2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国債】金融崩壊【破綻】

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 17:09:58
企業は金を失い、殆どの企業が倒産する!
そして貧国化。

2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 17:19:00
金融破綻とはすなわち国債破綻のことである

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 17:32:30
電波スレキタ-('v')-!

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 19:39:53
だって、金融破たんで企業の金が無くなったら、どうやって生産活動するの?

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 19:42:03
つまんね。どうやって金融破たんするのだ?

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 19:44:08
シュールすぎて理解の範疇を超えるスレ
俺も年取ったな(しみじみ

7 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 21:36:14
>>5
漏れらの預金の大半は国債に化けてる。まぁ、今の状況なら、ある日突然大量の預金引き出し者が
銀行に押しかける なんて事は無いから良いんだけど。国家が破産すれば国債は紙屑。銀行はあっという間に一文無しに。
そうなれば、我先にと国民は預金引き出しに走る。勿論返す金は無い。=破綻。
一文無しになった大企業は生産が出来ず、倒産。残った僅かな金で生産しても
国民も金が無いから生活必需品以外は売れない(日本の主要産業である自動車・電化製品は全滅)から倒産。
生産消滅。日本貧国化(笑)。 つーか日本が破産すれば円暴落が起きて輸入できないからおわりッスねwwwwww

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 21:38:23
日本もアジアのトップから超極貧国に転落だなwwwwww
バーカバーカざまあみやがれ(^━━━━━^)

9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 21:40:58
嘘だって思うなら↓見ろよwwwww
ttp://www.collectors-japan.com/nevada/wr_qa_fr.html

10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 21:47:58
戦後にも預金が引き出せないって事態に陥ったけど、アレって一応解決したろ?
バブル崩壊後も銀行がバッタバタ潰れたけど、一応経済は回ってるわけで。

11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 22:26:57
age

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 22:28:44
日本が大量に保有している米国債はどうなるね?

13 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 22:30:41
この状況で、何の対策もしてない企業が?

14 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 22:35:53
>>12
それが何か?
米国債を全部売って金融機関に渡すのか?w
先ず米国が許さないし、たかが90兆円程度の金を渡しても焼け石に水w

15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 22:39:21
>>14
外貨を現物で持ってるけど、正しいですか?

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 22:41:07
>>15の文だと意味不明なので付け足します。
外貨預金じゃなくて現物で外貨を持っています。
もっと正しい運用はありますかね?

17 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/14(月) 23:43:49
ぎゃああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!

18 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/15(火) 00:14:47
>>7
なんで国債が紙くずになるの?

19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/15(火) 07:26:06
日本に借金はない。債務者も債権者も国内にいるから差し引きゼロ。

要するに国民が投資してるだけだ。国は国民に投資機会を提供している。それだけのことだ。


20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/15(火) 15:59:31
>>18
日本が破産するから。

21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/15(火) 16:15:53
国民が投資した覚えはないよ。国民はゴム印に金を強奪されたという思いはあるよ。
でもどうしようもない。泣く子と地頭には勝てない。

22 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2005/11/20(日) 01:32:42
体の中を血がめぐるように、
国債を発行して世の中に金がまわっていく。

23 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/03/15(水) 21:41:46
NO

24 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/03/15(水) 21:43:33
国債破綻馬鹿ですか?

25 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/03/15(水) 21:47:30
長期金利、一時1・7%台…04年8月以来

 15日の東京債券市場は、ゼロ金利策が解除された場合の金利上昇に対する警戒感から
債券が売られ、長期金利の代表的な指標となる新発10年物国債の流通利回りは一時、
前日終値に比べ0・045%高い1・720%まで上昇(国債価格は下落)した。

 取引時間中に1・7%台に上昇したのは、2004年8月以来。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20060315ib03.htm

26 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/04/02(日) 13:32:45
こんどは50年国債だってさ。段階Jrカワイソス

27 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/04/02(日) 13:48:46
● ブームに程遠い、捏造韓流の実態 ●

冬のソナタの最高視聴率は20.6%。これは04年度最高視聴率ランキングの53位。
これでもまだ健闘した方で、他の韓流ドラマは全て1〜4%と大惨敗。
また冬のソナタのテーマソング 『 最初から今まで 』 の04年度のCD売上ランキングは64位。
これを見るかぎりブームなどというシロモノでなく、マスゴミによる世論操作の疑いが非常に強い。

しかも韓流スターが空港に来る際に出迎えるファンの報道を見てみると同じ顔の人物がかなりいる。
特定の芸能人でなく組織的な出迎えであり、在日の間で動員がかけられているとの話も聞く。
さらに不思議なのが、での韓流女優ファン・ミーティングで集まるのが何故かオバサンばかりなこと。
美人女優のファン層のメインは若い男性で、その次がオヤジ世代、そして若い女性が続くものだが。

尚、04年9月24日に韓流スターのイ・ビョンホン、チャン・ドン・ゴン、キム・スンウが同じ飛行機で来日した。
空港には人場制限が敷かれ、韓流史上最大のファンが集まったとされるが、その数は3,500名。
が05年に話題になったレッサーパンダ風太君ですらそれ以上の5,000名を毎週コンスタントに集めていた!!

日本など韓流ブーム国とそうでない国への、文化コンテンツ輸出率の変化を韓国貿易協会が比較したところ、
むしろブームでない国への増加率が高かったことを公表している。
『 韓流の経済効果がない ⇒ 仕組まれた捏造韓流 』 を裏付ける結果となっているのである。

( 「韓流ブームの経済効果、期待を大きく下回る」


28 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/04/23(日) 10:28:15
どうやって資産を守るか銀行マンの相談が増えているみたいっすよん。

29 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/04/23(日) 10:44:35
馬鹿ニートの破綻願望 = オウムのハルマゲドン

30 :三光作戦:2006/04/23(日) 10:58:30

日中戦争時、抗日ゲリラに手を焼いた日本軍は、強圧的に拡大して
満州と中国との国境とした万里の長城線一帯を無人化する作戦を実施した。
指定地域内の住人を総て強制収容所に移住させ、ゲリラと住人との接触を断ち
ゲリラ出没地域での耕作を一切禁止するというものである。
その過程において、首を切り落とすなどして殺害した農民は8万1千人、
拷問のため施設送りの後処刑した者4万6千人。合計127000人を殺害した。
集落によっては村民が殆ど皆殺しになった所もある。
人囲いと言われる強制収容所は粗末なもので、宿舎は無く、移住させられた住民は露地に藁を敷き、露天で寝るしかなかった。
宿舎としてのバラックや要壁などは住民の手で作らされた。
農期には収容所近くの耕地で農作業を強制された。
収容所の環境は劣悪で、満足な食料、薬もなく、病気や飢えで何万もの人が命を落とした。

表題の三光とは、殺し尽くす、奪い尽くす、焼き尽くすと言う意味である。

幾つか例を挙げると

豊潤県潘家峪では一度に1230人が虐殺された。
密雲西白連峪では、全村落を破壊し、最後に破壊から偶然逃れていた一軒を発見し、そこに居た70歳重体老人を家ごと焼殺、幼児2名を銃殺。
王廠溝、南大門一帯では、580人を逮捕し、380人を虐殺し、残り200人を強制労働の為、東北へ送り、内80%が死亡。
石柱子村では、村民700人中300人を虐殺。
興隆県秋木林、大莫峪では、全130戸から180人の青年壮年男を逮捕し、虐殺。寡婦の村とする。
興隆県ではその一帯に多数の寡婦の村が出来た。
更に寡婦の村を襲撃し、逮捕した者で使えそうな者を日本兵の慰め者にし、残りは処刑した。
興隆県では、人口16万人が戦後、10万人に減少していた。
大帽峪の村人など120人を後手に縛り、虐殺。
引っ立てて来た魯家峪住人を一人ずつ目隠しをして井戸の前に座らせ、
日本刀で首を跳ね飛ばしては井戸の中に放り込んだ。


31 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/05/03(水) 09:54:22
>>26

まったくだ。
そして団塊は幸せすぎ。

32 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/05/04(木) 11:39:39
基地外ニートの特徴

・家族や地域社会、ネットにまで迷惑をかけ、それが生き甲斐になっている。
・自己正当化のため、国家の破綻を熱望し、妄想を根拠に書き込みを続ける。
・公務員や経団連、団塊の世代など、あらゆるものに嫉妬する。
・他者を否定することで自己肯定をする
・近い将来、犯罪者(親殺し、幼女誘拐など)となる可能性が極めて高い
・根拠のないプライドだけ高く、自分を平均以上の人間だと勘違いしている
・過去や非現実的な未来を遠い目で夢想するだけで、目の前の小さな現実を見ようとしない
・視野狭窄でリアル社会が見えていない、狭いオレ様ワールドの王様
・ニート擁護論をぶつが、いかんせん地に足がついてないため、電波の域を出ない
・権利ばかりを主張し、義務は平気でスルー(国民の三大義務:勤労・納税・教育)
・自分の痛みには敏感だが、他人の気持ちには鈍感
・自分にとことん甘く、他人に厳しい
・苦労が嫌い、責任感皆無。仕事から逃げ出す際の決めセリフ「○○が自分を理解してくれない!」
・誰かの庇護のもとでしか生きられない、永遠のモラトリアム人間

33 :& ◆..zo1q2dSQ :2006/05/05(金) 15:50:37
このまま国債発行増えて国債発行残高+地方債+国鉄の借金+国有林等の
借金+道路公団の借金その他もろもろあわせて1200兆円位あるらしいけど
長期金利1.8%で利払い20兆位じゃないですか米国債等が300兆くらいある
らしいけどその利子だけでははらえませんな 長期金利は必ず上がる
5%くらいまではいくんじゃないの でも3.5%超えたら税収40兆円は
利払いでとんでしまう。
ロシアの破綻は軍事費使いすぎてパンクしたんだ その対策として国が
崩壊してデノミが実行された。貯金が100分の1になったなんて信じられるかい
 国民の40%は文無しになってあえいでるんだ 日本もその状況に近い
デノミが実行されれば貧乏人は生きてゆけなくなりますぜ
膨大な日本の負債は世界中の発展途上国の借金の合計350兆円をはるかに超えた
最貧国なんだ。北海油田がもう2-4年で枯渇する。日本の消費量と同じだけの
産出量がこの世から消える。アメリカも5から7年くらいで枯渇する。
これは石油の流通・埋蔵量の統計から明らかだ。すぐそこにハイパーインフレが迫ってるんだ。


34 :& ◆gPCUQVdB6U :2006/05/05(金) 23:02:15
日銀国有化は近い!!このような意見が国会議員さんっがいって折られる

国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。
 かなり無理がある 金の価値をコントロールできるならロシアも
トルコも破綻しなかったぜ
ハイパーインフレにはなるけどね!!

35 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/05/06(土) 14:33:02
>政府の子会社である日銀
>を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
>ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
>ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの

債権債務が消滅なんてする訳ない。
国民,企業→銀行→日銀
だろ。
日銀が政府に吸収されたら日銀の債務は政府が負うことになる。
それを帳消しにするということは、預金封鎖、没収とおなじこと。

36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/05/06(土) 14:46:00
>>35
naniwokantigaisiterundakimiha

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/05/06(土) 15:01:17
>政府の子会社である日銀を、年末30日に政府に吸収合併

こんな面倒なことをする必要なんてないよ。
政府が印刷機を買って万札を刷ればいいだけの話し。
これで、国債や税金徴収も必要なくなる。
全て解決だ。

38 :自称資産家:2006/05/07(日) 17:40:07
弐本の国債が全部償還されてハイパーなインフレになっても二本は対外債務なんかないし債権山ほど持ってるから外国から見たら
お金持ちよーん 円建て貯金と紙切れ国債しか持ってない一般平民は生活に困るようになっても
トヨタみたいなお金持ちは国債や円建て貯金以外の金融資産山ほど持ってるから
いつ円が十分の一の価値になってもぜんぜん困りませんよね


39 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/05/07(日) 21:03:57
そういう事態になるなら十分の一では到底済まない。
そうなれば一般に思われてるのとは逆に金の価値も基本的に下がるはず。
ってか金あって脳みそないのに心配するくらいの馬鹿なら海外でボられるかシェルター作って篭もるかしろw

40 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/08/12(土) 13:42:29
文芸春秋編集長

「相続税はもっと累進的にかけ、
金持ちは一代限りで終わらせなければならない。

私腹を壊さないと、資本主義は駄目になってしまう。

政府は取った遺産を法人で所有させるか、所得再配分にするか、
新規ベンチャーへの資本として有効に生かせばいい。

生まれがどこでも競争が出来る社会にするのが好ましい。」

文芸春秋編集長

「相続税はもっと累進的にかけ、
金持ちは一代限りで終わらせなければならない。

私腹を壊さないと、資本主義は駄目になってしまう。

政府は取った遺産を法人で所有させるか、所得再配分にするか、
新規ベンチャーへの資本として有効に生かせばいい。

生まれがどこでも競争が出来る社会にするのが好ましい。」


41 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/09/14(木) 07:16:28
>>38

そういうレスをするおまいが、貧乏人。

42 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/09/14(木) 13:39:41
m9(^Д^)糞コピペ貼りのラーナーいる?
     ところで、禿が国債買っても「国債は借金じゃない」というのか?
     答えろ!

15年変動利付債入札、モルガンが2389億円落札――野村が続く

2006/09/14, 13:14, 日経速報ニュース, 340文字

 市場関係者によると、財務省が14日に実施した9月発行の15年物変動利付国債(42回債、発行予定額1兆1000億円程度)の入札では、
モルガン・スタンレー証券が最多の2389億円を落札、野村証券が1801億円で続いた。主な落札会社と落札額は以下の通り。
モルガン・スタンレー証券2389億円、野村証券1801億円、三菱UFJ証券1598億円、クレディ・スイス証券745億円、
バークレイズ・キャピタル証券544億円、みずほ証券544億円、大和証券SMBC492億円、日興シティグループ証券477億円、
ゴールドマン・サックス証券312億円、東海東京証券206億円、BNPパリバ証券199億円、岡三証券135億円、みずほインベスターズ証券126億円、
JPモルガン証券125億円。〔NQN〕




43 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/11(土) 16:19:05
資本主義に国民みんなが洗脳された翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。
もう春だというのに枯木が寒々としている。
人々の表情は苦悩と絶望に満ち、頬を流れ落ちる悲哀の涙が太陽光を反射していた。

「人間が喜びあう時代は終わったのだな」
昨日までとある生産公社に勤めていた斎藤さんが、虚ろな目をしてつぶやいた。
「ええ、これからは人と人が憎み合う時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんに軽蔑の眼差しを向け冷たく言い放った。
「人という字を見るがいい。二本の線がお互いを踏みつけ合っているじゃないか」
通りがかりの腰の曲がった老婆がそう言って冷笑した。

農民は長年使ってきた農業機械を没収され、新しく買うために大きな借金を背負った。
『「農業は生産性が低い」だとさ。「これからは日本では全員がビジネスをやるんだ」ときた」
生きる希望を奪われた悲しみの表情で男は嘆いた。

厚い雲の下、自由を奪われた人々が今日も無賃残業を伴う空虚なビジネスへと駆り立てられていった。

44 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/11(土) 17:01:04
ウンコク債がトイレットペーパーとなった翌日、植草は妻とともに散歩に出かけた。
もう春だというのに枯木が寒々としている。
人々の表情は苦悩と絶望に満ち、頬を流れ落ちる悲哀の涙が太陽光を反射していた。

「きのう財務省・金融庁・日銀が合同でクーデタを起こしたんですよ」
昨日までとある銀行に勤めていた藤田さんが、虚ろな目をしてつぶやいた。
「あなたそれを黙って見ていたの? 国民を見殺しにして?」
普段は滅多に話に加わらない妻の真紀子が、藤田さんに軽蔑の眼差しを向け冷たく言い放った。
「あんたらさあ、日本はいつもこういう国だったんだよ」
通りがかりの腰の曲がった老婆がそう言って冷笑した。
老婆は銀行預金も都心の住居もすべて没収され、明日から乞食をするしかないと言って嘆いた。
「『国民のご理解を乞う』だとさ。日本はIMFの仲介でアメリカの準州にしてもらうんだそうだ」
生きる希望を奪われた悲しみの表情で植草は嘆いた。

厚い雲の下、資産も自由も生きる希望も奪われた人々が今日もあてどなく虚ろな表情で街の中を右往左往していた。

45 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/11(土) 17:05:20
君ら破綻厨はその想像力を別のことに生かすべきだね。

46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/11/11(土) 18:21:22
日本が北朝鮮になった翌日、私は妻とともに海外に資産逃避をはかった。
もうすぐ年末だというのに、銀行の窓口は閑散としている。
行員の表情は鋭さに満ち、手に構えたカラチニコフの柄が太陽光を反射していた。

「お前らが好き勝手に資産を移動できる時代は終わったんだよ」
昨日まで闇金に勤めていたキムが、吐き捨てるように私たち夫婦に言った。
「ええ、でも私たちは送金許可書を持ってるんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、PCで作ったニセ許可書を振りながら優しく言った。
「その送金許可書は将軍様の許可を得たんですか? 得てないでしょ?」
偉そうにふんぞりかえった中年男がそう言ってほくそ笑んだ。

行員たちは私たちを裸にし、財布や時計を懐に入れ、黒光りする銃を突き出した。
「おまえらに資産はもう不要だ。強制労働30年の刑を宣告する」
一仕事終えた巡回裁判官は女を連れて出て行った。

青空のなかをを絶望が横切っていった。

47 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/02(土) 19:48:44
age

48 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/02(土) 19:50:06
ageなきゃ下がる破綻スレ

49 :sadfvc ◆1aK0JVp1Lo :2006/12/03(日) 20:22:32
  

50 :sadfvc ◆1aK0JVp1Lo :2006/12/03(日) 20:23:54


51 :sadfvc ◆fl13LqdzLc :2006/12/03(日) 20:25:13
   

52 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/03(日) 20:30:14
↑露骨・・・

53 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/03(日) 21:07:07
>>15
国家破産のピーク時の対策としては絶対しておくべき、特に何だかんだ言われてても
或る程度の米ドルキャッシュは持っておくべき。

54 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/03(日) 23:28:32
>>53
おまいらは狼少年だな。狼は来んが。

55 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/09(土) 19:46:39
age

56 :貧乏名無しさん:2006/12/11(月) 05:54:17
ラーナーの言い分は、まさに紙上経済学であって決して市場経済学ではない。
情報伝達速度が、極めて速い分年末30日に日銀が政府に吸収合併されると、
瞬時に世界中で円相場が値段の付かないほど大暴落する。それは極めて長い時間継続する。
経済の中枢である中央銀行の信用が吹き飛ぶからだ。
ヘッジファンド等が黙って見過ごすはずが無い。一日1000兆円とも言われる
世界の超流動的投機資金は、日本に襲い掛かり経済の髄までしゃぶり尽くす。
残るのは、死屍累々たる広漠とした土地だけである。
しかしその土地にも、「余人断じて入るべからず。」の新しい看板が掛かっているだろう。

57 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/11(月) 07:22:06
例えが下手で何が言いたいのかわからん。
3てん

58 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/11(月) 07:45:09
政府部門が赤字でも家計・民間部門が黒字だから
国債を買っている(=事実上の投資)ので財政破綻
はデマです。スレ終了。

59 :sage:2006/12/30(土) 03:10:28
ニュー速よりお邪魔します。
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1167321095

いままでの新発国債額を元に、
全ての国債が10年ごとに60年間で借り換えられると仮定して
今後発行される借換債総額の試算をしてみました。
現状の借換債総額と比べて、ずいぶん低い数字なのですが、
これから発散していく様子がわかると思います。金利は2%と仮定。
なお、新発債は原則として決算数値ですが、H18が補正予算、H19が予算、H20年以降は20兆と仮定。

年度   新発債 借換債推計総額(実際値)  新発+借換推計値   
H10  340000億  177986億         517986億        
11   375135億  199281億         574417億
12   330039億  212153億         542193億
13   300000億  201395億(593000億)   501395億
14   349679億  247037億(696000億)   596716億
15   353449億  306468億(749000億)   659917億 
16   354899億  306262億(845000億)   661161億
17   312689億  377613億(1038000億)  690302億
18   274700億  392322億(998060億)   667022億
19   254320億  362506億         616826億


60 :sage:2006/12/30(土) 03:26:28
続き
20   200000億  504080億         704080億        
21   200000億  558115億         758115億
22   200000億  525065億         725065億
23   200000億  484268億         684268億
24   200000億  576049億         776049億
25   200000億  637449億         837449億
26   200000億  638563億         848563億
27   200000億  660318億         860318億
28   200000億  633240億         833240億
29   200000億  581918億         781918億
30   200000億  663891億         863891億

参考にしたURL:
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/siryou/hakou03.pdf
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/siryou/hakou12.pdf
http://www.mizuho-ri.co.jp/research/economics/pdf/research/r031001japan.pdf
http://bullbear.exblog.jp/4763862/

実際の借換額の半分以下になる試算になりましたが、
それでも将来にわたってこれだけの借換債発行が確定している、
という事実を軽く見ることは出来ないと考えます。
補足があればまた書きます。それでは。

61 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/30(土) 03:41:18
他の参考資料もあげときます。

平成17年度予算の後年度歳出・歳入への影響試算
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/h17/sy170128a.htm
国債整理基金の資金繰り状況等についての仮定計算
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/h17/sy170128b.htm

日本国財政破綻Safety Net:借換債の問題と財務省の国債管理政策について
ttp://wanderer.exblog.jp/1538371/

62 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/30(土) 03:43:27
???
債務の発散に借換え債の金額は関係無い筈。そもそも債務の発散というのが
どのような状況を指すのか理解してますか?一般的にGDP比の債務が均衡していれば
「債務は発散していない」ということになります。借換え債の金額がいくらであれ
調達した金で債務を返済するのですから、増加分は金利分のみになります。
債務の発散を回避するには、先ず基礎的財政収支を黒字にし、その上で金利≦名目成長率を維持
若しくは金利の超過分、PBを黒字にする必要があります。

先ずPB黒字化の実現可能性についてですが、目標年の前倒しが検討されていることを見れば
わかるとおり、状況は非常に順調であり、2011年時点でPBを黒字化していることはほぼ間違いないと考えます。

内閣府発表の、エコノミスト32人に対する今後の金利や成長率についてのアンケートでは、半分近いエコノミストが
2015年時点でも金利≦名目成長率の状態を維持可能と考えており、全員の意見を総括しても、超過分は0.3%程度との
結果が出ました。800兆円の0.3%は2兆円と少し。慢性的低金利の日本で金利が名目成長率を
上回るということは、ある程度の成長率を維持していることが見込めますから(アンケートでは3%前後)
2兆円程度のPB黒字化は容易と考えます。

N速民は経済に疎いとよく聞きますが、そうでもないみたいですね。
スレの方は荒れてますが。

63 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/30(土) 03:46:16
今後の金利動向、物価、成長率に関するアンケート調査結果
http://www5.cao.go.jp/keizai2/2006/0501kinri.pdf

64 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/30(土) 03:50:08
税収を小泉以前に戻しただけで、PB黒字化が見えてくる。

結局小泉が税収を悪化させて、騒いでいただけ。

嘘つき&マッチポンプだった小泉政権

65 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/30(土) 11:10:24
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。

66 :鶏さん:2006/12/30(土) 11:41:39
m9(^Д^)>>65

国債が借金「ではない」ことは事実であるが、それは国債が内国国債である場合でのみ
妥当するのであり、国債とは本質的には、為政者が正しく権力を行使しなかった無能の
証明でしかないのだ (『シオン賢者の議定書』第二十章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは少し異なるものである。すなわち国債とは、
発行総額に比例して利息があがって行く、政府発行の手形であるが、かりに5%の利息が
ついているとすると、20年間に国家は国債総額と同額、40年間にその2倍、60年間に3倍
の利息を払い、なおかつ借りた分だけが未払のまま残るのである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の特定の人間に働きかけて国債を外国
に売らせることを想像すれば良い。そうなると国債の債権者が外国の富裕層となるのであり、
国家は外国の富裕層に利息を払うために、貧しい納税者から最後の一銭まで巻きあげるの
である。
彼らが必要とする金は、余計な利息など支払わずに国民から徴税するほうがはるかに簡単
であったのに。。。
これを借金ではないと呼称することには、いささかの無理があることが分かるだろうと思う。


67 :捨てハン ◆wcwvhPtz2o :2006/12/30(土) 18:50:12
せっかく頑張って書いたのにN即のお客さんは現れませんね。

68 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/31(日) 01:50:12
ここに借換債の発行予測額(借換債収入)がありましたね。

平成17年度予算の後年度歳出・歳入への影響試算
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/h17/sy170128a.htm
年度   借換債発行予測額(実際の発行額)
17   1125800億(1038000億)  
18   1219600億(998060億)
19   1269700億
20   1289900億
21   1257900億
22   1236100億
23   1224000億
24   1239400億
25   1280700億
26   1354900億
27   1368100億
28   1423500億
29   1477100億
30   1516800億

整理して新スレ立てようかな・・・





69 :捨てハン ◆wcwvhPtz2o :2006/12/31(日) 02:07:09
破綻スレはもうデフレですよ。去年あたりに破綻厨がアホみたいにスレ立てまくったせいで
ただでさえ大して需要無いのに、財政論者が散り散りになってしまった。
誰も相手にしてくれないもんだからスレ立てで目を引こうって魂胆はわかるが
人様に迷惑かけるのは良くないですね。

債務の発散に借換え債の金額は関係無い筈。そもそも債務の発散というのが
どのような状況を指すのか理解してますか?一般的にGDP比の債務が均衡していれば
「債務は発散していない」ということになります。借換え債の金額がいくらであれ
調達した金で債務を返済するのですから、増加分は金利分のみになります。
債務の発散を回避するには、先ず基礎的財政収支を黒字にし、その上で金利≦名目成長率を維持
若しくは金利の超過分、PBを黒字にする必要があります。

先ずPB黒字化の実現可能性についてですが、目標年の前倒しが検討されていることを見れば
わかるとおり、状況は非常に順調であり、2011年時点でPBを黒字化していることはほぼ間違いないと考えます。

内閣府発表の、エコノミスト32人に対する今後の金利や成長率についてのアンケートでは、半分近いエコノミストが
2015年時点でも金利≦名目成長率の状態を維持可能と考えており、全員の意見を総括しても、超過分は0.3%程度との
結果が出ました。800兆円の0.3%は2兆円と少し。慢性的低金利の日本で金利が名目成長率を
上回るということは、ある程度の成長率を維持していることが見込めますから(アンケートでは3%前後)
2兆円程度のPB黒字化は容易と考えます。

N速民は経済に疎いとよく聞きますが、そうでもないみたいですね。
スレの方は荒れてますが。

70 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/31(日) 02:27:56
>>69
ご苦労様。何で決まりきったコピペばっかりなの?

債務の発散、というのは論じたいテーマではありません。

あくまでも、近い将来、単年度に発行しなくてはならない国債の額を
その大部分を占める借換債などの金額から仮定して、
それがいつまで市中で消化できるのか、
経済の成長やその他のファクターを検証しながら、
その継続可能性を探りたいだけなんですよ。

金利は、とりあえずは考慮しなくても構わない。
その年に発行される国債は当然その時の金利を睨んだクーポンがつくわけだけど、
それは数年後の償還総額と次の借換債発行額に反映されるだけだから。
そこまで長期の予測は誤差が大きいし、多分その必要もないよ。

だからラーナーやら金利≦名目成長率やらの議論は不要だからね。

あくまでも、その年に市中で消化しなくてはならない国債額と、
その年にそれだけの国内需要があるのか予測し、比較して、
いろいろな意見を聞いて精度を上げながら、
それが持続可能なのか、またはいつ難しくなるのか、
考えてみない、ってだけなんだけど。


そうすれば安全側での検討になるし。

借換債って、将来にわたって毎年これだけ国債発行しますよ、
って言うことでしょ。
(今年みたいに税収に余裕があれば借替え予定分も前倒し償還できるけども)



71 :捨てハン ◆wcwvhPtz2o :2006/12/31(日) 03:03:53
>>70
コピペっていうか自分で書いた>>62のレスなんですが・・・
自分でキッカケ作っといて失敬な。
>債務の発散、というのは論じたいテーマではありません。
>その大部分を占める借換債などの金額から仮定して、
>それがいつまで市中で消化できるのか、
>経済の成長やその他のファクターを検証しながら、
>その継続可能性を探りたいだけなんですよ。
それは債務の発散と大いに関係ありますよ。本来、借換え債というのは
債務残高の規模に比例して増減するものです。無論、「過去の債務」を大きく反映するので
多少影響が遅延しますが、まぁそこは大きな問題ではない。

「債務が発散していない状態」というのは「実力(GDP)に対する債務額が増えない状態」
つまり、債務の発散さえ食い止めれていれば借換え債が市場で消化不可能なほど
膨れ上がることもありません。というより、そもそも殆どの国債が国内で
消化し切れており、国が調達した金も国内で回っているのですから、国債消化のための
金が民から枯渇することは未来永劫有り得ません。

信用不安のような不確定要素が発動すれば話は別ですが、今の国債需要を見るに
将来の信用不安をリスク視せねばならないような要素は見当たりません。

72 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2006/12/31(日) 03:18:12
>>71
深夜までご苦労さま。
あちこちでよく見た内容なんでコピペと勘違いしました。すみません。

>信用不安のような不確定要素が発動すれば話は別ですが、今の国債需要を見るに
>将来の信用不安をリスク視せねばならないような要素は見当たりません。
国債の年間発行額の増大、てのは信用不安を呼ぶには十分な要素なのよ。
そういう意味では俺の書き込みはそれを煽ってる面はあるんだろうけど。
でも、根も葉もない話でなくて、借換債が積み上がってるのは事実でしょ。
そちらこそ、事実を公開されて都合の悪いことでもあるのかな?

そもそもGDPの数字なんて、帰属家賃の扱い見ればわかるように
数十兆単位で数字の操作が出来るものなの。

そんな不確かな経済指標に頼ってパーセンテージを論じるのはどうか、
と思っているから、こういうわかりやすい議論の土台を作ってるのよ。


かたや借換債や財投債や新発国債額から市中消化額を割り出し、
かたや毎年国債購入に回るフローを推測する。
その計算で市中消化をし続けるための経済成長規模がわかれば、
現実がそれから外れたときに何らかの対応が取れる、と。

簡単な話でしょ?それだけ知識があるならこっちの土俵に乗っからない?

73 :捨てハン ◆wcwvhPtz2o :2006/12/31(日) 03:33:06
>>72
債務の発散さえ回避できれば信用不安は起こりません。「債務が発散している状態」というのが
どのような状態を指すのか理解してください。額面だけ見て破綻だ何だと喚くようなレベルの低い方なら
議論などコチラから願い下げです。重要なのはGDP比の債務であり、額面で見た債務など、財政について語る上で
何の役にも立ちません。PB黒字化の実現可能性については上記で述べたとおりです。

GDPが操作されようがされまいが、上記で示した条件を満たしていれば均衡
満たしていなければ発散です。操作したところで何の意味もありませんし
そもそも常識的に考えてそのようなことが起こるとは考えにくい。
そんな出鱈目な理由で、枠がグニョグニョの土俵でしこを踏めと?

あなたがN即から転がり込んできた理由が少しわかったような気がしますよ、あなたの話を聞いてると。

74 :捨てハン ◆wcwvhPtz2o :2006/12/31(日) 03:40:35
しっかし気に障る口調ですね、この人。

この人の理屈だと、所得誤魔化して脱税したり、死んだ親を床下に隠して
年金収入を不当に得ることも不可能ではないから、年収500万で600万の
借金がある人と、年収800万で700万の借金がある人とを同列に扱えと
言っているようなモノです。

どうして破綻論者って国の陰謀とか大本営だとかインチキだとか、何かとつけて
こんなことを吐くんでしょうか。そんな理屈がまかり通ると本気で思ってるんでしょうか。

75 :sage:2006/12/31(日) 03:42:29
>>73
あなたにとっては荒唐無稽なのはよくわかりました。
じゃお宅も相手してくれなくていいよ、こっちもレスしない。
こっちは考え付いたことを他の人たちに見てもらって
議論のなかでその妥当性を検証したいだけ。

今後は他の人の書き込みがあったらレスするし、
なにかこっちで資料が揃って書ける事があったら勝手に書くから。

最後に一言だけ。
信用、ってのは数字じゃなくて人の感情だと思うよ。
寂しい人生送ってる人みたいだね、あなたのレスからは人の匂いがしない。

76 :捨てハン ◆wcwvhPtz2o :2006/12/31(日) 03:43:51
しかも突付かれてるのはレスの一部、ほんの2〜3行だけ ですか。
流石に眠いのでそろそろ落ちます。

77 :捨てハン ◆wcwvhPtz2o :2006/12/31(日) 03:48:12
>>75
理屈で反論できないからって感情で押し通そうとするのはやめてください。
N即民の悪い癖です。経済板住人なら破綻厨でもある程度の理性があるというのに。

もしあなたの理屈を理解し、あなたが立てた条件で議論しようと思う者が現れたのなら
その議論は意味をなしません。何故なら、常識知らず同士で議論しても、余計な理論の飛躍を
招くだけで、かえって取り返しの付かないことになってしまうからです。

せいぜい御自分のホームグラウンドで高尚な自説を開陳し続けてください。
経済学板辺りに行けば、奇特な方が啓蒙してくださるやも知れませんよ。
では

78 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/02(火) 17:44:38
>>69
1. http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/h17/sy170128b.htm
2. http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/h19/h19zaimu.htm
3. http://www.mof.go.jp/gbb/1809.htm

1.と3.を比べてみて下さい。9月の数字なので戻っているはずですが恐ろしいと思いませんか?

2015年時点で金利≦名目成長率の状態を維持可能、超過分は0.3%だとして
1. を参考にすると1500兆円の0.3%で4.5兆円。金利4.2%で借り換えすれば問題ないでOKですか?

金利がそれだけ上がるなら景気もいいだろうし税収も伸びるでしょう。
夢のある話ですね。でも、帰ってこれる旅だとは思えません。

79 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/05(金) 19:25:50
債務のGDP比を発散させないようにするには年3%の名目成長
が必要なわけだが、少子高齢化で人口減の日本で名目3%成長は
可能とは思えないよ。


80 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/05(金) 19:51:34
>>79
ドーマーの定理における債務発散回避条件は「金利以上の名目成長」だ。
知ったかこくなバカ。

81 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/05(金) 20:02:04
それは新たな借金はしない場合じゃない? これまで通り、借金を増やし続け
かつ発散させないようにするには3%の成長が必要なんだよ。

82 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/05(金) 20:37:04
>>81
3パーセントって数字の根拠は何だよw
PBが黒字なら>>80で問題無い。PB黒字は、当初2011年までに達成することが目標だったが
当初の予測以上のスピードで財政改善が進んでいるため、前倒しも検討されている。

83 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/06(土) 19:17:23
age

84 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/06(土) 19:24:08
>>42

その落札結果は酷いな。
全部国債市場特別参加者じゃないか。
これはもう自由市場じゃない。
完全無欠のカルテルだ!

85 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/06(土) 19:34:29
>>84
どういう事?
初心者にも教えて。

86 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/06(土) 19:46:27
>>85
一部の国家公認大手の連中が国債市場を独り占めしてるってこと

87 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/06(土) 19:48:30
>>85

国債市場特別参加者ってのは特典の代償に国債発行市場で必ず3%以上は応札することになっている。
ttp://dic.yahoo.co.jp/newword?category=3&pagenum=71&ref=1&index=2004000132 等

で、彼らと政府は年6回くらい集まって国債に関してあれこれ懇談会を行っている。
ttp://www.mof.go.jp/singikai/kokusai/top.htm

殆どを彼らが落札しているとすれば、これは自由市場であるわけがないし、入札倍率の意味も疑わしくなる。

88 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/06(土) 19:55:37
>>86>>87
仮に、「自由市場」だったとしたら、
他にどんな買い手がつく筈なんですか?
イメージが湧かないんで、たとえばのはなし。

89 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/06(土) 19:58:09
そのプライマリ・ディーラー制度ってのは、単に国債の仲介を独占できるってだけでしょ。
買う分には買えるんだから問題ないじゃない。

90 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/06(土) 20:03:25
日銀が窓口をしているので日銀当座預金口座を開設している金融機関全般ということになるはず。
いずれにせよ25社ってことはないよ。
しかも問題は25社の中身。外資系が多すぎる。
ttp://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/siryou/tokusansiteia.pdf
現在の国債発行額ってのは借換債を含めると年100兆円を超えるから、このままいくと数年で内国債とは言えなくなるよ。

91 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/06(土) 20:07:11
>>90何かわかったような気がします。
日本の国債は国際市場では5〜6%もつくと聞いたよ。
逆プレミアが3〜4%もつくって、どういう事なんだろう、
逆に言えば、日本の金融機関はなぜそのプレミア分を取りに行かないのか、
どう考えても奇妙だと思ってた。


92 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/06(土) 20:18:47
要するに、財務省・日銀・大手金融・外国大手金融の出来レースとしか
思えないんですが。
グロテスクな構図ですが。

93 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/06(土) 20:22:19
「国から特権をもらえるからハイリスクな国債を無理して買ってる」って言う破綻厨居るけど
その特権の内容も国債絡みだから、早い話それだけ国債が魅力的ってことでしょ。

94 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/06(土) 20:22:19
この国の人間に言えることは、インテリジェンスの高いと言われる層でも
金融、投資には「本当にうとい、というかまるで知らない」と言うことがいえる。
証券アナリストや税理士といった資格者でさえだ。
私がマンション購入をしたときも「これでおまえも数千万円の債務者だな」とか、
散々バカにされた。親戚から「二級簿記を取った」なんて自慢をされたり
無知からバカにされるのは心地よいものではないが、仕方がない。
この国自体の年金システムをまるで疑ってないのだ。
0%金利の国で資産を運用するくらいなら元の中国の国債や
ペトロチャイナやカノウ発電などの基幹企業に投資した方がずっと有益であることに
すら気づきもしないのである。投資を知ってる人間だったらGDPの高い国に
投資するのは至極当然なのである。今の日本人は本当に
「知識を元に行動する能力が本当に欠けている年金信者」と言うことができるだろう。

95 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/06(土) 20:57:22
93 アホ?

96 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/06(土) 20:58:23
>>93

特権も発言力も欲しいだろうが実利も欲しての行動だと思うよ。
債券市場で相場を左右できるようなカルテル結べたら儲ける方法があるでしょ。
価格が上がってる間はキャピタルゲインと利子で、下げる時にはオプション取引で。
98年の国債暴落で銀行は損しましたか?といっても『円の支配者』の受け売りだけど。

97 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/07(日) 09:32:37
MSが「保護主義は今年の重要なリスクであり、対応には困難が伴う。この分野で最も該当する通貨は円である。」
って言ってます。

98 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/07(日) 11:22:07
2002年9月に入札未達と2003年の国債価格の下落が
2004年外資系合法カルテル導入の契機になったのではないだろうか?
市中消化の原則下でも入札未達分は直接日銀が買い取るのだから放って置けば良かった。
そうするとインフレになる懸念があるとされるが、デフレなんだから問題がない。
国債価格の低下についても、市場原理を主張するなら放っておかねばならいのではないか?
ダブルスタンダードも甚だしい。

99 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/07(日) 12:28:09
もう国債を国内では消化しきれないんだね。
これから景気後退に入っても、財政出動は出来ない。
結局、国債乱発に警鐘を鳴らしていた人の言うとおり。

100 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/07(日) 15:16:02
>>90
国債市場特別参加者になろうとするものは当然何らかのメリットがあるからこそなる。
トレーディングノウハウも持っている。5000億買おうと単純な下落に巻き込まれて死ぬほどバカじゃない。
原資に対してはヘッジを利かせ、先物での現引きも可能。
さらに各種投信に混ぜ込んでマージンを取ったり使い方はいろいろ。

外国が5%保有とあるが満期保有の完全インカム目的の割合は相当低いと思う。
例えば日本の証券会社でもいろいろ販売している債券ベアファンド。
債券価格が下がれば儲かる仕組みのものだ。
これらを設定・運用するには必然と日本国債が必要。
投資信託は税制が有利なオフショアで登記される事が多い。その場合は外国保有となる。

101 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/07(日) 16:48:17
>>99
日本が恥を忍んで外国に宣伝に行ったのは小渕の08年問題があったからだろ。
現状の金利見ろよ。「需給関係がぎりぎりの債権」が「1パーセント台の金利」なんて
常識的に考えてありえんだろ。ちなみに08年問題は特会活用と借換え債前倒しで解決済み。

102 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/07(日) 20:00:59
>>101
「市場は常に間違っている」ジョージ・ソロス
08年問題より重要なのはその後も延々と財政黒字を続ける事ができるかどうかじゃないかな?
今は低金利だから借り換えなんて言えるけど1000兆円超の残高に5%複利になれば確実に破綻。

バーゼルUにやられてアウトライヤー化した大口が売るなどして金利が上がればアウト、
規定増税路線に少子高齢化。
テロや自然災害、内外の政治や米国・中国経済の余波を受けても怯まない体力。
かなり難しいと思うが無事に乗り切れればいいと願っている。
幸い日本は世界最強のマゾ気質&社会主義にもすぐに順応できる才能を持っているはず。

2%水準にはすぐに行くと思うが当面波乱は起こらないと思う。

103 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/07(日) 20:03:24
>>91
何も分かってないだろw
逆プレミアって何?為替のスワップ金利?オプションの売り?

104 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/07(日) 20:33:46
いいかげん、害資は出て行ってほしい

105 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/07(日) 22:03:47
>>101
08年問題は解決済み?
まるで償還が済んだかのような書き方だな。借換えの山を削って均しただけだろ。

106 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/07(日) 23:52:13
>>101
去年10、11月にも財務省が海外で国債説明会開いてるよ。
シンガポール、香港、シドニーで。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/siryou/ir181011.pdf

招待客の選定や会場設営には国債市場特別参加者の協力を得た、
ってのがまた意味深。>>90以降とあわせて考えるとね。


107 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/08(月) 00:13:09
その国債何とか参加者って何?
何かやたら大手のメガバンクばかりだけど、それだけ日本国債が魅力的ってこと?

108 :59:2007/01/08(月) 01:09:39
流れ読まずにすいません。
公社化以降の郵貯の国債保有割合データを抜粋してみました。
ここ数年の借換債増大のかなりの部分を、
預託金を取り崩すことで郵貯が引き受けていたことが見て取れます。

      郵便貯金    国債保有額(割合)    預託金保有額(割合)
========================================================================

H15年4月 232兆6096億円  73兆1235億円(31.4%) 129兆3700億円(55.6%)
H16年3月 227兆3982億円  86兆0091億円(37.8%) 112兆7200億円(49.6%)
H17年3月 214兆0246億円  106兆6221億円(49.8%)  79兆2700億円(37.0%)
H18年3月 200兆5603億円  124兆3393億円(62.0%)  46兆6100億円(23.2%)
H18年11月 191兆0241億円  132兆1363億円(69.2%)  30兆2900億円(15.9%)

http://www.yu-cho.japanpost.jp/j0000000/ju000000.htmより抜粋

109 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/08(月) 01:39:19

この前論破されてブチギレたN即の破綻厨ですよね。

110 :59:2007/01/08(月) 01:59:49
続いて簡易保険の資金運用状況から国債保有割合を抜粋しました。

      簡保積立金    国債保有額(割合)    
===================================================
H10年3月 105兆7485億円
H11年3月 111兆7368億円
H12年3月 115兆5930億円 
H13年3月 120兆8189億円   
H14年3月 124兆7618億円  36兆7488億円(29.5%)  
H15年3月 124兆0912億円  45兆8278億円(36.9%)
−−−−−−−−−−−−公社化−−−−−−−−−−− 
H15年4月 121兆0446億円  47兆9920億円(39.6%)
H16年3月 120兆1969億円  51兆4025億円(42.8%)
H17年3月 119兆9150億円  57兆5292億円(48.0%)
H18年3月 118兆8767億円  61兆6911億円(51.9%)
H18年11月 116兆8371億円  64兆5482億円(55.2%)

こちらは公庫公団債などの政府機関債を減らして国債を買っているようですね。
http://www.kampo.japanpost.jp/osirase/report/unyou/index.htmlより抜粋

111 :59:2007/01/08(月) 02:41:15
ちなみに近年の国債発行額は以下の通り。
郵貯、簡保の国債保有額と比べると見えてくるものがあるかも?

     新規債    借換債    財投債  国債発行額総計
===============================================================
H10年度 34兆0000億円 42兆4310億円      0   76兆4310億円
H11年度 37兆5136億円 40兆0844億円      0   77兆5979億円 
H12年度 33兆0040億円 53兆2697億円      0   86兆2737億円
H13年度 30兆0000億円 59兆3296億円 43兆8831億円  133兆2127億円
H14年度 34兆9680億円 69兆6155億円 31兆8435億円  136兆4271億円
H15年度 35兆3450億円 74兆9489億円 28兆5086億円  138兆8025億円
H16年度 35兆4900億円 84兆4505億円 40兆1297億円  160兆0702億円
H17年度 33兆4690億円 105兆6245億円 28兆2500億円  167兆3435億円
H18年度 29兆9730億円 108兆2621億円 27兆2000億円  165兆4351億円
H19年度 25兆4320億円 99兆8060億円 18兆6000億円  143兆8380億円

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/siryou/hakou01.pdfより抜粋

財務省による今後の借換債発行の仮定計算は下記URLにあります。
来年度予算では予測に比べて大幅に借換債の発行が押さえられているようですが、
(H18予定 112兆6700億、H19年予定 117兆0900億) 
どういったからくりなんでしょうか?ご存知の方教えてください。
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/h17/sy170128b.htm


112 :59:2007/01/08(月) 03:23:57
乗りかかった船、ということで銀行等の預金総額も集計してみました。
(未決済の手形や小切手の額を考慮した実質預金額はこれより小さくなります)
国債購入に充てられる可能性のある国内資金は、こんなところでしょうか。
=====================================================================
      国内銀行     外国銀行    信用金庫   預金額総計
H12年3月 470兆0140億円  6兆1348億円 101兆9963億円 578兆1451億円
H13年3月 472兆9736億円  6兆5912億円 103兆7617億円 583兆3265億円
H14年3月 500兆0721億円  7兆6356億円 102兆7696億円 610兆4773億円  
H15年3月 505兆6063億円  8兆5189億円 103兆5334億円 617兆6586億円
H16年3月 515兆8027億円 16兆3194億円 105兆4774億円 637兆5995億円
H17年3月 522兆9326億円 13兆5940億円 107兆4223億円 643兆9489億円
H18年3月 530兆0902億円 15兆6486億円 109兆2110億円 654兆9498億円 
H18年11月 527兆2655億円 15兆8805億円 110兆0746億円 653兆2206億円 

http://www.boj.or.jp/type/stat/dlong/fin_stat/zan/index.htm#dclより抜粋

113 :59:2007/01/08(月) 03:33:59
>国債購入に充てられる可能性のある国内資金
生保、損保が抜けてましたね・・・

生命保険協会
http://www.seiho.or.jp/data/statistics/index.html
日本損害保険協会
http://www.sonpo.or.jp/business/library/stat/index.html

このあたりからまたおいおい抜粋してみようかと思います。


114 :59:2007/01/16(火) 00:15:06
損保生保は後回しにして、
農協系の資金を運用している農林中央金庫の資金運用状況をメモ。

     連結資産残高    国債保有額(割合)    貸出金残高  現金預け金(割合)  
========================================================================
H15年3月 61兆2654億円  9兆6884億円(15.8%) 19兆1791億円(31.3%) 4兆3383億円(7.0%) 
H16年3月 61兆8330億円  14兆5745億円(23.5%) 17兆7894億円(28.7%) 3兆6860億円(5.9%) 
H17年3月 61兆9786億円  12兆8893億円(19.6%) 15兆6922億円(25.3%) 2兆3852億円(3.8%)
H18年3月 70兆8188億円  13兆8790億円(20.0%) 11兆9639億円(16.8%) 1兆3289億円(1.8%)

http://www.nochubank.or.jp/disclosure/より抜粋
昨年度の資産増(9兆)は、貸倒引当金を減らして(31兆→22兆)充当しているんですね。残りは22兆。
貸出残高も減っているから良いのかな?

115 :59:2007/01/16(火) 00:18:11
続いて、年金を運用している
年金積立金管理運用独立行政法人の資産状況。

    運用資産総額  国内債券保有額(割合)  財投債時価総額   財政融資基金預託金 
========================================================================
H14年3月 26兆6877億円  14兆3673億円(53.8%)  11兆9116億円  約130兆円
H15年3月 31兆5988億円  16兆2269億円(51.3%)  19兆2094億円  約112兆円
H16年3月 48兆0610億円  25兆2012億円(55.0%)  22兆2897億円  約93兆円
H17年3月 58兆5820億円  32兆2115億円(54.9%)  29兆0368億円  約76兆円
H18年3月 72兆2176億円  34兆9242億円(48.3%)  30兆2810億円  約59兆円
H18年9月 76兆3556億円  38兆9266億円(50.9%)  29兆8887億円

http://www.gpif.go.jp/kanri/kanri03.htmlより抜粋。


116 :59:2007/01/16(火) 00:18:55
>>115の続き
でも、なぜか財投債は別枠で計上されているので合算してみる。

   資産総額(財投債含)財投債含国内債券保有額(割合) 財政融資基金預託金 
========================================================================
H14年3月 38兆5993億円  26兆2789億円(68.0%)  約130兆円 
H15年3月 50兆8082億円  35兆4363億円(69.7%)  約112兆円
H16年3月 70兆3507億円  47兆4909億円(67.5%)  約93兆円
H17年3月 87兆6188億円  61兆2483億円(69.9%)  約76兆円
H18年3月 102兆4986億円  65兆2052億円(63.6%)  約59兆円
H18年9月 106兆2443億円  68兆8153億円(64.7%)

さらに、財投基金も合算してみる。

    資産総額(財投債・預託金含)財投債・預託金含国内債券保有額(割合)   
========================================================================
H14年3月 168兆5993億円  156兆2789億円(92.6%) 
H15年3月 162兆8082億円  147兆4363億円(90.5%)
H16年3月 163兆3507億円  139兆4909億円(85.3%)
H17年3月 163兆6188億円  141兆2483億円(86.3%)
H18年3月 161兆4986億円  124兆2052億円(76.9%)

ちなみに平成20年度末以降の国内債券のポートフォリオ目標値は67%。
資産が160兆としたら107兆円くらいが国債保有の目標値、とのこと。
http://www.gpif.go.jp/kanri/pdf/kanri04_p01.pdf

117 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/23(火) 09:55:15
国債整理基金の資金繰り状況等についての仮定計算 平成18年1月
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/h18/sy180125b.htm
国債及び借入金並びに政府保証債務現在高(平成18年9月末現在) 平成18年12月25日
http://www.mof.go.jp/gbb/1809.htm

118 :59:2007/01/24(水) 01:08:49
>>117
仮定計算の18年版が出ているんですね、今度まとめてみようと思います。
今日は都銀グループの国債保有状況をまとめてみました。

みずほフィナンシャルG
http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/disclosure/disclosure.html
    資産総額    国債保有額(割合)   有価証券保有額  現金預け金
========================================================================
H15年3月 134兆0327億円  11兆9686億円(8.9%)   23兆8165億円  7兆8497億円
H16年3月 137兆7500億円  20兆8922億円(15.1%)  32兆0716億円  6兆8135億円
H17年3月 143兆0762億円  22兆7329億円(15.8%)  36兆0470億円  6兆8089億円
H18年3月 149兆6127億円  20兆4646億円(13.6%)  37兆7029億円  5兆0162億円

三井住友
http://www.smfg.co.jp/financial_ir/financial/latest_statement/index.html
    資産総額    国債保有額(割合)   有価証券保有額  現金預け金   
========================================================================
H15年3月 102兆3946億円  16兆0109億円(15.6%)   23兆9585億円  3兆4372億円
H16年3月 102兆2151億円  14兆4488億円(14.1%)   27兆0499億円  5兆3289億円
H17年3月 99兆7318億円  13兆6365億円(13.6%)   24兆2337億円  4兆9898億円
H18年3月 107兆0105億円  11兆8338億円(11.0%)   25兆5058億円  7兆1074億円

有価証券保有額には国債を含みます。その中での国債の割合が、
どの銀行もここ数年、縮小傾向にあるみたいです。

119 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/24(水) 01:11:13
財政再建プラン、修正含みに
消費税の増税を念頭に置いていた財政再建を今後、どう進めるか――。2006年7月に決めた向こう5年間の財政再建プランが
修正含みの展開になってきた。税収増と歳出削減により、政府目標の「11年度の基礎的財政収支の黒字化」を増税なしでも
前倒しで達成できる可能性が出ているためだ。参院選の直前に決まる今夏の骨太方針で、当初計画を維持するのか、あるいは見直すか。
今年のマクロ経済政策の最大のテーマの一つになりそうだ。

政府・与党は昨夏の時点で、11年度の基礎的財政収支の黒字化に16兆5000億円の財源不足があると算定。
このうち最大14兆3000億円分を歳出削減で賄うと決めた。残りは消費税の増税で捻出(ねんしゅつ)する算段で
今秋から本格的な増税論議に踏み込む予定だった。(07:01)
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20070104AT3S0300L03012007.html

120 :59:2007/01/24(水) 01:15:37
続いてはここ。

合併の関係で?一部数字が合わないところがありますが。
三菱UFJフィナンシャルG
http://www.mufg.jp/ir/fs/backnumber/2006mufg-mar/pdffile/consoli_summary_0603.pdf
    資産総額    国債保有額(割合)   有価証券保有額  現金預け金   
========================================================================
H17年3月 192兆8391億円  28兆7043億円(14.8%)  50兆5941億円  14兆5862億円
H18年3月 187兆0467億円  27兆5300億円(14.7%)  48兆5089億円  12兆3475億円

参考まで、その前年度の各行資料です。
東京三菱+三菱信託
http://www.mufg.jp/ir/fs/backnumber/2005mtfg-mar/pdffile/mtfg2005s.pdf
http://www.mufg.jp/ir/fs/backnumber/2005mtfg-mar/pdffile/mtfg2005_mtb.pdf
http://www.mufg.jp/ir/fs/backnumber/2005mtfg-mar/pdffile/mtfg2005s.pdf
    資産総額    国債保有額(割合)   有価証券保有額  現金預け金   
========================================================================
H16年3月 107兆7643億円  15兆0712億円(13.9%) 28兆8234億円  7兆1519億円  
H17年3月 110兆7609億円  14兆9845億円(13.5%)  28兆3295億円  9兆0380億円

UFJ(連結)
http://www.mufg.jp/ir/fs/backnumber/2005ufjh-mar/pdffile/u_renketsu0503.pdf
http://www.mufg.jp/ir/fs/backnumber/2004ufjh-mar/pdffile/u_renketsu0403.pdf
    資産総額    国債保有額(割合)   有価証券保有額  現金預け金    
========================================================================
H16年3月 82兆1344億円  13兆4649億円(16.3%)  22兆0259億円  4兆4766億円
H17年3月 82兆5536億円  13兆7198億円(16.6%)  21兆7707億円  5兆9304億円

121 :59:2007/01/24(水) 01:20:01

最後はここです。

りそな
http://www.resona-gr.co.jp/holdings/ir/disclosure/hd/06.html
    資産総額    国債保有額(割合)   有価証券保有額  現金預け金   
========================================================================
H17年3月 39兆5633億円  3兆9665億円(10.0%)   7兆2786億円  3兆0242億円
H18年3月 40兆3995億円  3兆6275億円(8.9%)   8兆0219億円  1兆6910億円

どの都銀も、多くても資産に対する国債の割合は、
多くても15%程度のようですね。またその割合を減らしているところが多いです。

ちなみに>>112の預金額総額が18年3月期で654兆円、そのうち15%は約100兆円。
こんど日銀資料を確認してみますが、銀行の国債保有額としては当たらずとも遠からずかと。



122 :59:2007/01/24(水) 01:28:13
あと、損保生保、証券会社のデータが判れば、
国内の大口国債購入先のデータはほぼ揃ったことになりますかね。
そのあとは検算代わりに日銀資料を確認して、銀行等の国債保有額を当たってみます。

最後に、毎年の国債発行額−償還額が今後どのように推移するかを調べて、
近い将来、その額をどの大口購入先が受けることが出来るかを考えていこうかと思います。
(それが難しくなる時期が、すなわち政府が国債の日銀引受拡大に走る時期だと個人的には思っています)

ところでどなたか、毎年の国債償還額がわかる資料をご存知だったら
貼っていただけないでしょうか?来週までにまとめてみようと思います。

123 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/01/24(水) 20:31:57
>>122
凄い執念! 気が向いたら目を通させてもらいます。

過去の償還額は知る必要ないよね。
過去については新発と借換が分かればいいよね?

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/jgb_guidebook2006j.pdf
のP52とP55で良いと思います。

124 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/03(土) 10:56:33
平成19年度予算の後年度歳出・歳入への影響試算等
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/h19/sy190131a.htm
国債整理基金の資金繰り状況等についての仮定計算 平成19年1月
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/h19/sy190131b.htm
国債及び借入金並びに政府保証債務現在高(平成18年9月末現在) 平成18年12月25日
http://www.mof.go.jp/gbb/1809.htm

125 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/04(日) 21:49:42
age

126 :59:2007/02/13(火) 03:04:12
>>123>>124さん、国債関連のデータどうもありがとうございました。
今日は生保と損保をまとめてみました。

まずは生保から。資産規模は今や郵貯を超えているんですね。
http://www.seiho.or.jp/data/statistics/index.html
      資産総額    国債保有額(割合)  有価証券保有額(割合)  現金及び預貯金(割合)
============================================================================================
H13年3月 191兆7305億円  31兆7793億円(16.6%)  110兆4147億円(57.6%) 4兆5485億円(2.4%)
H14年3月 184兆3709億円  32兆8324億円(17.8%)  111兆0206億円(60.2%) 2兆8882億円(1.6%)
H15年3月 179兆8310億円  34兆8090億円(19.4%)  110兆4941億円(61.4%) 2兆5285億円(1.4%)
H16年3月 184兆3299億円  35兆5244億円(19.3%)  120兆4576億円(65.3%) 2兆1280億円(1.2%)
H17年3月 191兆5230億円  41兆9317億円(21.9%)  131兆8347億円(68.8%) 2兆1210億円(1.1%)
H18年3月 209兆8791億円  44兆7834億円(21.3%)  150兆8159億円(71.9%) 3兆2793億円(1.6%)

続いて損保。データがないため直近の2年分のみです。
http://www.sonpo.or.jp/business/library/stat/gaikyo_index.html
      資産総額    国債保有額(割合)  有価証券保有額(割合)  預貯金(割合)
============================================================================================
H17年3月 32兆5361億円  4兆6092億円(14.2%)  23兆6578億円(72.7%) 1兆1488億円(3.5%)
H18年3月 36兆6097億円  4兆7928億円(13.1%)  28兆0083億円(76.5%) 1兆0646億円(2.9%)

どちらも保有国債総額は近年も増加、ただしポートフォリオにおける割合は減少中、
といったところでしょうか。

127 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 03:23:51
>>102  市場が間違っているのではない、解釈が間違っているのだ。 by リバモア


128 :59:2007/02/13(火) 03:51:50
他スレでメガバンクの総額を使っていたのでこちらでも補完してみます。
まずは予備データとしてりそなを4年分に。

りそな
http://www.resona-gr.co.jp/holdings/ir/disclosure/hd/04.html
http://www.resona-gr.co.jp/holdings/ir/disclosure/hd/06.html
    資産総額    国債保有額(割合)   有価証券保有額  現金預け金   
========================================================================
H15年3月 42兆8919億円  3兆8335億円(8.9%)   6兆4699億円  2兆4450億円
H16年3月 39兆8418億円  4兆4956億円(11.2%)  7兆6361億円  2兆8350億円
H17年3月 39兆5633億円  3兆9665億円(10.0%)  7兆2786億円  3兆0242億円
H18年3月 40兆3995億円  3兆6275億円(8.9%)   8兆0219億円  1兆6910億円

ついで東京三菱UFJの前身行をそれぞれ2年分。
東京三菱+三菱信託
http://www.mufg.jp/ir/fs/backnumber/2003mtfg-mar/pdffile/mtfg2003_new.pdf
http://www.mufg.jp/ir/fs/backnumber/2004mtfg-mar/pdffile/mtfg2004_ren.pdf

    資産総額    国債保有額(割合)   有価証券保有額  現金預け金   
========================================================================
H15年3月 99兆1753億円  9兆3483億円(9.4%)  24兆1583億円  8兆2357億円
H16年3月 106兆6154億円 16兆7060億円(15.6%) 28兆3295億円  6兆5114億円  


ついでUFJ(連結)。
http://www.mufg.jp/ir/fs/backnumber/2003ufjh-mar/pdffile/u_renketsu0303.pdf
http://www.mufg.jp/ir/fs/backnumber/2004ufjh-mar/pdffile/u_renketsu0403.pdf
    資産総額    国債保有額(割合)   有価証券保有額  現金預け金    
========================================================================
H15年3月 80兆2074億円  10兆4177億円(12.9%)  18兆1328億円  4兆6630億円
H16年3月 82兆1344億円  13兆4649億円(16.3%)  22兆0259億円  4兆4766億円

129 :59:2007/02/13(火) 04:08:40
メガバンクの資産総額と国債の割合、直近4年分です。
>>118>>120>>128の合計です。

4大銀行資産合計
      資産総額    国債保有額(割合)  
==================================================
H15年3月 458兆7019億円  51兆5790億円(11.2%)
H16年3月 468兆5567億円  70兆0075億円(14.9%)
H17年3月 475兆2104億円  69兆0402億円(14.5%)
H18年3月 484兆0694億円  63兆4559億円(13.1%)

メガバンクが国債保有割合を減らしているのはH16(2005)年度からのようですね。

130 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 05:43:31
>>129
ご苦労様です。
せっかくのスレが無駄になると悪いので以降は労いの言葉もかけない事にします。頑張ってください。

131 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 07:56:18
国債市場特別市場参加者だけでも数十、国債入札参加者だけなら数百もあるのに
ほんのいくつかの金融機関運用状況だけで国債の民間での需要を判断できるとは思えませんが。
財務省だったか日銀だったかに、国債保有者の割合を示した資料があったはず。
それから額を計算すれば民間での国債保有額が増えてるか否かは簡単にわかると思いますが。

132 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 08:49:14
>>131 大手証券会社系のシンクタンクに行けば、こんな資料なんぼでもあろうだろうに。
あと、証券業協会から公社債売買動向が発表されているよ。

133 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/13(火) 16:37:41
>>131
いろいろ偏向してるんだよ

134 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/18(日) 21:35:22
胡桃沢ひろ子 「日本がアブナイ」 1992年
http://youtube.com/watch?v=kFH0jlzmImI          

135 :59:2007/02/21(水) 23:00:57
>>129で、平成16年を2005年と書きましたが2004年の間違いですね。
今日は利上げで話題の日銀の資産です。数値に季節変化があるので、四半期ごとに細かく見てみます。
営業毎旬報告(http://www.boj.or.jp/type/stat/boj_stat/ac/index.htm)より。

      資産総額  国債保有額(割合)  うち長期国債  うち短期国債  日銀券発行残高  
========================================================================================
H12年3月 106兆5544億円  74兆5963億円(70.0%)     不明     不明  57兆1201億円
H12年6月 83兆9329億円  62兆1363億円(74.0%)     不明     不明  55兆3186億円
H12年9月 85兆5604億円  59兆2608億円(69.2%)     不明     不明  55兆7195億円  
H12年12月 106兆7962億円  56兆2943億円(52.7%)     不明     不明  63兆3972億円
H13年3月 115兆2792億円  57兆7319億円(50.0%)     不明     不明  58兆6744億円
H13年6月 116兆9329億円  69兆7938億円(59.6%)     不明     不明  61兆0778億円
H13年9月 115兆3955億円  75兆8166億円(65.7%)     不明     不明  59兆7294億円  
H13年12月 117兆5079億円  75兆5911億円(64.3%)     不明     不明  69兆0042億円
H14年3月 138兆1312億円  86兆6537億円(62.7%)     不明     不明  67兆8762億円
H14年6月 124兆1193億円  86兆2062億円(69.4%)     不明     不明  68兆2032億円
H14年9月 124兆3895億円  83兆6296億円(67.2%) 53兆2600億円 30兆3696億円  67兆1463億円  
H14年12月 125兆1263億円  83兆1236億円(66.4%) 56兆0549億円 27兆0687億円  75兆4718億円
H15年3月 141兆1277億円  88兆6511億円(62.8%) 58兆5030億円 30兆1481億円  71兆0573億円
H15年6月 125兆2605億円  86兆8377億円(69.3%) 60兆4136億円 26兆4241億円  71兆2370億円
H15年9月 134兆0790億円  91兆8888億円(68.5%) 62兆3955億円 29兆4933億円  70兆0632億円  
H15年12月 131兆3685億円  93兆5026億円(71.1%) 64兆4013億円 29兆1013億円  76兆9096億円

136 :59:2007/02/21(水) 23:14:17
>>135の続きです。
ちなみに長期国債の保有高は、日銀券発行高を上限とするというルールがあります。
でも、その歯止めも2001年3月19日に定められた、比較的最近の決め事のようですね。
http://www.boj.or.jp/type/release/zuiji/kako02/k010319b.htm

      資産総額  国債保有額(割合)  うち長期国債  うち短期国債  日銀券発行残高  
========================================================================================
H16年3月 149兆6267億円 100兆0219億円(66.8%) 65兆5767億円 34兆4452億円  71兆4032億円
H16年6月 134兆7362億円  94兆4958億円(67.3%) 65兆7030億円 28兆7928億円  71兆5284億円
H16年9月 139兆2627億円  94兆1493億円(67.6%) 63兆9507億円 30兆1986億円  71兆4726億円  
H16年12月 144兆5467億円  95兆0259億円(65.7%) 65兆3624億円 29兆6635億円  77兆9564億円
H17年3月 150兆3410億円  99兆1238億円(65.9%) 65兆4650億円 33兆6588億円  74兆6719億円
H17年6月 144兆2122億円  97兆1003億円(67.3%) 64兆8659億円 32兆2344億円  74兆0167億円
H17年9月 147兆9094億円  97兆9469億円(66.2%) 62兆4523億円 35兆4946億円  73兆4711億円  
H17年12月 155兆6071億円  98兆9174億円(63.5%) 63兆1337億円 35兆7837億円  79兆2705億円 
H18年3月 144兆5966億円  93兆2730億円(64.5%) 60兆4743億円 32兆7987億円  74兆9781億円
H18年6月 113兆8328億円  84兆9026億円(74.5%) 55兆8658億円 29兆0368億円  74兆5626億円
H18年9月 117兆0298億円  80兆7989億円(69.0%) 53兆6496億円 27兆1493億円  74兆1388億円  
H18年12月 115兆5436億円  80兆5963億円(69.7%) 51兆5134億円 29兆0829億円  79兆8367億円

でも、実はほかに資産の中に国債に相当する部分があるようです。
H14(2002)年12月10日まで統計上は存在する「国債借入担保金(国債借り入れオペによるもの)」と
H18(2006)年6月より存在する「借入金(共通担保資金供給オペレーションによるもの)」です。
次は、そのあたりを算入して表を手直ししてみます。


137 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/21(水) 23:19:32
>>136  その歯止めもが2001年3月19日に定められ?
それ以前から、そのルールは暗黙として存在していたよww


138 :59:2007/02/21(水) 23:37:51
では補正後の表をアップ。厳密には貸付金等には国債以外の債券も含まれますが、
分別不可能なのでそのままの額を国債分に合算しています。

     資産総額 (長+短+貸)国債保有額(割合)  貸付金等  日銀券発行残高  
=================================================================================
H12年3月 106兆5544億円  82兆5344億円(77.4%)  7兆9381億円 57兆1201億円
H12年6月  83兆9329億円  68兆3576億円(81.4%)  6兆2213億円 55兆3186億円
H12年9月  85兆5604億円  67兆4085億円(78.7%)  8兆1477億円 55兆7195億円  
H12年12月 106兆7962億円  74兆6720億円(69.9%) 18兆3777億円 63兆3972億円
H13年3月 115兆2792億円  76兆2297億円(66.1%) 18兆4978億円 58兆6744億円
H13年6月 116兆9329億円  86兆1332億円(73.6%) 16兆3394億円 61兆0778億円
H13年9月 115兆3955億円  88兆2374億円(76.4%) 12兆4208億円 59兆7294億円  
H13年12月 117兆5079億円  86兆5695億円(73.6%) 10兆9784億円 69兆0042億円
H14年3月 138兆1312億円  95兆1855億円(68.9%)  8兆5318億円 67兆8762億円
H14年6月 124兆1193億円  89兆8577億円(72.3%)  3兆6515億円 68兆2032億円
H14年9月 124兆3895億円  87兆0870億円(70.0%)  3兆4574億円 67兆1463億円  
H14年12月 125兆1263億円  83兆1236億円(66.4%)      0円 75兆4718億円
H15年3月 141兆1277億円  88兆6511億円(62.8%)      0円 71兆0573億円
H15年6月 125兆2605億円  86兆8377億円(69.3%)      0円 71兆2370億円
H15年9月 134兆0790億円  91兆8888億円(68.5%)      0円 70兆0632億円  
H15年12月 131兆3685億円  93兆5026億円(71.1%)      0円 76兆9096億円

139 :59:2007/02/21(水) 23:47:26
>>138の続きです。

     資産総額 (長+短+貸)国債保有額(割合)  貸付金等  日銀券発行残高  
=================================================================================
H16年3月 149兆6267億円 100兆0219億円(66.8%)      0円 71兆4032億円
H16年6月 134兆7362億円  94兆4958億円(67.3%)      0円 71兆5284億円
H16年9月 139兆2627億円  94兆1493億円(67.6%)      0円 71兆4726億円  
H16年12月 144兆5467億円  95兆0259億円(65.7%)      0円 77兆9564億円
H17年3月 150兆3410億円  99兆1238億円(65.9%)      0円 74兆6719億円
H17年6月 144兆2122億円  97兆1003億円(67.3%)      0円 74兆0167億円
H17年9月 147兆9094億円  97兆9469億円(66.2%)      0円 73兆4711億円  
H17年12月 155兆6071億円  98兆9174億円(63.5%)      0円 79兆2705億円 
H18年3月 144兆5966億円  93兆2730億円(64.5%)      0円 74兆9781億円
H18年6月 113兆8328億円  87兆3033億円(76.6%)  2兆4007億円 74兆5626億円
H18年9月 117兆0298億円 101兆0140億円(86.3%) 20兆2151億円 74兆1388億円  
H18年12月 115兆5436億円 102兆3100億円(88.5%) 21兆7137億円 79兆8367億円

<参考>共通担保資金供給オペレーションについて
「共通担保資金供給オペレーション基本要領」の制定等について
http://www.boj.or.jp/type/release/zuiji_new/mok0604a.htm
適格担保取扱基本要領
http://www.boj.or.jp/type/release/zuiji/kako02/mok0010a.htm#betsu1

<参考>国債借入オペについて(http://www.boj.or.jp/type/stat/boj_stat/ac/ac010331.htmより)
── 国債借入オペが増加した場合、バランス・シート上では、資産サイドで、借入れた国債を
額面金額で経理する「保管国債」と、オペで差し入れた担保現金を経理する「国債借入担保金」
の両勘定が増加する一方、負債サイドでは、額面金額で経理する「借入国債」と担保現金を
出し入れする「当座預金」の両勘定が増加することになる。

140 :59:2007/02/21(水) 23:50:59
>>137
下記にこういった記述がありますね。公式にはこれが日銀券発行高キャップ制?を
日銀がはじめて公式に認めた時点なのでは。暗黙としてそれまで存在したかは存じません。
http://www.boj.or.jp/type/release/zuiji/kako02/k010319c.htm

問6: 日本銀行はこれまで、長期国債買い切りオペの増額に反対してきたのではないですか。
答 : 今回、新しい金融調節方式の実施にあたり、長期国債買い切りオペを増額するのは、
あくまで、資金供給オペの未達(いわゆる「札割れ」)が多発するケースなど、所要の資金
供給を円滑に実施するうえで必要と判断される場合です。したがって、今後も、国債価格の
買い支えや財政ファイナンスを目的として長期国債買い切りオペを増やすということは考えて
いません。このような趣旨を明らかにするため、今回、これまでの「長期国債買い切りオペは
銀行券に対応させる」という考え方を守り、銀行券発行残高を長期国債保有残高の上限とする
明確な歯止めも用意しました。


次回はいよいよ資金循環統計に当たって、今までのデータを検証してみようと思います。
(この統計表がまた見にくいんですよね・・・)

141 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/22(木) 00:03:17
59って人の過去レス見たけど、捨てハンにこっぴどく叩かれてるみたいだね。

142 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/22(木) 00:08:04
国債全体に占める民間の保有率が下がってるのって、単に実質金利が下がってるのと
株などの投資対象の魅力が上がってるからじゃないの。それでも来年から全体の発行額も
減っていくらしいけど。

143 :59:2007/02/22(木) 00:11:29
>>141
ドーマー定理を拠り所とする彼とはアプローチの方法が全く異なるので話が噛み合いません。
よって彼にこれ以上レスするつもりもありません(ここに来ればの話ですが)。

こちらはあくまでも定量的なアプローチをとっています。具体的には
毎年の国債の増加額(発行−償還)を、国内機関がファイナンスする余裕があるのかを
出来るだけ生のデータを拾って調べているところです。では。

144 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/22(木) 00:15:30
>>143
破綻可能性を論ずるのなら前者のアプローチが正しいと思うけど。
現に債務の発散とはGDP比の債務が増加することを指すのだし。
ファイナンスする余裕?国は国債を発行して再び民にカネを戻してるんだから
箪笥預金が大流行でもしない限り余裕が無くなる事はないでしょ。

145 :59:2007/02/22(木) 00:22:57
>>144
一点だけ。
>>108の郵貯の状況などを見ても、
現状維持が困難になっていることはデータが示しています。こちらは
>箪笥預金が大流行でもしない限り余裕が無くなる事はない
という、そちらが当然としている前提を疑って、検証しています。

こちらもまだデータが十分ではないので、
議論はある程度、情報が揃ってからにしますね。待っていてください。

146 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/22(木) 00:26:03
>>145
余裕が無くなったんじゃなくて、単に株の堅調さと実質金利の低下で
国債の投資対象としての魅力が薄れたってだけでしょ。来年度からは
借り換え含めた年度あたりの総発行量も減っていくだろうから無問題。

147 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/22(木) 00:28:07
来年じゃなくて今年だわ

148 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/22(木) 00:29:58
いや、年度だから問題ないか。何度もスマソ

149 :59:2007/02/22(木) 00:38:04
>>146
来年度以降の国債総発行量が減ったところで、
償還額がそれを下回ることは当分ないですよね?
新発債がゼロにでもなれば別ですが。

ということは、再び民に戻すカネよりも、
民に買ってもらわなくてはならない国債の方が多い状況が続くということです。

償還分はまた国債購入に回るという前提で、
その差額分の国債を国内のだれかが買えればいいのですが、
それが不可能なら、国外か、さもなくば日銀以外に引き受け手は存在しません。


150 :59:2007/02/22(木) 00:39:55
>>149
>償還額がそれを下回る
償還額がそれ(国債総発行量)を上回る、の誤りでした。ではまた。

151 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/22(木) 00:42:20
>>149
経済が拡大すれば国民や企業の蓄えは増加するから、借換え債が増大しても無問題。
だからPBの黒字化やドーマーの定理を挙げてるの。第一、多いも少ないも
国債買ったその年に全て国が放出するわけだから大した影響は無いでしょ。

152 :137:2007/02/22(木) 01:49:40
>>140 文章の読み込みが足りないんじゃないの?


153 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/24(土) 16:38:27
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。

154 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/02/26(月) 16:53:11
>>151
お金を刷れる立場にいる政府がなぜお金を刷らずに増税するのか?
http://plaza.rakuten.co.jp/outpostofnanasi/diary/200506240000/
http://plaza.rakuten.co.jp/outpostofnanasi/diary/200506250000/
いくつかの補足:その1.ドーマーの定理の非成立条件について
http://plaza.rakuten.co.jp/outpostofnanasi/diary/200506070000/

155 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/03/11(日) 20:09:28
デフレ下の利上げは問題 竹中平蔵慶応大教授

 小泉政権で経済財政担当相などを歴任した竹中平蔵慶応大教授は8日までに
共同通信のインタビューに答え、2月の日銀の利上げについて「日本はデフレが
続いている。景気過熱感やインフレがない中で利上げをしていることは最大の
問題だ」と厳しく批判した。

 1、2月に利上げをめぐって政治圧力がかかり、市場が混乱したとの見方に
対しては日銀の説明不足が要因と指摘。説明責任を果たすために「日銀は
(物価上昇率の目標を定める)インフレ目標を導入すべきだ。議論は盛り
上がっている」と述べ、早期の対応を求めた。

 利上げの影響については「(日米の金利差縮小によって)円高が一気に
進んで実体経済を冷やし、またデフレがひどくなるかもしれない。円高、
デフレ、円高という悪循環に陥る可能性がある」と懸念を示した。

http://www.47news.jp/CN/200703/CN2007030801000501.html

156 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/03/11(日) 20:10:34
荒らすな破綻厨

157 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/03/13(火) 22:15:03
捨てハン=PB厨はずっと前から経済板の破綻スレに常駐しています。
少年神社と同一人物の可能性はほとんどありません。
奴が現われるとものすごい勢いでスレが伸びて荒れます。

特徴は「屁理屈詭弁」「見苦しい自作自演」「異常なしつこさ」
「都合の悪い質問には支離滅裂な答え」「自分の書いた上手くもない長文をコピペとして濫用」
「最後に反論を書き込んだ方が勝ちだと思っている」

多用する言葉は「プライマリーバランス黒字化」「破綻厨は議論が出来ない(お前だろ)」
「金利リスクを挙げた専門家は四人」などです。

158 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/03/15(木) 22:42:24
破綻派も破綻否定派も覚悟しろ!
破綻派と破綻否定派の議論など精神的ブラクラだ!
破綻派も破綻否定派も自分たちのスレを作ってそこで議論してればいいんだよ。
今後、破綻派と破綻否定派の議論を見つけたら、age荒らしでつぶすからな。
わかったか!!!!!

159 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/03/15(木) 22:42:56
また破綻厨のage荒らしか。
手を変え品を変え、誰も注目しないのに大変だな

160 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/03/16(金) 05:41:40
>>157に、>>158-159をプレゼントしますw

161 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/03/19(月) 00:30:27
財政破綻否定派はこちらで議論してください。
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/eco/1174231593/

162 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/03/19(月) 00:31:10
また破綻厨か。
手を変え品を変え、誰も注目しないのに大変だな

163 :貧乏名無しさん:2007/03/24(土) 04:54:56
59さんへ
 統計 ご苦労様です。興味深く拝見しました。私はメガバンクが、
国債購入の軸足をここ数年で移動させたのではないかと推測します。
理由として、国債引受シンジケートの活動停止と、他国との金利差による
「旨味」の減少ではないか、更には外国市場での評価もあるかもしれません。
その分、他の金融機関の保有率は上がってきているのでは無いでしょうか。
Japan premiumが再点灯する事が近いかもしれません。

164 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/03/24(土) 16:09:25
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。

165 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/03/24(土) 16:47:52
>>26
> こんどは50年国債だってさ。段階Jrカワイソス


そのうち1000年国債出すようになるよ。
あとは野となれゴミとなれw

166 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/03/24(土) 17:24:39
国産品を購入すること、日本企業の株主になること、
日本人が日本のホワイトナイトになることを提言してるスレです。
仮題『一億3千万人による。日本のホワイトナイト計画』
@積極的な日本製品の購入により、日本の企業を支えます事を目標とします。
A日本国内の製品を追求することにより、国内の企業戦士の働き場を確保する事を目標にします。
B日本企業の株主権利を購入することで、日本企業資本を支え事を目標とします。
C自己の資本権利や有権者権利を、日本のために有効に活用する事を追及し続ける事を目標にします。


☆☆  行動する国産品愛好会part11 ☆☆
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1168868201/

167 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/03/24(土) 17:30:02
国債及び借入金並びに政府保証債務現在高(平成18年12月末現在)3月23日更新
http://www.mof.go.jp/gbb/1812.htm

168 :貧乏名無しさん:2007/03/26(月) 18:07:06
能登半島で強烈な地震があった。震度6強だそうだ。インフラ復旧だけでも
推定で最低で2000億位はかかるであろう。これが東海地震なら50兆円はおろか
70兆円は下らないだろう。震災範囲が圧倒的に広範囲であるし、津波の影響もあるに違いない。
「震災復興特別国債」の発行は避けようが無い。
不幸中の幸いとでも言うべきか原子力発電所は稼動していなかった。
浜岡原発の稼動中に、大地震が起こったなら・・ただただ絶句しかない。

169 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/03/26(月) 18:08:30
壊れたビルの修理費まで国は負担しないだろ。常識的に考えて

86 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)