にとって欠くべからざることなのである。
何となれば、日本人の日本人たる所以、日本人らしさ、全ての日本的なもの、日本人の日本人たるアイデンティティーの源は、全てこの日本独自の自然観即ち、自然に単一神でない八百万の神々の存在をみる多様な感性
に根ざすものだからである。

この日本人らしい豊かな感受性の源である『自然の多様な神々を尊重する多岐に渡る祭祀』を『私』を捨て『日本』という言葉の意味する本質を絶える事無く1500年の長きにわたり維持しておられる事実をみれば、
そして一般民衆がそのことの重要性をあらためて再認識するようになれば、
天皇家が如何に尊敬に値する宗家であるかが再び濃厚に理解されるようになるのである。

 天皇は今も昔も我々の宗家としての役割を変わる事無く十二分に果たし続けておられる。
そこに厳然とある『徳』は今も昔も寸分変わることはないのである。

295 :名無しさん@3周年:2007/03/18(日) 13:27:47 ID:RhGCuQe3
>>290
よその国の人が何人死んでも関係ないが、日本人が300万人も死ぬのはイヤだ。

それも天皇のためとか絶対にイヤ。
そして、300万人のなかに自分や家族、友達が死ぬなんてゼーーータイにイヤ!!

296 :愛国士:2007/03/18(日) 15:20:38 ID:2lXZztt3
>>291-294
しかしながら憂国士殿。
今現在の問題は、バイオリン弾きに不慣れなスポーツをさせて嘲笑しているのではなく、
バイオリン弾きがバイオリンを弾かないことが問題になっているのですぞ。
皇族にあってなにをなすべきか、それが今現在の皇族の方々に問われているのですぞ。

おそらく現皇太子殿下は、天皇歴代がお受けになった帝王学も、授けられぬままお育ちになったのでしょう。
民間出自の母上様より、直々の教育を受けたのでしょう。
また、皇太子妃殿下は、男女雇用機会均等法の洗礼を受けて社会で育ったお方。
まさに、戦後という時代の洗礼を受けた女性なのです。

バイオリン弾きの例えに戻りますれば、歴代のバイオリン弾きの家系にあって、
このお二方は「バイオリンはもう古いよ」とか「自分の好きなように弾かせてくれよ」
とか言っておられるような状態なのです。
これに臣民が異を唱えずにはいられません。

問題の本質はここにあるのですぞ。
マスコミが正しいとは言いませんが、マスコミが報道しなかったら、
我が国の国体の腐敗を誰も知るところがなくなり、我が国は知らぬ間に消滅していたかも知れません。

批判の矛先はマスコミではありませぬ。
皇室の方々の品性、そして「徳」の在り方なのですぞ。
そのへんのご意見をお聞かせください。

297 :名無しさん@3周年:2007/03/18(日) 15:35:35 ID:QDcVSQPP
>>268
根も葉もない噂

指すがカルト信者、カルトに嵌ってる人と全く同じ症状を示してるw

298 :愛国士:2007/03/18(日) 15:44:24 ID:2lXZztt3
>>297
何の見識もないまた反論も出来ない蒙昧がが分った風な事を言う物ではない。


299 :名無しさん@3周年:2007/03/18(日) 15:52:38 ID:QDcVSQPP
>>298
まぁそのおまいの見識とやらを街角やそこいらの人に披露してもキチガイとしか思われないんだけど?w

夜郎自大とはこの事だなw

300 :名無しさん@3周年:2007/03/18(日) 16:01:26 ID:RhGCuQe3
>>298
おまえに見識があるとも感じられないが、、、。

301 :憂国士(by教授):2007/03/19(月) 04:41:06 ID:kM42/ZCz
>>296
先ず申し上げておきますが、現皇太子妃についてはあなたと同じ危惧を抱いております。そもそも民間人を
帝王学の世界に引きずり込む事は基本的に無理があるのです。何となれば民間には3歳から帝王学を学んだ
女性は存在しないからです。その意味で皇妃を民間から向かえることは全くの過ち以外の何ものでもありません。
それほど帝王学は天皇の徳の必須要件なのです。しかし民間から入れた以上現皇太子妃殿下には如何なる精神的困難を乗り越えてでも、
天皇家の一員としての徳を身に付けていただかなければなりません。そのため於いても、
マスコミの報道・詮索は百害あって一利なしなのです。民間から嫁いだ皇妃としてその後の行動は神秘のベールに
包まれているのが良いのです。そして神秘的な伝統神事や皇室外交で活躍されるお姿だけを宮内庁は許可して報じさせれば良いのです。
そうするうちに国民の親しみからは遠ざかりますが国民の心には自然と『雅子妃は民間から皇室に入られたが厳粛な国家行事を華麗にこなされている』
という印象だけが徐々に国民の間に定着していき、国民にそう思われているという自覚がまた雅子妃を
より皇妃らしくしてゆくのです。そして20年もたてば雅子妃としての民間の香りの親しみは完全に消え失せ、完全なる神秘のベールに
包まれた尊敬の対象でしかない皇太子妃が誕生するのです。

 尊敬と親しみは相反する概念である事を知らねばならない。
やれスキーに行った、やれ神経症になった、やれ公務を休んで休養してる、全て報じる必要のないことである。
こんな事をいちいち報じて皇妃の尊厳を希薄化させていたら国民が誇るべき皇太子妃の誕生など望むべくもない。
左翼マスコミが潰しに掛かっているのである。

つづく

302 :憂国士(by教授):2007/03/19(月) 04:42:51 ID:kM42/ZCz
つづき>>296『バイオリン弾きがバイオリンを弾かないことが問題』について

先にも申しましたように、今上天皇は帝王学を学んだものだけが成しうる『特殊技能』つまりバイオリニストのバイオリン技能に当たる『特殊技能』を
今も十分発揮されその役割を十二分に果たされているのです。
その役割とは何か。
それは、今上天皇が日本全氏(うじ)の宗家の惣領としての役割、即ち、その氏神にかかわる全ての祭祀の
体系である神道の祭祀王として伝統的役割である。
今上天皇は今尚『私』を捨て、その全人生を上記の役割のために捧げておられるのである。

この役割の重要性を知れば日本にとって天皇が今もこれだけで十分尊敬に値する存在である事がわかるのである。
これ以外の天皇の日常を一般に知らしめ、あれやこれやの詮索を可能にするマスコミの行為は『専門家を畑違いの分野で取り沙汰して笑う愚』=
『バイオリニストをスポーツで笑う愚』なのである。

またあなたが言う
『マスコミが報道しなかったら、
我が国の国体の腐敗を誰も知るところがなくなり、我が国は知らぬ間に消滅していたかも知れません。』は

 国体つまり 国家の根本体制あるいは国家の形態を『象徴天皇制』とするならば
全くの誤りであると言わねばなりません。左翼的マスコミ報道、無節操な興味本位の商業主義に落ちたマスコミ報道こそが
『国体の尊厳を傷つける元凶』なのです。日本の国体は天皇の帝王学によって担保されておりマスコミが左翼思想で民衆の心を天皇から分断しないかぎりにおいて
『国体の腐敗』自体『有りもしない事』なのです。
国体に対して左翼的マスコミを正義の公器などと考えるのは愚の骨頂であり『捏造の総合商社』である朝日新聞
に代表されるマスコミこそ国を誤る元凶なのである。そのことが分る一つの史実をもうしあげよう。
日本を敗戦に導く元凶となった中国戦線の拡大は何を隠そう『朝日新聞がマルキスト結託して行った大欺瞞工作』が真の原因なのである。



303 :イランジン:2007/03/19(月) 17:29:41 ID:flSe4TBa
廃止理由は一杯有る
1:身分制度は要らない
2:税金の無駄使い
3:男女差別の制度
4:人間は法の下の平等原則に反する
5:世襲制は不公平だ(国民がくじ引き交代でやるべきw)
6:半島人文化は半島に持って帰れ
7:天皇は売国奴だ、アメリカに助けて貰って占領政策で日本国民をアメリカに売った
8:戦争責任をヒロヒトは取っていない



まあ、こんなん一部やけどね。まだまだアルよ。




304 :名無しさん@3周年:2007/03/19(月) 20:40:04 ID:690cBbld
>>303
へー、まだいるんだ〜
こういう前世紀のヒーロー気取りの人って・・・・
すごくナツカシイよ

305 :憂国士(by教授):2007/03/19(月) 20:55:32 ID:kM42/ZCz
世界で「天皇」は何を意味するか?
「天皇」は美しい伝統をイメージさせる。 正直建国200年余り伝統のないアメリカ人にはうらやましい。
戦勝国の教科書には第二次世界大戦の記述で
「天皇(ヒロヒト)」「ヒトラー」「ムソリーニ」は並ぶという厚顔無恥な嘘を子供に教えて恥じないお粗末な物が多いが、
全て日本をおとしめる欺瞞行為の産物である。
アメリカ等の連合国として戦った国では敵は「天皇」と教育された。
その結果連合国の戦死した兵士の家族は『天皇に殺された』と事実に反する
嘘を信じさせられ本当の敵を知らないまま身内の死の真実にこそやどる尊厳を
汚されている。
天皇の軍隊に侵略された国々は「天皇」から自国を守るために戦った。と
思い込まされている『真実から隔離された』哀れなものたちである。
「天皇」が世界で悪いイメージだと思うのは世間知らずも甚だしい。
「天皇」に家族を殺されたと思い込まされた人が「天皇」に好感を持てないのは当然である。
考えなくてもすぐ分ることである。
「天皇」と戦った連合国の人達にとって敵の象徴「天皇」は途方もない伝統と格式を持つ東洋の
神秘であった。単純な好感など持てるか考えてみればいい。
外国人の目には「天皇」は『特別の存在』『東洋の神秘』ラストサムライという映画
を作ったアメリカ人の意識のなかにある『天皇像』をみても明らかであるが、彼らに外国人に
とって『天皇』は『武士道の国の王』『東洋の神秘の王』として畏怖の対象でもあった。
それゆえ、敵として戦った外国人戦士のなかに、正々堂々たる武士の魂を宿す勇猛果敢な日本軍戦士と真剣勝負で戦えた
事を誇りとする者も少なくない。『敵ながら天晴れ』とお互い感じあった真実が、厚顔無恥な戦勝国の恣意的な歴史捏造の
裏で、脈々と息づいているのである。

いい意見なのでおいときますね。



306 :憂国士(by教授):2007/03/19(月) 20:57:47 ID:kM42/ZCz
「天皇」と戦った連合国の人達にとって敵の象徴「天皇」は途方もない伝統と格式を持つ東洋の
神秘であった。単純な好感など持てるか考えてみればいい。
外国人の目には「天皇」は『特別の存在』『東洋の神秘』ラストサムライという映画
を作ったアメリカ人の意識のなかにある『天皇像』をみても明らかであるが、彼らに外国人に
とって『天皇』は『武士道の国の王』『東洋の神秘の王』として畏怖の対象でもあった。
それゆえ、敵として戦った外国人戦士のなかに、正々堂々たる武士の魂を宿す勇猛果敢な日本軍戦士と真剣勝負で戦えた
事を誇りとする者も少なくない。『敵ながら天晴れ』とお互い感じあった真実が、厚顔無恥な戦勝国の恣意的な歴史捏造の
裏で、脈々と息づいているのである。

いい意見なのでおいときますね。



307 :憂国士(by教授):2007/03/19(月) 22:53:14 ID:kM42/ZCz
>>304 懐かしいというか哀れというか、>>303は典型的な蒙昧の末路ですね。
>>239 :イランジン :2007/03/14(水) 00:26:07 ID:Wd4KEQ12
『まあ、こんなん一部やけどね。まだまだアルよ。』 と言っておきながら
いまだに同じ事の繰り返しとは・・・あきれた蒙昧である。

今更わざわざ否定するまでもない蒙昧文>>303=>>239であるが、蒙昧振りが見苦しいので瞬殺で
ケリ付けておこう。

天皇制の廃止理由 など微塵もない。
1:身分制度は要らない→ 象徴天皇制は身分制度ではない。立憲君主制を担保するために必要不可欠な制度であり日本の誇る叡智である。

2:税金の無駄使い →必要不可欠なものにこそ税金を使う妥当性がある。過剰公務員を養う税金こそ無駄である。

3:男女差別の制度 → 男女の役割の本質的相違を明確に示す指標となるべき重要なもので、忌々しきジェンダーフリー思想
から国民を守る概念が多くもりこまれている。 

4:人間は法の下の平等原則に反する → 法の下の平等とは国家が国民に担保するものである。私有財産を持たない
天皇はそもそも国家の法概念では計れない存在である。天皇は帝王学の体系によって国民を安寧に導くよう行動を規定された存在なのである。

5:世襲制は不公平だ(国民がくじ引き交代でやるべきw)→民間人を皇室に入れることの愚は周知である。また世襲にこそ天皇制の意味がある。
世襲でなければ天皇制自体自然消滅してしまう性質のものなのである。

6:半島人文化は半島に持って帰れ→天皇が代々受け継ぐ日本の伝統文化は世界が認める日本独自の文化である。世界4大文明に加うるところの5番目の文明に根ざす
というイギリス人研究者も居るくらいである。

7:天皇は売国奴だ、アメリカに助けて貰って占領政策で日本国民をアメリカに売った →天皇が居られたからこそ今の日本の繁栄がある。マッカーサーの天皇に対する
尊敬の念が全てを物語っている。

8:戦争責任をヒロヒトは取っていない →実は明治以来象徴であり続ける天皇に
戦争責任など論理的にありえない。『天皇が実は戦前から象徴であった事実』を
知ればその事が良く分る。

308 :名無しさん@3周年:2007/03/19(月) 23:03:43 ID:lzysKfRi
マジきんもー☆

309 :名無しさん@3周年:2007/03/20(火) 07:36:14 ID:bdO78W66
        /: : : : : :′: : : : : : : : `丶、
      /: : : : : : : : :\:\\: \: : : : \      ,. - 、
.    /: : : : /: : /: : l.: :l: ト: ヽ ヽ: :ヽヽヽヽヽ    .l´-'‐ヽト、
   /: : : : :l : : | l: :l l_:ム:l ヽ:lヽ┼:、|: |:.|ヽヽ!    |   こノノ) あたしたちの未来のためにもーーーー。
.  / : : : : :.| : : |:ll,ィ´l:.l l:|  !l l:| V| :|∧リ ′ /   `フ′
 /: : :. .:.:.:.:| : : |'! !l リ リ  リ '__ Y:. : l   /   /´       てんのーーーせーーーー、廃止ーーーーー。
 | : :.:.:.:.:.:.:.| : : |l l,z==   , ' ̄`,,!:.:. :l/     /
 |: :.:.:.:.:.:.:.,ィ:.:. :l 〃 , ,   ┌-┐   |:.:.: :l      / ついでに、靖国神社もイラナーーーーーーーイ。
 |: :.:.:.:.:.〃 !:.:. :l        、__ノ   /:.:.:.: :!   /
 l: :.:.:.:.:.:`ヽl:.:.:. :l           / l:.:.:.: :|  ./     ついでに、クソウヨも、イラナーーーーーーイ。
. !: l:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:. :l7    ┬‐< l.  l:.l、: :| /
  l: l、:.:|、:.:.:.;.l:.l\\    lヽ  ヽ!  リ ∨′
.  N \| K´_ ヽ\\ヽ   ,ハ  l   /
.      /  ヽ l  lヾー_. -┘  l/
      /     ∨   ̄        l
    /       /            l





310 :幸福の科学広報局 ◆Qwpuh33RxU :2007/03/20(火) 07:53:58 ID:Mg3HmHQM
>>305
しかし、そんな神秘主義自体が不要だ。
非科学的であるとともに、税金の無駄遣いおよびに全体主義そのものだ。

「現人神」みたいな迷信は不要。
昭和天皇だって、死刑にするべきだった存在。
マッカーサーも甘い!
昭和天皇、全くもって卑しい人物。
命ごいなどをしくさった俗物であり、だから共産化をおそれた執着心の権化。

昭和天皇は、地獄で苦しんでいることは確実。


311 :幸福の科学広報局 ◆Qwpuh33RxU :2007/03/20(火) 07:59:04 ID:Mg3HmHQM
憂国士(by教授)

おまえの正体、皇學館大學の高橋史郎か?
そういえば高橋の奴、最近の「生長の家」の左傾化に激怒していると聞いてるが。

312 :憂国士(by教授):2007/03/20(火) 08:02:20 ID:hFf+xl9h
世界で「天皇」は何を意味するか?
「天皇」は美しい伝統をイメージさせる。 正直建国200年余り伝統のないアメリカ人にはうらやましい。

戦勝国の教科書には第二次世界大戦の記述で
「天皇(ヒロヒト)」「ヒトラー」「ムソリーニ」は並ぶという厚顔無恥な嘘を子供に教えて恥じないお粗末な物が多いが、
全て日本をおとしめる欺瞞行為の産物である。

アメリカ等の連合国として戦った国では敵は「天皇」と教育された。
その結果連合国の戦死した兵士の家族は『天皇に殺された』と事実に反する
嘘を信じさせられ本当の敵を知らないまま身内の死の真実にこそやどる尊厳を
汚されている。

天皇の軍隊に侵略された国々は「天皇」から自国を守るために戦った。と
思い込まされている『真実から隔離された』哀れなものたちである。

「天皇」が世界で悪いイメージだと思うのは世間知らずも甚だしい。

「天皇」に家族を殺されたと思い込まされた人が「天皇」に好感を持てないのは当然である。
考えなくてもすぐ分ることである

313 :憂国士(by教授):2007/03/20(火) 08:05:35 ID:hFf+xl9h
「天皇」に家族を殺されたと思い込まされた人が「天皇」に好感を持てないのは当然である。
考えなくてもすぐ分ることである。

「天皇」と戦った連合国の人達にとって敵の象徴「天皇」は途方もない伝統と格式を持つ東洋の
神秘であった。単純な好感など持てるか考えてみればいい。

外国人の目には「天皇」は『特別の存在』『東洋の神秘』ラストサムライという映画
を作ったアメリカ人の意識のなかにある『天皇イメージ』をみても明らかであるが、彼らに外国人に
とって『天皇』は『武士道の国の王』『東洋の神秘の王』として畏怖の対象でもあった。
それゆえ、敵として戦った外国人戦士のなかに、正々堂々たる武士の魂を宿す勇猛果敢な日本軍戦士と真剣勝負で戦えた
事を誇りとする者も少なくない。『敵ながら天晴れ』とお互い感じあった真実が、厚顔無恥な戦勝国の恣意的な歴史捏造の
裏で、脈々と息づいているのである。

いい意見なのでおいときますね。


314 :幸福の科学広報局 ◆Qwpuh33RxU :2007/03/20(火) 08:07:44 ID:Mg3HmHQM
>>312
そりゃ、「ヒロヒトラー」とわれるぐらいの俗物天皇だったんだからな、裕仁の奴。

315 :幸福の科学広報局 ◆Qwpuh33RxU :2007/03/20(火) 08:10:59 ID:Mg3HmHQM
昭和天皇とスターリンと、どちらが沢山の人々を殺しているだろうか?

ま、どっこいどっこいってところかw

316 :憂国士(by教授):2007/03/20(火) 08:21:02 ID:hFf+xl9h
>>309
ロリコンニート君・・・ついでに白状してしまいなさい。

自分も要らない(誰からも必要とされていない)と思っている事を!

すべてをさらけ出せば精神的に楽になりますよ。

そしてしっかり生きてください。人間は最小限、『生きる為に生まれてきた』のだから。

つまりこの世の全ての生命体は生まれた以上、根底に『生きる義務』というものを背負っているのです。

あらゆる生命体がもれなく熾烈な生存競争を営んでいるのはそのためなのです。

317 :憂国士(by教授):2007/03/20(火) 08:40:48 ID:hFf+xl9h
>>315 名前:幸福の科学広報局 :極めつけの『蒙昧印』が性懲りもなく湧いて出たので
曝しておく。

スターリンと毛沢東による粛清という名の自国民虐殺は1億3000万人であり、
第一次第二次大戦の総死者数(大目に見て6000万人)よりも多い世紀の殺人である。

『戦争』ではない『殺人』である。ゆえに彼らを歴史が『英雄』と呼ぶ事もない。

318 :イランジン:2007/03/20(火) 16:31:41 ID:bdO78W66
>>317
早くビョウキ治そうな! 

319 :名無しさん@3周年:2007/03/20(火) 19:47:17 ID:GlV1/w5B
世界遺産 第25代 武烈天皇

・妊婦の腹を割き、胎児を見ました。
・人の生爪をはがして、山芋を掘らせました。
・人の頭髪を抜いて樹に昇らせ、その樹を切り倒し墜落死するのを見て楽しみました。
・ため池の水を流す木管に、人をうつぶせに入らせ、外に流れるのを、三刃の矛で刺し殺して楽しみました。
・樹に昇らせた人を弓で射落として楽しみました。
・女性を裸にして馬の交接の様を見せ、興奮してオマンコが濡れた者は殺し、濡れなかった者は官婢にしました。


これが天皇陛下の歴史であり、伝統の正体です。


320 :憂国士(by教授):2007/03/21(水) 01:20:35 ID:M6DErA1W
>>318
また、ノコノコ恥の上塗りに出てきたか。
頭悪いくせに口答えだけしてみたところでどうなるものでもあるまい。

まあ、何の役にもたたないというと可哀相なので『スレ上げ役』に任命してあげるから
ちょくちょく来なさい。

321 :名無しさん@3周年:2007/03/21(水) 01:47:22 ID:9uOkO/Ek
昭和天皇が死んだ時に結構後追い自殺があったけど、
平成天皇が死んだら、何人ぐらい自殺するかな?

天皇陛下万歳と叫びながら、通勤電車にダイヴする奴、いたら、かっこいいよね。

322 :憂国士(by教授):2007/03/21(水) 02:23:07 ID:M6DErA1W
>>319の第25代 武烈天皇 の記述は定説とは異なる。

武列天皇については『日本書紀』には「頻りに諸悪を造し、一善も修めたまはず」とあるように、非常に悪劣なる天皇として描かれる。
しかし、若くして死去していることから、この『日本書紀』に見るような暴虐は無理があるとも考えられていた。
果たして、やはり『古事記』にはそのような記録がない。一方の『日本書紀』においても、悪劣で政治を顧みなかったように書きながら、『厳格な裁判を行った』とするなど『相矛盾する記事』が併存する。
この相違の背景には、血縁関係が薄い(→継体天皇参照)次代の継体天皇の即位を正当化する意図が『日本書紀』側に強くあり、『日本書紀』の記述は

★★【武烈天皇を漢籍によって暴君に仕立てる為の捏造であったとする説が一般的】★★である。
武列天皇は実は『厳格な裁判』での秩序を重んじた偉大な王だったのである。
この事実から戦前・戦中期、日本の国史教科書から数々の暴虐記事は全て削除されている。

以上でも分るように>>319に類する忌々しき亡国の輩どもは『恣意的に敵対勢力の伝承のみを採用するなどして』史実を都合よく捻じ曲げ
偽文をつかって偽りの歴史を捏造するのである。

>>319の偽文には偽装右翼・左翼の使う典型的欺瞞手法が見て取れるのでここに
典型的サンプルとして曝しておく。

323 ::2007/03/21(水) 02:53:57 ID:ndjimGN8
天皇制って国家的な人権侵害だと思うのですが。

ttp://d.hatena.ne.jp/kiok/20070318

324 :イランジン:2007/03/21(水) 08:32:26 ID:eNSIsJOT

>>322
その論拠は?  オマエの勝手な妄想だろ?   ププ。

325 :憂国士(by教授):2007/03/21(水) 20:01:09 ID:M6DErA1W
>>319の第25代 武烈天皇 の記述は定説とは異なる。

【戦前・戦中期、日本の国史教科書から数々の暴虐記事は全て削除されている事実】

武列天皇については『日本書紀』には「頻りに諸悪を造し、一善も修めたまはず」とあるように、非常に悪劣なる天皇として描かれる。
しかし、若くして死去していることから、この『日本書紀』に見るような暴虐は無理があるとも考えられていた。
果たして、やはり『古事記』にはそのような記録がない。一方の『日本書紀』においても、悪劣で政治を顧みなかったように書きながら、『厳格な裁判を行った』とするなど『相矛盾する記事』が併存する。
この相違の背景には、血縁関係が薄い(→継体天皇参照)次代の継体天皇の即位を正当化する意図が『日本書紀』側に強くあり、『日本書紀』の記述は

★★【武烈天皇を漢籍によって暴君に仕立てる為の捏造であったとする説が一般的】★★である。
武列天皇は実は『厳格な裁判』での秩序を重んじた偉大な王だったのである。
この事実から戦前・戦中期、日本の国史教科書から数々の暴虐記事は全て削除されている。

以上でも分るように>>319に類する忌々しき亡国の輩どもは『恣意的に敵対勢力の伝承のみを採用するなどして』史実を都合よく捻じ曲げ
偽文をつかって偽りの歴史を捏造するのである。

>>319の偽文には偽装右翼・左翼の使う典型的欺瞞手法が見て取れるのでここに
典型的サンプルとして曝しておく。


326 :憂国士(by教授):2007/03/21(水) 20:07:30 ID:M6DErA1W
>>324
また、ノコノコ恥の上塗りに出てきたか。
頭悪いくせに口答えだけしてみたところでどうなるものでもあるまい。

まあ、何の役にもたたないというと可哀相なので『スレ上げ役』に任命しておいたが、
言い付けだけは守れているようで、その点は褒めておく。よーしよしよしよし。


327 :憂国士(by教授):2007/03/21(水) 21:25:27 ID:M6DErA1W
>>296
先ず申し上げておきますが、現皇太子妃についてはあなたと同じ危惧を抱いております。そもそも民間人を
帝王学の世界に引きずり込む事は基本的に無理があるのです。何となれば民間には3歳から帝王学を学んだ
女性は存在しないからです。その意味で皇妃を民間から向かえることは全くの過ち以外の何ものでもありません。
それほど帝王学は天皇の徳の必須要件なのです。しかし民間から入れた以上現皇太子妃殿下には如何なる精神的困難を乗り越えてでも、
天皇家の一員としての徳を身に付けていただかなければなりません。そのため於いても、
マスコミの報道・詮索は百害あって一利なしなのです。民間から嫁いだ皇妃としてその後の行動は神秘のベールに
包まれているのが良いのです。そして神秘的な伝統神事や皇室外交で活躍されるお姿だけを宮内庁は許可して報じさせれば良いのです。
そうするうちに国民の親しみからは遠ざかりますが国民の心には自然と『雅子妃は民間から皇室に入られたが厳粛な国家行事を華麗にこなされている』
という印象だけが徐々に国民の間に定着していき、国民にそう思われているという自覚がまた雅子妃を
より皇妃らしくしてゆくのです。そして20年もたてば雅子妃としての民間の香りの親しみは完全に消え失せ、完全なる神秘のベールに
包まれた尊敬の対象でしかない皇太子妃が誕生するのです。

 尊敬と親しみは相反する概念である事を知らねばならない。
やれスキーに行った、やれ神経症になった、やれ公務を休んで休養してる、全て報じる必要のないことである。
こんな事をいちいち報じて皇妃の尊厳を希薄化させていたら国民が誇るべき皇太子妃の誕生など望むべくもない。
左翼マスコミが潰しに掛かっているのである。

つづく


328 :憂国士(by教授):2007/03/21(水) 21:26:20 ID:M6DErA1W
つづき>>296『バイオリン弾きがバイオリンを弾かないことが問題』について

先にも申しましたように、今上天皇は帝王学を学んだものだけが成しうる『特殊技能』つまりバイオリニストのバイオリン技能に当たる『特殊技能』を
今も十分発揮されその役割を十二分に果たされているのです。
その役割とは何か。
それは、今上天皇が日本全氏(うじ)の宗家の惣領としての役割、即ち、その氏神にかかわる全ての祭祀の
体系である神道の祭祀王として伝統的役割である。
今上天皇は今尚『私』を捨て、その全人生を上記の役割のために捧げておられるのである。

この役割の重要性を知れば日本にとって天皇が今もこれだけで十分尊敬に値する存在である事がわかるのである。
これ以外の天皇の日常を一般に知らしめ、あれやこれやの詮索を可能にするマスコミの行為は『専門家を畑違いの分野で取り沙汰して笑う愚』=
『バイオリニストをスポーツで笑う愚』なのである。

またあなたが言う
『マスコミが報道しなかったら、
我が国の国体の腐敗を誰も知るところがなくなり、我が国は知らぬ間に消滅していたかも知れません。』は

 国体つまり 国家の根本体制あるいは国家の形態を『象徴天皇制』とするならば
全くの誤りであると言わねばなりません。左翼的マスコミ報道、無節操な興味本位の商業主義に落ちたマスコミ報道こそが
『国体の尊厳を傷つける元凶』なのです。日本の国体は天皇の帝王学によって担保されておりマスコミが左翼思想で民衆の心を天皇から分断しないかぎりにおいて
『国体の腐敗』自体『有りもしない事』なのです。
国体に対して左翼的マスコミを正義の公器などと考えるのは愚の骨頂であり『捏造の総合商社』である朝日新聞
に代表されるマスコミこそ国を誤る元凶なのである。そのことが分る一つの史実をもうしあげよう。
日本を敗戦に導く元凶となった中国戦線の拡大は何を隠そう『朝日新聞がマルキスト結託して行った大欺瞞工作』が真の原因なのである。



329 :名無しさん@3周年:2007/03/21(水) 21:32:37 ID:Vd3/C9C0
イジメたい

330 :憂国士(by教授):2007/03/21(水) 22:03:54 ID:M6DErA1W
>>324
また、ノコノコ恥の上塗りに出てきたか。
頭悪いくせに口答えだけしてみたところでどうなるものでもあるまい。

まあ、何の役にもたたないというと可哀相なので『スレ上げ役』に任命しておいたが、
言い付けだけは守れているようで、その点は褒めておく。よーしよしよしよし。


331 :憂国士(by教授):2007/03/22(木) 00:03:02 ID:E3RMW6go
日本で幸せに暮らしたいと願うすべての日本人が胆に銘じるべき
『天皇制(正しくは皇室制度)の必要性』を説いた 極めて中庸なる、優れた見識
と言うものがどのようなものであるか、反天皇制のあわれな蒙昧諸君に見せておこう。

【鈴木崇一 :2007/03/21(水) 23:17:43 ID:/mZmYFlr】
『天皇家』は、我日本国における「国家統合の要」として、紀元は2660年前の
『神武天皇』を初代の天皇なる『万世一系の皇室の代表』とし、また、日本国民は
「尊皇と崇拝の心」を守って、この平成に即位された『今上天皇陛下』へと、世界に
誇る深い歴史を営まれて来られた。
日本の『天皇家』の数千年の永きに渡る「血筋の一筋の尊厳なる伝統」は、「断つ」
たら、絶対に、再生することなど不可能であり、また、日本国民の皇室に対します
「敬愛の心の大きな揺らぎ」となります。
誠に、『天皇陛下と皇室』に対する国民の尊厳を二分したり、攪乱したり、まして、
批判の対象などに、決して、してはならないのです。
実に、共産主義や独善教祖の手先、在日騒乱主義者などに乱されてはならない。
『天皇陛下と皇室』は『日本人の心の拠り所』であり、『国民の大きな絆』なので
ある。〔1d1〕





332 :憂国士(by教授):2007/03/22(木) 00:04:19 ID:E3RMW6go
【鈴木崇一 :2007/03/21(水) 23:18:27 ID:/mZmYFlr】
 日本国には『天皇陛下なる日本の象徴としての一つの重要な顔』があり、そして、
『総理大臣なる国民を代表するもう一つの重要な顔』がある。
 『総理大臣』も「全権を持たされる」が故に、その『全権の職責の重さ』を日ごと
に感じると共に、「総ての言動を注視され、責任を負わなければならない自由の規制
であり、人権の規制を受けること」にその精神的ご負担は計り知れないものがある。
しかし、『総理の場合』は数年の任期を全うすれば良いのである。
 『天皇陛下』におかれては、この世に誕生されてから職責を遂行され、全うされて
崩御されるまで、『人生の総てを日本国家と国民のために尽くし、ささげる運命』に
あることです。
「生涯的教育を受けられる」とはいえ、精神的異常を来たさない限り逃れられません。
すなわち、『天皇家の御方々』は一般国民の生き方と心情を思いやりながら、やはり、
特別な精神的に大きなご負担を背負った生き方をなさっていることを国民も指導者層
も深く認識しなければならない。
この度の親王殿下誕生から致しましても、『天皇家』は一歩ずつ確実に、その生き方で
国民に対し、「生きる勇気と喜び」を示しておられる様に思う。
秋篠宮妃紀子殿下と悠仁親王殿下の母子ともにお元気な様子は何よりの喜びです。〔1d2〕



333 :憂国士(by教授):2007/03/22(木) 00:08:40 ID:E3RMW6go
【鈴木崇一 :2007/03/21(水) 23:27:01 ID:/mZmYFlr】
60年前の世界大戦において、日本国は米国軍により、人類にして未曾有の「何故か、
プルトニウムとウランの各原子爆弾」を長崎と広島に投下され、一瞬にして数十万人を
失い、それに、300万人以上の父を、母を、兄弟たちを犠牲にして降伏しました。
その完全に打ちのめされて、打ち萎れていた中で、「平和憲法」を受け入れ、民主
主義として「女性も参政権」を獲得し、強い「米国進駐軍」に諭され従い、『死を覚悟
しておられた昭和天皇』は『日本人の心の拠り所と国民の大きな絆』として、国民を
勇気付けるとともに、焼け野が原の国土から必死に、国家再建へと邁進されました。
そして、『陛下の励まし』と「日本人の知力と努力」で、此処までの国家の成長と
社会基盤を獲得したのです。
真に、『昭和天皇陛下の職責の重さ』には、直向きに、「深く感謝」するのみです。〔2c〕


334 :憂国士(by教授):2007/03/22(木) 00:10:18 ID:E3RMW6go
【鈴木崇一 :2007/03/21(水) 23:28:14 ID:/mZmYFlr】
誠に、『人生の総てを国家と国民のために尽くし、ささげる運命にある天皇陛下』な
る『国主』は、先ず、「人の批判や下劣な言葉と無責任な発言」を出来ません。それ
に、「立場に合わないあきれた行動や伝統と仕来りに合わない行為」も出来ません。
しかし、「国を代表するお一人であり、人の権利として、社会性と人道へのご意見」を
述べられる様に希望します。
真に、平和を念願の『天皇陛下は日本の象徴としての一つの重要な顔』として、世界
のどの国の王族や指導者に会われても、お互いの国民の敬愛なる眼差しと喜びで歓迎
されるのです。
ここで「天皇制廃止者達」に問うが、もし、天皇制が廃止されて、現在の議員の中
から選ばれる『総理大臣』に『日本の象徴と代表の重要な二つの顔』を、全面的に
委ねて国内の全ての行事、多くの政治、経済と軍事問題、及び、多難な国際問題への
対応と対処が可能と本気で思うのか?
いずれにしても、全ての国々の支配層と指導層は、それなりに「誇りと重さを持った
伝統と歴史、権限と民族の力を踏まえた王族なり、指導者なのである。」
実に、数年の任期である日本の『総理大臣』のみに、この1億3千万人の国家に重要な
尊崇なる儀礼と多くの重要な問題解決はかなり、困難であり、不充分な可能性がある。
『総理』は「年金、経済、教育、環境、防衛、外交等の諸問題」に専念するべきです。〔4eb〕


335 :憂国士(by教授):2007/03/22(木) 00:14:17 ID:E3RMW6go
鈴木崇一 :2007/03/21(水) 23:29:36 ID:/mZmYFlr

【日本の共産・社会主義、騒乱主義、旧帝国主義、そして、執念的戦争被害主義者達や
平和国に付け込んだ邪悪な夷国人ども】が、何をもって「天皇制廃止」を叫ぶのか!

実に、日本国を「将軍、教祖、首相、大統領等の単独独裁支配」とするためであり、
「国の伝統と文化、威信と将来等」の失墜を狙った「皇室排斥の邪心」なのだ!
だからこそ、この「連続38回スレ」もの懐疑的異常回数で、日本の危機を煽る
「日本破滅主義者ども」の暗躍以外の何ものでもないのだ!

「日本の一般人と貧困層」から巨額の金を巻き上げ、数百万人の借金者を打ちのめす
「在日朝鮮人経営のパチンコ業と高利貸業」の莫大な金利得と朝鮮送金の一掃だ!
「国民から剥ぎ取った巨額銭」で朝鮮系は政界裏工作し、日本へ深く浸透している!
「年間パチンコ30兆円と高利貸の20兆円運用」で「役人と政治家の飼い殺し」だ!
「日本の大衆の銭を操る朝鮮」は
戦前の「ドイツのユダヤ」と同じではないのか!
この「擾乱主義ども」に侵略汚染されて、意見分断され、「1千兆円の国民借金」の
増大となり、無責任横行で国は大損し、国民不安と格差社会を助長しているのだ!
【この日本国家破壊主義には真剣に対抗して行かなければ、ドイツの二の舞となる!】〔10a〕


336 :名無しさん@3周年:2007/03/22(木) 04:31:20 ID:MTiuLCs2
   /:.:.:.:/:.:.:/:.:.:./:i:.:.:.i:、:.\:.:.:.:.:il:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:ヽ
    /:.:.:/:.:.:./:.:.:./i:.i:.:.:.:i:.:.l:.:.:.ヽ:.:.:.il:.:.:.:.:.:.l:.i:.:.:.:.:.l:.:.:!
   l:.:.:.:/:.:.:./:.:.:/il:.:l:.:.:.:.il:.:.i、:.:.:ヽ:.:.i|:.:.:.:.:.:l!:.l:.:.:.:.:l:.:.:l
   |:.:.:/:.:.:.l:.:.:./ il:.:i!:.:.:.:.il、:lヽ:.:.:.ヽ:.il:.:.:.:.:.:il:.:l:.:.:.:.l:.:.:l
   |:.:.l:.:.:.:.|:.:./  |:.!l:.:.:.:.:ilヾ! ヽ:.:.:.:l:il:.:.:.:..:.ij_:|:.:.:.:.|:.:.l
   l:.:.l:.:.:.:.|:.:/  l:i l:.:.:.i| i! ヽ:.:.:l:i!:.:.:.//´_`ヽ:.:l:.:.!
   |:.:l:.:.:.:.:l:/二ー-i! |:.:.:|ーli 二ヽ:i:i:.:.:// ,'::::::! l:.:l:.:l もしもし
   |:.:il:.:.:.:i:lヽ ト'`l`i  l:.:.| '"´ト'`l`/li:// ,'::::::::i /:.l:.:l 警察ですか?
   l:.:!l:.:.:.:lゞ、_`ー' )-‐ヾi(´ `ー',)=l、/ ,':::::::://:.:.l:.:l  あの、基地外が 
   .!:i li:.:.:.l::l ` ̄ l   i!  ̄ ̄〃 i、ヽ:::::::://i:.:.:.l:.:!
    l:! li:.:.:.l::l     |        /:::ヽ \ヾ!:.:!:.:.:l:.l
   . l! !:.:.:l:i:l    `      ,/-‐、::ヽ V 7:.i:.:.l:.!
    i! |:.:.l:i:::ヽ、   ニニュ  r'-‐‐=、 ヽj  Y:.:.i:.:.l:|
      !:.l:.i:i:.:.:.i\    / ̄\ `    .l:.ヾi:.:l:!
     _,. |:.i:.:i:ii:.:i:l ヽ、  `ニ ̄ヽ      l`ヽ、;j
  ,イ |´  |:.:.:.:i:.ii:.ll    ̄_,. -‐フ 〉      /    `l ヽ、
/ | ヽ、 |:.:.:.:l:.:ii:l|   /,.-ー ノ`!     /i      / / \
   ヽ ヽ、!:.l:.:l:.:ii:ilー// / ,.イ    /:.:l    / /
ヽ 、   ヽ |:.l:.:.l:.ii::l/   / / l    /:.l:l:l -‐ '  /
    ` ヽ、l:.:l:.:.l:i/     /  |    l:.:l::l:l:|-‐ '



337 :憂国士(by教授):2007/03/22(木) 05:30:55 ID:E3RMW6go
>>324
また、ノコノコ恥の上塗りに出てきたか。

まあ、何の役にもたたないというと可哀相なので『スレ上げ役』に任命しておいたが、
言い付けだけは守れているようで、その点は褒めておく。よーしよしよしよし

338 :憂国士(by教授):2007/03/22(木) 05:34:10 ID:E3RMW6go
>>336
また、ノコノコ恥の上塗りに出てきたか。

まあ、何の役にもたたないというと可哀相なので『スレ上げ役』に任命しておいたが、
言い付けだけは守れているようで、その点は褒めておく。

『よーしよしよしよし 』ムツゴロウさんみたいにしてもらってうれしいだろ。



339 :憂国士(by教授):2007/03/22(木) 05:35:34 ID:E3RMW6go
>>296
先ず申し上げておきますが、現皇太子妃についてはあなたと同じ危惧を抱いております。そもそも民間人を
帝王学の世界に引きずり込む事は基本的に無理があるのです。何となれば民間には3歳から帝王学を学んだ
女性は存在しないからです。その意味で皇妃を民間から向かえることは全くの過ち以外の何ものでもありません。
それほど帝王学は天皇の徳の必須要件なのです。しかし民間から入れた以上現皇太子妃殿下には如何なる精神的困難を乗り越えてでも、
天皇家の一員としての徳を身に付けていただかなければなりません。そのため於いても、
マスコミの報道・詮索は百害あって一利なしなのです。民間から嫁いだ皇妃としてその後の行動は神秘のベールに
包まれているのが良いのです。そして神秘的な伝統神事や皇室外交で活躍されるお姿だけを宮内庁は許可して報じさせれば良いのです。
そうするうちに国民の親しみからは遠ざかりますが国民の心には自然と『雅子妃は民間から皇室に入られたが厳粛な国家行事を華麗にこなされている』
という印象だけが徐々に国民の間に定着していき、国民にそう思われているという自覚がまた雅子妃を
より皇妃らしくしてゆくのです。そして20年もたてば雅子妃としての民間の香りの親しみは完全に消え失せ、完全なる神秘のベールに
包まれた尊敬の対象でしかない皇太子妃が誕生するのです。

 尊敬と親しみは相反する概念である事を知らねばならない。
やれスキーに行った、やれ神経症になった、やれ公務を休んで休養してる、全て報じる必要のないことである。
こんな事をいちいち報じて皇妃の尊厳を希薄化させていたら国民が誇るべき皇太子妃の誕生など望むべくもない。
左翼マスコミが潰しに掛かっているのである。

つづく


340 :憂国士(by教授):2007/03/22(木) 05:37:01 ID:E3RMW6go
つづき>>296『バイオリン弾きがバイオリンを弾かないことが問題』について

先にも申しましたように、今上天皇は帝王学を学んだものだけが成しうる『特殊技能』つまりバイオリニストのバイオリン技能に当たる『特殊技能』を
今も十分発揮されその役割を十二分に果たされているのです。
その役割とは何か。
それは、今上天皇が日本全氏(うじ)の宗家の惣領としての役割、即ち、その氏神にかかわる全ての祭祀の
体系である神道の祭祀王として伝統的役割である。
今上天皇は今尚『私』を捨て、その全人生を上記の役割のために捧げておられるのである。

この役割の重要性を知れば日本にとって天皇が今もこれだけで十分尊敬に値する存在である事がわかるのである。
これ以外の天皇の日常を一般に知らしめ、あれやこれやの詮索を可能にするマスコミの行為は『専門家を畑違いの分野で取り沙汰して笑う愚』=
『バイオリニストをスポーツで笑う愚』なのである。

またあなたが言う
『マスコミが報道しなかったら、
我が国の国体の腐敗を誰も知るところがなくなり、我が国は知らぬ間に消滅していたかも知れません。』は

 国体つまり 国家の根本体制あるいは国家の形態を『象徴天皇制』とするならば
全くの誤りであると言わねばなりません。左翼的マスコミ報道、無節操な興味本位の商業主義に落ちたマスコミ報道こそが
『国体の尊厳を傷つける元凶』なのです。日本の国体は天皇の帝王学によって担保されておりマスコミが左翼思想で民衆の心を天皇から分断しないかぎりにおいて
『国体の腐敗』自体『有りもしない事』なのです。
国体に対して左翼的マスコミを正義の公器などと考えるのは愚の骨頂であり『捏造の総合商社』である朝日新聞
に代表されるマスコミこそ国を誤る元凶なのである。そのことが分る一つの史実をもうしあげよう。
日本を敗戦に導く元凶となった中国戦線の拡大は何を隠そう『朝日新聞がマルキスト結託して行った大欺瞞工作』が真の原因なのである。



341 :名無しさん@3周年:2007/03/22(木) 07:02:08 ID:hOZIovea
基地外コワスw

342 :名無しさん@3周年:2007/03/22(木) 07:24:51 ID:ji9MgvGv
この基地外は徳仁が神道の祭祀をほっぽり出して止めてしまったらどうすんだろね。
雅子のエピソードから見て可能性も高いのだがw

343 :憂国士(by教授):2007/03/22(木) 07:56:41 ID:E3RMW6go
【ここに歴史の真実がある】
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H15/1507/1507011apologize.html

344 :イランジン:2007/03/22(木) 19:11:31 ID:MTiuLCs2
基地外の巣窟だな。

天皇マンセーで勃起してんだぜ!!  キショ!!  

345 :名無しさん@3周年:2007/03/22(木) 23:51:42 ID:lYkymciW

 反個人・反人権・反デモクラシーを喚き散らし、
 元首世襲・権力集中・先軍主義を熱烈歓迎する者たちが還るべき心の故郷、
 その名は北朝鮮w


346 :憂国士(by教授):2007/03/23(金) 01:12:24 ID:arqz4M/1
>>344
また、ノコノコ恥の上塗りに出てきたか。

まあ、何の役にもたたないというと可哀相なので『スレ上げ役』に任命しておいたが、
言い付けだけは守れているようで、その点は褒めておく。

『よーしよしよしよし 』ムツゴロウさんみたいにしてもらうとうれしいだろ?


347 :憂国士(by教授):2007/03/23(金) 01:14:01 ID:arqz4M/1
>>296
先ず申し上げておきますが、現皇太子妃についてはあなたと同じ危惧を抱いております。そもそも民間人を
帝王学の世界に引きずり込む事は基本的に無理があるのです。何となれば民間には3歳から帝王学を学んだ
女性は存在しないからです。その意味で皇妃を民間から向かえることは全くの過ち以外の何ものでもありません。
それほど帝王学は天皇の徳の必須要件なのです。しかし民間から入れた以上現皇太子妃殿下には如何なる精神的困難を乗り越えてでも、
天皇家の一員としての徳を身に付けていただかなければなりません。そのため於いても、
マスコミの報道・詮索は百害あって一利なしなのです。民間から嫁いだ皇妃としてその後の行動は神秘のベールに
包まれているのが良いのです。そして神秘的な伝統神事や皇室外交で活躍されるお姿だけを宮内庁は許可して報じさせれば良いのです。
そうするうちに国民の親しみからは遠ざかりますが国民の心には自然と『雅子妃は民間から皇室に入られたが厳粛な国家行事を華麗にこなされている』
という印象だけが徐々に国民の間に定着していき、国民にそう思われているという自覚がまた雅子妃を
より皇妃らしくしてゆくのです。そして20年もたてば雅子妃としての民間の香りの親しみは完全に消え失せ、完全なる神秘のベールに
包まれた尊敬の対象でしかない皇太子妃が誕生するのです。

 尊敬と親しみは相反する概念である事を知らねばならない。
やれスキーに行った、やれ神経症になった、やれ公務を休んで休養してる、全て報じる必要のないことである。
こんな事をいちいち報じて皇妃の尊厳を希薄化させていたら国民が誇るべき皇太子妃の誕生など望むべくもない。
左翼マスコミが潰しに掛かっているのである。

つづく


348 :憂国士(by教授):2007/03/23(金) 01:15:55 ID:arqz4M/1
つづき>>296『バイオリン弾きがバイオリンを弾かないことが問題』について

先にも申しましたように、今上天皇は帝王学を学んだものだけが成しうる『特殊技能』つまりバイオリニストのバイオリン技能に当たる『特殊技能』を
今も十分発揮されその役割を十二分に果たされているのです。
その役割とは何か。
それは、今上天皇が日本全氏(うじ)の宗家の惣領としての役割、即ち、その氏神にかかわる全ての祭祀の
体系である神道の祭祀王として伝統的役割である。
今上天皇は今尚『私』を捨て、その全人生を上記の役割のために捧げておられるのである。

この役割の重要性を知れば日本にとって天皇が今もこれだけで十分尊敬に値する存在である事がわかるのである。
これ以外の天皇の日常を一般に知らしめ、あれやこれやの詮索を可能にするマスコミの行為は『専門家を畑違いの分野で取り沙汰して笑う愚』=
『バイオリニストをスポーツで笑う愚』なのである。

またあなたが言う
『マスコミが報道しなかったら、
我が国の国体の腐敗を誰も知るところがなくなり、我が国は知らぬ間に消滅していたかも知れません。』は

 国体つまり 国家の根本体制あるいは国家の形態を『象徴天皇制』とするならば
全くの誤りであると言わねばなりません。左翼的マスコミ報道、無節操な興味本位の商業主義に落ちたマスコミ報道こそが
『国体の尊厳を傷つける元凶』なのです。日本の国体は天皇の帝王学によって担保されておりマスコミが左翼思想で民衆の心を天皇から分断しないかぎりにおいて
『国体の腐敗』自体『有りもしない事』なのです。
国体に対して左翼的マスコミを正義の公器などと考えるのは愚の骨頂であり『捏造の総合商社』である朝日新聞
に代表されるマスコミこそ国を誤る元凶なのである。そのことが分る一つの史実をもうしあげよう。
日本を敗戦に導く元凶となった中国戦線の拡大は何を隠そう『朝日新聞がマルキスト結託して行った大欺瞞工作』が真の原因なのである。


349 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 01:18:43 ID:qgXRHie0
>尊敬と親しみは相反する概念である事を知らねばならない

貧しい人間関係送ってるんだろうなあ、コイツ・・・・


350 :憂国士(by教授):2007/03/23(金) 03:07:13 ID:arqz4M/1
>>349
また、ノコノコ恥の上塗りに出てきたか。

まあ、何の役にもたたないというと可哀相なので『スレ上げ役』に任命しておいたが、
言い付けだけは守れているようで、その点は褒めておく。

『よーしよしよしよし 』
普段だれからも相手にされないニート君>>349
ムツゴロウさんみたいにしてもらうとうれしいだろ?


351 :憂国士(by教授):2007/03/23(金) 03:09:14 ID:arqz4M/1
【ここに歴史の真実がある】
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H15/1507/1507011apologize.html




352 :イランジン:2007/03/23(金) 07:39:13 ID:k+nVhy5y
基地外の巣窟だな。

天皇マンセーで勃起してんだぜ!!  キショ!!  


振り出しに戻る

353 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 07:44:01 ID:BY1VRULC
まさに基地外VS基地外

354 :憂国士(by教授):2007/03/23(金) 16:32:28 ID:arqz4M/1
>>319の第25代 武烈天皇 の記述は定説とは異なる。

【戦前・戦中期、日本の国史教科書から数々の暴虐記事は全て削除されている事実】

武列天皇については『日本書紀』には「頻りに諸悪を造し、一善も修めたまはず」とあるように、非常に悪劣なる天皇として描かれる。
しかし、若くして死去していることから、この『日本書紀』に見るような暴虐は無理があるとも考えられていた。
果たして、やはり『古事記』にはそのような記録がない。一方の『日本書紀』においても、悪劣で政治を顧みなかったように書きながら、『厳格な裁判を行った』とするなど『相矛盾する記事』が併存する。
この相違の背景には、血縁関係が薄い(→継体天皇参照)次代の継体天皇の即位を正当化する意図が『日本書紀』側に強くあり、『日本書紀』の記述は

★★【武烈天皇を漢籍によって暴君に仕立てる為の捏造であったとする説が一般的】★★である。
武列天皇は実は『厳格な裁判』での秩序を重んじた偉大な王だったのである。
この事実から戦前・戦中期、日本の国史教科書から数々の暴虐記事は全て削除されている。

以上でも分るように>>319に類する忌々しき亡国の輩どもは『恣意的に敵対勢力の伝承のみを採用するなどして』史実を都合よく捻じ曲げ
偽文をつかって偽りの歴史を捏造するのである。

>>319の偽文には偽装右翼・左翼の使う典型的欺瞞手法が見て取れるのでここに
典型的サンプルとして曝しておく。

355 :憂国士(by教授):2007/03/23(金) 16:36:00 ID:arqz4M/1
世界で「天皇」は何を意味するか?
「天皇」は美しい伝統をイメージさせる。 正直建国200年余り伝統のないアメリカ人にはうらやましい。

戦勝国の教科書には第二次世界大戦の記述で
「天皇(ヒロヒト)」「ヒトラー」「ムソリーニ」は並ぶという厚顔無恥な嘘を子供に教えて恥じないお粗末な物が多いが、
全て日本をおとしめる欺瞞行為の産物である。

アメリカ等の連合国として戦った国では敵は「天皇」と教育された。
その結果連合国の戦死した兵士の家族は『天皇に殺された』と事実に反する
嘘を信じさせられ本当の敵を知らないまま身内の死の真実にこそやどる尊厳を
汚されている。

天皇の軍隊に侵略された国々は「天皇」から自国を守るために戦った。と
思い込まされている『真実から隔離された』哀れなものたちである。

「天皇」が世界で悪いイメージだと思うのは世間知らずも甚だしい。

「天皇」に家族を殺されたと思い込まされた人が「天皇」に好感を持てないのは当然である。
考えなくてもすぐ分ることである


いい意見なのでおいときますね。


356 :憂国士(by教授):2007/03/23(金) 16:56:44 ID:arqz4M/1
日本のアジア開放戦争にまきこまれた国々で『単に日本の「天皇」から自国を守るために戦った』と
思い込まされている人々は『真実から隔離された』哀れなものたちである。

「天皇」が世界で悪いイメージだと思うのは世間知らずも甚だしい。

「天皇」に家族を殺されたと思い込まされた人が「天皇」に好感を持てないのは当然である。
考えなくてもすぐ分ることである。

「天皇」と戦った連合国の人達にとって敵の象徴「天皇」は途方もない伝統と格式を持つ東洋の
神秘であった。本質的に単純な好感など持てる存在か考えてみればいい。

外国人の目には「天皇」は『特別の存在』『東洋の神秘』ラストサムライという映画
を作ったアメリカ人の意識のなかにある『天皇イメージ』をみても明らかであるが、彼らに外国人に
とって『天皇』は『武士道の国の王』『東洋の神秘の王』として畏怖の対象でもあった。
それゆえ、敵として戦った外国人戦士のなかに、正々堂々たる武士の魂を宿す勇猛果敢な日本軍戦士と真剣勝負で戦えた
事を誇りとする者も少なくない。『敵ながら天晴れ』とお互い感じあった真実が、厚顔無恥な戦勝国の恣意的な歴史捏造の
裏で、脈々と息づいているのである。

いい意見なのでおいときますね。


357 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 19:09:24 ID:/AW9I1I0
日本版のFBIを創設しろ!!

358 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 21:26:08 ID:hRReAIo6
>>312
>「天皇」は美しい伝統をイメージさせる。 正直建国200年余り伝統のないアメリカ人にはうらやましい。
メジャーかつマジョリティなソースをお願いします。

>「天皇(ヒロヒト)」「ヒトラー」「ムソリーニ」は並ぶという厚顔無恥な嘘を子供に教えて恥じないお粗末な物が多いが、
>全て日本をおとしめる欺瞞行為の産物である。
ヒトラーとヒロヒトは似ているので間違いやすいが、両方共に史上最強の戦犯です。

>アメリカ等の連合国として戦った国では敵は「天皇」と教育された。
本当に敵です。君等は間違ってはいない。

>天皇の軍隊に侵略された国々は「天皇」から自国を守るために戦った。と
>思い込まされている『真実から隔離された』哀れなものたちである。
何を言いたいのか、俺にはわからない。
もっとわかり易く書けば。
お前、本当は頭悪いな。

>「天皇」が世界で悪いイメージだと思うのは世間知らずも甚だしい。
お前が、井の中の微生物だ。

>「天皇」に家族を殺されたと思い込まされた人が「天皇」に好感を持てないのは当然である。
>考えなくてもすぐ分ることである
事実殺された。皇軍だろ。馬鹿かお前は。


359 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 21:34:10 ID:hRReAIo6
>>313
>「天皇」と戦った連合国の人達にとって敵の象徴「天皇」は途方もない伝統と格式を持つ東洋の
>神秘であった。単純な好感など持てるか考えてみればいい。
神秘って、情報公開しないだけ。
今後、パパラッチにやってもらうから。覚悟しておけ。

>外国人の目には「天皇」は『特別の存在』『東洋の神秘』ラストサムライという映画・・・
けじめをつけない天皇、責任を取らない天皇、下血するまで生き延びた天皇
という、逃げに逃げまくった壮絶な人生の逃亡者だ。

いい意見なのでおいときますね。


360 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 21:40:31 ID:hRReAIo6
>>317
>スターリンと毛沢東による粛清という名の自国民虐殺は1億3000万人であり、
太平洋戦争において、日本人300万人、アジア全体2000万人。
犠牲者の数ではないと思うが。
と言うより、太平洋戦争も天皇の虐殺だったと言いたいのか?お前は。

『戦争』ではない『殺人』である。ゆえに彼らを歴史が『英雄』と呼ぶ事もない。


361 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 21:52:57 ID:hRReAIo6
>>327
生物学上、近親婚は最悪であり、現在の天皇および皇族連中を見たら一目瞭然だ。
美智子や雅子が入ったことで多少軌道修正されて、まともに近づいている。
昭和天皇の国民との会話において、「あっそう」の受け答えは有名だが、
とても生物学者の言葉とは思えない、幼稚な受け答えだった。

>左翼マスコミが潰しに掛かっているのである。
うんにゃ、違うな。
右翼のピストルが一般人や国会議員はおっかねえからな。
お前、ピストル隠してねえか?


362 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 22:01:48 ID:hRReAIo6
>>328
>国体に対して左翼的マスコミを正義の公器などと考えるのは愚の骨頂であり『捏造の総合商社』である朝日新聞
お前に返す。
『捏造と妄想とインチキとデタラメと大嘘のバカ田大学』である、憂国士(by教授)。


363 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 22:05:06 ID:hRReAIo6
>>331
>紀元は2660年前の・・・
>日本の『天皇家』の数千年の永きに渡る「血筋の一筋の尊厳なる伝統」は、

ソースをだせや。


364 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 22:08:49 ID:hRReAIo6
>>332
>『天皇陛下』におかれては、この世に誕生されてから職責を遂行され、全うされて
>崩御されるまで、『人生の総てを日本国家と国民のために尽くし、ささげる運命』に
>あることです。

天皇の国事行為においては、内閣が全責任を負うので、天皇は左うちわなんだが。


365 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 22:16:54 ID:hRReAIo6
>>333
ばか者。
中国重慶無差別爆撃・東南アジア各地での戦争捕虜虐待・強姦・神風特攻隊による自爆攻撃
による犠牲者・昭和天皇による戦果を上げてから講和だの一言などなど、統帥権を持った
天皇の悪業は、平和主義なんぞ俺の辞書には無いがごとくの振る舞いだった。
デタラメはおまえ等の私的な居酒屋の飲み会で、二人だけで密かにやってくれ。
もしくは、河川の橋の下か地下鉄の階段でな。


366 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 22:21:22 ID:hRReAIo6
>>334
>ここで「天皇制廃止者達」に問うが、もし、天皇制が廃止されて、現在の議員の中
>から選ばれる『総理大臣』に『日本の象徴と代表の重要な二つの顔』を、全面的に
>委ねて国内の全ての行事、多くの政治、経済と軍事問題、及び、多難な国際問題への
>対応と対処が可能と本気で思うのか?

裕仁や明仁より、数段マシだな。


367 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 22:29:51 ID:hRReAIo6
>>335
>【日本の共産・社会主義、騒乱主義、旧帝国主義、そして、執念的戦争被害主義者達や
>平和国に付け込んだ邪悪な夷国人ども】が、何をもって「天皇制廃止」を叫ぶのか!

この国の象徴には相応しくないから、の一言で終わり。

>「日本破滅主義者ども」の暗躍以外の何ものでもないのだ!

過去一回日本は、天皇によって破滅しているの。

>この「擾乱主義ども」に侵略汚染されて、意見分断され、「1千兆円の国民借金」の
>増大となり、無責任横行で国は大損し、国民不安と格差社会を助長しているのだ!
>【この日本国家破壊主義には真剣に対抗して行かなければ、ドイツの二の舞となる!】〔10a〕

一千兆円の借金は、自民党好きの国民と自民党が作ったのです。
だから今、無党派層が60%以上になったんじゃないか。
おまえ等は、経済学って知っている?
天皇教には詳しいようだが。


368 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 22:38:06 ID:pnyjgFBS
日本版のFBIを創設しろ!!

369 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 23:02:25 ID:hRReAIo6
憂国士(by教授)と鈴木崇一 は、
天皇制廃止スレの
天皇は日本国民の宗家とバカですか?
と同じ関係?


370 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 09:19:14 ID:pWy0tvQh
>>321
右翼と暴力団が全員死んでくれりゃ平和になる。

371 :愛国士:2007/03/24(土) 19:12:51 ID:MhAwn9iL
>>347-348
憂国士殿、ご無沙汰しております。

毎度のご返答ありがとうございます。
…しかし、しかしながら、憂国士殿のご返答は、核心からズレた内容になっております。

今現在、問題となっておりますのは、マスコミの在り方のほうではありませぬぞ。
確かに、我が国のマスコミは反日あまりある報道の在り方であり、これはこれで大いに批判のあるところであります。
が、問題の核心はマスコミとは無縁のところにあります。皇室の方々の不徳にあるのでございます。
マスコミの在り方とは別個に、むしろ無関係に進んでいるのが、現在の皇室の退廃なのですぞ。
これを反日的なマスコミがかぎつけ、おもしろおかしく脚色して国民を誘導しているというのが実情なのですぞ。

であればこそ、なにをなすべきかおわかりになるでしょう。
マスコミが報じるよりも前に、皇室に徳を甦らせるのです。
そうすれば、マスコミとて不敬な報道はできませぬ。隙がありませぬ。

つづく

372 :愛国士:2007/03/24(土) 19:22:32 ID:MhAwn9iL
つづき

今上大帝におかれましては、まったくの「徳」の持ち主であります。
バイオリン弾きの例えを用いますれば、よき音色を奏でられている状況です。

しかし、バイオリン弾きの家系にあってバイオリンを弾かないというのは、
今上大帝についてのことではありませぬ。
その次世代にあたる、皇太子殿下夫妻のことでありますぞ。
皇太子殿下夫妻が、まるで「バイオリンなんて古いよ」とか「好きなように弾かせてくれよ」というよいうな言動をとられておるのです。
これこそ問題の核心なのであります。

さらに輪をかけるように、宮家の不祥事。
娘だけでなくその母親までスキャンダルに明け暮れる始末。
これはもう、皇室の退廃と言わずして何になりますか。

皇后陛下がご体調を崩したのも、こうした皇室の恥辱を嘆かれてのことではないか。

そのへんについてご意見をお聞かせください。

373 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 21:06:12 ID:pWy0tvQh
今上大帝って、ジャングル大帝に出てくるマンディ爺さんのことか?

皇族の不祥事や恥部は今に始まったことではない。
1000年以上も近親婚が続く、それらが招いた馬鹿一族なのだ。

そんなものを拝み奉っているんだから、おまえ等ダイジョーブと人事
ながら思う。


374 :李朝知らしめ会会長:2007/03/24(土) 21:27:20 ID:SWaP16KW
日本人なら、侍が天皇を権力者にさせなかったことを尊ぶべきだろう。
そもそも侍と天皇のめざす政治体制はあまりにも違っていたのであり、お互い
相容れないもの同士だったのだ。
だが、映画ラストサムライに見られるように、外人は天皇をサムライの親分・日本
文化の体現者のように考えてしまっている。これは日本にとって不幸である。
というのは、これでは日本は神秘に包まれた国とのイメージしか与えないからだ。

日本の発展は封建制度の確立にあるのだ。開拓者が王に勝ったのだ。
そう主張できてこそ、外人に他のアジアと異なる、日本の歴史の凄さを認識させる
ことができるのだ。

375 :イランジン:2007/03/25(日) 10:44:18 ID:cuXTZ8F6
承子さまのフェラ自慢は日本国の財産です。

ムネに大きくトカゲの刺青が光ります。   しかし、しゃぶるんなら、アラブの皇太子にしてくれ。

公務の扱いにするから!

376 :イランジン:2007/03/25(日) 14:04:22 ID:cuXTZ8F6
イランジン :2007/03/25(日) 13:49:32 ID:cuXTZ8F6
天皇直属の軍隊の近衛師団って人間の肉を食べてたらしいよ。

フィリピンでね。

しかも、同じ大日本帝国の軍人のを。




ただでさえ、食料のない戦場に船が撃沈されて、武器も弾薬も食料も海没して丸裸の近衛に

こられては現地の部隊も困ったことだろう。




:名無しさん@3周年 :2007/03/25(日) 14:00:59 ID:oPZLEpJK
フィリピンで小隊長どのが、猿を撃ったといって肉を持って帰った
兵隊がうまい、うまいといって食べてたが、後で聞くと
帝国陸軍兵士の肉だった 太ももの肉を削り取られている遺体を
山中で発見した 帰還兵からの聞き取り調査




377 :愛国士:2007/03/26(月) 00:05:05 ID:BVrQvMvK
残念ながら憂国士殿は、現在の状況に絶望して、このスレから去ってしまったもようですな。

仕方がないので、稚拙ながら私が幕引きをしましょう。

憂国士殿がなぜ挫折されたのか。
それは、憂国士殿が皇室に対して無条件の信頼をよせていたからに他ならない。
確かに、かつてはそれで良かった。
昭和大帝の治世のころには、皇室には「徳」が満ち溢れ、我ら臣民にあっては健全な国民性を発揮できていた。
この時代、外国からの反日勢力に洗脳されてしまったわずかばかりの左翼がいて、
憂国士殿のような愛国者たちは、そのわずかばかりの左翼勢力を叩いていれば、それで良かった。
皇室そのものには何の問題もなく、ただ盲目的に信ずるのみで、
わずかばかりの左翼勢力の壊滅だけに神経を集中させておれば良かったのである。

しかし今、時代は変わった。
憂国士殿のような愛国者たちが盲目的に信仰していた皇室、
その前提は、皇室が無謬の存在にあるということにあった。
それが今、その無謬性が崩れたのである。

つづく

378 :愛国士:2007/03/26(月) 00:22:50 ID:jG7MAMqC
その端緒は、今上大帝のリベラルなご発言にあった。
この時点で愛国者たちは警告を発するべきであったのだが、
愛国者たちはこの時点では55年体制意識が抜けきらずに、相変わらず敵は皇室の外にあり、
つまり反日左翼勢力を叩くことばかりに集中し、今上大帝のリベラルなご発言に対しては、
むしろ率先して擁護したりしていた。
愚かな右翼連中は、自らもリベラルにならなければならないと勘違いし、
それまでの右翼からは考えられないような軽い主張を発したりもした。

すでに男性経験のあった皇太子妃を迎えたときも、愛国者たちは歓迎の一途であって、
先頭に立って処女信仰をバッシングしたりした。
妃殿下がお子をなかなか産まないときにも、愛国者たちはそれが現代夫婦のあり方だと言って、
皇太子夫妻に何一つクレームをつけることをしなかった。

本当は愛国者たちの心の中では、何かが違うと感じていたに違いない。
しかし、55年体制意識は体の隅々にまで行き渡り、もはやどうすることもできない。
皇室は万世無謬の存在である。だから、皇室に文句をつけることは許されない。
皇室の方々の言動は正しいのだから、国民もこれに倣え。
そういって、皇室女性の処女性の前提が崩れたときもこれを賛美し、
皇室よりも妻のほうに関心のある皇太子殿下のご発言があったときにも、これを賛美したのである。
もちろん、彼らの内心ではすでに矛盾を感じていたのであるが。

つづく

379 :愛国士:2007/03/26(月) 00:33:31 ID:jG7MAMqC
しかしそうした悲しい愛国者の意識にも、転機が訪れる。
皇位継承問題における、女系容認の危機である。

もとはといえば、この危機は皇太子ご夫妻が招いたもの。
ご夫妻が一言、弟宮殿下に頼る意思を示されれば、皇室にはもっと早い段階で男子が産まれ、
女系容認などという意見は現れなかったかも知れない。

皇統断絶の危機を間近に迎えた愛国者たちの一部は、事態の本質を把握し、
これまでの対応を一変させ、批判の矛先を反日左翼勢力から皇室の内部へと向け変えた。
それが、21世紀的愛国者の正しいあり方なのである。

しかし、未だ55年体制の温室に浸りたい輩がいた。
彼らは20世紀のノリそのままで、皇室の内部への批判を許さず、
相変わらず左翼勢力への攻撃だけに意識を傾けている。
それだけならまだしも、55年体制の呪縛から逃れた正しい愛国者の言動に対しても、
執拗に干渉してくる始末。

問題の本質が皇室内部にある中、こうした旧来型の愛国者の妨害行為は、
左翼のそれと同等の罪にあたる。
いや、むしろ愛国者の顔をしているだけに、よけい質が悪い。

つづく

380 :愛国士:2007/03/26(月) 00:40:44 ID:jG7MAMqC
こういった流れの中で、憂国士殿は20世紀タイプの愛国者なのであったが、
このスレでのやりとりを通して、自らのあり方の疑問を持たれたに違いない。
皇太子ご夫妻や女王殿下らに対する、不信の目が生じてきたのである。

そうして憂国士殿は、本当の意味で愛国者に生まれ変わるのである。

憂国士殿の新たな旅立ちを祝して、ここにこれスレの終了を宣言する。

----------------------------------------------------------------------------

381 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 00:54:14 ID:RLSQunbe
        /: : : : : :′: : : : : : : : `丶、
      /: : : : : : : : :\:\\: \: : : : \      ,. - 、
.    /: : : : /: : /: : l.: :l: ト: ヽ ヽ: :ヽヽヽヽヽ    .l´-'‐ヽト、
   /: : : : :l : : | l: :l l_:ム:l ヽ:lヽ┼:、|: |:.|ヽヽ!    |   こノノ) あたしたちの未来のためにもーーーー。
.  / : : : : :.| : : |:ll,ィ´l:.l l:|  !l l:| V| :|∧リ ′ /   `フ′
 /: : :. .:.:.:.:| : : |'! !l リ リ  リ '__ Y:. : l   /   /´       てんのーーーせーーーー、廃止ーーーーー。
 | : :.:.:.:.:.:.:.| : : |l l,z==   , ' ̄`,,!:.:. :l/     /
 |: :.:.:.:.:.:.:.,ィ:.:. :l 〃 , ,   ┌-┐   |:.:.: :l      / ついでに、靖国神社もイラナーーーーーーーイ。
 |: :.:.:.:.:.〃 !:.:. :l        、__ノ   /:.:.:.: :!   /
 l: :.:.:.:.:.:`ヽl:.:.:. :l           / l:.:.:.: :|  ./     ついでに、クソウヨも、イラナーーーーーーイ。
. !: l:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:. :l7    ┬‐< l.  l:.l、: :| /
  l: l、:.:|、:.:.:.;.l:.l\\    lヽ  ヽ!  リ ∨′
.  N \| K´_ ヽ\\ヽ   ,ハ  l   /
.      /  ヽ l  lヾー_. -┘  l/
      /     ∨   ̄        l
    /       /            l






382 :憂国士(by教授):2007/03/26(月) 03:58:48 ID:5O+m9ili
>>371>>372そして>>377-380
一言ご忠告申し上げます。目に映る現象だけを見ていても事の本質はみえてきませんよ。
全ての現象にはその根本原因というものがあります。新しいタイプの愛国者が名乗りを上げるのは
喜ばしい事ですが、事の本質を知らなければ気持ちは愛国でも本末転倒な結果を招きます。
誤解のないように念のため申しますが、愛国士殿の皇室に対する見識や思いは正真正銘愛国者のものであり
それを否定するつもりは毛頭ありません。皇室制度が日本国の安寧と繁栄にとって不可欠のものであると言う事実に対する
認識度合いも大変すばらしく頼もしい限りです。

ただ注意していただきたいのは

『愛国士殿の言う次期皇室を担う方々の腐敗なるもの』が実は『誘導尋問によって作られた偽りの証言に等しい』『本来存在しないマスコミの巧妙な欺瞞の産物』である
と言う事実なのです。
諸悪の根源・根本はマスコミと言う名のパパラッチによる無節操な暴露報道にあるのです。
これがなくなれば自然と時と共に皇室に対する尊敬の念は復元されてゆくのです。
愛国士殿に類する新しい時代の愛国士諸君にもこの点についての正しい理解を深めていただく為に

その理由をこれから少し詳しく論述してゆきましょう・・・つづく


383 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 04:07:57 ID:Rwu7o91+
パパラッチは俺がつぶします

384 :亜じゃコン具:2007/03/26(月) 04:24:19 ID:PDNLin8V
381はウヨかチョン

385 :亜じゃコン具:2007/03/26(月) 04:34:22 ID:PDNLin8V
>>384
まちがえたサヨかチョンに訂正

386 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 06:15:55 ID:vUkH/cC3
亜じゃコン具は、アホな子

387 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 08:07:08 ID:RLSQunbe
               ,r'~ ̄ ̄≠>==≠≠=====zx- ,/     /
ヽ           _ z=≦="~ ̄. .. .. .. .三. .. .. .. .. .. .. .. .≡/     /ヽ、
 \    , z=≠'´. .. .. .. .. .. .,、. . - ――‐ - 、. .. .. .. .. .. ./      /. .. .ヾ}
   ヽ - '´. .. .彡. .. .. .. .. ., -´: :: :l::l: :: :: :: :l::l: :: ::\. .. .. .. /     /. .. ./
     ' ,. .. .. .. .. .. .. . ,ィ´: :: :: :l_⊥l_: :{: :: : }_L_ |: :l lヽ  /     ./ - '´
     '、. .. .. .. .. . /: :!: : l l イ: :ハ::|ヽ{、: ::jVヽ`!: :l l !} /     /
、      ヽ. .. .. .. .f: : | l: :l: :Vzr=≡   }ノ≡=zl: :j: :lノ/       / <天皇陛下マンセーーーーって、あなたたち
_ヽ      '、_三___|: : V!: :l、 |'´      、   `|ノ!ノ/       /
  '、     ヽ  .!: : f'|ヽ| |'     r‐―┐   | , '      /     ホンキであんなオッサン尊敬とかしてんの?
    ' ,      '、 !: :l{、|: :: :|    {   ソ  ノ/     ,/ 
    ' ,      ヾ: :|: :|: :: :|      ` -'  /::|     /
     '、      \ j::|: :: :|'i      イ: :: :!     , '
       ヽ       ヽ!: :: :l'    ̄「/|: :: :|  ,' ./
       ’,        l: :: : l    Kヽ|: :: :| ./ /
        ',  ヽ、    l: : l !    ×|: :: :| ! ∧
          lヽ、  `,   l : : N `ー  ’ !/: ::l {/: ::l
         l: : ∧  }  /ハ: : l_> -‐r‐rl: :: :j、l: :: : !
        !: :i : : ',   _/ム l: : く  -=}__}リ: :ノ >ュ、: : l
       l: :l: : : : l ,〃 ̄ ヽ: :{_/ / lレi/、_}  ヽ: :!




388 :憂国士(by教授):2007/03/27(火) 02:46:55 ID:ygX04zoO
>>387世間知らずのロリコンニート君の参加も歓迎です。

389 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/27(火) 02:48:44 ID:uLxZhOiY
「日本人」。

「にほんじん」。

390 :憂国士(by教授):2007/03/27(火) 02:49:23 ID:ygX04zoO
>>371>>372そして>>377-380
一言ご忠告申し上げます。目に映る現象だけを見ていても事の本質はみえてきませんよ。
全ての現象にはその根本原因というものがあります。新しいタイプの愛国者が名乗りを上げるのは
喜ばしい事ですが、事の本質を知らなければ気持ちは愛国でも本末転倒な結果を招きます。
誤解のないように念のため申しますが、愛国士殿の皇室に対する見識や思いは正真正銘愛国者のものであり
それを否定するつもりは毛頭ありません。皇室制度が日本国の安寧と繁栄にとって不可欠のものであると言う事実に対する
認識度合いも大変すばらしく頼もしい限りです。

ただ注意していただきたいのは

『愛国士殿の言う次期皇室を担う方々の腐敗なるもの』が実は『誘導尋問によって作られた偽りの証言に等しい』『本来存在しないマスコミの巧妙な欺瞞の産物』である
と言う事実なのです。
諸悪の根源・根本はマスコミと言う名のパパラッチによる無節操な暴露報道にあるのです。
これがなくなれば自然と時と共に皇室に対する尊敬の念は復元されてゆくのです。
愛国士殿に類する新しい時代の愛国士諸君にもこの点についての正しい理解を深めていただく為に

その理由をこれから少し詳しく論述してゆきましょう・・・つづく



391 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/27(火) 02:50:12 ID:uLxZhOiY
ニホンジン。

392 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/27(火) 02:51:30 ID:uLxZhOiY
おまいら「日本人」。

393 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/27(火) 02:53:40 ID:uLxZhOiY
「曰本入」。

394 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/27(火) 02:56:01 ID:uLxZhOiY
カギ括弧の中の文字をしばらくじっと見つめろ、

「日本人」。

395 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/27(火) 03:05:32 ID:uLxZhOiY
「日本」。

意味不明の記号に見えない?

396 :名無しさん@3周年:2007/03/27(火) 03:09:28 ID:SLcCfoU+
わかったから寝ろ

397 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/27(火) 03:14:38 ID:uLxZhOiY
例の日本人…。

398 :憂国士(by教授):2007/03/27(火) 03:17:30 ID:ygX04zoO
>>395この御仁自分の単なる蒙昧ぶりを自分で曝け出して、ホントのバカか?・・
知識がないから記号にしか見えないバカが最近増殖中である。ゆとり教育で
甘やかされた脳のお粗末な末路がここにある。


399 :憂国士(by教授):2007/03/27(火) 03:18:30 ID:ygX04zoO
>>371>>372そして>>377-380
一言ご忠告申し上げます。目に映る現象だけを見ていても事の本質はみえてきませんよ。
全ての現象にはその根本原因というものがあります。新しいタイプの愛国者が名乗りを上げるのは
喜ばしい事ですが、事の本質を知らなければ気持ちは愛国でも本末転倒な結果を招きます。
誤解のないように念のため申しますが、愛国士殿の皇室に対する見識や思いは正真正銘愛国者のものであり
それを否定するつもりは毛頭ありません。皇室制度が日本国の安寧と繁栄にとって不可欠のものであると言う事実に対する
認識度合いも大変すばらしく頼もしい限りです。

ただ注意していただきたいのは

『愛国士殿の言う次期皇室を担う方々の腐敗なるもの』が実は『誘導尋問によって作られた偽りの証言に等しい』『本来存在しないマスコミの巧妙な欺瞞の産物』である
と言う事実なのです。
諸悪の根源・根本はマスコミと言う名のパパラッチによる無節操な暴露報道にあるのです。
これがなくなれば自然と時と共に皇室に対する尊敬の念は復元されてゆくのです。
愛国士殿に類する新しい時代の愛国士諸君にもこの点についての正しい理解を深めていただく為に

その理由をこれから少し詳しく論述してゆきましょう・・・つづく



400 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/27(火) 03:25:00 ID:uLxZhOiY
あの日本人。

401 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/27(火) 03:58:51 ID:uLxZhOiY
走馬灯のように景色はよぎる。

402 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/27(火) 04:01:40 ID:uLxZhOiY
拭っても、拭っても、なぜか血の染みが取れない。

403 :名無しさん@3周年:2007/03/27(火) 04:08:36 ID:LUmxIS3y
つか俺は天皇を日本国そのものとか、どこぞの馬鹿が作り上げた
曖昧な表現じゃ認識してないけど、天皇は日本国民の長であると思ってる。
権力だけじゃなく「権威」がある。

俺は天皇の権威を認める、というか他のほとんどの日本人もそうだろう。

404 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/27(火) 04:12:08 ID:uLxZhOiY
「天皇」。

405 :李朝知らしめ会会長:2007/03/28(水) 19:34:16 ID:jb0b6vvv
tesuto


406 :憂国士(by教授):2007/03/29(木) 00:41:14 ID:5cBFzvOX
>>403結果論としてはその認識でよい。良識ある日本人の認識である。

407 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2007/03/29(木) 00:54:14 ID:STJNA9z6
>>403
いや、天皇に権力はもはやない。

408 :無知な子供:2007/03/29(木) 01:19:23 ID:2+S2N0GW
[権力]がないから[権威]がそこわれていったんじゃないかな。
最近の子供に「天皇は日本で一番偉い人なんだよ」と教えてもどうして総理大臣より偉いのか理解できないらしい。

409 :憂国士(by教授):2007/03/29(木) 01:47:02 ID:5cBFzvOX
>>358>>367色々書いているが、社会主義の残党らしいお粗末極まりない
恣意的願望まみれの偽論の典型である事は、良識ある日本人には一目瞭然である。
 あちらこちらで散見される『上記>>358>>367のごとき陳腐な天皇制批判』は、すべて亡国の混乱にに乗じて卑しい私的願望を遂げんと画策する
厚顔無恥な現体制の落ちこぼれどもの偽論である。
これを見ると、いまだに懲りずにこの様な偽論を捏ね上げ、ひたすら恥知らず且つ蒙昧な天皇制批判で恥の上塗りを繰り返すしか能の無い上記>>358>>367のごときお粗末極まりない輩が
いる事にあらためて驚かされるが。まあ『お粗末な見識しか持たぬ人間』『怠け癖が祟って現体制から落ちこぼれても逆恨みしか出来ない卑しい精神の人間』『社会の混乱に乗じて自分が主導権を
取ろうとする輩』『在日工作員』などの存在自体は敗戦国日本にとってはそう珍しい存在でもない。故に
これらのたわ言にはそれほど目くじらを立てるほどのこともあるまい。

>>358>>367=所詮は恣意的野望を夢想して自慰に耽ろうとするに哀れな輩である。


410 :憂国士(by教授):2007/03/29(木) 01:50:32 ID:5cBFzvOX
世界で「天皇」は何を意味するか?
「天皇」は美しい伝統をイメージさせる。 正直建国200年余り伝統のないアメリカ人にはうらやましい。

戦勝国の教科書には第二次世界大戦の記述で
「天皇(ヒロヒト)」「ヒトラー」「ムソリーニ」は並ぶという厚顔無恥な嘘を子供に教えて恥じないお粗末な物が多いが、
全て日本をおとしめる欺瞞行為の産物である。

アメリカ等の連合国として戦った国では敵は「天皇」と教育された。
その結果連合国の戦死した兵士の家族は『天皇に殺された』と事実に反する
嘘を信じさせられ本当の敵を知らないまま身内の死の真実にこそやどる尊厳を
汚されている。

天皇の軍隊に侵略された国々は「天皇」から自国を守るために戦った。と
思い込まされている『真実から隔離された』哀れなものたちである。

「天皇」が世界で悪いイメージだと思うのは世間知らずも甚だしい。

「天皇」に家族を殺されたと思い込まされた人が「天皇」に好感を持てないのは当然である。
考えなくてもすぐ分ることである

良い意見なので置いときますね

411 :憂国士(by教授):2007/03/29(木) 01:52:19 ID:5cBFzvOX
日本のアジア開放戦争にまきこまれた国々で『単に日本の「天皇」から自国を守るために戦った』と
思い込まされている人々は『真実から隔離された』哀れなものたちである。

「天皇」が世界で悪いイメージだと思うのは世間知らずも甚だしい。

「天皇」に家族を殺されたと思い込まされた人が「天皇」に好感を持てないのは当然である。
考えなくてもすぐ分ることである。

「天皇」と戦った連合国の人達にとって敵の象徴「天皇」は途方もない伝統と格式を持つ東洋の
神秘であった。本質的に単純な好感など持てる存在か考えてみればいい。

外国人の目には「天皇」は『特別の存在』『東洋の神秘』ラストサムライという映画
を作ったアメリカ人の意識のなかにある『天皇イメージ』をみても明らかであるが、彼らに外国人に
とって『天皇』は『武士道の国の王』『東洋の神秘の王』として畏怖の対象でもあった。
それゆえ、敵として戦った外国人戦士のなかに、正々堂々たる武士の魂を宿す勇猛果敢な日本軍戦士と真剣勝負で戦えた
事を誇りとする者も少なくない。『敵ながら天晴れ』とお互い感じあった真実が、厚顔無恥な戦勝国の恣意的な歴史捏造の
裏で、脈々と息づいているのである。

いい意見なのでおいときますね。


412 :憂国士(by教授):2007/03/29(木) 01:54:17 ID:5cBFzvOX
>>371>>372そして>>377-380
一言ご忠告申し上げます。目に映る現象だけを見ていても事の本質はみえてきませんよ。
全ての現象にはその根本原因というものがあります。新しいタイプの愛国者が名乗りを上げるのは
喜ばしい事ですが、事の本質を知らなければ気持ちは愛国でも本末転倒な結果を招きます。
誤解のないように念のため申しますが、愛国士殿の皇室に対する見識や思いは正真正銘愛国者のものであり
それを否定するつもりは毛頭ありません。皇室制度が日本国の安寧と繁栄にとって不可欠のものであると言う事実に対する
認識度合いも大変すばらしく頼もしい限りです。

ただ注意していただきたいのは

『愛国士殿の言う次期皇室を担う方々の腐敗なるもの』が実は『誘導尋問によって作られた偽りの証言に等しい』『本来存在しないマスコミの巧妙な欺瞞の産物』である
と言う事実なのです。
諸悪の根源・根本はマスコミと言う名のパパラッチによる無節操な暴露報道にあるのです。
これがなくなれば自然と時と共に皇室に対する尊敬の念は復元されてゆくのです。
愛国士殿に類する新しい時代の愛国士諸君にもこの点についての正しい理解を深めていただく為に

その理由をこれから少し詳しく論述してゆきましょう・・・つづく




413 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 08:15:47 ID:2BGgOw9H
          ,.、  _,.-‐‐‐‐-- 、
      ___   ,ィ|  ̄`   `ヽ‐- 、 ヽ、
     /´ ̄`>' / |   、    \ ヽ. \
   〃    / / {|  i 、 ヽ、 ヽ、 丶 \丶 <天皇陛下も北朝鮮のデブも同じですわね!
   {    / / /ハ i ヽ、ヽ\ヽ、 ヽ 、 l i.
      // , !  !l ヽ.ヽ、 ヽ、 \ヽ ヽ、丶! l !      少しだけ違うだけで、
     ,イl | l |  l | ,,_ヽ ヽ ヽ´  ̄,,_`ヽヽ! | !,ハ
    〃l | l l | ,.ィi'「 ,,._ \\ ! ,ィにニト、lヽト、,リト、    他人様から集めたお金でのうのうと暮らしてるわ!
    { l l | !ハ ト、| ,イl-ヘ      'っソ リ´| レ',ハ〈
    ` ヽト! ヽ|ヽ〈!'っ小.       ゞ-'^ | l ' |l トl     毎年毎年270億円以上もの大金を使う理由もナイわよね!
       ` /ハ ト` ゞ'´  ,    '' " //! !l l |
       〃 /  ハ '' "   -‐'   .イ// l ! l ハ     皇室外交なんてチャンチャラおかしいわ!
      / // / ,l |`ト ._     / l/ //| l ! l
     / // / / l l/l | l `i ー '´  l /l/ | | ! | ハ.       動物園のパンダ程度は役に立ってるでしょうけども!
   / // / / /_」,,! -┴'/    /!l l`ー-、!」 l !|
 / / /  // ,ィl | |   /_   / j,ハl //ニヽ!、
/ // /  〃 / ヽヾ、  i  /   {l //,.'´    ヽ、
 / //   / /  ト、ヾヽ l /_,.- ニ二/ /     ミ、!
/  〃  /  / /! `ヽ、`L!/     /`、l      ヾソ




309 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)