2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【アンチ日銀】中川秀直【アンチ財務省】

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/16(火) 14:47:10
「上げ潮」「成長戦略」「竹中無き竹中路線」のイデオローグ、
中川秀直自民党幹事長の経済政策について語るスレ。

小さな政府、大きな未来。
中川秀直公式Webサイト - 自由民主党幹事長〜中川秀直
http://www.nakagawahidenao.jp/pc/

2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/16(火) 16:25:39
中川かんじちゃう

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/16(火) 16:59:24
【シャブ】中川秀直【女】

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/17(水) 01:01:10
こいつ、相続税増税派だから、都市部に住んでいる人は気をつけろ!
君の家は没収されるぞ。

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 21:22:47
利上げ阻止に全力で動いた中川先生に感謝せよ!次は日銀法再改正だ!

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 21:25:02
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。

7 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 21:27:36
>>6
よ、PB厨。
相変わらず屁理屈詭弁やってるのか。

暇な奴だな。

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 21:28:39
日本は極低金利というシャブ打たないと持ちません、と
シャブ中幹事長が主張って…

なんかもう日本オワタ、って感じ?

9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 21:31:48
こいつどうみても公明党顔なんだがww


10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 21:34:30
金融政策はインフレ率を参照して適宜調整すべきもので、シャブとかいう例えがヘン。
利上げを「勝った」と言う日銀プロパー、政策の意味も何も分からずただ政局的に
自民党vs日銀ではしゃいで日銀びいきのマスゴミ。いい加減にしろと思う。

11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 21:38:10
>>9
思想的には公明党に近そうだな。


12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 21:47:13
経済が全く判ってない中川とかアホ政治屋連中

一番注意すべきなのは為替なんだよ
もう日本だけ特別なことやっても足元見られるだけなの

それが判らんマヌケ政治屋連中
というか金融工学の初歩でも勉強しろや!!!



13 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 21:52:44
今回の自民党の圧力は良い圧力。デフレは貨幣的現象なんだから日銀が責任を負うのが当然。


14 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 21:57:45
9条は日本人の心の故郷です。変えさせませんU


故郷を変える人は居ないでしょう



http://society4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1168581071/l50

15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 22:03:58
>>12
日本が利上げしなきゃ
世界的にインフレ圧力になるわけだから

欧米→利上げ傾向、金利差拡大で為替はうまくくいきそうだがな

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 23:10:37
利上げすると吹っ飛ぶインチキ好景気
いざなぎが泣くw

17 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/18(木) 23:24:31
つーーか、日本の景気回復は実質実効ベースの為替が超円安
になったおかげで、それが金融政策の成果。
だから、中川氏の言ってることは極めて正しい。

18 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 03:08:20
>>8 >>12
日銀工作員乙。

正直中川はあまり好きじゃないが、リフレ政策に理解があるところは評価する。
どんどんやってもらいたい。

その点河野太郎はほんっとダメだな。
http://www.taro.org/blog/index.php/archives/617


19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 06:19:59
>>18
河野は批判的な連中にもコメントを開放しているだけまだ見込みがある(本人が
そこを読んでいるかは不明だが)
ただ問題は、中川秀や山本幸三のようにデマンドサイドにもサプライサイドにも一応は双方に目配りできる
議員は自民・民主にはそんなに多くないことだ。みんなそれぞれの思惑で勝手な
ことを言っているので、安倍政権以後の展望はそんなに明るくはない。
リフレが行われたら行われたで、いちいちは書かないがまた様々な電波が飛んでくるだろう。

啓蒙家や経済ブロガーの戦いもまた新たなステージに入っていくだろう。それは保護主義・財出主義の復活かも
しれないし、東アジア共同体主義者の共同通貨論や外国人労働者開放論かもしれない。
もちろんリフレそのものが頓挫し、再びデマンドサイド無視の改革競争に陥るかもしれない。

20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 09:05:23
>>10
日銀が今誘導している金利は無担保コールレートの平均値の上限だよ?
本来なら、誘導目標なんて不要で、貸出先のリスクによって
市場原理によってそれぞれ金利が決まればいいだけの話。
今は上限を決めて、民間同士が市場原理で金を融通するリハビリをやっているようなものだよね。
その枠を広げることすらできないってのは、
リスキーな貸出先が多すぎる、ってことの裏返しじゃないの?

結局、量的緩和というシャブ(=国からいくらでも金が借りられた)に慣れた身体にゃ
この程度の減薬、リハビリすらも命取りってことが海外にもばれちゃった。
そりゃ円安にも振れるわな。

21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 10:27:10
この政権に中川がいなければ惨めなことになっていただろう。


22 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 10:39:31
日本人はちょっとしたことで微々痢すぎるんだな。
為替の動きはウエーブなのだから、上下の振幅はあるだろう。
上げては憂え、下げては嘆くじゃ身が持たないよ。
もっと長期の戦略的視点で臨まなければ話にならないね。


23 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 10:40:33
リフレこそが、安部政権延命の道と言うことが
中川はよくわかっているのさ

24 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 11:17:27
>>22
量的緩和終了以降、円はすべての外貨に対して一本調子で下げてますが何か?
http://mmm.www.infoseek.co.jp/chart/101/00101r00102r00104r00105r00108r00106r1018011122222220002220222122122000120070119.png

25 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:07:54
それは日本国内のカネが海外に向かうからだろう。
定期に預けてもすずめの涙にしかならないから。
外資は巧妙だから、低利の日本でカネを借りて
世界中に投資をしているらしい。

ま、利上げはオレも大反対だから今回の判断は
正しかったと思うよ。



26 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:26:37
>それは日本国内のカネが海外に向かうからだろう。
>定期に預けてもすずめの涙にしかならないから。

キャピタルフライトは日本終了の合図では?

27 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:30:30
>>18
本当にこの政治家は、経済がわかっていない
それほど経済苦による自殺者を増やしたいのか?

28 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:35:12
日本の証券会社や銀行を通して外国株ファンドを購入すると
まず手数料がそれら業者にはいるよ。
利益が乗ったら売るわけだが、その利益には税金がかかる
ので税収増につながる。
客は客で、利益を消費に回すから経済の活性化に貢献する。
キャピタルフライトとは言っても、永遠にカネが戻ってこない
わけじゃないから、評論家が心配するようなことにはならない。
それはむしろ金融国家日本の自然な姿なのである。

29 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:38:51
中国の躍進は、元のレートを大きく切り下げたことから
始まっている
利上げをせず、円安へ進んで行くと
日本へどんどん工場が戻り始めるよ
それが何を意味するか、日はまた昇るのさ

30 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:40:22
>>28
>キャピタルフライトとは言っても、永遠にカネが戻ってこない
>わけじゃないから、評論家が心配するようなことにはならない。

いつ戻ってくるかは分からないんだけどナー

31 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:53:41
日本は島国だから陸続きの国に比べてリスクがすくないだろ。
かつての元寇や日露海戦をみてもわかるけれど、これが
陸続きだったら、とうの昔に日本は他の属国になっていたよ。

心配しなくてもリスク資金は所詮、分相応の動きしかしない
から有事の際には戻ってくる。
幸い中国やインド、ベトナム、台湾、インドネシア、韓国など
今世紀、大発展する国が近いから、その地理的優位性だけを
とっても、何物にも変えがたい価値があるんだよ。


32 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:55:33
>>20
トンデモ乙。お前の言うような金融政策運営をどこの国が実施しているか言ってみろ。

33 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 12:58:02
>>28
>>30
キャピタルフライト=貿易収支の増加。いきなり帰ってくるぞ。

34 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 13:32:11
>>20
はあ?今でも市場原理で貸出先によって金利決めてますけどね。
日銀のコールレートは「これ以上高い金利で金貸してはいけない」という規制ではありません。

もしかしてサラ金の上限金利規制と勘違いしてませんか?





35 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/19(金) 13:43:23
>>34
>日銀のコールレートは「これ以上高い金利で金貸してはいけない」という規制ではありません。

わかっとるがな。だから日銀が睨んでるのは平均値でしょ。
平均が0.25%を超えると資金供給する、と。
そのキャップを上げる、上げないの話だったんでしょ、今回の会合の議題は。

http://www.boj.or.jp/type/stat/dlong/fin_stat/rate/cdab0722.csv

36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 00:30:57
竹中平蔵が「中央公論」で書いてるように、中央銀行の「独立性」っていうのは
政策「手段」における「独立性」であって、政策「目標」において「独立性」を
持っていいなんてはずはないわけだが。

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 01:26:56
独立採算制で完全民営化すべきだ。

38 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 01:29:10
9条は日本人の心の故郷です。変えさせません。


故郷を変える人なんて居ないよね。


http://society4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1168581071/l50


39 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 02:23:49
日銀の発表前に適当な発言して
「どうだおれが変えてやったぞ」みたいな顔するのは
いかがなものか

40 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 08:50:10
>>39
日銀が番記者を使ったリークで地均しをしようとしたのは明白なわけで、対抗上、中
川秀も記者が書くことを承知の上で色々と喋って牽制してみせたに過ぎないだろう。

ただ今回の見送りについては、「政府・与党の日銀への干渉はけしからん」というロジックで
批判しているマスメディアがあり、中川秀はこういうアホな連中を敵に回してしまった可能性がある。
そこをどう懐柔していくかが課題となるだろう。

41 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 11:26:19
>>32
どこか間違ってる?

42 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 12:14:02
優位なメスと劣位なオスの歴史

生物:生活能力のあるメスが生活能力のない矮小なオスを養う関係は生態系にはいくらでもある
それで、受精卵ができて、オスの精子が必要なくなる
すると、どのオスも追い出されるか、殺されるか、
メスの体内に吸収されるかのいずれかの運命になる

人類:人間も古代ではメスが優位
一例:アマゾンは狩猟民族で、狩猟の女神アルテミスを信仰していた
女のみの部族であるため子孫を残すためには男が必要である
このため時折捕虜として男を連れ帰ることがあった
捕虜となった男は全裸にされ手枷、足枷がつけられ子作りの道具として多数のアマゾンによって嬲られ精を搾られた
その結果、すぐに発狂するか廃人同然となり、男性機能が役に立たなくなった者から順に絞め殺された
男児が生まれた場合は即、生き埋めにして殺すか、不具として奴隷とする
女児の場合はそのまま戦士に育てた
こうしたメス優位な社会が古代ではごく当たり前であり、男は女に約5500万年間虐げられてきました
メス優位社会は母なる大地(女神崇拝)、自然崇拝が基本です

メス優位がオス優位?になったのは、キリストや仏陀や孔子などの男尊女卑思想登場前後からです
オス優位?社会は父なる天を崇拝、文明マンセーが基本です

ところが、昨今はフェミニスト(女尊男卑思想)によりまたメス優位となってきました
それにつれてメス本来の凶悪性が出てきました(オス優位?な時代ではおとなしくしていただけ、殴られちゃうからね
これらは、妻の夫殺しが年々ハイスピードで激増している事からも分かります
鬼嫁、熟年離婚、女だけ過剰な保護、貢ぐ君、不幸で悲惨な結婚生活、女子にのみ甘い判決、豪華な女子刑務所、金銭搾取、女優遇マスコミ、他多数

女の子は優しい?か弱い?(笑)メスは本来凶悪です。今後、更に男性差別が激しくなっていくでしょう。最終的にオスはメスの奴隷になります
オス優位な仕事場も、今後はどんどんメスに奪われていくでしょう(3k労働や兵役は残してくれるでしょうが・・・
こうして地位も経済力も生活力もやる気も無くしたオスをメスがどのように扱うかは上記を見れば分かります。
男性諸君!恋愛(避妊SEX)は楽しみつつ、不幸で悲惨な結婚生活は回避し、約5500万年間の恨みを晴らそう!

43 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 12:21:12
>>41
先に質問に答えたらどうでしょう?

44 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 12:34:15
>>43
どこの国がやってるか、って?

日本だよ。他の国では聞かないな、こんな異常な金融政策。
逆に知ってたら教えてくれ。

45 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 12:36:53
>>44
質問の意味を逆に取ってませんか?
あなたの推薦しているような金融政策を実行している国がどこか、だと思います。
ちなみにFFレートの誘導も日本と同じだった気が。

46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 12:45:26
>>45
推薦って?>>20は日本の原状だと理解してるんだけど?
それに対してレスついてるから、
むしろ何が間違ってんのか知りたいだけなんだけど?
自分が誤解してたら困るし。

47 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 12:52:03
>>46
↓のような「本来の」政策スタンスを採用している国ってありますか?

>本来なら、誘導目標なんて不要で、貸出先のリスクによって
>市場原理によってそれぞれ金利が決まればいいだけの話。

48 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 13:01:52
>>47
あ、そこに突っ込まれてたのか。すまん無知で。

アメリカとかも目標値はあるのね。日本が低すぎるのがおかしいってことか。
ものわかり悪くてすまんね。

49 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 13:06:28
>>48
よかったらここ読んでみてください。
http://cruel.org/krugman/babysitj.html

金融政策=利子や貨幣量の調節がなぜ行われるのか、という理由が直観的にわかります。

50 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 21:45:57
>>49
読んだ、ありがとう。
貯まった金を流すためには、インフレによる資産の減価が必要なのもわかった。
でも、そうなったところで、その金は高金利の海外投信に逃げたりするだけだったりして…

スレ違いなのでこのぐらいで。


51 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/20(土) 22:23:47
>>42
マルチにマジレス

>人類:人間も古代ではメスが優位
アイヌ、アメリカ先住民・・・昔ながらの狩猟採集民族はどれをとってもオス優位。
人間に進化したといわれる猿もオス上位。
女神信仰なんて世界中にいくらでもある。昔は多神教が一般的。唯一神という考えの方が異質。
アマゾンの一部族の例を持ち出されて全てを語るなんてお粗末過ぎる。

一件女を批判して、男の味方のように装ってはいるが、
「昔も女上位」という妄説を広め、人々を洗脳するのが目的だろう。

52 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/23(火) 10:14:45
>>51
フェミ工作員が経済板に迄荒らしに来てるな…ま、奴等に経済のまともな知識なんて
あるとは到底思えんが…。

53 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/23(火) 11:05:15
>>28
キャピタルフライトの意味がわかってないらしいね。
日本の資産家が日本法人の金融機関を使って外貨預金をしたり外国ファンドを買っても
資産は日本政府の法制下にあるから、キャピタルフライトではないよ。
キャピタルフライトとは、資産が当該国の管理から逃げ出すこと。
逃げ出すには理由があるから、まず戻って来ないと考えるのが自然だろうね。

54 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/23(火) 11:59:35
ほめ殺され中

55 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/23(火) 12:01:39
>>53
脳内お花畑の一人なんだろうなwww

56 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/08(木) 12:39:08
財務省の人間が勤務中に2ちゃん
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/jsaloon/1170396337/

559:名無しなのに合格 :2007/02/08(木) 11:17:31 ID:divt7NQXO
すまん。財務省の人間が勤務中に2ちゃんをやっていたら
確かに問題になるかな
私はここで失礼するとしよう


これが財務省の実態

57 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/08(木) 13:39:11
リフレ厨完全敗北w
http://gaitame-sakoh.cocolog-nifty.com/hitorigoto/2007/01/post_6d3e.html

58 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/08(木) 13:56:39
成長幻想などもう誰も信じていない。
インフレで経済破綻を補填してしまおうなど、
そもそも不可能だし、そんなことを許してはならない。

59 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/08(木) 14:56:20
インフレで無い国が日本以外にどこがあるのだ?

では世界中のインフレの国は、全て経済破綻しているのか?

60 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/08(木) 15:04:38
こっちにも貼っとく。

>http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070208ia03.htm
>地方公務員給与下げは公約…中川・自民幹事長が言明

> 自民党の中川幹事長は8日午前、京都市で講演し、安倍首相が地方公務員の給与引き下げ方針
>を示していることに関連し、「引き下げは自民党の国民への宣言だ。統一地方選、参院選の党公認、
>推薦の全候補の公約でなければならない。統一地方選は『ストップ・ザ・公務員天国』の第一歩だ」
>と述べ、給与引き下げを統一地方選や参院選の公約に掲げ、各候補に訴えさせる考えを示した。

>(2007年2月8日13時32分 読売新聞)

61 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/08(木) 21:42:08
>>57
↓の文章投稿しようとしたけどメルアド聞かれたので止めた。できれば転載してきて。

こちらのサイトのバナー広告には竹中さんの顔が出ているようですが、
中川幹事長の金融政策についての政策観は竹中さんと全く同一の
ものですよ(最近の報道でも一歩踏み込んで日銀へのインフレターゲット
導入を提唱していたそうですが)。というのも両者には共通するブレーンが
存在するからです。詳細は今週発売の週刊文春をお読みください。
まあ記事自体は頓珍漢な理由でそのブレーン氏に批判的だったり
するわけですが、そこは所詮オヤジ向け週刊誌ということで。

>金利のノーマライゼーション、やるときにやらなければいけないのです。

今はデフレなので「やるべきとき」ではありませんね。期待実質金利と
均衡実質金利を考えないで、金利のノーマライゼーションを訴えても、
待っているのは日本沈没でしょう。空虚なスローガンです。

>今の低金利では融資するメリットがないので

仮に資金需要があるとして、もしそうであれば貸出相手に応じてプレミアムを
つければいいだけでは。放って置けばどんどん預金金利の支払いが嵩むだけですね。

62 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/08(木) 21:49:36
>>53>>55
トンデモ。日本は1960年代から恒常的にキャピタルフライトしてるよ。
俺定義で脳内お花畑なのは君達の方。

キャピタルフライトとは資本収支の赤字を意味するが、これは国際収支の会計恒等式から、
必ず同額の経常収支≒貿易収支の黒字と一体で生じる現象。

日本は国際収支の天井の制約を脱した、高度成長後半期から
ずっと経常収支が黒字基調なので、かれこれ40年もキャピタルフライト進行中なわけね。

それによって日本、あるいは他の経常収支黒字国が貧乏になったかと言うと、
全くそういう事はない。木村剛等のトンデモ説を真に受けてるようじゃダメね。

63 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/08(木) 21:51:30
>>57
ちなみにそこ、敗北したんじゃなくて相手の余りのレベルの低さに辟易して放置したんだと思う。
多少金融業についての知識があれば誰でもツッコミ入れられるからね。
こっちは最後のコメント2つしか見てないけど、それでいきなりだし。

64 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/08(木) 22:03:01
>>60
若者は田舎に戻るな都会に出て働けってコトですな。
人口減少がすすむわけだから都会に人を集めるのは正しい。

地方に公務員のなり手がいなくなったら国家公務員を派遣しよう。

65 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/08(木) 23:09:54
>>62
おおむね同意見ですがちょっと補足しますと、
普通、キャピタルフライトというのは、元々外国から資本を輸入して(借金して)
やっていた経常赤字国が、金融不安などから突然資本を引き上げられてしまう
状況のことを指すと思われます。

たとえばアジア通貨危機のときのタイなどがその例ですね。当時のタイの国際収支のGDP比は

1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000
-5.4% -7.9% -7.9% -2.1% 12.8% 10.2% 7.6%

と、1998年を境に経常赤字国から黒字国に変わってしまっています。
この年からタイが儲かるようになったわけではなく、資本を引き上げられて
しまったために輸入ができなくなり赤字だった収支が黒字になったというわけです。
当然経済は苦しくなり、1998年のGDPは前年度比-10.5%と激しく落ち込みました。
マレーシアも同様です。

これらの国と違い日本はずーっと長いこと資本輸出国ですから、
それを今さらキャピタルフライトというのは何だかおかしいわけですね。


66 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/20(火) 17:50:21
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。

67 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/21(水) 13:57:16
金利上げやがったな。

さて、中川はどう出るか?いよいよ日銀法改正かなあ。
改正してほしいなあ。


25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)