2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後悔

1 :とも:2007/02/11(日) 05:55:04
俺は嫁と息子と3人で実家からかなり離れて住んでいる。俺の実家は親父一人だ。
1週間前、お袋は死んだ。まだ62歳だった。まだ・・
おれは34才。この年にもなって安月給のしがないサラリーマン。
借金もあり首が回らなくなる寸前の最低亭主だ。
そんな状況だから親父に内緒で、今までお袋に金を借りてきた。
お袋は親父と2人で細々暮らしてた。年金暮らしってやつだ。
でも俺が借金してるもんだから、お袋は2つのパートを
掛け持ちしてくれてたらしく、そのわずかな給料で俺の借金返済を手伝ってくれてたみたいだった。
朝、お袋はいつものように50ccバイクで元気に出勤したらしい。疲れによる一瞬の気の緩みだったと思われる。
通いなれているはずの急カーブに突っ込んで壁に衝突。
即死だったらしい・・・
知らせを聞いたとき、俺は頭の中が真っ白になった。結局、子供の頃からお袋に甘えっぱなしで
何一つ親孝行していない。お袋に迷惑しかかけてない。一瞬にして後悔の念が増していった。
実家に帰って色々準備をした。葬儀には明るいお袋の性格からか、たくさんの参列者が来てくれた。
不思議と俺は泣かなかった。親父はここ2〜3日で一気に老けた様に見えた。
ようやく落ち着いて、5日目に実家を後にして俺は自宅に帰った。
すると自宅のドアポケットに小包の不在伝票が入っていた。
お袋からだった。
日付は逝く前日だった。最初の配達日はお袋が逝った日の夕方だった。
持ってきてもらい、中身を見たら、正月に搗いたもちを冷凍させたものと1通の手紙、
それと現金4万円が入っていた。手紙には、
“かーちゃんが協力するから頑張るんだよ。”とたった1行書かれた手紙だった。
見た瞬間涙が止まらなかった。
4万円をくしゃくしゃに握り締め、手紙を何度も読み返し、俺は自分の部屋で子供の様に泣いた。
これを書いてる今も涙が止まらない。今も後悔だらけ。ごめん、お袋。
今まで迷惑ばっかりかけて本当にごめん。親孝行してれば良かった。もっと俺がしっかりしてればよかった。本当にごめんなさい。
ちゃんと謝った事もなかった。本当にごめん。でも、お袋の死で俺は強くなったような気がする。
結局、最後までお袋の世話になりっぱなしだった。最後までありがとう、お袋。
俺強くなるから。しっかり頑張るから。
ありがとう。

2 :名無しさん@明日があるさ:2007/02/11(日) 06:15:53
35点

3 :名無しさん@明日があるさ:2007/02/11(日) 06:41:16
イタ違い

4 :名無しさん@明日があるさ:2007/02/11(日) 06:42:49
いろんなところにはりすぎ

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)