2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

JR東日本の真実/公安警察トップは革マル派の手先

1 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 09:28:06
週刊現代 [1月20日号]  

テロリストに乗っ取られたJR東日本の真実 最終回 「JRの妖怪」
JR東労組元委員長松崎明が逮捕されない本当の理由 
公安警察トップ 現役「警察庁警備局長」は革マル派の手先

【雑誌ネット】週刊現代 01/20日号
http://www.zassi.net/mag_index.php?id=230

2 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 09:30:14
週刊メールジャーナル(権力と政財界の裏側)

●週刊現代「JR東日本の真実」を軸に暗闘を繰り広げる公安内部
(会員制経済情報誌『現代産業情報』8月15日号より転載)

 弊誌(『現代産業情報』8月1日号=本誌では転載していない=本誌編集部
注)が掲載した『週刊現代』での「テロリストに乗っ取られたJR東日本の真
実」(西岡研介氏)をめぐる関係者の動きが複雑になっている。

 特に公安当局者と「革マル派」の動きは激しく、情報戦ともいえるような対
立関係を見せたかと思うと、瞬間的に交錯したりと、“怪物”ともいわれる公
安当局の内情を垣間見せる。

 この稿では視点を深め、西岡氏の大型連載とリンクする背景を指摘しておき
たい。

 

3 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 09:31:08
「西岡氏には関係者の尾行がついています。連載が始まる直前からです。ど
の筋による尾行か分かりますか?一つは革マルです。これは想像がつきますよ
ね。しかしもう一方が問題です。なんと公安当局なのです」(関係者)

 公安当局がなぜ西岡氏を監視するのか。『週刊現代』の連載は組織としての
公安当局の利益と一致するはずである。関係者はこう解説する。

 「公安当局の監視は1ルートではないのです。警視庁公安部が密かに主導す
る系列や、警察庁警備局の息のかかった系列、公安調査庁などいくつかのルー
トがあり、それぞれバラバラに動いているようなのです。

 この背景には、警察庁警備局と警視庁公安部をそれぞれ軸とした当局内の暗
闘があるのです。

 


4 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 09:31:56
『現代』の連載を歓迎する勢力と、押さえ込もうとする勢力に大きく分かれ
ています」

 当局内のパワーバランスを見極めるには、どうしても避けては通れない公安
の大物OBの存在を明かしておかなければなるまい。警察庁警備局長を歴任し、
JR東監査役に天下りしたS氏である。

 「情報戦や組織解明の能力は秀逸で、警備局を代表する大物公安マン」(関
係筋)と賞賛され、労使対立の流動的な時代のJR東に送り込まれたが、これ
を経てSに対する公安当局の評価は著しく地に落ちてしまう。

 「S氏はあの松崎明・元JR東労組会長に取り込まれてしまったのです。女
性問題を革マルに掴まれたといわれています。

 


5 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 09:32:37
労使関係を正常化するために送り込まれたS氏は、逆に松崎氏の傀儡となっ
てしまった。当局の現職公安マンはS氏を疎んじたが、大物OBだけに食事の
誘いがかかったら無碍に断われない。いまだにS氏は当局者にとっては腫れ物
のような存在なのです」(関係筋)

 そのS氏を「公安の恥」と激しく敵視する一派がいる。警視庁公安部の現場
を中心とする勢力だが、S氏への敵意は、その人脈に連なる警察庁キャリアに
向いた。

 「いまだにS氏と定期的に会合をもつキャリアを敵視し、そのキャリアに監
視をつけるほどなのです。

 かつて警視庁公安部長を務めた警察庁幹部の行動に不審を感じ、今では『S
の直系スパイ』と断じたこのグループは、幹部が警察庁警備局要職に復帰した
ことに強く反発し、『現代』の連載を使って警察庁を揺さぶろうとしています。
この一派が情報源だという見方もあります」(関係者)




6 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 09:33:17
一方で現場の怨念を感じるキャリア組は防衛に必死で、『現代』がどこまで
連載の中で問題に踏み込むのか、そこを西岡氏の接触人脈から探ろうとしてい
るのだという。

 在籍する捜査員の数すら公表されてない秘密組織の公安当局。“怪物”と称
される所以だが、そうした組織に“怨念”が持ち込まれ、制御不能になったと
き、何が起きるか。

 弊誌はそれを強く危惧する。関係者の間では、『現代』の連載はこうした公
安当局内の暗闘にまで踏み込むのではないかとの観測が強く、JR東の革マル
問題を間接的に増幅している当局の内紛は、「スキャンダル」として表面化す
る可能性を高めている。

週刊メールジャーナル(権力と政財界の裏側)[まぐまぐ!]
http://blog.mag2.com/m/log/0000017208/107642204.html

7 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 09:40:10
昨年、カクマルを担当する公安トップの公安二課長、元城東警察署署長
だった公務員が、窃盗で逮捕される事例があります。
過去には、日本共産党長野県委員会を監視していた長野県警警備部(公安警察)の公務員が
一千万相当を窃盗して逮捕されている事例もあります。
また日本共産党緒方参議院議員宅を盗聴していた神奈川県警警備部(公安警察)の実態が暴かれ
裁判になり緒方さんが勝訴した事例もあります。
古くは、白鳥、辰野、菅生事件などの公安でっち上げ事件もありました。




8 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 09:43:56
「公安警察の犯罪」

前書きなど

 本書で取り上げている新左翼運動への数々の弾圧や人権侵害、つまり「公安警察の犯罪」は、
本来、ジャーナリストあるいは弁護士、またはメディアが取り上げ、追及すべきテーマである。
 しかし、これらの人々がほとんど話題にもしない状況の中で、今回、私たちがぜひとも書かねばと思ったのは、
これらの人権侵害状況をこのまま放置するとすれば、日本社会は限りない超高度管理国家へ行き着くと懸念したからである。
 一九七〇年代初頭から始まり、八〇年代、そして今日まで続いている公安警察の新左翼運動へのスパイ工作、微罪逮捕、
デッチ上げ―フレームアップ、過剰警備そして執拗な家宅・身体捜索(ガサ)などにおいては、憲法で保証された人権が
まったく存在していないに等しい。この事態は、常軌を逸していると言っても過言ではない。まさに「過激派に人権なし」と言うことだが、
しかし、被害をこうむっているのは、「過激派」と言われる人々ばかりかその支持者、それと何らかの形でつながる人々にまで及んでいる。
 

9 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 09:44:32
言うまでもなく、権力と市民の間の人権をめぐる関係は、ひとたびこうした人権侵害状況を許容したとき、
一方的に、それは限りなく破壊されていくことは必至である。私たちが今日までそれらを「許容」してきた結果が、本書で述べているような
運動団体の事務所周辺ばかりか、街頭や全国の道路網を埋め尽くしている監視カメラの群である。そして、一九九九年には盗聴法(および住民基本台帳法の改訂)
まで成立し、警察、とりわけ警備公安警察の権限が一段と強化されることになった。
 現在日本は、こうした超高度管理国家(超警察国家)へ移行する入り口にあると言えるが、この「移行」が完成してしまうか否かは、
私たちがこれから警備公安警察への根底的批判をなしえるかどうかにある。その意味で本書を手始めとして、多くの批判の言論や行動が活発となることを期待したい。

「公安警察の犯罪」 小西 誠, 野枝 栄著  発行:社会批評社
http://www.hanmoto.com/bd/ISBN4-916117-38-7.html

10 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 09:45:03
公安って何なのでしょうか?

11 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 10:15:54
公務員の枠を超えた非合法もいとわない方々。

12 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 10:19:04
憲法99条を平然と踏み越えている方々。

■週刊現代 [1月20日号]  JR東日本の真実/公安警察トップは革マル派の手先

■週刊メールジャーナル(権力と政財界の裏側)

■「公安警察の犯罪」 社会批評社

昨年、カクマルを担当する公安トップの公安二課長、元城東警察署署長
だった公務員が、窃盗で逮捕される事例があります。
過去には、日本共産党長野県委員会を監視していた長野県警警備部(公安警察)の公務員が
一千万相当を窃盗して逮捕されている事例もあります。
また日本共産党緒方参議院議員宅を盗聴していた神奈川県警警備部(公安警察)の実態が暴かれ
裁判になり緒方さんが勝訴した事例もあります。
古くは、白鳥、辰野、菅生事件などの公安でっち上げ事件もありました。



13 : ◆JrNMd471Nk :2007/01/07(日) 10:21:58
手先と看做す根拠がわからんが、
むしろ革マル派が官製極左であって、
公安トップもかつては革マル派に「出向」していた経緯が
あるってだけじゃないか?

14 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 10:31:00
国会議員や裁判所をチェックする機能が普通選挙権や最高裁判官国民審査
でありそれが国民主権と権力分立の正当性の根幹をなしているのですが、
公安などの権力をチェックする機能は、国民主権や権力分立の点からいってうまく機能しているのでしょぅか?
うまく機能していれば、>>12のような事柄は起こりえないのではないでしょうか?
日本が健全な立憲主義・民主主義として発達していくことを考えれば、こうしたチェック機能がちゃんと
働くように主権在民の点から声をあげなければならないといえるのではないでしょうか?
警察の腐敗・犯罪行為の再発防止のため警察の抜本的民主化を求める
自由法曹団の決議は重要です。

自由法曹団
http://www.jlaf.jp/ketugi/2000/ket_20000522_6.html



15 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 10:32:38
自由法曹団の決議は重要です。

犯罪の検挙率も著しく低下し、国民の身体安全を守るために、
警察や公安委員会の民主化・抜本的改革が求められている。
... 外部監査の導入、情報の公開、国民敵視の警備公安警察の廃止を
中心として警察組織の民主化・抜本的改革が早急に実現されるべきである。

自由法曹団
http://www.jlaf.jp/ketugi/2000/ket_20000522_6.html




16 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 10:34:38
外部監査の導入、情報の公開、国民敵視の警備公安警察の廃止
を野党は掲げるべきです。民主・社民・共産はがんばってほしい。
とくに、外部監査の導入を公安警察には導入すべきです。
でないと、>>12のような事例はあとをたちません。
日本が健全な立憲主義・民主主義として発達していくことを考えれば、こうしたチェック機能がちゃんと
働くように主権在民の点から声をあげなければならないといえるのではないでしょうか?


17 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 10:37:56
■元自民党国会議員・国家公安委員長 : 白川勝彦氏の体験 … 「忍び寄る警察国家の影」('04職務質問の実態)

■2005年12月 日本山妙法寺僧侶 木津博充師の、沖縄での「不当 逮捕」体験談

■2006年10月24日 報道の自由… 日本は51位 (2006年10月24日、 読売新聞)  ※参照【コラム】←クリック

■2006年8月28日 葛飾マンションビラ配布に「無罪」判決  「社会通念上…正当な理由がないとはいえない」 東京地裁

■最近のビラ配布弾圧事件の判決 ・立川反戦ビラ配布事件(東京地裁2004/12/16無罪)、・立川反戦ビラ配布事件(東京高裁2005/12/9有罪)、
・公選法大石事件(大分地裁2006/1/12有罪)、・国公法堀越事件(東京地裁2006/6/29有罪)、・葛飾ビラ配布荒川事件(東京地裁2006/8/28無罪)

【市民運動 抑圧】 公安事件、最近の動向
http://www.h3.dion.ne.jp/~u-minato/kouan-keisatu.html

18 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 10:40:40
イラク戦争以降、公安警察による、反政府的、反戦的市民運動への介入と弾圧が続いています。
 ある雑誌・編集部のまとめによる、2005年の代表的な「弾圧」事例を転載します。
 表面化していない事例も多く、逮捕や家宅捜索以外にも、街頭でのチラシ配布への介入や排除、
スパイ工作や嫌がらせ的な職務質問に至るまで、社会運動家で「公安警察」の影を身近に感じている人は多いと思います。
 ある交通事故法則(ハインリッヒの法則)を準えれば、(新聞報道されるような)1件の大きな弾圧事件の背後には
29件のそれに近い弾圧があり、さらにその元となっている300の危険な例がある。といえます。
これでも、日本は、国民主権の民主国家といえるのでしょうか。
 ここにあるのは、左翼団体や個人や労働組合への弾圧例が中心なので、オウムや右翼や在日外国人団体など、
今の国家体制に批判的な凡ての潮流に対する公安の弾圧例を挙げていくと、もっと多いリストになると思われます。
 批判勢力を弾圧することで、矛盾や綻びの目立つ現国家体制を、 ”必死になって 守っていこうとする 健気で忠実な ?
” な公安警察、検察、の姿が見えてきます。公安は、かなり正確に周到に準備して、
運動を積極的に展開している党派や労組を狙い撃ちにしているのがみてとれます。
 「日の丸・君が代」問題や杉並の「つくる会」教科書採択問題などで積極的に運動した
新左翼系活動家への弾圧にもかなり激しいものがあります。

【市民運動 抑圧】 公安事件、最近の動向
http://www.h3.dion.ne.jp/~u-minato/kouan-keisatu.html




 

19 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 10:41:26
 この種の弾圧の場合、嫌がらせ的、見せしめ的なものが多いのが特徴ですが、上欄の例の場合を見ると、
宅配便をペンネームを使って送ったから「私文書偽造」で逮捕とか、もう、メチャメチャとしか言いようがないですが、
「微罪、かつ、別件」逮捕は、オウム事件以来すっかり定着してしまった観があります。 
 公判には持ち込めないことを承知で安易に逮捕することは、そうした反権力活動への「けん制」、
「見せしめ」、「脅迫」以外の何ものでもありません。

 公安警察が捕まえたい人間を好き放題に捕まえる、こうした状況を許しておいて良いはずはありません。
一部の党派や一部の活動家が弾圧されていると見ずに、国民の自由への弾圧であり、人権への挑戦に他ならないと見て、
そうした公安警察のやり方を批判し続け監視し続け、告発し続けていくしかありません


【市民運動 抑圧】 公安事件、最近の動向
http://www.h3.dion.ne.jp/~u-minato/kouan-keisatu.html


20 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 10:47:04
>>13

それは週刊現代にいってください。
それから、民主警察・自治体警察業務は重要であり、
市民警察つまり警察の民主化はとても重要です。
>>12のような事例や市民運動 抑圧、公安事件、最近の動向などを考えれば、

「警察や公安委員会の民主化・抜本的改革が求められている。
... 外部監査の導入、情報の公開、国民敵視の警備公安警察の廃止を
中心として警察組織の民主化・抜本的改革が早急に実現されるべきである。 」

という自由法曹団の決議はとても重要ではないでしょうか?


21 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 10:48:57
>JR東日本の真実/公安警察トップは革マル派の手先

外部からはそう見えるんだな。
実態は革マルが公安警察の手先なんだが。

22 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 10:59:44
こうした問題提起は、そもそも国会議員や裁判所をチェックする機能が普通選挙権や最高裁判官国民審査
でありそれが「国民主権と権力分立」の正当性の根幹をなしているのですから、
公安などの権力をチェックする機能は、国民主権や権力分立の点からいってうまく機能させるために
外部監査の導入、情報の公開が望まれるということです。
もしも、公安に対するチェック機能がうまく機能していれば、>>12のような事柄は起こりえないわけです。
つまり、健全で民主主義的な立憲主義を維持するために、国会議員や最高裁判官などの公務に対しては
国民側の監視とチェック機能が存在しているわけだから、公安に関してもそれらがなければ「権力は腐敗する」という
ことです。、>>12のような事柄や、【市民運動 抑圧】 公安事件、最近の動向や、今回の週刊現代の記事のような
事例をうまないためにも、自由法曹団の決議はとても重要でしょう。
自民党は昨今、治安回復を選挙政策に掲げていますが、野党はこの観点だけではなくて、自由法曹団の決議のような
権力側に対するチェックを検討する政策をぜひ対抗して打ち出してほしいです。

また、

■週刊現代 [1月20日号]  JR東日本の真実/公安警察トップは革マル派の手先

■週刊メールジャーナル(権力と政財界の裏側)

■「公安警察の犯罪」 社会批評社

のような指摘は、日本が健全な立憲主義・民主主義として発達していくことを考えれば、こうしたチェック機能がちゃんと
働くように主権在民の点から声をあげなければならないという警鐘乱打なのではないでしょうか?


23 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 11:15:38
>>21

週刊現代の記事ですので、そういう指摘は私にしないでください。
それから、「革マルが公安警察の手先という」観点も、週刊現代の記事や対立する
新左翼党派機関紙や、対立するJR連合などからも導き出せる部分はあると考えられます。

ただし、今週号の週刊現代の記事は、公安警察トップ 現役「警察庁警備局長」は革マル派に
牛耳られているという指摘をしているものです。
そのいきさつは、週刊メールジャーナル(権力と政財界の裏側) なども具体的に説明しているようです。
あと、昨年、元城東警察署署長で現役の公安二課長(革マルを監視している公安トップ)が窃盗事件を起こしたのは、
公安二課つまり革マル担当がさほど公安警察から重視されていなかったという現場の雰囲気をあらわしているのではないでしょうか?
つまり、公安警察トップ 現役「警察庁警備局長」は革マル派に牛耳られ、「革マルは公安の手先」であるから、元城東警察署署長公安二課長(革マル監視)
は窃盗なんぞやってしまったのではないでしょうか?つまり、働きがいがあったら通常、そんな愚かなことはやれないはずですから。
週刊メールジャーナル(権力と政財界の裏側) や、週刊現代の記事は、公安警察内部のドロドロとした恥部を暴露していることが、とても重要だと考えられます。
それは、国民主権・権力分立の民主主義体制である日本の将来を考えるうえで重要な暴露ではないでしょうか?したがって、自由法曹団の決議はとても重要です。
自由法曹団が指摘するように、外部監査、国民審査を徹底させ、やがては公安警察は廃止する方向が望ましいのではないでしょうか?
財政危機の時代の最中、叫ばれている民営化、公務員のリストラ、公務員バッシングを考えても、この観点はとても重要でしょう。









24 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 11:26:04
革マルは公安の手先

25 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 11:29:48
つまり「権力は腐敗」するという言葉そのものがあてはまる事例です。
主権在民と権力分立の実質化をすべきだという事例です。
公権力が暴走した場合、それをとめるのは主権者である国民しかいません。
それがうまく機能しなければ、独裁国家なみとして世界から嘲笑されることでしょう。
それだけではなく、国民生活にとってマイナスになることもありえます。
戦前の場合は、特高の暴走によって自由主義者までも弾圧された結果が、
第二次大戦参戦の帰結となって日本人だけでも三百万人以上被害者になったわけです。
そして、「国体」もなくなってしまったわけです。
もっとも戦後は、それらの反省から民主主義の徹底と新しい日本の道がうまれたわけですが。
弾圧体制が強化されればされるほど、逆にその後は民主主義の要求を望む声が高まるという事例は、
近代市民革命革命だけではなく、戦後直下の日本の民主化や、お隣の韓国の民主化のうねりで証明
されることでしょう。「権力は腐敗する」が民衆は腐敗しないということです。
ですから、近現代民主国家というものは、「権力の腐敗」を想定して権力分立と立憲主義体制を
明確にしてきたのです。そこが独裁国家とはことなる点です。主権在民と権力分立の徹底化、実質化が
民主国家の基盤をなしているということですから、公安警察も権力機関のひとつとして、
うまくチェックできる機能をもっていないと、>>12の事例や、週刊現代の記事や週刊メールジャーナル(権力と政財界の裏側)
の指摘や、「公安警察の犯罪」や、【市民運動 抑圧】 公安事件、最近の動向 などにみられる公安警察の腐敗がうまれてくるということなのです。
これでは、まじめに税金を納めている主権者の権利は侵害されるし(弾圧対象者も納税者です!)、まじめに働いている
警察官のみなさまも(刑事警察の方々が主です)たつてがないのではないでしょうか?


26 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 11:32:16
そもそも公安警察は、戦前の特高の生き残りが関わった時点で、
極めて歪な組織であるといわれても仕方がないのかもしれない。
その意味で、自由法曹団の決議は重要なテーマを主権者、納税者である
われわれ国民側に投げかけているといわなければならない!

27 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 11:33:29
そもそも公安警察は、発足当初から、戦前の特高の生き残りが関わった時点で、
極めて歪な組織であるといわれても仕方がないのかもしれない。
その意味で、自由法曹団の決議は重要なテーマを主権者、納税者である
われわれ国民側に投げかけているといわなければならない!

28 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 11:38:05
日本が民主主義体制を実質化していくためには、公権力の暴走を
監視する体制が不可欠であるということでしょう。
公安警察の犯罪の増加や公安警察の腐敗の露呈は、このことを突き出す
事例に他ならない!

野党は自民党の治安強化政策だけではない、こうした指摘も包括した民主警察の
政策をぜひ選挙公約に掲げていどんでほしい。

それが日本の民主主義の発展にも貢献するからに他ならない!

29 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 11:45:45
革マル派トップは公安警察の手先

30 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 11:57:07
プラス、でないと国民は更に警察不信に陥っていく可能性があり、
それもまた日本の「健全な民主主義体制」にとって好ましくは
ないであろう。隠蔽に必死になりつつ、組織や権力が腐敗していく矢先には、
ローマ帝国の崩壊やソ連KGBの崩壊やチリ・ピノチェト体制の崩壊などいくつも事例は存在する。
テレビ報道では知らされていない公安警察の犯罪の増加や嫌がらせは、すでに市民の間からは情報が知れ渡れる
ようになってきている。それだけではない。新聞報道やテレビ報道(遠慮がちに報道)で増加する警察官自身の犯罪も
極めて、国民にとって警察官不信への材料になって跳ね返ってくるだけとなっている。
自由法曹団の決議いわく、納税者(弾圧対象者も納税者)、主権者である国民を監視するような公安警察は外部審査の徹底と、将来は廃止が望ましい
のではないだろうか?現役公安二課長の窃盗や、共産党長野県委員会で一千万窃盗を働く公安刑事や、
週刊現代のような記事や、週刊メールジャーナル(権力と政財界の裏側)伝えるところの警備公安なんかを国民は必要とはしていない!
また、「公安警察の犯罪」や【市民運動 抑圧】 公安事件、最近の動向にみられるように、
公安警察のでっち上げによって公安警察の存在を鼓舞するようなものであれば、
そんなものは納税者にとって、抑圧機関としかならないだろう。民主主義体制は国民主権であり、
権力分立であり、納税者によって権力機関は運営されているからである。
嫌がらせや、でっち上げや別件などで抑圧する機関は、歪な組織であり、日本の民主主義発達
にとって極めて歪んだ機関だといえるだろう。これでは、われわれ納税者も、まじめな警察官(刑事警察の方々が主です)も
憤りを覚えるばかりである。その意味で、週刊現代の情報はとても重要である。



31 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 12:10:09
ジャーナリスト鳥越俊太郎さんの番組では、警察幹部の腐敗が
テーマになって架空資金のためこみなどが暴露されていた。
九州の某県警の場合、警備部が率先して資金づくりに奔走している実態も
暴露されていた。ただ、地方公務員の不正やリストラキャンペーンのように
これらが声高にキャンペーンされないのは、国家公務員が自民党基盤であり、地方公務員は野党基盤の公務員だからである。
また、検察庁内部の告発を大阪公安検事トップが行う矢先に、この公安検事
は汚名をきせられて実質的な告発への嫌がらせ・つぶしが行われてもいる。
隠蔽しようとしても、こうした実態が露呈すればするほど逆に国民の権力への不信は高まるばかりで、
結局、隠蔽、抑圧、嫌がらせ、威嚇、見せしめ、をしても国民の信頼はよけいに離れていくばかりである。
これでは、日本の「治安」を自ら悪貨せしめているというだけではないだろうか?
そのつけを、弾圧対象者にもっていくことは甚だ遺憾ではなかろうか?
日本の民主警察化こそが、日本の「治安」を真に守るという点、納税者を納得させるという点、
につながり、まじめに働いておられる警察官(刑事警察が主です)が報われるのではないだろうか?
このことを、週刊現代の記事はつぶさに語ってくれているといえるのではないだろうか?



32 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 12:14:21
革マルは公安の手先であって、その逆ではない。
週刊現代の糞記者は、分析を360度間違えている。

33 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 12:14:58
◆JrNMd471Nkは、なんとしても妨害したいようですね。

34 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 12:28:09
>>32 ◆JrNMd471Nk7

は、>>23読めよ。

■「革マルが公安警察の手先という」観点も、週刊現代の記事や対立する
新左翼党派機関紙や、対立するJR連合などからも導き出せる部分はあると考えられます。

→革マルが国鉄分割民営化を支持し公安警察幹部と癒着してきた事例はこれまでの週刊現代
の記事に掲載されている。その結果として、公安警察トップと革マルとの関係が出来上がっている
という記事特集になっている。つまり相互依存になっているということだ。しかも、公安警察トップが
革マルに牛耳られているというスクープをしているのである。たんに君は、こうしたスクープを隠蔽
したいだけではないのか?言葉遊びで妨害は禁じ手だ。週刊現代は国鉄民営化とJR総連松崎と公安警察の関係
等を踏まえて「革マルが公安警察の手先」という事実も前提として記事にしてきたが、今回の記事は、公安警察
トップが革マルに牛耳られているという点を記事に掲載しているということだ。
週刊現代は特集して、JR総連批判特集をおこなってきた。

■週刊メールジャーナル(権力と政財界の裏側)の指摘が重要
→週刊現代だけではなく、週刊メールジャーナルもキャッチしている。
現役「警察庁警備局長」は革マル派に牛耳られているというスクープが重要。







35 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 12:33:00
>>34
回りくどいこと書くなよ。
要するにK=K 連合だろ。

36 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 12:44:46
これは次回の国会でぜひ野党に現役警察庁長官と、渦中の人物である
現役公安警察トップを追求してもらわなくてはならない事例となるでしょう。
共謀罪審議過程でぜひやってもらわなければならない事例になります。
共謀罪新設は組織体得犯罪法の法改正の一環らしいですので、この点は絶対
明確に質疑されるべきです。週刊現代の記事は、非常に情勢的にも重要なテーマ
になっています。それから、中曽根氏がNHKで、国労つぶし・総評つぶし・社会党
つぶしのために国鉄民営化(革マルの力を利用)をやったと国家による不当労働行為を証明する発言をしていますので、
これらもかねて明らかに追求すべきでしょう。というのも、JR総連の問題と公安警察の問題のおおもとは、ここにもあるのですから。
組織対策犯罪、共謀罪、否、公安警察とは、国民を守る、納税者を守るというよりも、
権力者を守るのではないか?でなければ、週刊現代のような暴露記事がしめすような実態はありえるはずがないのですから。
権力にとって好ましい組織とそうでない組織をわけるような実態がありながら、共謀罪新設というのは、末恐ろしい気がします。
これこそ権力の濫用にほかならないのではないでしょうか?こうしたことは、世界から日本が真に民主国家であるかどうかを
ためされている試金石になっていると思えるし、日本の民主主義発展の観点からも、腐敗は追及すべきです。
そしてこういう実態のなかから、共謀罪新設などはあってはならないということです。なぜなら権力にとって都合のいい組織と悪い組織を
わけている実態、癒着している実態がありながら、共謀罪新設なんぞかけられれば、世界の民主主義化の流れとは逆行する独裁国家の仲間入りになるからです。
主権在民や国連の意義からもズレまくる独裁国家への仲間入りは、日本の将来にとってよいことではないはずです。
以上、この点を多いに野党の国会議員のみなさんには追及してもらいたいものです。


37 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 12:48:21
>>35

>>23を読んでください。
その実態から、元城東警察署署長・公安二課長という革マル監視のトップは、
窃盗して逮捕されています。つまり、やりがいがない現場だからこんなことが起こっているのです。
だって、公安警察トップが革マルとズブズブだといわれているのですから。


38 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 12:55:17
ということで、国会でこの問題はぜひ取り上げるべきです。
共謀罪新設とセットで突き出すべきです。
「権力の腐敗」をわれわれ納税者はほっといてはならない!
戦前、特高の抑圧を忘れるな!これが、戦後日本国民は忘れてはならない
重要なテーマなのです。ということで民主・社民・共産の関係者のみなさま
共謀罪新設に反対している国会議員のみなさま、ひるまず権力を追及してください。
なお、国家権力の腐敗があればこれをただすのが民主政治の王道です。
三権分立と民主主義がうまく発展できない国家はナチスドイツのときのように危機的になりますので、
民主主義を掲げる人々は、こうした問題提起を考察してほしいです。

39 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 12:57:32
36 の文面にある、織体得犯罪法ではなく、「組織対策犯罪法」でした。

40 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 13:35:26
JR総連・東労組をさらに鋭く語ろう!Vol45
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/train/1163578118/l50

41 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 14:23:25
うちはだいこが言ってもねえ。

42 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 14:26:29
洪庵がたまらず書き込んでいるのか?

43 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 14:27:28
カクマルナクナ

44 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 14:29:30
>>41

公安ではないでしょ。ネットウヨでしょう。

45 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 14:35:44
JR総連・東労組をさらに鋭く語ろう!Vol46
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/train/1167367113/l50

46 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 14:37:19
カクマルだろ。

47 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 14:37:21
JR総連・東労組を肯定するスレッドではないので、
ここは独自でやるべきでしょう。
カクマルとネット右翼はよそへいけ!

48 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 14:39:54
34 :名無しでGO!:2007/01/05(金) 06:55:31 ID:+YSgW4zN0
現代が終わるのと同時並行で、「週刊文春」がJR∠○関係の
「大型企画」の潜行取材の噂。「部課長クラスにもいる∠○メンバー」
って感じだとか。こっちは、「学生∠○」の活動歴を隠したまま、
大卒エリートとして旧国鉄時代から、会社中枢に潜入し、干菓子労組と
癒着して会社丸ごと乗っ取ろうとしている、会社幹部と∠○の
二束のワラジをはいた連中の実名告発もアリとか…
10年前に文春をキヨスクから叩き出したオトシマエを
きっちりつけさせるつもりらしい。乞うご期待…


49 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 16:15:50
公安警察や権力とカクマルがグルになって、国鉄民営化は可能だったこと
が実態。ようは、国労つぶしのために、カクマルを利用したのは権力側だということが
重要。そしてカクマルが用済みになろうとしているというのも事実。
しかし、最悪なのは公安警察・権力側とカクマルだということだろう。
こんなものはいらないのは、公安警察とカクマルだろう。

50 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 17:08:26
嘘っぽい話しだね

51 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 17:25:48
カクマルナクナ

52 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 17:44:51
kk連合さ

53 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 18:40:53
反公明党のカクマルなら頑張れ!

54 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 18:44:04
K=K連合は人民の力で粉砕する。
クソウヨはスッコンでろ!

55 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 19:09:05
週刊現代の編集長が元中核派らしいな。

洪庵の手先として共に労働者殺しをやってたのが
一方的に使い捨てにされたので
その怨み節を長々とやってたんだろ。

結局、何の成果もなく最終回とはアワレなもんだな。

56 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 19:10:51
反革命カクマル分子どもよ! おまえたちは「革命的理論」で武装していると誇らしげに語る。
だが、われわれはバール一本でそういうお前たちを一瞬のうちに殺すことができるのだ。
頭骸骨をかちわり、その中に手をつっこんでグチャグチャにしてしまうことができるのだ。
 カクマルよ! カクマルをかくまうものよ! 反革命分子となんらかの関係があれば、すべ
てやるのだ。カクマルの親、兄弟であろうとも。カクマルと同じ学校にかよっているだけでも。
カクマルと顔が似ているだけでも。おまえたち! 覚悟はいいか!

57 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 19:11:23
 反革命カクマルを殺るためには、ありとあらゆるものを使い、利用するのである。死を覚
悟するなら、あらゆる手段を行使するのは当然である。われわれは、すさまじい形相をもっ
てなりふり構わず、すさまじい戦争をたたかっているのである。死力をつくし地獄におちこん
でいるわれわれが、敵カクマルにバールを刺してしがみつき、彼らを地獄にひきづりこむの
は当然のことである。革命党と革命闘争に対する反革命として登場してきた「日帝の左足」
カクマルが弱さを露呈させるや、権力はカクマルを相ついで逮捕し、自らの庇護のもとにか
くまったのである。しかしそれは良いことである。われわれのたたかいの成果である。

58 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 19:11:54
 われわれには明日はない。敵カクマルの明日はわれわれが奪い去るのである。カクマルよ!
 あと五十の首をもらうぞ!
 われわれは暴力によって一切を決した連合赤軍のたましいをうけつぎたたかうのである。
今こそ敵カクマル分子を殺して、殺して、殺しまくれ! 対カクマル戦争の中でこそ、われわれ
は自己を純化し清めることができる。暴力革命と革命党の真の姿を革命運動史上にかたく
きざみこむのである。
 武装したたかう革共同万才! 中核派万才! 動労千葉万才!
 

59 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 19:29:34
>>32
360度間違えているのなら、正解じゃねーかよwwww
中核さん、お疲れ様です。

60 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 19:48:11
洪庵の下請けとして
共に殺人まで追認していた中核派としては
その親玉のトップが、仇敵革マル派に弱みを
握られていたなんて
絶対に認めたくないだろうな。

61 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 23:16:53

革マルwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

62 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 23:32:03
>>56

成りすまし乙。うざいんだよ、右翼!

63 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 23:35:53
>週刊現代の編集長が元中核派らしいな。

嘘こけ。

>洪庵の手先として共に労働者殺しをやってたのが
>一方的に使い捨てにされたので
>その怨み節を長々とやってたんだろ。

使い捨てにされたのはカクマル。
恨み節になるとすれば、カクマルのほうになる。
そもそも週刊現代の特集は、JR総連だ。
よって編集長が元中核派だというつじつまがあわない。

>結局、何の成果もなく最終回とはアワレなもんだな。

なるほど。なるべくふれられたくないわけだw

64 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 23:38:19
>>56 >>59 >>32


自作自演しているネット右翼うざい!

65 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 23:41:06
>週刊現代の編集長が元中核派らしいな。

有名だが

66 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 23:47:44
JR総連が革マルで、洪庵とつながりがあって
なんていうのは
もろに、元中核派の主張だろ。

折角、半年もキャンペーンはったのに効果なく、
先に反革命中核派が雲散霧消したのは傑作だな。

67 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 23:52:08
>>66
議長に祭り上げられたシミタケはどうしている。
脳死状態か?

68 :革命的名無しさん:2007/01/07(日) 23:54:31
革マル、必死w

69 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 00:06:05
中野に幽閉されてる。

70 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 00:06:24
宇治、飛散w

71 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 00:08:27
要するに、この間の現代のキャンペーンは、
大出版社を乗っ取ったチュンが、全人民的に
K=K連合を告発したの図だな。

72 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 00:13:01
今度は週刊文春がJR総連・東の革マル問題
大々的にやります。

73 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 00:14:46
元チュンを隠して大出版社に潜りこんだのが
かっての誇大妄想癖が抜けきれず
勇ましくも、一月で逮捕に追い込むとか
空気入ってたんだけどね、
半年たってみれば、自分の首を締めただけという
今や、ホームレス予備軍へまっしぐらの地獄絵図。

74 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 00:20:11
カクマルナクナ

75 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 00:26:44
ウジムシヒサン

76 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 00:29:59
>>73
お前の周りは元チュンばかりなんだろーなw

77 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 00:31:28
ま〜ぁね。

78 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 00:31:55


9条を何故変えちゃいけないか議論しよう!! 改憲派出入り禁止!!



http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1168180231/l50


9条を何故変えちゃいけないか議論しよう!! 改憲派出入り禁止!!



http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1168180231/l50


9条を何故変えちゃいけないか議論しよう!! 改憲派出入り禁止!!



http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1168180231/l50











79 :詠みひと知らず:2007/01/08(月) 00:59:14
松崎がハワイに別荘持って、下層が支える^^

80 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 01:12:51
木公のバカ息子はどーしてんだっけ?

81 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 01:13:43
>>79
金王朝と変わらんなw

82 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 01:19:13
時代は、革命派を呼んでいる
K=K連合粉砕!国鉄決戦勝利!

83 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 01:31:34
団結旗開も盛大に終わったし、
これから春闘ゼネストの準備が忙しいぜ!
http://www.doro-chiba.org/index.htm

84 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 10:00:35
>>65

嘘つけ。ウヨ!

85 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 10:05:59
>>66

>JR総連が革マルで、


JR総連・JR東労組などJR労組に浸透する革マル派の実態等に関する質問主意書

右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。
平成十八年四月二十八日
山 下 八 洲 夫  

参議院議長 扇   千  景 殿

http://www.geocities.jp/motomae/hozen/hozen_pdf03/situmon.html


JR総連と松崎明
http://www.doro-chiba.org/rekisi/rekisi_05/jrsoren.htm

JR総連が革マルではないといっているのは、JR総連のみ。JR総連通信 717
http://www.jr-souren.com/info/tusin717.htm


したがって、お前はカクマルの主張を掲げているも同然。

86 :これよめ:2007/01/08(月) 10:09:51
>>66

JR総連と松崎明
http://www.doro-chiba.org/rekisi/rekisi_05/jrsoren.htm


87 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 10:22:22
動労千葉は
JR内の革マル情報を
権力に通報するためにのみ
存在価値があった。

88 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 10:22:27
公安警察は国民世論で廃止にしよう!
こんな公安警察はいらない。

89 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 10:23:15
>>87

馬鹿が必死こいてる!

90 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 10:24:56
>>89

ネット右翼という馬鹿が必死こいているでしょ?

91 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 10:48:22
駄馬が必死こいてるぜ。

そういえば、中核派というネット左翼は
どこに消えたんだろう。

とりあえず、ネット掲示板は
左翼も右翼も、
反革命のスクツだからな。

92 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 11:03:11
洪庵とつながりがあって
なんていうのは
もろに、元中核派の主張だろ。

折角、半年もキャンペーンはったのに効果なく、
先に反革命中核派が雲散霧消したのは傑作だな。


93 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 11:04:33
昨年5月に痴漢で逮捕され、依願退職した40歳代の公安調査庁京都公安調査事務所の
元上席調査官の男性が今年8月上旬まで、公務員宿舎(大阪府枚方市御殿山南町)に不法に
約8カ月間、居座り続けていたことが22日、分かった。

宿舎を管理する近畿財務局は「放置していたわけではない」と釈明するが、強制手段はとっておらず、
宿舎管理のあり方が問われそうだ。

 同財務局によると、この宿舎には大阪や京都にある省庁の出先機関に勤務する職員が居住。
国家公務員宿舎法では、退職者は半年間の猶予期間を過ぎて入居を続けることを禁じており、
その後も退去しない場合は、財務局が催促したうえ、訴訟に踏み切ることになっているという。

 男性は平成17年5月、京阪本線電車内で約50分にわたり、女性の胸などを触り続け、
大阪府警に強制わいせつ容疑で逮捕され、大阪地裁で懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を受けた。

 逮捕された翌6月には停職3カ月の処分を受け、依願退職したが、その後も公務員宿舎に居住。
猶予期間を過ぎた昨年末から今年8月上旬まで居座り続けた。
退去時には損害賠償として、猶予期間後は通常の3倍の家賃を支払ったという。

 同財務局は「極めて異例のケースで、督促の文書を出すなどしており、決して放置していたわけではない」
としたうえで、「実力で退去させるには法的措置を取るしかなく、そのためには一定の期間が必要だった」と話している。

http://www.sankei.co.jp/news/060922/sha016.htm




94 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 11:05:23
下級警備警察官(いわゆる「公安」)はどこにでもくっついてくるよ。




95 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 11:06:08
1.裏金作り(過去レス参考しました)
2・捜査機器の実験(過去レス参考です)
3.一般市民に中傷捜査(過去レス参考なのです)

???
3→2→1と見ると集団ストーカーのスレに書ぃてぁることみたぃなんだけど・・・

ホントのトコロどぅなのかなぁ?(≧y≦)

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/police/1052430815/

96 :こういう意見もあります:2007/01/08(月) 11:06:41
こいつらの人権侵害なんざ朝飯前だろ
そもそも人権なんて高尚な概念はねえからよお
そっちがその気なら俺もこいつらを人間としてみねえからよお
目には目をだ 人の人生にちょっかいだしといて、おめえらだけ
ぬくぬくと息していけるとまさか思ってねえだろなあ?ああ?
一個の怨念を恐れよ

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/police/1052430815/

97 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 11:07:58
幾ら難しい言葉並べてても簡単な事ですよ。国益や治安に悪影響を与える者は排除されるさ。組織に裏切り者はつきもの裁かれるよ。

98 :こういう意見もあります:2007/01/08(月) 11:08:37
公安?人に嫌がらせをして、困らせる人権侵害のバカ集団。俺もやられてるから、一言言わないと気がすまないね。


http://society3.2ch.net/test/read.cgi/police/1052430815/






99 :こういう意見もあります:2007/01/08(月) 11:09:45
思想取締りと裏金作り。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/police/1052430815/




100 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 11:27:16
今警察で行ってる嫌がらせ集団は公安だけじゃなく石原が作り上げたバカ集団も存在するんだよね。しかしよく考えてみればそれだけ変な組織が拡大してると言う事。勘違い捜査も多々見受けられるけど仕様が無いと感じるのもある・・

101 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 11:31:44
公安警察は国民世論で廃止に!
こんな公安警察はいらないぜ。

102 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 11:42:30
公安なくなったらやっぱJCIAか?・・まー公安トップが絡むだろうがな。極左が牛耳るよりましか??

103 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 11:44:31
また中核が復活するのもやだ。
いっそ、本家CIAを輸入しよう!

104 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 11:52:00
本国で外人が全て牛耳るのも有り得ない。そうなると実績や歴史のある公安が絡むのは自然的な流れだろ。CIAやKGBだって完璧な人材が揃ってる訳じゃないからねー。日本は未だましでしょ。

105 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 11:55:43
公安には歴史はあるかもしれんが、実績あるのか?

106 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 11:59:56
勘違い捜査というより、やらない捜査で、あの地下鉄サリン事件は発生してしまった。
坂本さん事件の捜査をわざと遅らせた神奈川県警によってオウムは延命して、あの反人民的事件をやったというに等しい。
坂本さん事件でオウムを捜査していれば、地下鉄事件には至らなかった可能性が高い。
というのも、坂本さんが共産党緒方さん宅盗聴事件を神奈川県警公安が指揮してやったことを告発した原告弁護団だったこと、
国労支援の弁護士だったこと、左翼系弁護士だったことなどから、神奈川県警は坂本さん事件を当初から捻じ曲げていった。
坂本さんは、国労支援と対立する党派つまりカクマルによって誘拐されているような噂を週刊誌に書かせたり、
松本サリン事件では、被害者である河野さんの学生運動歴を暴いて、過激派キャンペーンに使ったのも、
長野県警公安だった。つまり公安警察の圧力と、過激派キャンペーンの利用によって、あらぬ方向にいった事例だ。
しかも、公安警察のミスを、「破防法適用」に突き進めて、「破防法」を実質化・拡大化しようとしたのが
公安警察だった。しかし、この恐ろしく捻じ曲がった公安警察の策動は国民世論によって打ち砕かれた。
刑事畑の国松長官が何者かに狙撃される事件があったが、これもうやむやにされている。噂ではオウム信徒の元公安刑事がやった
ともいわれている(マスコミでも発表)。このように、公安警察の色眼鏡的捜査によって、地下鉄労働者や市民は犠牲をこうむったのだ。
しかも、河野さんに対する過激派キャンペーンは実に公安警察の度し難い思想警察としての性格を示している。河野さんの運動歴をひっばりだしてきて、
あれこれと週刊新潮やフジテレビや日テレに報道させて、河野さん=過激派によるサリン製造というようにでっち上げて公安警察の宣伝に利用しようとするのだから
あつかましいとしかいいようがない。しかし、実際はオウムがやったことが明らかとなった。
しかし、公安警察自身は、河野さんに謝罪すらしてはいないし、マスコミに報道させる公安警察の圧力についての
釈明すら行われてはいない。これが公安警察の度し難い一面なのである。





107 :こんな公安警察はいらない!:2007/01/08(月) 12:05:29
>公安には歴史はあるかもしれんが、実績あるのか?


●坂本弁護士捜査への介入でオウム地下鉄サリン事件をよびこむ。
●オウム事件で破防法拡大に着手するも破綻。
●六〇年安保で始まった新左翼弾圧 
●白鳥、辰野、菅生事件 
●総監公舎爆破未遂事件 
●土田・日石・ピース

自作自演で公安警察の宣伝につとめていたのがむしろ多い。

『公安警察の犯罪』これはなかなかの著作です。
http://www.hanmoto.com/bd/ISBN4-916117-38-7.html



108 :こんな公安警察はいらない!:2007/01/08(月) 12:07:09
公安は現代のゲシュタポ、ナチス、KGB。
こんなのに、納税者の収めた血税が使われるのは無駄としかいいようがない。

109 :こんな公安警察はいらない!:2007/01/08(月) 12:08:39
>公安には歴史はあるかもしれんが

特高の生き残りによって復活させられたといっていい組織。
とにかく、国家主義者であり、非合法もいとわない方々。

110 :こんな公安警察はいらない!:2007/01/08(月) 12:11:41
>石原が作り上げたバカ集団

元広島県警本部長だった人で副知事だった人?生活なんとかって部局の奴。
統一協会のガーディアンエンジェルスとのつながりもあるよね、この人たちって。
あー、気持ち悪ぃ。


111 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 12:13:22
彼らの繊細な捜査方法に我等国民の生活があると言う事もね理解せんといかんよ。

112 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 12:15:37
極左国になる事は日本の崩壊なんだ。日本人の性質はそういうものなんだよ。

113 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 12:15:41
http://www.y-moto.net/cgi-bin/yybbs/yybbs.cgi

114 :こんな公安警察はいらない!:2007/01/08(月) 12:15:49
ちなみに統一協会信者も公安刑事には多いはずです。
「世界日報」を購読している公安刑事もざら。
ちなみに勝共連合に賛同している某管区警察長もいらっしゃいます。

115 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 12:16:01

護憲派を馬鹿にする愚かな人達の共通点について

注意1、改憲派出入り禁止
注意2、市民を脅さない事
注意3、アジア諸国を批判しない事
注意4、日本の過去の過ちを認める事
注意5、正しい歴史認識を述べる事
注意6、軍国主義者はスルー
注意7、日本の侵略戦争を肯定しない事
注意8、9条を守ろう

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1168180231/l50



116 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 12:18:49
私は国家主義者ではごさいませんから。
国民生活は、労働者が働いた生産物が円滑に流通して成立しているわけです。
別に、国家主義者によってつくられているのではありません。
それより>>107よんだら?彼らの繊細な捜査方法とやらの実態が暴露されているわけだから。
いっとくけど、国家権力を守るために公安はいるわけだからね。


117 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 12:25:52
>日本の崩壊なんだ。日本人の性質はそういうものなんだよ。


戦前、特高や軍部によって戦争が推進されたなかで「国体」は崩壊しましたね。
しかし、民衆は崩壊なんぞしなかった。つまり、民衆は自立しているのです。
それで答えはでていませんか?だから、一定の時期から文部省は戦後教育のなかでは近現代を教えることを
はばんできたといっても過言ではありません。
しかし他方、昨今の「つくる会教科書」では逆に、
戦争のできる国民育成のために、近現代史を国家主義的に再編成して教え込もうと躍起になっている人たちもすくなくありませんが。
しかし、新しい日本はその民衆らの要求と運動で実現してきたといってもいいわけです。
したがって、日本が「崩壊」するような観念にあるのは、権力をもっている方々でしかありませんし
それら権力の力によってキャンペーンされているだけでしかありません。
日本人の性質というまことしやかな「単一民族意識」も中曽根のごとき保守反動家が
鼓舞してきた「イデオロギー」の一つにしかすぎません。

118 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 12:32:37
結局は、公安警察の出自は戦前の特高であり、自民党が破防法や公安警察をこしらえたものにすぎません。
しかも野党の反対が続いたなかでつくられた組織です。
また、公安警察の設置とは、戦後復権した戦犯被告たちを抱えた自民党政権を、
社会・共産・新左翼・創価学会などの戦後民主主義運動から
守り抜くことにあったといえるでしょう。いっときますが、公安監視団体は、
自民党以外の団体といっていいです。共産党や新左翼だけではなく、社会党系の原水禁、
旧総評、新宗教まで及んでいます。
しかも公安警察は街頭のデモを警備する、交通警備という側面ではなくて、
思想警察として個人を尾行、盗撮、盗聴、人権侵害、嫌がらせ、威嚇、弾圧に
及んでいるのが実態です。これらは非合法的な領域でやられています。
『公安警察の犯罪』はずばり、こうした事実を暴露しています。


119 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 12:33:07
逆ですよ。胃液沸騰してるだろ。日本人は欧米人と違いある程度厳しい管理をされんと気引き締まらない人種だ。それをいろいろな妄想いや見聞から反発し本国をおかしくしたのが君らだ。それらに気が付いている若者も多いと俺は思うね。

120 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 12:40:16
かつて、自衛隊幹部の一人が日本共産党が政権をとればこれに従う
のが民主主義だといったところ、自衛隊から問題にされ罷免された
例があります。これは、ピノチェト軍政をおもわせる一例です。
いかに議会制民主主義といっても、共産党が議会で多数をえたら認めるという
意見を問題にしてしまうのは、議会政治をいかに踏み外しているかが問題ということです。
これでは文民統制といっても名ばかりだということでしょう。

同じように公安警察が日ごろから監視し、嫌がらせをしている日本共産党が
民主的に政権を奪取した場合、どういう対応をとられるのでしょう?
こうした意見に公安警察は回答をよせたことはありません。
もし仮に、従うといった自衛隊幹部のように罷免されるような事例が公安警察にでたとすれば、
民主主義的に選挙で選ばれた政権に従わないということになり、ピノチェト軍部のようなもので、
それこそ現代のゲシュタポだといえるようなものになるでしょう。
もっとも、公安警察は共産党に政権をとらせないために
仕事をしているのだというでしょうが。しかし、それは、民主的に選ばれたアジェンデを
撃ち殺したピノチェト軍部とどこが違うのかということになります。
結局は、自民党政権を支えるのが公安警察のお仕事だというのが実態なのです。
ということで、わかりましたか?


121 : ◆JrNMd471Nk :2007/01/08(月) 12:47:29
>実績あるのか?

中野OBが属しているのが公安なのか、他の非公然組織なのかは謎だけれど
彼らは 代々木や新左翼、その他を工作により見事に統禦し、
日本の共産主義・社民主義の潮流を完膚なきまでに無効化したお。

50年問題に限らず、代々木の急進派に中野OBが関わっていただろうことは
この本↓などで垣間見れる。
http://www.amazon.co.jp/gp/redirect.html%3FASIN=4807405209%26tag=akumanojitenn-22%26lcode=xm2%26cID=2025%26ccmID=165953%26location=/dp/4807405209

122 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 12:51:13
関係ない。日本共産党が政権を取り、そして民主党が関っていても直ぐに崩壊するよ。歴史と言うものはそういう事よ。

123 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 12:51:33
>日本人は欧米人と違いある程度厳しい管理をされんと気引き締まらない人種だ。

根拠。科学的根拠を出してください。中曽根のような「単一民族イデオロギー」
では回答になりません。

>想いや見聞から反発し本国をおかしくしたのが君らだ。それらに気が付いている若者も多いと俺は思うね。

あいにく私、保守反動ではありませんから。それから、国をおかしくしたという発想は保守反動の典型にすぎませんが、
経済政策の破綻を、保守反動が大嫌いな戦後民主主義のせいにするのはおかだちがい。
経済政策の破綻は、中曽根民活政治、自民党政治の破綻でしかありません。
それらを、戦後民主主義のせいにしてごまかしながら、戦争のできる国民育成にしていこうというのが
保守反動たちの考え。で権力の金とマスコミの影響力からデマゴギー的に流布されていくのは
当然。しかも、昔はよかったと現実逃避していくような、復古主義的主張はアメリカでもヨーロッパでも登場している。
だけど、失業や労働情勢の激化によって反撃されているのが事実。
だから、将来に備えて公安警察は、フランスの事情を視察にいってるわけです。
だいたい、フランス革命−パリコミューン時期に、欧州視察した岩倉使節団が
自由になりすぎればああいう結果になると驚愕して、ああいう明治憲法をつくったわけです。
日本と欧米とは違うのだ、だけど欧米と対等にならなければ諸外国や民衆によってつぶされるとしてこしらえたわけでしょう。
しかし、それは表層的なもので「雑種文化」にほかならなかった。「文明開化」ではなく「雑種文化」という奴です。
戦前のそうした流れが帝国主義的になり、戦争を起こして「国体」そのものが崩壊しました。
ここから、戦後は開始しているのです。






124 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 12:52:18
◆JrNMd471Nk は邪魔。よそへ行ってくれ。

125 : ◆JrNMd471Nk :2007/01/08(月) 12:53:17
121は105宛ね。 で、しかし、工作に成功したけれども
それが本当に日本と言う祖国を利したのか?は
歴史が残念な評価を下すかもしれないですね。

 社会党という毒を薬として活用し、
米帝の横暴を牽制する55年体制の成功は 長くは続かなかった。
権力側が期待するほど左翼の質は美しくも堅牢でもなく、
逆境を跳ね除けるほどの体力は無く、安易に腐敗してしまった('A`

いや、その程度の質の左翼が重要なポストを占めなかった事は
やはり日本にとっては有益だったのか… うむむ。

126 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 12:55:10
>>122

なるほど。自民党政権を支えるのが自衛隊警察、つまり国家暴力装置だという
のが証明されました。ありがとう。しかし、民主主義は一党独裁ではないのです。
まぁ、ブルジョア民主主義の議会政治すら関係ないとおっしゃるような方とはまともな
議論はできませんね。弾圧される民衆も「納税者の権利」は存在するということを
公安警察は知るべきです。飯の種が左翼運動にあるというのも皮肉です。

127 : ◆JrNMd471Nk :2007/01/08(月) 12:57:49
どちらの立場からの発言かがわからなければ『君ら』の意味する向きすら
不明である事も判らないのか? 「私」や「君ら」を 用いるならば
ステハンでもいいからハンドルを使え。 可読性を考えろ。

128 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:00:09
戦前の特高、敗戦、アメリカ軍占領統治、自衛隊設置、公安警察設置、ここから
みないとだめです。

129 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:02:43
自問自答
自作自演

130 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:04:06
洪庵は社会の迷惑です。撲滅しましょう。

131 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:04:20
123はただの2ちゃん取り仕切るやらせばかじゃないか。電気の話でも書いてろ。

132 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:08:05
表向き共産系は政権取れないかもしれんが、幾らどんな手を使っても極左が栄える事はない。やってみろよ結果が直ぐ出るから。

133 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:10:54
『公安警察の犯罪』は重要。政治思想警察・秘密警察という実態が
彼らの真相。そのためには、時の権力に従い、カクマル派とも癒着する。
それが公安警察だということだろう。

134 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:12:17
>日本人は欧米人と違いある程度厳しい管理をされんと気引き締まらない人種だ。

根拠。科学的根拠を出してください。中曽根のような「単一民族イデオロギー」
では回答になりません。

131はこれに答えられないみたいだね。さすが統一協会w


135 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:18:40
JR東日本を牛耳ってきた松崎明は、工業高卒の低脳じゃないか。

埼玉県出身、埼玉県立川越工業高等学校卒。
こんな馬鹿に乗っ取られるJRは路地の吹き溜まりということかw

136 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:19:17
>2ちゃん取り仕切るやらせばかじゃないか

それはこいつ→◆JrNMd471Nk

137 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:23:33
洪庵は社会の迷惑です。撲滅しましょう。

138 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:28:40
公安は解体すべきだな

特に警備局はタチが悪い

初詣、有名神社に行ってみなよ

人相の悪いコート男が安物バック持って見張ってっからw

139 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:30:03
安物バックの中には隠しビデオあるよ。(常識

140 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:30:34
>JR東日本を牛耳ってきた松崎明は、工業高卒の低脳じゃないか。

学歴は関係ない。田中角栄は東大での福田をおさえて、小学校出で総理大臣になった。
それから、動労千葉中野は、県立千葉高校卒(全国屈指の進学校)だ。
松崎は組合費や子会社の資金でマンションやハワイに別荘をもち、中野は組合会館の実質オーナーだということ。
もっとも、中核派議長の清水が肝硬変で2003年に死んだから、動労千葉の中野が中核派の頭目になった。新指導路線とは中野動労千葉路線ということだ。
中核派が分裂したのは、清水が死んだ影響からだ。路線対立はそこにある。これは中核派内部でも伏せている事実だが、公安警察やカクマルは
その事実をおさえていくことになるだろう。

>埼玉県出身、埼玉県立川越工業高等学校卒。
>こんな馬鹿に乗っ取られるJRは路地の吹き溜まりということかw

学歴は関係ない。田中角栄をみればよい。東大での官僚たちも田中派
に終結した。ちなみに、JR総連幹部には東大カクマル上がりの四茂野や
早稲田上がりの幹部がごまんといる。ちなみに、カクマル頭目は黒田だった。
カクマル幹部は東大・早稲田上がりでしめられている。

141 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:32:41
>有名神社に行ってみなよ

あれは警備課。公安一課や二課ではない。
まぁ、人相の悪いコート男が安物バック持って見張ってっからw
は納得。あと、大きな交通機関にもいるね、この人たち。
たまに、つけてくるしw

142 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:33:45
>>140 カクマルW
厨房飢えだはどうよ?

143 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:37:45
>>142

カクマルは動労千葉とはいわない。千葉動労、駄馬労としかいわない。


144 :これ事実だよ:2007/01/08(月) 13:38:50
もっとも、中核派議長の清水が肝硬変で2003年に死んだから、動労千葉の中野が中核派の頭目になった。新指導路線とは中野動労千葉路線ということだ。
中核派が分裂したのは、清水が死んだ影響からだ。路線対立はそこにある。これは中核派内部でもふせている事実

145 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:47:15
いずれにせよ、清水議長の路線が修正されたのは事実のようだ。
清水は死んだという情報は確認されていないが、清水は闘病生活に
あり、かなり指導力が落ちているのが事実のようだ。
中核派学生が白ヘル着用しなくなったのは、2003年だから、
このへんがネックにある。新指導路線も2003年。それから二年で
少数派が分裂、除名になった。といっても清水派と中野派ということではなさそうだ。
中野らの新指導路線についていけないというものらが脱落していった模様。
ちなみに、清水に自己批判をせまったのは中野らしい。そして清水はそれを受け入れている模様。
白井や小西の脱落などを踏まえた動きが影響しているともいえるだろう。
中核派活動家から「清水さんは古い」という批判がささやかれ、中野動労千葉賛美が相次ぐようになったのは、
偶然ではなく、清水の指導力がなくなったからだ。天田氏についていえばカクマルの植田議長と同様にお飾りだ。


146 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:48:38
>>144
清水さんが死んだなんてデマ流してるのは、カクマルだけだよ。W

147 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:52:04
病気か死亡かの違いだが清水の指導力はなくなったということだろう。
実質、公安一課の仕事は公安二課の労組・カクマル担当にしかれることになろう。
なぜならば、中核派は動労千葉路線に修正されていく模様だからである。
このため、公安一課と二課は統合されていく可能性すらある。ソ連崩壊時、
公安警察廃止の意見もあったほどだからだ。
したがってこれを察して公安一課は自らの部署(もちろんリストラ)の生き残りとして、
さまざまな策にでているのかもしれない。


148 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 13:57:13
中核派洪庵革命軍が
又、再登場するのか。

149 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 14:16:49
な〜〜んだ、洪庵内のカクマルVSチュンの内ゲバかよ。
こんな洪庵は、やっぱイラネ。


150 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 15:09:22
公安警察は憲法違反だといっても過言ではない。

151 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 16:31:28
JRも恐ろしい会社だが、NTTも相当なものだ。

自社内のあらゆるところに盗聴器が仕掛けられている
という噂である。
やっぱ、旧公務員系の企業は陰湿で、社内いじめは
日常というかルーティンになっているようだ。

152 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 16:36:25

このスレッドを公務員批判に利用するな!

153 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 17:03:12
>>149
公安一課=中核派系、公安一課=カクマル派系?

154 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 17:04:20
うちはだいこの怒涛の妄想カキコが続きますが、こいつ、小西誠を脱落派呼ばわりして執拗に罵倒してたじゃねぇか。
ひでぇもんだ。

155 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 17:22:20
公安一課=中核派担当、公安二課=労組・カクマル派担当




156 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 18:59:34
>>155 3x 分かった。
週刊現代=中核系=バックは、公安一課
JR東=カクマル系=バックは、公安二課
要するに、内ゲバは、公安内の派閥争いだな。


157 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 19:05:04
>>145
中核派学生が白ヘル着用しなくなったのは、格好悪いからじゃないの・・・


158 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 19:18:07
十数人がメット被っても格好がつかないのと、何よりも路線を思い切り
右旋回させたことによる。

159 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 19:26:04
>>157

清水が闘病生活になって可能になったということでしょう。
清水が古いと現役活動家からささやかれるようになったり、
前進がかなり「赤旗」や昔の「民青新聞」のような感覚に
近づいてきているのも体制がかわったから。
格好悪いからじゃないのっていう意見はうちはだいこの意見を支持するということですね。

160 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 19:39:27
右旋回というよりも世界的な運動のあり方に影響されてるということでしょう。
この党派はそういうことが多々あるようです。ゲリラをしなくても南米では政権が変わっているし
東欧の激動も無血革命に近いのが多いから、そういう路線になるわけでしょう。最近は、労働運動
が主流で、そういう階級闘争にチェンジしたということでしょう。そっちのほうがリアリティーがあるから。
少数精鋭のパルチザンだとか、カストロや毛沢東のようなやり方は否定したということでしょう。
だから公安一課がそれじゃ困る一面もあるわけです。日共が六全協以降路線転換したような事態が、
新左翼最大党派で起こったことで、過激派キャンペーンができなくなるわけだから。
へたすればリストラだとか公安一課と二課が統合されかねない事態だから、あわててるのは公安一課のほうでしょう。
だから、まだ脅威なんだとでっち上げる必要もあるわけでしょう。それが法大弾圧なんかにきているのです。
まぁ、改憲情勢を踏まえられているともいえるわけですが。イラクの次は北朝鮮戦争への準備で弾圧している可能性も高い。
それから中核派は、社会党や共産党がここまで停滞させられているなかで、どびはねてやらない、オーソドックスな階級闘争をやろうということなんでしょう。
したがって公安一課ではなくて公安二課の対応に近くなるといえますね。


161 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 19:41:24
何をおっしゃる、あれは、トンズラした松尾君の発案ですよ。

162 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 19:41:28
>>157 >>159

何処かの板で、清水は肝硬変で3年前に既に死んでいる、という話を見たが。

163 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 19:51:12
>>161

あれはって何?松尾は法大自治会が非公認になった責任逃れと、
党派から締め出されてブル転したの。松尾はパルチザンの発想時代
から離脱しているので、五月テーゼ以降まったく接点はない。
松尾の指導もそうだけど、法大の拠点化に関しては中核派は
へたくそだったといっていい。送り込みばっかりやって、
大学からつくっていく意識や戦略、方針がなかったのだから。
確かにカクマルとの対峙だとか権力との対峙とかあっただろうが。
あったとすれば三里塚闘争をになえるパルチザン兵士獲得ばっかり
やってきたつけがまわったわけだ。はっきりいって、松尾はその
体制の総責任者だったわけだが、ブル転していることからもお分かりのように、
松尾が指揮した中核派の学生運動の作り方は成功していたとはいえない。
それを急にやろうと昨今努力するも、時がすでに遅かったということです。

164 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 19:53:03
松尾二世の方だろ。

165 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 19:56:44
ワーアクとともに蒸発したこいつ
http://www.zenshin.org/f_zenshin/f_back_no03/f2088.htm#a6_1

166 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 20:05:56
アトさあ、チュン全学連の連絡先、
「法政大学文学部(第一部)学生自治会気付」ってのもうヤメにしたら。
自治会なんて影も形もなくて、転送でマンションに届かせるわけだろ。
自治会どころか、学籍者ゼロの崖っぷちで見栄張っている場合じゃないだろ。


167 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 20:07:47
たとえばJRの中の反対組織、或いは早稲田大学の中の反対組織。或いは反対する人物。
そういった人物の会話をきいておいてですね、それで、もし、10回に一回、百回に一
回でも、女性と交わしている会話とかですね、分らないけれども、どっかのお姉ちゃ
んと交わしている会話、っていうのを、録音して、それで暗号教えろ、というような
ことで、ええと自分達の言いなりにさせると。

168 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 20:09:04
いうようなやりかたで、例えば、分らないけれども、不倫相手の女性に子供ができたとか、それから、
痴話げんかしているような。例えば警察幹部ですね、そんなテープをいきなり送りつけられて、或い
は写真を見せられて、あ、なんとかちゃん元気?なんて言われてね、あ、もう子供生まれそうじゃな
いですか、なんていわれたら、これもう、今までかけて、二十幾つかわからないけれど、その頃から
ずうっと、二十年、三十年、四十年かけて築き上げてきた地位が、それ一つでいっぺんに一番下まで、
がくっと落ちる。

169 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 20:09:41
>>162

中核派は否定しているが、おそらく清水は死んでいます。
でないと分裂するはずがありません。
闘病生活という説もありますが、清水がいきていれば、
新指導路線は清水の名によってなされ、除名される人物が
出てきたり、分裂したりするばすがないからです。
闘病生活に追われているとして、清水さんの権威がなくなったとしても、
最近までは著作集をだしていたのに、急に清水さんは古いだとかいうような
雰囲気になるわけがないのです。清水が死亡したから、指導路線が変わり路線転換
と分裂と除名が起こっているわけです。2005年に法大弾圧と関西地区党指導部の排除が
同時に起こっているのは偶然ではないと思われます。おそらく公安は、清水の権威が落ちたこと、
関西のくすぶりを察知して法大弾圧を決断したものと推察されます。
ただ中核派は、カクマルと権力との対峙のなかでもしぶとく残った党派だから、
なくなることはないでしょう。清水が死亡していないという人がいるでしょうが、
それでも清水の権威は失墜してます。ただ党派内部で清水への評価ががた落ちだということでもないでしょう。
だけど、中核派はもう少しオープンな党派にならならいと、民衆にとっては過激派キャンペーンがあるから、結構大変でしょう。
今までオープンを閉ざされていた党員たちに、動労千葉運動を党員やシンパに提唱しても酷だというもの。離脱していく人はそういうこともありえるのでは?
そのへんをちゃんと指導部は考え切れないから、分裂なんかが起こっているわけ。あとこの党派は、口では労働者の自己解放だとか、責任党派だとか、闘いを
奮起させることばかりに躍起となりながら、実際は党員やシンパを駒のように
扱う傾向が強いということは反省してほしい。それに耐えてきた党員に、今から労働運動ですよ、動労千葉のようにやれといわれても、
動労千葉は全国規模ではないので、押し付けは難しいのでは。中核派はいつもそうだけど、何か極端なんだよね。そのへながへたくそなの。




170 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 20:10:23
松尾二世じゃないって。あの人。

171 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 20:10:32
そんなんだったら、もう、革マルの言うこと何でも聞きます、というふうに、実際、なったのが、今、
松崎のところに非常にま、子飼いになっている、Sというですね、これは将来の警視総監候補といわ
れた、警視庁のキャリアだったんですけれども。このS、今、JR東日本企画という会社、これはJR関
連の広告代理店ですけれども。そこの役員やってますけれどもね。
 そのJR東日本企画の役員やっているSなんてのは、ええと、完全にもう、つかまりましたね。ま、
自分のところに来ていた、これは剣道、Sというのは剣道の達人で、ええと自分で警視庁の中で剣道
教室かなんか開いていたんですけれども。で、この剣道教室に通ってきた女の子に手をつけちゃって、
で、その女の子を、ま、愛人にしてたんですね。愛人にしていて、そのスキャンダルを掴まれたと。
いうま、これも恐らく盗聴でしょうね。

172 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 20:13:07
そうすると、Sはかなり上のクラスですけれども、今まで殆ど警察の情報というものが、
革マルの方に筒抜けだったんです。だってそうでしょう。警察のデジタル無線。デジタ
ル無線、これ、暗号がないと解読できないのに、じゃ、なんでその暗号を革マルが知っ
ているのかといったら、これ、一番考え得る、もっとも高い可能性は、警察の中に革マ
ルのスパイがいると。いうことなんですよね。いうことで、彼ら、革マルは、警察の中
に非常に深く食い込んでいると。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin404.html



173 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 20:13:45
>>167>>168

それカクマルのこと言ってるのでいね。はり付けつまらん。

174 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 20:17:30
マルが公安をあごで使う構造の解明。

175 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 20:20:27
ブッシュもプーチンもあごで使っている。
公安をあごで使うくらいは造作もない。

176 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 20:21:20
>>166
4月にはトンペイから送り込まれて2ケタの1年生の活動家が登場するらしい。

177 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 20:26:48
例の「傾斜配分方式」ってその後どうなったんだい?
今までの活動家を、労組未組織の職場に送り込んだりはした。
だが、感覚が何十年も一般大衆とずれていて、しかもそれとして自覚でき
ない面々に、一体何ができるというのか。
スッテンテンに職場から浮き、消耗して脱落続出。
特に諸戦線で頑張っていて引き抜かれた部分に目立つ。
水谷がゴリ官の代名詞のように言われているが、こんな悲惨な現実を作り出した
中野にずっと反発していた。
中野のずるいところは、路線問題に無関係に、関西問題に絡めて彼らを中央から
パージしてしまったところ。相変わらず、この党派は政治がうまいな。


178 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 20:48:16

政治やけんね。

179 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 22:18:40
>>176
マジかよ
しかも2桁も!凄まじい勢力拡大だな


180 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 22:21:11
トンペイは、マル同3桁余裕だから、それくらいいつでもOKサ

181 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 22:23:19
トンペイって何?

182 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 22:36:09
>>180
中核のマル学同って、革マルのシンパ・レベルでも同盟員になれるんだろ?

183 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 22:38:32
>>181
ピナツボ火山の大爆発で、生き埋めになったイタリアの古代都市。

184 :革命的名無しさん:2007/01/08(月) 23:17:41
中核のマル学同って、決意表明すれば
活動歴二年以内でなれるよ。

革マルの場合は最低でも五〜六年かかるだろうけど。

185 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 00:05:55
>>176

そのうち何人残るかな?
今だって落ちた人いるでしょう?
学生はかなり大変だと思う。

186 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 00:07:16
いつとくけど、学生運動はやらないほうがいい。
これは体験者の私からの指摘です。

187 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 00:15:08
>>178

国労の元中核派の松崎登場か?


188 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 00:15:59

国労日豊オルグの元中核派の松崎はうざいんだよ。

189 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 00:18:14
>>186

九大自治会は三人落ちて、ほかは平田一派。
ちなみに、前委員長・長田は平田一派。

190 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 00:20:03

元九大自治会の方は中野一派・九州新指導部の労働者です。


191 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 00:20:59
カクマルの分裂についていうと、坂入はJR総連松崎派を離脱しカクマル中央に
率いられているとのこと。

192 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 00:21:24
ここも
うちはだいこのオナニー電波スレになったかw

193 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 00:30:05
ネット右翼はあらゆるスレッドにうちはだいこと
書き込んでいますw

194 :アベしんしん:2007/01/09(火) 00:30:51
ひひひひひひ、そうだね。

195 :アベしんしん:2007/01/09(火) 00:32:10
無責任なこと書き込むナ。

196 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 01:13:05
ここには、にゃにゃにゃにゃにゃは登場しないのかなww


197 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 01:37:28

2ちゃんでにゃにゃにゃにゃにゃが書き込んでいるように擬装しているのはウヨです。
にゃにゃにゃにゃにゃの成りすましは、こいつがやっていたようです。
61-27-142-31.home.ne.jp

にゃにゃにゃにゃにゃ先生を鑑賞する会
http://www.geocities.jp/toraregulus/heiwa/2609_1054207282.html

198 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 01:46:15
はっきりいおう。日本の左翼は低レベルだ。

199 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 02:11:35
1.このスレのリモホ情報がリアルタイムである地点へ転送され続けいることについて。

2.革マル派のNTT職員が2名逮捕されたものの、釈放後すぐに復職した件について。

200 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 02:17:47
1999年11月02日 日本経済新聞夕刊4版19

NTT東日本社員ら逮捕
顧客情報窃盗容疑革マル派活動家に渡す

東日本電信電話(NTT東日本)とNTTドコモの社員が顧客デ
ータを盗み出したとして、警視庁公安部は二日、両社の社員二人
を窃盗の疑いで逮捕するとともに、二人が勤務するNTT東日本
東京支店(東京都目黒区)やNTTドコモ通通信サービスオペレ
ーションセンター(江東区)など四ヵ所を家宅捜索した。同容疑
者は顧客データを過激派「革マル派」に渡していたという。

逮捕されたのは、NTT東日本東京支店お客様サービス部社員、
五十嵐栄容疑者(42)=文京区本郷四=と、NTTドコモ設備
建設部社員、山本武容疑者(39)=江東区北砂五。

調べによると、両容疑者は九七年十二月下旬、それぞれの勤務先
の端末機を操作して、加入電話や携帯電話の顧客データを出力、
印字して盗み出した疑い。調べに対し、両容疑者は黙秘している
という。

両容疑者が盗み出したとされるデータは、革マル派と敵対するセ
クトの幹部十数人分の発信記録や電話の設置場所、契約者の氏名
など。二人は同派拠点を訪れてデータを手渡していたといい、同
派の会議にも出席していたとみられる。公安部は余罪があるとみ
て、裏付け捜査を進めている。



201 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 02:19:07
両容疑者は元国鉄職員で、八七年の国鉄民営化に伴って退職。八
八年、NTTに再就職した。公安部が昨年一月、練馬区内の革マ
ル派拠点を家宅捜索した際、同派が両社内部の人間に顧客データ
を盗み出すよう指示した暗号文書が見つかり、顧客データヘのア
クセス状況を分析して、両容疑者を割り出したという。

革マル派は二日、この事件について「警察権力がでっち上げた全
く事実無根の物語である。断固抗議する」との声明を出した。

NTT東日本広報室の話

当該社員については、当局の捜査で事実関係が明らかになった後、
厳正な処分を行いたい。

NTTドコモ広報部の話

データ漏えいは決してあってはならないことで、誠に遺憾だ。



202 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 02:59:14
「820」 新刊『アメリカの日本改造計画』(関岡英之・責任編集)が昨年末に出版されました。
副島隆彦を含む、20人の日本を代表する執筆陣が「日本の重要国益(ナショナル・インタレスト)」
について論じた、最新版「年次改革要望書研究」。必読の一冊です 2007.1.8

http://www.snsi-j.jp/boyaki/diary.cgi


203 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 03:00:21
ついでにいえば、欧米にくらべて保守派もレベルは低いね

204 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 03:16:50
「戦後民主主義万歳」みたいなことを長年書いてきた知識人たちは、このことに自覚がない。
欧米では、戦後の日本社会のことを「ニューディーラーが植えつけて育てた日本体制」と呼んでいる。
これを英語では、‘New Dealr ingrained japan system.'(ニューディーラー・イングレインド・ジャパン・システム)と言う。
引用は副島隆彦「日本の危機の本質」P296

社会党や日教組、それから戦後日本共産党という「反戦平和・護憲、再軍備反対、海外派兵阻止」を主張する勢力は、
ソビエト・ロシアによって作られた勢力ではない。
これらの勢力は、実はマッカーサーが憲法典と共に予め意図的に日本の戦後体制の中に仕組んだ装置であった。
引用は「日本の秘密」副島隆彦 P22


205 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2007/01/09(火) 10:45:59
>>1
その記事、本当のことなん?

>>204
>これらの勢力は、実はマッカーサーが憲法典と共に
>予め意図的に日本の戦後体制の中に仕組んだ装置であった

これは案外そうかも知れないね。
ていうか、間違いなくその通りだと思える。

206 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 11:07:00
生長の家現る!副島隆彦は反ユダヤ主義の謀略論者。

207 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 11:56:29
副島ライン=反共オカルト思想


208 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 12:09:27
生長の家信徒=反共オカルトって図式が、武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk
の発言でわかる。「日本の秘密」副島隆彦を、間違いなくその通りだと思える。
なんてことを、生長の家信徒である武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPkは書いている。


209 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 12:11:19
武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk は、

週刊メールジャーナル(権力と政財界の裏側)

●週刊現代「JR東日本の真実」を軸に暗闘を繰り広げる公安内部
(会員制経済情報誌『現代産業情報』8月15日号より転載)

をちゃんと読んだほうがいいね。週刊現代のネタの背景がわかるから。

210 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 12:41:58
>革マルの場合は最低でも五〜六年かかるだろうけど。

それぢゃもう「学生同盟」ぢゃねーだろ

211 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 12:44:51
>>204

■ポツダム宣言受託を考えてみよ

■ソ連に占領されずにアメリカに占領されて喜んでいたのは誰だったか考えてみよ

■近代憲法の概念として形成しているものを否定するのはそもそもナンセンスだ。

■また、戦後憲法から日本は再出発しなかったら、世界に認められることはありえなかった。

■国際世論や国内世論をみても、第九条なくしては天皇制の存続は可能ではなかった。

■現天皇は、こうした憲法を逸脱することには批判的だといわれている。

以上。

212 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 12:46:10
>>210
革マルは「生涯学生」。

213 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 21:56:35
雑誌「現代思想」に「こぶし書房」の広告が載っていた。(これだけでも驚き)
しかし、もっと驚いたのは、そこに「いいだもも」の著作が紹介されていたこと。

共産主義労働者党と革マルって、どこをどうすれば結びつくんだろ。

214 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 22:28:33
>>213どっちも前世紀の遺物

215 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 22:30:00
左の微妙な分派だろ。同じだよ。

216 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 22:35:26
>>213
「こぶし書房」+「現代思潮新社」は、非・反日共系左翼全体をカーバーする出版社になりつつある。
所謂マルクス主義研究者で非・反日共系左翼の場合は、どちらかの出版社に頼らざるを得ない状況になっている。
海外のマルクス主義系の書籍のラインアップも「こぶしフォーラム」を見れば良いとこ取りしているし、
日本ヘーゲル学会の 学会誌までも手掛けるようになった。
今や、左翼系書籍出版社の第一線を担う出版社に成長した。

217 :革命的名無しさん:2007/01/09(火) 22:39:00
>>216
【良質】こぶし書房を語る【出版社】
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1131939054/


218 :土建屋の営業:2007/02/01(木) 10:13:38
革マルってさ、よく出来た会社みたくなっててさ、
黒田さんの収入源が「こぶし書房」、松崎さんの収入源が「動力車(現JR)」、土門(根本)さんの収入源が「全学連」。
分社化だね、まるで。

219 :革命的名無しさん:2007/02/01(木) 11:51:31
ファシスト三頭目は元気が一番。

220 :革命的名無しさん:2007/02/01(木) 17:12:04
ていうか、元気だけがとりえじゃんw

221 :革命的名無しさん:2007/02/02(金) 17:29:51
ドロボーを捕まえるには、ドロボーを警察官にしろって寸法でっかw

222 :222:2007/02/04(日) 12:33:12
222

223 :223:2007/02/04(日) 22:39:01
223

224 :革命的名無しさん:2007/02/11(日) 21:22:22
攻防

225 :いずみちゃん曰く:2007/02/12(月) 04:05:10


「『よねざわいずみは運動を裏切ったから許せない』までが正しかったと仮にしても、それが『そんな人間は運動にとって害悪だ』ということに直結するのは飛躍ではないかと。」
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1170496318/

226 :革命的名無しさん:2007/03/28(水) 23:22:45

>警視庁公安部は革マル派を北朝鮮とも連動
>したテロ組織と位置付けているという。

ttp://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H16/1605/1605067near.html

北朝鮮と連動・・・本当でしょうか?

227 :革命的名無しさん:2007/03/28(水) 23:43:50
>>226
公安のアホサ加減が良くわかる。
せめて言うなら、アルカイダと関係があるとしたほうが、まだ信憑性があった。
革マルはアルカイダをモスリムにおける国際主義=トロツキー主義者として評価しているくらいだから。

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)