2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■ 景気悪化の元凶 ★ 固定資産税 23 ■

1 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 11:24:45 ID:bUMmYcnk
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/11/1064023481.html
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/21/1069062541.html
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0402/20/1071086593.html
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0405/30/1076359467.html
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0503/13/1084154347.html
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1092811575/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1110766515/l50
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1116984990/
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1121681540/150
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1140025882/150
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1155541074/150
■ 景気悪化の元凶 ★ 固定資産税 12〜22 ■

国の富、国民の富を、地価を下落させる土地建物重課税政策で奪った官僚は許せない!!!
資産デフレにより、信用破壊が起こり、日本経済の長期・中期波動は下降のままだ!!!
一刻も早く、固定資産税・相続税等の土地への課税方法をバブル以前に戻せ!!!
第23弾! (このスレッドは、2chで、最長のスレッドです。)
日本政府の資産政策を変更しなくては、日本経済は良くならない!!!


2 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 11:31:41 ID:f5O1JjXF
日本経済の成長率だけが、先進国の中で異常に低いです。なぜなのですか。

3 :名無しさん@3周年:2007/01/26(金) 21:42:58 ID:k7YiOro3
日本の家計貯蓄率は、3.1%、フランスは、12.7%です。
日本は、ヨーロッパの先進国よりも、家計貯蓄率が低いです。
日本の家計貯蓄率は、昨年の年末には、二%台になったそうです。
日本の家計貯蓄率は、どんどん低下しています。
超マクロでは、貯蓄は投資ですから、この低下は、日本の未来が暗いことを示しています。
日本は、恐慌型の資産デフレで、中心部分が縮小しているのです。
その原因は、全て日本の官僚の政策ミスなのです。
土地などの資産への重課税政策が、日本の資産デフレの原因です。

4 :名無しさん@3周年:2007/01/27(土) 06:17:12 ID:bmlI7JZj
市場経済なのに、資産を攻撃しては、日本経済は上手く回らない。

5 :名無しさん@3周年:2007/01/27(土) 09:05:14 ID:2zrhdUil
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/020.htm
国民負担率の内訳の国際比較(日米英独仏瑞)
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1620.html
世界各国の平均寿命
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2270.html
家計消費の国際比較
http://www.oecd.org/dataoecd/7/42/35530071.xls
Life expectancy at birth, Females, Males and Total Population
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1890.html
OECD諸国の医療費対GDP比率

 内閣府によると、経済協力開発機構(OECD)加盟諸国のうち、データが比較可能
な26か国中、日本の潜在的国民負担率は4番目に少ない。最も国民負担の「大きな
政府」はデンマークで、次いでスウェーデンと、高福祉社会で知られる北欧諸国が並ぶ。
一方、最も低いのが韓国(33・5%)で、アメリカも日本より負担が軽い。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special/90/data004.htm

国民健康保険公団は7日、OECDが2003年基準に発表した「OECD Health Data
2005」を分析した結果、韓国の国民医療費対比の本人負担比率は41.9%と
OECD国家の平均20.8%に比べ2倍以上高かったと伝えた。
韓国より本人負担率の高い国はメキシコ(50.5%)、ギリシャ(46.5%)
しかなかった。本人負担率の少ない国はオランダ(7.8%)、チェコ(8.4%)、
フランス(10.0%)、ドイツ(10.4%)の順だった。
韓国のGDP(国内総生産)対比の国民医療費支出の比率は5.6%と、OECD国家
のうち最も低い水準を記録した。金額は1074ドルと、OECD国家の平均2472
ドルの43.4%水準だった。
https://www.peak.ne.jp/~maxbb/osirase/news/05/0509/0907.htm

6 :名無しさん@3周年:2007/01/27(土) 21:59:20 ID:QxDwdWA9
固定資産税が無い国のリストなどを
紹介、案内しているサイトをご存じないでしょうか?


7 :名無しさん@3周年:2007/01/28(日) 05:36:25 ID:5zJd7b3n
相続税の無い国は、けっこう多くなってきた。

8 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 17:14:21 ID:pWsRCzrA
不動産に対する公的なサービスがあるのですから、その範囲内で、公的な部門が、
「回収」の意味で、課税するのは正しいことでしょう。



9 :名無しさん@3周年:2007/01/29(月) 18:00:14 ID:d0MvdvIj
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1155541074/l50

隔離スレの主がめったに相手してもらえないのに格差スレで遊んで貰えて、
本スレ混乱してる?
一応連結しておく念

10 :名無しさん@3周年:2007/01/31(水) 01:50:33 ID:VGkLkM4F
夕張市は、各種の市民サービスの料金を引き上げたり、固定資産税を引き上げるとの予定だそうです。
ここで問題なのは、市民サービスは、100%応益負担ではなく、負担率が拡大するのに過ぎない。
固定資産税の引き上げは、憲法29条に反することに、夕張市の場合もなる。
なぜならば、応益を超えて徴収する税は、日本の憲法上許されない。
固定資産税は行政サービスの対価という、論理的にも、法的にも、憲法的にも、正しい範囲から逸脱すべきではない。


11 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 03:16:07 ID:0ujEzMMg
マクロとミクロの意味も分からずに、国会の予算委員会で大口を叩いていた某氏は、
「産む機械」との失言を行った。某氏も某氏ですが、騒ぎすぎる野党にも、興ざめる。

12 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 18:35:33 ID:AwwgqIKt
天皇機関説に騒いだ右翼に似ている昨今の日本の世情

13 :名無しさん@3周年:2007/02/03(土) 18:36:16 ID:1KIU0TC1
★法人税下げ、主要国で加速・実効税率20%台主流

 【ロンドン=吉田ありさ】欧州を中心に主要国で法人税率を引き下げる動きが
広がってきた。ドイツが国税と地方税を合わせた実効税率を2008年から現行より
約9%低い29%台にするほか、フランスも今後5年間で20%への引き下げを検討。
オランダなど今年から減税する国も多く、実効税率は20%台が主流になりつつある。
企業の競争力を高めないと、国全体の成長と雇用を維持できないとの共通の危機感がある。
40%程度で高止まりしている日本は国際競争力で後れを取るとの指摘もある。

 ドイツは欧州連合(EU)域内で最高の実効税率(約39%)を08年から下げることで
大連立政権が合意。国税(25%)を半減させたうえ、地方税を含めた実効税率を29%台にする。
フランスのシラク大統領は向こう5年で34%程度から20%への引き下げを検討すると表明。
仏はEU平均より8%高く、大統領は「企業の競争力維持にマイナス」と述べた。

日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20070203AT2M0201K02022007.html
前スレ http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1170456403/

14 :名無しさん@3周年:2007/02/05(月) 16:45:52 ID:SwWh5KCV
東証の株価が、政局の不安、民主党の力の増大に敏感に反応して、下落した。
日本の民主党が、非常に日本経済と相性が悪いことを、日本の民衆は知らない。
しかし、世界のマネーは、それを知っていて、少しでも、日本の民主党の力が強くなれば、
マネーは、日本から逃げる。そして、日本経済は悪くなる。


15 :名無しさん@3周年:2007/02/08(木) 21:53:48 ID:DPNIvjZ5
民主党は、反グローバリズムではないし、政策が明確ではない。
日本型雇用システムへの復帰や、土地税制などの軽減を行い、バブル以前に、
日本を戻す政策を掲げるのならば、参議院選挙で民主党に勝ってもらいたいが、
「ものとり主義」から抜け出られない民主党は、政権を担う資格は無いでしょう。

16 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 17:29:03 ID:a52VsqeR
北朝鮮の核問題に方向性が見えてきたので、今日の東証の株価は上げている。
日本経済に当面、害悪があるのは、北朝鮮と、日本の民主党である。
北朝鮮核問題が一段落すれば、次は、参議院選挙が、日本経済の大問題となる。


17 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 17:51:32 ID:sf2+IIjA
個人情報中傷悪用元
M−ケティンG
RサーT
S−ビSは毎年粉飾なのに
何故か資金繰りに困らない謎


18 :名無しさん@3周年:2007/02/09(金) 18:34:37 ID:g2iuR5A2
age♂age♂

19 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 02:27:24 ID:Lt/BxZxj
政治資金で蓄財を行うような、田中政治の系譜の者が、自民党の政治資金問題を詰問している姿は、
吉本の漫才以上に面白い。子供のことを生産物のように表現して、「生産性」などと、出生率のことを言っている政治家が、
「産む機械」との失言を追及しているのも、吉本の漫才以上に面白い。
民主党の議員は、吉本に入れば大成すると思われる。

20 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 02:31:48 ID:Lt/BxZxj
政治資金で土地を買えば、蓄財ですよ、小沢某さん!!

21 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:56:55 ID:Ns6T0ebU
>8
>不動産に対する公的なサービスがあるのですから、その範囲内で、公的な部門が、
>「回収」の意味で、課税するのは正しいことでしょう。

それは率直に認めます。
過重な課税というのは「その範囲」を超えた部分について言っていると理解すべきですね。

また、「不動産」とひとくくりにしていますが、確かに、土地には道路建設など明確な
公的サービスがあると認められるので、土地固定資産税には一定の応益性があるでしょう。
公的サービスにより上昇した地価が評価額となりますので、課税方法も合理的です。
あとは税率が適正がどうかです。
しかし、建物はどうでしょう?建物についてはの公的サービスとは何でしょうか??


22 :名無しさん@3周年:2007/02/12(月) 23:57:55 ID:Ns6T0ebU
建物についてはの公的サービスとは何でしょうか??
建物固定資産税は再取得価格すなわち現在建てるといくらかかるかの建築価格を
評価額としているのです。公的サービスの介在する余地は全くないのです。
一体、「回収」されるべき「公的サービス」が何なのか、私にはさっぱり分かりません。

私は建物固定資産税 (償却資産税) と土地固定資産税とは全く異なる種類の税で、
建物固定資産税 (償却資産税) は財産税ではないかと思うのです。


23 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 00:08:28 ID:yIdWStds
建物固定資産税 (償却資産税) が財産税ならば、
同じ財産である株式や銀行預金に課税されないのは何故でしょうか?
なぜ、建物だけが「懲罰的」に課税されなければならないのか?
これは、金が不動産から逃げて、株式や銀行預金に向かうように仕組まれた政策課税
なのではないでしょうか。
そして、ここにこそ、橋本や小泉のアメリカ傾斜型政策の重大な誤りがあるのでは
ないでしょうか。

24 :名無しさん@3周年:2007/02/13(火) 03:50:35 ID:6Eqdw2NK
米国の財務長官は、日本の土地への重課税政策は、資産デフレになるから良くないと指摘していたが、
日本の官僚が強行し続けたのですよね、事実は。

25 :名無しさん@3周年:2007/02/14(水) 18:59:20 ID:3wJIgrpg
NHKと朝日新聞が、資産バブルを目の敵にして崩壊させた。

26 :名無しさん@3周年:2007/02/16(金) 09:43:10 ID:JtO5XAXy
資産デフレ大不況は、日本人のあり方が問われている。
十数万人の国民が犠牲となった、今回の大不況は、自然現象ではなく、日本人の行為です。
国民の言論を封殺することにより、官僚の暴走を許した。いや、一部のマスコミは、官僚と結託して、
資産価格の下落に協力した。日本の大不況は、官僚とマスメディアが、人為的に作り上げたものなのです。
彼らは、その事実を糊塗しております。

27 :名無しさん@3周年:2007/02/18(日) 23:36:09 ID:loo9QtAV
資産は、個と個に分断されている人を繋ぐ信用のロープなのだ。
つまり、資産とは信用なのです。
分かりましたか、少し頭の悪い官僚さん。そして、頭が悪い「学者」さん。

28 :名無しさん@3周年:2007/02/20(火) 01:45:50 ID:fXg8LObS
日本政府は、資産政策を誤ったのだなあ。

29 :名無しさん@3周年:2007/02/21(水) 21:40:29 ID:tz87FbBq
消費者物価が上昇していないのに、公定歩合を上げるのか

30 :名無しさん@3周年:2007/02/22(木) 08:10:45 ID:NUoSr6WO
実質金利が問題なのですよ。

31 :名無しさん@3周年:2007/02/26(月) 10:12:54 ID:1tDXU/PZ
米シティグループが、日興コーディアルグループへの出資引き上げを検討している。
日本の官僚の間違った政策、資産デフレ政策により、日本の企業が外資に乗っ取られていく。

32 :名無しさん@3周年:2007/02/26(月) 10:53:24 ID:9qtj6Aet
小泉は外国の投資だと言い抜けるだろう

33 :名無しさん@3周年:2007/02/26(月) 20:04:03 ID:yHOH0r2u
市井の民が馬鹿でも罪はない。しかし、馬鹿な官僚は罪人となる。
死者は戻らないが、反省しない官僚は今でも、日本国民を死に追いやっている。
官僚は日本国民十数万人を、資産デフレ政策で死に追いやった。

34 :名無しさん@3周年:2007/02/27(火) 00:03:42 ID:Zm/pR42I
東京のマンション価格は、ニューヨークの二分の一から三分の一というレベルです。
そして、世界の先進国の首都のマンション価格と比べても安く、イタリアの主要都市の価格よりも安い。
いわゆる「ウサギ小屋」は、日本国内の「住宅テロリスト」が流布したデマであった。
OECDの報告書に書かれていた、日本の住宅はウサギ小屋云々の、「ウサギ小屋」の、その出所は、フランスの
パリの都市風景であるアパートを、フランス人は昔からウサギ小屋と呼んでいる事にあります。
よって、日本の住宅事情を揶揄するために、「ウサギ小屋」と言ったわけではありません。
また、日本の平均住宅面積は決して、先進国の平均と比べて低いものではないのです。
つまり、日本国内の「住宅テロリスト」が、マスコミに大勢おり、嘘を吹聴したのです。
今様に、銀座に百円ショップが出来るような低地価政策を行っていると、東京に益々、人々が集まるようになり、
地方から人はいなくなる方向にベクトルは動き、日本全体としては、マイナスとなるのです。
日本政府は、市場価格を狂わすような、資産デフレ政策、つまり、土地への重課税政策を行い、東京への一極集中政策を行ってはいけないのです。
馬鹿な官僚には、この事を理解する知能は無いと思われますが・・・・・・
馬鹿な官僚をもった国の国民は悲劇です。


35 :名無しさん@3周年:2007/02/28(水) 16:18:37 ID:sq0GqiRZ
足利義満からの室町幕府の隆盛は、明からの銅銭の輸入による日本国内経済の統一のよるものです。
明は、ベトナムにも銅銭を輸出しており、その結果ベトナムの北部に統一国家が出来ました。
明は、元の貨幣経済の発展の到達点である崩壊を見ていますから、できるだけ貨幣経済を「廃止」する方向で政策を行いました。
よって、銅銭がいらなくなり、周辺国へ輸出したのです。
つまり、元時代に使われていた銅銭が、日本への信用注入という形になり、室町幕府の日本経済統一が達成できたのです。
信用は、人類の命題です。なぜならば、人間は、個であることと社会的な人間であることの両義的な存在であるから、絶えず信じ合うこと問題が発生し、
その関係が人類史なのです。
銅銭が、信用に枯渇していた日本の信用関係を潤すことになり、室町幕府の隆盛となったのです。
絶えず、信用に枯渇している。つまり、信じ合うことの宿命を持っている人間は、信用を円滑にできるように、銀や金、銅に頼ったのです。
日本の場合は、その国土の自然的な属性から、土地が信用を形成するという歴史的な宿命を幸か不幸か持っておりますから、
地価が、必要な信用供給をすることができ、近代の日本経済の発展ができました。
米国は、その自然的な属性から、日本のような信用供給のシステムができませんから、
日本政府の馬鹿な官僚を騙し、日本に対して、米国のシステムの真似をしろと言いました。
日本の馬鹿官僚は、それに従いましたから、十数年間日本経済は資産デフレになり、
信用の絶対量が少なくなり、人々は自殺しました。信じ合うことに絶対量を、馬鹿官僚が減らしましたから、
人々は死を選んだのです。
日本の官僚は万死に値します。


36 :名無しさん@3周年:2007/02/28(水) 16:19:37 ID:sq0GqiRZ
信じ合うことの絶対量  ←に 訂正します。

37 :名無しさん@3周年:2007/03/02(金) 08:29:24 ID:k7yzVOQe
固定資産税は標準が1.4%なので、2.4%になると1.7倍、4.4%になると3.14倍
(なぜか円周率みたいな数字)になりますよね。安いマンションでも月に
1から2万円はかかってくるものが、3倍になるのとちょっと払えませんね。

不動産は売れなくなるだろうし、いずれ賃貸価格に増税分の月数万円が
足されるだろうし、購入派にも賃貸派にも大変なことになりそうです。

固定資産税の額が大きいという、例え話としては面白いですが、実際に
やると面白くありません。素直に消費税を上げたほうがいいと思います。


38 :名無しさん@3周年:2007/03/02(金) 08:41:50 ID:k7yzVOQe
>>34,35
同意。

39 :名無しさん@3周年:2007/03/02(金) 08:52:26 ID:k7yzVOQe
>>23
全く同意

40 :名無しさん@3周年:2007/03/02(金) 09:34:42 ID:Z58QDtzX
日本経済が不安定なのは、土地への重課税政策により、信用がタイトになっているからです。


41 :名無しさん@3周年:2007/03/03(土) 03:29:19 ID:AO3LgXjM
日銀の公定歩合の引き上げは、日本の世界へのマネー供給者としての立場を無視しての行為なので、
今、世界は非常に危険な世界同時株安となっています。
日銀は株式会社ですが、職員は官僚体質を持っております。
官僚は駄目ですね!!

42 :名無しさん@3周年:2007/03/03(土) 18:18:33 ID:NcyPcBW5
公定歩合の0.25%の引き上げと言っても、商社などの純利益は、売り上げの1%程度だ。
日銀は実質金利を把握しているのか。
馬鹿ではないか。

43 :名無しさん@3周年:2007/03/05(月) 19:19:25 ID:32VYNyIQ
社会的な弱者は、不当に高い固定資産税を支払っている納税者だ。

44 :名無しさん@3周年:2007/03/06(火) 13:52:15 ID:U3yLcQ+f
政治家は、金の使い方ばかり議論している。ゴクドウと同じだなあ。
民間を阻害しないような政治を行ってほしい。

45 :名無しさん@3周年:2007/03/06(火) 18:21:37 ID:Qt8VjtE4
日興コーディアル証券が、シティーグループのものになる。
それも、日本を資産デフレ経済にした官僚の間違った政策の結果だ。
官僚は土地への重課税政策により、日本を資産デフレ経済にした。

46 :名無しさん@3周年:2007/03/07(水) 18:23:37 ID:UHOLsHeR
円キャリートレードでの円からの資金調達の返金で円高になり、日本経済にマイナスの状態になっている。
世界のマネーは繋がっており、日銀が公定歩合を0.25%引き上げた結果として、
世界的な株安となった。
日銀のメンバーはアホなのか。


47 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 01:00:10 ID:HLTrt3Gq
元官僚の野口某氏は、固定資産税を引き上げれば、土地公有化と同じだから、土地公有化する必要ないと言っております。


48 :名無しさん@3周年:2007/03/09(金) 14:56:05 ID:wNgSOskR
野口氏は私有財産制度を、自分のことは除外して否定しているのだろう。
その言説を前提として、野口氏の発言を判断する必要がある。
一種の思想闘争を野口氏は、色々な言葉で誤魔化して行っているから質が悪い。
思想闘争と言うものは、嘘も、剽窃も、著しい誇張も許されるものである。


49 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 13:11:05 ID:p+iqwKcL
日本は、チョイ賢い者が官僚になり、誤った方向へ国を引っ張った事が原因で大変なことになった。
チョイ賢い者よりも、普通の人々の方が遥かに優れているのが民主主義の国である。


50 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 14:48:21 ID:lwibVoJb
野口氏は、東大工学部を出ている。
シャープレシオとか、インフォメーションレシオとかの金融運用理論の中に、
野口氏の名前が出てくることがある。米国で経済学を勉強したと言っても、
そのようなミクロ経済の数理計量論の範疇の事ですから、野口氏は、政治経済を専門に語れる素養はない。
今は、いわゆるシステム的な「売文業」に専念されているようですが、日本の国民にとっては不利益な事です。


51 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 15:07:32 ID:rRCp2tS9
防衛省
http://www.mod.go.jp/
リニア中央新幹線
http://www.linear-chuo-exp-cpf.gr.jp/

自衛隊(軍隊)に使っている国家予算(5兆円!!5兆円!!5兆円!!)を リニア鉄道建設に回そう!!

自衛隊(軍隊)なんて無駄飯くいな組織!!
 なぜで5兆円の資金が必要なのか?
 なぜ25万人の軍人が必要なのか?
 あなたは考えたことがありますか?

自衛隊(軍隊)の予算を削減!!
削減!!削減!!削減!!削減!!削減!!削減!!削減!!
削減!!削減!!削減!!削減!!削減!!削減!!削減!!

君たち弱き民が収めた貴重な『血税』が悪の組織!!悪代官【自衛隊】に搾取されている!!
君たち弱き民が収めた貴重な『血税』が悪の組織!!悪代官【自衛隊】に搾取されている!!
君たち弱き民が収めた貴重な『血税』が悪の組織!!悪代官【自衛隊】に搾取されている!!

 いつも暇をもてあましている !!!!!搾取集団!!寄生虫集団!!
自衛隊員【25万人】を一斉に動因して リニア鉄道建設させよう!!

リニア中央新幹線を建設して新しい日本の未来を切り開こう!!

あなたは【自衛隊】に税金を使用されるよりリニア鉄道を建設したほうが
 日本の更なる発展に役立つと思いませんか??


52 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 15:38:52 ID:CTDaTeZA
>47
>元官僚の野口某氏は、固定資産税を引き上げれば、土地公有化と同じだから、
>土地公有化する必要ないと言っております。

建物固定資産税を引き上げれば、建物公有化ということになるわけだ。
国は泥棒みたいなもんだな。

53 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 16:01:21 ID:wa9EAGG9
税制の歪みこそバブルをもたらした元凶−竹中
 新幹線の道路の話はおもしろいですね。たしかに日本は昔から、
高密度なネットワークを築いてきました。欧米の高速道路と違い、
日本の新幹線は車内に荷物を置くスペースがないので不自由だと
思っていましたが、これが日本文化なのですね。
 思い起こすとバブルのときは、日本の知識人ももっと日本を
ポジティブに見ていました。それまでネガティブとされてきたことも、
「ここに日本のおもしろさがある」と伝えようとした。まさに
「ジャパン・アズ・ナンバーワン」といった感じでしたが、
そうした風潮がバブルの崩壊以降、すっかりなくなったのです。
 ただバブルについては、文化という以上に、税制の歪みをはじめ、
経済的な要因が大きいでしょう。戦後の約四〇年間で日本の消費者
物価は五倍になりましたが、土地は一時二二〇倍にもなりました。
 なぜこれほど上がったかというと、日本では土地に対する
実効固定資産税率が、諸外国と比べて圧倒的に低かったからです。
たとえば私がアメリカのニューヨークに住んでいたとき、
実効税率は三パーセント程度でした。日本では〇・二パーセント
程度ですから、約一〇倍も違うのです。
 そうするとムダな土地でも、持っていても負担にならない。
だからいったん手にした土地はなかなか手離さないし、
お金があれば、とりあえず買っておこうとなる。このあたりが
変わらないかぎり、今後も都心など一部の場所については、
土地の値段はまだ上がる可能性があるのです。

立ち上がれ!日本―「力強い国家」を創る戦略
竹中 平蔵 (著), 櫻井 よしこ (著)

54 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 16:13:30 ID:wa9EAGG9
上記の原則の観点から、自治体が財政規律を働かせ、健全な財政運営を行う
には、今後進める地方分権において、必要な財源を十分にまかなえるよう、
各自治体が独自に税率を設定できるようにする必要がある。しかし、前述の
ように、どの税目でも独自に課税してよいというわけではない。では、
どのような地方税制が地方分権にふさわしいか。それは、課税対象資産の
評価が適切に行われることを前提に、土地に対する固定資産税を中心とした
地方税制である。固定資産税が他の税目より望ましい理由は、課税対象であ
る土地は地域を越えて動かず、住民や企業の地域間移動と無関係だからで
ある。固定資産税以外の税目は、課税対象が地域間で移動する。例えば
住民税は、自治体が独自に税率を設定できるようになったとして、
必要があって高い税率を課したとすると、これを好まない住民は他地域へ移住
してしまい、必要な税収が得られない恐れがある。固定資産税はこの現象とは
独立になる。そして、その税収を用いた公共サービスの便益は、その自治体の
住民、しいてはその土地に及ぶ。だから固定資産税は、応益課税原則に合致している。

http://www.rieti.go.jp/jp/events/bbl/03070401.pdf
「三位一体改革」の成果と課題

55 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 17:26:17 ID:Pz9IkmDR
官僚が通達で、応益課税の原則を超えて、固定資産税を引き上げた事が、長期にわたる日本国の不況の原因だ。

56 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 18:24:20 ID:5fQw5kCj
渡辺美智雄氏は、1995年9月15日に亡くなられているが、その直前に、
「国は国民から資産を取り上げようとしている。」と言われていた。
つまり、資産デフレ不況の原因は、国の資産政策にあると指摘されていたのです。

57 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 21:15:14 ID:jW+1AFlJ
>53
>経済的な要因が大きいでしょう。戦後の約四〇年間で日本の消費者
>物価は五倍になりましたが、土地は一時二二〇倍にもなりました。
>なぜこれほど上がったかというと、日本では土地に対する
>実効固定資産税率が、諸外国と比べて圧倒的に低かったからです。

国民所得が100倍になっても、土地は増えないので、地価も100倍になるのがあたりまえだ。
しかし、国民所得が100倍になって、消費者物価も100倍になっていたら、
金持ちになった意味がないだろ?消費物価はあまり上がらず、消費の量が100倍近くに
増えるからこそ、金持ちになったと言える。
何度でも言うが、地価は国民所得と比較すべきで、消費者物価と比較してはいけないのだよ。

竹中の論理は日本経済を弱体化させる意図で周到に準備されたペテンだ。

58 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 21:23:08 ID:jW+1AFlJ
>53
>たとえば私がアメリカのニューヨークに住んでいたとき、
>実効税率は三パーセント程度でした。日本では〇・二パーセント
>程度ですから、約一〇倍も違うのです。

地租の3%は、所得税、消費税、相続税の無い世の中の話です。
米国の都市において、実効税率3%の固定資産税はありえません。
竹中氏が、経済学者であるならば、所得税もあり、固定資産税3%の社会の、
不動産価格を考えれば、それは間違いであることが瞬時に分かるはずです。
つまり、部分的にマイナスの不動産価格が、実効税率3%の固定資産税の
社会では生じるのです。
竹中氏は、この様な「錯誤」の発言を行うのですから、経済学者の資格は
無いでしょう。 そのような頭脳の持ち主が、日本国の国家経営に係わる
経済担当の大臣をしているのですから、この国は大変です。

竹中の論理は日本経済を弱体化させる意図で周到に準備されたペテンだ。

59 :名無しさん@3周年:2007/03/11(日) 21:34:08 ID:jW+1AFlJ
>54
>その税収を用いた公共サービスの便益は、その自治体の
>住民、しいてはその土地に及ぶ。だから固定資産税は、応益課税原則に
>合致している。

「その税収を用いた公共サービスの便益は、その自治体のその土地に及ぶ。」
ならば、応益税と言えるが、
「その税収を用いた公共サービスの便益は、その自治体の住民に及ぶ。」
ということなら、応益税とは言えない。
>54の話は取りやすいから取るという短絡的なバカ話を無理やりな
こじつけで合理化しようとするもの。とりあう価値もないバカ話。

60 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 19:24:12 ID:B+c5xB4J
(問)資産デフレについてなんですけれども、地価が12年連続で下落している
というような発表がありましたけれども、東京都心部を除いて、かなり底が見え
ない状況だと思うんですけれども、これについて大臣の認識というか、どう今感
じてられるか、それから政策につきまして。

(答)資産デフレという場合に土地と株があるわけですが、株はご承知のように底
から見ると実は1.5倍近いところに、1.4倍ぐらいになっているわけですから、
株の問題と土地の問題というのはかなり違っているということだと思います。
 土地に関しては、バブルの最盛期に、日本の地価がアメリカの4倍ぐらいした
ことがあった。今それが下がって困っていると言うわけですが、それでもアメリカ
の土地の価格に比べて、日本の地価合計は2倍ないしは2倍近くあるわけです。
そういう意味では、何が適正な価格かというのは大変難しいですけれども、
まだしばらく調整が続く可能性があるといった指摘をする専門家は
少なくないのだろうと思います。

http://www5.cao.go.jp/minister/2003/0922kaiken3.html
竹中金融・経済財政政策担当大臣記者会見要旨

61 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 19:27:25 ID:B+c5xB4J
 固定資産税の標準税率が保有税である固定資産税の税率として過重なものでない
かどうかは、同税の税額がそもそも税率だけで決定されるものではないことから、
その数値の大小のみで判断することはできないが、固定資産税の標準税率は、
昭和三十年度以降一・四パーセントとされ、市町村が通常よるべき税率として
十分定着しているところであり、また、不動産に対する保有税の負担の水準を
国民所得に占める割合により比較しても主要五か国中、我が国の税負担は低くな
っていることから、現行の固定資産税の標準税率は、毎年度課税される保有税と
しての性格に照らしても過重なものであるとは判断していない。

http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b154170.htm
平成十四年八月二十七日受領答弁第一七○号 内閣総理大臣 小泉純一郎

62 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 22:06:07 ID:Kt6++lux
土地や建物に、その当該土地や建物に掛かった行政サービスの費用以上に課税することは、憲法二十九条違反であり、且つ、現実の経済との整合性に於いても、
資産選好の問題から、それ以上の課税を行うことは、マクロの日本経済を破壊することになります。
アホ官僚は、その事を理解する能力がありません。アホ「学者」も、駄目です。

63 :名無しさん@3周年:2007/03/12(月) 22:26:43 ID:r8ZeZxeK
○竹中国務大臣 むしろ、この固定資産税の議論は、本当に、もう八〇年代
の中ごろからずっと専門家を巻き込んでいろいろな議論がなされてきたんだ
と思います。
 先ほど申し上げましたように、むしろ、土地バブルが生じた一つの原因
として、原因はたくさんあります、でもその一つの原因として、土地に対
する実効税率が低過ぎたのではないだろうか。これは国際的に見ても、
間違いなく、当時そうだったと思うんです。そういう観点から、資産に
対するバランスのとれた課税の適正化を行うという観点で、この改正が累次、
九〇年代の中で行われてきたということだと思います。
 事実の問題として、地価が下がる中で税の負担がふえている、これは
低過ぎた実効税率がその分上がっているという面では、委員御指摘のと
おり税の負担がふえているというのは事実でございますけれども、これは、
税のバランスをとるという上で長期的に行っていかなければいけない
必要な対応であったというふうに思っております。

http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/001816420060228019.htm
第19号 平成18年2月28日(火曜日)

64 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 08:53:40 ID:bMI50L9M
地方分権時代に自治体主要財源として固定資産税は不可欠。

65 :名無しさん@3周年:2007/03/13(火) 10:17:58 ID:rK56AZEH
「不可欠」もクソも、固定資産税は行政サービスの対価という自然法的な枠を超えて課税することは犯罪に等しい。
また、それは馬鹿な官僚の行為です。
その「不可欠」が、日本経済全体との整合性を失わせ、日本を十五年間近くの資産デフレ不況に苦しめているのです。


66 :名無しさん@3周年:2007/03/15(木) 03:59:39 ID:7nKZGsmw
グローバル化の内実は、日米の侵略的な企業の相互侵略だ。そして、そのゲームは、米国企業に得なルールで行われている。
日本の企業が米国の企業に乗っ取られることを良いことのように思っている脳の軽い「学者」が多すぎる。
黄金の国・ジパングは、その国の土地はゴールドで出来ており、外国の企業が容易に侵入できるものではなかった。
日本の馬鹿官僚が、日本の地価を下げることにより、日本を廉価にして外国に売り渡している。
日本の地主は、価格と保有量から言えば、企業である。日本の地価を下げることは、日本の企業を安く外国に売り渡すことになるのです。


67 :名無しさん@3周年:2007/03/16(金) 06:45:43 ID:t1/7UjaS
米紙が、日本の株式市場は開発途上国型になっていると指摘している。
外資に翻弄される東証は、ジャパンアズナンバーワンの時代から見ると隔世の感がある。
この自立的な力の無さの根本は、官僚が日本の土地所有に不当な重課税を行い、日本の国富を減少させたからです。


68 :名無しさん@3周年:2007/03/16(金) 07:21:04 ID:PEY7Nq6M
地価が国富との基本認識が出来ていない野口氏は、学者失格だ。
基本認識無しに、屁理屈や、妄想的な願望をいくら並べても意味がない。
彼のような学者失格の者の言説を載せている週刊新潮もいかれている。

69 :名無しさん@3周年:2007/03/16(金) 14:18:17 ID:DjOJmVVC
防衛省
http://www.mod.go.jp/
貧乏人に増税で軍事費5兆円!!
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/2007nenndoseifuyosannann%20binnbouninnnnizouzeidegunnzihi5tyouen.htm
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Japanmilitarism/jbudget2006.htm
リニア中央新幹線
http://www.linear-chuo-exp-cpf.gr.jp/
自衛隊(軍隊)に使っている国家予算(5兆円!!5兆円!!5兆円!!)を リニア鉄道建設に回そう!!

マスコミ二ケーションが無駄に中国や北朝鮮の軍事的脅威を煽っている!!煽っている!!→増税!!増税!!
あなたはその罠にはまってはいけません!!マスコミ二ケーションに洗脳されていませんか?

自衛隊(軍隊)なんて無駄飯くいな組織なんです!!
 なぜ5兆円!!もの巨額な費用が必要なのか? なぜ防衛費用は4兆円では駄目なのか?
 なぜ25万人!!の軍人が必要なのか?    なぜ人員20万人では駄目なのか?
 あなたは考えたことがありますか?  あなたは思考停止になっていませんか?

民間企業はリストラ!!リストラ!!倒産!!倒産!! 今度は自衛隊(軍隊)の予算を削減しましょう!!
削減!!削減!!削減!!削減!!削減!!削減!!削減!!
削減!!削減!!削減!!削減!!削減!!削減!!削減!!

あなたたち弱き民が収めた貴重な『血税』が悪の組織!!悪代官!!悪徳業者!!【自衛隊】に搾取されている!!
あなたたち弱き民が収めた貴重な『血税』が悪の組織!!悪代官!!悪徳業者!!【自衛隊】に搾取されている!!
いつも暇をもてあましている !!!!!搾取集団!!搾取集団!!搾取集団!!搾取集団!!
自衛隊員【25万人】を大リストラして リニア中央新幹線を建設しよう!!

リニア中央新幹線を建設して新しい日本の未来を切り開こう!! 新しい日本を作りましょう!!
あなたは【自衛隊】に税金を搾り取られるよりリニア鉄道を建設したほうが
日本の更なる発展に役立つと思いませんか??
税金をもらって運動場で走って体力ずくりしてもらうよりも建設現場で働いて
いい汗をかいてもらいましょう!!


70 :名無しさん@3周年:2007/03/17(土) 05:40:23 ID:iQYVJCQZ
土地への重課税政策を止めない限り、いつまで経っても日本経済と社会は健康体にならない。

71 :名無しさん@3周年:2007/03/19(月) 01:53:40 ID:JT0zDOCo
セイの法則は、「供給はそれ自身の需要を創造する」で、それに対して、ケインズは、有効需要の原理を発表して、
需要の不足分が出ることと、それを補う政策の必要性の言説を展開した。
しかし、ケインズは、供給と需要の根本的な相関関係を否定しているのではない。
供給量が増えれば、価格を下げる要因になることをケインズは否定していない。
野口某氏は、土地に関しては、供給面積、つまり、有効平地国土面積に関係なく価格が決定されると言っている。
土地の立地は、林業立地→農業立地→工業立地→商業立地と、変遷していく。
よって、地価の土台は、当該国の国土の有効平地面積と当該国の経済力との関係である。
野口某氏は、歴史上の全ての経済学説を超える新説を出したのだろうか。
上野万鶴コ氏は、歴史の事実や真実は、言った方が勝ちで決まることと言っておりますが、
そのような科学性の無い単なるヒステリーで日本の言論界が左右されている状態を憂います。
野口某氏も、土地の私的所有に対する単純な怨嗟を、学者もどきの屁理屈で覆っているにすぎない。
日本国は、学者の素養のない者を学者と認めてしまう、ある種の後進性がある。

72 :名無しさん@3周年:2007/03/19(月) 02:40:08 ID:iCyuw9+l
次のように訂正します。
林業立地→農業立地→工業立地→住宅立地→商業立地

73 :名無しさん@3周年:2007/03/21(水) 02:46:12 ID:dp2u1i0a
民族文化の中心、中枢部分は言語ですが、日本は文明国であるが、その言語は最も記号化されていない言語である。
日本語は、情緒面は発達しているが、科学的な表現に弱く、しばしば何を言ってるか分からない場合がある。
国会の予算委員会などの審議は、「歌舞伎プレー」と欧米人に揶揄されている。
日本人は、イエス・ノーを明確に言わないと外国人に思われているが、いわゆる河野談話などは、ノーとイエスを間違って言っている。
外国人から見れば、河野氏などの日本人を知れば知るほど、クレージーと思うでしょう。
日本の出来事は、特殊なのです。
資産デフレが進行している最中に、土地への重課税政策を実行する官僚は、古今東西、この日本国だけに棲息しているものであり、外国には、そのような狂った官僚はおりません。


74 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 02:39:22 ID:GcajRtds
地価が少し上昇したからと言って、マイホーム取得側面だけを重視して、国富である地価を引き下げる政策を行ってはいけない。

75 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 16:54:21 ID:RsRznrVz
日本の経済界の発言力は、黒字の大企業にある。よって、固定資産税の引き下げよりも、法人税の引き下げを望む。
歪んだその構造が日本の資産デフレ大不況の期間を引き延ばしている。
赤字企業や中小零細企業には、法人税の引き下げよりも、固定資産税の引き下げの方が効果的です。

76 :名無しさん@3周年:2007/03/23(金) 19:21:19 ID:EZL0PCll
タケシがテレビで面白いことを言っている。
「芸人は、どのような世の中でも生き抜いていくものだ」
「世の中をどうこうしようとする政治家とは違う」
東国原氏の事に関しての発言です。
政治家と芸人とは、根本が異なるとのタケシ氏の意見です。
政治家はマクロの存在、芸人はミクロの存在。



77 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 18:12:41 ID:oM8jw1lA
○竹中国務大臣 本当に大きなお尋ねだと思います。
 しかし、固定資産税、二点、今委員言われたわけですけれども、一つは、
今後増収を期待できるのかということ。二番目が、担税力に問題が出てくる
のではないか。
 第一の点に関しては、しかし、やはり固定資産税というのは、税源が不偏、
偏在していないというようなこと、それと税収が安定しているということ、
それと、これは地方自治でありますから応益原則なわけですけれども、
応益性になじむ税目だというふうに思うんですね。だからこそ、諸外国に
おいてもこの不動産の保有課税というのが基礎的自治体の基幹税目になっ
ているわけで、そういう点を考えますと、やはり今後とも市町村税として
大変重要な役割を果たしていく税になるんだと思います。

http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/009416420060227008.htm
第8号 平成18年2月27日(月曜日)

78 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 19:59:58 ID:1SYQzcwn
高地価、高家賃の原因は異常に安い固定資産税。

地価と土地税制より

土地の保有税(固定資産税)が存在ことにより、土地保有のコストが上昇
する結果、税率は割引率を高め、地価を低下させる。しかし、日本の土地の
固定資産税の実行税率は無視できるほど低い。
95年当時の日本の宅地の固定資産税の実効税率は、アメリカの1000分の
14から100分の13程度にとどまっている。
都市圏の市街化区域内農地については、90年まで長期営農継続農地制度が
存在し、現在は生産緑地制度によって代替されたが、固定資産税を相続税の
優遇措置を受けることができる。農地に対する固定資産税率は宅地よりも一層
低い。


79 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 20:12:55 ID:IqRs6+Xv

★2ちゃんねる政治板ローカルルール★

まず初めにこちらをお読みください。【2ちゃんねるガイド】

■スレッド利用のお約束■
(1)簡単な質問は【●初心者歓迎 スレを立てる前にここで質問を】スレッドへどうぞ。
(2)重複スレッドには既存スレッドへの誘導レスをつけた後は放置し、すみやかに削除依頼して下さい。
(3)荒らし・煽り・人格攻撃・レッテル貼り、コピペや大量のAAの貼り付け等は『完全無視』すること。
  荒らしや煽りにはsageでもレスしないこと。無視できない貴方も荒らしと同類です。
(4)書き込む前に一呼吸置いて、自分の行動・レスの内容をよく確認しましょう。

■スレッド作成のお約束■
(1)マルチポスト(他板にすでにあるスレッドと同一趣旨のスレッドの作成)は禁止です。
(2)重複を避けるため、スレッドタイトルは検索しやすい名前に。
(3)重複・類似・乱立および著しく不謹慎・不道徳・下品・卑猥・蔑視・差別的なスレッドは禁止です。



80 :名無しさん@3周年:2007/03/24(土) 20:18:23 ID:hDwB2tGx
重複スレッドには既存スレッドへの誘導レスをつけた後は放置し、すみやかに削除依頼して下さい。

81 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 01:22:55 ID:OTqT+gBg
竹中氏の頭は、中学校の教諭程度です。

82 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 03:45:52 ID:ZqJ+IbU6
有名な日本企業が、どんどん外資に乗っ取られていく。
日本の地価を上げて、日本全体の価値を上げる防御策を行うべきだ。

83 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 05:38:50 ID:38Mc03Bm
市場経済の国では、保有資産の形態を選択、選好できるのです。
よって、土地資産への課税を重くすれば、地価は下落して、日本の国富は減少し、
資産デフレの状況となり、長期の不況となります。
”固定資産税は行政サービスの対価”、これ以外の固定資産税課税の正しい基準は無いのです。

84 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 16:36:03 ID:DKB42zyw
日本政府は、市場に対して中立を守らなくてはならないのに、買い手側に味方した土地政策を行った。
その結果、新規住宅取得は容易になったが、既に取得した者に対しては、財産権への侵害となり、資産デフレを
国民レベルに浸透させ、長期の資産デフレ大不況を生じさせた。

85 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 17:12:26 ID:hM0LMBGM
>現在、固定資産税の税率は1.4%
>資産が5000万円なら税は毎年70万円。
>固定資産税の税率は引く無いよ。

嘘を書き殴って、嘘を指摘されても無視して、別のことを書き込む
ところが共産党らしい。

共産系大家の一人芝居6年目。

86 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 17:41:49 ID:n3QVywwa
低脳には、このスレッドを理解するのは荷が重いらしい。
しかし、それも、枯れ木も山の賑わいか。


87 :名無しさん@3周年:2007/03/25(日) 17:46:08 ID:SsES6ztG
第二の固定資産税と言われる都市計画税が、農漁村でなければ、約0.3%課税されていますから、
実質的な固定資産税は、1.7%です。

88 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 10:48:32 ID:LZrEKHvD
「日米構造調整」での非関税障壁の一つとして、日本の地価が米国側から取り上げられ、
米国企業が日本へ進出する場合の障害が、日本の「高地価」であると決めつけられて、日本政府は、
土地基本法の制定、その後の土地への重課税政策で資産デフレ大不況という、それこそ、構造的な大不況を生じさせた。
日本の不幸は、対米従属の中から発生する人為としてのものです。
日本全体の価値を低下させる低地価政策は、日本を安く外国に売り渡す政策のです。

89 :名無しさん@3周年:2007/03/26(月) 16:28:57 ID:ex/FCGYt
どこの国も孤独なのに、日本の政治家は分かっていない。
中国も孤独、ロシアも孤独、米国も孤独、フランスも孤独。

90 :名無しさん@3周年:2007/03/27(火) 16:19:11 ID:6r5TAShV
インドも孤独です。 独立国は自立しているから、孤独なのです。

91 :名無しさん@3周年:2007/03/27(火) 17:02:19 ID:9N7YEBr5
中国政府は、物権法を制定して、土地の私有化に踏み切るようです。
7年間も、議論してきましたが、共産党の幹部は大金持ちになっておりますから、
その財産を守る意味からも、土地の私有財産化に中国は入るそうです。
中国の国民は、市民化するでしょう。

92 :名無しさん@3周年:2007/03/27(火) 18:18:08 ID:S+2ICvF3
中国の私有財産の物権法は成立しているぞ。施行は、今年の十月だ。

93 :名無しさん@3周年:2007/03/27(火) 18:35:10 ID:+9x94Hmf
○竹中国務大臣 委員御指摘のように、日本の今までの住宅投資の特徴を
見ますと、持ち家に対する投資と貸し家住宅投資というものに明らかに差
があったということだと思います。
 これは言うまでもありませんけれども、持ち家はとにかく、土地神話と
いう言葉に象徴されるように、圧倒的なキャピタルゲインが期待される、
だからとにかく持ち家の方が得だということはだれの目にも明らかなわけ
ですね。結局どうなるかというと、多くの人は持ち家を持ちたいという
ふうに思う。政策はそれを助けて、それで、ある程度所得のある人は持ち
家を持ってキャピタルゲインを得ようとする。その意味では、そういう
キャピタルゲインに参加できない方がどちらかというと貸し家に住まざる
を得ないというような状況になってきて、それがそのような格差になっ
てきたということだと思います。
 ところが、今むしろ起こっていることは、キャピタルゲインがなくな
ってきているわけですから、これがむしろイコールフッティングになって
きているということなんだと思うんですね。イコールフッティングにな
ってきているということは、これは理屈から考えれば、政策的な補助が
なくても住宅投資はある程度出てくるはずである。現実に、東京の地域
では非常に良質の貸し家住宅ができてきている状況にあると思います。
そういう状況が新しくできつつある中で、政策としてさらにそれを
後押しする必要があるかどうか、ここはやはりちょっと実態を見ながら
判断していくべき問題であろうかというふうに思います。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/156/0095/15602260095007a.html
第156回国会 財務金融委員会 第7号
平成十五年二月二十六日(水曜日)

94 :名無しさん@3周年:2007/03/27(火) 21:56:22 ID:InRO78pT
竹中は、能力に大きな問題がある。学者と言うよりも、政治屋志向の強いヤツだ。

95 :名無しさん@3周年:2007/03/27(火) 23:07:06 ID:/r/30j8L
>93
キャピタルゲイン=土地・建物・有価証券などの資産価格の値上りによる利益。
イコールフッティング=競争を行う際の諸条件を平等にすること。
質問@
『土地・建物・有価証券などの資産価格の値上りによる利益』がなくなると
『競争を行う際の諸条件が平等』になるというのはどういう意味か分からない。
質問A
『競争を行う際の諸条件が平等』になってきているということは、理屈から考え
れば、政策的な補助がなくても住宅投資はある程度出てくるはずである。
・・・という理屈がどういう理屈なのか分からない。

竹中は愚民を煙に巻く、わけの分からないことを言っているだけだと思う。
これ、誰も突っ込みを入れなかったのかな?

96 :名無しさん@3周年:2007/03/28(水) 04:21:32 ID:508DAvDf
竹中氏は、差別に関して鋭い感覚を持っているのではないか。
資産格差が無くなれば、機会の平等が実現されると言ってるのと思われる。


97 :名無しさん@3周年:2007/03/28(水) 05:31:16 ID:CATQpYPL
久しぶりに覘いたら政治板がサヨだらけに。。ゴキブリみたいにしぶとい

98 :名無しさん@3周年:2007/03/29(木) 00:37:12 ID:j2pREcTs
>95
@誰ももうかる奴がいなくなれば、競争が平等な条件で行われる。=意味不明
A競争が平等な条件で行われると、補助がなくても住宅投資はできる。=意味不明

ちんぷんかんぷん

99 :名無しさん@3周年:2007/03/29(木) 00:42:30 ID:iYKz83N8
久しぶりに覘いたら政治板がヤーの右翼だらけに。。ゴキブリみたいにしぶとい

100 :名無しさん@3周年:2007/03/29(木) 02:14:03 ID:YaA6hcGz
竹中氏は、本間氏の弟子であり、本来、社会党的な考え方をする人物です。
竹中氏の、サプライサイダーエコノミーは、竹中氏独特のものであり、いわゆる社会党化しております。
国民の富が平等化すれば、経済が発展すると竹中氏は思っているのです。
ケ小平の先富論(せんぷろん)は、共産主義思想から言えば、「反共思想」とも言える、
実際主義ですが、それは、経済状況の局面により、貧富の差が、当該国の経済成長に役立つとの論です。
その先富論で、今日の中国の経済成長があります。
竹中氏は、ケ小平の先富論に真っ向から敵対する旧日本社会党の思想の持ち主なのです。


101 :名無しさん@3周年:2007/03/29(木) 16:31:34 ID:pyrQJ05R
本間氏も、竹中氏も、権力にすり寄って行った。竹中氏は民主党を支持していたが、自らが権力になり、大臣をしていた。
本間氏も、福祉公共経済が専門だから、国際的に言われている、いわゆる民主社会主義の系譜です。

102 :名無しさん@3周年:2007/03/30(金) 01:54:24 ID:u1Emn01H
ユダヤ人差別はいけないが、皆が沈黙して、ユダヤ人の団結による日本食い散らしを許していけない。
日本の株価が低い状態では、日本は外資に遊ばれる。


45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)