2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

購買力平価で計れるのはGDPではなくGDCじゃないの?

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 00:17:23
最近購買力平価換算でGDP(国内総生産)を計算する方法が増えてきたけど、
購買力平価換算ではかれるのは、国内総生産(もしくは国民総生産)じゃなくて
GDC(国内総消費、Gross Domestic Consumption)じゃない?
日本のGDPは購買力平価に換算するとアメリカに大幅に水をあけられるけど、ついこの間までの
円高といわれていた為替レート下でも日本は大幅な対米貿易黒字を弾き出していたんでしょ?
そして米国は大幅な貿易赤字国家、対して日本は大幅な貿易黒字国家なわけだ。
てことは、
アメリカ  生産力 < 消費力(債券を発行して消費を支えている)
日本    生産力 > 消費力(債券を購入して外国の消費を支えている)
じゃないの?

購買力平価で計れるのは生産力ではなくて消費力だと思うのですが、いかがでしょうか?

2 :リリアーヌ:2007/01/20(土) 01:00:58
おい、誰かオレの質問に答えてくれよ。

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 01:13:58
   (⌒@ ,-‐  ̄ ̄` ヽ@⌒ )
   ) / //"|"|"ヽ  \  (
  (( (  ) ./ .i i  )    )  )
  ( (  )\  i  i/ ( ( (   ((     答えは要らないわ
  ) )) .(( ●    ● )) )) ) )
 ( .(  ))⊃ 、_,、_, ⊂⊃((   ((
/⌒ヽ( ((ヘ、  ゝ._)   ) ) )) /⌒i
\ / `) ))>,、 __,  ィ.(  .( .((./\/
 (\ ( ((ヾ┐vvv┌) ) ) ))./ )
. )) \) )) || y ||( ( ( ((  ((

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 04:43:16
物質的豊かさの指標だと思うね購買力平価は
経済力とは違うと思う

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 06:55:15
GDC(国内総消費、Gross Domestic Consumption)の定義を
教えてください、もしくはリンクしてください

6 :リリアーヌ:2007/01/20(土) 09:58:56
>>5
つまり購買力平価は生産力ではなくて消費力の指標だということだ。

7 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 12:46:45
国内総生産(GDP)と国内総支出(GDE)は等しくなる三面等価の原則
国内総消費って国内総生産の中のどれを意味してるんだい?

国民経済計算 wiki
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E7%B5%8C%E6%B8%88%E8%A8%88%E7%AE%97


8 :リリアーヌ:2007/01/20(土) 12:51:43
>>7
その三面等価の原則が国際貿易を考えると成り立たなくなるということ。
つまり、日本は国内総生産に比べて国内総支出が低い、アメリカは国内総生産に比べて国内総支出が
高いということ。それを債券の売買で補っているということ。

9 :リリアーヌ:2007/01/20(土) 12:55:49
>>7
そこにも書いてあるけど、国内総支出は財・サービスの輸出入も含んでいる。
つまり、国内総支出は厳密には国内で支出された金額の総計ではない。

10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 14:33:50
国内総支出=消費+投資+政府支出+純輸出(輸出−輸入)
ttp://www.findai.com/yogow/w00055.htm

アメリカが貿易赤字なのは、外需産業の国際競争力が弱いから
日本が貿易黒字なのは、外需産業の国際競争力が強いから
外需産業の生産性(効率性) 日本 > アメリカ

ただ、GDPの伸びは内需産業の生産力のほうが影響が大きいため
内需産業の生産性(効率性)は アメリカ > 日本

投資・消費力は個人金融資産と、貯蓄率、平均消費・投資性向で決まる
アメリカ > 日本 なのは確か
ttp://www.boj.or.jp/type/exp/seisaku/exphikaku.htm#exphikaku1

相対的購買力平価=基準時点の為替相場×日本の物価指数÷海外の物価指数
将来の購買力平価や貿易収支を市場が予測して、現在の為替レートが決まる。
購買力平価 wiki
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%BC%E8%B2%B7%E5%8A%9B%E5%B9%B3%E4%BE%A1%E8%AA%AC

結論
購買力平価で計れるのは、生産力[(内需産業+外需産業)×生産性]=消費力[個人金融資産×平均消費・投資性向]
生産力と消費力は基本的に同じ
アメリカが国内の総合生産力以上に消費してゆけば、世界に対する米国民の個人金融資産比率は減少してゆき
為替レートもドル安になり、経済的地位低下スパイラルに陥る。購買力平価ももちろん低下する
90年以降、好景気と株高の波にのって、世界における米国の個人金融資産比率は拡大中

日本のGDPは購買力平価に換算するとアメリカに大幅に水をあけられる理由は、日本の内需産業の生産性が低いため

11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 14:37:05
現在の為替レート決定に、名目GDPの成長率と政策金利も大きな影響を与える
為替レートは政府や投機家の介入もあって、とっても複雑

12 :リリアーヌ:2007/01/20(土) 14:59:36
>>10
アメリカは経常収支の赤字を資本収支・外貨準備の黒字で補っている。
この資本収支・外貨準備の黒字という点が問題で、これはアメリカが海外から物を輸入するのに
その国に投資してもらう、債券購入してもらうことでまかなっているということになる。
つまり、

アメリカに物が渡ってアメリカ人が消費する=購買力平価換算ではプラス
外国に株式・債券が渡って外国人が株・債券の保有者になる=購買力平価では変化なし。

ということが購買力平価では起きていると思うんだけどどうでしょう?

13 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 23:29:52
ちみはかしこいねぇ

14 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/21(日) 12:44:18
>>12
購買力平価 wiki
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%BC%E8%B2%B7%E5%8A%9B%E5%B9%B3%E4%BE%A1%E8%AA%AC

購買力平価は、OECDが各国の物価水準に為替レートのGDPを
かけて算出しているのだから、日本が為替レートGDPよりも
購買力平価GDPが低くなるのは、日本の物価水準が米国よりも高いため

この理由は、日本の内需産業の非効率性が考えられる
米国が日本よりも物価水準が低いのは、アメリカが日本よりも輸入が盛んで
物があふれかえっているためでも、国外からの投資が盛んで、日本よりも金が
あまっているためでもない

日本がデフレに苦しんできたのは、バブル期までに拡大してきた内需産業の
高物価水準と、その後の金融政策の失敗による不況にある

内外価格差
ttp://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/h16/03_siryo/sr302.html




15 :リリアーヌ:2007/01/21(日) 13:53:13
>>14
>アメリカが日本よりも輸入が盛んで
>物があふれかえっているためでも、国外からの投資が盛んで、日本よりも金が
>あまっているためでもない

でも実際海外からの輸入によってデフレは進行するでしょ?
日本でも中国・韓国からの電化製品の輸入の増加で家電の価格が急落したし。
海外からの国債購入は国民の税負担を減らし、可処分所得を増やすと思うんだけど。

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/21(日) 14:10:58
>>1

GNCとは、(Gross National Cool)という指標で、日本はすでに文化力で勝負する“大国”であるといえる。
2002年に米国の外交専門誌「フォーリン・ポリシー」に掲載された米国の若手ジャーナリスト、ダグラス・マックレイ氏の論文『Japan's Gross National Cool』を契機に注目されている概念である。
ポケモンは世界30以上の言語に翻訳され、『千と千尋の神隠し』は、ベルリン映画祭金熊賞やアカデミー賞を受賞するなど「クール」な話題には事欠かない。
常に新しいデザインに挑戦する日本の建築物や料理、雑誌類やファッション、さらには情報家電やロボット(AIBO他)など、科学と文化を融合させ、人を惹きつける魅力を持った「ジャパン・クール」に対する世界の視線は熱い。

http://rpc.mri.co.jp/02_trend/021_chiiki/021_index.html
http://washimo.web.infoseek.co.jp/Report/Mag-GNC.htm

17 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/21(日) 14:36:22
>>15
>海外からの国債購入は国民の税負担を減らし、可処分所得を増やす

これと国民の高い投資・消費性向もあってひとりあたりの額面GDPは日本を追い越した
ただ、なぜ高い投資・消費性向を維持できるのか考えると、格差が縮小したからではなく
人口増加と内需産業の効率性が経済全体の成長幻想を作り出してきたから
内需の高い生産性(消費者の需要に応える産業発展)と将来の市場拡大予想があるから、
外国からの投資が集まり、アメリカ多国籍企業の株の時価総額も拡大してゆく正のスパイラル

GDPの額面と購買力平価の差は物価水準から決まるものなので、可処分所得とは関係ない

18 :リリアーヌ:2007/01/21(日) 20:20:07
>>17
>GDPの額面と購買力平価の差は物価水準から決まるものなので、可処分所得とは関係ない。

違うの?購買力平価は、その国の実質的な物価水準と実質的な所得の両方を勘案して計算されている
わけではないの?

19 :リリアーヌ:2007/01/21(日) 21:58:59
税率の差が購買力平価に影響を与えるわかりやすい例としては消費税があげられる。
5%の消費税は財・サービスの価格を直接5%引き上げ、物価指数を5%引き上げる。

20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/22(月) 01:37:18
アメリカに日本の物が渡ってアメリカ人が消費する=アメリカの購買力平価換算でプラス

日本に株式・債券が渡って日本人が株・債券の保有者になる
=日本の購買力平価を計算するとき元になる名目GDPがプラスになる

21 :リリアーヌ:2007/01/22(月) 15:34:42
>>20
間違い。
株・債券を購入した場合、帳簿上はマイナスになる。すなわち名目GDPはマイナス。
株・債券を買うと富が増えるわけではない。株・債券を購入価格以上で売却・償還すると
富が増えるのだ。
そこのところを勘違いしている。

22 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/22(月) 16:10:55
じゃあ−ではないなプら舞0

23 :リリアーヌ:2007/01/22(月) 16:13:22
>>22
償還するより多く買い続けていることが問題なの。

24 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/22(月) 16:31:09
利息大量徴収できるやん

25 :リリアーヌ:2007/01/22(月) 16:45:14
>>24
利息増えても新たに借金されちゃ同じこと。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)